FANDOM


Curry Plant
イモーテル
Portrait 140817
Pre-Evolved

Skill
刺激的で華麗なる一撃!
Effect Activation Rate
Deals 2.4x damage to 1 enemy 20% (Lv1) → 30% (Lv5)
Type Stats
Slash icon Slash HP ATK DEF SPD
Stage Icon Lv Zero percent 165 167 Zero percent 165 167 Zero percent 165 167
Pre-Evolved Curry Plant 1 1,350 2,070 2,826 600 1,140 1,500 400 820 976 550
60 5,100 5,820 6,576 2,250 2,790 3,150 800 1,220 1,376
Evolved Curry Plant 1 4,500 5,940 7,368 1,850 2,930 3,602 700 1,540 1,804
70 9,550 10,990 12,418 4,150 5,230 5,902 1,250 2,090 2,354
Bloomed Curry Plant 1 5,500 6,940 8,536 2,300 3,380 4,088 950 1,790 2,102
80 10,900 12,340 13,936 4,450 5,530 6,238 1,600 2,440 2,752
Stage Abilities
Pre-Evolved
Ability icon01Increases Attack for 2 party members, oneself included, by 15%.
Evolved
Ability icon01Increases Attack for 2 party members, oneself included, by 15%.
Ability icon19Evades enemy attacks 55% of the time for 2 turn(s), then 40% of the time afterwards.( ? )
Bloomed
Ability icon01Increases Attack for 3 party members, oneself included, by 15%.
Ability icon19Evades enemy attacks 55% of the time for 2 turn(s), then 40% of the time afterwards.( ? )
Rarity Grown
Personal Equipment
Equip Name Level ATK DEF Icon
黄金の輝きの耳飾り 1 224 46 Bergamot Valley earring icon
(No Translation) Earrings[Edit] Max 420 95
黄金の輝きのカトラリー 1 336 69 Equip 380302
(No Translation)[Edit] Max 581 216
Ability Increases Attack for party members of the same attribute by 2%
Increases Defense for party members of the same attribute by 2%
Additional Info
Affection Item Jewels Jewels Nation Bergamot Valley Bergamot Valley
Family Asteraceae Romaji Imooteru
Language of Flowers 不滅の愛、黄金の輝き、独創的、他
Nutaku Name Curry Plant

