FANDOM


--[[Category:Seasonal quote modules]]
 
return {
["spring001"] = {
  ["ヤクノヒナホシ"] = {
    jp="春はキノコの季節だよ!さ~団長ちゃん。一緒にキノコ狩りへしゅっぱ~つ!<br>あ~そのキノコはダメ!食べるとちびっこの膝枕でしか安眠できなくなっちゃうやつだよ!",
    en=""
  },
  ["カゲツ"] = {
    jp="んー? 団長さんもしかして今、暇なの? それじゃあ、一緒に、お花見行かないかい?<br>さっきたまたま、いいスポットが空いてたんだよ。",
    en=""
  },
  ["アリッサム"] = {
    jp="えへへっ、ポカポカ陽気で、風もおだやか。気持ちのいい季節になってきましたね。",
    en=""
  },
  ["スズシロ"] = {
    jp="暖かくなってきましたね。過ごしやすい季節ですが、勉強中についついうたた寝をしそうになります。<br>春眠暁を覚えずとはよく言ったものです。",
    en=""
  },
  ["ジャーマンアイリス"] = {
    jp="うっす、団長。せっかくの暖かさ、どこかに出かけるといいっすよ。一緒に行くっすか?",
    en=""
  },
  ["サフラン"] = {
    jp="エキナセアとはよくお茶しに行くんだけど、団長さんとお茶する機会はなかなかないわね。<br>団長さん、今からお茶しに行く?お茶じゃなくてもいいわ。お散歩でも日向ぼっこでも!<br>…あぁ、日向ぼっこは子供っぽいかな?でも団長さんと日向ぼっこもきっと素敵よね!",
    en=""
  },
  ["ジャーマンアイリス(七夕)"] = {
    jp="ポカポカ陽気でちょっとぼんやりするっす。こういうときは外に出て素振りをするっす。これも訓練のうちっす!",
    en=""
  },
  ["オジギソウ"] = {
    jp="眠くなりますねぇ~。春ですから~。こればっかりは~、しょうがないですぅ~。",
    en=""
  },
  ["サフラン(クリスマス)"] = {
    jp="街を歩いている人の格好も、変わってきたわね。厚着からだんだん薄着になって……あぁっ!!<br>そういえば、冬にカレーを食べすぎたような気がするぅ……。今から控えれば、夏には間に合うよね……?",
    en=""
  },
  ["オジギソウ(クリスマス)"] = {
    jp="春はぽかぽか暖かくて、どうしても眠くなることが多いんですよね~。せっかく過ごしやすい季節なのに、もったいないです~。",
    en=""
  },
  ["シーマニア"] = {
    jp="ぽかぽか陽気は最高じゃねえですか。団長さんもそう思うです?",
    en=""
  },
  ["デージー"] = {
    jp="今日はいい天気なのだ~。だからデージーは遊びに行くのだ! 団長さんも一緒に行くのだー!",
    en=""
  },
  ["サイネリア"] = {
    jp="だんちょー?もし疲れてたらお庭を見てみてください。ほら、いろんな色のお花が全部満開になってます!<br>きっと眺めてるだけで、疲れも吹っ飛びますよ?",
    en=""
  },
  ["カレンデュラ"] = {
    jp="この季節は、皆の目が期待に輝いてる……期待なんて持たないほうが、後でガッカリしないのに……<br>だけど、その目の輝きは、私が守らないと……団長さんと一緒に、できるかな?",
    en=""
  },
  ["サンビタリア"] = {
    jp="うふっ、どうしたの? まぶた、閉じちゃいそうよ? この私を前に、そんなの、いくら春だからって、失礼じゃない?<br>全く、ほんとかわいいひと。いいわ、おいで? 膝枕してあげる",
    en=""
  },
  ["ピンポンマム"] = {
    jp="暖かくなってきたわね、気持ちも開放的になっちゃいそう。<br>うふふ、だ・か・ら、団長ラブユー!<br>もっともマムは一年中言い続けるけどね。",
    en=""
  },
  ["カカリア"] = {
    jp="んーっ!土の匂いに風の匂い、それに花の匂い!これは描きがいがあるぞー!よーし、筆を持てー!キャンバスを持てー!",
    en=""
  },
  ["ウィンターコスモス"] = {
    jp="騎士学校の新入生さん達を、良く見かけるようになりました。 とても、初々しいですね。<br>私も、先輩花騎士として、気を引き締めて行きたいです。",
    en=""
  },
  ["デージー(ハロウィン)"] = {
    jp="新人の花騎士にあいさつしに行くのだよ。ちゃんとこんにちはするのが礼儀だっておじいちゃんも言ってたのだ。<br>お手本になるような花騎士としてデージーは頑張るのだよ。",
    en=""
  },
  ["ノースポール"] = {
    jp="冬って感じはもうしない……すっかり春になったみたい。<br>あたしが好きな季節は過ぎちゃったけど、暖かくなって、お花や動物が元気になるのはいい事だよね♪",
    en=""
  },
  ["プリムラ"] = {
    jp="青い春だから青春! 誰が考えたかわかりませんけど、上手い言い方だと思います!<br>青臭さあってこその青春ですもんね!",
    en=""
  },
  ["サルビア"] = {
    jp="よぉ~し! 春だ!春が来た! やっぱり春は気分が上がるなあ! 突っ走っていくぞ~!",
    en=""
  },
  ["チェリーセージ"] = {
    jp="いい天気ですねー!荷物運び日和って感じです。あ、でも、補給部隊は一年中ですよ?",
    en=""
  },
  ["ローズマリー"] = {
    jp="皆、にぎやかだな。草木も芽吹き、花も咲いている。人もしかり、か。",
    en=""
  },
  ["レオノチス"] = {
    jp="ぽかぽか陽気で気持ちいいね~……はぁ~……にゃんか眠たくにゃってきた~……。<br>団長しゃんも、レオと一緒におやすみしにゃい……?",
    en=""
  },
  ["チェリーセージ(新春)"] = {
    jp="団長さん? 春ですよぉ! 寒かった日々も終わって、ぽかぽか温かくていいお天気です。<br>ようやく外で本格的にトレーニングができますね! 団長さん、一緒に体、動かしませんか?",
    en=""
  },
  ["ホワイトパンジー"] = {
    jp="春って、なんだかウキウキしてきます!そんな時は、コーンスープです!団長さんもどうぞ!",
    en=""
  },
  ["イエローパンジー"] = {
    jp="春になると新人が増えて、色々と大変だよなー。うーん…妹もこんな風に、先輩の花騎士から心配されるんだろうか。<br>…なあ団長、団長は毎年こんな気苦労をしているのか?ストレス溜めないように気をつけるんだぞー。",
    en=""
  },
  ["パープルパンジー"] = {
    jp="春は…あんまり好きではありません…。だって…暖かくて気持ちがいいと、頭がぽわ~っとしてくるです。<br>…いえ、私じゃなくて、姉なんですけどね…アホに磨きがかかるんですよ…。",
    en=""
  },
  ["イヌタデ"] = {
    jp="こんなポカポカしてるのに、中で仕事なんてもったいないー!、そと、そーとー!お散歩連れてってー!!<br>絶対気持ちいいからー、いいでしょー?",
    en=""
  },
  ["ツバキ"] = {
    jp="賑やかですねぇ。騒がしいのは好みませんが、色鮮やかなこの季節は嫌いではないです。",
    en=""
  },
  ["ツバキ(フォスの花嫁)"] = {
    jp="いい日和ですね。団長とずっとこうしていたいです。……もう少しだけ静かだと嬉しいのですけれど。",
    en=""
  },
  ["ブラックバッカラ"] = {
    jp="ふあぁ~…暖かくなってきたねぇ。なんだか眠くなっちまうよ。<br>こんなときには害虫をブッ倒すに限るなぁ!任務はまだかい?",
    en=""
  },
  ["ロイヤルプリンセス"] = {
    jp="こんなに暖かいと…つい、眠くなってしまいます…。いえ、寝ません。今から訓練だというのに、寝るわけがないです…。ですが…意識がふわふわします…。",
    en=""
  },
  ["ノヴァーリス"] = {
    jp="険しい冬を耐えた先の、この暖かく美しい景色……困難な道の先には、必ず光が待っているのですね。",
    en=""
  },
  ["モケ"] = {
    jp="春……それは出会いと別れの季節。モケにもそれはもう多くの出会いと別れがあった。<br>団長、モケは日々成長していくのだぜ。……うんうん、モケ、今いいこと言ったのだぜ♪",
    en=""
  },
  ["ビワ"] = {
    jp="お日様あったか……ビワ、眠っちゃいそう……。昔なら、何かやってる時に眠るなんて、きっと怒られてた……。<br>今は大丈夫。だって、団長も眠そう……。ふっふっふー……一緒、にんまり",
    en=""
  },
  ["ノヴァーリス(雪華の女王)"] = {
    jp="ウィンターローズの国民にも、この晴れやかな光景を届けてあげたい……あなたと春を迎えるたび、そう考えてしまいます。<br>叶う日がくればいいのですが……",
    en=""
  },
  ["ノイバラ"] = {
    jp="『満開の花々を、我が国の民達にも見せてあげたい』<br>……陛下がそう仰っていたのですね? ふふ♪ それはそれは……えぇ、やり甲斐が有ります。<br>早速思案いたしましょう。環境改造は人の本懐……調和を保ちつつ、やってみせますとも!",
    en=""
  },
  ["ミニバラ"] = {
    jp="ノヴァーリス様がお散歩をしたいそうなので、護衛として同行することになりました。<br>えっ?団長殿もお出掛けを?……それなら、是非ご一緒しましょう?ノヴァーリス様もきっとお喜びになるはずです!",
    en=""
  },
  ["ブラックバッカラ(イースター)"] = {
    jp="外はもうずいぶん暖かくなったな。この仕事片付けたら、一緒に原っぱでゴロゴロしようぜ?きっと気持ちいいぞ~♪",
    en=""
  },
  ["スノードロップ"] = {
    jp="ようやく春がやってきましたね。必ず冬は明ける…。<br>えぇ、そうですよ!いつまでも続く逆境なんて無いんです!",
    en=""
  },
  ["エウカリス"] = {
    jp="お……お花見といっても、必ず何かを食べないと駄目って訳でもないですよね?<br>いえ!その……外で食事というのはどうも、はしたないような気がしてしまって……。",
    en=""
  },
  ["ミモザ"] = {
    jp="別れの季節……香りだけでもいいから残していって欲しいものです……。あっ、団長さんは私から離れないでくださいね?",
    en=""
  },
  ["アルストロメリア"] = {
    jp="う~~~!いい天気ー!団長、お散歩しようよー。アタシ、春って大好きなんだー。だってだって!未来に繋がったってかんじするんだもーん。<br>ほらほら~、あくびなんかしてると、口の中に花びら詰めちゃうよ♪しゅっぱーつ!しんこー!",
    en=""
  },
  ["アルストロメリア(未来への感謝)"] = {
    jp="あったかくて、ポカポカで、町の皆もニッコニコー!きっと、アタシ達がが頑張ったから、皆笑えてるんだよねー?<br>つまり、アタシ達がこの未来を引き寄せた!えへへっ♪団長ー、これからも頑張ろうねー!",
    en=""
  },
  ["オンシジューム"] = {
    jp="団長!いーお天気だよ~、いつまでそんな眠そうな顔してるの~、早く遊びに行こうよ~!",
    en=""
  },
  ["シンビジューム"] = {
    jp="今日は、暖かいですね……いえっ、ぼーっとしてちゃいけません!",
    en=""
  },
  ["デンドロビウム"] = {
    jp="オンシジュームが、お花見に誘ってくれました。<br>団長さんもぜひとのことで、もし良かったらご一緒していただけませんか?",
    en=""
  },
  ["カトレア"] = {
    jp="眠い…何で春ってこんなに眠いのかしら。ねぇ、ちょっと休みましょうよ。そんなに急がなくたっていいでしょ?<br>私寝るから。あなたはそこに座って。…そう、そこ。我慢しなさいよね、私枕がないと眠れないんだから。",
    en=""
  },
  ["イオノシジウム"] = {
    jp="……ふぁ……あぁ~……。……眠い~。この間までの寒さは一体ドコに行ったのかしらね~……。<br>何か寝ている間に害虫倒してたし~……春眠って凄いのね~。",
    en=""
  },
  ["オンシジューム(フォスの花嫁)"] = {
    jp="ふんふふふんふ~ん♪団長、遊びに行こうよ~♪天気がいいから、お花見なんてどうかな~?",
    en=""
  },
  ["カトレア(水着)"] = {
    jp="満開の花を眺めてると、なんだか逆に悲しくなる時があるわ…だけど不思議ね。あなたが隣にいると、本当に、素直に綺麗って思えるんだから。",
    en=""
  },
  ["イオノシジウム(クリスマス)"] = {
    jp="たまには、こう、おしとやかなお嬢様っぽく、占いでもしてみようかしら。<br>あっ、そういえば、舞う花びらをつかめると願い事がかなうとか、聞いたことがあるわ。<br>よーし、こうなったらみんなの願い事までかなえられるように、つかんでつかんで、つかみまくるわよー!",
    en=""
  },
  ["カトレア(光華の姫君)"] = {
    jp="言っておくことがあるわ。聞きなさい。<br>新人が入ってきたら、私に近づかないよう注意するの。<br>光華祭のせいで、噂になってるし。今まで以上に気をつける必要があるわ。",
    en=""
  },
  ["パフィオペディルム"] = {
    jp="過ごしやすい陽気のせいか、眠そうな顔だ。戦場へ向かう前に、少し休んでおくか?<br>その間は、私が見守っている。だから、眠っても構わないぞ?私も、キミの寝顔を眺めてみたいと思っている",
    en=""
  },
  ["スイセイラン"] = {
    jp="春になると、風の強い日が多いですー。Odm1でボトルメールを飛ばして星まで届かなかったら困るんですけどね~。",
    en=""
  },
  ["シンビジューム(バレンタイン)"] = {
    jp="団長さん、オンシジュームちゃんから教えてもらった、絶景のお花見スポットがあるんです。<br>丘の上にあって、満開の花を見下ろせるんですよ!一緒に行ってみませんか?",
    en=""
  },
  ["デンドロビウム(バレンタイン)"] = {
    jp="団長さん、暖かい陽気だからと、うたた寝していてはいけませんよ。今日も張り切って、鍛錬あるのみです。<br>日々の積み重ねが、何よりも大事ですからね。",
    en=""
  },
  ["トリカブト"] = {
    jp="団長、最近ポカポカしてきたね。んゅむにゅ…こんな陽気だと、すぐ、眠く…なって…もうだめ、わたしお昼寝したい。<br>とゆうわけで団長、ベッドまで抱っこ。お姫様抱っこだとなおいい。むにゃむにゃ…。",
    en=""
  },
  ["ミスミソウ"] = {
    jp="春は、何か新しいことが起きそうで、いつもワクワクします!<br>団長さんはどうですか? 何か、新しい目標を立ててみてはどうでしょうか。",
    en=""
  },
  ["ニリンソウ"] = {
    jp="おっ花見ね~♪ 次の休みで~いいかしら? ん、大丈夫! 空けてあるわ、一日中♪<br>ん、な~によ? 予定がないのが意外なの? 折角あなたの為に空けておいたのに~。<br>あ~あ、報われないわね、私。",
    en=""
  },
  ["トリカブト(天つ花の令嬢)"] = {
    jp="団長を見ながら、一本まるまる太い巻物食べる風習がるの?なら、今やってみるの。<br>んっ、はむ……んんっ、ちゅっ、んっ、んふ……<br>太くて長いのは得意なの。",
    en=""
  },
  ["ニリンソウ(監獄島)"] = {
    jp="騎士学校から手紙が届いたわ。はい、これ。用件は多分……入学式への出席願い。<br>貴賓として今年もお招きしたいってところかしら? スピーチの原稿が必要なら言ってちょうだい?後で作っておいてあげるわ。",
    en=""
  },
  ["レシュノルティア"] = {
    jp="はっ! ちょっ、ちょっとうたた寝していました…。団長さまと一緒に草原に寝転がる夢を見ましたよ。二人で仲良くごろごろしているんですが、そしたら団長様が……<br>あっ、ここからは…なーいしょっ♪ です!",
    en=""
  },
  ["コーレア"] = {
    jp="団長さま、眠くなっていませんか?お昼寝がしたくなったら、遠慮しないで言ってください。<br>お休みしている間に、団長さまの分まで私がお仕事をしておきますから。",
    en=""
  },
  ["オリーブ"] = {
    jp="今日は暖かいから、日向ぼっこしてたの……。ぽかぽかして、気持ちが安らぐ……。<br>こういう時間って、平和って感じがして好きかも。",
    en=""
  },
  ["エノコログサ"] = {
    jp="ぽかぽか陽気が気持ちいいにゃ~……。団長さん、お昼寝していいー? いいよね? ぐぅ~……。",
    en=""
  },
  ["エノコログサ(花祭り)"] = {
    jp="う~ん……ぽかぽかしていい季節だにゃ。春ってお昼寝したり、お散歩したりするのにもぴったりだよね。<br>そう言う訳で、私ちょっとお散歩してくるにゃ。",
    en=""
  },
  ["ジャノメエリカ"] = {
    jp="お、お花見、ですか? ということは、つまり人、たくさん集まって……!?<br>うぐっ……! 想像しただけで、心臓がキューってします! お話の練習、いつもよりたくさんしないと……!<br>わ、私、ふぁ、ファイトぉ……!",
    en=""
  },
  ["オキザリス"] = {
    jp="お外はぽかぽか陽気で気持ちいいですけど、やっぱり、お部屋の中でごろごろしてたいなあ。団長さん、一緒にどうですか?",
    en=""
  },
  ["オキザリス(新春)"] = {
    jp="ぽかぽか暖かい日差しが眠りを誘ってきます。子供の頃うっかり昼寝してしまい、起きたら辺りに誰もいなくてとても怖い思いをしたことがありました。<br>だから、なるべく、寝ないようには意識して……zzz",
    en=""
  },
  ["マネッチア"] = {
    jp="お日様ぽかぽかで気持ちいい~。<br>こうゆう日は、お部屋の中でごろごろするのが一番です。<br>団長さまも、そうしたいですよね?<br>ほらほら、一緒にベッドで、ごろっとなっちゃいましょ~?",
    en=""
  },
  ["ブバルディア"] = {
    jp="暖かくて……平和で……みんなもニコニコ笑ってて……。こんな毎日が続くように、頑張らないと。<br>だって、私は花騎士で、その専属医なんだからさ",
    en=""
  },
  ["ヤツデ"] = {
    jp="実に気持ちのよい季節になったものだな。あ、ほらあそこにあった蕾がもう開花しているよ。団長さんは気づいていたかな?",
    en=""
  },
  ["シンクライリアナ"] = {
    jp="昔は地下にいたのに、今はお外でこうしてお花見ができるの♪<br>全部、全部、団長さんのおかげ、団長さん…ありがとっ",
    en=""
  },
  ["ブルーエルフィン"] = {
    jp="ほわぁぁ~~……ポカポカ陽気で眠くなっちゃう……このままじゃ……うぅ、居眠りしちゃいそう……<br>ねえねえ団長、何か目の覚めるようなお話して。",
    en=""
  },
  ["クラリンドウ"] = {
    jp="どうして……どうしてこうなったぁ……。<br>あっ、団長さん、助けてくださいぃっ! 私のドジで、お花見する場所を確保できなかったんですぅ!<br>えっ? 別の場所を用意してある……? うぅぅっ……団長さん、ありがとうございまーすっ!",
    en=""
  },
  ["ポインセチア"] = {
    jp="ふゎぁぁぁ~……。原っぱでお昼寝、気持ちよかったね。あ、団長の頭に、葉っぱがついてるー。取ってあげるね~。<br>わたしの頭にも、いっぱいついてる? ふぇ、とってとって。",
    en=""
  },
  ["ハツユキソウ"] = {
    jp="あのー……団長さん?良かったら、その……二人だけでこっそりお花見しませんか?<br>人の来ない穴場があるんです。きっと、二人で見たらもっと綺麗だと思うんです。",
    en=""
  },
  ["ハツユキソウ(クリスマス)"] = {
    jp="最近はだんだんと暖かくなってきました。雪解けの季節ですねぇ……って、団長さん? ど、どうして抱きしめるんですか?<br>あ……えへへ……大丈夫です。私は融けたりしませんよ? ずっと……団長さんのお傍にいさせていただきますっ。",
    en=""
  },
  ["ポインセチア(浴衣)"] = {
    jp="団長? さっきからずうっとうとうとしてるよ? 今日あったかいもんね~……。<br>書類仕事はちょっと休憩して、お昼寝したら? 誰か来たら起こしてあげるから! ねっ♪",
    en=""
  },
  ["ホーリー"] = {
    jp="あれぇ~?団長ってば今にも眠っちゃいそう、ふふ♪ポカポカ陽気で眠くて仕方ないって顔に書いてあるよ。<br>ん~ちょうど私も眠いし、ふふ♪一緒に寝ちゃおっか。",
    en=""
  },
  ["ホーリー(水着)"] = {
    jp="春になって、変な行動する人も多くなった気がする。<br>ポインセチアが絡まれないように、いつも以上に目を光らせておかないとだねっ!",
    en=""
  },
  ["アロエ"] = {
    jp="団長様、ご機嫌はいかがですか?土の香りも芳しい季節に、ってぇやっっぱ無理だぁ!<br>春だし新しいことに挑戦してみたけどこそばゆすぎ!けどまぁ、少しはそれっぽかったっと思わない?",
    en=""
  },
  ["アロエ(バレンタイン)"] = {
    jp="すっかり春の陽気だね~。お外で遊ぶの気持ちいいやー!<br>でも油断してるとぉ……ぅぅ、なんだか眠くなっちゃうね~……。<br>団長ちゃん、アタシが寝てたら起こしてね~……。",
    en=""
  },
  ["ロウバイ"] = {
    jp="団長さんは何か食べたいものありますか…?習ってましたから一通りは作れると思います。<br>今のうちに聞いておけば、お花見にも間に合いますし…、それに、将来のためにも…、<br>あっ、何も言ってないですよ…?",
    en=""
  },
  ["ストレリチア"] = {
    jp="うぅ~~~~ん。ポカポカして気持ちがいいわ。まさに春の陽気って感じね。<br>ちょっと、もしかしてあなた、寝てるんじゃないでしょうね。いくらいい陽気だからって、だらだらしてたら許さないわよ!",
    en=""
  },
  ["ベルゲニア"] = {
    jp="団長殿、私と花見に行きませんか?あっ、もちろん分かっています。任せてください。<br>スケジュール調整にお弁当の準備、場所の確保、全てバッチリやっておきます。<br>団長殿と出掛ける為ならば苦労は厭いません。",
    en=""
  },
  ["ベルゲニア(ゴシックメイド)"] = {
    jp="暖かい季節になりましたね…。お出かけしたいと言っている花騎士(フラワーナイト)も多くなりました。<br>団長殿も、何処かへ行かれますか?そのときは是非、お声掛けください。お手伝いしますので。",
    en=""
  },
  ["ツキトジ"] = {
    jp="ふっ、ふあぁぁぁ~ポカポカ陽気たまんない。これはもう絶好のお昼寝日和。ラパン、一緒に寝ようね。おやすみ~。<br>……あれ?私起きたし。眠ったはずなのに~、う~ん変だし。",
    en=""
  },
  ["カランコエ"] = {
    jp="春はそういう季節らしいから、私も子供欲しい!協力して?団長さん。<br>……あっさりと誘い過ぎ? え?あっさり誘っちゃダメなの?",
    en=""
  },
  ["クリスマスベゴニア"] = {
    jp="い、イオノシジウムさんすごかったのです。<br>ポカポカ陽気でしっかり寝てらっしゃったのに、矢も一本も外さないで害虫全部倒しちゃってたのです。<br>流石にあれは真似出来ないのです……残念なのです……",
    en=""
  },
  ["リトープス"] = {
    jp="お仕事も大切だと思うけど、今はお外で遊ばなきゃ勿体無いよ。だって、ほら!お日様ぽかぽか、風もとってもあったかいの♪<br>ナーゾとルネも行きたがってるし、一緒に遊びにいこう。ね!",
    en=""
  },
  ["セルリア"] = {
    jp="暖かくなってきたからでしょうか。拠点内を走り回る花騎士も増えてきましたね。<br>冬は抑圧される季節でもありますから、開放感があるんだと思います",
    en=""
  },
  ["セルリア(きぐるみ教師見習い)"] = {
    jp="あ、暖かくなってきましたね。とてもお散歩日和だなぁ、なんて……。<br>べ、べつに一緒にお出かけしたいとかじゃないですよ?あ、あと、わんちゃんの恰好だからというわけでもないです。ただ、そういう季節……なので……。",
    en=""
  },
  ["チューベローズ"] = {
    jp="夜に団長のとこお邪魔するから、今の内に寝ておくね?そしたら、夜の間は危険な事やりまくれる!<br>春だしいいよね~? だってほら、ワンちゃんとか頑張ってるし!",
    en=""
  },
  ["ウェルウィッチア"] = {
    jp="春はいいねェ、新しい気分にさせてくれる季節だ。こう長生きしてると、節目というものを見失いやすくてさ。<br>春がどれだけ来たかでボクは大体の年月を把握しているんだよ。",
    en=""
  },
  ["ノラナ"] = {
    jp="お花見のシーズンですね。地元では事あるごとに宴会なので、あまり特別感は無いんですけど……。<br>もし、行く機会があれば、事前に知らせてくださると嬉しいです。大勢がいる所では、普通に振舞うために体力と精神力を使いますから。",
    en=""
  },
  ["ハイビスカス"] = {
    jp="ん~!いい天気~。こんな日は草むらでゴロゴロするのが気持ちいいよ~!団長もゴロゴロしないー?<br>…うぇぇえぇぇ!ドロが服についたぁ~…。",
    en=""
  },
  ["クレナイ"] = {
    jp="暖かくなってきたわねー…。ちょっと、脱いだりしちゃおうかしら。…あら、う・わ・ぎ・を、よ? 何だと思ったのかしら♪",
    en=""
  },
  ["アジサイ"] = {
    jp="春は新人も多いし、色々と大変だと思うけど、大変な役目はあたしに振っていいからね?<br>あ、あたしがそうしたいってわけじゃないけどさ。…あんたのために、ね。",
    en=""
  },
  ["グラジオラス"] = {
    jp="眠っている暇などありません。いつでも行けますよ!",
    en=""
  },
  ["キキョウ"] = {
    jp="春の花たちが、綺麗に咲いてくれてよかったわー♪これも神様のおかげね。<br>もちろん、私たち花騎士だって頑張っているわよ!<br>私たちが綺麗に咲けるのは、あなたのおかげかもしれないけどね?",
    en=""
  },
  ["ヒマワリ"] = {
    jp="ふわぁ~! とってもいい天気です! お日さまもポカポカとあったかくて、嬉しくなっちゃいます♪ 団長さんも、いい笑顔ですよ!",
    en=""
  },
  ["ガイラルディア"] = {
    jp="世の中が少しずつ浮かれてきてる感じするねー。よーやく寒いのが終わったんだから当然だよね。<br>暗くて寒いより、明るくて暖かい方が断然良いしー! ねえ、団長もそう思うでしょ?",
    en=""
  },
  ["ヘレニウム"] = {
    jp="団長さん、お昼はちょっと草原まで一緒に行きませんか? 私、お弁当も作ったんです。<br>えへっ、二人だけの小さなピクニックです。",
    en=""
  },
  ["ガザニア"] = {
    jp="暖かい日差し。少し、うとうとしたい気分。団長様も、一緒に船の上でどうですか。",
    en=""
  },
  ["フジバカマ"] = {
    jp="うふふっ、良い陽気ですね、団長殿?とてものどかで……なんだか眠くなってきてしまいそうですね。",
    en=""
  },
  ["ルドベキア"] = {
    jp="ふぁぁ…はう…眠い。昨日、アキ姉のお仕事手伝い過ぎちゃった。<br>だ~んちょ~、ちょっとだけお昼寝していーい?お膝も借りていい?<br>ちょっとだけ、ちょっとだけだからぁ、お願いします団長~",
    en=""
  },
  ["ヘレニウム(イースター)"] = {
    jp="ふわぁ~、あくび出ちゃった。ん、でも団長さんになら見られるのもいいです。<br>お嫁さんになったらもっといろんなもっと色んなトコを見られちゃうんですから。",
    en=""
  },
  ["ルドベキア(忍者)"] = {
    jp="お花見の場所取りはアタシがやっておいた。場所はねぇ……ここの屋上♪<br>そういう所の方が忍っぽい感じがするし、街中のお花がぜーんぶ見えるの!",
    en=""
  },
  ["ヘリクリサム"] = {
    jp="みんなを誘って、お花見しに行こうよ!春に作れる特別な思い出だもん、ずっと記憶に残るくらい楽しく盛り上がっちゃおっ♪",
    en=""
  },
  ["チトニア"] = {
    jp="お花見の季節になりましたね。お花見をしながら食事をするのは皆様楽しそうですし、嫌いではありません。<br>団長様はお花見、お好きですか?",
    en=""
  },
  ["ソリダスター"] = {
    jp="暖かい時期に動物たちは発情期に入ります。<br>それを知らせるように、特徴的な鳴き声が聞こえたり……え?私が歴史の話で盛り上がってる時に似ている……ですか?<br>もぉ~、そんなことないです~。そんな声、出してないんですから~。",
    en=""
  },
  ["シルフィウム"] = {
    jp="お花見より、静かにティータイムを楽しみたい。<br>第一、お酒を飲んで騒ぐのが理解できない。お酒は……奇天烈な人の、<span style=\"color:#ff8c00\">いかれポンチな飲み物</span>",
    en=""
  },
  ["レッドジンジャー"] = {
    jp="春は……良いね。何だか平和な季節だ。子供たちが元気に遊ぶ声が聞こえてくる。<br>ずっと、こんな穏やかな時間を過ごせたら良いのに……。",
    en=""
  },
  ["クルクマ"] = {
    jp="春と言えばお花見ですね。大騒ぎはちょっと苦手ですけど…。皆さんのお手伝いをしたり、場所取りをしたりするのは好きでした。<br>花騎士の皆さんと一緒にお花見できたら、すごく楽しそうですね♪",
    en=""
  },
  ["スイレン"] = {
    jp="春眠暁を憶えず、とはいいますが、寝てばかりではしめしがつきませんよ?<br>休憩時間にはおいしいお茶をご用意しますので、もう少し頑張りましょ?ご主人様",
    en=""
  },
  ["アカバナスイレン"] = {
    jp="春になると、害虫の動きも活発になるんですよね。私ももう少し活発になったら、少しは目立てるのかな……。",
    en=""
  },
  ["オオオニバス"] = {
    jp="春は出会いと別れの季節だそうですね。でも駄目ですよ、団長さんは私から離れちゃいけません。<br>側にいてくださいね?それだけでいいですから。",
    en=""
  },
  ["オオオニバス(ジューンブライド)"] = {
    jp="春眠暁を覚えず……団長さん、私がもし眠っちゃっても、どこにも行かないでくださいね?もし行っちゃったら後が怖いですよ……?",
    en=""
  },
  ["スイレン(ジューンブライド)"] = {
    jp="綺麗なお花もたくさん見かけるようになりましたね。<br>ご主人様、どこかお出かけ致しますか? きっと心地よい時間を過ごせると思います。",
    en=""
  },
  ["アカバナスイレン(成長する陰謀)"] = {
    jp="団長さん、眠そうです。よかったらその、私が膝枕して……<br>あぁっ、でもでも、私の膝の上なんかで寝たくなかったら……<br>ぅひゃぁっ! 急に頭を乗せたら……その……恥ずかしいですぅっ……!",
    en=""
  },
  ["イブキトラノオ"] = {
    jp="過ごしやすい季節になったわね。新人たちに負けないよう、私も鍛錬を怠らないようにしないと。特に都会育ちの子には、ね。",
    en=""
  },
  ["ヒメシャラ"] = {
    jp="団長、まだ仕事は終わらぬのか?せっかく花見の準備をしておるというのに。<br>んん~…はぁ…仕方ないわらわも手伝うとしよう。少しでも……その……団長と花見を楽しみたいし……。",
    en=""
  },
  ["ヒメシャラ(クリスマス)"] = {
    jp="ふふふふ…騎士学校の新入生がこちらを見ておるなぁ…ふふっ…無理もない。女と言えどわらわの虜…ん?見ているの、わらわではない?では、いったい…はっ!新入生が団長に色目など!億万年早いのじゃ!",
    en=""
  },
  ["サカキ"] = {
    jp="カミはいつでもいて、どこにでもいますが、一番心地よく感じられるのは、やはりこの季節です。生い茂る木々、爛漫と咲く花々、<br>それらを揺らす風の一吹き……。全てがカミの表れ。ふふっ。当たり前で、だからこそ尊いものです。",
    en=""
  },
  ["グリーンベル"] = {
    jp="いつかは、春が来る。当たり前の事ですが……。ちゃんと来ると、安心しますね。",
    en=""
  },
  ["レインボーローズ"] = {
    jp="春になって、街の人たちもみんな幸せそうに笑っているわ。<br>この平和な日々を護るために、花騎士の私は気を引き締めないといけないわね。",
    en=""
  },
  ["ゼフィランサス"] = {
    jp="春と言えば、出会いの季節だよね~。改めて、今ある縁を大切にしなきゃ、って思う。<br>…え?真面目? …ま、まあ、出会いなんて、吐いて捨てるほどあるけど!?でも、一応!一応、ね!",
    en=""
  },
  ["ハブランサス"] = {
    jp="春はぽかぽか陽気で気持ちいいですね。春の雨はなんだか優しくて、結構好きなんですよねぇ。<br>あ、もし雨が降ったら、団長さんも一緒に眺めてみませんか?",
    en=""
  },
  ["ヒルガオ"] = {
    jp="団長さん、お花見に行きましょう!新年度が始まったから、みんなの絆を深めないと!これも上司のお仕事ですよ?",
    en=""
  },
  ["ヨルガオ"] = {
    jp="春は出会いと別れの季節ね…。でも、出会いだけでいいわ。もう別れはいらない。<br>人と出会い、そして支え合うからこそ、私達は生きていく事ができる。お兄さんがいてくれて、私は嬉しいわ。",
    en=""
  },
  ["アサガオ"] = {
    jp="ポカポカだねぇ~! ねえねえお兄ちゃん!お仕事は休憩にして、お外に遊びに行こうよぉ~!",
    en=""
  },
  ["ルコウソウ"] = {
    jp="もし眠たくなってしまったら、私の膝を使ってください。団長さんがお昼寝したい時は、いつでも貸しちゃいますから。<br>あっ、リクエストがあれば子守歌も歌いますよ?",
    en=""
  },
  ["カイコウズ"] = {
    jp="ぽかぽか陽気に誘われてきちゃった! 団長さん、今日は何して遊ぶ? あったかいから、どこへ行っても楽しいよね!",
    en=""
  },
  ["カサブランカ"] = {
    jp="新しい季節っ!いざ参ろう!理想の王道っ!<br>…す、少し声が大きかったか?すまない、あまり花見には慣れていなくてな。ひとまず座ろう…。",
    en=""
  },
  ["ヤマユリ"] = {
    jp="この穏やかな春風…カサブランカ様の方へ吹いている!<br>風までもが、カサブランカ様に忠誠を誓ってくれているのだろう。それに値するだけの人物だ、カサブランカ様は。",
    en=""
  },
  ["オトメユリ"] = {
    jp="ふゎぁ~、ポカポカして気持ちいい…こんな日はお弁当でも持って何処かに出かけたいですね。<br>そうだ団長さん!一緒にピクニックに行きませんか?たまにはのんびりお花を眺めるのもいいですよ?",
    en=""
  },
  ["ヒメユリ"] = {
    jp="春麗らかな陽気…気が緩みがちになりますが、こういう時だからこそ気を引き締めてまいります。<br>でも、やっぱり春は好きです。",
    en=""
  },
  ["サンダーソニア"] = {
    jp="今日はあったかい一日になりそうですねぇ~。こうやって、土の上に立ってると、草花の伸びる音が…ふふっ…少しだけ、聞こえるような気がします",
    en=""
  },
  ["ユリ"] = {
    jp="新人の花騎士が入ってくる時期ね。まっ、どんな子がいても関係ない。私は私、いつでもトップ、一番よ!<br>……一番でしょ?一番って言って、ダーリン!",
    en=""
  },
  ["カノコユリ"] = {
    jp="冬が終わり、人々の顔に笑顔と活気が戻ってまいりました。<br>この輝きを守る事こそ、花騎士の使命です! 粉骨砕身の心意気にて、我等でそれを成し遂げましょうぞ!",
    en=""
  },
  ["ミルトニア"] = {
    jp="ぽかぽか陽気でとってもまったり……ふふふ、私、とっても幸せです。<br>あなたと二人、こうして肩を寄せあって時を過ごす……死の淵の幻覚で見た光景と一緒……少しだけ、憧れていました。",
    en=""
  },
  ["コランバイン"] = {
    jp="よ~しよしよしよしよしよし~♪ アルルカンもライオンも可愛いでしゅね~♪<br>ここをこうして、こうくすぐると、もーっと可愛いでしゅね~。だ~いちゅきでしゅね~?<br>……って感じのくすぐり芸を、春の公演でやろうと思いま~しゅ。",
    en=""
  },
  ["レモン"] = {
    jp="おおー♪屋根の上のお花見は絶景だなぁ。団長さんもこっちおいでよ、疲れとか吹っ飛ぶからさ。<br>大丈夫、危なくないって。みんなも呼んで、お花見しようよ。",
    en=""
  },
  ["タチバナ"] = {
    jp="季節の美しさに心奪われるのは無駄な時間ではありません。むしろ、この美しさを壊す者こそ伝統への侮辱です。<br>私は、そういうモノと闘っていきたい。",
    en=""
  },
  ["アンスリウム"] = {
    jp="見てー!いつもとはちょっと、違った髪形にしてみたの。ふふーん!新入生たちはみんな私の可愛さに夢中のようね!<br>可愛いは正義!先輩風よりも、良い風吹かせるわよ!",
    en=""
  },
  ["オシロイバナ"] = {
    jp="わぁ……見慣れない人がたくさんいます……。みんな私のことジロジロ見てる……。<br>やっぱり私、変なんですね……。一年間やっていけるのかな……。",
    en=""
  },
  ["オシロイバナ(きぐるみ花火師)"] = {
    jp="団長さん、こんな天気のいいぽかぽかした日は…暖かくて…眠くなって…ふあぁ…<br>って、寝ちゃいそうになっちゃいました!ライオン衣装が暖かくて、つい…す、すみません…",
    en=""
  },
  ["カラスウリ"] = {
    jp="春は何かと忙しい季節だから、団長、何か手伝ってほしいことあったらボクに言って。ボク、何でもできるから。<br>得意なのは力仕事ね!",
    en=""
  },
  ["ペポ"] = {
    jp="こんな暖かいと、うきうきしちゃいます♪ どこ行っても何してても楽しくって!<br>あっ!もしかしたら、団長さんと一緒ならもっと楽しくなれちゃうかも!",
    en=""
  },
  ["ペポ(水着)"] = {
    jp="ようやくお外が暖かくなってきましたね。こうして日の光を浴びると…ん…なんだか、眠く…<br>昨日ランタナちゃんと夜更かししすぎちゃったかなぁ…",
    en=""
  },
  ["ヘザー"] = {
    jp="季節折々の自然で十分お酒は飲める。……ホップが言ってました。<br>春なら花、夏なら星、秋なら月や紅葉、冬なら雪……。一つ一つ私と堪能していきましょうね、団長。<br>きっと、一人で飲むより何倍も美味しくなる筈ですから。",
    en=""
  },
  ["ツキミソウ"] = {
    jp="最近、外の景色が華やかですね。穏やかで、過ごしやすい季節になりました。",
    en=""
  },
  ["ツキミソウ(イースター)"] = {
    jp="ふわぁ、んん……あぁ、す、すみません。私、団長さんの前で欠伸だなんて……。<br>その、「春眠暁を覚えず」ともいいますし、団長さんも気を付けてくださいね。",
    en=""
  },
  ["ゴデチア"] = {
    jp="春になってあったかくなると、ついお外に出かけたくなっちゃいます。<br>冬よりも体調の良い日が多いから、お散歩日和には街まで遊びに行こうと思います。",
    en=""
  },
  ["アンゲロニア"] = {
    jp="ふわはぁ……はぁ……んぅにゅ……。<br>ふぅわっ! だ、団長!団長!今の私の欠伸、見た!? その後の、文字にしづらい呻き的なのも聞いた?<br>か、可愛くなかった?ユートピアかな?ってぐらい可愛かったよね!?、うわ~、けどけどぉ……私は見れなかった~!鏡の前でやればよかったよ~!",
    en=""
  },
  ["リシアンサス"] = {
    jp="春っていいですよね♪もっと言うなら、春のお花見大宴会が、大、大、大好きです!<br>もう朝から晩までずっとおしゃべりしてても怒られませんからね♪<br>さあ団長さん♪お花見に付き合って下さーい!",
    en=""
  },
  ["カタバミ"] = {
    jp="団長!鼻水が大変なことになってるぞー?待ってろ、今大きめな葉っぱ取ってくるから!<br>え、それはいい?なんでだ?私、たまに使うんだけどなー。",
    en=""
  },
  ["カタバミ(七夕)"] = {
    jp="お、お花見~!?二人っきりでか~?それって、つまり~、えっと~……。う、うん!わかったぞ!私、頑張る!頑張るから、二人でいっぱい楽しもうな!",
    en=""
  },
  ["サオトメバナ"] = {
    jp="春眠暁を覚えず。団長、言い訳にしていないか?どうしても駄目なら気付け薬を用意しよう。しかし、劇薬でな。<br>慣れないものが飲めば幻を見る。それでもいいなら、飲ませてやろう。",
    en=""
  },
  ["クチナシ"] = {
    jp="お花見しながら一杯、なんてどうでしょうか、団長様。 昨日も飲んでた? <br>ふふっ、そうだったかもしれませんね。 何日連続か、もう忘れてしまいました♪",
    en=""
  },
  ["キヌタソウ"] = {
    jp="実はですね、団長さん…この春に、弟の一人が学校に入るんです。<br>私の仕送りで、勉強道具も服もちゃんとしたのを用意できたって手紙に書いてあって…。<br>グスッ…本当に良かったですよぉー。",
    en=""
  },
  ["サンタンカ"] = {
    jp="え、お花見……ですか。ふ、ふたりっきりで……?えっへへ、そうですか。そういうことなら合点承知ですよ!<br>はい、場所取りもお弁当もぜーんぶお任せです!なので、お休み一ヶ月ください!張り切って準備するんですから、それくらい必要なんです!",
    en=""
  },
  ["アカンサス"] = {
    jp="芽吹く植物に、動物達の営み。街を歩く人達も、皆さんにこやかに笑っていらっしゃって……。美しいですね、団長さん。<br>移ろって消えてしまうのが惜しいくらい。本当に美しいです。",
    en=""
  },
  ["ベロペロネ"] = {
    jp="うう~、団長くーん、お花見の場所取り係、誰かと変わってもいい?だって、ずうっと一人でいなくちゃいけないのよ?寂しいじゃない。<br>どうしてもって言うなら仕方ないけど……その代わり、お駄賃ちょうだい?みんなが来るまでお酒飲んでるから、着いたら相手してよね?",
    en=""
  },
  ["ディプラデニア"] = {
    jp="三月の兎は、繁殖期だから、気が立っているそうですね。私なんか、一年中禁欲生活を強いられているんですけど。",
    en=""
  },
  ["プルメリア"] = {
    jp="お日様ポカポカ、空気もまったり……ふわぁー……団長さん、眠かったら、うーん……プルメリアが、膝枕、してあげますねー……",
    en=""
  },
  ["ニチニチソウ"] = {
    jp="うぅ~~、カップ割っちゃいました~。<br>暖かくなってきたから、ビンカちゃんとお外でお茶会しようと思ったのに……。<br>はぁ~~、これじゃあ、スイレンさんに認めてもらえないです。",
    en=""
  },
  ["プルメリア(ジューンブライド)"] = {
    jp="だんだん過ごしやすい気候になってきましたね。 ぽかぽかして……あれ? 団長さん?<br>眠くなってきちゃいましたか? えへへ、プルメリアの膝……使いますか?",
    en=""
  },
  ["ランタナ"] = {
    jp="動物も人間も出会い求めてますな~ 出会い厨だらけなんですかねぇ……。<br>だんちょも、ナンパでもやっとく? 私以外には認めないけど。",
    en=""
  },
  ["ランタナ(花祭り)"] = {
    jp="うぉぉぁおおお! 春だ、春が来たぞお前らー!<br>この温い空気! だらっだらの日差し!<br>そして夜に聞こえる、フニャ~♪だの、フギャ~♪だの、イヤ~ン♪だの!<br>これぞまさに春の空気! 春だ! はーるーだーぞぉーっ!",
    en=""
  },
  ["フォックスフェイス"] = {
    jp="団長、手が止まってるわよ?確かにいい陽気だけど、眠気でも誘われちゃった?<br>うっふふ♪ 大丈夫。気持ちは分るもの。",
    en=""
  },
  ["ベラドンナ"] = {
    jp="春だからって、みんな浮かれすぎだわ。まさかあなたまで浮かれてるんじゃないでしょうね。<br>そんな油断してると、私みたいな悪者に足元すくわれちゃうわよ?うふふふっ。",
    en=""
  },
  ["ワルナスビ"] = {
    jp="お花見は良いなぁ~。え? さっきからお団子ばっかり食べている――だと?<br>わ……我は暗黒の怪盗だから、明るく花を見ていてはおかしいからな。甘い物が好きなわけじゃ無いんだぞ、ホントだぞ!",
    en=""
  },
  ["ハバネロ"] = {
    jp="今年も憲兵隊に新人さんが入ってきたよ。<br>例によって私のファンらしい。というわけで、ファンサービスの練習だ。<br>団長さん、新作の決めポーズをチェックしてくれ♪",
    en=""
  },
  ["ワルナスビ(ハロウィン)"] = {
    jp="はぁ~。ねえ、団長、あたしって太ってるのかな?<br>ポカポカで眠そうだったから、ラークちゃんに膝枕してあげたの。そしたら「太腿プニプニですぱー」って。<br>これって、太ってるってことだよね? うわ~ん、ちょっと傷付いたよ~。",
    en=""
  },
  ["ホップ"] = {
    jp="爽やかな風に乾杯して~、目を覚ました土の匂いにも乾杯~。そんでやっぱり~、華やかに咲いた花でも気持ちよく乾杯!<br>春は酒の肴に困んないからねぇ~♪ さ、団長も遠慮せずに~♪",
    en=""
  },
  ["ホップ(温泉浴衣)"] = {
    jp="お酒の調達は、クチナシとヘザーに頼んだしぃ、宴会芸はサラセニア。<br>料理はアプリコットとヨモギ中心で仕込んでくれてるしぃ……うん、お花見の準備は完璧だよ、団長。大宴会だぁ!",
