FANDOM


Cattleya (Radiant Princess)
カトレア(光華の姫君)
Portrait 112817
Pre-Evolved

Skill
エンゼル・プロミネンス
Angel Prominence
Effect Activation Rate
Deals 2.9x damage to all enemies 24% (Lv1) → 34% (Lv5)
Type Stats
Magic icon Magic HP ATK DEF SPD
Stage Icon Lv Zero percent 165 167 Zero percent 165 167 Zero percent 165 167
Pre-Evolved Cattleya (Radiant Princess) 1 1,570 3,010 4,018 800 1,568 2,024 420 780 936 565
60 6,400 7,840 8,848 2,750 3,518 3,974 900 1,260 1,416
Evolved Cattleya (Radiant Princess) 1 5,500 8,380 10,468 2,400 3,936 4,776 750 1,470 1,734
70 13,200 16,080 18,168 5,000 6,536 7,376 1,350 2,070 2,334
Bloomed Cattleya (Radiant Princess) 1 7,000 9,880 12,244 3,000 4,536 5,436 900 1,620 1,944
80 15,400 18,280 20,644 5,420 6,956 7,856 1,850 2,570 2,894
Stage Abilities
Pre-Evolved
Ability icon14Increases Skill Activation Rate for party members by 1.65x on turn 1.
Evolved
Ability icon14Increases Skill Activation Rate for party members by 1.65x on turn 1.
Ability icon01Increases Attack for party members by 15%.
Bloomed
Ability icon11Increases Damage for party members against Bosses by 12%.
Ability icon14Increases Skill Activation Rate for party members by 1.65x on turn 1.
Ability icon01Increases Attack for party members by 25%.
Ability icon07Increases Attack for party members by 10% multiplied by the number of remaining enemies on the field when combat begins.
Rarity Grown
Personal Equipment
Equip Name Level ATK DEF Icon
魅惑的な魔力の耳飾り 1 260 40 Winter Rose earring icon
Fascinating Magical Power Earrings Max 505 89
魅惑的な魔力の髪飾り 1 390 60 Equip 380367
Fascinating Magical Power Hair Ornament Max 635 207
Ability Increases Attack for party members of the same attribute by 2%
Increases Defense for party members of the same attribute by 2%
光華祭総合1等の花冠 1 250 50 Equip 360313
(No Translation)[Fix] Max 495 99
成熟した光華の花冠 1 375 75 Equip 380313
(No Translation)[Fix] Max 620 222
Ability Increases Attack for oneself by 5%
Increases Defense for oneself by 5%, increases damage reduction when defending by 0%, and allows oneself to resist fainting with 1 HP remaining up to 3 times per battle
Additional Info
Affection Item Jewels Jewels Nation Winter Rose Winter Rose
Family Orchidaceae Romaji Katoreakoukanohimegimi
Language of Flowers Magical Power, Mature Charm
Nutaku Name Cattleya (Radiant Princess)

Artist: Utsurogi AkiraFlower Knight ID:112817

Scenes

Alternate forms

CattleyaCattleya (Swimsuit)