Artist: UnknownFlower Knight ID:140817

Scenes

Quotes

Library Introduction Play
Japanese 「不滅の愛」「黄金の輝き」そして「独創的」。
そんな言葉がこのイモーテルの花言葉さ。
まったくやれやれだね。俺には荷が重いよ。
けどまぁ……そうなってる以上そう振る舞うのを望まれてるのかもね。
せいぜい頑張るとするよ。
English
Library Reference Voice Lines
Event Japanese English
First-time Introduction
Play
俺はイモーテル。これからキミの花騎士になる者だ。
そう……キミの、だ。それは間違いないとここに宣誓しよう。
だが俺という存在の理解は、なかなかに難解だと請け負っておくよ。
なんたって……ふふっ、俺は特別な存在だからね
Battle Start 1
Play
深呼吸の時間は……あるよな?
Generic Response (Positive)
Play
乾季なのに心が潤うとはね。
Battle Start 2
Play
て、敵!もう来たのか!?
Attacking 1
Play
これで終わりさ!
Attacking 2
Play
クールに、クールに……
Generic Response (Grief)
Play
うっ!そういうのは……嫌いだよ。
Combat Skill Use 1
Play
間合いが甘いよ!
Combat Skill Use 2
Play
こ、これでいい……はず。
Combat Skill Use 3
Play
逃げられると思ってるのかい?
Combat Skill Use 4
Play
こっ……これで倒れてくれよ?
Generic Response (Angry)
Play
気に入らない……怒ってるってことさ。
Takes Damage
Play
ひいっ!
Takes Fatal Damage
Play
く、クールにいけば……
Battle Defeat
Play
ふ、ふふっ……怖い。
Generic Response (Joy)
Play
やれやれ、仮面が剥がれそうだよ。
Victory Cheer 1 (Generic)
Play
これが勝利か。ビビる暇も無かったよ。うん。
Victory Cheer 2 (Narrow)
Play
怯えたって、勝てばいい……よな?
Login 1
Play
キミも俺も花騎士のお時間だな。無駄にならぬよう、力を尽くそうじゃないか。
Victory Cheer 3 (Sweeping)
Play
俺に……いや、俺達に相応しい特別な勝利だね。……ハァ、良かったあ。
Fail to Vanquish Opponent 1
Play
あ、あれ?
Fail to Vanquish Opponent 2
Play
やれやれ、困ったね。
Login 2
Play
変わらぬ日常には、非日常のスパイスが必要さ。
だから今日は花騎士をやらずに俺とカレーを食べるだけ……なんてどうだい?
Defeat Enemy 1
Play
いい戦いだった。
Defeat Enemy 2
Play
当然だね。
Login 3
Play
い、いきなり現れるんじゃない!び、ビックリするじゃないか!
ああ……い、いや、いいや……ビビってなんかない!ないからなっ!
Stage Discovery
Play
戦場から戦場へ、まるで空が枕のさすらい人。
花騎士の仕事とはかくも辛いものさ。なぁ、団長?
Treasure Chest
Play
仲の良い間柄……そうなれるといいね。
Conversation 1 (affection 0-29%)
Play
特別って何だと思う?他人と違う事?他人より優れている事?他人より劣っている事?
答えは誰にも分からない。だから人はそれを求めるのかもね。
Add to Party 1
Play
おやおや、これは青天の霹靂だ。青空のような隊の調和……俺にかき乱して欲しいのかな?
Add to Party 2
Play
強い奴が正しいなんて限らない。強引、強奪、強欲、強盗……。根拠だってこの通りさ。
Change Equipment
Play
いいね、悪くない。キミとは趣味が合いそうだ。
Conversation 2 (affection 30-74%)
Play
別に痛い奴って言われたところで、気にはならないな。
現に痛いのだし、この痛みはきっと、生みの苦しみさ。キミだってそうだったはず。
……そう思ってしまうのは、俺の願望かな?
Level Up
Play
成長すれば選択肢が増える。本当にそうかな?
Conversation 3 (affection 75-100%)
Play
特別な物なんて、探したところで何処にもない。だってそれは、人それぞれの中にあるんだから。
そんな難しくて簡単な事、俺はとうとう気付いてしまったんだ。
誰のせいかな?……ああ、キミのせいさ。責任、取ってくれるんだろう?
Evolution
Play
黄金のように貴重なこの瞬間。誰あろうキミと迎えられて、この胸はひどく高鳴っているよ。
……い、今のは言葉の綾だ。確かめようなんて、ダメだからな。
Blooming
Play
キミに作りすぎて……俺のカレーは美味しくなる一方だよ。
責任を取って、ちゃんと全部食べて欲しいな? ……勿論、俺という存在も含めて。
ククッ……食べ過ぎて腹痛になるかも……だけどね?
Conversation 4 (Bloomed)
Play
特別の答えは、人それぞれの中にある。だからこそ、俺は自分の中にある特別を求めて足掻いているんだ……。