    en=""
  },
  ["マンリョウ"] = {
    jp="団長さんは、私を私として見てくださいます。遠慮される事に慣れてしまった私にはそれが新鮮で…。<br>芽吹いてしまったこの想いも、どうすればよいのかわからなくて…。うふっ、でも楽しいもどかしさでもあるんです♪",
    en=""
  },
  ["マンリョウ(ジューンブライド)"] = {
    jp="春眠暁を覚えず、ですか、団長さん。うふっ。仕方ないですねぇ。こちらへどうぞ。膝枕、してさしあげます。",
    en=""
  },
  ["センリョウ"] = {
    jp="おぉ~、今年も新人さんがいっぱい入ったみたいだねぇ。こりゃあセンリョウ達先輩もビシッとした所を見せないとね!<br>あっ、団長~!髪の毛を結ってくれる?",
    en=""
  },
  ["センリョウ(クリスマス)"] = {
    jp="過ごしやすくなったしさー、どこかお出かけしよ。ピクニックとか楽しそうじゃない?<br>マンリョウお姉ちゃんも誘って、三人でゆっくりしちゃおうよ!",
    en=""
  },
  ["カカオ"] = {
    jp="カカオは大人、カカオは大人。<br>いくらポカポカでもお仕事中に居眠りなんて…ふわぁ。<br>頑張って起きて、ないと…",
    en=""
  },
  ["ギンバイソウ"] = {
    jp="残念だなー、子犬をナデナデできなかったよー。<br>大きいワンちゃんに吠えられるわ、噛まれるわ、爪立てられるわで一度もナデナデできなかったー。<br>うーん、何がダメだったんだろー?",
    en=""
  },
  ["エケベリア"] = {
    jp="ふわぁ~~……やだっ、団長くんに欠伸見られちゃった! 女の子の欠伸は勝手に見ちゃいけないのよ?<br>欠伸見られたらお嫁に行かなきゃいけない一族とか……いるかも知れないから!",
    en=""
  },
  ["ポーチュラカ"] = {
    jp="団長、お花見のためにテントを張るんだよ! 春だけにね。 …うわはぁ、すっごい冷たいね。そんな寒そうだと、お花散っちゃうんだよ?",
    en=""
  },
  ["ザクロ"] = {
    jp="お弁当お弁当~!やっぱお花見といったら花見弁当だよね!ちゃんと色合いも考えて、冷めても美味しいもの詰めて……<br>ふふ、期待、してていいからね?",
    en=""
  },
  ["キウイ"] = {
    jp="はぁ……どうしてなんだろ?エノコログサちゃんとハボタンちゃんのお猿さんにまた追い掛け回された……<br>なんかすごい興奮してたし。まさか!春だから!?っ、そういうアレで……団長さん!恐いよぉ~!",
    en=""
  },
  ["ライオンゴロシ"] = {
    jp="ふう…、春になると草の匂いが強くなるにゃ♪<br>ううむ、野生の血が騒ぐー!さあ団長今日は二人で、原っぱを走り回るにゃー!",
    en=""
  },
  ["セリ"] = {
    jp="暖かくて、動き易い季節になってきたな。今ならいくらでも戦えそうだ!<br>さぁ団長!どんどん指示を出してくれ!",
    en=""
  },
  ["サラセニア"] = {
    jp="花見!団長ちゃん、お花見行こう!お花見ながらのお酒、おいしいと思うんだぁ~。どうかな?行く?行っちゃう~?",
    en=""
  },
  ["シバザクラ"] = {
    jp="えっお花見ですか?いひひっ二人で一緒に…嬉しいです!<br>いっぱいいっぱい楽しんじゃいますよ!",
    en=""
  },
  ["セアノサス"] = {
    jp="晴れ晴れとした季節がやって来たわ。冬の寒さと一緒に初恋の傷も忘れちゃうわよ!<br>ってことでどこかにお出かけ…いや、やっぱりいいわ。突然二人でお出かけしたらなんなのアイツって言われちゃうし…。",
    en=""
  },
  ["グーズベリー"] = {
    jp="あったかくて過ごしやすいと、ジャグリングの練習もお外でしたくなっちゃいます。<br>周りの人に迷惑にならないように、公園の隅っこの方で練習してきますね。",
    en=""
  },
  ["スキラ"] = {
    jp="こんなふうにぽかぽか陽気だと眠くなっちゃうわ……。<br>ボンヤリした頭でお仕事なんてできないし、しょうぶごとなんてもってのほか……ふゎあ、はぁ、ぁぁ……んんぅ。<br>……ちょっと顔でも洗ってこようかしら。",
    en=""
  },
  ["アブラナ"] = {
    jp="はぁ?お花見?なんであたしが…まぁ、いいけど。時間は?人数は?場所取りとかした方がいいの?<br>いっ、今から、二人で!? ぇっ…いっ、嫌じゃないけど…<br>べっ、別に!? ただ、競争相手がいない恋なんて…あ、って…なんでもない!",
    en=""
  },
  ["イベリス"] = {
    jp="ひゃあっ…!ああ、もう…風が強いです~。もう少しでスカートがめくれて…<br>えっ、団長さん?…もしかしてぇ~、えへへ、言ってくれれば見せてあげますよ?",
    en=""
  },
  ["イベリス(クリスマス)"] = {
    jp="……すぅ……すぅ……すぅ……ちら……<br>……すぅ……すぅ……うぅ~ん……ちらっちらっ……<br>……ちょっとー!! 団長さん、なんで襲ってこないんですか!?<br>仰向けで! 私が! 胸上下させて眠ってるんですよ!? 誘惑に乗ってくださいよー!!",
    en=""
  },
  ["ムラサキハナナ"] = {
    jp="お花見の準備ですね? 分かりました、お任せください! 日程の調整に、場所取り、お弁当の準備……<br>騎士団から会場までの効率的な移動経路に、移動手段……。お花見当日に向けて、作戦頑張ります!",
    en=""
  },
  ["フリージア"] = {
    jp="ぽかぽか陽気で、お外もとっても気持ちいいです。<br>ふぁあ…フリージア、なんだか眠くなってきちゃいました。<br>団長さん、一緒にお昼寝、しませんか?",
    en=""
  },
  ["イキシア"] = {
    jp="あったかーい! こんなにポッカポカだと思わずあくびが出そうになるけど、リーダーになるならそんな気の抜けた姿を見せちゃいけないよね。<br>だから私はガマンしないと……ふああぁぁ――寝言。",
    en=""
  },
  ["セントポーリア"] = {
    jp="いいお天気ですねぇ~。こんな素敵な日は、日向ぼっこが一番ですよ~。",
    en=""
  },
  ["セントポーリア(きぐるみのんびり貴族)"] = {
    jp="街の見回りに行ってきます~。<br>春は、ハメを外し過ぎちゃう人も多いですし、周りの迷惑になる事は、ちゃんと注意しないとですよね~。",
    en=""
  },
  ["マーガレット"] = {
    jp="心地良い春風だなあ…。わたしの誇り高き意志を、後押ししてくれる風なのかもしれない。",
    en=""
  },
  ["ダリア"] = {
    jp="……さて、っと……天気もいいし、昼寝でもしようかしら。<br>害虫が来たら起こして。叩き切ってあげるから。",
    en=""
  },
  ["ローダンセ"] = {
    jp="う~ん……春眠暁を覚えず……うー……こんなポカポカ陽気だと、眠くなって仕方ないですよぉ……<br>あー、でもでも、今日もしっかりトレーニングしないと……うーん……うーん……でもやっぱり、眠いですぅ~……",
    en=""
  },
  ["キンセンカ"] = {
    jp="陽射しが暖かいですね。こんな日には一緒に……いえ! 今のは忘れてください。<br>私がスケジュールを決めてしまう訳にはいきません。団長さんのしたい事をしましょう。",
    en=""
  },
  ["カウスリップ"] = {
    jp="だっさんのー、ひーみつのとーびら、春バージョ~ン♪ なんてね♪ 案外 季節感考えてるし、新入生モノとか仕入れてんのかなって……。<br>あるなら正直に言ってよね。隠したら、それこそ容赦なくアンロック!……だから。ふふっ♪",
    en=""
  },
  ["カウスリップ(メイド)"] = {
    jp="ふふっ♪ いーっぱいおちゃけを仕入れちゃった! てことでだっさん! お花見の計画を立ててよ。<br>皆で、昼間から浴びるほどおちゃけ飲もー♪ モチ、おちゃけ好きは参加マストでヨロ!",
    en=""
  },
  ["アナガリス"] = {
    jp="いいお天気なので、二人でピクニックに行きませんか?綺麗なお花が一面に咲いている、とっても景色のいい場所があって……。<br>ずっと団長さんに紹介したいなぁって思ってたんですよ~。",
    en=""
  },
  ["サボテン"] = {
    jp="あったか…あれ…?もう春?",
    en=""
  },
  ["サボテン(フォスの花嫁)"] = {
    jp="なんだか……いつもと違う春のような気がする。",
    en=""
  },
  ["ホシクジャク"] = {
    jp="おぉー、春だー、燃えてきたー!春は僕の季節だよ!<br>ポカポカ陽気で、心も熱くて、元気100倍だぁーー!!",
    en=""
  },
  ["ホシクジャク(水着)"] = {
    jp="ピクニック日和だー!暖かい空気の中でお昼を食べたら、絶対に気持ちいいよ!<br>団長さん、早速二人で出かけちゃお!",
    en=""
  },
  ["スズラン"] = {
    jp="いいお天気ですねぇ、団長さん!今日はどちらに行かれますか?お花見?それともただのお散歩?<br>外に行かれるときは、ぜひスズランを連れて行ってくださいね!他の女となんて、出かけちゃダメですよ……?",
    en=""
  },
  ["スミレ"] = {
    jp="ん~、暖かくていい気持ち。散歩してこよっかな。",
    en=""
  },
  ["ビオラ"] = {
    jp="ふにー。すっかり春です~。風は優しいし、団長さんのおヒザは気持ち良いし、眠くなってきちゃいます~。",
    en=""
  },
  ["ビオラ(浴衣)"] = {
    jp="にこー♪ポカポカ陽気で、自然に笑顔になっちゃいますぅ。団長さんも、きっとそうですよね。はい♪一緒に、にこー♪",
    en=""
  },
  ["コマチソウ"] = {
    jp="いっぱいに咲いたお花よりも、あたしは害虫の標本のほうがウットリできるんだー。団長はどっちが好き?",
    en=""
  },
  ["シャボンソウ"] = {
    jp="お花見シーズン、だね。私、行くならみんなで行ってみたいな~。<br>大勢で行けばそれだけ楽しいし、嬉しいって気持ちもみんなと分かりあえるもん。",
    en=""
  },
  ["ハコベラ"] = {
    jp="この間ね、変な害虫を見つけたんだーっ。<br>ナズナたんは、「春は特に変な害虫が多いんですよーっ」って言ってたけど、そういうものなの?団長おにーちゃん?",
    en=""
  },
  ["イチゴ"] = {
    jp="ぽかぽか、気持ちいいお天気ですねぇ…。<br>あはっ、団長さん、寝癖ついちゃってますよ? うふふっ、団長さんもいつもよりお寝坊しちゃうんですねぇ。",
    en=""
  },
  ["ウメ"] = {
    jp="新しい季節か……サクラとの差は相変わらずだ、広がらなかったことに安堵すべきか……縮まらなかったことに恥じるべきか",
    en=""
  },
  ["バラ"] = {
    jp="さぁ咲き乱れなさい、大輪の花たち。どんな子が隣に並んだって、私は見劣りしないわ。それだけの努力を日々していくもの。",
    en=""
  },
  ["サクラ"] = {
    jp="うふふ♪ 暖かいわ~♪ 私、この季節、だ~~~い好きなのよね~♪",
    en=""
  },
  ["ユキヤナギ"] = {
    jp="団長さーん、早く来てくださいよー。早く来てくれないと寝ちゃいますよー。<br>はやく……zzz…………はっ! さ、早速寝ちゃったじゃないですか! …早速起きましたけど。",
    en=""
  },
  ["モモ"] = {
    jp="ぽかぽか陽気が気持ちいいわね。……そうだ、団長様。私と日向ぼっこに行きましょ?一緒にのんびりお昼寝をして……ね?素敵だと思わない?",
    en=""
  },
  ["ハナモモ"] = {
    jp="ふぁ~……眠くなってまいりましたの……。<br>でも……だめ……です……。レディーは、こんな所で…………ねたり…………。",
    en=""
  },
  ["サクランボ"] = {
    jp="んんぅ……ぱぱぁ……はっ!?すみません、うとうとしちゃってました!",
    en=""
  },
  ["アプリコット"] = {
    jp="いろいろと忙しい季節ですから、体には気をつけてくださいね。団長さんに倒れられたら私、泣いちゃうかも……。<br>……ううん、医者を目指してるのに、こんな弱気じゃダメですよね。私が看病して、絶対に治しますって、それぐらい言わないと!",
    en=""
  },
  ["ハナモモ(ジューンブライド)"] = {
    jp="お花見させてくれるのは…んぅ…うれしいですの。でも、なんで肩車なんですの?こんなの、レディの扱いじゃないですわ!",
    en=""
  },
  ["ウメ(浴衣)"] = {
    jp="花を眺めて一句……花を眺めて一句……う~~ん駄目だ。何も浮かばないよ団長さん。<br>あなたがあまり見詰めるものだから、心がそれどころではなくなってしまった。",
    en=""
  },
  ["サクラ(エプロン)"] = {
    jp="お日様ぽっかぽかで、心もウッキウキ♪厳しい冬を越えて、町中が笑顔を見せてくれる春…。<br>私、だぁ~いすきなんです。",
    en=""
  },
  ["アプリコット(クリスマス)"] = {
    jp="気持ちのいい季節になりましたね。<br>この前、ヨモギちゃんに山に連れて行ってもらって、春に採れる薬草についていろいろ習ってきたんです。<br>山菜もどっさり採ってきたので、今日は山菜料理をごちそうしちゃいますね。",
    en=""
  },
  ["カンヒザクラ"] = {
    jp="おっ……お花見ですの!?団長様と、二人っきりで、お花見!?<br>……分かりましたわ。私、準備頑張りますの!頑張ります……けど、撫で撫で駄目ですからね!?<br>暴言を吐いて折角のお誘いを汚したくありませんの!",
    en=""
  },
  ["サクランボ(ジューンブライド)"] = {
    jp="お花見ですか?ふ、2人っきりで?分かりました大人っぽく上品になれるよう、私頑張ります!<br>えへへ、パパと2人っきり、パパと2人っきり、やった~♪",
    en=""
  },
  ["アマリリス"] = {
    jp="新人さんが、たくさん入りましたね。ここは貴族として、立派なところを見せないと。<br>任せてください。私が先頭に立って、ビシビシ行きますから。……だ、大丈夫ですよ!できます!",
    en=""
  },
  ["キルタンサス"] = {
    jp="はぁ~…春はいいわよねぇ。ぽかぽかして気持ちがいいわ~。<br>……なによ、別にいいでしょ。春が好きなのっ!",
    en=""
  },
  ["イフェイオン"] = {
    jp="ひぅ!ぐぐ…ぐぅ~!小指、ぶつけた…。縁石の角に、ガンッ、って……。<br>ぅぅ…お花に、見とれてたからって…どんくさいなぁわたし…。",
    en=""
  },
  ["イフェイオン(メイド)"] = {
    jp="みんな……にこにこ……あったかくて、平和で……楽しそう……。<br>……えっ、わたしも楽しいか? 団長それ、聞くの……?<br>……なら、答える……。楽しいけど、楽しくない……。<br>楽しいとかうれしいとか……わたしは、感じちゃいけないの。",
    en=""
  },
  ["ヒノキ"] = {
    jp="知ってる~、知ってるよ~。春眠暁を覚えず。えらい~? うん。じゃあおやすみ~。",
    en=""
  },
  ["レンゲソウ"] = {
    jp="春は武術の訓練が楽しいアル!寒くもなく、暑くもないからネ!武術に限らず、春は何をするにも過ごしやすいアルヨ!<br>も~っと言えば、団長と一緒ならどんな季節でも過ごしやすいネ!<br>一年中団長さんと一緒にいられればいいんだけどネ。そのために、日々鍛錬を怠らないアルヨ!",
    en=""
  },
  ["アカシア"] = {
    jp="そおれっ花吹雪ーー!見て見てー!拾った花びらを撒き散らしてるのー♪<br>この花びらはまだゴミなんかじゃないもんねー。綺麗に舞わせてあげないとぉ!",
    en=""
  },
  ["ハリエンジュ"] = {
    jp="いい陽気だな…この暖かさ、まるで子守歌のようだ。なに、仕事中に寝たりはしないさ。安心してくれ",
    en=""
  },
  ["ルピナス"] = {
    jp="春は何かを始めるのに適した季節ですね。これをやろう、と決めても3日くらいでやめてしまう人……何故なのでしょうか? <br>私は一度決めた事はやり通すタイプなので。では今年は、私と毎日会う、という決まりはどうでしょうか?<br>……ふふ、冗談ですよ。冗談じゃなくてもいいですけど♪",
    en=""
  },
  ["キヌサヤ"] = {
    jp="春は好きだ……害虫共が出てくるからな。いちいち探す手間が省ける。団長……早く出撃命令を出してくれ。",
    en=""
  },
  ["エニシダ(クリスマス)"] = {
    jp="ぽかぽか陽気ですねえ。こんな調子じゃ…⋯ふわぁ⋯⋯なんだかウトウトしちゃいそうです",
    en=""
  },
  ["アカシア(新春)"] = {
    jp="春になって、輸送中に寒さで凍えることはなくなったわ。その代わり、日差しが気持ちよくて荷台で眠らないようにしないと。ダリアに怒られちゃうわ。",
    en=""
  },
  ["ハクモクレン"] = {
    jp="最近の花見というのは、酒盛りが主目的になっているな。『花より団子』も結構だが、やはり花を愛でてこそだ。貴公もそう思わないか?",
    en=""
  },
  ["ナイトメア(カタクリ)"] = {
    jp="……ぁぁぁ~……。暖かくて気持ちいいねー。こんなにヌクヌクしてると、お昼寝したくなっちゃうねー。<br>…………ふぁ……ん、ぅん~……むにゃむにゃ……。",
    en=""
  },
  ["コチョウラン"] = {
    jp="ご主人様、お目覚めですか?ふふっ、春眠暁を覚えず、ですものね。",
    en=""
  },
  ["アネモネ"] = {
    jp="あれ、眠い?少しなら休憩してもいいよ。でも…あんまり遠くには行かないで欲しい、かな。春は出会いと別れの季節だから。少し、不安になる。<br>あ…だけど、不安になれるのはいつもあなたがそばにいてくれるからって思うと悪くないかも。",
    en=""
  },
  ["クリスマスローズ"] = {
    jp="初めて会う人には先入観を持たないように接しないと。<br>お話しないと人となりなんて分かりませんよね。",
    en=""
  },
  ["フクジュソウ"] = {
    jp="おぉっとぉ!今日は早いねぇ団長さん、仕事前に咲く花を見に来たってぇ、そんなとこかね?",
    en=""
  },
  ["ラナンキュラス"] = {
    jp="ここで問題です!デデン!<br>いつでも賑やかなラナンキュラスちゃんは、最近さらに賑やかになりました。どうしてでしょうか?<br>待ちに待った春になったから?……う~ん、惜しい!<br>答えは、団長にもっと私の魅力を知ってもらいたいからでーっす!",
    en=""
  },
  ["ヒメリュウキンカ"] = {
    jp="ぽかぽか陽気で、なんだか眠いです……。<br>このままじゃ……むにゃ……バンちゃん……たすけ…て~……んぅ……。",
    en=""
  },
  ["アネモネ(世界花の巫女)"] = {
    jp="お花見…まさか私に歌わせようとか、そんな事考えてない?歌わないからね、みんなの前なんて…まだ、恥ずかしいよ。<br>貴方一人に聴かせるならともかく…ほんと、ダメだからね。進行でサプライズとか、しないでよ",
    en=""
  },
  ["アンリ(バイカカラマツ)"] = {
    jp="春らしい、穏やかな日が続きますね…。今日のようなゆっくりできる日には、ゆっくりしましょう。<br>それに、春を楽しむ余裕があれば戦場でも、冷静でいられるはずです。",
    en=""
  },
  ["アネモネ(光華の姫君)"] = {
    jp="街を歩いてると、色んなとこでお花見を見かけるの。<br>笑顔で笑って、お酒飲んで歌も歌ってどんちゃん騒ぎ、いいなって、そう思っちゃった。ん…意外かな?うん、私も意外だったよ",
    en=""
  },
  ["アネモネ(天つ花の令嬢)"] = {
    jp="あったかいから、眠いのはわかるけど…居眠りは駄目。それで風邪ひいたら、騎士団のみんなも、私も困る。<br>気をつけてね、貴方。",
    en=""
  },
  ["サザンクロス"] = {
    jp="春か……この華やかな景色を見ると、懐かしい気持ちになる。皆の願いがかなってくれていればいいなと、私は思うんだ。",
    en=""
  },
  ["サザンクロス(温泉浴衣)"] = {
    jp="『春眠暁を覚えず』といわれている通り、街の人達が眠そうな顔をしているのを最近はよく見かけたりする。<br>そんな平和な光景を見ていると、これからも人々の願いを叶えるために頑張っていこうと思えるんだ。",
    en=""
  },
  ["ウサギノオ"] = {
    jp="春はお花がいーっぱい! 花騎士もいっぱいうさー!<br>見たことない子がたくさんで、誰にいたずらしようか悩むうさー!",
    en=""
  },
  ["ウサギノオ(ハロウィン)"] = {
    jp="新入生発見した!騎士学校の新入生!<br>団長さん、私ちょっと行ってくるうさ!何事にも通過儀礼は必要うさ!<br>さぁ、新入生ちゃんたち!いたずらの洗礼を受けるうさー!!",
    en=""
  },
  ["キンギョソウ"] = {
    jp="……うっふっふふふふふ♪ グツグツ煮えてきたわね♪ 後はこの粉を入れて次にこの骨を……くっふふふふ♪<br>……うわっ!わわわ、団長さん! 居るなら居るって言ってよ!<br>え?これ? これはお花見のお弁当用だよ。えへ♪スープを作ったの♪",
    en=""
  },
  ["キンギョソウ(バレンタイン)"] = {
    jp="ううーん♪ 木の根元もいいけど、屋根の上とか高い所でやる花見もいいねー♪<br>どこかに、髑髏の形の花びらとかないかなー? 団長さんも探してみようよ♪",
    en=""
  },
  ["ツツジ(新人)"] = {
    jp="天気の良い日はお散歩に出掛けたくなります。特に目的も決めないで歩いて、何も考えないでぼうっとして……<br>そういう時こそ、何かに巻き込まれたりするんですけど……。",
    en=""
  },
  ["ツツジ"] = {
    jp="春は気持ちのいい日が続きますね、団長様。お掃除もお洗濯もはかどりますし、お散歩もついつい遠出してしまいます。",
    en=""
  },
  ["クランベリー"] = {
    jp="いいお天気ですわね、お兄様♪ 優しい春の風に身を任せて、一緒に踊ってみませんか?",
    en=""
  },
  ["カルセオラリア"] = {
    jp="春は出会いの季節、です。きっと、世界中で素敵な出会いがあって、キラキラな夢もいっぱい生まれてると思うんです。",
    en=""
  },
  ["ビンカ"] = {
    jp="ぽかぽか陽気が気持ちよくって……ウトウトしちゃう……ふわ~ぁ。まじないの修行の前に、少しだけ、お昼寝しておこう……。",
    en=""
  },
  ["ワスレナグサ"] = {
    jp="春は出会いと別れの季節…と考えると、何とも言えない気持ちになるな。出会いとの季節ということにしよう。<br>団長さんとは離れたくないからな。団長さんは、私にとって大切な人だから。<br>ふふっ、それにしても春風が心地よい。団長さん、どこか景色の良い所へ行こうか。",
    en=""
  },
  ["ボリジ"] = {
    jp="春はいろんな生き物が活発になる季節だよね~。<br>害虫もそうだけど、良い虫だって元気に活動してるからいろんな生態を観察出来たりしちゃうんだよ♪",
    en=""
  },
  ["メイゲツカエデ"] = {
    jp="うーん……ああ、駄目、駄目だわ、これ……<br>頑張ってベッドから出たのに……まぶた、重い……お布団、恋しいわ……<br>だ、団長殿、眠気覚ましに、私の頬をつねってくれないかしらー……",
    en=""
  },
  ["ユーカリ"] = {
    jp="あったかくて……のどかで……平和って感じ……。このまま団長さんと一緒に、あったかいのにくるまれてたいなぁ……。<br>……って、わぁっ!?……こ、コータロとソータは、甘えん坊だよね!",
    en=""
  },
  ["ヤドリギ"] = {
    jp="出会いの季節ッスねー。……それだけ、自分を見てくれてた人が、他の人に移ろいやすくなるッス。<br>……団長はずっと、自分のこと……見ててくれるッスか?",
    en=""
  },
  ["リュウゼツラン"] = {
    jp="うーっ、はぁー!なんてかぐわしい風なのかしら!生命の息吹を体中で感じられる、私達が守っていかなければいけないものだわ。",
    en=""
  },
  ["ボタン"] = {
    jp="団長、月日は百代の過客と言う。時は過ぎ行き、逃したチャンスは二度と帰って…ゴホン!(咳払い)<br>つまり、遅刻はするなということじゃ!",
    en=""
  },
  ["ポピー"] = {
    jp="……ん、風が強くなってきましたね。花も……散ってしまいそうです……。<br>いつか来る事とはいえ、寂しいですね……。",
    en=""
  },
  ["メギ"] = {
    jp="暖かくなってきましたね。過ごしやすくなったからといってボンヤリしていては、足元を掬われますよ?<br>ほら、そんな眠そうな顔しないで、しゃきっとしてください。",
    en=""
  },
  ["ゼブリナ"] = {
    jp="んぅ……お酒、飲み過ぎてしまいました。はぁ……あぁ……貴方様とのお花見とはいえ、これほど気が緩むとは……。<br>あっ……だ、団長様ぁ……お手洗い、行かせてくださいませぇ……。",
    en=""
  },
  ["マロニエ"] = {
    jp="陽気は穏やかで、風も穏やか。まったりとしていて気持ちがいい。いいが…ふむ、いかんなぁ、どうも気が抜けてしまう。",
    en=""
  },
  ["ランプランサス"] = {
    jp="ううぇへへへへへへ♪団長とお花見♪ふたりっきりでお花見♪<br>私、頑張ってお弁当作るよ。あなたの大好きなものいっぱい詰めて、お酒だって、私は飲めないけどちゃんと買っておく。<br>だーんちょ?いっぱい、いーっぱい、楽しんじゃおうね♪",
    en=""
  },
  ["ガジュマル"] = {
    jp="ぽかぽか陽気……風もふわふわ……ふわぁ~~ぁふぅ。このままじゃダラダラになっちゃう……。<br>筋トレ……筋トレしないと……ふわぁ~~ぁふぅ……",
    en=""
  },
  ["カカラ"] = {
    jp="えへへ、聞いてください、団長様。お花見で酔っ払って泣いちゃってた人がいて、その人を棟梁が慰めてたんです。<br>知らない人のはずなのに、すっごく親身になって、もらい泣きまでしてて……。<br>あたしもああいう風に助けてもらったから、なんだか感動しちゃいました。",
    en=""
  },
  ["アベリア"] = {
    jp="冬来たりなば春遠からじ……そんなことを思ったのが束の間の出来事のように、春が来ましたね。<br>きっと、ここから暑くなるのもあっという間でしょう。個人的に、薄着の季節は苦手です。恥ずかしながら、肌が敏感なので。<br>出来れば、この気候が長く続くことを願います。",
    en=""
  },
  ["ウキツリボク"] = {
    jp="夜の散歩が楽しい季節になってきたね。風は少し強い時もあるけど、冷たさなんか全然なくって…歩いてるだけで楽しくなる。<br>…よかったら今夜、一緒にどうかな?",
    en=""
  },
  ["ウキツリボク(競技会)"] = {
    jp="夜の散歩は危険がいっぱい。春なんか特にそうさ。昔、家の仕事で桃源郷に行って、夜歩きしてた時なんか凄かったよ。<br>酔っ払うと人間、ああなっちゃうんだね……うん?春、関係ないかな?",
    en=""
  },
  ["ハナオクラ"] = {
    jp="私と団長さん、二人きりでお花見……ですか? ……ええ!もちろんご一緒したいと思います!<br>ふふふっ、出掛ける前に製本の準備をしておかないと。絶対楽しいお花見を過ごせるに決まっていますから!",
    en=""
  },
  ["ハナショウブ"] = {
    jp="いい季節になりましたね。こんな日はうちの旅館で景色を愛でつつ、温泉でもいかがですか?たくさんサービス致しますよ。",
    en=""
  },
  ["ストレプトカーパス"] = {
    jp="ふふっ、ポカポカして気持ちが良いなー。ボクは今、迷っているよ。<br>あの暖かい日差しの下で、お気に入りのミステリー小説を読むか、それとも、事件を探しに街を出歩くか。団長クン、キミはどっちが良いと思うかい?",
    en=""
  },
  ["ローレンティア"] = {
    jp="今度ね、他の花騎士の子達とお花見に行くことになったんだけど、よかったら団長さんもどうかな。そこでなら正々堂々ってできるし……<br>う、ううん、なんでもない。なんでもないからね!",
    en=""
  },
  ["ローレンティア(忍者)"] = {
    jp="暖かくてキンレンカとの対決日和だわ!春の山で登山対決がいいわね。<br>はやく果し状を書いて送りつけなきゃ!冬の間に体がなまったとか言わせないんだから!",
    en=""
  },
  ["コスモス"] = {
    jp="ほ~わ~わ~…花とともに恋も芽吹く~……あぁ~~っ♪ 妄想が捗る季節です~!",
    en=""
  },
  ["マリーゴールド"] = {
    jp="なに眠そうな顔をしてるのよ。さっきまで寝ていたの?ふぅん……<br>誰かと寝てた、ってわけじゃないわよね?……ま、なんでもいいけど。",
    en=""
  },
  ["ガーベラ"] = {
    jp="ふわぁ~……お天気がいいと眠くなるわねー……それに、初めて見る子がたくさん……団長くんも、やっぱり若い子の方がいい?<br>こうなったら、わたしにしか出来ないこと、もっともっと、教えてあげなきゃだね。",
    en=""
  },
  ["チョコレートコスモス"] = {
    jp="新しい季節になったね♪<br>ここで心機一転、執務室の模様替えをしたらどうかな?<br>だけど、何でもかんでも捨てちゃだめだよ?",
    en=""
  },
  ["エキナセア"] = {
    jp="穏やかな良い日和だな。団長とこうしてゆっくりできる。フフッ、たまにならこういうのも悪くないな。",
    en=""
  },
  ["ヨモギ"] = {
    jp="私、おかゆ作ったんだ~。春の薬草入り~♪だから、団長の今日のご飯は、それにけってーい♪",
    en=""
  },
  ["シオン"] = {
    jp="春……そうですね。もう季節が一周りしたのですね。……早いものです。",
    en=""
  },
  ["チョコレートコスモス(水着)"] = {
    jp="団長、お花見ここの庭でやらない?<br>山のお花だとさすがに恥ずかしいけど、ここでなら平気だから。どうかな?",
    en=""
  },
  ["イモーテル"] = {
    jp="お花見?……えっと、それは……二人だけで……か?そ、そうか……ふふっ、なら、仕方ないな。<br>ああ、弁当の事は心配しなくていいぞ。腕によりをかけて、冷めても美味しいカレーを作ってやるから。",
    en=""
  },
  ["アルテミシア"] = {
    jp="この季節はみんな意味もなくはしゃいじゃって嫌よねー。私には春なんて関係ないわ。私は日陰にいる黒い魔女……って思ってたのに。<br>あなたが私の隣に立つお陰で、私が立つ場所が日向になっちゃったわね。",
    en=""
  },
  ["クラスペディア"] = {
    jp="春はイベントが目白押し♪ 私達の楽団も色んな所で演奏してるから、時間あったら見に来てね?<br>もちろん飛び入りも大歓迎♪ 楽しみにしてるね~?",
    en=""
  },
  ["ゴギョウ"] = {
    jp="春は日差しが気持ちいいですねぇ。先ほど子供たちと一緒に草原で遊んできたんですよ。<br>みんなやんちゃでとっても楽しかったです。今度団長さんも一緒に…なんて、ダメですよね?",
    en=""
  },
  ["エキナセア(温泉浴衣)"] = {
    jp="過ごしやすくなったことだ。暖かな日の中でお茶会も悪くないだろう。その時はキミも是非参加してほしい。きっと素敵なお茶会になる。",
    en=""
  },
  ["アルテミシア(クリスマス)"] = {
    jp="あなたは黒い魔女を、笑顔溢れるお花見会場に連れて行って、一体何がしたいのかしら?<br>はぁ……まぁいいわ。その度胸に免じて、少しなら付き合ってあげる。",
    en=""
  },
  ["シクラメン"] = {
    jp="あ、あの…!折角ですし、お花見…とか……ど、どうでしょうか?",
    en=""
  },
  ["シクラメン(光華の姫君)"] = {
    jp="ひゃぁああぁぁっ!?団長さん!髪、前髪~!うぅ、広げてくれなくても、お花見、ちゃんと、ちゃんとできます!<br>ですからその…は、はわっ…早く、閉じてください~!",
    en=""
  },
  ["ゲッカビジン"] = {
    jp="花が咲き誇る季節。今年も再び、巡り会えましたね。",
    en=""
  },
  ["サンカクサボテン"] = {
    jp="騎士学校にも騎士団にも、新人が増える季節…手のかからない者が多いといいのだけど。",
    en=""
  },
  ["サンカクサボテン(ハロウィン)"] = {
    jp="すっかり暖かくなってきたわねー。寒いと戦いでも動きが固くなる。<br>やれやれ、これでようやく本気を出せるわね。お前さんの期待にも、応えられるはずよ。",
    en=""
  },
  ["ミント"] = {
    jp="こんなに穏やかな春風が吹いている一方、どこかでは、害虫が暴れているかもしれないのです。<br>そう考えると、いてもたってもいられません。自主トレしなくては…!",
    en=""
  },
  ["ラベンダー"] = {
    jp="団長さん…もしかして、眠いんですか?それなら、私の膝を貸してあげますね!<br>きっと、すっごく、すっご~くいい夢が見られますよ?嬉しいですよね?私の膝枕!",
    en=""
  },
  ["ワタチョロギ"] = {
    jp="すみません団長、ちょっとウーのことを抑えててくれませんか?ええ、そろそろ毛を刈ってあげようかなって思うんです。<br>野生の羊みたいに、換毛できれば楽なんでしょうけど……あれ?ウー、すっごくおとなしいです。わぁ、リーベもトニーも団長の足にくっついて……<br>えへへ、早く自分も抱っこしてほしいって言ってるみたいです。やっぱりわたしと一緒で、この子達も団長が大好きなんですね。<br>……うわぁ!い、今のは言葉のあやで、ち、違いますからね!",
    en=""
  },
  ["ミント(成長する美徳)"] = {
    jp="春は過ごしやすい日が多いですね。こんな日は、団長さんと外で思い切り訓練したり……2人でお出かけするのも、いいと思います",
    en=""
  },
  ["コリウス"] = {
    jp="団長様のために、干したてシーツを持ってきましたぁ!お日様の匂いがしますよ~。眠ったら絶対気持ちいい~~♪<br>……え? 仕事が残ってる? ハッ! 出過ぎた真似を! ……ざ~んねん!",
    en=""
  },
  ["ラベンダー(バレンタイン)"] = {
    jp="春って、出会いの季節のほかに、別れの季節とも呼ばれてます<br>もし新しい花騎士が増えて、団長さんに馴れ馴れしくしたら……<br>ふふっ……出会ってすぐに分かれちゃうのも、春の醍醐味……ですよね♪",
    en=""
  },
  ["ワタチョロギ(イースター)"] = {
    jp="羊の換毛って、季語だったりするんでしょうか?<br>いえ、調べたことはないんですけど、季節の風物詩みたいなものですし、もしかしたらそうなのかな~って。<br>団長はどう思いますか?",
    en=""
  },
  ["ブルーロータス"] = {
    jp="暖かい季節になりましたねぇ。あら、団長さん、欠伸なんかしちゃって。うふふっ♪しょうがないですねぇ。",
    en=""
  },
  ["サザンカ"] = {
    jp="あ~ったか~い! こうしちゃいられない!早く戦いに行かなきゃ!",
    en=""
  },
  ["ワレモコウ"] = {
    jp="春は過ごしやすい季節? 戦場で上手く策が機能しやすい環境といえる? 新しい策を試すにも向いている?",
    en=""
  },
  ["ワレモコウ(成長する軍師)"] = {
    jp="新しく入った花騎士。断じて、一人ずつ観察する?個人の特徴を把握しておけば、的確な策が練りやすいです?",
    en=""
  },
  ["チャノキ"] = {
    jp="どうやら花騎士同士で花見をするらしい。私にも声を掛けるなんてよほど人が少なかったんだろうな。<br>し、仕方がないから数合わせとして参加してこよう。",
    en=""
  },
  ["ワビスケ"] = {
    jp="そうですか…あれがチャノキさんなんですね。<br>皆様に手を引かれて、お花見に興じて…うふ、お顔もとても穏やかです。<br>…混ざってきてはどうか…ですか?…いいえ、やめておきましょう。<br>かつて彼女を見捨てた私に、そんな資格はありません。",
    en=""
  },
  ["ナデシコ"] = {
    jp="春は気候も良く、花を愛でるのに適した季節です。<br>ですが……桃源郷の皆さんは、その……愛ですぎに注意というか……ぅ、とにかく!団長さんも気をつけてください!",
    en=""
  },
  ["ナデシコ(世界花の巫女)"] = {
    jp="お花見……ですか?桃源郷の皆さんとは、毎年集まって宴会をするんです。<br>今年は、団長さんも一緒にどうですか?きっとみんな喜びます。……私個人としても、団長さんが来てくれたら、うれしいです。",
    en=""
  },
  ["センニチコウ"] = {
    jp="散る花もあれば、咲く花もあるの。私が散っても、ボクちゃんは新しい子を大切にしてね?<br>…やだ、そんな顔しないで? 仮定の話よ。私はまだまだ元気だから。",
    en=""
  },
  ["カリン"] = {
    jp="んぅ~~♪ 今日はまさに行楽日和ですね! こういう日は占いもせずに、ふら~っと遊びに出掛けてみましょ?<br>たまには後先考えないのもいいものですよ? 思い立ったが吉日ってやつです!",
    en=""
  },
  ["ネリネ"] = {
    jp="こんにちは団長さん!春は気持ちいいですね~。訓練にも身が入っちゃいます!お日様の力をいっぱい貰って、速く成長できるように頑張ります!",
    en=""
  },
  ["ヒガンバナ"] = {
    jp="はぁ……いい天気ね。こんな日は屋敷でのんびりって所だけど、そうもいかないのよ。<br>いい天気だからこそやらなきゃいけないこともあるの。<br>さ、ほら団長さんも掃除手伝って。",
    en=""
  },
  ["ヒガンバナ(世界花の巫女)"] = {
    jp="春の風って、気持ちいいわよねー。風に尻尾がなびいて……んふー、いい気持ち♪<br>団長さんも一緒に、春の風を感じてみる?",
    en=""
  },
  ["ネリネ(ジューンブライド)"] = {
    jp="団長さん、ピクニックに行きませんか?食べさせあいっこしたり、夫婦さんみたいなこともしてみちゃったりして…<br>えへっ、暖かい中で食べるお弁当は、きっとすごく楽しくて、美味しいですよ!",
    en=""
  },
  ["シロツメクサ"] = {
    jp="あら……眠いのですか? 暖かくなったからって、寝坊は困りますよ。",
    en=""
  },
  ["コキア"] = {
    jp="春眠暁を覚えず、ですなぁ。さっきから気ぃ抜くと、頭がこっくりこっくり舟漕いでます。<br>ねふてがったら、ねでいいですからねぇ。春ですもん。少しくれぇなら、許してくれますって。",
    en=""
  },
  ["キンモクセイ"] = {
    jp="あの、団長殿!もしよければ、お花見なんか…! すみません…も、もう、他の人と行きましたよね…。<br>…行ってないなら、ウチも一緒に行きたい…です。",
    en=""
  },
  ["ストロベリーキャンドル"] = {
    jp="今年も春が来たね、春は出会いの季節っていうし、きっと日記には書ききれないようなたくさんの物語が始まっているんだよね。",
    en=""
  },
  ["ハギ"] = {
    jp="最近は暖かくてとっても平和…みんな元気で嬉しい!こう言う日々が、ずっと続けばいいのにな~。",
    en=""
  },
  ["クローバー"] = {
    jp="眠そうな顔してるね~。春になって過ごしやすくなったからでしょ?もう、そんな状態じゃ仕事で怪我とかしそう……。<br>特別に、私の膝、使わせてあげるから。少し休んでいいよ。",
    en=""
  },
  ["アズキ"] = {
    jp="春一番の中だって看板娘は頑張らないと!<br>わたしが元気に宣伝してるとお客さんにも応援してもらえるし、商品もたくさん売れちゃうんだよね~。",
    en=""
  },
  ["ジャスミン"] = {
    jp="お花見に行きたい気分~♪ 団長様、お付き合いしてくださるかしら?",
    en=""
  },
  ["ホトトギス"] = {
    jp="春は、出会いと別れの季節ですね。<br>だけど、団長様とは、終わらないというか、あの……ずっと、一緒にいれたらいいなって、思い、ます……。",
    en=""
  },
  ["ホトトギス(水着)"] = {
    jp="春の風、強いですね。わ、私は平気です!だって、団長様が側で護ってくれてますから。",
    en=""
  },
  ["リリオペ"] = {
    jp="最近暖かくなってきて、外で過ごす花騎士が多くなってきたわ。団長はどうかしら。もし外に出るのなら、私の隣を歩きなさい。<br>決して私が、ぼっちであることをカモフラージュするためではないのよ?",
    en=""
  },
  ["オニユリ"] = {
    jp="春は危険です。のほほんとしているせいで気が抜けてしまいそうです。魔力を暴走させてしまわないように気を引き締めます。",
    en=""
  },
  ["オニユリ(クリスマス)"] = {
    jp="古来、魔力とお酒には密接な繋がりがありました。御神酒と言いますし、捧げ物でもあり、錬金術にも深い関係があります。<br>なので、更に力を磨くために、お花見ではお酒を挑戦する予定です。",
    en=""
  },
  ["クレマチス"] = {
    jp="うふっ、お花見の季節です。ようやくうちのお団子を食べてもらえますよ。<br>ああ、今回は送ってもらうんじゃなくて、私が作りました。ベルガモットバレーからじゃ、流石にカピカピになっちゃいますからね。",
    en=""
  },
  ["シュウメイギク"] = {
    jp="ふふっ、冬が終わり民が良い顔をしておるな。<br>そなたもしかと見よ、そして誇るが良い。<br>この笑顔は、そなたの尽力がもたらしたものぞ。",
    en=""
  },
  ["スキミア"] = {
    jp="春ってポカポカ陽気で気持ち良いですよね?<br>ワタチョロギちゃん達をモフモフしていると、ついつい気持ち良過ぎて眠くなっちゃうんですよ。<br>モフモフ~♪ えへへ~♪",
    en=""
  },
  ["カラタチ"] = {
    jp="春風って、何だか柔らかいのね……。谷風は冷たくて鋭い感じだったから、何か変な気分。<br>気持ち良くて……このまま寝ちゃいそう……。",
    en=""
  },
  ["ススキ"] = {
    jp="あったかいね~。こうやって、外で日向ぼっこできるのも、平和なおかげだよね~。これからもみんなで頑張ろうね、団長さん。",
    en=""
  },
  ["ススキ(水着)"] = {
    jp="眠そうな顔してるね、団長さん。よかったら私の膝、使ってもいいよ?<br>だ、大丈夫だよ!寝てる間に落書きなんて、ぜぇーったいしないから!",
    en=""
  },
  ["カンナ"] = {
    jp="さぁさぁ!みなさん!イヤな事忘れて、遊んでいきませんかー! おっ?そこのイケてるお兄ーさん♪…って、団長さんやん?<br>…えっへへ、ウソウソ!気付いとったよ。団長さんも、春からお忙しやなあ。<br>落ち着いたら遊びに来てや! …ウチんとこ、来ても…ええんやで?にっひひひ♪",
    en=""
  },
  ["オトギリソウ"] = {
    jp="ひっくしゅ!はっ、ベ、別に、春だからくしゃみが出るわけじゃないよ?くしゃみはいつも……っくしゅ!",
    en=""
  },
  ["オトギリソウ(ベイサボール)"] = {
    jp="団長さん、一緒に屋根の上でお花見しよ! 大丈夫大丈夫、私何度も登ってるし、怒られないって!<br>えっへへ♪ とっても綺麗なんだー♪ 団長さんも、きっと気に入っちゃうよ!",
    en=""
  },
  ["ヒョウタン"] = {
    jp="だーりんだーりん! お花見に行くのだー! お酒のことはぜーんぶヒョウタンにお任せなのだ!<br>……ん? 場所取り? ヒョウタン一人で行くのか? 一人は嫌なのだ! 寂しいのだ……。<br>だーりんも一緒に場所取り、しよ?",
    en=""
  },
  ["ヘチマ"] = {
    jp="ウチの板前を呼んどいたから、お花見弁当については心配なし♪ 女将さんお墨付きの絶品料理を楽しみにしててね~♪",
    en=""
  },
  ["フクシア"] = {
    jp="ふわぁ~……最近よく眠れないよ……野良猫とか野良犬の声がうるさくて……発情期だからってもうー!<br>はぁ、小ちゃいころはこんなことなかったのになぁ。",
    en=""
  },
  ["ベロニカ"] = {
    jp="害虫を駆除すれば誰かが喜ぶ。害虫を駆除しなければ誰かが悲しむ。誰かが悲しむのもいいんだけど、やっぱり自分の手で害虫を潰すのはやめられないわね♪<br>……なぁにその顔?いいわね、私は好きよ。",
    en=""
  },
  ["ラッセリア"] = {
    jp="昔ね、開花時期に合わせていろんなところを旅したことがあるの。開く花を追って南から北に旅して、その土地の人たちとお花見をしていくの!<br>もし、全部終わらせることが出来たら、今度は団長さんと一緒に行きたいな。",
    en=""
  },
  ["ステラ"] = {
    jp="暖かいですね~。とっても暖かいです。こんな日は外に出たくないですね~。<br>……こんな日じゃなくても外に出たくないんですけどね~、へへへ~♪",
    en=""
  },
  ["ディアスキア"] = {
    jp="春だね~団長さん。こうあったかいと眠くなっちゃうよね~。<br>いっそのこと、しっかり寝ちゃうのはどうかな?<br>ちょっと寝るだけで結構スッキリすると思うんだよね~。",
    en=""
  },
  ["リンドウ"] = {
    jp="春は何か新しい事を始めたくなるねぇ。でも、具体的に何をするか、まだ考えてなかったなぁ。<br>団長さんは何か始める?団長さんと同じ新しい事、始めたいなぁ。",
