FANDOM


Camellia Wabisuke
ワビスケ
Portrait 141707
Pre-Evolved

Skill
炎幻術・茶花姿蛙威
Effect Activation Rate
Deals 2.8x damage to all enemies 27% (Lv1) → 37% (Lv5)
Type Stats
Magic icon Magic HP ATK DEF SPD
Stage Icon Lv Zero percent 165 167 Zero percent 165 167 Zero percent 165 167
Pre-Evolved Camellia Wabisuke 1 2,100 3,900 4,980 1,400 1,940 2,372 450 870 1,002 680
60 6,600 8,400 9,480 2,850 3,390 3,822 650 1,070 1,202
Evolved Camellia Wabisuke 1 5,800 9,400 11,488 2,500 3,580 4,396 700 1,540 1,816
70 12,500 16,100 18,188 5,250 6,330 7,146 1,350 2,190 2,466
Bloomed Camellia Wabisuke 1 6,900 10,500 12,840 3,000 4,080 4,932 1,000 1,840 2,188
80 14,450 18,050 20,390 5,550 6,630 7,482 1,900 2,740 3,088
Stage Abilities
Pre-Evolved
Ability icon01Increases Attack for party members by 15%.
Evolved
Ability icon01Increases Attack for party members by 15%.
Ability icon14Increases Skill Activation Rate for party members by 1.65x on turn 1.
Bloomed
Ability icon01Increases Attack for party members by 18%.
Ability icon14Increases Skill Activation Rate for party members by 1.65x on turn 1.
Ability icon09In a Boss fight, increases Attack for party members by 20%.
Ability icon11Increases Damage for party members against Bosses by 15%.
Rarity Grown
Personal Equipment
Equip Name Level ATK DEF Icon
静かなおもむきの耳飾り 1 254 46 Bergamot Valley earring icon
(No Translation) Earrings[Edit] Max 499 95
静かなおもむきの巻物 1 381 69 Equip 380449
(No Translation)[Edit] Max 626 216
Ability Increases Attack for party members of the same attribute by 2%
Increases Defense for party members of the same attribute by 2%
Additional Info
Affection Item Jewels Jewels Nation Bergamot Valley Bergamot Valley
Family Theaceae Romaji Wabisuke
Language of Flowers 控えめ、静かなおもむき、他

Artist: Matanonki▼Flower Knight ID:141707

Scenes

Background

  • Camellia Wabisuke is a shinobi and the village chief of Shinobi Village in Bergamot Valley.
  • She has two disciples, namely Kayana? (カヤナ) and China Root.
  • She also happens to be Gajumaru's childhood friend.