ねえ、団長……手伝ってくれるかい?
Conversation 5 (Bloomed)
Play
カレーのレシピを考えているんだ。今までの物とは違う……特別なカレー。
勿論、俺にとってだけじゃない。キミにとっても特別なカレーを作りたいんだ。
Conversation 6 (Bloomed)
Play
人は俺をイタいと言う……そんな事は分かっているんだ。痛みを生み出しているのは、俺自身なんだからね……。
それでもキミは……俺の手を離さずにいてくれる。
……ねえ、団長。キミは俺の痛みに……触れてくれるんだね?
Pulling Free Daily Gacha
Play
出迎えはキミに任せるさ。痛い奴が前に出たら戸惑わせてしまうだろうからね。
Recovered Stamina
Play
団長、休憩は終わり……だそうだ。きちんと休めたかな?休憩にも色々な意味があるからね。
体の休憩、心の休憩、後は……ん?宿泊施設でのご休憩?なんだそれは?
My Page Generic Phrase 1
Play
俺の言動は痛いかい?構わないさ。キミがそう思うんならそうなんだろうよ。
My Page Generic Phrase 2
Play
俺が作れるのはカレーだけ。いや、違うな。むしろカレーだけで充分と言った方が正しい。
だって、カレーは華があって麗しい、華麗な料理だもの。
My Page Generic Phrase 3
Play
弱い者は何物にも干渉出来ない。ただただ怯えるだけ。世界への抵抗なんて出来ない。
哀しい存在だね。だから、俺達が守らなくちゃいけない……だろう?
My Page Generic Phrase 4
Play
強い奴が正義ではない。だからといって、強者が全て悪ではない。弱者を虐げた卑怯者こそが、悪と呼ばれるのさ。
俺達はそれを見極める目を持たなければならないね。
My Page Generic Phrase 5
Play
華麗なるカレー……究極の果てへと至るカレー……。力を得ても、おいそれと辿り着けるものではないんだね……。
やれやれ……まだまだ道のりは長そうだ。
My Page Generic Phrase 6
Play
相変わらずイタいって? ……フッ、そうかも知れないね。
けど、この痛みを越えた先……あるいは、この痛みと共に歩んだ先に、きっと求めるものがあると……俺は信じているよ。
My Page Idle
Play
空腹は判断を鈍らせる。よければカレーでも作ろうか?
スープカレーがいいかい?それともドライカレー?
チャパティもいいが、なんだったら……ナンでもいいよ。
Give Gift 1
Play
人の正確な性格なんて、誰にも理解らない。好みも然り。
鑑賞したから相手の心に干渉出来たなんて思わないことだ。
Give Gift 2
Play
俺の好みを探り当てた……フフッ、どうやら俺達は同じ場所に立ってるみたいだ。
そこからは見えてしまってるのかい?等身大の俺の姿が。
Starting Subjugation 1
Play
俺が道をつくろう。
Starting Subjugation 2
Play
進み方ひとつにも個性は出るのさ。
Title Call
Play
フラワーナイトガール Flower Knight Girl
Login Bonus
Play
毎日続く退屈な毎日。無駄かどうかはキミが決めることだ。
無駄じゃないと思うなら……さぁ、これを受け取って欲しい。
Extra Miscellaneous Voice Lines
Event Japanese English
Encountered bugs during subjugation
Play
び……びびってない!
Limited Seasonal Voice Lines
Event Japanese English
Limited Tanabata 1 (2016) [Edit]
Play
星があんなにたくさん綺麗に輝いているのは、地上の不幸を残らず掬い上げるため。
花騎士もそうあるべきと、俺は思うんだ。
Limited Tanabata 2 (2016) [Edit]
Play
権利に義務が付きまとうなら、空の二人が離されたのも仕方のない事。
けど、たとえ離されても、絶対に離れないものがきっとある。
そういうのをきっと……愛っていうんだろうね。
Limited Tanabata 3 (2017) [Edit]
Play
あの星から見れば、この世界はきっと矮小な存在なんだろうね。だけど、地上から見れば、あの星こそ小さなもの。
己にとって重大なものを、他と比べて些細だなんて思う必要はない、そういう話さ。
Limited Tanabata 4 (2018) [Edit]
Play
七夕らしくカレーを用意したよ! 華麗な空にはカレーが必要なものだろう?
フッ、ようやく俺たちの夜が始まったって感じかな……。
Limited Summer 1 (2016) [Edit]
Play
暑い時には熱い物を食べるのが一番。俺がこう言うのだから、何を持って来たか分かるだろう?
ふふっ、そう……カレーだ。
大丈夫、辛さはキミに合わせているとも。
Limited Summer 2 (2016) [Edit]
Play
い……今、変な物音しなかった……か?
ふ、ふふふっ、そうだよな?しなかった。しなかった……はず。
どうやら、神経が過敏になってるみたいだ。この前、みんなと怪談話してしまったから、きっとそのせい。
う、ううう~。だ、団長、悪いけど、一緒に寝てくれない……かな?
Limited Summer 3 (2017) [Edit]
Play
水着になるのは抵抗があるよ。喜ぶ人もいないだろうし、何より……夏の日差しは眩しすぎる……