    en=""
  },
  ["アイビー"] = {
    jp="ふわぁぁぁぁ……っ。なんだかとても眠いわねー……まさに『春眠暁を覚えず』ってところかしら……。<br>このままじゃ仕事にならないから……団長さん、私の抱き枕になりなさい。",
    en=""
  },
  ["アイビー(新春)"] = {
    jp="満開の 青を隠す 春の花<br> <br>……春の花……春の花…………春のはなぁ……。うぅん~、ダメだわ! 全然ダメッッッ!!<br>なんかカッコ良さそうだから一句捻ってみたけど、全くもって思いつかないわー!",
    en=""
  },
  ["ヘリオトロープ"] = {
    jp="ヘリオはお酒は飲めないですけど、宴会は大好きですです~!お酒をお酌するのも抱っこされるのも、得意なんですよ~!",
    en=""
  },
  ["ヘリオトロープ(浴衣)"] = {
    jp="春になると、こんなに風が強くなるなんて、お屋敷にいた頃は知りませんでしたです。<br>もっとたくさんのこと、ダンナさまの近くで知っていきたい、ですですっ♪",
    en=""
  },
  ["ヒギリ"] = {
    jp="暖かくなって大分過ごしやすくなりましたね? 体力をつけるには最高の季節なのですが……<br>教会の仕事も忙しくなってくるので……鍛錬の時間をなかなか取れないのが悩みどころです。",
    en=""
  },
  ["キンレンカ"] = {
    jp="最近は暖かくなってきましたね、団長さん!今日は久々に、屋外で訓練をしましょうか!<br>あ、何ですか、その嫌そうな顔は!",
    en=""
  },
  ["バルーンバイン"] = {
    jp="団長さん。お仕事の前に、あそこを見てみてください。ほら、あそこです。<br>鳥が巣を作っています。とてもかわいらしくて……あぁ~、時間を忘れそうです。",
    en=""
  },
  ["バルーンバイン(イースター)"] = {
    jp="春ですね。暖かい風が、幸せを運んできてくれてます。ほら、団長さんも感じませんか?<br>きっと、厳しい冬を乗り越えた、ご褒美なんですよ。",
    en=""
  },
  ["スイギョク"] = {
    jp="くぅ~っ!いい陽気だなあ。なんだかこのままひと眠りしたい気分!団長も一緒にどうだ?",
    en=""
  },
  ["ハゼラン"] = {
    jp="日差しがぬくぬくするね。兄様がいれば、心も、体も、ぬくぬくできて、すごく気持ちいい。<br>もっと、もっと、ぬくぬくさせて。ねっ?兄様。",
    en=""
  },
  ["クフェア"] = {
    jp="窓の外を見てみろ。花が咲き乱れている。こうして一緒に春を迎えられて良かったと思っているよ…。<br>はっ、少し、喋りすぎたな。忘れてくれ…。",
    en=""
  },
  ["オミナエシ"] = {
    jp="春の日差しが心地良いですね。団長さん、よろしければ、一緒にお散歩しませんか?<br>私、子供の頃から夜はお店の手伝いで、昼は眠ってばかりでした。だから、太陽の下を歩くのが大好きなんです。",
    en=""
  },
  ["エルダーフラワー"] = {
    jp="山歩き良かったら一緒に行かない?<br>花、たくさん咲いてるだろうし、土の匂いだってきっと気持ちいいって思うの。",
    en=""
  },
  ["パイナップル"] = {
    jp="なぁ~に?団長眠そうな顔してるじゃない。まっ、ポカポカ陽気に風も穏やか。気持ちが緩んで眠くなるのも分かるわ。<br>……けど、だからってそれに屈しちゃ、つまらないでしょ?<br>ほら、この私がずっと話しかけてあげるから、今はちゃんとお仕事頑張りなさいよね。",
    en=""
  },
  ["コルチカム"] = {
    jp="んっ…はぁ、おはよう、団長さん。って、そんな時間でもないか。春は、ついつい寝過ぎてしまうね。暁を覚えずとは、よく言ったものだよ。",
    en=""
  },
  ["クルミ"] = {
    jp="クルミね、春って好きなんだあ。だって雪が解けて、木のみが見つけやすいんだもん。暖かいから、お散歩もたくさんできるんだよ~。",
    en=""
  },
  ["モルチアナ"] = {
    jp="誰一人、悲しむものなどなく、ほがらかな笑顔で暮らしていける…。<br>そんな、常春の園のような世界を、私は目指して行きたいと思っています。",
    en=""
  },
  ["タチアオイ"] = {
    jp="団長さん、服を買うのに、付き合ってくれないかな?<br>春の新作、っというのが出ているらしくて、淑女はそういうものを毎回チェックするものだって聞いたんだ。<br>それで、団長さんと見て廻りたいんだよ。",
    en=""
  },
  ["パキラ"] = {
    jp="春といったら、女の子のお祭り!これって風水的に金運が上がるイベントなんだよ?<br>土台の西に黄色い物を置くと金運で、東南にピンク!<br>これで金運も恋愛運もついでにアップするんだ―♪",
    en=""
  },
  ["ルナリア"] = {
    jp="春は、外でもこんなに暖かいんですねぇ~! あ、以前はずっと屋敷暮らしだったもので~。 <br>お散歩日和だなと思ってブラブラ歩いていると、いつの間にか知らないところにいて、サンカクサボテンが来てくれるまで帰れないのです~…。 <br>それを、何度も何度も繰り返してしまって…。 春って、怖いです~…。",
    en=""
  },
  ["アナベル"] = {
    jp="団長さま団長さまー! タ、タチアオイちゃんがねー、なんとっ! 私に相談してくれたのー!<br>春の新作って知ってる?って! 多分、服のことだと思うの!<br>名前は覚えてなかったし、たまたま近くにいたからって感じだったけど……。うんうん、なんか一歩前進って感じだなー♪",
    en=""
  },
  ["ハボタン"] = {
    jp="騎士学校の新入生、すっごい目がキラキラしてるね~。……私はたぶん、あんな目、できてなかったかな。<br>けど、今は少しはマシになってると思うな。私をまるごと受け止めてくれる人がいるから……ね、団長さん。",
    en=""
  },
  ["スズナ"] = {
    jp="春は出会いの季節ですから花騎士の新人さんがたくさん入ってくれるといいですね。<br>私も頼りない先輩だと思われないように健康にはしっかり気を付けないとです。",
    en=""
  },
  ["エーデルワイス"] = {
    jp="なぁにボケッとしてるの? 暖かいからってそんな顔してると水を掛けるわよ。",
    en=""
  },
  ["エーデルワイス(新春)"] = {
    jp="スノーフレークが居眠りをしているけど、寝かせておいてあげて。<br>ここ数日は忙しそうだったし、&quot;春眠暁を覚えず&quot;と言うでしょ?<br>人の上に立つなら、寛容さも必要よ。",
    en=""
  },
  ["オトメギキョウ"] = {
    jp="プロテア様たちと一緒に森を散歩するとね、いつもリカステさんが歩くの早くて、すごいなーって思うんだ。<br>森の広場でみんなで食べたお弁当……おいしかったし、楽しかったなぁ~!",
    en=""
  },
  ["タンポポ"] = {
    jp="団長さん!おはようございますです! …それじゃあ、おやすみです…ふぁぁ…。",
    en=""
  },
  ["ヤグルマギク"] = {
    jp="暖かな季節はつい気が緩んでしまいますが…こういう時こそ、気を引き締めて行きたいものですね。<br>私がまずしっかりしていなければ、若い騎士達もついて来ないですから。",
    en=""
  },
  ["アスター"] = {
    jp="冬を乗り越えた命が芽吹くこの季節、団長は何を考える?私達は命を守るだけではなく、育てる事も必要なんだ。<br>ただ春が来るのを待っているだけでは、咲けない花もある。来年の春に咲く花の種を、私達で蒔いて、そして、育てよう。",
    en=""
  },
  ["アキレア"] = {
    jp="いい気分だなー、団長。だんだん暖かくなって身体の動かし甲斐があるな。<br>冬の間も外で訓練はしてたけど、本格的なのはできなかったし…。 おっ、そうだお互い鈍ってないか模擬戦で確かめてみねーか?",
    en=""
  },
  ["シロタエギク"] = {
    jp="師匠はお酒が好きでの、春となったら「お花見じゃー!」と言うては毎日飲んでたんじゃ。<br>そんな師匠の世話をするのは大変じゃったけど、今思い返してみるとあれはあれでとても幸せじゃったのぅ。",
    en=""
  },
  ["オナモミ"] = {
    jp="清々しい風、爽やかな青草の香り……うふふっ、春って良いわね。<br>でもね、団長?私の故郷、リリィウッドの森もとっても良い所なのよ?<br>今度二人で行きましょ?勿論泊りで……ね♪",
    en=""
  },
  ["タラゴン"] = {
    jp="新人が多く入ってくる季節になったな。きちんと先輩らしくしないとな。緊張してはダメだ。<br>気楽に行くぞ、怖くない怖くない。",
    en=""
  },
  ["シロタエギク(クリスマス)"] = {
    jp="ピクニックに持って行けるようにパンを用意しておいたぞ。<br>何かをはさんで食べるのもよし、そのまま食べるもよしなのじゃ。<br>皆と食べられるくらいたくさんあるからたーんとお食べ?",
    en=""
  },
  ["アキレア(監獄島)"] = {
    jp="んなーもう、そんなに引っ張んなよちくわ。散歩日和だし早くいきてぇのは分かるけど、準備ぐらいさせろってぇ。<br>ブロッサムヒルの町中歩くんだし、色々必要なんだからよ。",
    en=""
  },
  ["フィソステギア"] = {
    jp="ぽかぽか陽気でとっても気持ちいい! こんなときは、外で遊ぶに限るよ!<br>部屋に籠って難しい顔してるより、そっちのほうが建設的だし、それになにより『神は朗らかな者を祝福する』っていう言葉もある。<br>さあ、団長さん! みんなを誘って、ピクニックに出発しよ♪",
    en=""
  },
  ["カーネーション"] = {
    jp="春は不審者が多く現れる季節です。背後はいつでも私が守っています!ご安心ください。<br>…それよりも団長さん、し…新人の若い花騎士にも、ご注意くださいね?",
    en=""
  },
  ["スイートウィリアム"] = {
    jp="う~~む、困った。みんなとお花見に行く予定だったのだが……情報がどこからか漏れてしまったみたいでね、<br>予定していた場所にはお嬢さん達がいっぱい。これは延期かな……はぁ……。",
    en=""
  },
  ["アグロステンマ"] = {
    jp="眠れないときはジョセフィーヌが増えていくのを想像して数えていますの。<br>子供の頃からずっとやっていますわ。",
    en=""
  },
  ["ビスカリア"] = {
    jp="春眠暁を覚えずっていうし、団長だって眠いよね?<br>アタシの膝ならいつでも貸してあげるから、お昼寝したくなったらちゃんと頼ってね!",
    en=""
  },
  ["ナナカマド"] = {
    jp="ふゎ……眠いです。春は眠くなるって本当ですねぇ。大丈夫ですよ。害虫も悪魔も寝てますよ。きっと。",
    en=""
  },
  ["リンゴ"] = {
    jp="団長さん! 春は出会いの季節ですよ! 誰かお美しい方々とか、可愛らしい娘と出会えましたか?<br>私と 情 報 共 有 しておきましょう!",
    en=""
  },
  ["ピラカンサ"] = {
    jp="リンゴってさ、もし女の子じゃなくておっさんだったら、っと、その、普通に気持ち悪いよね?<br>新入生に興奮しっぱなしのあの子見てたら、なんかそんなこと考えちゃって。<br>ゴメン、何言ってんだろ? あたい…。",
    en=""
  },
  ["コデマリ"] = {
    jp="春は、新規開店する飲食店も多いので、要チェックの時期なんですよ?<br>団長さまも、大食いチャレンジのお店や、ボリュームの多いお店を見つけたら、私に教えて下さいね。",
    en=""
  },
  ["リンゴ(七夕)"] = {
    jp="春は普段よりも、お美しい女性を目で追ってしまうんです。理由はわかってます、このポカポカ陽気が原因です。<br>リンゴちゃんの心を開放的にしちゃうポカポカ…流石です!春っ!",
    en=""
  },
  ["マルメロ"] = {
    jp="あぁ……し・ふ・く。お酒、とっても美味しいです~。<br>可愛いお花がたくさん咲いてて…私、何本でも飲めちゃいまーす…ゴク、ゴク…ぷはぁ~",
    en=""
  },
  ["コデマリ(イースター)"] = {
    jp="団長様、春ですね。<br>今日はなんだか、団長様と二人っきりになれるところに、行きたいな…なんて…。<br>大した用事はないんですけど、ほら、春ですし…ね?",
    en=""
  },
  ["スノーフレーク"] = {
    jp="……お花見したい?……任せて……準備しに行く。……大丈夫だって。",
    en=""
  },
  ["スイートピー"] = {
    jp="春は別れの季節。そして、新たな門出の季節です。<br>これまでの出会いや経験は掛け替えのない財産となり、いつまでも心に残り続けます。<br>人生は一度きりですから、その時々の、その瞬間を精一杯生きていきましょう。",
    en=""
  },
  ["エニシダ"] = {
    jp="団長さん、もしよろしければ私と一緒に…お花見…しませんか?えへ…うちの近くにすごくきれいなお花見スポットがあるんです。<br>おばあちゃんしか知らない場所らしいので、私達以外は誰もいませんからゆっくりできると思いますよ",
    en=""
  },
  ["ライラック"] = {
    jp="春は出会いと別れの季節。思い出がたくさん生まれそうな季節です。<br>楽しい思い出だろうと、悲しい思い出だろうと、全てに意味はあると思うんです。<br>『色々あったけど、良い思い出ばっかりだったね』と言えるような……そんな季節にしたいですね。",
    en=""
  },
  ["ヘリコニア"] = {
    jp="春って新人さんが来る季節だよね!ここはいっちょスタートダッシュかけて、目立ちまくってやる!最初が肝心、ってね!",
    en=""
  },
  ["クロユリ"] = {
    jp="花見?私をそんな明るい場につれだして、どうするんだ。不似合いだろ。",
    en=""
  },
  ["レッドチューリップ"] = {
    jp="こんなにあったかくてお昼寝日和なのに…団長さんが一向に寝てくれないからつまらないわ。うっかり寝ちゃってもいいわよ?<br>もし団長さんが寝ちゃったら、ちょっとしたイタズラしようと思っただけよ。…くすっ、ちょっとした…ね。うふふっ♪",
    en=""
  },
  ["イエローチューリップ"] = {
    jp="はーい、団長さん!春のくしゃみ対策に効く、イイお薬持ってきたの!ちょ~っと飲んでみてくれるー?<br>だーいじょぶよ、眠くならないタイプだから。ほらっ、抵抗しないでっ、飲んでっ!<br>…は~い、よくできました♪ 何かあったら、診療所に来てね~♪",
    en=""
  },
  ["パープルチューリップ"] = {
    jp="春は芽吹きの時……ここから、いくつの命が生まれ、そして死に逝くのかしら……。",
    en=""
  },
  ["ホワイトチューリップ"] = {
    jp="今年もお花畑が鮮やかに咲き誇りましたね!お花を見に来ている皆さんも、とても良い笑顔をされています!",
    en=""
  },
  ["リューココリーネ"] = {
    jp="こんな暖かな日は、日向ぼっこしながら紅茶を飲むのが好きなんだよね…。<br>ふふっ…暖かいからって、冷たい物ばかりを飲んでいると体が冷える。体はなるべく温めてあげて?",
    en=""
  },
  ["アリウム"] = {
    jp="新しい季節がやってきました。占わずとも、沢山の出会いが待ち受けている事がわかります。良縁に恵まれるといいですね!",
    en=""
  },
  ["クロユリ(新春)"] = {
    jp="春一番は厄介だ。……クッ!色々と布が捲れる!……裾が乱れるとここまで歩き辛いのか!<br>気を付けないと、害虫との戦闘中に支障が出そうだな。",
    en=""
  },
  ["テッポウユリ"] = {
    jp="最近、街の皆さまの笑顔をよく見かけます。冬が過ぎて、暖かく過ごしやすい春に癒されているのでしょうか。<br>こんなに平和で幸せな空気に満ちた日々が、ずっと続いてほしいと思います。",
    en=""
  },
  ["ギンラン"] = {
    jp="この季節、あたたかい気持ちになれますわ!再び草木が生い茂る、平和な季節…。<br>だとしたら、春には運命の出会いというものも芽生えてくるのでしょうか…?",
    en=""
  },
  ["エピデンドラム"] = {
    jp="『春眠暁を覚えず』って、いつでも寝ていいってことだよね? ってなわけで、団長おやすみー…。<br>何よ-、もうお昼だよー? お昼は寝る時間でしょー?",
    en=""
  },
  ["エピデンドラム(水着)"] = {
    jp="ぽかぽか陽気でいつもよりぼんやり。このままじゃあ、んぅぅぅうぅ居眠りしそう…",
    en=""
  },
  ["リカステ"] = {
    jp="森にピクニックへと行ってきました♪ どの季節の森も好きですけど、春の森は優しくていいですよね。そこにいるだけで癒されます。",
    en=""
  },
  ["デルフィニウム"] = {
    jp="ふっふっふ…デルちゃんが冬眠から目覚めた!さぁーて、ラナンキュラスを叩き起こしてこよおっと。",
    en=""
  },
  ["ニゲラ"] = {
    jp="春眠暁を覚えず。うぅ~ん。<br>こういう暖かい日は、茂みの中でお昼寝に限る。団長も一緒にどう?",
    en=""
  },
  ["ラークスパー"] = {
    jp="こんなに山盛りの団子、誰が食べるのかって? ふふ、それはもちろん、甘いもの大好きなワルナスビ様ですぱよ!<br>あ、ほらワルナスビ様ぁー! ……ど、どうしたんですぱ?すごい形相で迫ってきて・・・え、団長の目の前だ?<br>……あ、ぁああ!ごめんなさいですぱぁーーっ!!",
    en=""
  },
  ["デルフィニウム(競技会)"] = {
    jp="う~~ん!んぅ!春になってお外はポカポカ!いい気持ちぃ!ポカポカって、あれ、もしかして叩かれてる?<br>団長、デルフィとんでもないことに気づいたよ。団長!団長!!",
    en=""
  },
  ["キンポウゲ"] = {
    jp="ピクニックに行きましょう?ぽかぽか陽気の中でご飯を食べたら、いつもより美味しく感じられるはずよ。<br>もっちろん、お弁当は私が作ってあげる。ふふーん♪ ど~お?嬉しいでしょう?",
    en=""
  },
  ["ラークスパー(ハロウィン)"] = {
    jp="ワルナスビ様にぃ♪膝枕♪してもらったでーすぱー♪<br>おみ足ぷにぷにでぇ、とっても気持ちよくてぇ……最高のお昼寝タイムだったですぱー♪<br>団長~、羨ましいですぱ~?うーふーふー♪",
    en=""
  },
  ["ボタンヅル"] = {
    jp="はぁ~~~、日向ぼっこ、めっちゃいい~♪ 仕事は終わらせたんだから、誰にも文句は言わせな~~い。<br>こう見えても、ながら作業は得意だもんね~。団長さんのお手伝いだって、ゴロゴロしながら終わらせちゃった~。",
    en=""
  },
  ["ミカン"] = {
    jp="団長、春の陽気に誘われて、おねむ…ですか?ふふっ♪いいですよ。そのままじゃお仕事になりませんよね。<br>さぁ、こちらにどうぞ。私の膝、お貸しします。私もよく、お姉ちゃんにしてもらったんです。小さいころには子守唄も…うふふっ♪良かったら、歌いましょうか?",
    en=""
  },
  ["ハナミズキ"] = {
    jp="Oh……なんてキレイな景色!とてもcolorfullな季節デス!まるでdream land に居るみたいデース!",
    en=""
  },
  ["ハナミズキ(浴衣)"] = {
    jp="Spring season 到来デース!お日様ポカポカ、風もふわふわ……とっても気持ち良いのデース!",
    en=""
  },
  ["カラー"] = {
    jp="新人さんがたっくさん! この中の何人が、才能を開花させられるのでしょうね。<br>一人でも多くの花騎士が輝けるよう、私達がしっかり応援してあげなきゃ!",
    en=""
  },
  ["コムギ"] = {
    jp="春は不思議と気持ちが穏やかになる。 街の雰囲気も暖かくて、なんだかコムギまで嬉しくなります。<br>いつか、心も暖かくする春みたいなお菓子、コムギも作ってみたいです。",
    en=""
  },
  ["ゼラニウム"] = {
    jp="いい陽気だね。こんな日は、美しい景色を見ながら友達と過ごしたいね。あとでクロユリを誘ってみようかな。",
    en=""
  },
  ["ゼラニウム(浴衣)"] = {
    jp="団長さんに一つお願いしてもいいかな? クロユリを、お花見に誘って欲しいんだ。<br>私が言っても、聞いてくれなくってね……。団長さんの言うことなら聞くと思うんだよ",
    en=""
  },
  ["ギンリョウソウ"] = {
    jp="あれ…?団長さん? 幽霊、じゃなかった…。ぼうっとしてた…暖かいから。",
    en=""
  },
  ["スズランノキ"] = {
    jp="まっっったく……どうして皆花見なんかしたがるのかしら。<br>飲むのも騒ぐのも勝手だけど、酔っ払いの面倒を見るのが大変なのよ!<br>あーもう、その時は団長さんも手伝ってよね!",
    en=""
  },
  ["サツキ"] = {
    jp="風吹きて、空を流るる……ふふっ、なーんて。<br>満開の花を眺めて一句、なんて思ったけど、あなたがあんまり見つめるものだから、続きが出てこなかったわぁ。",
    en=""
  },
  ["カルミア"] = {
    jp="花騎士みんなでピクニックデス♪ さっちゃん達はカルミアが連れてくるから、準備が出来たら出発デース♪",
    en=""
  },
  ["エノテラ"] = {
    jp="こんなぽかぽか陽気の日は、外で武器の手入れに限ります。<br>団長も一緒にいかがですか?エノテラのを触らせてあげます。<br>扱いづらいので気をつけてくださいね。エノテラといっしょです。",
    en=""
  },
  ["エノテラ(天つ花の令嬢)"] = {
    jp="花見をやりたいです。場所は、世界花を希望します。<br>団長、おーけーですか?なら...はい、これ。ロープです。登りましょう、みんなで。<br>てっぺんでやれば、楽しいこと、間違いなしです。",
    en=""
  },
  ["ナイトフロックス"] = {
    jp="あったかくなりましたね~。でも、油断してると風邪引いちゃいますから、気をつけてくださいね?",
    en=""
  },
  ["ペンステモン"] = {
    jp="お花見って、もちろん、みんなと、よね?二人きりなんて……。だって団長さんは、団長さん、なのよ?<br>一人の花騎士じゃなくて、みんなのことを考える立場。ね、みんなと行きましょう。私は、傍に居られるだけで、満足だもの。",
    en=""
  },
  ["トレニア"] = {
    jp="はあ……いいですねえ、土の香りが戻ってきました。ここは街ですから、故郷のとは少し違いますけど。<br>えっへへ、土の香りは土の香りです。気分が落ち着いて、いつも以上に頑張れそうです♪",
    en=""
  },
  ["ナイトフロックス(クリスマス)"] = {
    jp="ぽかぽかして、あったかくて、いいお天気ですね、団長さん。え?「膝枕でお昼寝がしたい」ですか?<br>もう、しょうがないですね。ここで洗濯物を畳んでいますから、その間だけですよ。",
    en=""
  },
  ["ペンタス"] = {
    jp="んにゅ…はぁ、ふぁ…だ、団長!団長がいなくても私はちゃんと起きていましたよ?エピデンドラムさんじゃないのですから…<br>い、一瞬寝てたとかそ、そんなことはないです!寝ていたのではなく目を閉じた休憩で、あっ、こ、これは涎では無く汗ですぅ!",
    en=""
  },
  ["バンテイシ"] = {
    jp="この季節はみんなの目が輝いてる。私は……別に普段と変わらないなぁ。のんびりしてたい……かな。",
    en=""
  },
  ["サンゴバナ"] = {
    jp="こんなに暖かい日は、身体がうずうずしちゃいますね。何か、斬れるもの…ないかなぁ?",
    en=""
  },
  ["サンゴバナ(クリスマス)"] = {
    jp="春眠暁を覚えず! 気を抜いてはいけません! コレ重要です! 居眠り防止として、机の上にナイフを立てておくのはどうでしょう?<br>頭がカクッっとしたら、そのままザクー!っとするので、眠くなんてなりませんよ?",
    en=""
  },
  ["ニシキギ"] = {
    jp="今年はどんな新人さんがやってくるんでしょうね~。も、もしとんがった不良さんたちに、目を付けられちゃったら。",
    en=""
  },
  ["モミジ"] = {
    jp="ふぅ……<br>……特に眠気などありませんが。常に気を張ってないと、一番にはなれませんから。",
    en=""
  },
  ["モミジ(クリスマス)"] = {
    jp="どんなにポカポカでも、わたしは常に気を張っています。<br>またいつプレゼント配りの任務があるかわかりませんし、気を抜いていては、一番など望めません。<br>けど、わたしがそうだからといって、団長まで気を張る必要はないんです。<br>疲れてるなら、後は私に任せて、お昼寝してください。命令してくれれば、ベッド、用意してきますよ。",
    en=""
  },
  ["イチョウ"] = {
    jp="生命が溢れ、草木が萌ゆる。暖かな気が大気に満ちています。すっかり春ですねー。<br>私は春が好きです。朗らかで、温かくて、優しい季節ですから。",
    en=""
  },
  ["ホオズキ"] = {
    jp="きゅうぴぃ~!お外はポカポカ暖かいきぃ!主様、一緒に野原でゴロゴロモゴモゴゴロゴロだきぃ!",
    en=""
  },
  ["モミノキ"] = {
    jp="春はいい陽気が続いて嬉しいですよね。団長さんとこうしてのんびりしてるの、私は大好きですけど……団長さんは、どうですか?",
    en=""
  },
  ["マツ"] = {
    jp="風が…暖かくなってきた。もう春なのですね。世界中の人々の心にも、いつかこの暖かさを",
    en=""
  },
  ["ヒトリシズカ"] = {
    jp="…毎年…、こういう陽気になると、どうにも眠気が…、ふぁあ…っんあむ…っ<br>はっ!いけません、こんな時こそ気を引き締めましょう!団長さん鍛錬です!さあ、木剣を持ってください。",
    en=""
  },
  ["ナンテン"] = {
    jp="マンリョウから筑前煮をおすそ分けしてもらったわ。材料によって旬の時期が異なるから季節によって風味が変わるのよ。<br>それにしても我が従姉妹様は手の込んだ料理が好きねぇ。",
    en=""
  },
  ["シャクヤク"] = {
    jp="草木も新しく芽吹いて、ピンと上を向いてます。私も今まで以上に、胸を張っていきたいです。<br>それで……団長さんに綺麗に立ててる姿、もっと見てもらえたらなぁ、って……そう思います。",
    en=""
  },
  ["シャクヤク(ハロウィン)"] = {
    jp="ふわぁ~……ううぅ……駄目ぇ~……駄目ですぅ~……眠くて姿勢が~……うう、あうぅ……<br>だ、団長さん、私に気合、入れてほしいですぅ……このままじゃ私、暖かくて、眠っちゃいますぅ~……",
    en=""
  },
  ["シャムサクララン"] = {
    jp="団長と一緒なら、私はどこでも幸せ。でも、何もしないのは、団長が不満かもしれない。どうしたらいい?<br>お花見とか行く?そこで、あーんとかする?人がいっぱいいるところで、らぶらぶ、する?",
    en=""
  },
  ["シャムサクララン(クリスマス)"] = {
    jp="騎士団にも街中にも幸せが溢れてる。寒い冬が終わったからかな。みんな笑顔でとっても嬉しそう。<br>ん……私も嬉しい。団長が教えてくれた通り『誰かの幸せは自分の幸せになる』って、そう実感できる。",
    en=""
  },
  ["ハートカズラ"] = {
    jp="眠いわ~。眠たくなるわ~。春だもん、しようがないよね?<br>だからこそ、今がチャンス!このチャンスを逃さず、明日へ繋げる!<br>んぅ……何に繋げるかって?う~~ん……よく分かんないけど?",
    en=""
  },
  ["ユキノシタ"] = {
    jp="絶景かな絶景かな。屋根の上からの花見は格別だー。<br>ん?団長もしかして何とかと煙はとかって考えてる?ニャハハハ、否定はできないかな。",
    en=""
  },
  ["クモマグサ"] = {
    jp="下から眺めるお花見も結構ですが、私のおすすめは、上に登ってのお花見。<br>周り全部が花に囲まれて、とっても綺麗なんです。ああ、でも街のお花見では……うふふ、禁止なんですかね。",
    en=""
  },
  ["ネモフィラ"] = {
    jp="お花見?団長さんと一緒にですか?二人っきり…。<br>ぜ、ぜひご一緒させてください!ふふっワクワクしちゃいます♪ ぁ…子供っぽかったですか?",
    en=""
  },
  ["イカリソウ"] = {
    jp="ん~~~、いい風が吹いてるね~。強くて暖かくて、この風を掴めばどこにだって行ける気がするよ~。",
    en=""
  },
  ["ツユクサ"] = {
    jp="わぁ……見てください団長様。満開のお花、きれい……<br>だ、団長様?私の顔ばかり見て、どうしたんですか?私ではなくて、お花を見つめてください。その……照れてしまいますから……",
    en=""
  },
  ["キリンソウ"] = {
    jp="ん、団長、そこは危ないぞ。こないだの大雨で滑りやすくなっているようだ。<br>…ん?どうした?…女性に抱きかかえられるのが恥ずかしい?気にするな。安全なのが一番だ。",
    en=""
  },
  ["ハゼ"] = {
    jp="ふゅ~。団長さ~。眠かったら、膝枕、するよ~?大~丈~夫~、あたしは~、うぅ~、眠くないから~……。<br>お日様ポカポカでも、眠くないょ~……。お手伝いしてるのにぃ、眠くなるわけ、ないんだよぅ~……。",
    en=""
  },
  ["アナナス"] = {
    jp="過ごしやすい季節になってきたねえ。お仕事もしやすいから、普段よりいーっぱい働けるし。<br>団長さん、やる気モリモリだから、どんどん任務に割り当ててね?よーし、やるぞー!",
    en=""
  },
  ["ペペロミア"] = {
    jp="ダーリンのお部屋、掃除しておいたよ~♪お部屋を綺麗にしておくと、春のラッキーを呼び込めるんだよ?<br>これから建物全体も掃除しておくからね?よ~し、みんなをラッキーにしちゃうよー!",
    en=""
  },
  ["ユズリハ"] = {
    jp="こんなのどかな日は、お花見もいいかもしれないわね。良かったらみなさんで行きましょう?<br>お弁当は私が用意するわ。おかずのリクエストがあったら遠慮しないで言ってね。",
    en=""
  },
  ["プロテア"] = {
    jp="みんなで森を歩いていたら、キリンソウさんに抱き抱えられちゃったんです。『この辺りは足元が悪いから危険だ』って。<br>私、森には慣れているから平気って言ったんですけど、聞き入れてくれなくて……。<br>でも、そういう所がキリンソウさんの良い所なんですよね。",
    en=""
  },
  ["コマクサ"] = {
    jp="んぅ~……んぅ~……ハッ! 団長の気配が……やっぱりいた! 無防備なんだから考えてくれないとダメよ!<br>あなたの前なら少しは無防備でもいいけど……寝顔はダメ。",
    en=""
  },
  ["リムナンテス"] = {
    jp="団長ちゃん!大人のお花見行きたいです! 二人でお花見しながら、ロマンチックな雰囲気になって…。<br>花吹雪が舞う中、団長ちゃんの横で・・そっと…。 うふふふっ。うふふ~ん♪",
    en=""
  },
  ["サンデリアーナ"] = {
    jp="山菜料理…ぅぇぇ~…苦いアル~美味しくないアル~<br>あーあ、味覚だけでも成長してくれないアルかね。おこちゃまの舌だからこんな苦いのヨ、ままならないアルね~",
    en=""
  },
  ["アサザ"] = {
    jp="そういえば、春にはイースターのお祭りが開かれましたね。ロータスレイクも開国してから、賑やかになってきた気がします。<br>団長さんにも出会えましたし、いいこと尽くめですね。うふふ♪",
    en=""
  },
  ["ミツガシワ"] = {
    jp="春は出会いと別れの季節だから、新たな恋が生まれるんだって!<br>ラミウムさんがいっぱい恋を育んだって言ってたんだ!ミィにはまだ…ちょっと無理かなぁ…",
    en=""
  },
  ["タイリンオモダカ"] = {
    jp="すっかり暖かくなったね~♪ 団長さん、お昼寝したいなら、わたしが膝枕してするよ~?<br>耳かきだってしてあげちゃうからね?えへへ♪",
    en=""
  },
  ["ウサギゴケ"] = {
    jp="新入生さんたちに、イタズラしてきたの。とっても楽しかったの♪<br>ウサギノオとススキと一緒に準備たくさんして、丸まって待ち構えて……うぇへへ、またやってみたいの♪",
    en=""
  },
  ["ビバーナム"] = {
    jp="こ~んなにポカポカ陽気だと、眠くなっちゃうね~? 団長さん、一緒にお昼寝でもしよっか?<br>今なら特別に、寝るまであたしが頭をナデナデしてあげちゃおっかな♪",
    en=""
  },
  ["バイカソウ"] = {
    jp="うふっ♪ お昼寝日和ですね。お仕事終わらせたら、膝枕してあげても……えっ? もう、終わってる……?<br>な、なら、貯金として、明日の分を……それも終わってる?<br>えっ、えっと、じゃあ……ひゃ、ひゃぁあ~! ひ、膝の匂い、嗅いじゃダメ~!",
    en=""
  },
  ["スターチス"] = {
    jp="眠かったら、私の膝を使ってお昼寝しちゃう?<br>ふふっ!団長さんの寝顔を、近くで見てみたいんだ♪",
    en=""
  },
  ["ニレ"] = {
    jp="お花見の計画か~。昔はうちの家族とトネリコの家族でよく行ったんだ。<br>もちろん、シルクロ・リベスの方でもお花見には行くよ?それぞれ違った楽しみがあって、どっちも好きなんだよね。<br>この騎士団でのお花見は、あたしにどんな楽しみをくれるのかな?",
    en=""
  },
  ["マイヅルソウ"] = {
    jp="わたし、外で踊りの練習をしようと思います!<br>暖かくて過ごしやすい日は、体を動かしたくてじっとしていられないんです!",
    en=""
  },
  ["ビバーナム(ベイサボール)"] = {
    jp="春は暖かいし、毎日がベイサボールの練習日和だよね~♪ こんなに過ごし易いといつまでも練習出来ちゃいそうだし、<br>他の花騎士も誘って付き合って貰おうかな♪",
    en=""
  },
  ["ハナイ"] = {
    jp="お花見!お花見行きたいなぁ!ロータスレイクだと、そんなに派手なお花、見なかったから……<br>ブロッサムヒルだと、とっても綺麗なんだよね?",
    en=""
  },
  ["クレソン"] = {
    jp="ふぁぁ…眠い。手元が狂いそうだよ…。料理するの、一回シエスタしてからにしようかな…。<br>そうだ、ムッシュのシャンブル使わせてもらっていい?ふっかふかのところで横になりたいんだぁ…。",
    en=""
  },
  ["ストック"] = {
    jp="ちょっとずつ暖かくなって、みんなも外で遊ぶことが多くなってきましたね。<br>そろそろこの季節に向けて、新しい体験をする準備に入りますよぉっ!",
    en=""
  },
  ["アイリス"] = {
    jp="すっかり暖かくなりましたね!気を緩めず、一つ一つ確実にこなしていきましょう。",
    en=""
  },
  ["カキツバタ"] = {
    jp="春の陽気は、やっぱり良いものですねぇ……。<br>ハス様がこうした季節の風情も楽しむお方なので、わたくしも、影響されて四季を楽しむようになりました。",
    en=""
  },
  ["ニワゼキショウ"] = {
    jp="あったかくなってきたね~。この季節、日向ぼっこするのが、だいだいだ~いすきなんだ~♪<br>もちろん、ちゃんと鍛錬してから休憩時間にすりーぷするよっ!",
    en=""
  },
  ["スパラキシス"] = {
    jp="眠りが覚めれば風強く。巨木が日中(にちゅう)花散らす。散って散り果て地に落ちて。いずれは贄ぞ、いとかなし。<br>団長さんも覚えといて。泣く子がいるなら散らすわけにはいかないからさ。",
    en=""
  },
  ["アヤメ"] = {
    jp="春の陽気、ですか。わたくしは嫌いです。気が緩んでしまいますし、喧噪に集中力も乱されます。<br>カキツバタのように楽しむ気になどなれません。……ええ、その通りです。わたくしは、未熟者ですから。",
    en=""
  },
  ["トリトニア"] = {
    jp="ウルシの所に報告書を持って行ったら、居眠りしちゃってたよ。<br>よだれまで垂らして、すっごく可愛かったんだ~。思わずね、ほっぺをツンツンして遊んじゃった!<br>…君も、居眠りしてたらほっぺツンツンの刑だよ?",
    en=""
  },
  ["スミシアンサ"] = {
    jp="春はぽかぽかあったかいから、眠くなるなぁ。……普通の人はな?<br>だが、スミは鍛えてるので……踊り子として、鍛えてるので……!<br>この程度の、ぽかぽか、なんか……ふぁ、ふわぁぁぁぁ……。……あ、あくび、出ちゃった。ふへへ……。",
    en=""
  },
  ["ロベリア"] = {
    jp="厳しくしごくにはいい時期ね。まずこの時期に基礎を作り、基礎が出来た者から順に応用を叩き込んでいく。<br>さあ団長、始めるわよ?",
    en=""
  },
  ["サワギキョウ"] = {
    jp="気持ちのいい季節になりましたね! 天気もいいし、ピクニックなんてどうですか? お弁当の用意なら、お任せくださいね!",
    en=""
  },
  ["ヨメナ"] = {
    jp="お野菜いっっぱいのサラダを作ったでー。この季節は、新鮮な葉っぱがいっぱい採れるんよー。<br>食べれば、お肌つるつるになるんよー。ほんまやってー",
    en=""
  },
  ["コオニタビラコ"] = {
    jp="あなた、ご飯にする?お風呂にする? それとも……<br>えっ?誰のものまねかわからない? 別に、これは誰の真似もしてないよ?<br>街に出かけた時に、結婚式をやってるの見かけたから、<br>しいていうなら、お嫁さんのものまね。",
    en=""
  },
  ["アステリカリス"] = {
    jp="春。それは出会いの季節。<br>パルファン・ノッテにも普段見ないお客様の顔がちらほら見えました。<br>お客様に気に入ってもらえるディーラーになれるよう、わたしも心を新たに頑張ります!",
    en=""
  },
  ["ツワブキ"] = {
    jp="お花見の場所取りだったら、わたしに任せてください!二徹三徹なんのその!睡眠時間なんていりません!<br>ご褒美なんて必要ないですよ?皆さんが楽しくお花見できれば、それでいいんです。",
    en=""
  },
  ["リシマキア"] = {
    jp="お花見ですか~、いいですねぇ。いっぱい宴会しましょう♪<br>団長さんには、たっぷりわたしがお酌してあげます。何度でも、何度でも、酔って倒れても、何度でも~。うふふっ♪",
    en=""
  },
  ["クリンソウ"] = {
    jp="あれ?団長くん……もしかして眠いの?いいですよ?私の膝、貸してあげます。ここで眠って?<br>ふふっ♪ 寝顔、独り占めしちゃいますよ~♪",
    en=""
  },
  ["ラミウム"] = {
    jp="団長くん、一曲踊らない?春らしいテンポのいいダンスを教えてあげる♪ 手取り足取り指導してあげるから、お姉さんに任せなさい♪",
    en=""
  },
  ["タツナミソウ"] = {
    jp="仕事残ってるなら、あたしに任せて行ってきなよ……お花見。幸い、あたしでも処理出来そうなのしか残ってないしね~。<br>ほらほら、そんな顔しないで行ってきなよ! あたしなら大丈夫だって。",
    en=""
  },
  ["オレガノ"] = {
    jp="お酒がこんなにずらりと。お花見の支度ですか。では、私はお料理を準備いたしましょう。<br>あ、くれぐれも飲み過ぎには注意ですよ。 聞いて下さらない場合、お薬で眠らせますからね。",
    en=""
  },
  ["ヒツジグサ"] = {
    jp="暖かな陽気になりますと、つい寝過ごしてしまいがちです。情けない話なのですが、朝なかなか起きられないんですよ。<br>起きても、ついついぼーっとしてしまうこともありまして。アヤメにはよく怒られてしまうんです…。",
    en=""
  },
  ["ミズヒキ"] = {
    jp="皆様が作るお花見弁当も良いでしょうが、たまには豪華に仕出しでお重でも頼んではいかがでしょう?<br>私にとっては異国の地ではありますが、すでに目星は付けてあります!<br>味も彩りも極上の一品でした。ご検討くださいませ、団長様!",
    en=""
  },
  ["ヤマブキ"] = {
    jp="暑くもないし寒くもない……こんな季節は何か詰まらないな……。どっちかで良いだろう。<br>……え? 情緒が無い? ふん、大きなお世話だ。",
    en=""
  },
  ["バイケイソウ"] = {
    jp="暖かくなってくると、賑やかになった気がする……。でも、私は……友達いっぱいなんていらない……。いつか……運命的な友達が出来れば……いいの。いいんだからっ",
    en=""
  },
  ["バイカモ"] = {
    jp="すぅ……ふぁ……んぅ……眠いカモ~……おひさまポカポカで、やばすぎるカモ~……<br>ふぁ、ふあぁ~……お仕事、これじゃあ手伝えないカモ~……ほっぺつねってカモ~、団長~……",
    en=""
  },
  ["キツネノボタン"] = {
    jp="新入生さん達がわたしを見てこう言ってた。<br>『きつねさんの耳、可愛いです』って。<br>へへっ優越感、やっぱりわたしは他とは違う。",
    en=""
  },
  ["トウカ"] = {
    jp="騎士団の皆さんがピクニックに行くと聞いたので、お手伝いできないか……と、おむすびを握っておりました。<br>やっぱり、基本はシンプルな塩むすびだと思います。団長様、お食べになりますか? では……あ~~ん♪",
    en=""
  },
  ["ホルデュウム"] = {
    jp="ふぁぅぁぅ~、眠いです~。お外ぽかぽか、お部屋もぽかぽか。<br>ぅぅぅ~、団長さ~んベッド行きましょう~、お仕事無理です~。適度な仮眠は大事ですからお願いします~。",
    en=""
  },
  ["ムギ"] = {
    jp="春は門出の季節でしょう? だから、ムギ・ブルワリーの一杯を飲みたいって需要がたくさんあるの。<br>この時期は目の回るような忙しさになるから、私もよく実家を手伝いに行ってるんだ。",
    en=""
  },
  ["ヤマゴーヤ"] = {
    jp="お花見用にお弁当いっぱい作ってきたよー! このお弁当箱の内、いくつかはビックリ箱なのだー! いひひー♪<br>重さでバレないように、気を使ったっぴゃー!",
    en=""
  },
  ["ガウラ"] = {
    jp="ブロッサムヒルで花吹雪を見た時、ふと思ったの。あんな風に舞うことができないかしら、って。<br>色々な国の色々なものを見聞きするのも、踊り子として上を目指すのに役立ちそうね。",
    en=""
  },
  ["ミズバコパ"] = {
    jp="ねえねえ! カキツバタがお花見するってー! 食べ物も、お酒も、いっぱい準備してるって言ってたおー! 団長さんも一緒に来てくれるよねー? ね!",
    en=""
  },
  ["リンデルニア"] = {
    jp="団長さん!今日も新人の花騎士が着任しました!みんなとても元気が良くて、こっちもいい刺激になります!<br>後生畏るべしと言いますし、私も頑張らなくちゃですね!",
    en=""
  },
  ["クガイソウ"] = {
    jp="んん~……ダメ、眠っちゃダメぇ……。お父さんはまだ頑張ってるから、あたしも頑張らないと……。<br>花騎士なんだから、居眠りは、ダメぇ……。うぅん……ふわぁ……。",
    en=""
  },
  ["アデニウム"] = {
    jp="みんなでピクニックに行く?ああ、嫌じゃない。私も行く。お弁当はどれから作ればいい?",
    en=""
  },
  ["クコ"] = {
    jp="クコ お出かけ所望 カガミくれた 春物 クコに クコ 自慢 希望 色んな人 羨望 視線 楽しみ♪",
    en=""
  },
  ["フユサンゴ"] = {
    jp="団長……先程、フウロソウをおんぶしていましたよね? 私のことは、同様に扱ってもらえないのでしょうか?<br>このような女ですから、接しにくいのは分かりますが……たまには、抱っこやおんぶをせがみたいのです。",
    en=""
  },
  ["ヒヤシンス"] = {
    jp="最近はすっかり暖かくなったわね。日差しも気持ちよくって、なんだか居眠りしちゃいそう。<br>ふふっ、貴方も私と、一緒にお昼寝する?",
    en=""
  },
  ["カガミ"] = {
    jp="季節がまた一つ変わりましたね。新しいお召物など必要としておりませんか?<br>採寸さえさせていただければ、どんなものでもお作りしますよ。<br>数少ない特技なので頼っていただけると幸いです。",
    en=""
  },
  ["ミズアオイ"] = {
    jp="えへへっ、「春眠暁を覚えず」 コナギちゃんに教えてもらいました!<br>眠たくなったら私に頼っていいですからね?膝枕しちゃいます!なぜなら、私がお姉ちゃんだからです!えへへっ",
    en=""
  },
  ["ポンテデリア"] = {
    jp="初々しい騎士学校の新入生をよく見かける季節になったな。<br>私も一応入学したが、飛び級ですぐに卒業したから、騎士学校の思い出はあまり無いんだ。そのことが、少し寂しくはあるな。",
    en=""
  },
  ["セダム"] = {
    jp="春には春の星があります。よろしければ、私が教えて差し上げましょうか?<br>あ、別にデートとかじゃ、ないですけど……でも、あなたさえよかったら……デ、デートでも、いいですよ?",
    en=""
  },
  ["ヘナ"] = {
    jp="にぃにの背中、ぽかぽか……。ヘナ、おねむ……なの。すぅ……すぅ……すぅ……。",
    en=""
  },
  ["ウルシ"] = {
    jp="むぅぅ…いやだ…眠い~~お日様ぽかぽかすぎ~<br>昨日徹夜したのがダメだったのかしら…コーヒー効いてるうちは大丈夫だったのに…ふぁぁ~",
    en=""
  },
  ["フェンネル"] = {
    jp="前に隊の皆でピクニックに行ったことを思い出すわね。あの時はクコが迷子になっちゃって大変だったわ。<br>途中からクレソンまで居なくなっちゃって……未知の食材を見つけると子供みたいになっちゃうんだから。",
    en=""
  },
  ["アンゼリカ"] = {