Quotes

Library Introduction Play
Japanese 私はワビスケ。忍としての名前はタロウカジャといいます。
花言葉は「控えめ」「静かなおもむき」。
強いて表に出る性格ではありませんが、何か辛いことがあった時は頼ってくれると嬉しいです。
出来得る限りの方法で、私が「慰めてあげます」からね?
English
Library Reference Voice Lines
Event Japanese English
First-time Introduction
Play
あなたが団長さんですね?私の名前はワビスケ。
ベルガモットバレーにある忍びの里で棟梁をしています。
ですがあなたの下では、一介の花騎士として戦いましょう。
忍びらしさなど出しては、ここの名誉を傷つけてしまいますからね。
Battle Start 1
Play
見逃しません。
状況を開始します。
Generic Response (Positive)
Play
ガジュマルなら、岩でも割ってるところですね。
Battle Start 2
Play
頼りにしてますよ、ウラク。
Attacking 1
Play
沈みなさい。
Attacking 2
Play
いざ。
Generic Response (Grief)
Play
嘘泣きは心得てます…。けど、ここで演じる気はありません。
Combat Skill Use 1
Play
我が幻術をご覧あれ!
Combat Skill Use 2
Play
これもまた、我が忍法のひとつ!
Generic Response (Angry)
Play
やれやれ…落ち着きなさい、ウラク。
Takes Damage
Play
なるほど…。
Takes Fatal Damage
Play
痛覚は絶ってあります。
Battle Defeat
Play
引き際ですね…それでは。
Generic Response (Joy)
Play
うふふ…、その手練手管、参考にしましょう。
Victory Cheer 1 (Generic)
Play
陽向の勝利も、いいものですね。
Victory Cheer 2 (Narrow)
Play
状況終了…、怪我人は申し出てください。
Login 1
Play
我が幻術でお出迎えを…とも思いましたが、やめておきました。
見慣れた場所が深山幽谷に上書きされていては、
流石のあなたも面食らうでしょうからね。
Victory Cheer 3 (Sweeping)
Play
花騎士らしく勝てました。術のおかげです。
Fail to Vanquish Opponent 1
Play
次までの生命です…。
Fail to Vanquish Opponent 2
Play
ならば、別の手を!
Login 2
Play
冠をかぶり字を得る、これ成人の道なり。忍の棟梁タロウカジャ、お出迎えにあがりました。
ええ、こちらは忍としての私…必要になったら使ってくださいね。
隠密、潜入、扇動、全て問題なくこなせます。
Defeat Enemy 1
Play
目標変更。
Defeat Enemy 2
Play
潔く散りなさい!
Login 3
Play
おかえりなさい、団長さん。ちょうどカヤナとカカラに稽古を付けていました。
音も色もない無限の空間を現実で作り出し、そこで過ごす三日三晩。
未熟な者なら容易く狂いますが、我が弟子なら問題ありません。
Stage Discovery
Play
隠しステージ、待ってましたか?
ならば重畳、お心に応えることができて、私も嬉しいです。うふふっ。
Treasure Chest
Play
怪我はありませんか?
Conversation 1 (affection 0-29%)
Play
私の幼馴染で唯一の親友、それがガジュマルです。
身分は違えど互いに切磋琢磨し、良い相方として対等に過ごしていました。
ですがそれは私の独りよがり、当時の私には何も見えてはいなかったんです。
Add to Party 1
Play
進退周遷花の如く、我が力正鵠を射る。
…花騎士・ワビスケ、参ります。
Add to Party 2
Play
承りました。勝利をお待ち下さい。
Change Equipment
Play
忍ではなく花騎士であるなら、華美な装飾も必要でしょう。
Conversation 2 (affection 30-74%)
Play
ガジュマルと過ごしていた頃は、毎日が彩りに満ちていました。
退屈極まりない忍の修練すらも、楽しくて…楽しすぎて…、だから…見逃してしまいました。
彼女の悩みと…、っ…私への、劣等感を…。
Level Up
Play
花騎士として、ふさわしくありましょう。
Conversation 3 (affection 75-100%)
Play
抜け忍になったガジュマルへの追手を止めるため、私は母に力を示し、棟梁の座を引き継ぎました。
そのときに誓ったんです…もう、何も見逃さないと。応えてみせると。
貴方に対してもそう。私への感情の全て、見逃しなどしません。