Quotes

Library Introduction Play
Japanese 私の「魔力」に皆が魅了されてこんなことになった…。
ふふっ、まるでお伽話みたい。
私の、カトレアの花言葉だけど現実にあるなんて思わなかったわ。
けど…当たり前って、胸を張ってあげる。
世界に愛されている私だもの、この程度は当然よね?
English
Library Reference Voice Lines
Event Japanese English
First-time Introduction
Play
光華祭のトップ…って言っても別に嬉しくはないわね。
世界に愛されてる私よ? 一位を取るのも当然のこと。
だから、あなたが喜びなさい。この衣装も肩書も、あなたのために手に入れてあげたんだからね?
Battle Start 1
Play
さあ、お仕置きの時間よ。
Generic Response (Positive)
Play
うっ、嬉しい。
Battle Start 2
Play
血が高ぶる、か。
Attacking 1
Play
邪魔ね、あなた。
Attacking 2
Play
そこにいていいの?
Generic Response (Grief)
Play
めんどくさいったらないわよ。
Combat Skill Use 1
Play
天を仰ぎ! 蒸発しなさい!!
Combat Skill Use 2
Play
受けなさい! 世界の力!!
Combat Skill Use 3
Play
派手に散りなさい!
Combat Skill Use 4
Play
この力! 受けてみるがいいわ!!
Generic Response (Angry)
Play
いい度胸じゃない?
Takes Damage
Play
面倒ね。
Takes Fatal Damage
Play
うぅ、ここじゃ終われない。
Battle Defeat
Play
この私が…くっきぃ~。
Generic Response (Joy)
Play
ふふ、いいわ。言うこと聞いてあげる。
Victory Cheer 1 (Generic)
Play
服が汚れちゃったじゃない。
Victory Cheer 2 (Narrow)
Play
あぁもう、面倒くさい面倒くさい。
Login 1
Play
お帰りなさい。悔しいけど待ってたわ、あなたのこと。
今日もふれてもらえるかも、って。まったく我ながら面倒くさい女よね。
Victory Cheer 3 (Sweeping)
Play
ふふ、暑かったでしょう? 南国の太陽は。
Fail to Vanquish Opponent 1
Play
往生際の悪い。
Fail to Vanquish Opponent 2
Play
加減、間違えたみたいね。
Login 2
Play
んー、あぁ来たのね。ごめんなさい、お出迎えできなかったわ。
あなたに撫でられてる夢を見てて、それで。
ん え? い、今のなし! 私何言ってて。忘れなさい、いいわね!
Defeat Enemy 1
Play
巻き添えとか大丈夫よね?
Defeat Enemy 2
Play
お似合いよ。害虫。
Login 3
Play
さっきまでオンシジュームに振り回されてたわ。
一位になったんだから遊び回らなきゃだめ、とか相変わらずの謎理論で。
ある意味先輩だし。ま、付き合ってあげたけどね。
Stage Discovery
Play
世界に愛されてる私だもの。これくらいは当然よ。
ほら、さっさといくわよ。まさか断らないでしょうね?
Treasure Chest
Play
私に近づいちゃだめ。今は逃げなさい。
Conversation 1 (affection 0-29%)
Play
デンドロビウムと、それにブラックバッカラが泣いてたわ。
表彰式の時の私を見て、感極まった、って感じで。
あれはどういう意味だったのかしら。あなた、わかる?
Add to Party 1
Play
あなたのお願いならしょうがないわ。付き合ってあげる。
Add to Party 2
Play
私の主はあなた。けど、従うかどうかは私が決めるわ。
Change Equipment
Play
あなたが付けなさい。許して、あげるから。
Conversation 2 (affection 30-74%)
Play
ラカタンビーチを借り切ってお祝いだー、とかオンシジュームは大げさすぎよ。
シンビジュームも喜々として色々話つけてるし。まったく。