    jp="春は出会いの季節!<br>アンゼリカご意見箱の投書も出会い一色に染まりますねー!<br>……って、私のファンどうしが出会おうとしてないこれ!?<br>私に会いたいわけじゃないのー!?",
    en=""
  },
  ["エリンジウム"] = {
    jp="一緒にピクニック行こうよ、団長さん!外も暖かいし、過ごしやすい!出かけるなら絶好の季節だよ。二人で明るく、春を楽しもう!",
    en=""
  },
  ["ブプレウルム"] = {
    jp="春一番ねぇ。でも、あたたかい風はキライじゃないわ。花と木々が揺れるのを見ると、<br>心が落ち着くもの。あなたも一緒に眺めてみない?",
    en=""
  },
  ["フェンネル(温泉浴衣)"] = {
    jp="あんた、背中にヘナを付けて何やってるの? ……ああ、抱き付いて来てそのまま寝ちゃったのね?隊長の背中でもよく寝てるわ。<br>……多分、パパかママがよくおんぶしてくれたんだと思う。ふふっ、まったく……世話が焼けるんだから♪",
    en=""
  },
  ["ハス"] = {
    jp="ほう…風がすっかり暖かくなっている。<br>この頬を撫でる風…団長、卿にも分かるであろう?<br>しばしこの感触を楽しむとしよう。",
    en=""
  },
  ["ハス(ジューンブライド)"] = {
    jp="うぅ…恥ずかしかった、足も痺れた。先程までその、カキツバタに膝枕をしていたんだ。<br>アヤメがヒツジグサにしてもらっているのを羨ましげに見つめていたからつい…<br>ああ、まだ顔が暑い…。",
    en=""
  },
},
["spring002"] = {
  ["ヤクノヒナホシ"] = {
    jp="ありゃま。団長ちゃんおねむさん?だったらね、はい、ヒーちゃんが膝枕してあげるよ。<br>さぁさぁ、お膝にごろんこして、ヒーちゃんになでなでされちゃおう。",
    en=""
  },
  ["カゲツ"] = {
    jp="春はみんな、宴会で盛り上がってるけど……スキラはどうも、そういう場所が馴染めないみたいでね……。<br>団長さん、ここはスキラのために、一肌脱いでくれない? うふふ、もちろん、私も協力するからさ。",
    en=""
  },
  ["アリッサム"] = {
    jp="暖かくて平和で、みなさんもニコニコ笑顔で。こんな日がずっと続けばいいのにって、そう思います。",
    en=""
  },
  ["スズシロ"] = {
    jp="毎年、春になる度に思うんです。今年こそは動揺せず、素を出さずに頑張ろうと!<br>成功した年は、今の所、無いんですけどね……。",
    en=""
  },
  ["ジャーマンアイリス"] = {
    jp="じっとしているのはあまり得意じゃないっす…けど、団長とするお花見は楽しいっす!",
    en=""
  },
  ["サフラン"] = {
    jp="こうして春風に包まれながら、何をするでもなく団長さんとお喋りしているこのときが、とても好きです。<br>団長さんといるとホッとしちゃうから、ちょっと眠くなっちゃう時もあるけど…。安心しちゃうの、団長さんと一緒だと。",
    en=""
  },
  ["ジャーマンアイリス(七夕)"] = {
    jp="団長、一緒にお花見に行くっす。きれいな景色で魂を浄化させるっす。キレイにするっす!",
    en=""
  },
  ["オジギソウ"] = {
    jp="聞こえてくるのは鳥の声。ぽかぽかの陽気に、人々が楽しそうに話し、笑いあう声。いい日ですね~、団長様。",
    en=""
  },
  ["サフラン(クリスマス)"] = {
    jp="ぬいぐるみを作ってほしいってお願いされたの。結婚式のブーケに使いたいんだって!<br>一生の思い出になるものだから、心をこめて作らないといけないわね。",
    en=""
  },
  ["オジギソウ(クリスマス)"] = {
    jp="遠くから、戦闘訓練する掛け声が聞こえてきますね~。このテンポ……踏み込みの音……騎士学校の新入生ですね~。<br>今はまだこんなですけど、数か月もしたら、もっと速くて力強い音になるんですよ~?",
    en=""
  },
  ["シーマニア"] = {
    jp="団長さん、船の上で花見をするですよ?<br>姐御からしっかり許可は取ったですから、誰も文句は言わねえです!",
    en=""
  },
  ["デージー"] = {
    jp="くんくん♪ いいにおいがするのだ。これは団長さんのにおい? デージーもいいにおいするかな? くんくん♪",
    en=""
  },
  ["サイネリア"] = {
    jp="お花見って大好きなんです♪ お花とみんなの笑顔で、どこを見てもキラキラですから♪<br>だんちょーも笑ってくれると嬉しいです。私が一番好きな笑顔、いっぱい見せてくださいね?",
    en=""
  },
  ["カレンデュラ"] = {
    jp="お外はポカポカ陽気……うぅ……なんだか、眠くなってきちゃいます……<br>まだ……起きてたいのに……すぅ……すぅ……",
    en=""
  },
  ["サンビタリア"] = {
    jp="ちょっとぉ! あなたが見るのはお庭じゃないでしょ? …こっち! 私を見なさい!!<br>いくら花が満開で、綺麗だからって、無視なんか許さないの!",
    en=""
  },
  ["ピンポンマム"] = {
    jp="ぽかぽか陽気だと眠くなっちゃうわよね。<br>そんな時は私のおっぱいまくらにして寝てもいいのよ?<br>すっごく柔らかいんだから!良い夢見られるわよ。",
    en=""
  },
  ["カカリア"] = {
    jp="おーっ!?見てみて、動物の赤ちゃん!やっばいよ!可愛すぎだよ!描きたいよ~!<br>あ、そうだ、あとで花騎士と一緒に描けばいいじゃん!だれが一番似合うかな?団長は、だれがいいと思う?",
    en=""
  },
  ["ウィンターコスモス"] = {
    jp="お花見をしながら、団長さまに膝枕されたいな~♪<br>『ウィンターコスモス、膝は固くないか?』<br>…とか♪ 団長さまの、少し困った顔が目に浮かびます~♪<br>んぅ…もぉ~♪ ちょっと筋肉質な所がいいんじゃないですかぁ、もぉ~♪",
    en=""
  },
  ["デージー(ハロウィン)"] = {
    jp="気持ちのいいお天気なのだ。ふぁ~……じっとしてると勝手に瞼がおちてくるのだよ……。<br>もう駄目なのだ……デージーはもう意識が飛びそう……ぐぅ……。",
    en=""
  },
  ["ノースポール"] = {
    jp="融けた雪から植物の芽が見えるとね、植物も生きてるんだ~って凄く感動しちゃうの。えへへ、そういうの見るの、好きなんだよね♪",
    en=""
  },
  ["プリムラ"] = {
    jp="こんな暖かい日にじっとしてるなんてもったいないです!さぁ私と街に繰り出しましょう団長さん!<br>春物の新作を見たり、カフェでお茶したり春を目一杯堪能しましょうね!",
    en=""
  },
  ["サルビア"] = {
    jp="お花見は、場所取りのために壮~絶な闘いがあるらしいぞ! これは行ってみないとな!",
    en=""
  },
  ["チェリーセージ"] = {
    jp="団長さん、眠いんですか?春は眠くなるっていいますからね。あたしはまだまだ元気ですよ!団長さんの分まで働きます!",
    en=""
  },
  ["ローズマリー"] = {
    jp="一度枯れて落ちた花も、時が巡ればこうして咲き誇る。私の求めるものではないが、これも不死と言えるだろう。",
    en=""
  },
  ["レオノチス"] = {
    jp="春は過ごしやすいから、外でご飯食べたら気持ちいいと思う。ピクニックにゃんかしたらきっと楽しいよ。<br>……山の上なら、レオのこと怖がる人だっていにゃいと思うし……!",
    en=""
  },
  ["チェリーセージ(新春)"] = {
    jp="アカシア隊での大お花見大会がそろそろ行われる予定ですぅ!<br>催し物をすることになってるんですけど……あぁ、今年は何にしよう?<br>ど根性で、必ず皆さんを盛り上げてみせますよー!",
    en=""
  },
  ["ホワイトパンジー"] = {
    jp="私…しっかり者って、よく言われるんです…。<br>こんな暖かい日でも、うぅ…眠く、ならないです…ふにゃあ…。ほんとに、ねむく、なやないれひゅ…うぅん……むにゃ…",
    en=""
  },
  ["イエローパンジー"] = {
    jp="身体測定はあまり好きじゃないんだよなー。大きくなるハズの胸がなかなか大きくならないんだ。<br>なんで胸ってこんなに個人差があるんだ?それから、座高を測定するイミってあるのか?",
    en=""
  },
  ["パープルパンジー"] = {
    jp="春は新しい出会いの季節。新人さんが来たりするんでしょうか。私も「お姉ちゃん」と呼ばれる日が来るんですかね。<br>ちょっと、想像したらニヤけてきました…。",
    en=""
  },
  ["イヌタデ"] = {
    jp="うわぁ!騎士団学校の新入生だー!なんか、初々しい?って感じで、かわいい!ご主人、挨拶してきていい?",
    en=""
  },
  ["ツバキ"] = {
    jp="気持ちのよい風が吹いていますねぇ。うたた寝には絶好の天気です。",
    en=""
  },
  ["ツバキ(フォスの花嫁)"] = {
    jp="二人っきりのお花見というのも、風流でよいと思いませんか?花と空間と時間を愛でるのも、きっと楽しいですよ。",
    en=""
  },
  ["ブラックバッカラ"] = {
    jp="こんな暖かい日にはのんびりするのもいいねぇ。いつも戦ってばかりだからたまにはねぇ。…あーあ、退屈だなこりゃ。よし、戦いにいくか!",
    en=""
  },
  ["ロイヤルプリンセス"] = {
    jp="春は、出会いと別れの季節…。もう会えなくなってしまったりする、物理的な別れというのは寂しいものです。<br>けれども、愛は消えないのです。気取って言っているのではないですよ?<br>愛は、自分が愛し続ければ、消えることはないのです。自分の愛を信じていれば…。",
    en=""
  },
  ["ノヴァーリス"] = {
    jp="麗しい花々、心地よい鳥のさえずり。春の息吹は、あらゆる形でわたくしたちに届いておりますね。",
    en=""
  },
  ["モケ"] = {
    jp="春一番!お前は一体何なのぜ!?ブワァーーとなって、サァーーっといなくなる。<br>一体誰がモケの周りを飛び回っているのか、永遠の謎なのだぜ!<br>…………え?……風なの?",
    en=""
  },
  ["ビワ"] = {
    jp="団長、団長……。またビワの恥ずかしい秘密、聞いてほしい。<br>あのね、街歩いてたら、騎士学校の新入生に、間違われました……。<br>ビワ、もうちゃんと花騎士なのに……。オーラが足りない……?凄く、恥ずかしかったです……",
    en=""
  },
  ["ノヴァーリス(雪華の女王)"] = {
    jp="あぁ、やはりお花見とは良いものですね。笑顔に溢れて、楽しそうで、空気も晴れやかで。<br>わたくしもうきうきしてしまいますわ♪",
    en=""
  },
  ["ノイバラ"] = {
    jp="さてさて……団長殿はお眠のご様子ですね? であれば、二つの提案をいたしましょう。<br>私の膝枕と、事前に用意しておいたベッド……どちらで仮眠を取られますか? お好きな方を選んでください♪",
    en=""
  },
  ["ミニバラ"] = {
    jp="後輩の花騎士さん達にまだ挨拶ができてないんです。なので、ロイヤルプリンセスが護衛をしている今の内に、声を掛けに行ってきます!",
    en=""
  },
  ["ブラックバッカラ(イースター)"] = {
    jp="お花見でどんちゃん騒ぎするのもいいけど、こうしてお前と二人で静かに見上げるお花見もいいもんだなあ?<br>へへっ、また来年も一緒に見れるといいな?",
    en=""
  },
  ["スノードロップ"] = {
    jp="逆境の中でこそ希望は輝く…とは思ってますけど…、<br>今みたいに穏やかな毎日が続くなら、それが一番です。この誕生の季節、汚されたりはしません!",
    en=""
  },
  ["エウカリス"] = {
    jp="雑菌というものは、暖かいと繁殖しやすくなるそうです。私の部屋は……綺麗にはしておりますが、心配ですね……。",
    en=""
  },
  ["ミモザ"] = {
    jp="春の香りと同じような香水を作ってみました。今、私が付けてるのなんですけど……どうですか?<br>もっと近づいて確認しても……いいですよ?うふふっ♪",
    en=""
  },
  ["アルストロメリア"] = {
    jp="団長ー、お花見したい!お花見しようよー!お弁当たーくさん持って、おやつも持っていくの。きっと楽しいよ!<br>また一年よろしくねーってお花にご挨拶するの。",
    en=""
  },
  ["アルストロメリア(未来への感謝)"] = {
    jp="最近ノラ猫がうるさいよー。フギャー!とか、フニャー!とか、夜中騒ぎっぱなしー!<br>何であんなにケンカしてるんだろー?はつじょーきってエノコログサは言ってたけど、意味は教えてくれなかったー…。<br>んー、団長、教えてくれる?",
    en=""
  },
  ["オンシジューム"] = {
    jp="わーいわーい!お花見だぁ~!団長、朝早くから場所取りしてくれて、ありがとうね~♪<br>えー、てゆうか、本当はあたしも一緒に行く予定だったのに……寝坊して、ゴメンね?",
    en=""
  },
  ["シンビジューム"] = {
    jp="うっふふ、春だからって寝ぼけてませんか?頑張っていきましょう!",
    en=""
  },
  ["デンドロビウム"] = {
    jp="素適な季節ですね。暗い部屋の中ではなく、外で見られるというのが、とても良いです。<br>あの子も、この景色を楽しんでいるでしょうか……",
    en=""
  },
  ["カトレア"] = {
    jp="こんな風の強い日に外に出るなんて馬鹿じゃないの?私はいいわよ、お花見ならまた今度ね。<br>…しつこいわね!今ブローしたばかりなんだからお外は嫌だって言ってるの!",
    en=""
  },
  ["イオノシジウム"] = {
    jp="ポカポカ良い天気ね~。海で泳ぐ気にはなれないけど、足だけ浸けてたら気持ちよさそう。<br>……そう思って、試しに、足だけ入ってみたんだけどねぇ……転んで全身ずぶ濡れ~。<br>まあ、水はまだ冷たかったって事が分かったわ!",
    en=""
  },
  ["オンシジューム(フォスの花嫁)"] = {
    jp="天気がいいと、お外で遊びたくなるよね~♪<br>わっ!ちょうちょ!……う、う~ん、動きづらい~。あ、でもいいや!待て待てーっ!うおおおおお~!!",
    en=""
  },
  ["カトレア(水着)"] = {
    jp="私は夜にお花見することが多かったわぁ。案外いいものよ。よかったら今度、一緒に行ってあげてもいいけど、どうする?",
    en=""
  },
  ["イオノシジウム(クリスマス)"] = {
    jp="寒いのが終わって、暖かくなって。あー、あぁーーー今から憂鬱―。これからきっと、どんどん暑くなる。春なんてあっという間に終わっちゃう。<br>それで来るのが、夏。ギラギラ太陽の夏!今のうちに、夏季休暇とか、申請しておこうかしら。",
    en=""
  },
  ["カトレア(光華の姫君)"] = {
    jp="へっくちゅ! ん、へっくち! へ、へ、ふぇ…あ、うぅん、治まったわね。ん、このムズムズ感。<br>世界の愛がまた強くなったみたい。光華の姫君、気に入ったようね。",
    en=""
  },
  ["パフィオペディルム"] = {
    jp="春は害虫の動きも活発になってくる。自然とこの時期は、危険な任務が増えるから好きなんだ。ふふっ、しばらくは退屈せずに済みそうだな",
    en=""
  },
  ["スイセイラン"] = {
    jp="暖かくなって、とっても体を動かしたい気分です♪<br>じっとしてるのももったいないですから、花騎士のみんなを誘って遊びに行ってきまーす!",
    en=""
  },
  ["シンビジューム(バレンタイン)"] = {
    jp="春になると、オンシジュームちゃんがお外で遊ぼうって、普段より誘ってくる事が多いんです。<br>ふふっ、きっと、冬で我慢してた分、外で遊びたいんでしょうね。",
    en=""
  },
  ["デンドロビウム(バレンタイン)"] = {
    jp="鍛錬が終了したら、お花見に行きませんか? ……あ、いえ! 二人で……です。<br>賑やかなのも良いですが、二人で過ごしたいなと思いまして。<br>……その……ダメでしょうか?",
    en=""
  },
  ["トリカブト"] = {
    jp="あったかくなってくると、やけに薄着の変な人が町に出始めるって、お勉強した。ほんとかな…でも、害虫の動きが活発になるのは、本当みたい。<br>団長、わたし、準備できてるから、命令してくれれば何でもするよ。団長のためなら、なんだって。",
    en=""
  },
  ["ミスミソウ"] = {
    jp="すっかり風も暖かくなりましたね。気が緩みがちな季節です。<br>春眠暁を覚えずと言いますし、こういう季節こそ気を引き締めていきましょう。",
    en=""
  },
  ["ニリンソウ"] = {
    jp="この時期は~休みの予定が一杯なの♪<br>あ、ほら、春になったら、いろんなところでイベントやってるでしょ? どれもこれも楽しそうで、つい制覇したくなっちゃう~。<br>ふふっ。よかったら団長も連れてってあげるわよ? し・ご・と、きっちり終わらせたらね?",
    en=""
  },
  ["トリカブト(天つ花の令嬢)"] = {
    jp="あらら、団長酔いつぶれちゃったの。お花見だからってはしゃぎすぎ。<br>んっ、それじゃあわたしが一肌脱ぐの。まずは人工呼吸から。ん~……",
    en=""
  },
  ["ニリンソウ(監獄島)"] = {
    jp="団長、眠いなら仮眠してきなさい?そんな様子じゃあ判断も仰げないし、他の仕事だって進まない。<br>私にもあなたにもメリットなんか無いの。タイミングを見て私が起こしてあげるから、ベッドに行ってきなさい?",
    en=""
  },
  ["レシュノルティア"] = {
    jp="春は、よく害虫のスケッチに行くんです。夏は暑いですし、冬は寒いので、今くらいの季節がちょうど良くって!<br>こんど団長さまも一緒に行きませんか?スケッチすることで、普段わたし達が気にも留めないような細かな発見があって楽しいですよ!",
    en=""
  },
  ["コーレア"] = {
    jp="この時期にお外でハンドベルの練習をすると、のびのびと演奏ができてとっても気持ちいいんです!<br>ベルの音も、なんだか明るく聞こえてくるので、いつも時間を忘れちゃうくらい練習しちゃってます。",
    en=""
  },
  ["オリーブ"] = {
    jp="花見をするのはいいけど、あまり騒がしい場所は好きじゃない。<br>マナーが悪い人がいると、心の底から安らげないもの。",
    en=""
  },
  ["エノコログサ"] = {
    jp="……ん、にゃ……なんだか、鼻がムズムズする……団長さん、これってもしかして何かの病気……?<br>お花見の時、桜餅を大量に食べてから変なの。ちゃんと手を洗っておけばよかったにゃー……。",
    en=""
  },
  ["エノコログサ(花祭り)"] = {
    jp="キウイを見ると無性にカジカジしたくなるんだよにゃ。<br>良い匂いがすると言うか、体がぽっぽしてきて、春だから?<br>うー……うにゃ~!どうでもいいにゃ!我慢できない、ちょっとキウイを探してくるにゃ!",
    en=""
  },
  ["ジャノメエリカ"] = {
    jp="だ、団長様! お眠のようでしたら、お、お膝に、カモン! です。<br>本に、書いてありました。殿方と、仲良くするにはこれが一番だと……。誘い方も、フランクの方がいいと。<br>ですので……団長様? カムヒアっ!",
    en=""
  },
  ["オキザリス"] = {
    jp="んーっ!団長さん、私をお外に引っ張り出してどうしたんですかあ。え……?お花見、ですかあ? んっ、二人きりでっ!?<br>わかりました。二人でいっぱい楽しみましょうね。",
    en=""
  },
  ["オキザリス(新春)"] = {
    jp="春ですね。新しい花騎士がどれだけ入ってきても、団長さんは私のことを置き去りにしないでくだ……<br>って、団長さん出かけちゃうんですか?ふぇえ、待ってよぉ!",
    en=""
  },
  ["マネッチア"] = {
    jp="寒いの終わって、植物も動物も元気いっぱい!<br>街を歩いてる人たちも、とっても楽しそうでみなさんおしゃべりに夢中ですよ。<br>やっぱり平和って楽しいなぁ~。マネッチアも負けてられませんね、団長さま!",
    en=""
  },
  ["ブバルディア"] = {
    jp="最近暖かくなってきたからって、あんまり薄着しちゃあ駄目だよ?<br>油断してたらすぐ風邪引いちゃうんだから。気をつけてね。",
    en=""
  },
  ["ヤツデ"] = {
    jp="今年も前途有望な騎士たちが大勢入団してくるだろう。団長さん?彼女たちの為にも判断だけは間違えてくれるなよ?",
    en=""
  },
  ["シンクライリアナ"] = {
    jp="知らなかったの…。春ってこんなに賑やかなんだって…、<br>また、一つ団長さんに教えてもらっちゃったの…。",
    en=""
  },
  ["ブルーエルフィン"] = {
    jp="団長、お仕事が一段落したらお花見連れてってよ!私頑張るからさ。ねえお願い、いいでしょ~?<br>一緒にお弁当食べたり、お昼寝したりしようよー。きっととっても素敵な時間を過ごせるから!",
    en=""
  },
  ["クラリンドウ"] = {
    jp="スンスンッ……これはっ! 団長さんの匂い! あっ、やっぱりここにいましたね!<br>えへへ♪ 大勢でお花見してても、団長さんの居場所は分かりますよ! だから、はぐれても安心です♪",
    en=""
  },
  ["ポインセチア"] = {
    jp="だんちょ? わたし、お花見行きたいな。綺麗に咲いてるし、きっと楽しいと思うの。<br>それに、団長と一緒なら、ホ―リーちゃんも安心するし。ねぇ、連れてってよぅ。",
    en=""
  },
  ["ハツユキソウ"] = {
    jp="ポカポカ陽気の春……。暖かいのは好きですよ、故郷を思い出しますから♪<br>……ぅっ……うぅぅ……ぐす……帰りたいよぉ……なんだか辛くなってきちゃいました~。",
    en=""
  },
  ["ハツユキソウ(クリスマス)"] = {
    jp="夜のお花見って、風情があっていいらしいです。見に行こうって思ったんですが……<br>きっと私が行ったら「季節外れの雪女」とかなんとか噂されるに決まってるんです。はぁ…………不幸。<br>え? い、一緒に行ってくれるんですか? いよっしゃー! 一発大逆転ですよー!!",
    en=""
  },
  ["ポインセチア(浴衣)"] = {
    jp="春はオバケもあったかいって感じるのかなぁ? うーん……気になるな~……。<br>団長? ちょっと聞いてくるねっ。",
    en=""
  },
  ["ホーリー"] = {
    jp="最近、団長をどう思えばいいかわからないの…考えるだけで胸が苦しいのに、そばに行くと、なんだか浮かれちゃうし。<br>まさか自分の心が分からないなんて、びっくりだよ~。",
    en=""
  },
  ["ホーリー(水着)"] = {
    jp="花騎士のみんなとお花見? ……うん、私も行ってみたいかな。<br>えっ? 嫌そうな顔するかと思ってた? あっはは……まあ、なんていうかさ。<br>……案外、猫被ってなくても楽しく過ごせそうだなーって。最近、たまにそう思うようになったんだよね。",
    en=""
  },
  ["アロエ"] = {
    jp="おばあちゃんが言ってたんだけど、将来結ばれる人とは赤い糸で繋がってるんだって!<br>私の糸はね、きっと団長ちゃんと繋がってると思うの!な~んてね!",
    en=""
  },
  ["アロエ(バレンタイン)"] = {
    jp="団長ちゃん! 手が空いたんなら、一緒にお花見に行こっ!<br>油断すると、時期が終わっちゃうから早めに行けって、おばあちゃんもいつも言ってたんだ!",
    en=""
  },
  ["ロウバイ"] = {
    jp="今みたいな暖かい日に、机で居眠りしたことがあったんです…。<br>起きた時に気づいたんですけど…、自分の胸を枕にしちゃってました…。",
    en=""
  },
  ["ストレリチア"] = {
    jp="ストレリチア様とお花見に行きたいです。はい、復唱しなさい。<br>いいから早く、そうすれば、一緒に行ってあげないこともないわ。<br>うぅ、い、行きたくないなんて、言わせないんだから。",
    en=""
  },
  ["ベルゲニア"] = {
    jp="暖かいとつい気が緩みがちです。ですが油断をしてはいけません。<br>騎士団に季節は関係無いんですから……私も鍛え直さないと。",
    en=""
  },
  ["ベルゲニア(ゴシックメイド)"] = {
    jp="団長殿?気持ちいいからと言って、寝ないでくださいね。<br>寝てしまわれると、スケジュールに狂いが出てしまいます…。",
    en=""
  },
  ["ツキトジ"] = {
    jp="も~サンカクサボテンちゃんも、2人のことあんな叱らなくていいのに~。<br>こんなポカポカなのにもったいない。私、ちょっとお昼寝に誘ってくるね~。",
    en=""
  },
  ["カランコエ"] = {
    jp="お……お花がたくさん咲いてる!こぉんなの初めて見た!ハカラメにも教えてあげないと!私、ちょっと行ってくるね?",
    en=""
  },
  ["クリスマスベゴニア"] = {
    jp="ワタチョロギさんと街を歩いてたら、不思議な事があったのです。<br>団長さまのお友達って人が話しかけてきて、団長さまが呼んでるからってわたくしを路地裏に連れて行こうとして……<br>そしたら羊さんたちがいきなりその人を突き飛ばしたのです。何だったのでしょうか?",
    en=""
  },
  ["リトープス"] = {
    jp="春といえばお花見だっていうのは知ってるけど……わたし、あんまりやったことないの。産まれた村には雪と岩しか無かったから。<br>だから、お花見の楽しみ方、わたしに教えて?団長さん。",
    en=""
  },
  ["セルリア"] = {
    jp="「春」という言葉には、様々な語源があります。草木の芽が張るからという説。田畑を墾る季節。<br>そして、晴れの日が転じた説。団長さんはどれが本当だと思いますか?",
    en=""
  },
  ["セルリア(きぐるみ教師見習い)"] = {
    jp="街へ行ったら結婚式の準備をしている新婚夫婦を何組か見かけました。やはりこの季節は多くなりますよね。私も将来は……なんて♡<br>はっ、ご、ごめんなさい!ただの独り言です!絶対、まずは相手が必要ですよね。うふふっ。",
    en=""
  },
  ["チューベローズ"] = {
    jp="うえ~、苦~い!お酒って美味しくないよ~。お花見だし、危なそうだし、ペロッてしてみただけなのにぃ……。<br>はぁ~ぁ……もっと大きくなったら美味しくなるのかなぁ?団長はどうだった?",
    en=""
  },
  ["ウェルウィッチア"] = {
    jp="世の中では花粉症というものが流行っているらしいが、外に出なければどうということはない…<br>と、思っていたんだけど…メイドさんが換気のために窓を開け締めするから…へ、はぇ、へっしゅん!",
    en=""
  },
  ["ノラナ"] = {
    jp="ブロッサムヒルでは、この時期辺りから冷たい食べ物が出てくるんですね。<br>素麺や冷やしラーメンが好きなんですけど、国が違えば味も変わりますから、今から食べに行くのが楽しみなんです。<br>わたし好みのさっぱり系だと嬉しいですね。",
    en=""
  },
  ["ハイビスカス"] = {
    jp="なんかね!レッドジンジャーが『お花見』ってのをするんだって! でも、不思議だよねぇ。ごはんと飲み物を食べるのに『お花見』っていうの。<br>…え!?花を見るものなの?ごはんじゃなくて!? し、知らなかった…。",
    en=""
  },
  ["クレナイ"] = {
    jp="眠くなってきたわぁ~。ねぇ…一緒に寝ない? うふふっ、そういうイミじゃなくてぇ♪",
    en=""
  },
  ["アジサイ"] = {
    jp="暖かくなってきたせいか、害虫も活発になってきたわね。こういう時が一番危ないのよ。<br>また来年も春を迎えられるように、お互い気を付けていきましょう?",
    en=""
  },
  ["グラジオラス"] = {
    jp="マスター、もしも私がぼうっとしてたら、叩き起こしてくれますか? 弱い自分を克服しなくては…!",
    en=""
  },
  ["キキョウ"] = {
    jp="春は出会いと別れの季節。別れを悲しむより、新たな出会いに感謝する方が良いわ。<br>別れた人たちにも、新たな出会いがありますようにって、神様にお祈りしてるの!",
    en=""
  },
  ["ヒマワリ"] = {
    jp="春は、出会いと別れの季節ですね。でもわたし、団長さんとはもう出逢ってますし、別れるつもりもないですよ? ずっと一緒が一番です!",
    en=""
  },
  ["ガイラルディア"] = {
    jp="春の新色ってもうお店に並んでるんだねー。ヘレニウムと見て来たけど、結構可愛くて、つい買っちゃった♪<br>今度は団長と買い物に行きたいなー。",
    en=""
  },
  ["ヘレニウム"] = {
    jp="団長さんがもし……もしですよ? 結婚式を挙げるなら、いつがいいと思います?<br>私だったら……夏に入る前の、雨の多い時期がいいです。幸せなお嫁さんになれる気がして……きっと、旦那様も優しいでしょうから。<br>……ね、団長さん♪",
    en=""
  },
  ["ガザニア"] = {
    jp="団長様、もし手が空いたのなら、一緒にお花見なんてどうでしょう。きっと楽しいと思います。ええ、とっても。",
    en=""
  },
  ["フジバカマ"] = {
    jp="団長殿、今日は早めに鍛錬を済ませようと思います。<br>ですからその……鍛錬が終わったら、私と一緒にお花見に行ってはくれませんか?<br>二人で並んで歩けば、きっと普段と違う風景が見られるような気がするのです。",
    en=""
  },
  ["ルドベキア"] = {
    jp="春だぁーーーーっ!!!ようやく来たよ!春だよ春!寒いの嫌だし、冷たいの嫌だし、ん~長かったぁ。<br>団長、お外行こう?部屋に閉じこもってたら勿体ないよ!",
    en=""
  },
  ["ヘレニウム(イースター)"] = {
    jp="団長さぁん、春だからお出かけしたいのは分かるんですけどバニー服のままなんですかぁ?<br>うぅ~恥ずかしいです。皆が見てきますから。えっ?行くのは個室のお店なんですか!?絶対に行きます!",
    en=""
  },
  ["ルドベキア(忍者)"] = {
    jp="えへへ♪ アキ姉に……膝枕してもらっちゃった♪ ちょっとだけ硬かったけど、すっごく幸せだった!<br>……そうだ、団長も今度してもらおうよ?団長ならモヤモヤもしないし、きっと大丈夫!",
    en=""
  },
  ["ヘリクリサム"] = {
    jp="私、春って大好きなの。だって、みんなが笑ってくれるもん!<br>あったかくなると、気分も明るくなるから、騎士団の中も街の中も、素敵な笑顔でい~っぱい♪<br>そういうのを見ると、とっても幸せ~…って感じちゃうの♪",
    en=""
  },
  ["チトニア"] = {
    jp="暖かくなってきましたがこういうときこそ気を抜いてはいけません。<br>気を抜くと…ふわぁ…し、失礼しました。 きょ、今日は暖かいですね!",
    en=""
  },
  ["ソリダスター"] = {
    jp="雪も融けてきましたし、これで遠くまで遠征することができます。積雪で調査を諦めていた場所があったので、早速出掛けてきますね~?<br>もしそこで新たな発見ができれば……はぁ~♪ 考えただけでワクワクしてきちゃいます~♪",
    en=""
  },
  ["シルフィウム"] = {
    jp="惰眠をむさぼる団長のために、私が見張りにつくことになった。<br>眠ったら、槍で突き抜くから、覚悟して仕事するように。",
    en=""
  },
  ["レッドジンジャー"] = {
    jp="大丈夫? さっきから眠そう。少し眠ると良い。みんなの事は私が見ておくから。<br>たまには君も休んで……ね?",
    en=""
  },
  ["クルクマ"] = {
    jp="ひなたぼっこの、気持ちいい季節になってきましたね。<br>えへへ…。そ、その…寄りかかってもいいですか?べ、別に、深い意味はないんですけど…。",
    en=""
  },
  ["スイレン"] = {
    jp="少しずつ、薄着の方が増えてきましたね。<br>暖かい春とはいえ、気温があがってくると、暑く感じる日もありますし、ご主人様も、服装には気をつけてくださいね?<br>もちろん、バナナオーシャンに比べたら大したことはございませんが!",
    en=""
  },
  ["アカバナスイレン"] = {
    jp="新人さん達の希望に溢れた眼差し……素敵ですよね。<br>……まぁ、私は新人の頃から「瞳に輝きが宿ってない」って言われてましたけど……。",
    en=""
  },
  ["オオオニバス"] = {
    jp="団長さんは、あの木の下に人が埋まっているって話、知っていますか?<br>あれだけ綺麗な花を咲かせるんですし本当のような気がしてきますね。<br>でも試してみたいとは思いません。私が好きなのは木じゃないですから。うふっ♪",
    en=""
  },
  ["オオオニバス(ジューンブライド)"] = {
    jp="こんな日にお仕事してるなんて馬鹿らしいです。一緒に遊びに行きましょう、団長さん。そうすれば、その手がインクで汚れることもないですから。",
    en=""
  },
  ["スイレン(ジューンブライド)"] = {
    jp="ポカポカ陽気、お茶会日和ですねご主人様。お茶もお菓子も準備万端です。あとはあなたの命令次第。<br>他の花騎士さんをお誘いになりますか? それとも…わたしと一緒に? んふっ、どっちにしたいですか?",
    en=""
  },
  ["アカバナスイレン(成長する陰謀)"] = {
    jp="町の皆さんを見てると、デートとかしてて羨ましいなぁ……。私も、明るく団長さんを誘ってみたり♪<br>……でも、迷惑がられてしまったら…… はぅぅ~ん<br>こうやっている内に、春が終わっちゃいそう!",
    en=""
  },
  ["イブキトラノオ"] = {
    jp="春になると、やっぱり目立つわね…。何がって、バナナオーシャン出身の子達の事よ。早くバナナオーシャンも都市化させたいところよね…。",
    en=""
  },
  ["ヒメシャラ"] = {
    jp="わらわにとって団長以外の男など案山子と変わらん。熱心に迫ってくる様は滑稽を通り越し哀れにすら思える。<br>だが、団長の前に立つと……今度はわらわがそうなってしまう。<br>振り向かせたくて、振り向かせたくて……必死になってしまうのじゃ。",
    en=""
  },
  ["ヒメシャラ(クリスマス)"] = {
    jp="団長と二人きりの花見…しかし!我慢ならぬ!そなたが見るべき花はここにあるわらわじゃ!いかなる花よりも美々しく明るくきらびやかで可愛らしい!世界花よりもそなたを魅了してみせる!ゆえに!ゆえに!こっちじゃ、こっちを見るのじゃ団長~!",
    en=""
  },
  ["サカキ"] = {
    jp="春の象徴と言えば、やはり花でしょうね。こちらでは特にそう。カミを感じるほどに咲き誇っています。溢れるあの晴れやかさを、<br>我が身を取り込む事こそ、私は御花見の意義だと思います。勿論、楽しむのも大事ですけどね。",
    en=""
  },
  ["グリーンベル"] = {
    jp="春だからって、ボーっとしてませんか? も、もしかしてっ……胸を見てたんですか!?",
    en=""
  },
  ["レインボーローズ"] = {
    jp="もしよければ、お花見に付き合ってほしいの。小さな頃以来ずっと、ゆっくりお花を見る機会が無かったから。<br>久しぶりに、楽しい春の思い出を作りたいわ。",
    en=""
  },
  ["ゼフィランサス"] = {
    jp="なんだか、みんな恋してる気がするんだけど…♪ あったかい陽気のせいかな~?",
    en=""
  },
  ["ハブランサス"] = {
    jp="この季節は新しい花騎士の子が増えて、なんだか嬉しいです。<br>どんな子が来るのか。とっても期待してしまいます。",
    en=""
  },
  ["ヒルガオ"] = {
    jp="今日はあったかいですね!なんだか、おでかけしたくなってきましたよ! 団長さん、一緒にお買い物に行きましょう!楽しいですよ!",
    en=""
  },
  ["ヨルガオ"] = {
    jp="昔は、こんな暖かな昼下がりはアサガオやヒルガオと遊んでたわ。今、私の隣にいるのはお兄さん。うふふっ、私と遊ぶ?<br>あっ、私は夜の方が好きだから、また夜になったら誘うわね。",
    en=""
  },
  ["アサガオ"] = {
    jp="お花が綺麗に咲いてるね~! えっ!?お花見!? 行く行くー!お弁当持ってみんなで行こう!<br>孤児院の子供達も連れていってあげたいな~。みんなでワイワイするの、楽しいよ~!",
    en=""
  },
  ["ルコウソウ"] = {
    jp="んぅ~。春ってホントに素敵な季節ですよねー?暖かくて過ごしやすいし、笑顔の人もたくさんいて……私も笑顔になっちゃいます♪",
    en=""
  },
  ["カイコウズ"] = {
    jp="あたし、春の日差しって好きなんだぁ! あったかくて、やさしくて、きらきらしてて。あたしの夢とおんなじだなぁって思うんだ。",
    en=""
  },
  ["カサブランカ"] = {
    jp="おっと!?今のはかなり強かったな。春一番だろうか。<br>どうした?なぜそんなに顔を赤らめている?しかし、なんだか下半身が涼しいな。",
    en=""
  },
  ["ヤマユリ"] = {
    jp="王族には、様々な格式や尊厳がある。しかし、カサブランカ様は自由なお方。<br>その自由なカサブランカ様にお仕えするという事は、私が人一倍気を引き締めていかなければならないという事だ。<br>この麗らかな昼下がりにおいても、うたた寝などはできない。",
    en=""
  },
  ["オトメユリ"] = {
    jp="へっくしゅん!はぁ…春風と桜の花びらが私の鼻をくすぐって、イ、イタズラしてきます…。<br>団長さんは大丈夫ですか?くしゃみ出ちゃうと執務に集中できないと思いますし…あの、そういう時は私にも手伝わせて下さいね?",
    en=""
  },
  ["ヒメユリ"] = {
    jp="お花見…ですか? もちろんお供いたします!<br>警護は任せてください! 虫一匹たりともっ……え?……僕も一緒に参加? そんな! 恐れ多いです!<br>あっいえ…決して嫌などではなく……では……その……少しだけ…<span style=\"color:gray\">えへへ</span>",
    en=""
  },
  ["サンダーソニア"] = {
    jp="団長さん、私の音、聞こえますか?ううん違います、声じゃないんです。とくんとくんっていう、心臓の音。<br>団長さんの傍にいるだけで胸の鼓動が早くなって…初めて出会った時からずっとなんですよ。えへへ",
    en=""
  },
  ["ユリ"] = {
    jp="春一番。ふふっ、風向きはいつだって私の追い風になるのよ!強い風なら尚更の事!",
    en=""
  },
  ["カノコユリ"] = {
    jp="はあ~~、未熟! なんという未熟~!<br>お花見会場の酒気に中てられて眠りこけ、あまつさえ、殿下に膝枕をしていただき……<br>しかも! ああ~! しかも……お膝に涎を垂らしてしまうなど! 私は不忠者です~~!",
    en=""
  },
  ["ミルトニア"] = {
    jp="春だからでしょうか、お花や木々が元気すぎて、いろんなものを撒き散らしちゃってます。<br>私、先程から鼻水と涙が止まらなくて、頭がぼんやりで……ああ、おばあさまが見えます……♪",
    en=""
  },
  ["コランバイン"] = {
    jp="おねむでしゅか? 団長しゃん? そんな時は、このピエロにお任せでしゅ! <br>あてが出すライオンを抱き枕にすれば、ぬくぬくぐっすりでしゅ~♪ ……え? 実体無いから無理? あっ! ホントでしゅー!",
    en=""
  },
  ["レモン"] = {
    jp="えへへー。春といえば大宴会!場所取り、料理やお酒の用意、全部まるっとレモンちゃんにお任せー。<br>バナナオーシャン風の派手な進行で、親睦とか深めちゃおうねー。",
    en=""
  },
  ["タチバナ"] = {
    jp="春は、環境の変化に気を張らなければならない一方、穏やかな陽気につい眠気が誘われる季節です。<br>団長殿も、あまり無理はなさらないでください。休息もまた、仕事のうちです。",
    en=""
  },
  ["アンスリウム"] = {
    jp="こう暖かいと、眠くなるわねぇ…。団長様、少し外を歩かない?あんまり怠けていると、いざって時に体が動かなくなるわよ。<br>それに、新人さん達に私の可愛さを知らしめないと!",
    en=""
  },
  ["オシロイバナ"] = {
    jp="さっそく知らない男性から告白されちゃいました……。<br>っ、出会って間もないというか、出会ってすらないのに告白してくるなんて……。<br>ぐすっ、やっぱり何かの罰ゲームなんだ……。",
    en=""
  },
  ["オシロイバナ(きぐるみ花火師)"] = {
    jp="もうすっかりお花見の時期になりましたね。私…その、騒がしい中にいるのはあんまり得意じゃないんですけど、<br>みんなが楽しそうにしているのを、少し離れたところから見るのは結構好きですよ。",
    en=""
  },
  ["カラスウリ"] = {
    jp="こんなに暖かい気候だと、ゴロゴロひなたぼっこしながらプリン食べたくなるねぇ~……<br>団長は今日は忙しいの?執務室で仕事?そっか、じゃあ執務室でゴロゴロしながら、プリン食べようかな。",
    en=""
  },
  ["ペポ"] = {
    jp="駄目ぇ~ランタナちゃん、齧っちゃ駄目ぇ~~。……はっ!寝てたっ!寝てました!?……すいません。",
    en=""
  },
  ["ペポ(水着)"] = {
    jp="この後、ランタナちゃんからお花見に誘われているんです。えと、…団長さんも一緒にどうですか?ランタナちゃんもきっと喜ぶと思うんです!<br>私は…とっても喜びます!…えへへっ",
    en=""
  },
  ["ヘザー"] = {
    jp="団長、薬草のお粥って食べた事ありますか?<br>実は今日、二日酔いで起きたら、ヨモギが用意してくれてたんです。<br>荒れた胃にとても優しくてぇ……ああ~、また作ってくれないでしょうか……。",
    en=""
  },
  ["ツキミソウ"] = {
    jp="お花見ですかぁ。いいですねぇ。月の下で夜桜を見るのも一興です。ぜひ、行きましょう。",
    en=""
  },
  ["ツキミソウ(イースター)"] = {
    jp="春らしくてとてもいい陽気ですね、団長さん。……もしかして、少し眠いですか?<br>うふっ、それじゃあ、少しお昼寝などいかがですか?大丈夫。少しくらいなら、きっと誰も咎めませんよ。",
    en=""
  },
  ["ゴデチア"] = {
    jp="団長さん……あ、あの……これからピクニックに行きませんか?<br>二人きりでその……ご飯食べながらゆっくりしたいな、って……。うぅ……一緒に楽しく過ごせたら、嬉しい、です……。",
    en=""
  },
  ["アンゲロニア"] = {
    jp="ふふ~♪ 暖かくなってきたし、お外でのお茶会が捗りまくる~♪<br>ふわふわの風に吹かれて、お日様浴びて、可愛いみんなと可愛いコイバナに花を咲かせる……。<br>ふわぁ~♪ 今の比喩表現も、ぴったりで可愛い~♪ アンちゃんは文才もキュートだよ~♪",
    en=""
  },
  ["リシアンサス"] = {
    jp="春、それは青春の始まり!桜の木の下で、大きな約束をする日!<br>団長さんにも、そんな甘酸っぱいご経験があるのでは?さあ語らってもらいましょう♪<br>え、わ、私ですか?ないです、そんな経験してみたかったですけど……はい、この話はおしまい!今は団長さんのお話ですよー?",
    en=""
  },
  ["カタバミ"] = {
    jp="春は知らない人が多くてムラムラしてくるなー!団長も、新人さんを見てムラムラするのか?<br>そっかー!私とおんなじだなー!",
    en=""
  },
  ["カタバミ(七夕)"] = {
    jp="あったかくなってきたから、町中がイベントで盛りだくさんだぞぉ!団長、一緒に行こうよ!絶対絶対面白いからさ!",
    en=""
  },
  ["サオトメバナ"] = {
    jp="四季にはそれぞれ色がある。冬には玄、秋に白、夏に朱といった具合に。<br>では団長、春は何色だろうか。答えられれば、私の膝、貸してやってもいいぞ?",
    en=""
  },
  ["クチナシ"] = {
    jp="夜桜を見ながら呑むのは素敵なのですが、春の夜は結構冷えますから注意が必要ですね。 <br>うっかり外で寝てしまって、翌日風邪を引いてしまうかもしれません。去年の私が、そうでした…(照",
    en=""
  },
  ["キヌタソウ"] = {
    jp="お花見のお弁当なら私が作りますから、出店で変なもの食べたりしちゃダメですよ?<br>ああいうのは結構なお値段するくせに、きっと美味しくもなくて、その上体に悪いものが入ってたりするんです。<br>そんな無駄遣いは許しません!分かりましたか?",
    en=""
  },
  ["サンタンカ"] = {
    jp="うーん、街でですねー、春のお祭をやってたんですよ。それで私も、飛び入りで踊ってみたんですけど、追い出されちゃったんですよねー。<br>何がダメだったんでしょう?",
    en=""
  },
  ["アカンサス"] = {
    jp="見えないもの……美しいもの……想いの結晶……好きな方との、好きの証……。あぁ……わたくし、何を言って……?<br>木を、彫りながら、野良猫の、声を、発情もしていて……。そのせい、でしょうか……?わたくし、眠いのに、変な気分になっています……。団長さぁん……。",
    en=""
  },
  ["ベロペロネ"] = {
    jp="うわ~、やっぱりこの季節になると事務作業がてんこ盛りね? 全部団長くんが処理しなくちゃいけないの?<br>……代理の人がやってもいいなら、半分くらい私にちょうだい?もちろん、お礼はしてもらうわよ?お仕事が終わったら、一杯奢ってね?",
    en=""
  },
  ["ディプラデニア"] = {
    jp="お花見にかこつけて、目当ての女性を連れ込む人がいるそうですね。<br>……いえ? だからどうということはないですよ?団長さんに期待なんてしてません……。",