Evolution
Play
花騎士の自分に、だんだんと慣れてきました。
これからも応えますので、頼ってくださいね。うふふっ。
Pulling Free Daily Gacha
Play
新米の方を呼べるようです。お願いします、団長さん。
忍も花騎士も大事なのは数。一騎当千の少数精鋭より、そちらの方が戦いでは有益でしょう。
Recovered Stamina
Play
貴方と皆様の体力を全回復しておきました。これもまた、我が忍法の一つ…。
…うふふ、ええ、冗談です。魔術と同様、そんな便利なものじゃありません。
My Page Generic Phrase 1
Play
私が時折呟いている言葉、あれは自己暗示用のまじないです。
いくつか種類があってそれぞれ違う効果が発揮されるよう、自らに条件づけを施しています。
色々と弊害はありますが、それなりに便利な術なんですよ。
My Page Generic Phrase 2
Play
カヤナとカカラは私の直弟子。得手不得手はありますが、二人共優秀な忍です。
…うふふ、ええ、身びいきであることは否定しません。
My Page Generic Phrase 3
Play
この子はウラク。忍の棟梁のみが使役できる忍犬なんです。なので何を話しているのかも、私にしか解りません。
ちなみに今は…ふむふむ、団長さんに一言?ええ、伝えましょう。
「棟梁に手を出すことは罷り成らぬでござる」だそうですよ、うふふ。
My Page Idle
Play
お暇でしたら私の幻術など如何でしょう。
街の喧騒や伝説神話の1ページ、殿方が好む桃源郷での閨ごとまで。
本物と見紛うばかりの…いえ、本物よりも本物らしく、貴方のお好みに合わせ、この空間を上書きしてあげましょう。
Give Gift 1
Play
期待を裏切りはしません。如何なる任務であろうと、見事応えきってみせましょう
Give Gift 2
Play
うふふっ、なるほどなるほど…。貴方は存外にわかりやすい人のようです。
何を望んでいるのか、私でもわかります。これなら見逃しません。
その時が来たら応えてみせましょう。楽しみにしててください。
Starting Subjugation 1
Play
忍び足は必要ありませんか?
Starting Subjugation 2
Play
足音を出します。ついてきてください。
Title Call
Play
フラワーナイトガール Flower Knight Girl
Login Bonus
Play
こちら、今日のご褒美です。後で感想を教えてくださいね?
…といっても、ただ話すのでは面白くありませんか…
ふふ、どうせなら五色米を使ってみましょう。やり方は教えてあげます♪
Extra Miscellaneous Voice Lines
Event Japanese English
Encountered bugs during subjugation
Play
なるほど……。
Limited Seasonal Voice Lines
Event Japanese English
Limited Tanabata 1 (2016) [Edit]
Play
親しい人と離れてしまうのは、とてもつらいことです。
ましてやその原因が自らにあるとなれば、何に怒りをぶつけていいのか、わからなくなります。
ガジュマルが抜け忍となった時、私はまさにそういった心地でした。
Limited Tanabata 2 (2016) [Edit]
Play
私たち忍もまた、よく星を見ます。目的は方角や時間を知るためで、これだけなら船乗りの方々と一緒。
違う部分があるとすれば呼び方でしょう。星座ではなく「宿(しゅく)」。星座そのものも微妙に違ったりするんですよ。
Limited Tanabata 4 (2018) [Edit]
Play
川に分かたれ、逢瀬を夢見る男女が二人。ロマンチック…とは、そういうのでしょう。
私も女ですから、理解はできます。…ですが、忍としては違います。
利用できる、太郎冠者はそう考えます。これが忍の考え方です、団長さん。ゆめゆめお忘れなきように。
Limited Summer 1 (2016) [Edit]
Play
冷たいものをもってきました。団長さん、如何ですか?
…え?ああ、私は大丈夫です。各地から依頼を受けてましたので、ベルガモットバレーとは違う気候にも十分に慣れています。
何より忍とは心を鍛えるもの。暑さ寒さを耐えることなど、造作もありません。
Limited Summer 2 (2016) [Edit]
Play
夏の空はすぐに泣き出しちゃう、…つまり泣き虫さん。
…うふふ、そんな風にいつかガジュマルが教えてくれました。「可愛い」と、私は返しました。
そして同時に眩しいとも感じました。忍の本分である詐略と非情、そこからかけ離れた純粋さが愛おしく思えたんです。
Limited Summer 4 (2018) [Edit]
Play
端的に申します、団長さん。視線……いやらしいです。