まぁ、嬉しいけどね。ちょっとだけ。
Level Up
Play
私の成長、見逃したら許さないわよ。
Conversation 3 (affection 75-100%)
Play
お祝いはされるし、パーティには呼ばれるし。正直疲れたわ。
全部あなたのせいだからね。責任持って私を癒やしなさい。
あなたのために一位になってあげたの。それくらいの役得、あってもいいでしょう?
Evolution
Play
正装の次はこんな衣装とはね。ま、悪くないわ。
サイズもぴったりだし。ん、胸はちょっときついけど。
ほら、もっとよく見なさい。あなたのために着てあげたのよ。
Conversation 4 (Bloomed)
Play
今の私がいるのは、ひとりだけの力じゃない。
当然よ、ちゃんとわかってるわ。そして、感謝しているの。
それに気づかせてくれた、あなたにもね。
Conversation 5 (Bloomed)
Play
世界に愛させていても、それを受け取ることは容易じゃなかった。
なにせ、触れることもできなかったからね。
でも、違ったわ。私を支えてくれた愛は、いつでもすぐそばにあったの。
Conversation 6 (Bloomed)
Play
あなたが手を伸ばして、触れてくれたから、今の私があるの。
愛させた分、愛そうとする私が。
私をこんなにも変えてしまったんだから、一生かけて責任、取ってくれるわよね。んふ。
Pulling Free Daily Gacha
Play
悪いけど握手は出来ないからね。迎えるなら、あなたがしてあげなさい。
Recovered Stamina
Play
そろそろ時間。ちゃんと送り出しなさいね。
背中とか肩とか、たたいてくれたら、いつもより頑張ってあげる。
My Page Generic Phrase 1
Play
ガキが大きくなりやがって、だって。ブラックバッカラに言われたわ。
喧嘩売られてるのかと思ったけど、すぐに違うと分かったの。
その、表情がね。色んなものがごちゃ混ぜになって、変な感じだったから。
My Page Generic Phrase 2
Play
これを着る時はシンビジュームに手伝ってもらってるわ。
若い方が別の国のファッションとかに詳しいからね。
My Page Generic Phrase 3
Play
身体には気を付けなさい。
怪我なんかしたら、私のことさわらせてあげないんだから。
わかった? わかったら「はい」って言う。自分を大切にするの。約束よ?
My Page Generic Phrase 4
Play
オンシジュームが、光華祭でのダンスをすごく気に入ったみたいで、屋敷でもときどき一緒に踊ろうって言ってくるの。
全く、いつまで経っても落ち着きがないんだから。まぁ、嫌ではないんだけど。楽しいし、ね。
My Page Generic Phrase 5
Play
この服もデンドロビウムとシンビジュームはすごく気に入ってたわ。
だから、シンビジュームに着てみる?って勧めてみたけど、慌てて断られちゃって。
たまにはこういうのも着てみたらいいのにね。
My Page Generic Phrase 6
Play
ブラックバッカラとどう向き合ったらいいのか、正直まだ迷ってる。
でも、面と向かって話したいって気持ちは変わらないの。
話したいことも、聞いてみたいことも、たくさんあるから。
My Page Idle
Play
放置、ねぇ。いい度胸じゃない、あなた。
あなたのために一位を取って、あなたのためにこんな衣装着てあげてる私を放っておくなんて。
って、ごめん、今のなし! 我ながら危ない感じだわ。執着しすぎ。
Give Gift 1
Play
悪くないわね……良くもないけど。
Give Gift 2
Play
屋敷に飾っておくわ。ありがとう。
それとも……つけて欲しい?
なら、あなたがつけてちょうだい。私の手を取って……さぁ。
Starting Subjugation 1
Play
さっさと行って、さっさと終わらせるわよ!
Starting Subjugation 2
Play
ついてくるなら、ちゃんと離れてなさいね。
Title Call
Play
フラワーナイトガール Flower Knight Girl
Login Bonus
Play
私から直接何かを受け取れるのは、この世界であなただけ。
いわば、特権なんだからね。恭しく謹んで受け取りなさい。
Extra Miscellaneous Voice Lines