    en=""
  },
  ["プルメリア"] = {
    jp="今は団長さんがいるから安心ですけど、春になると、昔のディプラデニアちゃんは大変だったんです。わたし、何度も引き止めて……叩いたこともありました。",
    en=""
  },
  ["ニチニチソウ"] = {
    jp="ロータスレイクも、春はこんな感じにお花が満開なんでしょうか?<br>……なんかすっごく気になってきました。スイレンさんに聞いてみます!",
    en=""
  },
  ["プルメリア(ジューンブライド)"] = {
    jp="お仕事が終わったら、一緒にお花見に行きませんか? 実は、お弁当作ってきたんです。<br>団長さんが喜んでくれたら、嬉しいです!",
    en=""
  },
  ["ランタナ"] = {
    jp="春は愉快なのが増えるねぇ…… あ、私? いつものことじゃん♪<br>今日もお腹がスパーキン!……すりゅの~~",
    en=""
  },
  ["ランタナ(花祭り)"] = {
    jp="騎士学校の新入生……危ない、危なすぎる!<br>あのまま勉強と訓練して卒業して、そして……ここに来る。<br>そしたら、そしたら……あっあああ! ダメ、危な~い!<br>新人達からあたしのだんちょを守らないと! それができるのは、このランタナだけ!!",
    en=""
  },
  ["フォックスフェイス"] = {
    jp="新しい生活を始めた子達を色んな場所で見るわ。みんな明日だけを見て、目がキラキラ輝いてた。<br>団長と会う前はあんな目はもう出来ないと思ってたけど……おかげ様で、少しは改善出来てると思うわ。",
    en=""
  },
  ["ベラドンナ"] = {
    jp="明るいうちのお花見もいいけれど、夜のお花見もなかなかいいものよ。時々深夜に外に出て散歩するの。そんなんだから悪い噂が流れちゃうのかしらね。",
    en=""
  },
  ["ワルナスビ"] = {
    jp="伝説の花束を盗もうとしたのだが、またカーパスに。あの探究者が妨げを……。いつか絶対に出し抜いてやるからなぁー。<br>え? この花束? その時に現れた害虫を倒したら子供たちからお礼に貰ったのだ。キレイだよねぇ~。",
    en=""
  },
  ["ハバネロ"] = {
    jp="この間、憲兵隊でお花見に行ったんだ。<br>今日は無礼講だといったら、みんなで酔ったふりをして、私の体を触りに来て……<br>危うく全員捕まってしまうところだったんだ。",
    en=""
  },
  ["ワルナスビ(ハロウィン)"] = {
    jp="怪盗ナイトシェードが盗むのは、形あるお宝だけではない! 形の無い……そう、時間や空間すら奪ってみせるのだ!<br>……という訳で、我とスクワイアはお花見の場所取りに行ってくる! 決して、カーパスとメギに挑発された訳ではないからな!",
    en=""
  },
  ["ホップ"] = {
    jp="そういえばさぁ~?色々言われてるけどさ~、『飲みニケーション』の効果ってぇ、馬鹿になんないと思うわけよぉ~。<br>緊張をほぐす意味じゃあ、アリだと思うしぃ~。団長はどう考えてる~?",
    en=""
  },
  ["ホップ(温泉浴衣)"] = {
    jp="だんちょ~、満開の花を見ながら入れる露天風呂があるんだって!<br>行こうよ行こうよぉ一緒に行こうよ~、そんなの絶対お酒が美味しいに決まってるよぉ! ねぇ?行こう?",
    en=""
  },
  ["マンリョウ"] = {
    jp="私、団長さんと一緒にお花見に行きたいです!その…二人っきりで…。<br>団長さんが傍らにいてくだされば、どんな宴より酔ってしまうと思いますから…。",
    en=""
  },
  ["マンリョウ(ジューンブライド)"] = {
    jp="私、家族以外とお花見に行ったことがないんです。もし、団長さんが連れて行ってくれれば、それはつまり…私の初めてということで……えっと、どう、でしょうか。",
    en=""
  },
  ["センリョウ"] = {
    jp="春はお花の季節でもあるけど、虫の季節でもあるんだよね~。麗らかな日差しに微睡んでる暇さえないねぇ。",
    en=""
  },
  ["センリョウ(クリスマス)"] = {
    jp="えいっ♪つんつん♪ えっへへ、団長、すごく眠たそうな顔してたよー?<br>かわいくて、ついちょっかい出しちゃった♪",
    en=""
  },
  ["カカオ"] = {
    jp="春は恋の季節って聞きました、少し前ならよくわからなかったけど今はわかります。<br>団長さんのことを考えるとドキドキするこの感じ。<br>これがきっと恋で、えへへ、大人な感じで嬉しいです",
    en=""
  },
  ["ギンバイソウ"] = {
    jp="騎士学校の新入生ちゃんたちに、ハサミとノリをプレゼントー!<br>友達も作れて、害虫も倒せる!万能ツールだもんねー!",
    en=""
  },
  ["エケベリア"] = {
    jp="うふふ♪ これから小さい子達とピクニックなの♪ みんなお姉ちゃんと一緒がいいのね~♪<br>団長くんも一緒に来る? 大きい弟君も歓迎しちゃうわよ?",
    en=""
  },
  ["ポーチュラカ"] = {
    jp="満開のお花を見るとねぇ、春になるとみんなはるばるやって来るんだよ。 さぁ団長、私達もいっしょにお花見するんだよ!",
    en=""
  },
  ["ザクロ"] = {
    jp="宴会シーズン到来!今年はねぇ、お酒にチャレンジしようかなって思うんだ!それで、誰かに教えてもらいたいなって……<br>ふふん、だーんちょ?団長なら変なこととか、お持ち帰りとかもしないと思うし……お願い、できるかな?",
    en=""
  },
  ["キウイ"] = {
    jp="夜のお花見、うん、ロマンチック!みんなで騒ぐんじゃなくて、こう……好きな人と二人っきりで……あー!あーーー!!",
    en=""
  },
  ["ライオンゴロシ"] = {
    jp="がおー!春は害虫の動きも活発になっちゃうのにゃん。ありゃりゃ、団長は、討伐でお疲れみたい。<br>でもいざとなったら、あたしがおんぶしてあげるから安心にゃん。",
    en=""
  },
  ["セリ"] = {
    jp="花見?そうか、私に場所取りを頼みたいのだな!頼ってくれてるようで何よりだ!<br>では早速…ん?…いっしょにいかないかって…そ、それではまるで!え、いやいや!拒む気はない!ないが…!<br>あ、あううぅ~",
    en=""
  },
  ["サラセニア"] = {
    jp="団長ちゃん、一緒に落とし穴掘りにいかない?害虫が落ちるくらいの落とし穴って、掘るの大変なんだよねー。<br>でも、この時期の害虫は結構小さいのもいるから、割と狙いめなんだよー。",
    en=""
  },
  ["シバザクラ"] = {
    jp="この時期は皆さん毎日のように宴会をしているので、私にとっては賑やかでとっても嬉しいです。<br>これなら絶対一人ぼっちになることはないですから。",
    en=""
  },
  ["セアノサス"] = {
    jp="お花見を企画してるの?もちろん行くわよ!うふふっ♪大勢で楽しめる行事ってだけでわくわくしちゃう。早く当日が来ないかな。",
    en=""
  },
  ["グーズベリー"] = {
    jp="春になってから、笑顔の人をよく見かけるようになりました。皆さん、とても喜んでいるみたいです。<br>私がジャグリングを披露した時と違う喜び方ですけど……笑顔を見ていると、やっぱり嬉しくなっちゃいますね♪",
    en=""
  },
  ["スキラ"] = {
    jp="団長、お花見には行った? まだなら、いい所を紹介するわ。<br>わたしの家が、代々引き継いできたお花見スポットがあるの。特別に招待してあげるわ!<br>きっとあの光景を気に入るはずよ!",
    en=""
  },
  ["アブラナ"] = {
    jp="なに眠そうにしてんのよ!そんなんじゃ、新米騎士たちに馬鹿にされるわよ?<br>あんたがそんなんじゃ、一緒にいるあたしまで馬鹿にされるんだから、しゃんとしてよね!",
    en=""
  },
  ["イベリス"] = {
    jp="お花見で酔っ払えば、団長さんに介抱してもらえる…。そこでこう…しんだれかかって、おっぱいを押し付ければ…<br>よし…よし、完璧な作戦。…あっ、私まだ…お酒飲んじゃダメでした~!",
    en=""
  },
  ["イベリス(クリスマス)"] = {
    jp="えへへ~♪ 地元に帰って、赤ちゃん抱っこしてきました。<br>「私みたいに可愛くなってほしいから」って、近所のお姉さんにお願いされちゃったんです~♪",
    en=""
  },
  ["ムラサキハナナ"] = {
    jp="毎日宴会続き……。団長さまは、大丈夫ですか?<br>前に本で読んだことがあるんですけど、お酒ばっかり飲むのは、あまりよくないみたいです。<br>ちゃんとおつまみとかも食べたほうが、悪酔いとかしないそうですよ?",
    en=""
  },
  ["フリージア"] = {
    jp="最近は毎日のように、お外で宴会が開かれてますねぇ。<br>団長さんはもう参加しましたか?もし、まだなら、フリージアと一緒に宴会しましょう!<br>その…二人っきりでも、いいですよ?エヘヘ",
    en=""
  },
  ["イキシア"] = {
    jp="え、お花見するの? だったら私が準備と場所取りをしておくね。<br>面倒なことでも進んでやる、リーダーになるならそのくらいの心意気がないとね。",
    en=""
  },
  ["セントポーリア"] = {
    jp="過ごしやすい季節になりましたね~。団長さんは、どの季節が一番お好きですか?",
    en=""
  },
  ["セントポーリア(きぐるみのんびり貴族)"] = {
    jp="日光浴をしているトリさん、よく見かけますから~、わたしも一緒に、日向ぼっこをしたいと思います~。<br>この姿でトリさんとお日さまを浴びるの、とっても楽しそうです~。",
    en=""
  },
  ["マーガレット"] = {
    jp="おいお前!何してるのだ!早く来い!このポカポカ陽気の中で、昼寝でもしていたのか?",
    en=""
  },
  ["ダリア"] = {
    jp="アカシアに花見に誘われたんだけど、団長もどう?<br>たしかに、大勢の花騎士達が集まると思うと、ちょっと憂鬱よ?<br>だけど、あの子の誘いだもの。勿論行くわ。",
    en=""
  },
  ["ローダンセ"] = {
    jp="団長!この陽気だと、眠くなるのも時間の問題です!その前に体を動かして、眠さをふっ飛ばしましょう!<br>さぁさぁ、一緒にトレーニングですよー!",
    en=""
  },
  ["キンセンカ"] = {
    jp="カレンデュラちゃんも春の訪れを感じているでしょうか? 眠くなって欠伸をしてるかもしれませんね?<br>ふ……ふゎ~~ぁ……言ってたら、私のほうが欠伸しちゃいました~。",
    en=""
  },
  ["カウスリップ"] = {
    jp="うぅ~わぁ……。外の風が、マジトルネード級なんですケド……。見るだけでテンサゲだわ……。<br>こんな時外 出たら、絶対メイク崩れんじゃん。ドスッピンにマスクの方がいいくらいだよ……。",
    en=""
  },
  ["カウスリップ(メイド)"] = {
    jp="ううっ。少し動いただけで、ブラまで濡れるほど汗かいちゃったぁ! メイド服って結構暑いんだね。夏用の準備を急いだほうがいいかも。<br>ついでに採寸もし直そうかな。多分、おっぱいが大きくなってるし。それともだっさんが測る? 数字を見ても鼻血出さないでよね♪",
    en=""
  },
  ["アナガリス"] = {
    jp="春ならではの、おススメの観光スポットがいっぱいあるんです。<br>ブロッサムヒルの良さを知ってもらえる絶好の季節なので、観光に来てくれた皆さんをなるべく沢山のスポットに案内出来るように頑張ります~。",
    en=""
  },
  ["サボテン"] = {
    jp="寝てない…よ?起きてるよ…?けど、眠くなる気持ちは…わかる…",
    en=""
  },
  ["サボテン(フォスの花嫁)"] = {
    jp="暖かくなってくるの……嬉しい。私も……元気になる。",
    en=""
  },
  ["ホシクジャク"] = {
    jp="夏や冬はちょっと苦手だけど、春は元気が湧き上がってくるんだ。<br>だから、この時期はなんでもやっちゃうよ!団長さん、なにかして欲しいこと、あるかなあるかな?",
    en=""
  },
  ["ホシクジャク(水着)"] = {
    jp="春一番が吹くって事は、もうすぐ春がやってくるんだよね!<br>はぁぁ、待ち遠しいなぁー、早く暖かくならないかなぁー",
    en=""
  },
  ["スズラン"] = {
    jp="春は別れの季節といいますけど、わたしには理解できません。だって、私は誰と別れても、捨てられても、裏切られても平気ですから。<br>団長さんが隣にいてくれる限りは……そして団長さんは、永遠にわたしと一緒……そうですよね?",
    en=""
  },
  ["スミレ"] = {
    jp="のんびりしてたらもう春が来ちゃった!でも、緑が戻ってくると嬉しいよね!",
    en=""
  },
  ["ビオラ"] = {
    jp="春は命が生まれる季節だって、スミレお姉ちゃんが言っていました。<br>だから周りが賑やかできれいなんですね。すごいです。ふにー。",
    en=""
  },
  ["ビオラ(浴衣)"] = {
    jp="うぅ。ぅ~ぅ…ぁゃ別に眠くないですぅ。団長さんのお手伝いしてるんですから、眠くなんて…ないです…ぐずってなんかないですぅ……",
    en=""
  },
  ["コマチソウ"] = {
    jp="あったかくなって害虫がいっぱい出てきたー!団長!早くバラしに行こうよー行こうよー!<br>あたし、もう我慢できないんだよー!",
    en=""
  },
  ["シャボンソウ"] = {
    jp="街の人も、騎士団のみんなも、笑顔でいっぱい。まさに春の光景って感じだね。<br>団長さんも、ああいう風に笑ってくれると嬉しいな。私とおんなじ気持ち、一緒に感じてくれると私は幸せなの。",
    en=""
  },
  ["ハコベラ"] = {
    jp="ぽかぽか陽気ですっごく気持ちいいーっ♪なんだか駆け回りたくなっちゃうね。<br>団長おにーちゃんも一緒に走ろーよー。ねー!ねー!",
    en=""
  },
  ["イチゴ"] = {
    jp="うわぁ~い!団長さんとお花見ですーっ! 大人数で楽しくわいわいするのもいいですけど、二人でのんびりするのもいいですね。",
    en=""
  },
  ["ウメ"] = {
    jp="新米で賑わっているなー 団長さん早速見込みのある若者をチェックか、私だってまだまだ負けないぞ",
    en=""
  },
  ["バラ"] = {
    jp="春は新しい出会いの季節ね。どんな新人が来ても舐められてはダメよ。あなたは私が認めた完璧な団長さんなのだから。",
    en=""
  },
  ["サクラ"] = {
    jp="春は私たちの季節、って感じがするわよね~。ウメちゃんも、毎日キラキラしていて、素適なのよぉ。",
    en=""
  },
  ["ユキヤナギ"] = {
    jp="いろんな世界を見に行きたいですね、この春風に乗って。<br>どんな見知らぬ場所でも行ける気がします。…人間が住めないような場所にだって。<br>そりゃあもちろん、団長さんも一緒ですよ!",
    en=""
  },
  ["モモ"] = {
    jp="春は命が芽生える季節。私と団長様の間にも……って、まだちょーっと早いわね。私はもう少し、団長様と二人っきりがいいもの。",
    en=""
  },
  ["ハナモモ"] = {
    jp="団長様今日は日差しが気持ちいいですわ。こう言う日はデートにピッタリと姉様が言っていましたの。<br>団長様もそう思いません?えへへ、勿論デートのお誘いですわ!",
    en=""
  },
  ["サクランボ"] = {
    jp="春だからって、寝ぼけてちゃダメですよ?私も頑張りますから!",
    en=""
  },
  ["アプリコット"] = {
    jp="春の3ヶ月の事を、「発陳(はっちん)」って言います。<br>古いものが外に出て行くって意味で、何事も積極的に活動することが養生法なんです。<br>……なので、あの……いつもよりたくさん、私を、甘やかしてくださいね。",
    en=""
  },
  ["ハナモモ(ジューンブライド)"] = {
    jp="ふふっ♪結婚式シーズンですわね、団長様♪この青空の下で、きっとたくさんの愛が誓われてますの。はぁ~、はやくあたしも結婚したいですわー。",
    en=""
  },
  ["ウメ(浴衣)"] = {
    jp="昼日中の穏やかな花見も良いが、冷えた夜風に吹かれて、酒を啜りながらの花見も悪くないと私は思うよ。",
    en=""
  },
  ["サクラ(エプロン)"] = {
    jp="暖かいお空の下に、皆で集まって、どんちゃん騒ぎ。<br>お花がかわいそうってそういうのもわかるけど…。私は明るいお花見の方が好きかなぁ~。",
    en=""
  },
  ["アプリコット(クリスマス)"] = {
    jp="今日はぬくぬくであったかいですねぇ。<br>少しだけこのまま、お昼寝しちゃいませんか?こんなにも、天気がいいんですから。",
    en=""
  },
  ["カンヒザクラ"] = {
    jp="ぜぇ~はぁ~。……勝ちましたぁ。アイビーに勝ちましたーー!騎士学校の入学式に出席する……サクラお姉ちゃんとウメ師匠のお供。<br>腕相撲でなんとか……譲られた気もしますけど……私は勝ちましたわぁーー!",
    en=""
  },
  ["サクランボ(ジューンブライド)"] = {
    jp="すぅ……はぁ……パ……だ、団長さん、えっと……お願いいいですか?<br>私、その……さっきから瞼が重くて……。このままじゃお手伝い難しそうで、なので膝枕を……<br>え?かたいからやめた方が良い?も、問題ありません、それがいいんです!",
    en=""
  },
  ["アマリリス"] = {
    jp="す、すみません。ちょっと待ってもらっていいですか?強風で、髪の毛が絡まっちゃって……。<br>あぁ~もう、急いでるのになんでよ~。……と、取り乱してなんかないですよ。身だしなみは貴族の嗜みですから。",
    en=""
  },
  ["キルタンサス"] = {
    jp="えっ?今度の休日に、お花見?いっ、行く!ちょうど次の休日は予定が空いてたの…たまたま!ほんとにたまたま!<br>……あぁ、みんなで行く?そう、そうよね……<span style=\"color:silver\">はぁ……</span>。",
    en=""
  },
  ["イフェイオン"] = {
    jp="お花見行くなら、お弁当はわたしが作るよ?変なもの食べて、団長が病気になったら大変だし…。<br>理由はそれだけ…。か、勘違いしちゃダメだから。うん、ダメ…。",
    en=""
  },
  ["イフェイオン(メイド)"] = {
    jp="お母さん……どうしてわたしには、発情期がないのかな?<br>野良猫とか、野良犬を見てると……少し、うらやましい。<br>あんな風に夢中になれれば、苦しいのなくなるのに……。",
    en=""
  },
  ["ヒノキ"] = {
    jp="なんでこんなに眠いの~?春だから~?<br>んむぅ、じゃあしょうがないよ~、春だもん。……春だもん……春だ……むにゃ……。",
    en=""
  },
  ["レンゲソウ"] = {
    jp="団長が仕事中にウッカリ寝てしまって、起こしてほしい時があったら、ワタシに言うアルヨ!そしたら、急いで起こしてあげるネ!<br>…あっ、寝てる時は「起こしてほしい」って言えないアルネ…。寝てたらワタシが勝手に起こすアル!どんな手段を使ってでも!!",
    en=""
  },
  ["アカシア"] = {
    jp="さてさて、才能溢れる新人さんはいないかな~。この緊張感、夏が来るまで維持できる子はどれだけいるんだろうな……。",
    en=""
  },
  ["ハリエンジュ"] = {
    jp="春は引っ越しが多くてな、大きい荷物が増えるんだ。おかげで肩が痛くて困るよ。ん…あぁ…マッサージしてくれるのか?…あ…ありがとう…",
    en=""
  },
  ["ルピナス"] = {
    jp="春は暖かくついつい気が緩みがちですが、規則正しい生活を心がけていきましょう。ちゃんと夜寝て、朝起きていますか?<br>では、しっかり起きられようになるまで、私が団長さんを起こしにいきますよ。",
    en=""
  },
  ["キヌサヤ"] = {
    jp="騎士団の連中がピクニックに行くと言っている。暢気なものだな。<br>……ハッ! すまない。言葉に棘があったな……大丈夫だ、腹を立ててはいない。私は私、皆は皆。それだけだ。",
    en=""
  },
  ["エニシダ(クリスマス)"] = {
    jp="団長さん。お仕事が終わったら、一緒にお花見なんてどうですか?<br>ああ!場所取りなら問題ありません。箒に乗って、二人で空からお花見です♪きっと綺麗ですよ",
    en=""
  },
  ["アカシア(新春)"] = {
    jp="ちょうど手が空いたんだけど、団長は?よかったら、今のうちに二人でお花見なんてどう?すっごい綺麗な景色が見られる、穴場スポットを見つけたの。",
    en=""
  },
  ["ハクモクレン"] = {
    jp="春は、気がたるむ季節と言われている。だが、騎士にとって、春眠も五月病も関係ないものだ。たゆまぬ訓練が丈夫な精神を宿すのだ!",
    en=""
  },
  ["ナイトメア(カタクリ)"] = {
    jp="ねえねえ団長さん!私、新しいスキル考えたの!攻撃した瞬間に、花びらが舞って……カッコよくない?<br>と、言うわけで、団長さんは花吹雪を投げる係ね!",
    en=""
  },
  ["コチョウラン"] = {
    jp="お花見はいかがですか?場所取りからお食事の用意まで、お任せください。",
    en=""
  },
  ["アネモネ"] = {
    jp="この季節になると新人さんも多く見かけるね。希望を抱く人達を見るのは嫌いじゃない。いいなって思う。<br>だから、来年の春も今みたいに手を取り合っていて欲しいな。",
    en=""
  },
  ["クリスマスローズ"] = {
    jp="皆さん外で楽しそうに笑っていますね。<br>街の人達も春の陽気に元気が増して暗い顔なんて一つもなくて。<br>団長さんと一緒にこの光景を見られて、私……とても嬉しいです。",
    en=""
  },
  ["フクジュソウ"] = {
    jp="お花見行くんならあたしが弁当作るよ!出汁巻き玉子、好物だからたっくさん入れちゃおうかなぁ~♪<br>あっ、もちろん団長さんの好物も作るからさっ、リクエストあるなら早めにねっ♪",
    en=""
  },
  ["ラナンキュラス"] = {
    jp="あっれ~?団長ってば居眠りかな~?<br>ねぇねぇ、どんな気分?春の暖かさに負けてぇ、どんな気分~~?",
    en=""
  },
  ["ヒメリュウキンカ"] = {
    jp="お、お花見……ですか?いえ、嫌じゃないんですけど……いろんな人がいっぱい来てますよね、きっと。<br>んうぅー、緊張しますー!団長さーん、手を握っていてくれますか?",
    en=""
  },
  ["アネモネ(世界花の巫女)"] = {
    jp="出会いがあるから、別れがある…なんて、訳知り顔で言えるほどには、なってないけど、なんとなく、気持ちは理解できるようになったんだ。<br>色々あった昔の事だって、貴方と巡り会うために必要だったんなら、悪く無かったって、思えるよ。",
    en=""
  },
  ["アンリ(バイカカラマツ)"] = {
    jp="春の陽気のせいでしょうか…?体の中からメロディーが湧き出てくるような…そんな気がします。<br>団長さま、よろしければ一曲聞いてもらえますか?",
    en=""
  },
  ["アネモネ(光華の姫君)"] = {
    jp="招待状来てるよ。騎士学校から、入学式だって。多分…挨拶とかお願いされるんじゃないかな?大丈夫。ねっ、一緒に積極的になろう",
    en=""
  },
  ["アネモネ(天つ花の令嬢)"] = {
    jp="騎士学校の入学式に出席するときは…私に前もって、教えてね。身だしなみのチェックとか髪形のチェック、忘れ物のチェック…<br>貴方にしてあげたい事は山ほどあるから。もう少し頼ってもらえると…嬉しいな。",
    en=""
  },
  ["サザンクロス"] = {
    jp="花見?それが団長さんの願いか?まったく、仕方ないな。付き合ってあげるさ。",
    en=""
  },
  ["サザンクロス(温泉浴衣)"] = {
    jp="冬が過ぎて害虫の活動も活発になってくる。春は穏やかな日々を過ごせるだけじゃないということだ。<br>気を抜かずに行こう、団長さん。私達に休息など無い。",
    en=""
  },
  ["ウサギノオ"] = {
    jp="ぴょんぴょんぴょ~ん♪ 蝶々を追いかけてたら団長さんを見つけたうさー!<br>これも、はるのおぼしめし? 運命うさー!",
    en=""
  },
  ["ウサギノオ(ハロウィン)"] = {
    jp="春になったから、街中がうっきうきになってる! 笑って、笑いあって、お花みたいに笑顔がいっぱいうさー!<br>私も今すっごくそんな気分! ぴょ~んぴょん、ぴょ~んぴょん♪ うん、楽しいうさー!!",
    en=""
  },
  ["キンギョソウ"] = {
    jp="団長さん、街の服屋に髑髏の新作が入ったんだって。これは要チェックだよ!<br>そろそろ夏の髑髏も出始めてるし、一緒に買い物に行こ? 団長さんにピッタリの髑髏グッズも探してあげるよ♪",
    en=""
  },
  ["キンギョソウ(バレンタイン)"] = {
    jp="春は出会いの季節♪<br>……でも、新しい出会いの度に「その髑髏はなに?」って怪訝な顔をされるんだよー……。<br>……はあー、みんな髑髏の良さを分かってないんだから!",
    en=""
  },
  ["ツツジ(新人)"] = {
    jp="ふわぁ~……んぅ……あともう少しだけ……パパ……<br>──ハッ! 団長様!? すすすすすすみません! わたし、今……寝ぼけてました!? あぁぁ~~!",
    en=""
  },
  ["ツツジ"] = {
    jp="ふぅわぁ~はぅ…むぅ~今日は学校お休みだよぅ…ママ。<br>ひゃっ、ごごごごっごめんなさい。寝てないです、お休みじゃないです!学校はもう、卒業しましたぁ…。",
    en=""
  },
  ["クランベリー"] = {
    jp="スゥ……スゥ……はっ! い、いけませんわ、居眠りなんて……でも、あと少しだけ……スゥ……スゥ……。",
    en=""
  },
  ["カルセオラリア"] = {
    jp="騎士団の中も、街の中も、キラキラの笑顔でいっぱい!いひひっ、見てるだけでお話が浮かんじゃいます。忘れないうちにメモっておかないと。",
    en=""
  },
  ["ビンカ"] = {
    jp="花騎士のみんなを誘って、ピクニックに行きたい!大勢でお弁当を食べながらお話するの!きっと凄く楽しいよ?",
    en=""
  },
  ["ワスレナグサ"] = {
    jp="春は過ごしやすい季節。こんなに暖かいと、眠気に、襲われてしまうなあ。団長さん、指揮をとっている途中で寝たりしたら駄目だからな。<br>ああ…どこか日当たりの良い場所で、全てを忘れて、団長さんとごろごろしたいものだな。<br>あっ、全てを忘れると言っても、団長さんの事は覚えているけどな。",
    en=""
  },
  ["ボリジ"] = {
    jp="団長、どこかで幸運の虫を見かけなかった? わたし、ずっと探してるんだけど見つからなくてっさ~……。<br>もし見つけたら、どこにいたかわたしにも教えてね。",
    en=""
  },
  ["メイゲツカエデ"] = {
    jp="ああ、騎士学校の新入生。今年もたくさん入ってきたわね。みんな目がキラキラして……うふふ、かわいいわ。妹もあんな感じだった。",
    en=""
  },
  ["ユーカリ"] = {
    jp="<span style=\"color:blue\">『春眠、暁を覚えず……?眠くなるって事しかわからないよ、ユーカリ~。』</span>",
    en=""
  },
  ["ヤドリギ"] = {
    jp="団長ー、寝ぼけてないッスか? 今日もあたしと一緒にシャキッと働くッスよー!",
    en=""
  },
  ["リュウゼツラン"] = {
    jp="団長様、もしよかったら、私の稽古に付き合ってくれない?あなたは相手の心を読むのが上手だから、こちらとしても動きやすいの。",
    en=""
  },
  ["ボタン"] = {
    jp="何かを伝えるというのは難しいものじゃ。細部に拘りすぎれば全体像が見えづらくなり、簡略化が過ぎれば歯痒さが残る。<br>結局行動で示すのが一番なのじゃろう。以上!わしが今団長に抱きついてる理由じゃ!",
    en=""
  },
  ["ポピー"] = {
    jp="まあ、先程から船を漕いでますよ、団長さん。穏やかな日和ですので、一休みしてもいいんじゃないですか?<br>良かったら、膝枕をして差し上げますよ。",
    en=""
  },
  ["メギ"] = {
    jp="はぁ……花見を楽しむのはいいですけど、どうして皆さんマナーを守らないんでしょうね?<br>まあ、そんな事を言っても仕方ありませんね……皆さんのゴミ、片づけてきますよ。",
    en=""
  },
  ["ゼブリナ"] = {
    jp="冬が終わり、夜も暖かくなってまいりました。これで夜のお手洗いも、幾分気楽になります。ゼブリナ……安心いたしました。",
    en=""
  },
  ["マロニエ"] = {
    jp="騎士学校の新入生。彼女たちがそれぞれ抱えた花騎士への想い。今と昔でどのように違うのか興味が湧いてしまった。<br>団長、すまんが私が暴走したら止めてほしい。気軽に突っついていい部分ではないからな。",
    en=""
  },
  ["ランプランサス"] = {
    jp="だーんちょー……♪うへへっ……♪<br>……えっ!私、寝ちゃってた?ううっ、団長、ごめんなさい!その、夢の中で団長と結婚記念日デートしてて、<br>それがあんまり楽しくて、それで、その……<br>ううー、ごめんなさい、本当の団長はこっちにいてくれるのに、春だとか言い訳にならない……<br>う、うぅ、うー、団長、ごめんなさい~!",
    en=""
  },
  ["ガジュマル"] = {
    jp="宮殿にお仕えしたばっかの頃に、お花見をすることがあってね? 私、樹を引っこ抜いて宮殿に持っていったの。楽かなって……。<br>そしたら、シュウメイギク様とコリウスちゃんに「めっ!」ってされちゃった。",
    en=""
  },
  ["カカラ"] = {
    jp="春ですよ、団長様!浮かれなきゃ損です、大損です!お部屋に籠ってるなんてダメ!外に出て遊びましょう?<br>元気いっぱい駆け回って、春を満喫です~♪",
    en=""
  },
  ["アベリア"] = {
    jp="新人の花騎士が増える時期ですね。私より実力のある人がたくさん入って来るような気がします。<br>そこで……団長さんにお願いがあります。編成をする際は、キャリアの長さよりも、実力を優先してください。<br>戦場では実力が物を言います。私は、後輩のサポートで構いませんから。",
    en=""
  },
  ["ウキツリボク"] = {
    jp="あなたはきっと次に、「眠くないのか」ってボクに聞く…憶測…だけど…ぅぅん…。<br>それでボクはこう、答える…「眠い」って…。 団長~、少し休憩…しようよぉ…。",
    en=""
  },
  ["ウキツリボク(競技会)"] = {
    jp="騎士学校の新入生にスカウトとか、した方がいいのかな……いや、した方がいいも何も頼まれてはいるんだけど。<br>うーん……バナナオーシャン以外じゃ知名度無いし、無理そうだよね……",
    en=""
  },
  ["ハナオクラ"] = {
    jp="団長さん、ぽかぽか陽気でとっても眠そうですね?お仕事前に少しお昼寝をされてはどうでしょう?<br>私の膝でよければお貸ししますので……ゆっくりお休みになってください?",
    en=""
  },
  ["ハナショウブ"] = {
    jp="あら、素敵なお花たちがたくさん!桃源郷の外にも、こんなにきれいな場所があるのですね。団長さん、ちょっと散策してみましょうよ!",
    en=""
  },
  ["ストレプトカーパス"] = {
    jp="ふぅー、いい花見日和だな。そういえば昔、木の下には死体が埋まっている、と聞いたことがあるな。なんとも心が躍るフレーズだ。<br>だ、だ、大丈夫だ、掘り起こしたりはしないぞ…………たぶん。",
    en=""
  },
  ["ローレンティア"] = {
    jp="打倒キンレンカ!まず何よりもそこからね。正面から突き破ってやるんだから。あたしの全力を、しっかり見ててね!",
    en=""
  },
  ["ローレンティア(忍者)"] = {
    jp="うう~ん……ムニャムニャ……う?それは主様に貰った耳飾りでござるぅ~<br>んぅ?なんか……撫でられた気がする……まあいいか、好きな人だし。すぅーすぅー。",
    en=""
  },
  ["コスモス"] = {
    jp="だ、団長さんったら大胆! はっ!?……ね、寝てません、起きてますよ! ちょっと目を閉じて妄想してただけです!",
    en=""
  },
  ["マリーゴールド"] = {
    jp="春ってなにをするにも丁度よい季節ね。<br>ま、わたくしくらいになると、どんな季節でも、なにをするにも、丁度よいのだけどね。",
    en=""
  },
  ["ガーベラ"] = {
    jp="雨のせいで、お花もだいぶ散っちゃった……せっかく団長くんとお花見なのに、これじゃあもう満開とはいえないわー……<br>でも、雨が降らないとみんな困っちゃうし……次の季節が来るために必要なことだもんね、ガマンガマン。",
    en=""
  },
  ["チョコレートコスモス"] = {
    jp="お花の香りがいっぱい届いているね。<br>ん?チョコレートの匂いがする?それは、私のせいかな?<br>え?いい匂い……?ふふっ、ありがと。",
    en=""
  },
  ["エキナセア"] = {
    jp="お花見か…もうそんな季節になったのだな。よし、みんなを誘って花見…えっ、二人っきりで…?そ、そうか…わかった。<br>団長がそう言うならそうしよう。まずは…ば、場所取りからだな!何をぼさっとしている、参るぞ、団長。",
    en=""
  },
  ["ヨモギ"] = {
    jp="ふわぁ~……うーん……ちょっと眠いねぇ~……春眠暁を覚えず、って感じ……<br>うん、このままだと寝ちゃいそうだから、一緒に薬草でも見に行かない?",
    en=""
  },
  ["シオン"] = {
    jp="暖かくなり、草木が芽吹く……健やかに育ってくれればいいですね。",
    en=""
  },
  ["チョコレートコスモス(水着)"] = {
    jp="うふ、新芽が出たり赤ちゃんが産まれたり、色んな場所が賑やかになってきてるね。<br>暦だけで実感がなかったけど、ようやく春って感じになってきました。",
    en=""
  },
  ["イモーテル"] = {
    jp="どこもかしこも宴会やイベントばかり。騒がしすぎて、花も恥じらってしまうよ。<br>特にこの前なんか、目の前におじさんが現れて、そのまま俺の前で脱ぎ出したんで、思わず逃げてしまった。<br>……え?それは宴会とは関係ない……のか?",
    en=""
  },
  ["アルテミシア"] = {
    jp="もしかして、私を宴会に連れて行こうとしていないかしら? 私は黒い魔女。こわーい魔女よ。お花見の宴会なんて……。<br>……はぁ、しょうがないわね。付き合ってあげる。楽しいかどうかはわからないけど、退屈はしないでしょうからね。うふふっ♪",
    en=""
  },
  ["クラスペディア"] = {
    jp="トコトン♪ トコトン♪ トコトトトトトン♪ 街中まぁるく明るくなって、春の空気は勝手に手が動いちゃう♪<br>明るい話し声のリズムに、笑い声のリズム♪ んふふっ♪ 綺麗な春の音楽……私、大好きだな~♪",
    en=""
  },
  ["ゴギョウ"] = {
    jp="暖かくなってきましたね。お昼寝したくなった時は是非わたしにお申し付けください。<br>膝枕と子守唄でゆったりした眠りをお約束しますよ。七草乙女団の皆にも大好評なんですよ。っふふ",
    en=""
  },
  ["エキナセア(温泉浴衣)"] = {
    jp="春一番というのは少し厄介だ…色々と布がはだけたり、貴族としての振る舞いに支障をきたしそうだ。<br>それに…キミにも見苦しい姿を見せてしまうかもしれないしな…",
    en=""
  },
  ["アルテミシア(クリスマス)"] = {
    jp="春になると浮かれてる人や、ぼーっとしてる人が増えていいわ。黒い魔女としては、色々とやりやすくなる時期ね……うふふっ♪<br>え? どんな悪巧みかって? うふふふっ……教えてほしい? ひ・み・つ♪",
    en=""
  },
  ["シクラメン"] = {
    jp="ん~~~~…んっ…あったかいですぅ……えへへ……ん? あっ!?あぁぁ! 寝ちゃってましたぁ!?",
    en=""
  },
  ["シクラメン(光華の姫君)"] = {
    jp="騎士学校の特別授業……こ、講師として…呼ばれちゃいました。新入生さんたちの、リクエストらしくて……。<br>大躍進した花騎士だって…うぅ~っ、どうしましょう、団長さん",
    en=""
  },
  ["ゲッカビジン"] = {
    jp="春が来ると、美しいと思う。それだけでなく、どこか……ほっとするのでありんす。",
    en=""
  },
  ["サンカクサボテン"] = {
    jp="ぁぁぁぁ~~寝させてくれない?春眠暁を覚えず…というでしょう?",
    en=""
  },
  ["サンカクサボテン(ハロウィン)"] = {
    jp="風が優しい日ね。ねえお前さん、私の隣に座って、肩を貸してくれない?急にどうしたって?さあ?そういう気分なのよ。",
    en=""
  },
  ["ミント"] = {
    jp="のんびりしてしまいそうな暖かな季節だからこそ、人一倍頑張らなければいけないのです。団長さん!討伐の準備は、いつでもできております!",
    en=""
  },
  ["ラベンダー"] = {
    jp="団長さんは、私といるのが一番幸せなのに、どうして他の変な虫達と喋ったりするんですか!?<br>春だから、変な虫が湧いてきちゃうんですか!?許せない…!!",
    en=""
  },
  ["ワタチョロギ"] = {
    jp="んー、窓から風が……メエェ~!気持ちいいです~♪えへ、団長、わざわざ開けておいてくれたんですか?えへへ、ありがとうございます。<br>日の光もあったかいですし、気持ちいいのいっぱい感じさせてくれて、えへへ、嬉しいです♪<br>あ、あれ?何か変なこと言いませんでしたわたし。",
    en=""
  },
  ["ミント(成長する美徳)"] = {
    jp="新しい花騎士の目標になれるよう、先輩としてしっかりしないといけませんね<br>それに……これは私の考えですけど、憧れる相手がいることで成長できる気がしますから",
    en=""
  },
  ["コリウス"] = {
    jp="子供はですね~、「犬猫か!?」っていうくらい欲しいです! ……え? 唐突? いえいえ、そういう季節でございます。<br>何より、私も乙女。好きな方の赤ちゃんを生んで……という妄想ぐらい、当然のことです。",
    en=""
  },
  ["ラベンダー(バレンタイン)"] = {
    jp="私と団長さん……二人だけで、夜のお花見に行きましょう<br>明るいうちに出掛けたら、変な虫まで寄って来そうですし……<br>それに、暗い中なら、団長さんが外で私を求めても、恥ずかしくないですよ",
    en=""
  },
  ["ワタチョロギ(イースター)"] = {
    jp="クリスマスベゴニアちゃんはとっても可愛いし、可愛い上に優しくて、誰にでも付いてっちゃうから心配です。<br>ましてや今は春。春は変な人が多いです!だからきっと……ああ!心配です~!ウーたち、守ってあげて~!",
    en=""
  },
  ["ブルーロータス"] = {
    jp="今日はお洗濯日和ですね。さあ、団長さん、汚れたものを出してください。大丈夫、パパッと終わらせますから。ほつれた服も縫ってあげますからね。",
    en=""
  },
  ["サザンカ"] = {
    jp="ちょーっと~。寝てる場合じゃないよ~。今なら害虫倒しまくりだよ~?",
    en=""
  },
  ["ワレモコウ"] = {
    jp="こんなに暖かいと、モコウ眠くなる…? ご主人や皆も、眠いです…? 眠くならないための策が、待たれているです?",
    en=""
  },
  ["ワレモコウ(成長する軍師)"] = {
    jp="すっかり、暖かくなってきた。ご主人、これから二人でボードゲームはどうです?<br>今日は、気分を変えて……外で指したい?環境が変われば、何か妙手を閃くかも?",
    en=""
  },
  ["チャノキ"] = {
    jp="春になっただけで街中浮かれているな。季節なんて毎年変わるのに何が嬉しいんだか。<br>そんなことで笑えたこと私にはないから、理解できないよ。",
    en=""
  },
  ["ワビスケ"] = {
    jp="ふむふむ、ご苦労さまです、ウラク。里の田植えは順調、安心しました。<br>…あら、何やら意外そうな顔ですね、団長さん。桃源郷と同じく我が里も常に忍働きをしているわけではありません。<br>何も無い時は普通の農村、忍の里とは元来そういうものです。",
    en=""
  },
  ["ナデシコ"] = {
    jp="散る花びらを、1枚のみ斬る。これくらいできぬようでは、愛染一刀流を名乗れません!",
    en=""
  },
  ["ナデシコ(世界花の巫女)"] = {
    jp="最近は毎日のように宴会が開かれて、すごいにぎやかですね。<br>ですが、毎日の稽古もお忘れなく。日々鍛錬ですよ。さあ、行きましょう。",
    en=""
  },
  ["センニチコウ"] = {
    jp="あら、ボクちゃん、おねむかしら? ほら、いらっしゃい。膝枕してあげる。安心して、ゆーっくり、おやすみなさい。",
    en=""
  },
  ["カリン"] = {
    jp="大切な人と迎える春はいいものですね~♪ 昔は桃源郷のみんな、今は団長さん。どっちもカリンの大切な人です!<br>来年も、その先もずう~~っとこうしていられますように。",
    en=""
  },
  ["ネリネ"] = {
    jp="ち、ちがう。こ、これは泣いてるんじゃないですぅ。すみません、ちょっと、あくびを…春はどうしても眠くなっちゃって…うぅ~、恥ずかしいよ~。",
    en=""
  },
  ["ヒガンバナ"] = {
    jp="んもぉ、またくっついてる。<br>春は草が伸びるから知らない間に尻尾にくっつくのよ。取るのが面倒ったらないわ。",
    en=""
  },
  ["ヒガンバナ(世界花の巫女)"] = {
    jp="明るい内は騒がしすぎて、じっくりお花見ができないけど。夜に来ると静かで、雰囲気もいいし……結構気に入っているの。<br>……ね、夜に急に呼び出されて、ビクビクしてる団長さんも、今は来てよかった、って思ってるでしょ? うふふっ♪",
    en=""
  },
  ["ネリネ(ジューンブライド)"] = {
    jp="あの犬さん、仲良しですね!ぴったりくっついて離れません!え?…あれは…こう…び…?うぅー、そんなにはっきり言わないでくださいよー!",
    en=""
  },
  ["シロツメクサ"] = {
    jp="春は、旅立ちの季節。わたしも、うかうかしていられません。さあ、共に行きましょう。",
    en=""
  },
  ["コキア"] = {
    jp="春になったからすかね。公園とか街中で子供さん連れをよく見ますよ。<br>みんなにこにこ笑って幸せそうで、あたしもいつかあんな家族作ってみてぇです。",
    en=""
  },
  ["キンモクセイ"] = {
    jp="なんだか、団長殿といると、ドキドキしますね…。暖かくなったからでしょうか、それとも…。<br>い、いえ、これはウチの考えすぎです! 団長殿が、そばにいるから、なんて…。",
    en=""
  },
  ["ストロベリーキャンドル"] = {
    jp="出会いがあるってことは、同じだけの別れが待ってる。<br>いつか別れが来たときに、悔やむことの無いように、今日を精一杯生きていきたいね。",
    en=""
  },
  ["ハギ"] = {
    jp="騎士団のみんなも、町のみんなも楽しそう…笑顔を見ると、春なんだなって思う!春は、元気が始まる季節だよね!",
    en=""
  },
  ["クローバー"] = {
    jp="暖かくなって気持ちいい陽気だからかな?みんな浮かれて見えるね。<br>私は、姉さんとあなたがいればいいから普段と変わらないけど。もっと春になったことも、喜んだ方がいいのかなぁ。",
    en=""
  },
  ["アズキ"] = {
    jp="眠いなら看板娘の膝を貸してあげようか?うふふっ、お礼なんか別にいいって。<br>その代わり…今後ともわたしとうちのお店をご贔屓に♪",
    en=""
  },
  ["ジャスミン"] = {
    jp="他の花騎士さん達が楽しそうにしていると、春っていいなって思いますわね。",
    en=""
  },
  ["ホトトギス"] = {
    jp="暖かい日が続きますね。一人でいると……うっかり、眠ってしまいそうになります。",
    en=""
  },
  ["ホトトギス(水着)"] = {
    jp="春花の匂い……朗らかな陽気の中で本を読むのも、たまにはいいですね。",
    en=""
  },
  ["リリオペ"] = {
    jp="春は出会いの季節、とよくいうけれど、私にも出会いがあるのかしら?野良の子犬や子猫に構うばかりで、誰も私には寄ってこない。<br>はぁ……孤高系は辛いわ……",
    en=""
  },
  ["オニユリ"] = {
    jp="今日も暖かくて…いい天気ですね。いえ、お出かけなんてしなくても全然平気です。本当に…全然平気…。",
    en=""
  },
  ["オニユリ(クリスマス)"] = {
    jp="あっ、あの、甘えたいことがあるんですけど、平気ですか?……団長さんの膝枕でお昼寝してみたくて。<br>どうでしょうか?……仰向けなら膝枕してもいい?えっ、それだけですか?<br>な、ならお願いします。うつ伏せでなんか眠りません!",
    en=""
  },
  ["クレマチス"] = {
    jp="うふふっ。ベッドの具合はどうでしたか?お洗濯日和でしたからね、洗っておいたんです。日向の匂いでぐっすり眠れてたらうれしいです。",
    en=""
  },
  ["シュウメイギク"] = {
    jp="最近夜に恐ろしげな声を聞く。宮殿にいた頃には聞かなかった声ぞ。<br>犬猫の甲高い声、争うような、切なく喘ぐような。<br>そなた心辺りは?は、発情期……?これいやらしい事を申すでない。",
    en=""
  },
  ["スキミア"] = {