タロウカジャの時ならともかく、今の私をそのように見るのは、その……
と、とにかくっ、汗に濡れた女子の肌など見てはいけません。分かりましたか?
Limited Mid-Autumn 1 (2016) [Edit]
Play
明るすぎる月はあまり好きではありません。
屋敷や城への侵入が難しくなりますし、月光に当てられて警備の意識も冴えてしまいます。
無論、力技で覆すことは簡単ですが…忍として、避けるべきなのは変わりません。
Limited Mid-Autumn 2 (2016) [Edit]
Play
花騎士が太陽ならば、我ら忍は月の者。
それも、キラキラと照り輝く満月ではなく、隠れ薄れる朧月。
ゆえ、騎士の常識とは外れることもあります。可能な限り抑えますが、事前の覚悟はしておいてくださいね。
Limited Mid-Autumn 4 (2018) [Edit]
Play
月の模様は見る人によって変わります。ですがこれは特別な事ではありません。
人は見たい物しか見ないのです。夢を見たい者が見れば、現はまるで夢の如し。そして……逆もまた然り。
現実とは斯くも曖昧なもの。故にこそ、我が幻術が通用するのです。
Limited Autumn 1 (2016) [Edit]
Play
忙しいが紅葉でも見に行きたい…そう思ってますね団長さん。
もしそうであれば、我が幻術にて誘って差し上げましょう。ただのあやかしと侮ってはいけませんよ?
五感に加え、第六感すら騙し切るのが私の忍法。…さぁご堪能くださいませ!
Limited Autumn 2 (2016) [Edit]
Play
書類仕事が多いのは解りますが、ちゃんと体も動かさないとダメです。
運動の秋ですし、よければトレーニングメニューでも作りましょう。
ガジュマル流の筋トレ三昧と私が弟子たちに与えている忍としてのメニュー、とりあえずこの2つがありますが…どっちにしますか?
Limited Autumn 4 (2018) [Edit]
Play
食欲の秋ですし、食堂に忍び込んで夜食を摘まんでしまうこともあるでしょう。
そんなあなたにアドバイスです。三無の術……これを会得して下さい。色無し、音無し、匂い無し……以て之を三無と称す也。
いわゆる隠形の一種ですが、団長さんなら頑張れば大丈夫でしょう。
Limited Halloween 1 (2016) [Edit]
Play
団長さん、まさか私にいたずらしたいんですか?
あ、いえ…嫌ではありません。…ありませんけど、今の私ではちょっと…任務中でもありませんし。
ま、まじないをかける時間、貰っても…いいですか?
Limited Halloween 2 (2016) [Edit]
Play
さぁお立ち会い、これなる馬を今より我が口にてひと飲みに致しまする。
見事果たした暁には鳥目を頂戴すれば丁々発止の超感謝!さぁさぁ飲むぞ飲むぞ飲むぞ~!
…うふふ、団長さん驚きすぎです。ハロウィンですし、怪しげな手妻師を演じてみました。いわゆる呑馬術ですね。
Limited Halloween 4 (2018) [Edit]
Play
何かになりきる神髄は、そのものを調べ尽くして己に刻み込むこと。対象が人であろうが人外であろうが、これは変わりません。
ただし、意志の弱い者の場合は注意が必要です。戻って……来れなくなりますからね。
Limited Winter 1 (2016) [Edit]
Play
昔…ふふ、今もやっているでしょうが、ガジュマルが雪を圧縮したことがあります。
一抱えもある雪の塊をなんと握りこぶしひとつ分に。本当に驚きました。
そうやって私は退屈な修行の日々を彩ってもらいました。もし彼女がいなかったら、私は修行をやめていたでしょう。
Limited Winter 2 (2016) [Edit]
Play
夜が長くなってきましたし、ガジュマルのことが心配です。
寂しがってはいないでしょうか。…一人で眠れているでしょうか…などと、ダメですね、私は。
想像しただけで嫉妬してしまいました。離れてしまったのは自分のせいなのに…我ながら勝手なことです。
Limited Winter 4 (2018) [Edit]
Play
やれやれ。いいのですよ?ウラク。先程から窓の外を見てばかり。
雪で遊びたいのでしょう?行ってきなさい。せっかくここにいるのですから。
…え?…棟梁の忍犬として、駄犬の如き振る舞いは出来ぬで御座る?ハァ…難儀な子ですね…
Limited Christmas 1 (2016) [Edit]
Play
ガジュマルがサンタクロースを楽しみにしている、そう聞きました。
色々と情報を集めたところ、女王陛下が演じてくださっているとのこと。
ふふ、私うれしく思います。彼女が良い主に巡り会えて、本当に嬉しい。
でも少しだけ、本当に少しだけ、悔しいという思いも否定できません。
Limited Christmas 2 (2016) [Edit]
Play
クリスマスの夜に何が待っているか、私は知っています。