俺の魂を陽にさらすというのは、少々ハードルが高いと思うんだ……。
Limited Summer 4 (2018) [Edit]
Play
一度行った夏はもう二度と来ない。せっかくだ、俺とキミで一夏の思い出を作るとしよう。
それじゃ夏の風物詩、カレーかき氷なんてどうだい?
Limited Mid-Autumn 1 (2016) [Edit]
Play
ウサギさんはお月様を見てぴょんぴょん跳ねる。なら、人は何を見て跳ねる?
いや、別にクイズじゃない。それに、答えも分からない。俺に分かるのは俺の事だけ。
この心はキミといると跳ねてしまうって……それしか分からないのさ。
Limited Mid-Autumn 2 (2016) [Edit]
Play
一緒にお月様を眺めていると、気持ちが昂ってくる。
まるで、引力に引かれてるみたいに……ああ、吸い込まれそうだよ、団長。
頼む。この体、ちゃんと抱き留めておいてくれ。
Limited Mid-Autumn 3 (2017) [Edit]
Play
さっきからずっと月に見入っているね? フッ、そういうピュアな所は良いと思うよ。俺は結構拗らせているタイプだから、羨ましいな。
Limited Mid-Autumn 4 (2018) [Edit]
Play
やぁ団長。今日は月がゾッとするほど綺麗だねぇ。ふふっ、こっちだよ。
よっ、と。え、なぜまた木の上にいたのかって?それは、やっぱり、雰囲気、かな
Limited Autumn 1 (2016) [Edit]
Play
うっ、んん……。少し、食欲の秋に踊らされてしまった……かな。
団長もちゃんと気を付けた方がいいぞ。
踊る事も出来ないくらい太ったら、どうにもみっともないからね。
Limited Autumn 2 (2016) [Edit]
Play
見渡す限り一面の実り……黄金の秋。フッ、とても綺麗だよ。
けど、良くない気持ちも湧き起こってくる。
自分で何かした訳でもないのに、妙な全能感で溺れそうになる。
Limited Autumn 3 (2017) [Edit]
Play
ふふっ、今……俺のことを物思いに耽っていると思っただろう?……言わなくても分かっているよ。
だけど、そいつは間違いだ。……生憎だけど、舞い散る枯れ葉に感情移入するほど乙女じゃないのさ。
Limited Autumn 4 (2018) [Edit]
Play
んっ……ああ、ごめん。読書に夢中になっていた。歴史書に哲学書、どれも興味深いよ。
ずっと昔に書かれたものなのに、今を生きる俺の固定観念を打ち砕いてくれるんだ。
Limited Halloween 1 (2016) [Edit]
Play
なあ、キミはどんな悪戯を俺にされたい?
ただお菓子を貰って引き下がるんじゃ、刺激が足りないからね。
あっ……怖いのはダメ……だからな。あと、エッチなのもダメ……だ。
Limited Halloween 2 (2016) [Edit]
Play
か、仮装に力入れ過ぎだぞ、みんな。こんなんじゃ外なんか出れないよ……。
うう~~、キミくらいは怖い仮装はしないでくれよ?
せめて……そう、優しい仮装なら俺は……うん、嬉しい。
Limited Halloween 3 (2017) [Edit]
Play
幻想的な夜だね。少し狂騒的過ぎるような気もするけど…たまにはこんな夜があってもいいだろう。
どうかな、団長。キミも今宵は俺と2人だけでパレードをしてみない?
Limited Halloween 4 (2018) [Edit]
Play
へぇ!だ、団長、おば、おばけだ。オバケ!お化けはまずい。え?あれは子供の仮装?え…ぁ…し、知ってたとも…その上で驚いてる演技をだね……
Limited Winter 1 (2016) [Edit]
Play
儚くてすぐに溶けてしまうのに、雪はこんなにも世界を白く染めてしまう。
まるで、人の命にも似て……。キミも……そう思わないかい?
Limited Winter 2 (2016) [Edit]
Play
雪だるまって、なんだか愛らしいね。白く冷たい雪で出来てるのに、暖かみすら感じてしまうよ。
Limited Winter 3 (2017) [Edit]
Play
俺は知識を蓄えすぎた、だから純白の雪原のような、無垢な心に憧れるよ。そういう人を俺は《新雪の心を持つ者》と呼んでいる。
え?いやいや、「しんせつ」は優しい方じゃなくて新しい雪の方だ。察してくれ
Limited Winter 4 (2018) [Edit]
Play
戦場でも舞い落ちる雪のように軽やかに……か。まだまだその境地には至れないな。
魂の火を完全に消せるほど老成はできな……っくちゅん!うぅ~、寒い……毛布にくるまるね……
Limited Christmas 1 (2016) [Edit]
Play
キミが光り輝く夜に俺を選んでくれた喜び……この気持ちは、俺の拙い語彙では伝えきれそうにない。
だから……稚拙な言葉で口にすることを許して欲しい。
大好きだぞ、団長。心の底から愛している。
Limited Christmas 2 (2016) [Edit]
Play
祝福あれ……祝福あれ……祝福あれ……。街も人も世界も……全てがそう祈っている。
こんな押し付けがましいの、いつもなら好きではないさ。
けれど今は、俺も普通の人々みたいにそれを受け入れてみたい
フッ、さあ団長、祝福……されに行こうか。
Limited Christmas 3 (2017) [Edit]
Play
この1年、俺は良い子…ではなかったかな。かわいげってやつも足りないし。
だけど団長、もしもサンタがキミだったとしたらこんなひねくれ者な俺でさえ聖夜の奇跡ってやつを望んでしまうよ。