    jp="この季節になると、ブロッサムヒルの事を少し思い出します。<br>ベルガモットバレーの自然に感動して移り住んじゃいましたけど、<br>こうして花騎士になってブロッサムヒルに来ると、ブロッサムヒルの自然も良いなって思うようになりました。",
    en=""
  },
  ["カラタチ"] = {
    jp="陽の光がとても近く感じる。こういうのを春のうららかな日差しっていうのかな?<br>今まで本で読んだことしかない表現だったけど、しっくり来るかも。",
    en=""
  },
  ["ススキ"] = {
    jp="今日はウサギノオと一緒に、お買い物に行ってくるね!春物のお洋服とかアクセとか、ほしいものがいっぱいあるの!<br>そこで、団長さんにお願いが…って、なんでお財布を隠したの!?",
    en=""
  },
  ["ススキ(水着)"] = {
    jp="はぁ…うー……ツキトジのお世話してたら、眠くなっちゃった…んー…まだお仕事あるのに……<br>うー…ふわぁ………団長さん、ごめんなさい…ちょっとだけ、仮眠してるね…",
    en=""
  },
  ["カンナ"] = {
    jp="春といえば天ぷら!そのへんで摂れるモンは何でも天ぷらにして食べるんやで!海老だのなんだのそんなんゼータク!<br>ほれ、試しにこれちょっと食べてみ! …へへっ。美味いやろ?それ、ウチも何かわからへんねん!",
    en=""
  },
  ["オトギリソウ"] = {
    jp="団長さーん!せっかく天気がいいし、どこか行こう?じっとしてるなんてもったいないよ!",
    en=""
  },
  ["オトギリソウ(ベイサボール)"] = {
    jp="お花見の宴会って楽しいけど、抜け出したいことってあるよね。そんなときに役立つ忍法を教えちゃうよ!<br>まずはこうして,手を胸の前で組んで……それから笑顔で一言! <br>「それでは、私はこれにてドロンさせて――」えっ、これダメ? 古い?",
    en=""
  },
  ["ヒョウタン"] = {
    jp="夢の中のだーりんは、吹き荒れる嵐も剣を一振りして掻き消していたのだ。天候も操れるすごい男だったのだ……。<br>春の強風なんて、だーりんの前ではそよ風以下の存在なのだー! さぁ、だーりん。強風消滅作戦の実行なのだー!",
    en=""
  },
  ["ヘチマ"] = {
    jp="今のウチの宿のキャパじゃ無理だけど、いつかは宴会コースとかもやってみたい!<br>……ってことで、この時季はイベントを巡回して勉強しまくるつもりなんだ~♪",
    en=""
  },
  ["フクシア"] = {
    jp="騎士団の中も街の中も、みんな浮かれてて楽しそう!ああいう笑顔を見ると、春がきたんだなって嬉しくなるよ。<br>さぁ団長!団長も春を謳歌するために、フクちゃんとしゅっぱーつ♪",
    en=""
  },
  ["ベロニカ"] = {
    jp="春は始まりというより、終わりの季節って感じね。そう考えると、楽しくなってくるわ♪",
    en=""
  },
  ["ラッセリア"] = {
    jp="春は旅立ちの季節ね。うん、この先どうなるか不安な人もいると思うけど……失敗を恐れて尻込みするより、<br>失敗してもいいから何事にも挑戦してみて、いつか結果を出す人のほうがいいと思うし、私もそうなりたいと思ってるの。<br>いろんな所を旅して、いろんな物を見て、そういうふうに思うようになった。……えへへ、なんか偉そうなこと言っちゃったね。",
    en=""
  },
  ["ステラ"] = {
    jp="今日はお花見日和ですね?……あんまり好きじゃないですけど。<br>賑やかな雰囲気の中で外で食事をするのがどうも苦手で……。でも、団長さんが一緒なら楽しいかも知れませんね。",
    en=""
  },
  ["ディアスキア"] = {
    jp="団長さん! ボクの! ママ達と? 一緒に! パーッとお花見をやろー!<br>・・・ってことになったから団長さん、今度のお休みの日、予定空けておいてね!<br>ママたちが団長さんに会わせろってうるさくてさ。 こういうのは早いほうがいいでしょ?",
    en=""
  },
  ["リンドウ"] = {
    jp="暖かいから今日はずっとお昼寝しよー!え?花騎士としての職務?<br>大丈夫! 害虫もきっとお昼寝してるって!<br>団長さんも一緒に寝よー?団長さん、もっと側に来て良いよ。",
    en=""
  },
  ["アイビー"] = {
    jp="花咲けば、何れ散るはこれ必定。されど刻が至れば再び咲き誇る。これもまた、必定なり……。<br>……そう、永遠なのよ! 私の団長さんへの想いも、変えるつもりないからね!",
    en=""
  },
  ["アイビー(新春)"] = {
    jp="……す……すごかったわ……。…………すごくて……すごかった……わ……。<br>……サクラさんが私に言ってくれたの……。「お花見のお弁当、何食べたいの」って……作ってくれるって~~~!<br>……えっ……笑顔で……三千大千世界全ての宝石よりも……霊妙で、神聖な……あの、至高の微笑みで……!<br>……ああ~……本当に気絶しないようにするの、大変……だったわ……。",
    en=""
  },
  ["ヘリオトロープ"] = {
    jp="わぁー、花壇からいろんなお花の匂いがしますですね~。ヘリオも匂いには自信がありますけど、ダンナさまの匂いも実は人気があるですよ~。",
    en=""
  },
  ["ヘリオトロープ(浴衣)"] = {
    jp="春は、出会いと別れの季節みたいですです。ヘリオはダンナさまとちゃんと出会たけど、お別れなんてぜっったいしませんです!<br>だから、安心してくださいですっ、ダンナさま。",
    en=""
  },
  ["ヒギリ"] = {
    jp="書類仕事をしていると……ああ~~~~ぅにゅ~。んぁ、すみません。欠伸出ちゃって。ふゅ……<br>この季節の一番の敵は……お昼過ぎの暖かい陽射しですね~。",
    en=""
  },
  ["キンレンカ"] = {
    jp="穏やかな風に、生命の息吹を感じます。私はこの国に生まれたことを、改めて誇りに思います!",
    en=""
  },
  ["バルーンバイン"] = {
    jp="暖かい日差し……つい、ウトウトしてしまいます。団長さんも、もしかしてそうなんですか? なら……うふっ♪ 一緒に眠っちゃいましょうか。<br>それで同じ夢を、二人で見るんです。仲良く手を繋いで、お空を飛んでる夢。きっと楽しいですよ?",
    en=""
  },
  ["バルーンバイン(イースター)"] = {
    jp="暖かい季節になりましたね。少し動いただけでも、汗ばむことが多くなりました。<br>……ぁぅ……特に私は……胸とか、やっぱり、蒸れちゃって……下の方は脱がないと汗吹けないから、ちょっと大変なんです。",
    en=""
  },
  ["スイギョク"] = {
    jp="団長!この後一緒にお花見しに行かないか?私の船の上でやれば、場所取りの必要もないぞ!",
    en=""
  },
  ["ハゼラン"] = {
    jp="害虫たちも、春は活発になるのかな。だとしたら、偵察任務に力を入れないといけないね。<br>桃源郷のためにも、兄様のためにも。",
    en=""
  },
  ["クフェア"] = {
    jp="国の家族も春を楽しんでるかな…。アンタとこうしていると、不思議と家族を思い出すよ…。<br>落ち着くというか…、不思議な感覚だな。",
    en=""
  },
  ["オミナエシ"] = {
    jp="あぁっ、スカートがっ!? う、あぁっ!? はぁ、強い風です、今日は春一番ですか……って、団長さん? ま、まさか、今の、見てたんですか?",
    en=""
  },
  ["エルダーフラワー"] = {
    jp="眠かったらハーブティでも淹れよっか?<br>気持ちスーってして頑張れるようになれるよ。",
    en=""
  },
  ["パイナップル"] = {
    jp="満開のお花より、私の方が完全無欠に美しい!だから……さあ!私の方を見なさい!<br>なんて……いくら私でも、そこまで無粋な事は言わないわよ。行事は行事。みんなで楽しくが目的だもの。<br>自己主張する場くらい、ちゃんと選べるわ。",
    en=""
  },
  ["コルチカム"] = {
    jp="動物たちの中にも、春を待ちわびていた子は多いんだよ。元気になりすぎて、相手をしきれないくらいの子もいるんだ。",
    en=""
  },
  ["クルミ"] = {
    jp="お外の風が強くって、髪の毛がくしゃくしゃ~。この時期は毎年大変だよお~。団長さん、後でクルミの髪とかして~。",
    en=""
  },
  ["モルチアナ"] = {
    jp="まぁ…ふふっ、団長様、『春眠暁を覚えず』ですか?<br>そのままではお仕事にならないでしょうし…よろしかったら私の膝をお貸ししますよ。",
    en=""
  },
  ["タチアオイ"] = {
    jp="街を行く、穏やかな笑顔。それを守るのが花騎士の仕事。<br>私はそれに誇りを持ってるし、守り切れるって信じている。<br>何故なら……団長さんが共に居てくれるからね。それだけで、どんな害虫にも負けるはずがないって思えてくる。",
    en=""
  },
  ["パキラ"] = {
    jp="団長様!暖かくなってきたし、ピクニックに行こ?ほらほら、家でのんびり過ごしてるだけじゃもったいないよ?<br>そうだ!ペペちゃんと団長様が初めて出会った場所ってどこなの?あたし、一度そこに行ってみたいなあ。",
    en=""
  },
  ["ルナリア"] = {
    jp="うっかり、この暖かい日差しの中でお昼寝などしようものなら、屋敷の者たちが私を連れ戻しにきてしまうかもしれません…。 <br>…でも、こうやって団長さんのそばにいると、なんだか安心してきて、眠くなってしまうのです~…。 少し、寄りかかっても、いいですか~…?",
    en=""
  },
  ["アナベル"] = {
    jp="地面から見上げるお花見もいいけど、木に登って花に囲まれながらのお花見も悪くないはずって思って昔やったら、お母さまに怒られちゃった。",
    en=""
  },
  ["ハボタン"] = {
    jp="私ってさ~、こう見えてもちゃんと大人の女なんだよ? 経験も色々してて~……。<br>……う、嘘なんだよ~、信じないで~!!",
    en=""
  },
  ["スズナ"] = {
    jp="暖かくて過ごしやすい日には旅行が一番です。この時期におすすめの場所を調べてさっそく計画を立てます。<br>団長さんもお休みを合わせて一緒に行きませんか?",
    en=""
  },
  ["エーデルワイス"] = {
    jp="この季節になると、お花畑を訪れる家族が増えるわね。たくさん思い出を作って欲しいわ。<br>もちろん、いい思い出ばかりをね。",
    en=""
  },
  ["エーデルワイス(新春)"] = {
    jp="穏やかな空に、心地よい風…ふふっ。<br>鍛練に費やすも良し、どこかへ遊びに出かけるも良し。<br>いずれにせよ、素敵な思い出がつくれそうな予感がするわ。",
    en=""
  },
  ["オトメギキョウ"] = {
    jp="最近だんだん暖かくなってきたよねー。暑いのはちょっと嫌だけど、これくらいの暖かさなら気持ちいいよね!<br>気持ちよすぎて、ちょっと、眠くなっちゃいそう、で……ひゅぅ……ふわぁ……",
    en=""
  },
  ["タンポポ"] = {
    jp="見て見て団長さん!いい天気です!思わず飛んで行きたくなるですね!ボクと、お散歩に行きませんか?",
    en=""
  },
  ["ヤグルマギク"] = {
    jp="お昼に眠くなってしまわないよう、最近は特に早寝早起きを意識しています。<br>…年寄りだから早起きとか、今、言いました…?言ってないで…すよね?",
    en=""
  },
  ["アスター"] = {
    jp="春眠暁を覚えずと言うが、冬でも心地よい陽気に包まれた国を見たこともある。その逆もしかり、だがね。平和を守る事の大切さを学んだよ。",
    en=""
  },
  ["アキレア"] = {
    jp="団長は騎士学校の行事に呼ばれてたりするのか?もし祝辞とか頼まれてるんなら…仲間を大事にしろって、そう教えてやってくれ。<br>あたり前のことだけど… 強いことよりそっちの方が花騎士に大事だって俺、思うんだ。",
    en=""
  },
  ["シロタエギク"] = {
    jp="そなた様は酒は好きかの?それとも花を愛でる方が好きかの?<br>両方したい?えへへ、流石そなた様じゃ!それじゃ両方叶えるかの。<br>まずは良き酒を用意したのじゃ、口移しでも良いのじゃぞ?",
    en=""
  },
  ["オナモミ"] = {
    jp="突然だけど問題よ!お花見の季節……ちょうど今頃ね。<br>夜のリリィウッドでは、そこかしこの茂みがガサゴソと騒がしくなるの。どうしてだと思う?<br>正解出来たら、私と夜のお花見に行く権利をプレゼントよん♪ ……さあさあ、答えてみなさぁい。",
    en=""
  },
  ["タラゴン"] = {
    jp="プ、プr、プロ、プロテア、プロテアちゃ……。っダメだこのような恥ずかしい呼び方、到底できない!<br>うぅ~この春こそはちゃん付けデビューをしたかったのだが……。",
    en=""
  },
  ["シロタエギク(クリスマス)"] = {
    jp="暖かくなってくるとお昼寝したくなることはないかの?<br>眠くなったらわっちが添い寝してあげるのじゃ。<br>大丈夫じゃ仕事は後で一緒に手伝ってあげるからの。",
    en=""
  },
  ["アキレア(監獄島)"] = {
    jp="ひっひー、もしかしておねむか団長~。なら、オレが膝枕してやる。ニリンソウと比べると硬ぇかもしんねぇけど、ルドベキアには結構評判いいんだぜ。ほれ、こっちに来いよ。",
    en=""
  },
  ["フィソステギア"] = {
    jp="お花見ねぇ……稼ぎ時ではあるけど、いろいろと厄介なんだよね~。露店を開くには許可がいるし、みかじめ料も馬鹿にならないし、<br>それらの必要経費以上に儲けられる賑わいなのかも見極めないとだし……。……んぅぅ、悩む~! ブロッサムヒルをもっと調べてからにしようかな~?",
    en=""
  },
  ["カーネーション"] = {
    jp="景色に彩りが増し、本当に綺麗ですね! たまには息抜きも必要との事ですが…その、よかったのですか?<br>私とふたりでいる所を見られたら、新人達の間で噂になってしまいますよ? 私は全然かまいません。何があろうと、お側におります。",
    en=""
  },
  ["スイートウィリアム"] = {
    jp="人生はお祭り。いつでもどこかで楽団が歌っている。ましてや今は春……街中が祭典で賑わってる。<br>かくいう私も舞台にいくつか出るんだ。時間があったら見に来てくれたまえ。",
    en=""
  },
  ["アグロステンマ"] = {
    jp="天気のいい日には、あなた様と2人でピクニックに行きたいですわ。<br>え、ジョセフィーヌですか?もちろん一緒ですけれど、どうかしましたか?",
    en=""
  },
  ["ビスカリア"] = {
    jp="新人の子が入って、騎士学校も忙しくなると思ったんだけどなぁ。<br>学校まで行って、手伝えることないか聞いたら、「人手は足りてる」って断られちゃって……。<br>せっかく後輩の力になってあげたかったのにさ~。",
    en=""
  },
  ["ナナカマド"] = {
    jp="わぁ……モモさん、相変わらず綺麗だなあ。……良い匂いだし。私もいつか、あんな感じの悪魔祓いになるんだ!",
    en=""
  },
  ["リンゴ"] = {
    jp="春一番のイタズラな風が、お美しい方々のスカートをなびかせて……むっはぁー! 春って最高ですね団長さん!!",
    en=""
  },
  ["ピラカンサ"] = {
    jp="し、仕事一段落したらさ…、お、お花見…とか行かない? その…二人きりで…。<br>本当は、大勢で明るくバカ騒ぎの方がいいけど、みんな都合悪いみたいで…。<br>だから、その…、ど、どうかな!?",
    en=""
  },
  ["コデマリ"] = {
    jp="お花見…お花見行きませんか、団長さま?特製のお弁当をたくさん持って。<br>外で食べるお弁当って、なぜか美味しいんですよねぇ。",
    en=""
  },
  ["リンゴ(七夕)"] = {
    jp="暖かい季節の女の子の服!とても素晴らしいとは思いませんか!?春は清楚な雰囲気が映えるというか、もう、堪りませんよね!<br>もう一度言いますね!?素晴らしいとは思いませんか!?",
    en=""
  },
  ["マルメロ"] = {
    jp="春ですよぉ~!春~!これはもう、浮かれないわけにはいきませんね~!<br>だってー、いろんなものが一年の仲で、1番可愛くなる季節ですよ~!お酒もため息も、止まりませ~ん、んふぅ、むふぅう~~~~♪",
    en=""
  },
  ["コデマリ(イースター)"] = {
    jp="ふぁ…ぁぅぅ……すみません、あくびが出ちゃいました。<br>ぽかぽかして気持ちがいいですね、団長様。<br>こんな日は、のんびりお昼寝をするのがおすすめです。<br>寝ている間は、お腹も空きませんからね。",
    en=""
  },
  ["スノーフレーク"] = {
    jp="……暖かいと……眠くなる。……何か、命令して。……うん……何でも良いよ。",
    en=""
  },
  ["スイートピー"] = {
    jp="この春の陽気……だらけちゃうわね~~。<br>あっ!団長さん!これはそのぉ……休める時に休むのも、花騎士の仕事の一つです!",
    en=""
  },
  ["エニシダ"] = {
    jp="春って…過ごしやすくて好きです。ポカポカ暖かいし…穏やかな風も…箒で空を飛ぶのにピッタシなんですよ",
    en=""
  },
  ["ライラック"] = {
    jp="なんて暖かい日なんでしょう。今日は……団長さんと一緒にいると、安心して眠くなってきます。<br>ちょっと、寄り掛かっていいですか?んん……あぁ……フルーツパフェ……",
    en=""
  },
  ["ヘリコニア"] = {
    jp="ふっふっふ…お花見で思いっっきり目立ってやる! …と、思ったけど…お花見は全員目立つんだよなー…。ならば敢えて、花を見ない事で逆に目立つ!",
    en=""
  },
  ["クロユリ"] = {
    jp="草木が芽吹く季節。私には、関係のないことだな。",
    en=""
  },
  ["レッドチューリップ"] = {
    jp="どうしたの、団長さん?こっちばっかり見て…。あ~っ、暖かくなってきたから、「そういう気分」になってきちゃったの?<br>うふふっ…私はいつでも団長さんを待ってるわ。だから、遠慮しなくていいわよ♪",
    en=""
  },
  ["イエローチューリップ"] = {
    jp="ねえねえ団長さん!ちょっとここにサインしてくれる? んーん全然アヤしくないわよー?<br>ほら、春って色々書類を書き直さなきゃいけないでしょ? 書いた?<br>…書いたらねぇ、はいっ!じゃあこれ、新しいお薬!今年こそ、惚れ薬を実用化してみせるんだから!",
    en=""
  },
  ["パープルチューリップ"] = {
    jp="どうなさいました、あなた様……? 顔色が悪いですわ……。 ふむ……気力が続かず、力が出ない、そして強烈な眠気……ですか。<br>うふふっ……あなた様、それは俗に言う、五月病というものです。",
    en=""
  },
  ["ホワイトチューリップ"] = {
    jp="春は、道行く人々の顔にも満開の花が咲く季節ですね。この笑顔を守るのが私達花騎士の役割だと思えば、厳しい戦いも切り抜けられるというものです。",
    en=""
  },
  ["リューココリーネ"] = {
    jp="私は一度も徹夜した事がないんだ。できない、と言うのが正しいんだけどね。<br>朝起きて、夜寝る。何よりも規則正しい生活。だけど、こうも暖かいと少し眠くなってくるかな。",
    en=""
  },
  ["アリウム"] = {
    jp="この季節は、恋愛相談がとても多いのです。出会いの季節でもありますし、華やいだ景色が心を浮足立たせるのでしょうね。",
    en=""
  },
  ["クロユリ(新春)"] = {
    jp="花騎士の新人も増えてきたな。私の事より、そいつらが生き残れるよう面倒を見た方がいいぞ。<br>……出会って間もない内に別れる事がないようにな。",
    en=""
  },
  ["テッポウユリ"] = {
    jp="心地いい陽気で眠くなってしまいましたか? ……ふふっ、どうぞ、遠慮なくお休みになってください。<br>その間に私が、団長さまのお仕事を手伝っておきますから。",
    en=""
  },
  ["ギンラン"] = {
    jp="団長さんと巡り合い、春を迎えられました。草木が芽吹くように、私達の出会いも運命へと進化しているみたいです。<br>団長さん、その先も、よろしくお願いしますわね。",
    en=""
  },
  ["エピデンドラム"] = {
    jp="ふわぁ…寝ても寝ても眠いよぉ…。ねえ団長、ここらで休憩しない?<br>まだ体温まってないんだから、無理は良くないよー?怪我するよー?",
    en=""
  },
  ["エピデンドラム(水着)"] = {
    jp="団長団長、お仕事が一段落したら、お花見に連れてってよ。そんで二人でゆ~っくりしよう。ね、ね!",
    en=""
  },
  ["リカステ"] = {
    jp="団長さんは、キリンソウに『お姫様だっこ』をされた事あります? 私達はみんなされた事あるんですよ。<br>団長さんも、今度してもらったらどうですか?『お姫様だっこ』♪ 私、ちょっと見てみたいんですよね。うふふっ。",
    en=""
  },
  ["デルフィニウム"] = {
    jp="春はるはr…出会いと別れの季節きせつきせt…デルフィは団長と出会ったおかげででd…さらに自分に自信を持つことができたよ!ほんと、ありがとね!",
    en=""
  },
  ["ニゲラ"] = {
    jp="団長もこのポカポカ陽気で眠い? 私の隣で眠ってみたら?<br>そしたら……きっとすごいいい夢を見させてあげる。",
    en=""
  },
  ["ラークスパー"] = {
    jp="この花束?うふー♪ これはマイスターと二人で、怪盗の合間に害虫退治したお礼に、子供たちに貰ったんですぱー。<br>はぁ……ワルナスビ様、格好良くて素敵だったですぱー♪",
    en=""
  },
  ["デルフィニウム(競技会)"] = {
    jp="春は出会いの季節!でも、デルフィはもう、団長と出会ってしまった。<br>とっくの昔に、デルちゃんは春を迎えているのだぁ!わぁ、はっはっはぁ!!",
    en=""
  },
  ["キンポウゲ"] = {
    jp="眠いなら私の膝を貸してあげる。もちろん、タダじゃないわよ?<br>お昼寝が終わった後でいいから、いっぱい褒めるの!「キンポウゲの膝枕は最高だった!」ってね。",
    en=""
  },
  ["ラークスパー(ハロウィン)"] = {
    jp="ワルナスビ様のために、最高のお花見会場を見付けておいたですぱ!<br>……けど、ワルナスビ様は仰ってたですぱ。団長に来て欲しい……って。<br>だから特別に……と!く!べ!つ!に!団長を、招待してやるですぱ。有り難く思うよーに!ですぱ!",
    en=""
  },
  ["ボタンヅル"] = {
    jp="団長さ~ん、ねむい? 眠いよねー? お日さまぽかぽか~で、眠くないはずがな~い。<br>お仕事もやる気でないでしょー? ほぉら、こっち来て~? 一緒にゴロゴロしようよ~♪",
    en=""
  },
  ["ミカン"] = {
    jp="お花見のお弁当、どうせならみんなで作りましょうね。家事が得意な方は多いですし、私もみんなのお料理、勉強したいです。<br>あっ、器は私に任せて下さい。屋敷にお重、いくつかありますから持ってきます。とても綺麗なんですよ。お料理もおいしくなるって思います。",
    en=""
  },
  ["ハナミズキ"] = {
    jp="はぁい、だんちょーサン!こちらにはオハナミ(お花見)という習慣があるみたいデスね、わびさび(侘び寂び)デース!",
    en=""
  },
  ["ハナミズキ(浴衣)"] = {
    jp="ふわぁふぅ……ワタシちょっと眠いデース……まだon the jobデスけど、んんふぅ……耐えられマセーン。<br>だんちょーサン、一緒にお昼寝いかがデショウ?",
    en=""
  },
  ["カラー"] = {
    jp="まだ花開いてない小さな蕾…誰かに踏みつけられてしまう事もあれば、虫に喰い荒らされてしまう事もある。<br>それでも、太陽の下で美しく咲いてほしいですね。温室ではなく、この地にしっかりと根を張って。",
    en=""
  },
  ["コムギ"] = {
    jp="春一番で風が強いと、歩くのも大変……。 にぃの身体につかまっていないと、飛ばされちゃいそうです。<br>いざとなったら、コムギのことをおんぶして欲しい……そのほうが効率的だと思います。",
    en=""
  },
  ["ゼラニウム"] = {
    jp="だれにでもいい顔をしている自分が嫌いだけど、この季節はみんなをいい笑顔にしてくれるね。",
    en=""
  },
  ["ゼラニウム(浴衣)"] = {
    jp="ただでさえ着崩れしやすいのに、春一番は勘弁して欲しいよ。いつもの服に戻っちゃダメかな?<br>団長さんに気に入ってもらえて嬉しいけど、街中で事故が起きたら大変だからさ",
    en=""
  },
  ["ギンリョウソウ"] = {
    jp="本当に、ここでお花見するの? えっと…そういう意味じゃなくて、そう、死体は埋まってないから大丈夫。 うん、ここには…ね。",
    en=""
  },
  ["スズランノキ"] = {
    jp="もうすっかり外の空気も春めいて、恋の到来を感じるわね……。<br>ねえ、団長さん? 団長さんにも、甘酸っぱい思い出は有るのかしら?<br>わ、私はどうなのかって? 私はえっと……その……///",
    en=""
  },
  ["サツキ"] = {
    jp="う~ん、いい陽気ねぇ。お日様ポカポカで、空気もまったり。このままお昼寝しちゃおうかしら。",
    en=""
  },
  ["カルミア"] = {
    jp="お日様がぽかぽかして……とっても気持ちいいデース♪<br>ワタちゃんの羊たちと一緒に横になったら……もっと暖かくなって……ぐっすり眠れそう。<br>カルミア、ちょっとハグしに行ってくるデス~。",
    en=""
  },
  ["エノテラ"] = {
    jp="人は仕事よりも大切なことがあります。家畜じゃないんですから。<br>なので、寝ましょう。すやってして、すぴすぴ寝てしまいましょう。<br>この暖かさで昼寝をしないなど、世界花への冒涜です。",
    en=""
  },
  ["エノテラ(天つ花の令嬢)"] = {
    jp="今年の新入生は好奇心旺盛です。エノテラ、話しかけられました。<br>髪の毛とっても綺麗、とか、なんだかかっこいい、とか...団長も、そう思いますか?",
    en=""
  },
  ["ナイトフロックス"] = {
    jp="なんて素敵な風~……それに気持ちいいお日様……んふっ。さ、お洗濯しちゃいましょう♪",
    en=""
  },
  ["ペンステモン"] = {
    jp="春だからかしらね、いろんなところでイベントやってるみたい。他の子を誘って行ってくるといいわ。大丈夫、断る子なんていないから。<br>仕事はできる範囲で私がやっておくわ。楽しんでらっしゃい。",
    en=""
  },
  ["トレニア"] = {
    jp="お花見は……ええ、明るいうちにやってしまいましょうね。<br>満開のお花を仰ぎながら、一緒に青空を透かし見る。これが一番です。<br>夜は! ダメ、です……ムードがありすぎて、私、ドキドキしてしまいますもん……。",
    en=""
  },
  ["ナイトフロックス(クリスマス)"] = {
    jp="団長さん。お散歩がてら、近所にお花見に行きませんか?ちょうど今、見ごろなんだそうですよ。<br>ささっと簡単なお弁当を作っちゃいますから、出来上がるまでに支度を済ませておいてくださいね。",
    en=""
  },
  ["ペンタス"] = {
    jp="団長の姿を見ると、自然と笑顔になってしまいます。な、何故でしょうか?そうですね…季節のせい?ですかね?<br>季節のせいで笑顔というのもよく分からないですが…あ、いや、やっぱり季節のせいということで…。",
    en=""
  },
  ["バンテイシ"] = {
    jp="至る所で宴会が開かれてみんな楽しそうだ。ヒメリュウキンカが迷子にならないよう団長も注意してやってね。",
    en=""
  },
  ["サンゴバナ"] = {
    jp="速く、害虫退治に行きませんか!?いっ…いえ、斬りたいだけ…てーわけじゃないですよ!",
    en=""
  },
  ["サンゴバナ(クリスマス)"] = {
    jp="騎士学校に新入生が入ってくることですし、今まで以上にお姉さんっぽくならないと駄目ですよね?<br>……とりあえず、お姉さんっぽい剣の振り方から始めてみます!",
    en=""
  },
  ["ニシキギ"] = {
    jp="今日もぽわぽわと平和ですね~。騎士にとって、平和こそが、天敵かもです~。ふひは~ん。",
    en=""
  },
  ["モミジ"] = {
    jp="休みの日に、お花見ですか。それは命令……ではないのでしょうね。<br>ええ、団長のお誘いなら、喜んで。",
    en=""
  },
  ["モミジ(クリスマス)"] = {
    jp="雪も溶けて、どこにでも行けるようになってしまいましたね……<br>いえ、嬉しいことだって思います。ただニシキギが……はぁ、少し心配です。以前文字通り、三日三晩のお花見にチャレンジしたことがあって……<br>監視、今年も気をつけないと。",
    en=""
  },
  ["イチョウ"] = {
    jp="できることなら、害虫たちとも分かり合いたいです。その荒ぶる魂を浄めれば、害虫たちも…。<br>あるいは、私たちと同じように、こうして春の風を愉しむことができるのではないでしょうか。",
    en=""
  },
  ["ホオズキ"] = {
    jp="とても厳しい寒さを乗り越え、この大地に今、新しい命が芽吹こうとしています!<br>そう、それは……このホオズキちゃ~ん!どうも~私はホオズキちゃんだきぃ!<br>春になると、このようにテンションがフワフワするのです~♪ 取り扱いには注意しましょう♪",
    en=""
  },
  ["モミノキ"] = {
    jp="春時雨……春に突然パラパラと降っては止むにわか雨。<br>……晴れ間から雨が降るなんて、なんだか神秘的です。春にも個性があるんですね。<br>団長さんと一緒に、その個性を楽しめてラッキーです。うふふっ♪",
    en=""
  },
  ["マツ"] = {
    jp="あそこにいるのは騎士学校の入学生でしょうか?きょろきょろとあたりを見まわして迷っているようです。<br>ええ、私にもそれぐらい想像できます。行って来ますね",
    en=""
  },
  ["ヒトリシズカ"] = {
    jp="……ぼっ……ぼっけんをもとうが……ねむけにはかてないことがわかりましたぁ…………。<br>……わぁっ、あっ、あの団長さん、これは……ぁぅぁぅぁぅ……団長さんの腕枕なんて……<br>あっ、ドキドキして……ね、眠れる訳がありませんよ……。",
    en=""
  },
  ["ナンテン"] = {
    jp="春は出会いの季節、な~んて。つまり、発情期ってことよね。あの赤いナースも変わらず盛ってんでしょうねぇ。",
    en=""
  },
  ["シャクヤク"] = {
    jp="日課の筋トレをしてたら……新人の方に言われてしまいました……。<br>「私も、害虫を倒すために鍛錬します」、って……。<br>なんだか……申し訳ない気分でした……。",
    en=""
  },
  ["シャクヤク(ハロウィン)"] = {
    jp="ポカポカ陽気……えへへ、団長さんもおねむですか?目、トローンってしてます。<br>我慢無理そうでしたらその……私、膝枕しますよ?足、あまり鍛えてませんから、柔らかいって思います。よかったら、使ってみてください。",
    en=""
  },
  ["シャムサクララン"] = {
    jp="どうしよう。団長に抱き着いてると、眠くなっちゃう。春の陽気のせい?ううん、きっと、安心しすぎちゃうから。<br>これは、まずい。病みつきになる。というかもう、なってる。団長、私、もう寝ちゃいそう。ベッド、連れてって。",
    en=""
  },
  ["シャムサクララン(クリスマス)"] = {
    jp="明るいお昼のお花見だと、あなたはやっぱり恥ずかしい?私きっといっぱいくっついて団長に色んなこと言っちゃうと思う。<br>それを恥ずかしいって思うなら夜のお花見に行こう。そこでならきっと人も少ない。ラブラブしてても誰も気にしない。<br>むしろみんなラブラブしてる筈、いろんな意味で。そこでなら団長からもラブラブして……くれるよね?",
    en=""
  },
  ["ハートカズラ"] = {
    jp="春は新しい事を始める絶好の機会!あたしと一緒に新生活スタート!ハーレム生活応援キャンペーン!<br>よし!これならいける!団長さんだってきっと……って団長さん!今の聞いてたの!?",
    en=""
  },
  ["ユキノシタ"] = {
    jp="んぅ……春眠暁を覚えずってねぇ……んぁ……。<br>こうあったかくっちゃ眠くなってしかたないよー。<br>仕事なんかぽーいしてさー、昼寝でもしようよぉ……だんちょうぉ……。",
    en=""
  },
  ["クモマグサ"] = {
    jp="この時期になると、騎士学校に入学したときを思い出します。<br>高い場所から見つけた花騎士に憧れて、あの人たちみたいになりたくて、それで、団長さんに……。<br>私よかったです。高いとこが好きになって、本当によかったです!",
    en=""
  },
  ["ネモフィラ"] = {
    jp="この季節になると外で毎日のように宴会が開かれてますね。私も何度も参加しました。<br>もちろんリリィウッド観光大使としてです。人が集まる席なので宣伝効果は高いはずです。うふふ",
    en=""
  },
  ["イカリソウ"] = {
    jp="団長~。んもぉ、団長ってばぁ~!騎士学校の新入生さんが気になるのは分かるけど、ちゃんとわたしのことも構ってくれなきゃダ~メ~",
    en=""
  },
  ["ツユクサ"] = {
    jp="夜、お月さまの光に照らされたお花見というのもいいものですよね。",
    en=""
  },
  ["キリンソウ"] = {
    jp="森の散歩?ああ、たまにリカステに誘われて行くぞ。歩くことは嫌いではないが、楽しいというより仕事の一環だからな。<br>プロテアの完全な護衛のためには少しでも地形を正確に把握する必要があるんだ。だから人より多く歩く。慎重にな。",
    en=""
  },
  ["ハゼ"] = {
    jp="春になったからかな~?騎士団も街の中も、皆さん浮かれてる気がするぅ。<br>あたしもなんだかぁ、ふひひ♪心、ウキウキしてるみたい♪<br>あ、でも、ちゃんとお手伝いはするからね?失敗もしないから、遠慮しないで命令ちょうだい?",
    en=""
  },
  ["アナナス"] = {
    jp="次のお休みの日、家族みんなでピクニックに行くんだ~♪<br>ママがお弁当を作ってくれるんだよ?すっごく楽しみ♪ 早くお休みの日にならないかな~。待ち遠しい♪",
    en=""
  },
  ["ペペロミア"] = {
    jp="春は出会いの季節っていうけど、ダーリンと出会ったのも春だったんだよね~?<br>あの時は、幻の風水アイテムを追い求めて突き進んじゃって……でも、そのお蔭でダーリンに会えたんだから、ラッキーだったな~♪",
    en=""
  },
  ["ユズリハ"] = {
    jp="草花も新しく芽生えて色づいてきたわね。こういう季節は好きよ。辺りが若さに満ち溢れている感じがするもの。",
    en=""
  },
  ["プロテア"] = {
    jp="あ、団長さん、このお菓子どうですか?カヌレっていうんです。<br>花のお酒で少しだけ香りを付けてあるんですよ。これ、オトメギキョウちゃんが大好きなんです。",
    en=""
  },
  ["コマクサ"] = {
    jp="暖かくなったし、姉さんを川にでも誘おうかしら? 釣りに付き合うのよ。<br>楽しそうにしてる姉さんをゆっくり眺めながら……お魚は美味しく頂けるし、一石二鳥よね?",
    en=""
  },
  ["リムナンテス"] = {
    jp="春は素敵ですぅ。 ポカポカしていて、それだけで楽しい気持ちになってくるです。<br>まさに、愉快なリムちゃんにピッタリの季節なのです♪",
    en=""
  },
  ["サンデリアーナ"] = {
    jp="厳しく辛い冬を超えて、新しい命が生まれてるネ!もちろん!生まれてきたからには大きくなるヨ!<br>私も負けてられない!バンブーーー!!!あれ?",
    en=""
  },
  ["アサザ"] = {
    jp="ぽかぽかしてると私の膝枕でお昼寝したくなるって、ミッちゃんが言ってました。……よかったら、団長さんもいかがですか?<br>ミッちゃんは踊り子の練習に行ってますし、今なら空いてますよ。",
    en=""
  },
  ["ミツガシワ"] = {
    jp="あっちゃんとピクニックに行くと、いつも豆の入ったご飯を作ってくれるんだよ!ミィね!豆って大好きなんだぁ。",
    en=""
  },
  ["タイリンオモダカ"] = {
    jp="暖かくなると、クーちゃんがすぐ虫の観察に行こうとするの。害虫がいて危ないから止めるんだけど、「今年は団長さんがいるから」って。<br>は~ぁ、お姉ちゃんよりあなたの方がいいのかな~?ちょっと悔しい。",
    en=""
  },
  ["ウサギゴケ"] = {
    jp="おめめ、とろーん……。団長、おねむ? お仕事できない?<br>だったら、ツキトジ呼んできてあげるの。寝ながらでもお仕事できる方法、きっと教えてくれるの。",
    en=""
  },
  ["ビバーナム"] = {
    jp="花騎士のみんなも街の人も、何だか元気で楽しそう♪<br>こんなに活気づいてるの見たら、春が来たって感じするし! あたしもみんなに負けないように、元気一杯で過ごさなくっちゃ!",
    en=""
  },
  ["バイカソウ"] = {
    jp="私、あなたとお花見したいです。だけど、できる場所知らなくって……。ですから、場所取り、お願いしてもいいですか。<br>もちろん頑張ってくれればご褒美を……あっ、お料理も用意しといてください。",
    en=""
  },
  ["スターチス"] = {
    jp="私、街の方まで出かけてくる!<br>春になって害虫も活発に行動するはずだから、いつもより周辺の見回りには注意しておかないと。",
    en=""
  },
  ["ニレ"] = {
    jp="季節ごとの公演もネタが被らないようにするのは大変だなー。<br>座長がもうちょっと頼りになればいいんだけど……あの子の場合仕方ないかなぁ。<br>扶養家族だって言ってる手前あたしが頑張らないと。ってことで団長、何かネタをプリーズ。<br>ちょっと締め切りがヤバいんだ。",
    en=""
  },
  ["マイヅルソウ"] = {
    jp="これから花騎士のみんなとパトロールに行ってきますね?<br>春は害虫の動きも活発になりますから、この国の人達の為にしっかりと見回ってきます!",
    en=""
  },
  ["ビバーナム(ベイサボール)"] = {
    jp="さっきまでスノーベリーとキャッチボールしてたんだ♪ 雪合戦だけじゃなくてベイサボールでもあたしと勝負したいんだって!<br>また、競争ごとが増えちゃったけど、そう言う挑戦ならあたしも望む所かな♪",
    en=""
  },
  ["ハナイ"] = {
    jp="団長さん、お弁当作ってきたよ。はいっ、食べさせてあげるから口を開けてね?<br>……あれ?お弁当って、そういうものじゃないの? でもせっかくだから、はいっあ~~ん♪",
    en=""
  },
  ["クレソン"] = {
    jp="春の味覚はぁっと、やっぱロータスレイクでポワッソンの調達が一番かな?<br>…ってことだから、ロータスレイク行こうよ。美味しいムニエル作るから!",
    en=""
  },
  ["ストック"] = {
    jp="私の大好きな雪が融けていく…。ちょっぴり、悲しい気もしますけど…えへへ。<br>雪が降る景色も綺麗でしたけど、 融けていく景色もきれいですね。",
    en=""
  },
  ["アイリス"] = {
    jp="また新たな一年が始まりますね。スケジュール管理はしっかりやらないと。",
    en=""
  },
  ["カキツバタ"] = {
    jp="ミズバコパですか? 今、お昼寝中です。今日は特に、風が気持ち良いですからねぇ……。<br>団長様もお昼寝しますか? 護衛はわたくしにお任せください!",
    en=""
  },
  ["ニワゼキショウ"] = {
    jp="団長どのがお花見しているあいだ、周囲の警備は任せてねっ!もちろん、危なくなったらすぐに助けを呼ぶから。<br>みんなにはお世話になってるし、ニワちゃんお役に立ちたいんだ~♪",
    en=""
  },
  ["スパラキシス"] = {
    jp="あぁ~、頭クラクラするぅ~……。お酒の匂いだけでこんなとか……。お花見会場通りすぎただけなのに……。<br>うぅ……なんかぽぉってしちゃう~。団長さん、膝枕お願い~。",
    en=""
  },
  ["アヤメ"] = {
    jp="お花見の席で、我が主にご教示いただきたいことがあります。それは、「お酒との付き合い方」です。<br>女王ならば酒席の機会は多く、飲みすぎて乱れれば、品格にも関わります。<br>わたくしがお教えできればよいのですが……。血筋ゆえ、それも叶いませんので。",
    en=""
  },
  ["トリトニア"] = {
    jp="うぅぅ~、うぅぅー…!クコがお花見の場所取りに行ったんだけど、一人で大丈夫かな…?<br>迷子になってないよね?誘拐されてないよね?あぁぁ~、心配だよ~!<br>…ちょっとだけ様子見てきていい?…ダメ?お仕事がある!?なんでよ~!",
    en=""
  },
  ["スミシアンサ"] = {
    jp="団長、今度のお休み、お花見行くってほんとか? 歌って踊って、食べて飲んで大騒ぎするんだろ?<br>スミも、スミも行くからな!? 絶対連れていくんだぞ! 絶対のぜったいだからな!!",
    en=""
  },
  ["ロベリア"] = {
    jp="ちょっと団長!いくら暖かいからって、そんなところで昼寝をしていては風邪を引くわよ?<br>確かに気持ちのいい陽気ではあるのだけど……しようがない人ね……。",
    en=""
  },
  ["サワギキョウ"] = {
    jp="今から走り込みに行きますけど、団長様も一緒にどうですか? 今日は天気もいいですから、きっと気持ちがいいですよ!",
    en=""
  },
  ["ヨメナ"] = {
    jp="だいぶ暖こうなってきたなぁー。ウチ、この季節は好きやな~。のんびりできるいうかー。<br>……ウチはいつものんびりしとる? せやろかー?",
    en=""
  },
  ["コオニタビラコ"] = {
    jp="団長おにーちゃん、いっしょにお外に遊びにいこー!<br>うん、いまのはハコちゃんの真似した……<br>元気に誘えば、デートに誘っても恥ずかしく感じないかな~って……<br>えへへ、そう思ったけど、やっぱりちょっと顔が熱くなっちゃうね……",
    en=""
  },
  ["アステリカリス"] = {
    jp="あ...!団長様!この後、お暇はありますか?<br>もしよろしければ、一緒にお花見しませんか?<br>実はパルファン・ノッテで移動中に見つけた、穴場スポットがあるんです。<br>きっと気に入ってくださると思います!",
    en=""
  },
  ["ツワブキ"] = {
    jp="今日の任務は、お昼寝ですか?まさか、わたしのことが必要なくなったんじゃ……。<br>違うんですか?本当ですよね?じゃあ、命令通りにお昼寝します。お休みなさいです!",
    en=""
  },
  ["リシマキア"] = {
    jp="だいぶ暖かくなってきましたから、団長さんの冬服を、ぜ~んぶしまっときました。<br>薄着で風邪をひいたら、わたしが看病してあげますからね~。",
    en=""
  },
  ["クリンソウ"] = {
    jp="団長くん、一緒にお花見行きましょう?うかうかしてると、花弁が全部散っちゃうかもしれないしね?<br>うふふ、ほらほら、急いで急いで~?",
    en=""
  },
  ["ラミウム"] = {
    jp="新人の子がたくさん来る季節だし、しっかり勉強して恋愛経験豊富に見せないと…!<br>あぁ…なんでこんな見栄張っちゃったんだろう…。 …って、団長くん!<br>な、なんでもないわ…おっほほほほ…!恋の悩みなら、お姉さんに任せなさい!",
    en=""
  },
  ["タツナミソウ"] = {
    jp="花を一輪貰ってもいいかな、団長? いや、こっちでしか見れない花だから、実家に送ろうと思って。<br>ほら、妹と弟が喜びそうでしょ? 長女らしい事をしてあげたいんだよね。",
    en=""
  },
  ["オレガノ"] = {
    jp="芽吹きの季節に合わせて、すっきりとしたシプレ系の香水を調合してみました。良い香りになっているでしょうか?<br>あ、そんなに近くで嗅がれては、嫌ではありませんが、少々恥ずかしいです。",
    en=""
  },
  ["ヒツジグサ"] = {
    jp="アヤメといると、お酒は飲めません。ですが、信頼できる殿方と一緒なら…。あ、あの、団長様!<br>機会があれば、二人っきりでお花見に…。わたくしとお酒をご一緒して頂きたいです。",
    en=""
  },
  ["ミズヒキ"] = {
    jp="宴会宴会♪どこもかしこも楽しげな声が溢れています!<br>移ろう春というのは初めてですが……いやー、悪くないものですね!<br>私も負けてはおれません! 気合が入りまくりです!",
    en=""
  },
  ["ヤマブキ"] = {
    jp="……ふあっ……あぁ~……。団長ー、少しは面白い話でもしたらどうだ?あまり私を放っておくと、寝ちゃうだろ?<br>……って、別に、構って欲しいわけじゃないからな……?",
    en=""
  },
  ["バイケイソウ"] = {
    jp="話しかけたってことは、私を、お花見に誘うつもりなの……?下心とか無いでしょうね。<br>私を、酔わせて、とか、そんな……恥ずかしいけど、団長さんなら、私……もうっ!ヘンタイなんだから!",
    en=""
  },
  ["バイカモ"] = {
    jp="えへへー、いいもの見ちゃったカモ!路地裏で壺見つけて中を見たらちっちゃいネコさん入ってたカモ!<br>春だから赤ちゃんカモ!えへへー、やっぱり壺には幸せ入ってるカモ♪",
    en=""
  },
  ["キツネノボタン"] = {
    jp="厳しい冬が終わって、新しい命が芽吹いてきた。<br>ここまで分かりやすい変化はやっぱり新鮮、ロータスレイクと違う。<br>見てるだけで楽しい、楽しい、えへへ♪",
    en=""
  },
  ["トウカ"] = {
    jp="ブロッサムヒルの花吹雪は……美しいですね。ロータスレイクとは隣でしたが、今まで行く機会は無かったですから。<br>こうした新たな世界の尊さを知る度、争いの無い日々のために頑張らなければ……と、より感じるようになりました。",