貴方も知ってるでしょうし、きっと望んでいることでしょう。
ならば、私は応えます。応えてみせましょう、私自身の意思でもって…。
ご要望があるなら教えてください。お望みの私でお部屋に参上いたします。
Limited Christmas 4 (2018) [Edit]
Play
一晩で世界中を回り、どんな家にも忍び込んでプレゼントを置いていく……
サンタクロースとは、どれだけ腕の立つ忍なのだろうか……などと、修行に明け果てた幼い頃に、よく夢想したものです。
うふふっ、夢があるのか無いのか……我ながら分からない子供でした。
Limited New Year 1 (2017) [Edit]
Play
今年こそガジュマルは会いに来てくれるでしょうか。
…ふふ、いえ、ダメですね…これでは。急いてはいけません。
彼女が自らで良いと思えるその時まで、私はただ待つだけ。
それが、思いを見逃したことへの罰でしょうから。
Limited New Year 2 (2017) [Edit]
Play
私にお年玉…ですか?えと、それは…や、やめてください。
立場もあり、それほど幼くもありません。
童のようにお年玉をもらうなど…か、顔が熱くなってしまいます。
Limited New Year 4 (2019) [Edit]
Play
明けましておめでとうございます。今年の抱負はもう決めましたか?
……えっ、私? 私は……ふふっ、いつもと変わりません。親しい人の心を見逃さず、全てを酌んで応えてみせたい。
これ以上に求め、目指したい事など、ありません。
Limited Valentine 1 (2017) [Edit]
Play
貴方の望みは見逃しません。チョコレート、作ってまいりました。
何ぶん殿方に渡すのは初めてなので、作法もままなりませんが…
よければ、受け取ってくれると嬉しいです。
Limited Valentine 2 (2017) [Edit]
Play
昔、ガジュマルにチョコを送ったことがあります。…ですが、今はそれを悔いています。
自らは棟梁の娘、甘味を手に入れることは容易いこと。
けれど彼女は違う、劣等感をいたずらに押し付けただけ。…我ながら未熟者でした。
Limited Valentine 4 (2019) [Edit]
Play
ウラク? そんな悲しそうな顔しないでください。犬にチョコはご法度。棟梁の忍犬といえど、それは変わりません。
ならば、食べられるように修行するまででござる? はぁ~、強情な子ですね。
後で幻術を使ってあげますから、それで我慢なさい。
Limited White Day 1 (2017) [Edit]
Play
うふふっ、どうやら私もまた解りやすかった様子。
お返し、嬉しいです。ありがとうございますね。
…ですが、他の方への贈り物もお忘れなきよう。人の上に立つものとして、思いを見逃してはなりません。
Limited White Day 2 (2017) [Edit]
Play
この日が近づくにつれ、貴方の傍らにいると視線を感じるようになりました。
中には少々鋭いものもあり、だからこそ見逃すわけにはいきません。
しばし傍らを離れます。いらぬ波風など立てては、災いとなりましょう。
Limited White Day 4 (2019) [Edit]
Play
ウラク……お返し持って来過ぎです。しかも、匂いの強い食べ物ばかり。確かに好きですが、自制しているのは知ってるでしょうに。
『足りないくらいでござる。それほど酒池肉林でござった』?
刺激が強過ぎましたか……。興奮……まだ冷めてないんですね? はぁ……。
Limited Spring 1 (2017) [Edit]
Play
そうですか…あれがチャノキさんなんですね。
皆様に手を引かれて、お花見に興じて…うふ、お顔もとても穏やかです。
…混ざってきてはどうか…ですか?…いいえ、やめておきましょう。
かつて彼女を見捨てた私に、そんな資格はありません。
Limited Spring 2 (2017) [Edit]
Play
ふむふむ、ご苦労さまです、ウラク。里の田植えは順調、安心しました。
…あら、何やら意外そうな顔ですね、団長さん。桃源郷と同じく我が里も常に忍働きをしているわけではありません。
何も無い時は普通の農村、忍の里とは元来そういうものです。
Limited Spring 4 (2019) [Edit]
Play
春は出会いの季節でもありますが、別れの季節でもあります。
騎士学校の卒業式、泣いてる子もたくさんいました。ええ、門出の涙でしょう。
でも、涙は涙……私は苦手です。昔の……チャノキさんを……思い出してしまいます。

Gallery

Full Portraits
Full Portraits (Mobile Version)
Character Expressions

Botanical Origin

Community content is available under CC-BY-SA unless otherwise noted.