Event Japanese English
Encountered bugs during subjugation
Play
消し飛ばしとけばいいのよ!先に!
Limited Seasonal Voice Lines
Event Japanese English
Limited Tanabata 1 (2016) [Edit]
Play
肩書や衣装が変わっても、本質は何も変わらない。
世界も、私も、私の宿命も。だからね、私は願いを託すわ。
この星空に。世界の向こう側に。さぁ、短冊を付けなさい。あなたに付けてほしいの。
Limited Tanabata 2 (2016) [Edit]
Play
もし曇るようだったら吹き飛ばしてあげようと思ったけど。
これなら問題ないわね。空の二人も気兼ねなく会えるでしょう。
ち、小さい子たちに言われただけなんだからね。
私は別にあなたときれいな空見たかっただけで。って、これも違うから。
Limited Tanabata 4 (2018) [Edit]
Play
満天の星! ふっ、当然ね。この私がてるてる坊主を吊るしたのよ。
これで誰も泣かなくて済むでしょ。小さい子たちも、空の2人もね。光華の姫君とやらになったんだし、これくらいはしてあげる。
Limited Summer 1 (2016) [Edit]
Play
バナナオーシャンから招待状が来たわ。
ご家族やお友達を連れて、ぜひ我が国の海をご堪能ください。だって
もちろん行くわよ。デンドロビウム達と、あなたも含めてね。
友達と言うよりは、家族、みたいなものだけど。
Limited Summer 2 (2016) [Edit]
Play
光華祭の運営から水着が届いたの。デザイン力を宣伝してほしいって。
それで着たのよ。付けてみたのよ。けど、入らないの、胸が。
この衣装の寸法で作ったって言ってたのに。…太ったのかしら。
Limited Summer 4 (2018) [Edit]
Play
バナナオーシャンを否定するつもりはないけど、長期休暇くらいはウインターローズに帰りたいわね。
あんまり留守にして、部屋に埃がたまるのも嫌だから。
Limited Mid-Autumn 1 (2016) [Edit]
Play
世の中に干渉するつもりなんかない。そう思ってたの。
ただ外側から眺めるだけでいい。こうして月でも眺めるみたいに。
けど、最近は少し違うわ。なにより、あなたに、ふれたいって思ってるから。
Limited Mid-Autumn 2 (2016) [Edit]
Play
そんなに見たいなら、見やすい位置まで引き寄せてあげてもいいわよ。
それこそ手の届くぐらい近くに。ふふ、冗談よ、冗談。
いくら私でも星には届かないわ。だからあなたも手の届く範囲で、我慢しときなさい。
Limited Mid-Autumn 3 (2017) [Edit]
Play
屋敷を出て知れたことは多いわ、月もその一つ。見え方、違うのね。降りる光も何となく違う。あなたのお陰ね…。
えっ、そ、そうよ、お礼言ってるの!素直に…喜びなさいよ! …ふふっ♪
Limited Mid-Autumn 4 (2018) [Edit]
Play
さ、どっちのお団子が美味しかったの?魔法で作ったほうと、私が自分で作った方。
魔法の方が早く作れるし、見た目も良いけど。え、手作りの方が、美味しい? そ、そう、うふふっ
Limited Autumn 1 (2016) [Edit]
Play
屋敷にいる時間が長いから、芸術でも始めてみようかと思うのよ。
何かいいのない? 小説? 私が?
んー、それは、えっと、やめておくわ。変に感情移入しちゃいそうだし、面白くならないわよ。
Limited Autumn 2 (2016) [Edit]
Play
任務に向かう途中、流しの絵かきに声をかけられたの。モデルになって、って。
そしたらデンドロビウムが言うのよ。今の彼女の肖像権はバナナオーシャンに帰属しています。
まずは彼の国にて申請を、って。私、聞いてないんだけど。
Limited Autumn 3 (2017) [Edit]
Play
んん…はぁ…ん…何よ、その目は?私だって運動くらいするわよ。花騎士だし、スタイルだって崩したくないし。
べっ、別に光華の姫君になったからじゃないわよ!勘違いしないで。
Limited Autumn 4 (2018) [Edit]
Play
お芝居って一度でいいから見てみたいのよね。けど人が集まる場所に行く訳にもいかないし。何か良い方法無い?