    en=""
  },
  ["ホルデュウム"] = {
    jp="春は一年で最高の季節です!眠っていたいろんなものが目覚めて、元気いっぱいに駆け回ります!<br>ホーちゃんたちも負けていられません!一緒にお散歩行きましょう!",
    en=""
  },
  ["ムギ"] = {
    jp="お花見といえば宴会、そしてビール♪ 団長さん、お酒のことなら任せて?ムギ・ブルワリーのビールを大盤振る舞いするよ?",
    en=""
  },
  ["ヤマゴーヤ"] = {
    jp="大分暖かくなってきたねー? これからがマーヤの本領発揮っぴゃー! 明るく元気に、いっぱい いっぱい いぃ~っぱい! イタズラしちゃうっぴゃー!",
    en=""
  },
  ["ガウラ"] = {
    jp="暖かくなってくると、ちょっと踊ってみたくなることがあるの。祈りを届ける舞ではなく、ただ自由に、思うままに。<br>ラ~、ララーラ、ララーラ……♪",
    en=""
  },
  ["ミズバコパ"] = {
    jp="すっかり暖かくなってきて……気持ちいいな~♪ 思い切り暴れまくって、害虫デストロイしたい……んぅ……ふわぁ……<br>でも、暖かすぎて……眠くなってきちゃったぁ……クゥ……クゥ……。",
    en=""
  },
  ["リンデルニア"] = {
    jp="はぁ……はぁ……はぁー……<br>はぁ……あれ?団長さん!ごめんなさい、ちょっと、持久走を終えたばかりで……<br>はぁ……はぁー……ふぅ……今の時期、春風が気持ちいいですね。",
    en=""
  },
  ["クガイソウ"] = {
    jp="お日様、暖かい。ロータスレイクよりとってもぽかぽか……。<br>こういう感じ、あたし知らなかった……。えへへ♪ なんかうれしいな♪",
    en=""
  },
  ["アデニウム"] = {
    jp="さっき、子供達に花飾りを貰ってな。そうだな、本当にこどもたちには懐かれる。どうしてだろうな。",
    en=""
  },
  ["クコ"] = {
    jp="隊長 スペース 心配 お花見 人 たくさん そわそわ……そわそわ クコ 頑張る 団長 お花見会場 地図 所望 隊長の代替 クコ 発奮",
    en=""
  },
  ["フユサンゴ"] = {
    jp="んっ……私としたことが、おむすびを食べ過ぎたようです。お腹が、少しぷにっとしてしまいました。<br>夏までに削ぎ落とせるよう、鍛錬のメニューを厳しくしましょう!そうでないと……水着を着られません……。",
    en=""
  },
  ["ヒヤシンス"] = {
    jp="お花見で突然始まるゲーム大会とかあるでしょ?私、ああいうので負けたことないのよ?<br>一緒にお花見に行って、本当かどうか試してみない?",
    en=""
  },
  ["カガミ"] = {
    jp="暖かくなってきたせいか、ケセランとパサランも元気が良いようです。団長様も、同じような気分でしょうか?<br>実を言うと、私もそうなんです。どこかへお出かけしてたっぷりお日様を浴びたいって思っています。",
    en=""
  },
  ["ミズアオイ"] = {
    jp="ふあぁぁぁ…うぅ…眠い、眠いよぉ。お仕事まだあるのに…ほわあぁぁ……<br>これはもうコナギちゃんに膝枕…して…もらわないと……",
    en=""
  },
  ["ポンテデリア"] = {
    jp="団長……眠そうだなぁ? どれ、私が目を覚ましてやろう。<br>今から目を閉じて槍をぶん回すから、団長は頑張って避けてみてくれ!なるべく当てないようにする♪ ではいくぞー?",
    en=""
  },
  ["セダム"] = {
    jp="ぽかぽか陽気……ピクニック日和……。はぁ……。<br>皆様、行ってらっしゃるんでしょうね。私も行きたい。行って&quot;キャッキャウフフ&quot;してみたいです……。",
    en=""
  },
  ["ヘナ"] = {
    jp="ケサラン、不思議。パサラン、不思議。空気、温暖。どちらも、にこにこ。<br>何者?ヘナ、判別、不明。不思議、生物……。にぃに、詳細、承知……なの?",
    en=""
  },
  ["ウルシ"] = {
    jp="いい天気で風も気持ちいいし、絶好のお洗濯日和。団長さんのお布団も干しておくわね。<br>寝汗とかできっと凄いし。ん?ふふふっ、そうね二人分の寝汗だものね。",
    en=""
  },
  ["フェンネル"] = {
    jp="だ、団長?ちょっとお出かけしない?で、で、で、デートがしたいとかそういうんじゃないわよ!<br>暖かくなってきたからどこか行こうかなって思っただけで……とにかく、さっさと準備しなさい!この馬鹿!",
    en=""
  },
  ["アンゼリカ"] = {
    jp="団長さん、団長さんっ! ちょっと……ちょっと、こっち来てくれます?<br>あのう、ちょっと……お願いがありまして……。<br>お花見に出てる花騎士の皆さんが私のうわさ話とかしてないか、<br>確認しておいてくれません? や、やっぱ気になるんですよー!<br>そういうお年頃なんです! じゃ、頼みましたよー!",
    en=""
  },
  ["エリンジウム"] = {
    jp="暖かくなって、外で宴会するのも多くなったよね。団長さんは、参加したことある?もしあるなら、今度私も一緒に行きたい!<br>お酒は飲めないけど、雰囲気だけで味わってみたいの。",
    en=""
  },
  ["ブプレウルム"] = {
    jp="夜のお花見? 別に一緒に見るのはいいけど……。へぇー? 意外とロマンチックなとこあるのねぇ。ふふっ♪",
    en=""
  },
  ["フェンネル(温泉浴衣)"] = {
    jp="ねえ、今度お花見に行くって話だけど……二人きりになる時間はあるの?<br>別に、いちゃつきたいって言ってる訳じゃないわよ?<br>みんなに隠れて変な事は出来ないし……フリじゃないんだからね!酒の勢いとか、絶対に許さないんだから!",
    en=""
  },
  ["ハス"] = {
    jp="この春も、幾多の出会いと別れがあるだろう。<br>しかし、去る者は追わず、来るものはこまわず<a id=\"notetext_1\" href=\"#notefoot_1\" class=\"note_super\" title=\"拒まず?\">*1</a>、だ。<br>私は、それが一番だと思う。",
    en=""
  },
  ["ハス(ジューンブライド)"] = {
    jp="新入生の列を見ると騎士学校に行っていた時のことを思い出す。<br>私はあそこで様々なことを学んだ。あの時間がなければ今の私なかっただろう。",
    en=""
  },
},
["spring003"] = {
  ["ヤクノヒナホシ"] = {
    jp="騎士団のみんな、すっかり酔い潰れちゃったね? 団長ちゃんと二人っきりの夜桜……ヒーちゃん、こういう風流なのも好きだよ?<br>チュッ……えへへ♪ 今は誰も見てないもん!",
    en=""
  },
  ["アリッサム"] = {
    jp="陽射しが暖かくて気持ちいいですね? ちょっと……お昼寝したくなってきます。んぅ~、我慢、我慢。<br>えっ、膝枕してくれるんですか? ……甘えてしまってごめんなさい。んぅ~~。",
    en=""
  },
  ["スズシロ"] = {
    jp="この間、騎士学校の卒業式を見てきました。みんな良い顔をしていましたよ?<br>先輩として彼女達の期待に応えないと! 身が引き締まる思いです。",
    en=""
  },
  ["ジャーマンアイリス"] = {
    jp="うーーっす、団長! 春の嵐が吹き荒れてるっすけど、こーゆー向かい風の日こそ、出掛けるっすよ!",
    en=""
  },
  ["サフラン"] = {
    jp="春物はいいわね♪ 作ってるこっちもウキウキするの。今年の新作にはそういう気持ちを込めたつもり。<br>ふふっ♪ みんなお洒落を楽しんでくれるといいな。",
    en=""
  },
  ["ジャーマンアイリス(七夕)"] = {
    jp="団長~団長~うん?もしかして寝てるっすか?う~ん、うぇへへへ、かわいい寝顔っす。<br>毛布とってくるっすぅ。いい夢見るっす!",
    en=""
  },
  ["オジギソウ"] = {
    jp="むにゃむにゃ…ん…ふぁ~… お天気が良くて暖かいので、ここでお昼寝してたんです~<br>ふぁぁ~…あれ?もうお昼なんですね~ えへへっ、団長様の夢を見てました~",
    en=""
  },
  ["サフラン(クリスマス)"] = {
    jp="エキナセアと一緒にお出かけしたら、凄く風が強くてね。<br>すれ違う人達を心配して声をかけたり、私には少しお茶してから帰ろうか、なんて言ってきたりしたの。<br>ああいう気の使い方が、エキナセアのいいところなのよね、ふふふ。",
    en=""
  },
  ["シーマニア"] = {
    jp="ふあ~……「春眠暁を覚えず」です、もう少し寝かせて…………って、もうこんな時間ですか!?<br>す、すまねぇです、今すぐ準備をっ……あ、あれ?もしかして、団長さんも今起きたばかりです?",
    en=""
  },
  ["デージー"] = {
    jp="今日はお花見なのだー。デージー、頑張ってお弁当を作ってきたのだよー。思う存分味わってほしいのだ。",
    en=""
  },
  ["サイネリア"] = {
    jp="ぽかぽか暖かくなってきましたね~♪<br>お外に出やすくなって、自然と気分も盛り上がって笑顔になれるので、この季節は大好きです!",
    en=""
  },
  ["カレンデュラ"] = {
    jp="春の陽気に誘われて、出てくる害虫は多いみたいですね。<br>一体、何を期待しているんでしょうか?<br>バッタリ会うなら、害虫じゃなくてお姉ちゃんがいいのに……",
    en=""
  },
  ["ピンポンマム"] = {
    jp="団長、ちょっといいかしら。あら?寝てるの? ふふ、団長の唇おいしそうね。<br>寝てるしいいわよね? それじゃEet smakelijk チュッ",
    en=""
  },
  ["カカリア"] = {
    jp="春っていいよね。もちろん、芸術の秋!もいいんだけど、春は優しくて明るい色が多いから、<br>パレットを見てるだけでわくわくしてきちゃうよ!",
    en=""
  },
  ["ウィンターコスモス"] = {
    jp="お花見の名所には、夫婦(めおと)……と、そういう風に呼ばれる木があるそうです。<br>互いにあり続け、離れないで、ずっとずっと花を咲かせ続ける。<br>あぁ……私もいつか……団長さまとそんな風に……。",
    en=""
  },
  ["デージー(ハロウィン)"] = {
    jp="おおおおお~、突風が吹いているのだー!流石、春一番と呼ばれているだけは、あるのだよー。<br>それでもデージーは負けないのだ。向かい風だって、デージーは全力で走り回ってやるのだー!",
    en=""
  },
  ["プリムラ"] = {
    jp="春は、たくさんの子たちが、夢を追いかけるために誰かと別れ、あるいは誰かと出会う季節です。<br>一人でも多くの子が、夢を追えるように、私は害虫を倒します!",
    en=""
  },
  ["サルビア"] = {
    jp="ん~!いい天気~!お日様も気持ちいいし、絶好の行楽日和って感じだ!<br>団長さん!こんな春らしい日は出かけなくちゃダメだよ!ほら!お仕事はちょっと休憩!散歩に行こ!",
    en=""
  },
  ["チェリーセージ"] = {
    jp="春ですよー! 草も木も花も、世界中が元気で満ち溢れてます! もちろん、あたしも元気一杯です!<br>今ならどこへでも、ひとっ飛びで荷物をお届けできる気がしますよー!",
    en=""
  },
  ["ローズマリー"] = {
    jp="やあ、おはよう団長!あっはは、どうしたって?いつも通りさ。<br>普段と違うことといえば……そうだな、昨日十時間睡眠をしたくらいかな。春眠暁を覚えず。あははは!",
    en=""
  },
  ["レオノチス"] = {
    jp="最近、風の強い日が多いと思う。<br>尻尾が風でゆらゆらするのはかわいいけど、スカート捲れちゃいそうににゃるし、すっごい大変にゃの。",
    en=""
  },
  ["ホワイトパンジー"] = {
    jp="春は卒業と入学の季節。この時期なると、いつも思ってしまうんです。騎士学校にいる妹は、ちゃんと一人前になれるのかどうか。姉としては、どうしても心配になってしまいます。",
    en=""
  },
  ["イエローパンジー"] = {
    jp="アイスは冬が一番だけど、春のアイスも悪くないな〜。もちろん夏も秋もいけるし。ふふふっ♪ アイスってやっぱり最強だね!だんちょ、一口あげる!あ〜ん……",
    en=""
  },
  ["パープルパンジー"] = {
    jp="日中の眠気がすごいです。姉がよだれ垂らして寝ている姿なんて、もうさいっこうにブサイクです。とてもよそ様に見せられないです。<br>ま、そのおかげで自分は!絶対に!居眠りしないって思えますから姉には感謝してます。",
    en=""
  },
  ["イヌタデ"] = {
    jp="ねぇねぇご主人、お花見に行きたい!行きたぁい行きたぁい連れてってー! ……んむぅ、だって、お外でご飯食べて遊ぶんでしょ?<br>ボクもやってみたいよぉ!ご主人としたいのー! ……え?ホント!?連れてってくれるの!?嬉しいワン!",
    en=""
  },
  ["ツバキ"] = {
    jp="春は穏やかでいいですね……。木や草花、風でさえ、春の穏やかな陽だまりの中で寛いでいるような気がします。<br>私もこの穏やかな空気の中で、のんびり読書でも楽しみたいです。",
    en=""
  },
  ["ツバキ(フォスの花嫁)"] = {
    jp="暖かくなってきましたねぇ。花の香りが満ちてきて……良ければ、一緒にピクニックでも行きませんか?",
    en=""
  },
  ["ブラックバッカラ"] = {
    jp="すっかり春になったなぁ。いい天気じゃねえか!<br>こういう日は害虫退治でもして、思いっきり体を動かしたいもんだぜ! ……なあ、出撃命令は無いのか?",
    en=""
  },
  ["ロイヤルプリンセス"] = {
    jp="今日は風が強いですねぇ、春一番というやつでしょうか。<br>団長さんも気をつけ……あっ!団長さん、いけません!こっちは見ないでください……わぁ!また!もう、罪な風です!",
    en=""
  },
  ["ノヴァーリス"] = {
    jp="春は、雪の下から新たな命が芽吹く季節。<br>産まれくる命、今を生きる命、全ての命をこの世界は愛をもって祝福してくれます。<br>如何なる害虫にもこの愛は負けません。わたくしは、そう確信していますわ。",
    en=""
  },
  ["モケ"] = {
    jp="春眠、暁を覚えず! ……モケ、難しい言葉を知ってるのだぜ♪<br>え? 意味? ええっと~……春は眠かったら思いっきり寝てもいいってことなのぜ!……たぶん。",
    en=""
  },
  ["ビワ"] = {
    jp="こんな陽気な日に琵琶を弾くのは、気持ちが良い。<br>気持ち良い時に琵琶を弾くと心が落ち着いてくる。でも団長と一緒にいるとそれ以上に、心が落ち着く。",
    en=""
  },
  ["スノードロップ"] = {
    jp="今日もポカポカしていい天気ですね~。<br>厳しい寒さを乗り越えたからこそ、お日様の光が身に染みます。<br>逆境を乗り越えてこそ希望はより強く輝くものです!",
    en=""
  },
  ["エウカリス"] = {
    jp="天気も良く、気持ちいい季節ですね。団長さん!こういう日は絶好の大掃除日和です!<br>執務室を雑菌一つないほど、ピカピカにしましょう!",
    en=""
  },
  ["ミモザ"] = {
    jp="春って色々なお花の香りがして大好きなんです。お日様の匂いも良いですよね?<br>でも……一番好きなのは、団長様の匂いです。",
    en=""
  },
  ["アルストロメリア"] = {
    jp="あったかいね~。こ~んなにあったかいと、うとうとしちゃうよ。<br>ふわぁ……団長の膝枕、気持ちいい。このままずっと幸せだったらいいな。<br>うふふ……すぅ……すぅ……ずっと……一緒だよ……団長……ねっ。",
    en=""
  },
  ["アルストロメリア(未来への感謝)"] = {
    jp="今日は、風も陽射しも気持ちいから、一緒に日向ぼっこしよ?<br>体動かすのも好きだけど、こんな風にまったりするのも……けっこう気持ちいい~♪<br>ムニャムニャ……団長、おやすみ~。",
    en=""
  },
  ["オンシジューム"] = {
    jp="ばあっ! 団長、驚いた? ……こんな所でお昼寝? 暖かいもんねぇ~。うんうん……ってダメダメ!<br>一緒に遊ぼうよぉ! ね~え、ね~え~!?",
    en=""
  },
  ["シンビジューム"] = {
    jp="ふわぁ~あ…あ、えっと、あ、はい、寝てません!何も問題ありませんよ、団長さん。",
    en=""
  },
  ["デンドロビウム"] = {
    jp="春から新しい環境に身を置く人は、沢山いますよね。失敗したり、挫折したりする事も、あると思います。<br>でも、失敗や挫折も、一つの経験なのです。人生において、経験に勝る財産は無いと、私は思います。",
    en=""
  },
  ["カトレア"] = {
    jp="あなた、夜にお花見をしたことある?昼間とは違った良さがあるわよ。<br>よかったら、私と一緒に今夜出かけてみない?あ、そうそう、デンドロビウムには内緒よ。",
    en=""
  },
  ["イオノシジウム"] = {
    jp="……ふぁ~~、良い季節ね~ 永遠にゴロゴロ出来る気がするわ~<br>害虫も私を見習ってゴロゴロしてれば良いのに~<br>…………そういう訳にも……いかない、か~……",
    en=""
  },
  ["オンシジューム(フォスの花嫁)"] = {
    jp="団長! こんなに良い天気なんだから、お花見行こうよ! お弁当も作ったんだよ? にっひひ~♪<br>もちろん、あたしの手作り! 愛妻弁当❤……だよ♪",
    en=""
  },
  ["カトレア(水着)"] = {
    jp="今日も風が強いわね。春の嵐ってやつ?……きゃっ!?うっ……うふふ。もう、髪がぼさぼさになっちゃったわ。<br>この風は、屋敷の中だと味わえないわね。",
    en=""
  },
  ["イオノシジウム(クリスマス)"] = {
    jp="団長さん! 今日は天気も良いし、お仕事は程々にしてピクニックに行くわよ!<br>ふふーん♪ そうと決まれば……グリーンベルとカタバミに、クリスマスベゴニアも呼ぶわ! みんな喜んで付いて来るわよ~♪",
    en=""
  },
  ["カトレア(光華の姫君)"] = {
    jp="屋敷で籠ってるだけだと判らないことは、たくさんあるわ。春なんてその最たるものね。雪が消えた。花が咲いた。<br>けど、他にもあるの。土のにおい。風の暖かさ。命の芽吹き。外に出て、初めて知れたわ。これが…世界なのね。",
    en=""
  },
  ["パフィオペディルム"] = {
    jp="私と一緒に出かけたい?危険な戦場にでも行くつもりか?…何?花見に行くだけ?<br>そうか、思い違いをしてしまった。道中の護衛は私に任せるといい。害虫が現れても道を切り開いてやる。",
    en=""
  },
  ["トリカブト"] = {
    jp="あぁぅ…団長…お花見のお酒の匂いで、酔っちゃったみたいなの…ぅん…身体熱い…ん…服、脱ぐ…んー!<br>団長止めないで…ぁ、全部脱ぎたいの…!んぁ…じゃ、せめてパンツだけ…んっ…えぃ!",
    en=""
  },
  ["ミスミソウ"] = {
    jp="私が花騎士になるために家を出たのも、今日みたいな春の日でした。穏やかな空と暖かい風の感触を今でも覚えています。<br>入学後には大変な苦労をするのですが……あの日、一歩踏み出したことに後悔はありません。",
    en=""
  },
  ["ニリンソウ"] = {
    jp="ルドベキアがお花見しようって張り切ってたわ。あたしも張り切ってお弁当作らなくちゃ。<br>団長は何かおかずのリクエストはある? ……え? ……ふふっ♪ ……それは夜になったらね♪",
    en=""
  },
  ["レシュノルティア"] = {
    jp="だいぶ春めいてきましたね、団長さま!お花見にでも行きませんか?<br>今ちょうど綺麗な時ですし、お花は待ってはくれませんよ?",
    en=""
  },
  ["オリーブ"] = {
    jp="ぽかぽか陽気で心が安らぐね……平和な感じがするよ。ちなみに、ヴェルダンはどう? くるっくー、くるっぽー?<br>……ふむふむ、なるほど。 団長、ヴェルダンもね、「空が今にも落ちてきそうなくらい綺麗だ」って言ってる。",
    en=""
  },
  ["エノコログサ"] = {
    jp="この季節の縁側は、まさに天国にゃ~……太陽はぽかぽかして、空は真っ青で……。<br>ん、あぁ~……いくら寝ても寝たりにゃいにゃ~……むにゃむにゃ……。",
    en=""
  },
  ["エノコログサ(花祭り)"] = {
    jp="はぁ……はぁ……はぁ……キウイはどこにゃあーーーー!! 私もう堪らないにゃ! カジカジしたくて我慢できない!<br>そうにゃ……春が悪いにゃ。春とキウイが悪いにゃ! この季節にキウイを見てると……見てると……ぅ……うにゃあーーーー!!",
    en=""
  },
  ["オキザリス"] = {
    jp="今日もぽかぽかしてて、眠くなってきて……ふわぁ~~。ごめんなさい。ちょっと仮眠してきますね?<br>ムニャムニャ……団長さん……夢の中で会いましょ~~。",
    en=""
  },
  ["オキザリス(新春)"] = {
    jp="ふにゅぅふにゅ……カタバミお兄ちゃん、ぅ、その、言いにくいんだけど、『胸を揉まれたら大きくなる』って、迷信だと思うの……。<br>ふにゅう…………ふゎ!ごめんなさい、うたた寝してました。",
    en=""
  },
  ["マネッチア"] = {
    jp="新しい花騎士さんがたくさん入ってきましたね♪ うふふ♪ どんなお話が聞けるのか楽しみです~♪<br>ほら、団長様、さっそく話しかけに行きましょう。",
    en=""
  },
  ["ブバルディア"] = {
    jp="暖かくなってきたから、庭園の手入れにも力が入るよ。この時期になると花が咲いて、たくさんの人が見に来るからね。<br>仕事の合間でやっているとは言え、手が抜けないんだよ。ふふっ♪",
    en=""
  },
  ["ヤツデ"] = {
    jp="出会いと別れの季節……。団長さんも、過去に色々な出会いと別れを経験しているのだろう?<br>詳しく聞くつもりは無い。必ずしも良い思い出になるとは限らないからな……出会いも分かれも。<br>勿論、私は団長さんと出会えて心から幸せだよ?",
    en=""
  },
  ["シンクライリアナ"] = {
    jp="春の陽気が暖かくて、とってもいいお天気。団長さん、なんだか眠そうなの。眠たいときには、ゆっくり眠っていいの。<br>私もなんだか、眠くなって、なの……団長さんと、いっしょに……すぅ……。",
    en=""
  },
  ["ブルーエルフィン"] = {
    jp="暖かくなってきたね~、団長? ねえねえ、お散歩に出掛けようよ? にっひっひ♪ 団長と一緒に、おっ散歩♪ おっ散歩♪",
    en=""
  },
  ["ポインセチア"] = {
    jp="春はやっぱり出会いの季節だよね~!団長は、わたしに会えて嬉しかった?<br>……えへへ!もちろん!わたしも嬉しかった!団長に会えて、よかったよ!",
    en=""
  },
  ["ハツユキソウ"] = {
    jp="数々不幸を乗り越えて、漸く春に辿り着けました。……ふう、まるで春風が私たちを祝福してくれているようですね!<br>……どうです? この春風に乗って、このままおじいちゃんおばあちゃんになるまで二人一緒に!<br>……どうです?だめです?",
    en=""
  },
  ["ハツユキソウ(クリスマス)"] = {
    jp="だんだん外がポカポカしてきましたね。<br>……ですが……寒いのが苦手な私は、まだ部屋の中で過ごしたいです。<br>そしてできれば、布団の中が良いですね。",
    en=""
  },
  ["ホーリー"] = {
    jp="あ~! 団長! この辺でポインセチア見なかった? いや~それがさぁ、私がぼうっとしてる間に急にどこかへ行っちゃったみたいで……<br>だって、気持ち良い天気だったからさ~。だからお願い、団長! 団長も一緒に探すの手伝って~!",
    en=""
  },
  ["アロエ"] = {
    jp="団長ちゃんは今日も部屋でお仕事なの? も~! こんな春っぽい日に引き篭もってちゃもったいないよ!<br>休憩休憩! 一緒にお散歩行こ~♪",
    en=""
  },
  ["アロエ(バレンタイン)"] = {
    jp="団長ちゃん!団長ちゃん!アタシすっごいお花見スポット見つけちゃったよ、今から一緒にいこ!いこ!",
    en=""
  },
  ["ロウバイ"] = {
    jp="はぁ……。春になると新しい方が増えるじゃないですかぁ? その方達が、やっぱり私のおっぱいを……すごい見てくるんですよねぇ……。<br>目立ちたくないんですけどねぇ……。はぁ……。",
    en=""
  },
  ["ストレリチア"] = {
    jp="春は出会いの季節。ローズマリーに出会えたことも、こうして団長に出会えたことも、本当に感謝してる。<br>だから、その……改めて、よろしく団長。このストレリチア様のそばにいることができるなんて、感謝しなさいよ!",
    en=""
  },
  ["ベルゲニア"] = {
    jp="春は好きです。暖かいですし、色んな花が咲いていいですよね。<br>ヒメ様と外を散歩する時間も増えますし、あと雛あられも美味しいです。<br>団長殿もよければいかがですか?",
    en=""
  },
  ["ベルゲニア(ゴシックメイド)"] = {
    jp="春は出会いの季節です。私はヒメ様に出会えて本当に良かったです。<br>ヒメ様のお姿を見た瞬間に……私の世界は変わりました。たった一瞬で世界は変わるんです。<br>これから騎士学校に入学してくる生徒さん達にもそんな出会いがあればいいですね。",
    en=""
  },
  ["ツキトジ"] = {
    jp="春はぽかぽか陽気だから、やっぱり寝るしかないし。団長も隣で寝てくれたら最高だし~。<br>ベッドに連れてって……欲しいし~……ふぁ……くぅ……ふぁ……",
    en=""
  },
  ["クリスマスベゴニア"] = {
    jp="暖かい季節になり、気持ちいいのです。心も落ち着いて。<br>うふふ、団長さまったらもしかしてお眠ですか?でしたらわたくしとベッドへまいりましょう。",
    en=""
  },
  ["セルリア"] = {
    jp="春は“出会いと別れの季節”なんて言い方もありますね。教師になったら、もっと強く感じるのかもしれません。<br>教え子の門出に号泣したり、新入生と打ち解けられずに困ったりして……精神的に強くならないといけませんね。",
    en=""
  },
  ["ハイビスカス"] = {
    jp="やっと春になって、あの寒さから開放されたよ~。寒いのは苦手だから辛かったぁ~。<br>でも……ふぁ~あ……。暖かくなったら、今度は眠くなってきちゃった……。",
    en=""
  },
  ["クレナイ"] = {
    jp="ふああぁ〜。気持ちのいい天気ねぇ。こう言う時は、木陰で一休みが一番よ?団長さんも、どう?私が膝枕でもしてあげましょうか?",
    en=""
  },
  ["アジサイ"] = {
    jp="ねぇあんた、ちょっと散歩でも行かない?ゆるーっと、その辺を歩くだけ。<br>……何?こういうこと言うのが変って?私だって、たまには平和な道を選ぶわ?っていうか、いつだってそうだし。歩きたい道を歩いてるだけよ。",
    en=""
  },
  ["グラジオラス"] = {
    jp="春になって、害虫も活発になって来ましたね。厄介な相手は、すべて私にお任せください。必ずみなさんをお守りいたします。",
    en=""
  },
  ["キキョウ"] = {
    jp="この時期に芽吹いてくる可愛らしい草花を見ると、自然に宿る神様達に一層感謝したくなるわ。<br>私達も、世界花という神様を害虫から護るために、日々努力していきましょう!",
    en=""
  },
  ["ヒマワリ"] = {
    jp="風が暖かくなってきましたね~。それに、太陽が高く上るようになって、私も本調子です!よ~し!今日も元気いっぱい、頑張るぞ~!",
    en=""
  },
  ["ガイラルディア"] = {
    jp="宴会シーズンだね~♪ 団長もたまにはハメ外して騒いだりしたい?<br>よーし! じゃあヘレニウムも誘ってお花見行こうよ? ……え? ヘレニウムのお弁当目当てだろって? あはははー、バレた?<br>場所取りは私がするからさ~行こうよ~? ねえったら、だ~ん~ちょ~お~!",
    en=""
  },
  ["ヘレニウム"] = {
    jp="団長さんから借りていた、どてら……でしたっけ。あれのおかげで、厳しかった寒さも辛くありませんでした! あれいいですね、どてら!<br>ぜひバナナオーシャンでも広めて……あぁ、バナナオーシャンではどてらの使いみちがありませんでした……残念です……ぐしゅ……。",
    en=""
  },
  ["ガザニア"] = {
    jp="こんな暖かい日は、甲板でお昼寝するのがとても気持ち良かったんですが……ふふっ♪<br>団長様のすぐ側でお昼寝するのも、気持ちいいかも知れませんね? 膝枕……してくれませんか? ……なんて♪",
    en=""
  },
  ["フジバカマ"] = {
    jp="……ん……すぅ……んんっ、団長殿、いい蹴りです。さすが私が見込んだ、方……<br>はっ!?だ、団長殿!私としたことが居眠りなど……ご無礼をお許しください!",
    en=""
  },
  ["ルドベキア"] = {
    jp="春だよ団長!ポカポカ陽気で気持ちいいね。そうだ、アキ姉たちも誘ってお花見しようよ。アタシ、みんなに声掛けてくる!",
    en=""
  },
  ["ヘレニウム(イースター)"] = {
    jp="ふぁ~ぁ……ぽかぽか陽気で眠くなってきました……。<br>結婚したら、旦那さまと一緒に、お昼まで寝てみたいです。……団長さん、その時は付き合ってくれますか?",
    en=""
  },
  ["レッドジンジャー"] = {
    jp="春は浮足立つ人も多いから、私達がしっかりしないといけない。<br>新人も沢山入ってくるし、その子達を守るためにも気を引き締める必要がある。<br>君がいてくれるおかげで私も安心して背中を預けられる。",
    en=""
  },
  ["クルクマ"] = {
    jp="…う…んぅぁ……、だ、団長さん!?いつからそこに居たんですか!?<br>す…すいません暖かいのでついうとうとしてしまって…、私もっと修行を積んで団長さんをお守りできるように頑張りますね。",
    en=""
  },
  ["スイレン"] = {
    jp="ご主人様、お忙しいとは承知していますが、春を楽しむ余裕を忘れないようにしてくださいね。<br>この春は、もう二度とは来ない春なのですから。",
    en=""
  },
  ["アカバナスイレン"] = {
    jp="なんだか暖かくて眠くなりますね。こんなときは部屋に閉じこもるのが一番ですね。これが「春の便り」ってやつですか?",
    en=""
  },
  ["オオオニバス"] = {
    jp="花は散り際が美しいと言いますね。私たちで言うと、お爺さんお婆さんになった頃…と言うことですよね。<br>ふふっ…団長さんは今も素敵ですけど、お爺さんになっても、それこそ最期の瞬間まで、美しいでしょうね。",
    en=""
  },
  ["オオオニバス(ジューンブライド)"] = {
    jp="今夜お花見に行きたい……ですか? 分かりました。では、準備をしておきますね……暖かい飲み物とブランケット。<br>もし団長さんが風邪をひいたら、せっかくのお花見も楽しめませんから。",
    en=""
  },
  ["スイレン(ジューンブライド)"] = {
    jp="春の気候は心地良いですから、ご主人様が眠そうなお顔をしているのも納得です。<br>ふふっ、どうぞ、私の膝をお使いください。それで少し休んだら、また、もうひと頑張りしましょうね。",
    en=""
  },
  ["アカバナスイレン(成長する陰謀)"] = {
    jp="暖かい日差しに、心地いい風も吹いて……今なら、自然と明るい気持ちになれそうです。<br>春の雰囲気は、暗い思考も緩和してくれるんですね……",
    en=""
  },
  ["イブキトラノオ"] = {
    jp="春が来たわ!ふふっ、新人が来る季節ね!私はみんなに剣を教えて、代わりに最新の流行を教えてもらうの!<br>お互いにいろいろな事を学びあって騎士団全体のレベルを上げるわよ!",
    en=""
  },
  ["ヒメシャラ"] = {
    jp="ふぁ~ぁ……春の陽気が心地よい……こんな日は昼寝でもするのが一番、そうは思わぬか?ベル……って、だ、団長!?<br>い、いつからそこにおったのじゃ!?し、しかも、わらわの膝で何を……はっ!?これが噂に聞く、夫婦の営みというやつか!",
    en=""
  },
  ["ヒメシャラ(クリスマス)"] = {
    jp="こうも暖かいと眠気に誘われてしまうな…… ん?団、団長!?なっななな何をしておる!!わらわの膝の上で!?<br>えっ?膝枕して欲しい?わっ分かった、そなたがそこまで言うのであれば。",
    en=""
  },
  ["グリーンベル"] = {
    jp="春一番ですね。この時期は強風が多いから気を遣っちゃいます。<br>……いいえ、スカートよりも胸が揺れるんですよ。ほ、本当に風で揺れるんですってば!<br>もう、そんなに疑うなら試してみますか?この手を離したら、きっと揺れますよ。",
    en=""
  },
  ["ゼフィランサス"] = {
    jp="う~ん、良い天気。すっかり春になったなぁ。ねえねえ、ちょっと散歩しない? あ、でも、二人で歩いていたらカップルに見られちゃうかも……。<br>い、いや、全然平気だけどねー! そういうの慣れてるしー!",
    en=""
  },
  ["ハブランサス"] = {
    jp="食べ物の春雨って春の雨って書きますけど、雨が好きという人は……それほど見かけませんが、春雨が好きな人はいっぱいいますよねえ?<br>私は……降ってくる雨の方が、好きなんですけどねえ?",
    en=""
  },
  ["ヒルガオ"] = {
    jp="春は出会いの季節。そして別れの季節でもありますよね。<br>私は両親を亡くして、とても辛くて悲しかったです。でも、みんながいたから頑張れました。これからも大切にして行きたいです。",
    en=""
  },
  ["ヨルガオ"] = {
    jp="いい陽気だからって、アサガオとヒルガオに誘われてお散歩していたの。夜の方が調子が良いんだけど、たまにはこういうのも悪くないわね?<br>でも、お兄さんが今夜散歩に誘ってくれたりしたら……それも、悪くないわ。",
    en=""
  },
  ["アサガオ"] = {
    jp="ふあぁ~ぁ……朝からポカポカだから、眠くなってきちゃった…… ん~、でも眠いのなんか平気だよ?大人だもん……ふあ~ぁ……",
    en=""
  },
  ["カイコウズ"] = {
    jp="ふーはーはははっはっはっ……。はるだよだんちょうさん……。あたしはもうねむいです……。<br>おにくをいっぱい……いっぱいたべたので……あとのことは……よ……ろ……し……く……。すやぁ……。",
    en=""
  },
  ["カサブランカ"] = {
    jp="今年もまた、新しい顔がちらほら見えるようになったな。<br>彼女たちの良い手本になるよう、より一層気を引き締めねば。勿論、貴公もだぞ?",
    en=""
  },
  ["ヤマユリ"] = {
    jp="団長、花見でもどうだ? 一晩ほど頑張って場所取りをした所がある。花の下で杯を酌み交わすというのも、なかなか良いのではないか?<br>……っ、サボりではない! 息抜きだ! ……たまにはこういうのも必要だろ?",
    en=""
  },
  ["オトメユリ"] = {
    jp="春は出会いと別れの季節ですね……。こうして春風に当たっていると、騎士学校の卒業式を思い出します。<br>あたし、みんなと別れるのが寂しくて、ずうっと泣いてて……ウッ、ヒック。思い出すと、泣けてきちゃいます。",
    en=""
  },
  ["ヒメユリ"] = {
    jp="えいっ!やぁっ!はっ!……あ、あぁっ、団長様!失礼しました。暖かくなると体もよく動くので、つい鍛錬に夢中になっていました。<br>さて、午前中は乗馬術の鍛錬、午後からは剣技の鍛錬。腕が鳴ります!",
    en=""
  },
  ["サンダーソニア"] = {
    jp="すぅ……ふぃ~……んにゅむ……団長さんの……声…………もっと……聴きたいですぅ……だって……大好き❤ えへ♪……ですからぁ♪",
    en=""
  },
  ["ユリ"] = {
    jp="春ね……春だわ……とぉーっても春!私としては、お正月よりも始まりって感じがするのよね。<br>だから好きよ、この季節。まっ、ダーリンといれば、いつだって心は春みたいなものなんだけど。",
    en=""
  },
  ["ミルトニア"] = {
    jp="お花見の際は、私の宴会芸を楽しみにしててください。名付けて、「赤いシャワー」。<br>騎士学校では、同期生みんなが笑ってくださって……え?え、ええ、確かに引きつったかんじではありましたが、笑顔は、笑顔でしたよ?",
    en=""
  },
  ["レモン"] = {
    jp="ううっ、騎士学校の新入生、ちょっとはしたなかった。<br>転属で得たものを話してほしいって言うから言ったら、その…転属先毎に恋人いるんですか?って聞いてきて…はっ恥ずかしかったよう。",
    en=""
  },
  ["タチバナ"] = {
    jp="だいぶ、季節の移ろいが感じられる暖かさになってきましたね。<br>「春眠暁を覚えず」などと言いますが、油断は禁物ですよ、団長殿。",
    en=""
  },
  ["アンスリウム"] = {
    jp="新人さんもたくさん入って、随分と賑やかになったわよね~? 私も後輩たちに負けないように頑張らなくっちゃ!<br>「アンスリウムさんみたいになりた~い」って言わせるわ。団長様、協力よろしくっ!",
    en=""
  },
  ["オシロイバナ"] = {
    jp="誘われるがままお花見に付いてきてしまいましたが……皆さんが楽しそうで、私も少し浮かれてしまいそうです。<br>あ……団長さん。髪の毛に花びらが……。",
    en=""
  },
  ["カラスウリ"] = {
    jp="だいぶ暖かくなってきたねぇ。ただ、こう陽気が良いと眠くなっちゃって困るよ。<br>ちょっと気を抜くと、すぐに眠く……なっちゃって……クゥ……スゥ……クカー……",
    en=""
  },
  ["ペポ"] = {
    jp="団長さん、お花見に行きませんか?ランタナちゃんも一緒なんですけど…絶対「お団子と間違えた」って齧ってくるので、その時は…止めてくださいね?",
    en=""
  },
  ["ヘザー"] = {
    jp="さて……暖かくなってきましたし、そろそろ衣替えをしないといけませんね? ついでに、執務室の模様替えもやっちゃいましょうか。",
    en=""
  },
  ["ツキミソウ"] = {
    jp="もう春になりましたね~。団長さんと一緒に過ごしていると、楽しい事が多くてあっという間に時が過ぎます。<br>これからもよろしくお願い致しますね?",
    en=""
  },
  ["リシアンサス"] = {
    jp="団長さん!春らしいことしましょうよ。さぁ、どれからします?お昼寝?お花見?そ・れ・と・も~っ!おしゃべり?",
    en=""
  },
  ["カタバミ"] = {
    jp="ねむい…ねむい…ねむい団長…。このままじゃ、団長の前で居眠りを決めてしまう。そんなことをするわけには…。<br>ふぁあぁ…ん…、春、恐ろしい相手だ。オキザリスの気持ちも今なら分かるような……気がするぅ……",
    en=""
  },
  ["カタバミ(七夕)"] = {
    jp="いい風だなぁ、害虫が出るだなんて嘘みたいだぞぉ…<br>でも、そうも言ってられないんだよな、私は花騎士!やることはやるぞぉ!",
    en=""
  },
  ["サオトメバナ"] = {
    jp="こう気候が穏やかな日が続くと、勘違いしそうになる。この世界はとっくに平和になっているのではないかと……。<br>春というのは危うい季節だな。",
    en=""
  },
  ["クチナシ"] = {
    jp="春のお酒はいいものです、のほほんと飲めますし。……え、一年中飲んでるって?ふふっ、バレてましたか。",
    en=""
  },
  ["キヌタソウ"] = {
    jp="いい天気だなぁ……。ぽかぽかで、あったかいですねぇ。<br>こういう陽気だと、どうしても眠気が……ふわあぁ……<br>はっ、いけない!しっかりしないと。しっ、かり……んっ……",
    en=""
  },
  ["サンタンカ"] = {
    jp="お花見の場所取りはばっちりですよ。<br>1か月前から立ち入り禁止にして、「ここに近づくな、団長より」って張り紙も張っておいたので安心してお花見できます。",
    en=""
  },
  ["アカンサス"] = {
    jp="団長さん、お花見しませんか?綺麗な景色に、おいしいご飯。春の陽気は魔法みたいです。<br>はぁ……お昼寝もしたくなってしまいますね……",
    en=""
  },
  ["ディプラデニア"] = {
    jp="春がこんなに穏やかだったなんて……団長さんと出会う前は、気が付かなかったです。<br>……むしろ、理由もなく「気が落ちる嫌な季節だな」って、思ってました。",
    en=""
  },
  ["プルメリア"] = {
    jp="眠そうですね団長さん♪ふふ…こんな陽気ですから少しお昼寝でもしちゃいましょうか?<br>はい!プルメリアの膝枕でゆ~~っくりしてくださいね?",
    en=""
  },
  ["ニチニチソウ"] = {
    jp="お婆ちゃんが「春は明け方が一番綺麗なのよ」って言ってました。<br>でも、こんなに気持ちのいい気候だと、なかなか朝早くなんて起きられなくて。メイドは早起きしなきゃなのに……。",
    en=""
  },
  ["ランタナ"] = {
    jp="だんちょにも、もしかして春の足音が聞こえてるの?ほら、この……ギュルギュル、ギュルギュル……って音。<br>実はそれね……私のお腹の音なんだ……うっ! かなりヤバイ!",
    en=""
  },
  ["ランタナ(花祭り)"] = {
    jp="春は揚げ物…。うぅ~ん、なんか違う、違うねぇ…。さわやかな季節がこってりもったりに。<br>あぁーん、まあ、なんでもいいや。だ~んちょ、いっちょ私と花見にれっつご~ぅ。",
    en=""
  },
  ["フォックスフェイス"] = {
    jp="ふぅ……やっと暖かくなったわね。団長の目は、新しい生活への期待でキラキラしているのかしら?<br>それとも、眠気から出てきた涙でキラキラしているのかしら。<br>どっちでもいいけれど、あまり手でゴシゴシすると目に悪いわよ。",
    en=""
  },
  ["ベラドンナ"] = {
    jp="あら団長さん、もう起きちゃったの?今一瞬、寝てたわよ。もう少し長く寝てたら、私がいい夢見させてあげようと思ったのに。<br>団長さん、遠慮せずに二度寝していいのよ…♪",
    en=""
  },
  ["ワルナスビ"] = {
    jp="ふわぁ~~ぁ、ん~~。こう暖かいと、眠くなっちゃうよ~。──ハッ! ムナール! 断じて、眠そうになどしていないぞ?<br>怪盗たる者、いつ如何なる時でも捜査の手を警戒して……ふわぁ~~ぁ。",
    en=""
  },
  ["ハバネロ"] = {
    jp="お昼寝用にハンモックを吊ってみたんだ。ほら、こうして……ん? 団長さん、どうして顔が赤く……<br>はぁぁ~! すっ、スカートで寝そべる物ではなかったね! 失礼っ!",
    en=""
  },
  ["ホップ"] = {
    jp="だめだぁ……眠いぃ……いや違うって、二日酔いじゃない……こうも陽気なお天道様だと、誰だって眠くなるでしょ?不可抗力なんだってばぁ……",
    en=""
  },
  ["ホップ(温泉浴衣)"] = {
    jp="羨ましい……サラセニアが羨ましい!仕事中にお酒飲むのを正式に許可されてるなんてぇ、羨ましすぎるぅ!<br>だんちょぉ、私もこの春から、お酒を飲まないと実力が発揮できない病にかかりました! ……え?知ってる?",
    en=""
  },
  ["マンリョウ"] = {
    jp="すっかり春になりましたね~。団長さん、これからお花見なんていかがですか?<br>センリョウに誘われているんです。たまには三人でゆっくり過ごしましょう?<br>でも…今度は…二人っきりでもお花見が…したい…です…。",
    en=""
  },
  ["マンリョウ(ジューンブライド)"] = {
    jp="春は出会いの季節と申します。私も初めてセンリョウと出会った時は戸惑いましたが、今ではとっても仲良しです。<br>団長さんにも良い出会いがありますように。",
    en=""
  },
  ["センリョウ"] = {
    jp="春は出会いの季節っていうし、団長にも新しい出会いが待ってるよ! 新人さんは勿論、転属してくる子も多いだろうし。<br>えへっ♪ イイじゃんイイじゃん♪ センリョウ!団長を取られないように気合入れていきまーす!",
    en=""
  },
  ["センリョウ(クリスマス)"] = {
    jp="春になって花騎士の新人も増えたけど、新しい娘ばっかりにかまけないでよね。<br>ちゃんとセンリョウの事も見てくれないとさ、団長の事独占したくなっちゃうじゃーん",
    en=""
  },
  ["カカオ"] = {
    jp="しゅんみん、あかつきを、おぼえずぅ…。ほ、ほあ、カカオは大人なので、ん~、難しい言葉も知ってるんですぅ。<br>今、まさに、そんな気分ですぅ…ん~ん~ん~ん~…。",
    en=""
  },
  ["ギンバイソウ"] = {
    jp="団長ちゃんっ!新人歓迎用の飾り付け、完了したよ!えへへっ、良く出来てるでしょ?ハサミとノリがあればこれくらい朝飯前だよ♪<br>新人の子達、喜んでくれるといいな~。",
    en=""
  },
  ["エケベリア"] = {
    jp="あらあら♪ 団長くん、おねむって顔してるわね? 春だからって油断しすぎだぞ~?<br>こ~んな所で可愛い寝顔晒したら……ほっぺツンツン♪ しちゃうんだから♪",
    en=""
  },
  ["ポーチュラカ"] = {
    jp="春は昼寝の季節なんだよ。そういうわけで~……、ふわ~~~んん……、おやすみ団長さん……。んん……。す~……、んみゅ~……、す~……、ん……、んあ?今日は本当にオチはないんだよ。",
    en=""
  },
  ["ザクロ"] = {
    jp="春に日差しで小川がキラキラしてるよ、団長!本当に綺麗だねぇ!ずっと見てられるよねぇ!団長もほら、ちゃんと見てる?<br>……って、あたしの顔ずっと見られたら恥ずかしいじゃ~ん!",
    en=""
  },
  ["キウイ"] = {
    jp="むにゃむにゃ……もう、団長さん……だめだってばぁそんなとこ触っちゃあ……むふふ♡<br>……んん!?って、のんちゃんじゃん!もう、せっかくいい夢見てたのに……ふあぁ~……",