Limited Christmas 4 (2018) [Edit]
Play
団長は、クリスマスの夜はどうする気なんだい?いや、パーティが終わって、みんな寝静まった後だ。
お……俺は、起きていてもいいかなって思ってる……他意はないけど、とにかく、そう思うんだ。
Limited New Year 1 (2017) [Edit]
Play
一年で最も特別な日……それこそが今日さ。だから特別な気持ちで過ごすのが世界のルール。
フッ……ああ、下らないね。俺にそんなことは関係ないのさ。
だって……キミと過ごすだけで、いつだって特別な日になるんだから。
Limited New Year 2 (2017) [Edit]
Play
キミを待つ間、俺はこう考えていた……新しい一年、俺達はどこまで上り詰められるだろうって。
だけど……フッ、キミを迎えて、それが杞憂だと分かった。
どこまで……じゃない。どこまでも……さ。そうだろう?フッ♪ 団長?
Limited New Year 3 (2018) [Edit]
Play
お年玉を自分から欲するタイプではないけれど……キミがそれを望むなら、あえてそう演じるのも構わないよ。
運命のタクトを握るのは俺じゃない。全ては、キミ次第なんだ。
Limited New Year 4 (2019) [Edit]
Play
俺のこと、また一年よろしく頼むよ? キミとなら、きっと、この狂った世界を変えていける。
それがたとえ、ちっぽけな反抗で終わっても……誰かに届くはずさ。
Limited Valentine 1 (2017) [Edit]
Play
焦がれる人へチョコレートを贈る特別な日。
やれやれ……そんな風習に託さなければ愛の一つも伝えられないなんて、世の中は度し難いね。
だがまあ、たまにはそれに染まってみるのも悪くないかな。
Limited Valentine 2 (2017) [Edit]
Play
だ、団長。今年はその……もうチョコは貰ったのかい?もしそうなら、美味しかった?
い、いや、別に他意は無い。無いけど、ただ……これ、俺のチョコ……だ。
他のと比べたらダメだからな。
Limited Valentine 3 (2018) [Edit]
Play
昔話をしようか。……ある所に一人の少女がいた。彼女はチョコを愛し、チョコも彼女を愛した。
……けれど、悲劇は突然やって来たんだ。……そう、虫歯だよ!
……団長も気を付けるんだね。かつての少女からの忠告さ。
Limited Valentine 4 (2019) [Edit]
Play
甘いチョコの後にはビターなお茶が欲しくなるだろう? そう思って準備をしておいたよ。
高級品って訳じゃないが、香りは……ほら、なかなかだろう? ゆっくり味わって……熱っ!
Limited White Day 1 (2017) [Edit]
Play
お、俺にお返し… そ、そうか…うん、ありがたく受け取るよ。他の子にもあげたの…かい?俺と同じもの…かな?
それとも…俺だけ…特別…?貰えるかどうか不安だったんだから、それくらい教えてくれてもいい…だろ…
Limited White Day 2 (2017) [Edit]
Play
男は三倍返し…やれやれ、差別的だよ。キミ、そんなことは気にしなくてもいいからな。
返したい相手に返したいように返せばいい。皆もそれで満足なはずさ。勿論俺も、ね。
Limited White Day 3 (2018) [Edit]
Play
えっ!? (咳払い) いいや、な、なんでもない… 仕方ないだろう… こういう日にキミが会いに来たんだ。
やれやれ、俺の中にもまだ乙女な部分が…残っていたらしい…
Limited White Day 4 (2019) [Edit]
Play
キミが会いに来てくれたことが、何よりも嬉しい。もちろん、贈り物も嬉しいけど……。
なんだろうな……俺に何かしようとしてくれたという気持ちだったり、その気持ちが形になった今だったりが、かけがえのないものだと思うよ。
Limited Spring 1 (2017) [Edit]
Play
お花見?……えっと、それは……二人だけで……か?そ、そうか……ふふっ、なら、仕方ないな。
ああ、弁当の事は心配しなくていいぞ。腕によりをかけて、冷めても美味しいカレーを作ってやるから。
Limited Spring 2 (2017) [Edit]
Play
どこもかしこも宴会やイベントばかり。騒がしすぎて、花も恥じらってしまうよ。
特にこの前なんか、目の前におじさんが現れて、そのまま俺の前で脱ぎ出したんで、思わず逃げてしまった。
……え?それは宴会とは関係ない……のか?
Limited Spring 3 (2018) [Edit]
Play
春の憂鬱と上手く折り合いをつけるのが大人ってやつさ。それくらい心得ているよ。キミこそ……春の嵐に心を乱されないようにね?
Limited Spring 4 (2019) [Edit]
Play
ふぅん、ふぅ~。う、うぅ~ん。なんて華麗な、カレー。しかも山盛り。夢みたいだよ。
う、うぅ~ん。うん~。団長にもあげよ~。あ~ん。ふぅ、ふぅ~ん。

Gallery

Full Portraits
Full Portraits (Mobile Version)
Character Expressions

Botanical Origin

Scientific name: Helichrysum italicum.

Community content is available under CC-BY-SA unless otherwise noted.