騎士団に劇団を呼ぶとか、知り合いとかいないの?
Limited Halloween 1 (2016) [Edit]
Play
最近、屋敷の噂が増えたのよ。
南国のお姫様が隠れ住んで、夜な夜な怪しげな魔術に耽ってるって。
いろいろ、紆余曲折あったんでしょうね。ハロウィンにはぴったりだけど。
Limited Halloween 2 (2016) [Edit]
Play
はぁ、まーた送ってきたわ。光華祭の運営。見つけた逸材は逃さないって感じ?
今度は仮装衣装だって。しかもメイド服……っぽい、“何か”ね、これは?
色も派手だし、飾りも露出も多すぎ。何させるつもりなのかしらね。
Limited Halloween 3 (2017) [Edit]
Play
ハロウィンの仮装では是非こちらを…って、水着じゃない!
光華祭の人、こんなの送ってくるなんて。あっちみたいに年中暑いわけじゃないのよ。
水着にしても布少なすぎ。こぼれるわよ、これ。
Limited Halloween 4 (2018) [Edit]
Play
さーて、トリックオアトリートよ?あなた?世界に愛されてる私が、全身全霊でイタズラをしてあげる♪
食らって身悶えるといいわ…行くわよ!オンシジューム仕込み!ギューーーー!
Limited Winter 1 (2016) [Edit]
Play
ふふ、ふふふ、今思い出しても、ふふ、おかしいわ。
お鍋やったのよ、この前屋敷で。そしたらシンビジュームが。
ふふ、湯気で、メガネが真っ白。その顔が面白くて。今度見せてもらいなさいよ。
Limited Winter 2 (2016) [Edit]
Play
寒いなら、温めてあげましょうか?
私が魔法をかけてあげる。まぁ我慢できるって言うなら…って、そ、即答するのね。
まったく、ありがたく思いなさい。あなた以外には、しないんだから。ほら、ぎゅーっ。
Limited Winter 3 (2017) [Edit]
Play
もうっ!おぞましい風習を聞いたわ!冬に、暑いくらい温かくした部屋で冷たいものを食べる…って!
ア、アイスとか!んっ…信じられないわ!どんな人生送ったら、そんなこと思いつくのよ!
Limited Winter 4 (2018) [Edit]
Play
あなたの体、暖かいわね。もっと触りなさい。許してあげる。
手加減なんてしたら怒るから。隅々まで、全部…あなたの感触、よこしなさい。
Limited Christmas 1 (2016) [Edit]
Play
オンシジュームもシンビジュームもなんだか楽しそう。
やっぱり広くて賑やかな方がいいわよね。狭くて私達しかいない屋敷よりこの場所にいた方が…
なんてね。今のは内緒よ。言わないで、ね。
Limited Christmas 2 (2016) [Edit]
Play
クリスマスプレゼント。も、貰ってあげてもいいわよ。光華祭一位のご褒美に特別なものを。
あ、あなたと今日過ごす権利とか。ワインもいいわよ。ケーキも「あーん」させてあげる。
だから、その…ほら、早くよこしなさいったら。貰ってあげるから。
Limited Christmas 3 (2017) [Edit]
Play
うふっ、今年のクリスマス、楽しみにしてなさい!ここでのパーティー、クライマックスに花火をあげるわ!
私の魔法で太陽みたいに大きい花火よ!街中を真昼みたいにしてあげる!
Limited Christmas 4 (2018) [Edit]
Play
バナナオーシャンでホワイトクリスマスを楽しむ方法はありませんか…だって。本当いろいろ考えるわね、あっちの人は。
無理って思わないのかしら。…けど、まあ、考えておくって送っておいたわ。無理には、できないしね。
Limited New Year 1 (2017) [Edit]
Play
デ、デンドロビウムにお金、貰ったわ。お年玉ですよ、って。
本当にあるのね。知識では知ってたけど、びっくりしたわ。
親代わりとかそう思ってるのかしら、まったく。ふふ。
Limited New Year 2 (2017) [Edit]
Play
あなた。なんで挨拶に来ないのよ!朝になったら、いの一番に来なちゃダメでしょ!
仕事なんて後でいいの。思わず私の方から来ちゃったじゃない。
もう、明けましておめでとう。今年もよろしく、よ。
Limited New Year 3 (2018) [Edit]
Play
新年一発目よ。そう、やること、あるじゃない?…んん…そうよ。もっと触りなさい!…一年の誓いなんだから。
触らせてあげる。今年も…来年も…貴方がここにいる限り。触りなさい…ね。
Limited New Year 4 (2019) [Edit]
Play
はぁ…はぁ…はぁ…オンシジュームは新年から元気すぎよ……。お正月の遊び、思いつく限り全部……。
あーもう、くたくた……。一位ならこれぐらい平気とか、私は魔法専門だってのにぃ……。
Limited Valentine 1 (2017) [Edit]
Play
ほら、チョコレートよ。しっかり、味わって食べなさい。
私が手作りして、手ずから渡すなんて、この世界であなただけなんだから。
粗末にしたら承知しないからね。
Limited Valentine 2 (2017) [Edit]
Play
友チョコって言うのよね、あれ。
オンシジュームとシンビジュームがキャッキャって、お互いにチョコ食べさせ合ってたわ。
なんかめんどくさそう、いろいろと。
Limited Valentine 3 (2018) [Edit]
Play
バレンタインにはチョコを胸に塗りたくるのが流行、とか。さすがに嘘…よね。
光華祭の運営の人が、我が国では、とか言ってたけど、あそこ出身の花騎士、確かいたわよね。
あなた、聞いといてよ。わ、私は聞けないわ。恥ずかしいじゃない。
Limited Valentine 4 (2019) [Edit]
Play
こ、このチョコには私の魔力を込めてあげたわ。他の人ならこんなことしないけど、貴方だし平気、よね。
効果は抜群よ。病気もしないし、運だって良くなるはずなんだから。
Limited White Day 1 (2017) [Edit]
Play
お返し、嬉しいわ。ええ、正直に言ってあげる。嬉しい。
だけど、何よこれ? プリンって、2つって。なんで天辺ピンクなのよ?
デンドロビウムに聞いて特注で…って、へ、変態じゃないの。ばかぁ。
Limited White Day 2 (2017) [Edit]
Play
デンドロビウムとブラックバッカラ。あれ、何? お菓子のやり取り?
照れくさそうに笑ってる。いい年して気持ち悪いわね。
ねぇ、あなた。どうにかしてきなさいよ。あれ。
Limited White Day 3 (2018) [Edit]
Play
世界に愛されてる私よ。お返しを貰うのだって当然のこと。
な、何よ。そんな目で見なくてもいいでしょ?言ってみたかっただけよ。
ほんとは、当然だなんて思ってないから。ちゃんと、嬉しいから。ほら、はやくよこしなさいったら、もう!
Limited White Day 4 (2019) [Edit]
Play
マシュマロ、ね。あなた、またよからぬことでも考えてるんじゃないでしょうね。
これで連想する何か…とか、な、なんでニヤニヤしてるのよ!本当にもう!罰として、あなたが食べさせなさいよね!ふん!
Limited Spring 1 (2017) [Edit]
Play
言っておくことがあるわ。聞きなさい。
新人が入ってきたら、私に近づかないよう注意するの。
光華祭のせいで、噂になってるし。今まで以上に気をつける必要があるわ。
Limited Spring 2 (2017) [Edit]
Play
へっくちゅ! ん、へっくち! へ、へ、ふぇ…あ、うぅん、治まったわね。ん、このムズムズ感。
世界の愛がまた強くなったみたい。光華の姫君、気に入ったようね。
Limited Spring 3 (2018) [Edit]
Play
屋敷で籠ってるだけだと判らないことは、たくさんあるわ。春なんてその最たるものね。雪が消えた。花が咲いた。
けど、他にもあるの。土のにおい。風の暖かさ。命の芽吹き。外に出て、初めて知れたわ。これが…世界なのね。
Limited Spring 4 (2019) [Edit]
Play
眠そうな目しちゃって…ちゃんと眠れてるの?しっかりしてくれないと困るんだからね?
あなたは私の主なんだから。変な心配は嫌。どうしたらいいかわからなくなるじゃない。

Gallery

Full Portraits
Full Portraits (Mobile Version)
Character Expressions

Botanical Origin

See Cattleya.

Community content is available under CC-BY-SA unless otherwise noted.