    en=""
  },
  ["ライオンゴロシ"] = {
    jp="あぅあぅあぅあぅ~。この頃暖かくなってきたから、泳ごうと思って泉に飛び込んだの。<br>そしたら、まだまだ水は冷たくて……チクシュン! うう~~! 団長……温めてにゃ~。",
    en=""
  },
  ["セリ"] = {
    jp="ふぁぁ…いかんいかん、どうもこの時期は暖かいせいか眠気が… <br>気の緩みは攻撃の姿勢にも関わるから、しっかりしないと…とは、分かっているんだが、どうもお前の隣だと…いや、なんでもない!",
    en=""
  },
  ["サラセニア"] = {
    jp="お、新人さん達。飲める子いるかなぁ~?ふふふっ、楽しみだねぇ~♪<br>……いやいや、無理やり飲ませたりなんてしないから大丈夫だって!お酒は楽しく、が一番でしょ~♪",
    en=""
  },
  ["シバザクラ"] = {
    jp="春の香りは故郷の香り、そんな気がします。この時期はすごしやすくていいですよね。<br>団長さん、お暇なら一緒にお散歩してほしいです。",
    en=""
  },
  ["アブラナ"] = {
    jp="新人のフラワーナイトが入ってくる季節ね。このあたしが先輩か。ふふっ♪ ちょっと変な感じ。<br>よぉし、団長! 鍛錬に付き合いなさい! 後輩に馬鹿にされないように、もっと強くなるんだから。",
    en=""
  },
  ["イベリス"] = {
    jp="あったかくなってきましたね~。団長さん、眠くなってきてませんか?<br>ぽんぽん♪ 私のおひざ、空いてますよ~?",
    en=""
  },
  ["イベリス(クリスマス)"] = {
    jp="どんなにかわいい新入生が来たって、私は気にしたりしません! だって、そんな暇あったら団長さんを誘惑したいですもん!<br>さぁ、春らしく! 私と愛とか恋とか、育んじゃいましょう~♪",
    en=""
  },
  ["フリージア"] = {
    jp="zzz…あっ、えへへ…団長さんに、褒めてもらえるなんて~…むにゃむにゃむにゃ…<br>はにゃっ!?だ、団長さん!?ね、寝てませんよ?フリージア寝てません!<br>ずっと団長さんが来るのをここで待っていたんです!決して寝るなんてそんなことは~…",
    en=""
  },
  ["セントポーリア"] = {
    jp="わたし、春は大好きですよ~。あったかくて~、の~んびりできて~。害虫が元気になるのだけは、ちょっと嫌ですけど…。",
    en=""
  },
  ["マーガレット"] = {
    jp="あっ、小さな芽があるぞ。こんなに小さくても、頑張って生きているんだな。よし!今日からわたしが見守ってやろう!",
    en=""
  },
  ["ダリア"] = {
    jp="春は行事や式典が多いから、その関係で運ぶ荷物が増えるわね。<br>そういったことが滞りなく進行するかどうかが、あたし達にかかってる。気合を入れていかないと。",
    en=""
  },
  ["ローダンセ"] = {
    jp="春といえばお花見ですね? こんなにいい天気ですから、部屋の中に閉じこもっているなんてもったいないですよ?<br>さあ、団長! お仕事は切り上げてお花見に行きましょう!",
    en=""
  },
  ["キンセンカ"] = {
    jp="出会いと別れの季節って聞くと……カレンデュラちゃんを思い出してしまいます。<br> 悲嘆しているわけではありませんよ? だって……もう別れは済んだんです。後は出会いだけじゃないですか?",
    en=""
  },
  ["カウスリップ"] = {
    jp="ふわぁ~~。なんで春って眠いのかな~? ……もうちょっとだけ寝てこよっと。<br>だっさんの部屋、しばらく借りるね? 合鍵はあるから気にしないでいいよ~。",
    en=""
  },
  ["サボテン"] = {
    jp="ポカポカする季節。心もなんだか、ポカポカしてくる。…………んっ……心地いい季節かも。",
    en=""
  },
  ["サボテン(フォスの花嫁)"] = {
    jp="今年も、寒い冬を越せる事……出来た。厳しい環境を乗り越える力、日に日に実感出来て……嬉しい。",
    en=""
  },
  ["ホシクジャク"] = {
    jp="さぁ団長さん、今すぐに出掛けよう!目的?そんなもの外に出てから考えればいいよ。ほらほら、春が逃げちゃう前に行くよ!",
    en=""
  },
  ["スズラン"] = {
    jp="すぅ……すぅ……んっ、団長さん……むにゃむにゃ……ずっと一緒です、いっちゃ嫌です……<br>どうしてもって言うなら……いっそ、私の手で……すぅ……んむ…………",
    en=""
  },
  ["スミレ"] = {
    jp="春になると、新しい事にどんどん挑戦してみたくなるんだよね。<br>その分、失敗しちゃうこともあるけど、自分が挑戦した結果だもん! 良い経験になるよ!",
    en=""
  },
  ["ビオラ"] = {
    jp="春になると、新しい花騎士さんも入団してくるんですよね? 私も負けないように頑張ります!<br>そして団長さんに「いい子いい子」してもらいますよ♪ ふにー♪",
    en=""
  },
  ["ビオラ(浴衣)"] = {
    jp="今日は風が強いですね。ふにっ!?髪の毛がボサボサになっちゃいました…。団長さん、結んでくれますか?<br>自分でもできるんですけど、団長さんにやってほしいです!えへへっ、カワイくしてくださいね!",
    en=""
  },
  ["コマチソウ"] = {
    jp="春は出会いの季節! まだ見ぬ害虫があたしを待っている!<br>えへへ♪ どんなのと出会えるかな~? バラす時のことを考えるとワクワクしてくるよ~♪",
    en=""
  },
  ["シャボンソウ"] = {
    jp="今日もいい天気だね~。なんだかぽかぽかで眠たくなってきちゃった……。<br>そんなときは、お風呂だね~。ぽかぽかな陽気にお風呂なんて、絶対最高だよ~!",
    en=""
  },
  ["ハコベラ"] = {
    jp="おっ花っ見だー! わっちょーい! 今日は七草乙女団のみんなとお花見に行くんだよ!<br>もっちろん! 団長おにーちゃんも一緒に行くよねー? えっへへー♪ 楽しみだよー♪",
    en=""
  },
  ["イチゴ"] = {
    jp="あっ、団長さ~ん!見てくださ~い!アブラナちゃんとピクニックに行ってきて、二人でお花の冠を作って、交換っこしたんですよ!<br>これ、アブラナちゃんが作ってくれた冠なんです!えへへ、イチゴ、お花の冠似合ってますか?",
    en=""
  },
  ["ウメ"] = {
    jp="春は出会いの季節という。もしかすると、サクラに匹敵するような、あるいは私達をはるかに超えるような、強者と出会えるかもしれん。<br>くらくらするが、同時にわくわくするよ。",
    en=""
  },
  ["バラ"] = {
    jp="団長さん、次の休みにお花見はいかがかしら?<br>完璧なお花見弁当を用意するわ!勿論、私の手作りよ。",
    en=""
  },
  ["サクラ"] = {
    jp="ふわぁ~~ぁ……あ! あらあら、団長さん! もしかして……見られちゃったかしら~?<br>春は過ごしやすくて、つい眠くなってしまいますね~? ふふっ♪ たまには一緒にお昼寝♪ ……どうかしら~?",
    en=""
  },
  ["ユキヤナギ"] = {
    jp="団長さん、お花見に行きませんか? ……違いますよー、世界花のことじゃないですよー。<br>こういう時にこそ、小さなお花も愛でましょう♪",
    en=""
  },
  ["モモ"] = {
    jp="団長様も、このぽかぽか陽気に身を委ねて、あたしと一緒にお昼寝しない?<br>団長様が望むなら膝枕でもいいし、あたし抱き枕にでもなってあげるのでもいいわ。ね? きっといい夢が見られるから♪",
    en=""
  },
  ["ハナモモ"] = {
    jp="今日はいい天気ですの。こういう日は木陰で一緒に過ごすのにぴったりな一日ですのよ。<br>さぁ、ねえさまも呼んできますわ。三人でゆっくりしますの!",
    en=""
  },
  ["サクランボ"] = {
    jp="……ぽかぽかしてて眠くなってきました。一緒に背伸びしましょ?<br>ん……ふぅ……あー……駄目です。団長さんとくっつくと安心してますます眠く……。",
    en=""
  },
  ["アプリコット"] = {
    jp="ヨモギちゃんが薬草集めに行くそうなので、一緒に行く約束をしてるんです。<br>私も、漢方薬の原料は何度かに分けて集めないといけませんから、皆さんのお役に立てるように、張り切って集めてきますね。",
    en=""
  },
  ["ハナモモ(ジューンブライド)"] = {
    jp="あっ、団長さま。お疲れかしら?暖かくなってきたから、眠くなってしまうのも頷けますわ。<br>さぁ団長さま、あたしが膝枕をして差し上げますの。遠慮なさらずどうぞ、ですわ♪",
    en=""
  },
  ["ウメ(浴衣)"] = {
    jp="過ごしやすい季節になってきたな。こういう時期こそ気を引き締めるべきだ。春眠暁を覚えずともいうし、寝坊が増える時期でもある。<br>……団長さんは大丈夫か? もし起きられないようなら、毎朝起こしに行くぞ?",
    en=""
  },
  ["サクラ(エプロン)"] = {
    jp="今度、商店街に新しいお店が出来るんですよ? 喫茶店だそうです♪ オープンしたら一緒に行ってみませんか?<br>新人さんを誘ってみるのも良いかもしれませんねぇ?",
    en=""
  },
  ["アプリコット(クリスマス)"] = {
    jp="気持ちいい天気ですよ!最近お仕事でずっと部屋に缶詰めみたいですし、一緒にお散歩でも行きませんか?<br>お外で、団長さんに甘えたいんです。",
    en=""
  },
  ["カンヒザクラ"] = {
    jp="ふふっ♪ ふふふふ~♪ さあ、サクラお姉ちゃんの季節ですわ! 新しい生活が始まって、色んな物がたくさん必要! お店屋さんは大忙し!<br>そして、涼しい顔で何軒もお手伝いするサクラお姉ちゃん! 今年もまたその勇姿が見られますの~!",
    en=""
  },
  ["アマリリス"] = {
    jp="なにかの本で読んだのですが、春になると一日だけ、堂々と嘘をついてもいい日があるみたいですよ。<br>私は……私はいつか……嘘をつくのが、その日だけですむようになりたいな……。",
    en=""
  },
  ["キルタンサス"] = {
    jp="うぅ~ん!日差しがとっても気持ちいいわね。でも、春だからといって浮かれているわけにはいかないわ。<br>害虫達との戦いが終わらない限り、本当の春なんて来ないんだから。",
    en=""
  },
  ["イフェイオン"] = {
    jp="春は山菜も美味しいし、いくつか採ってきたよ?<br>……大丈夫、扱い方は知ってるよ。お母さんが教えてくれたからね。",
    en=""
  },
  ["ヒノキ"] = {
    jp="春はみんな眠そうだから、私が寝てても怒られない……いい季節だ……すぅ……すぅ……。",
    en=""
  },
  ["レンゲソウ"] = {
    jp="団長!今日はいい天気だし、ワタシと一緒にピクニックに行くネ!<br>ワタシがいつも修行してる高い山のてっぺんで、お弁当食べるアル!三日もあれば頂上に着くネ!さぁ行くアル!",
    en=""
  },
  ["アカシア"] = {
    jp="輸送部隊にとって、春先は結構厄介なのよねぇ……。特にウィンターローズとの境界付近が大変なの。<br>雪解け水で道がぐちゃぐちゃになっちゃって……また泥だらけになるのかと思うと、ちょっとだけ憂鬱だわ。",
    en=""
  },
  ["ハリエンジュ"] = {
    jp="この前、グランドピアノを運んだんだ。きっと、春からの習い事として始める人がいるんだろうね。<br>新しい事にチャレンジする……うん、私達も見習わないと。",
    en=""
  },
  ["ルピナス"] = {
    jp="春は煌びやかな季節ですから、羽目を外したくなる気持ちも分かります。でも程々に!節度をもって楽しんでくださいね。<br>決まりを守るのは勿論、人が集まる場所ではマナーを守ることも大切ですから。",
    en=""
  },
  ["キヌサヤ"] = {
    jp="すっかり暖かくなった。皆の顔も明るい。ここは居心地が良くて、私の気まで緩んでしまいそうだ。<br>……引き締め直すためにも、少し鍛錬に出てくる。",
    en=""
  },
  ["ハクモクレン"] = {
    jp="春は出会いの季節だな。先輩風を吹かせるつもりはないが、新米花騎士たちが迷わぬよう、道を指し示せる存在でありたいものだな。",
    en=""
  },
  ["ナイトメア(カタクリ)"] = {
    jp="校舎の裏で…待って…います…まるっと。出来たー!団長さん、この手紙の束なんだと思う?<br>えっへへ。この春、騎士学校を卒業するフラワーナイト達に片っ端からバトルの誘いを書いたの。",
    en=""
  },
  ["コチョウラン"] = {
    jp="あらっ、ご主人様ったら大きな欠伸ですね。こんなことも有ろうかと、ベッドメークは完璧にこなしております。<br>新しいシーツと、寝間着を用意しましたのでいつでもお休みになってくださいね。",
    en=""
  },
  ["アネモネ"] = {
    jp="別れと出会いの季節。昔のことを、全く思い出さないかって言われると、そうじゃないけど。いい出会いも、悲しい別れも、全部、貴方に合うためにあったのかなって…今は思える。",
    en=""
  },
  ["クリスマスローズ"] = {
    jp="団長さん、気をまわしすぎかもしれませんが新しく入った人達と一緒にお花見に行きましょう!<br>皆さんと打ち解けるいいきかいになると思うんです。",
    en=""
  },
  ["フクジュソウ"] = {
    jp="春はあったかくて、のんびり散歩するのにうってつけだね!山の方に行けばたくさん花が咲いてて、ただ歩いてるだけでも飽きないよ。<br>団長さんも一緒にどうだい?今ならもれなくだし巻き卵のお弁当もついてくるよ!",
    en=""
  },
  ["ラナンキュラス"] = {
    jp="ぽかぽか陽気に誘われて~ラナンキュラスちゃんが現れました~♪<br>いや~、いい天気だよね~♪ 鳥の囀りに心地良い風……ぼーっとしてるだけで幸せを感じられるのって、本当に最高だよね~?<br>団長の隣だと、安心してぼーっとできるよ♪",
    en=""
  },
  ["ヒメリュウキンカ"] = {
    jp="あっちに知らない人がたくさん、います~……。バンちゃんが、新入生って言ってました。<br>き、緊張、します……。うぅ~……。",
    en=""
  },
  ["アネモネ(世界花の巫女)"] = {
    jp="不安に思うこともあるけど、この先も、貴方が隣りにいてくれる。それだけは確かだから、私は戦える。これからも、変わりゆく季節を、一緒に過ごそう?",
    en=""
  },
  ["アンリ(バイカカラマツ)"] = {
    jp="こんにちは、団長さま。……え?バスクラリネットは持っていないのか、ですか?<br>それが実は、部屋へ忍び込んできた野良猫に枕にされちゃいまして。ふふっ、起こすのも悪いですし、そのまま貸してあげてるんです。",
    en=""
  },
  ["アネモネ(光華の姫君)"] = {
    jp="賑やかなのも、少しずつ好きになってきてる。明るくて騒がしいお花見も、新しい生活にはしゃぐ人たちも、<br>元々嫌いって訳じゃなかったけど、今は…悪くない感じ。光華の姫君…の、影響…かな。",
    en=""
  },
  ["サザンクロス"] = {
    jp="団長さん、昼に行う花見も良いが、夜の花見も乙なものだぞ。<br>夜桜を堪能しつつ、上を見上げれば星空も満喫する事が出来る。ずっと、ずっと……こんな日が続けばいいのにね……。",
    en=""
  },
  ["ウサギノオ"] = {
    jp="ポカポカ天気で私の心もぴょんぴょんなのうさ~。団長さんはどんな感じうさ?<br>もしぴょんぴょんしてないなら、ぴょんぴょんさせてやるうさ~!",
    en=""
  },
  ["ウサギノオ(ハロウィン)"] = {
    jp="ぴょ~ん!! 団長さん、遊びに来たうさ~!<br>長い冬は終わり、草木が生い茂る春がやってきたうさ~!<br>こんな日はお外でぴょんぴょんしなきゃ大損うさ~! ぴょ~ん!!",
    en=""
  },
  ["キンギョソウ"] = {
    jp="団長さん、お花見に行かない? え? 木の下に埋まってる髑髏が目当て?<br>そ、そんなことないよ! 本当にただ見に行きたいだけだもん!<br>一緒にお花見して、ご飯食べたいだけじゃダメかなぁ?",
    en=""
  },
  ["キンギョソウ(バレンタイン)"] = {
    jp="すっかり暖かくなって、外が気持ち良いね~♪&br;団長さん、一緒にあそこの丘でお昼寝しない? きっと良い事あるよ♪ そんな予感がする!",
    en=""
  },
  ["ツツジ(新人)"] = {
    jp="春は新しい事を始めるのにぴったりな季節です。わたしもこの機会に何か始めてみようと思うのですが、候補がありすぎて、なかなか絞れないんです。",
    en=""
  },
  ["ツツジ"] = {
    jp="今年も新しいフラワーナイトさんがやってきましたね。<br>あたしも、あんな風に初々しかったのかなぁ?えへっ。…今も初々しいですか?そっそんな事ないですよ!",
    en=""
  },
  ["カルセオラリア"] = {
    jp="んぅ~ぃ……うにゃ…………ふぃっ!? ね、寝てないですよ!? き、気合入れます!",
    en=""
  },
  ["ワスレナグサ"] = {
    jp="騎士学校の新入生たちを見ていると、色々考えてしまうよ。あの頃と比べると、物の考え方も随分変わった。<br>けれどもあそこは、一生忘れられない思い出が、いくつも出来た場所だ。",
    en=""
  },
  ["メイゲツカエデ"] = {
    jp="ふあぁ~……この季節はきついわねぇ、すぐ眠たくなっちゃうわ。<br>春の便り、受け取り拒否ってできないのかしら。",
    en=""
  },
  ["ユーカリ"] = {
    jp="団長さ~ん、春が来たよ~♪ 本当にこの季節は陽射しが気持ちいいよね? コータロとソータもそう思うでしょ?<br>こうやってゴロゴロしてるとさぁ、団長さんといるのにうっかり寝ちゃいそうだよ~。<br>でも私は……起きてられるように……頑張るからね……。",
    en=""
  },
  ["ヤドリギ"] = {
    jp="お花見とかピクニックとか、行楽シーズンッスねー。 団長、一緒にどうっすか?<br>おー、乗り気ッスねー! じゃあ、お弁当の支度は団長にお願いするッス! ……あれ、言ってなかったッスか?<br>自分、ケーキは得意でも料理はからっきしなんで……荷物持ちとかは自分が引き受けるッスから、料理はよろしくッス!!",
    en=""
  },
  ["リュウゼツラン"] = {
    jp="はにゃぁ、むりぃ……団長様?えへへ、私としたことが、お花見で飲み過ぎてしまうなんて。<br>ふゎぁ!?……お、お姫様だっこでお部屋へ?<br>はあ、団長様、逞しい♡ますます好きになってしまうわ♡",
    en=""
  },
  ["ボタン"] = {
    jp="「春眠暁を覚えず」とはよく言ったものじゃ。ほどよく暖かく、ほどよく寒く……<br>ふあぁ~、むにゃ……ドンロン、こっちにまいれ。おねむの時間じゃ~……",
    en=""
  },
  ["ポピー"] = {
    jp="春は出会いと別れの季節です。出会いはいつだって楽しく、別れはいつだって辛いもの。<br>良くも悪くも、そのことは、身に染みています。",
    en=""
  },
  ["メギ"] = {
    jp="カーパスさんとピクニックに行こうと思うのですが、団長さんもいかがですか?<br>暖かくなったからか、家でじっとしてられないみたいで……本当に手がかかるんですから。<br>お弁当も作りましたので、楽しみにしていてくださいね?",
    en=""
  },
  ["マロニエ"] = {
    jp="団長、図書館に付き合ってくれ。春は出会いの季節だ。新しい本や、知識とも、出会ってみようじゃないか♪",
    en=""
  },
  ["ランプランサス"] = {
    jp="ん、ふわあぁ……うぅん……寒い寒い冬を越えたら、毎日ぽかぽか陽気……<br>こんなの世界中がおうちでぐっすり眠ってなさいって、言ってるみたいなもんだよ……。",
    en=""
  },
  ["ガジュマル"] = {
    jp="え? わ、私とお花見? 二人きりでって……そ、それは嬉しいけど……わぁ! キジュムン、やっぱり怒ってる~! <br>だ、大丈夫! 大丈夫だから! ちゃんとキジュムンも一緒! 機嫌直して~?",
    en=""
  },
  ["ウキツリボク"] = {
    jp="いい風だ。普段は夜の散歩が趣味だけど、この季節なら昼の散歩も悪くない。団長、ちょっと出かけてみないかい?きっと気持ちがいいよ。<br>……ふふ。もっとも、団長がお望みなら夜の散歩でも構わないけど。",
    en=""
  },
  ["ウキツリボク(競技会)"] = {
    jp="昼のお花見より、ボクは夜のお花見をお勧めするよ?提灯の明かりに浮き上がる、満開の花々……綺麗だよ? とっても。<br>綺麗すぎて……少し、怖いくらいさ。",
    en=""
  },
  ["ハナショウブ"] = {
    jp="すっかり春になりましたねぇ。私もお散歩に出かけたい気分で。うふ、団長さんはいかがですか?<br>良ければ、二人で出かけましょう!お仕事も大事ですが、ゆとりもまた大切なものです。",
    en=""
  },
  ["ストレプトカーパス"] = {
    jp="とある地方では、春のある日には嘘をついても良いという風習があるらしい。<br>騙されるという経験は意外と重要だし、騎士団でも取り入れてみないか? 案外、良い訓練になるかもしれないよ?",
    en=""
  },
  ["ローレンティア"] = {
    jp="キンレンカもこの春を満喫しているかしら? ……そうだと願うわ。キンレンカはライバルだもの!<br>あたしに負ける以外で悲しい思いはさせたくないわ。",
    en=""
  },
  ["コスモス"] = {
    jp="ふわぁ~あぁ~~ぁあ~~。春の陽気が心地良すぎて……眠くなっちゃいましたぁ~。<br>このまま寝ようと思うのでぇ、団長さんの好きにしちゃっ……て……んにゅ……スゥ……。",
    en=""
  },
  ["マリーゴールド"] = {
    jp="新しい季節になったわね。これからまた新人もいっぱい入ってくるわ。<br>一つ予想してあげましょう……アンタは新人の花騎士に、たくさん振り回されることになるわ。<br>……いつもの事で慣れてる? ふふっ、それもそうね♪",
    en=""
  },
  ["ガーベラ"] = {
    jp="ふあぁ~……ポカポカ陽気で眠くなってきちゃった……団長くん、ちょっとお膝を貸してくれないかなぁ?団長くんのお膝なら、すごくいい夢が見れそうだから……",
    en=""
  },
  ["チョコレートコスモス"] = {
    jp="ふぁぁ……っ、私ったらだめだめっ、あくびなんてたるんでいる証拠!頑張れっ私!眠気になんて、負けちゃ、だめ……ふわぁぁ……",
    en=""
  },
  ["エキナセア"] = {
    jp="やはり春は格別だな。雪が溶け、動物が目覚める季節だ。民の表情も…どこか嬉しそうに見えるよ。",
    en=""
  },
  ["ヨモギ"] = {
    jp="春は薬草の季節~。山が自然の恵みで溢れてるよ団長、早く薬草集めに行こう。あ、あれ~、害虫討伐があるの~?<br>そっか~。あ、じゃあ害虫討伐を急いで終わらせて、余った時間で薬草集め~、は。ん~、ダメかあ。",
    en=""
  },
  ["シオン"] = {
    jp="みんなからお花見に誘われました。ワスレナグサもと誘ったのですが、楽しんでこいと言われてしまいました。<br>この暖かさがワスレナグサの心を癒すのを待つばかりです…。",
    en=""
  },
  ["チョコレートコスモス(水着)"] = {
    jp="春になると、あたたかくて動きたくなっちゃうよね。それは害虫も同じなのかなぁ、この時期になると私たちも忙しいもんね。負けていられない、ねっ?",
    en=""
  },
  ["イモーテル"] = {
    jp="春の憂鬱と上手く折り合いをつけるのが大人ってやつさ。それくらい心得ているよ。キミこそ……春の嵐に心を乱されないようにね?",
    en=""
  },
  ["アルテミシア"] = {
    jp="春の浮かれた感じは嫌だけど、新人が入ってくるのは面白いわねー。私を見て驚いて慌てる感じ……からかい甲斐があるわー♪<br>……まぁ、エニシダほどじゃないけどね。",
    en=""
  },
  ["クラスペディア"] = {
    jp="騎士学校の入学式……で演奏!? 私達でいいなら是非に!だよ~♪<br>新入生達の不安を解消させつつ、良い緊張を与えて、なおかつ希望と期待を抱かせるような演奏をしちゃうよ~♪",
    en=""
  },
  ["ゴギョウ"] = {
    jp="あの若い子達は……ああ! 今年騎士学校に入学した子達なのですね。緊張と不安……でも、楽しみで仕方がないって顔をしていますね。<br>もしかしたら、あの中から誰かこの騎士団へ来るかもしれませんね? 団長さん。",
    en=""
  },
  ["エキナセア(温泉浴衣)"] = {
    jp="少し街を見回ってくる。陽気な雰囲気に中てられて、おかしな輩が現れるかもしれない。<br>そんな者達から民を守るのも、貴族として当然の務めだからな。",
    en=""
  },
  ["シクラメン"] = {
    jp="騎士学校にも、新入生がたくさん入ってきましたね。優秀な子がたくさんいるみたいで、びっくりです。<br>私も、追い越されないように、頑張らないと……!",
    en=""
  },
  ["シクラメン(光華の姫君)"] = {
    jp="色んな所で新芽……目に付くようになりました。寒い冬が終わって、ここから成長して、花が……咲くんですよね。<br>私も……そうなりたいです! 上向いて、綺麗な花……咲かせてみせたいです……!",
    en=""
  },
  ["ゲッカビジン"] = {
    jp="花びらを一枚、杯に回す……これも桃源郷流の、春の楽しみ方でありんす。",
    en=""
  },
  ["サンカクサボテン"] = {
    jp="隠居すれば、この春をもっと無心に楽しめるのかしら?<br>だとしたら、害虫を早いところ片付けないとね? あとはあの子達の教育も。困ったものだわぁ……。",
    en=""
  },
  ["サンカクサボテン(ハロウィン)"] = {
    jp="はう、んんーっ。暖かいから、ついうとうとしちゃったわね。あら、この膝掛けは? ふぇ、ウサギノオたちが?<br>そ、そう……いえ、嬉しいんだけど、あとで絶対からかわれる……はうぅ……。",
    en=""
  },
  ["ミント"] = {
    jp="春ののほほんとした空気に呑まれそうになります。やっぱり私は半人前です……。<br>はっ、気を引き締めて、人の倍は自主トレを……ふ、ふあ~……あっ!?し、失礼しました!<br>ふぁ、つい欠伸が……",
    en=""
  },
  ["ラベンダー"] = {
    jp="団長さん、出かけない方がいいですよ!<br>どうせ新入生なんか、団長さんからの指導に託けてベタベタベタベタベタベタするだけなんですから!",
    en=""
  },
  ["ワタチョロギ"] = {
    jp="春になると新人さんがたくさん入ってくるんですね。<br>ちょろいなんて言われて、なめられないように気合入れていきますよ!<br>お手本はトニーです、このチョイ悪フェイスを真似していこうと思います。",
    en=""
  },
  ["ミント(成長する美徳)"] = {
    jp="春になると気分が緩んでいる人が多いと思います。私がしっかり目を光らせて、変な人たちから街の皆さんを守らないとですね",
    en=""
  },
  ["コリウス"] = {
    jp="お花見の準備は、私共「メイド・イン・スプリングガーデン」にお任せください!<br>他の花騎士のメイドっぽい方々と頑張る所存でございます!<br>ちなみに……痛々しい組織名は私めが勝手に思案いたしました! キャハ♪",
    en=""
  },
  ["ラベンダー(バレンタイン)"] = {
    jp="この時期は風の強い日が多いです。だからといって他の女に目を向けちゃダメですよ。<br>万が一、風で服がめくれて下着なんか見えたら、団長さんの目が汚れちゃいますからぁ!",
    en=""
  },
  ["ブルーロータス"] = {
    jp="団長さん、お花見に行きませんか?ちょうど見ごろになっていると思いますので。お弁当は私が作って持っていくので、期待していてくださいね。",
    en=""
  },
  ["サザンカ"] = {
    jp="春眠暁を覚えず?よくわかんないけど、そんなの走れば目が醒めるってばー!ほら団長クン、ボクと一緒に、走りに行くよー!",
    en=""
  },
  ["ワレモコウ"] = {
    jp="春は出会いの季節? 部隊の再編成もあるです? 味方の戦力を確実に把握しておくのは、策を考えるのに必要?<br>……モコウは、ご主人の意見も……聞きたい? 一緒に見て回ってほしいです?",
    en=""
  },
  ["ワレモコウ(成長する軍師)"] = {
    jp="強風が、モコウを襲う? ……これが春一番というもの?<br>ぼ、帽子が飛んでいっちゃいそうで、戦闘に集中できないかも? 紐をつけて抑えるべきかと、モコウは思案してるです?",
    en=""
  },
  ["ナデシコ"] = {
    jp="私の道場に、新しい門下生がたくさん入ってきました。来る者もいれば、去る者もいる…。<br>慌ただしい時期ですが、己を取り巻く環境が、どれだけ変わっても、流されずに、強くありたいものです!",
    en=""
  },
  ["ナデシコ(世界花の巫女)"] = {
    jp="師範という立場ですが、私もまた修業中の身です。<br>特に、春を迎え、やる気に満ちた門下生が入ってくると身の引き締まる思いがします。<br>……うん、居ても立ってもいられなくなってきました。ちょっと、修練場に行ってきます!",
    en=""
  },
  ["センニチコウ"] = {
    jp="春は出会いと別れの季節言うけれど、しばらくは出会いだけでいいわ。うふっ、もうおばさんなのに、わがままかしらねぇ?",
    en=""
  },
  ["カリン"] = {
    jp="春は旅立ちの季節です! この先どうなるか、占いに導きを求めるも良し! 己の勘を信じて風の向くままに行くも良し!<br>要するに、自分が信じる道を行けば良いのです! な~んて♪",
    en=""
  },
  ["ネリネ"] = {
    jp="団長さん、やっぱり海の中にも、春ってあるんでしょうか?お魚さんたちも、お花見したりするのかな。",
    en=""
  },
  ["ヒガンバナ"] = {
    jp="ふぁ~、ん……春ってのはなんでこう眠くなるのかしら。<br>団長さん、 ちょっと昼寝と、ついでに尻尾を日光浴させてくるわ。<br>出番になったら呼んでね?ふぁ~……。",
    en=""
  },
  ["ヒガンバナ(世界花の巫女)"] = {
    jp="……すぅ……ん~……ひゃっ!? だ、誰!? 今、誰か尻尾触ろうとしたでしょ!?<br>って、ただの花びら? まったく、人騒がせねぇ……。",
    en=""
  },
  ["ネリネ(ジューンブライド)"] = {
    jp="幸せそうに笑っている夫婦さんを見ると、すごく結婚にあこがれちゃいます。いつか私も、団長さんと……<br>わぁ!?あ、今のは違います!つい本音が出てしまったというか…う、うぅー…恥ずかしいよー。",
    en=""
  },
  ["シロツメクサ"] = {
    jp="穏やかな暖かさで、気を緩めると、瞼を閉じたくなる誘惑に駆られますね。だからといって、寝てしまってはダメですよ。",
    en=""
  },
  ["コキア"] = {
    jp="団長さん、そろそろ起きてください。今日は朝早くから、ままざめしたんですよ。…なんか、新婚の夫婦みたいですね。",
    en=""
  },
  ["キンモクセイ"] = {
    jp="暖かいと、色々と油断してしまうような気がします。さっきも気づいたら無防備に寝てて、起きたらすぐ隣に団長殿がいて……<br>ウチ、知らない間に迷惑をかけたりしてないですよね…?",
    en=""
  },
  ["ストロベリーキャンドル"] = {
    jp="春は別れの季節なんて誰が言ったんだろうね?あたしは誰も忘れない。絶対に!<br>団長さんもこの春のこと忘れたりしないでね。",
    en=""
  },
  ["ハギ"] = {
    jp="んみゅみゅう……元気に過ごす為には、良く食べて良く運動して、良く眠るのが一番なんだけど……眠た過ぎるよう……んん、駄目駄目!しっかりしなきゃ!<br>……しっかり……すぅ……すぅ……。",
    en=""
  },
  ["クローバー"] = {
    jp="いくら心地良い陽気だからって、姉さん、ひとりで居眠りしちゃうんだから。もし何かあったらどうする気なんだろう?<br>ホントに目が離せないよー!",
    en=""
  },
  ["アズキ"] = {
    jp="みんなでピクニックとか行きたいね~ 外も暖かくなったし楽しく過ごせそうだもん。<br>もちろんおやつタイムにはご提供!しかも、無料で!すっごく行きたくなったでしょ?ね!ね!",
    en=""
  },
  ["ジャスミン"] = {
    jp="ポカポカ陽気が気持ちいいですわね〜。団長さま、私の膝で、お昼寝なんていかがかしら。ここなら誰も見ていませんから大丈夫ですよ?存分に甘えてください♪",
    en=""
  },
  ["ホトトギス"] = {
    jp="暖かくなってきて、あちこちで色んな花や緑が綺麗ですね?<br>そんな季節を見ていると、たくさんの詩が浮かんでくるんです。忘れないうちに書き残しておかないと!",
    en=""
  },
  ["ホトトギス(水着)"] = {
    jp="「春眠暁を覚えず」……そう言われてるくらいです。団長様が眠そうにしてても、おかしくなんかありません。<br>よ、よければ、その……私が膝枕して……ど、どうですか?",
    en=""
  },
  ["リリオペ"] = {
    jp="みんなお花見とかではしゃいじゃって……わざわざお花見なんかしなくても、かわいい私がここにいるのに……。<br>場所取りなんかしなくても、いつでも愛でられるわよ?<br>そうねぇ、団長には、もっと特別なトコロも見せちゃおうかしら。ふふっ、お花見より魅力的でしょ……?",
    en=""
  },
  ["オニユリ"] = {
    jp="過ごしやすい季節になって、角も喜んでいます。ほら、いつもよりシャキッとしてませんか?根元のところの角度が、冬とちょっと違うんです。",
    en=""
  },
  ["クレマチス"] = {
    jp="まさに行楽日和って感じの天気です!団長さん、一緒にお散歩に行きませんか?<br>たまには気分転換しないと、心が疲れちゃいますよ!",
    en=""
  },
  ["シュウメイギク"] = {
    jp="春眠暁を覚えず。団長殿、先程から舟を漕いでおるな。眠いのなら仮眠を取れ、わらわが子守唄を歌ってやってもよい。<br>コリウスが幼い頃はよく聞かせておってな。なかなかのものぞえ?",
    en=""
  },
  ["スキミア"] = {
    jp="団長さん、こんなにいい天気なんですから、もしよかったらわたしとピクニックに行きませんか?<br>ちゃあんとお弁当も……そうだ!サンドイッチも作りますので、ご一緒しましょう~!",
    en=""
  },
  ["カラタチ"] = {
    jp="春ねえ……あたしも何か新しいこと始めてみようかな?<br>何がいいかな、団長? あなたに教えてもらえることなら、きっと長続きすると思うの。",
    en=""
  },
  ["ススキ"] = {
    jp="こういう季節だし、晴れた日は原っぱでゴロゴロしたいねぇ。草の匂いと、地面の匂いと、真っ青な空と……うー!我慢できない!出かけようよ!団長さん!",
    en=""
  },
  ["ススキ(水着)"] = {
    jp="暖かい日はやっぱり過ごしやすいよね~。寒い時に大人しくしてた分、春はいっぱい活動するよ?<br>害虫との戦いもそう。あっ、もちろん、イタズラもだからね?",
    en=""
  },
  ["カンナ"] = {
    jp="うぅん……あかんなぁ、うちとしたことが、春のポカポカで眠ってしまいそうや……。<br>ふわぁぁ~~……んぅ、団長さんも眠とない?……せやったら、二人でお昼寝しよか。",
    en=""
  },
  ["オトギリソウ"] = {
    jp="絶好のお花見日和だね、団長さん! ほらぁ! 今日ぐらいお仕事お休みして、お花見に行こうよ!<br>折角なんだから、もったいないよ? ね?",
    en=""
  },
  ["フクシア"] = {
    jp="春は発情期らしいよ!で、団長はどう?ムラムラする?<br>だ、団長がエッチな気分なら、フクちゃん……いやだぁ、これ以上は言えないー!",
    en=""
  },
  ["ベロニカ"] = {
    jp="私がお花見を主催したら、いい感じに出来上がったタイミングで全員を一列に並べて、みんなの目の前でぜ~んぶ花を散らしてあげるわ。<br>きっと綺麗よ。一気に花が散って、目の前が全部桃色になるんだから……!",
    en=""
  },
  ["ラッセリア"] = {
    jp="ふわぁ!春の風が気持ちいぃ!この風に乗って、ふらっと放浪してみない?<br>目的地なんて決めずに、ただ風の吹くまま気の向くまま、そういう旅行も楽しいよ!",
    en=""
  },
  ["リンドウ"] = {
    jp="お花見の季節になってきたね~。団長さんもお仕事ばっかしてないで、たまには外に出て気分転換しないと。<br>……ってことで、お花見に一緒に行こうよ!",
    en=""
  },
  ["アイビー"] = {
    jp="私の邪眼、華王ブロッサムグラスはどんなことでも見通せるわ。一足先の春の訪れまで視ることができるの。<br>むっ……私にはこの野原が、春に芽吹く草花で一杯に見えるわ……。<br>……団長さんにもそう見えるって? そ、それはきっと、団長さんが心の目で見てるからだわ! きっと!",
    en=""
  },
  ["アイビー(新春)"] = {
    jp="はぁ……ふぁ……んっ…んふぇっ? もう起きる時間なの…? もうちょっとだけ寝かせてよぉ~…。<br>この時期は、生きとし生ける全てが安寧なる布の間で微睡むべき。 ふ、ふぁ~…あぁんむぅ、団長さんももうちょっと寝なさい。 ん~ん~ん~ん……",
    en=""
  },
  ["ヘリオトロープ"] = {
    jp="ぽかぽか暖かくて、ダンナさまもなんだか眠たそうですです。<br>ダンナさま、ヘリオの膝枕、使いますです? それとも……抱き枕にしますです?",
    en=""
  },
  ["ヘリオトロープ(浴衣)"] = {
    jp="春の風に吹かれて、いろんな匂いがしてきますです。お花の匂いにー、それに、ダンナさまの匂いもしますです!<br>ダンナさまの匂いに包まれると、とっても安心ですです♪",
    en=""
  },
  ["ヒギリ"] = {
    jp="お花見……ですか? あぁ……是非、ご一緒させてください! 団長さまと一緒なら、きっと普段以上に美しく見えるはずです!<br>あ、そうだ! 何かお弁当を作っていきましょうか!",
    en=""
  },
  ["キンレンカ"] = {
    jp="ふぁ~…日差しが気持ちがいいですね。気を抜くとウトウトしてしまいそうです。こんなときこそ、訓練をして汗を流すべきかと。<br>さぁ、訓練場へ参りましょうか。",
    en=""
  },
  ["バルーンバイン"] = {
    jp="春一番に吹かれると、そのままどこかに飛んでいっちゃいそうですね。……この風を利用して飛べたら……っ、きゃあっ!? す、スカートが!?<br>あ、団長さん! 今私のことを見て笑いましたね? もぉ~!!",
    en=""
  },
  ["バルーンバイン(イースター)"] = {
    jp="暖かな風が、春を運んできてくれましたよ。私もこの風に乗って、お空を散歩したいな~。<br>その時はもちろん、団長さんも一緒に来てくださいね? 春の空を団長さんと一緒に飛べたら……きっと、とっっても幸せになれると思うんです!",
    en=""
  },
  ["スイギョク"] = {
    jp="春は別れの季節だ、なーんて言わないでくれよ?私はあんたの隣にずっといる。<br>いくら季節が巡ろうが、歳を取ろうが。何があっても……ずっとな。",
    en=""
  },
  ["ハゼラン"] = {
    jp="ベルガモットバレーだと、そこまで「新緑の季節」って感じはないんだよ。だから、ちょっと新鮮な感じがする。<br>ピクニックとか、行ってみたいかも。わがまま、かな?",
    en=""
  },
  ["クフェア"] = {
    jp="アンタと見る満開の花は、本当に綺麗だ。なんでだろうな、一人で見るよりも、ずっとずっと、美しく見える。<br>……なぁ、このまま、散歩にでも行こうか。いいだろ",
    en=""
  },
  ["オミナエシ"] = {
    jp="お花見をするんですか?それなら、皆さんのお弁当とお酒は、私に任せてください。……なので、団長さんは、場所取り、お願いしてもいいですか?うふっ♪",
    en=""
  },
  ["エルダーフラワー"] = {
    jp="団長さま、天気も穏やかで暮らしやすいはずなのに、なんとなーく寂しくなったりしてない?<br>この時期は心の風邪が多くなる季節だから、ちょっと変だなーって思ったらいつでも言ってね。<br>強がっちゃダメだよ?",
    en=""
  },
  ["パイナップル"] = {
    jp="うっふふ♪ 今年も新人がたくさん入ってきたわね!さぁ、早速完全無欠のパイナップル様をアピールしないと!<br>最初が肝心だもの。私の美しさと完璧さ、叩き込んでやるわ!",
    en=""
  },
  ["モルチアナ"] = {
    jp="今度の休日にお花見ですか? いいですね! お弁当は私が。ですが……その前にやる事がありますね?<br>……それでは、このモルチアナ、お花見の場所取りのため、出撃いたします!",
    en=""
  },
  ["タチアオイ"] = {
    jp="走り込みをしていたら、色んな所で花が咲き始めているのを見たよ。<br>もっとたくさん見つけたくて、走りながら探していたら、普段よりうんと遠くまで走っちゃった。",
    en=""
  },
  ["パキラ"] = {
    jp="春一番って、本当に風強いねえ。風が入ってきて部屋が散らかっちゃったみたい。<br>……団長様、あたしと一緒に春の大掃除しよっか? 部屋を綺麗にしておくとラッキーが呼び込めるってペペちゃんも言ってたし!",
    en=""
  },
  ["ルナリア"] = {
    jp="暖かくなりましたが、そのせいで害虫達も活発に動き始めたようです。気を引き締めないといけませんね?<br>団長さん、一緒にお稽古しませんか?",
    en=""
  },
  ["アナベル"] = {
    jp="んんーっ! ちょ~気持ちいいーっ! えへ、団長さまも外に出ようよぉ。<br>そんなに部屋にこもって書類整理してても楽しくないよぉ。一緒に外に出てさ、散歩でもして、気分転換しようよぉ♪",
    en=""
  },
  ["ハボタン"] = {
    jp="団長さんは、「優しい嘘つき」って知ってる? 本当は辛い思いをしているけど、誰かの為にって思って、いつも平気な顔をして頑張っている。<br>団長さんのことだね。たまにはさ、正直になってもいいんじゃないかな?",
    en=""
  },
  ["スズナ"] = {
    jp="出会いの季節というのは、人の縁だけじゃありません。<br>春になって新しい健康法とも出会えるように、たくさん旅行をしたいと思います。",
    en=""
  },
  ["エーデルワイス"] = {
    jp="風が暖かくなって、すっかり春らしくなったわね? 天気も良いし……これで害虫が出なければ、行楽日和なんでしょうけど。<br>……ごめんなさい。愚痴を言っても仕方ないわね。やるべき事をやりましょう。",
    en=""
  },
  ["エーデルワイス(新春)"] = {
    jp="すっかり暖かくなったけど、害虫まで元気になるのは困りものね。<br>ふん…まっ、根気よく倒していきましょう。団長さん、今日も一日よろしく頼むわ。",
    en=""
  },
  ["オトメギキョウ"] = {
    jp="団長さん、お花見に行きましょう!場所取りは私に任せてね。<br>リカステさんが作ってくれたお弁当を持って行って、プロテア様が楽器を演奏してくれるの。<br>すっごく豪華なんだよ!リンリーン♪",
    en=""
  },
  ["タンポポ"] = {
    jp="お日様ポカポカ、気持ちいいです。団長さん、こっちに来て、日向ぼっこしませんか?<br>団長さんのお腕で、お昼寝したいです。",
    en=""
  },
  ["ヤグルマギク"] = {
    jp="団長さん? 春が来たからと言ってボーっとしないでくださいね?<br>戦いはこれからが本番。しっかり引き締めていきましょう。",
    en=""
  },
  ["アスター"] = {
    jp="寒い地方では、人々は春の訪れをこの上なく喜ぶ。閉ざされた世界からやっと外に出られるのだから。<br>そう考えると……ブラザーと出会った時が、私の初めての春だったのかもな……。",
    en=""
  },
  ["アキレア"] = {
    jp="ルドベキアが花見しようって張り切っててなー。団長も一緒にどうだ?いい天気だし、花も満開だし。たまにはのんびりするのもいいもんだよな。<br>ちくわも、アンタに来て欲しいって尻尾振って喜んでるしるし。なっ!",
    en=""
  },
  ["シロタエギク"] = {
    jp="春眠暁を覚えずと言うが暖かくなれば眠くなるのは物の通りじゃ。<br>そう言っているそばから大きな欠伸をしているのう。<br>団長様、眠たければこちらに来るとよい、膝枕をしてやろうぞ。<br>なぁに誰も見ておらん、存分に甘えていいのじゃよ?",
    en=""
  },
  ["オナモミ"] = {
    jp="あら団長! 今日は少し薄着なのね? ほほ~ぅ♪ 私の鞭の味をより一層肌で感じるためね? そうなのね!?<br>ふふ~ん♪ 中々殊勝な心掛けだわ♪ ……って、ただの衣替えなの!? 調教は……駄目ぇ!? あぁぁ~~。",
    en=""
  },
  ["シロタエギク(クリスマス)"] = {
    jp="お花見には団子と言うから団子作りにも挑戦してみての、粉から作ったから大変じゃったが、上手くできたと思うのじゃ。<br>そなた様に最初に食べて欲しいのじゃが、よいかの?",
    en=""
  },
  ["カーネーション"] = {
    jp="春は出会いと別れの季節と言いますが、影は決して団長さんの御側を離れません。<br>ただ、花騎士との出会いも多くなりますから、その点はご注意を。影とて、時には嫉妬することもありますから。",
    en=""
  },
  ["スイートウィリアム"] = {
    jp="はぁ~っ……んぅ~~! ……ん? どうしたんだ? 欠伸をして伸びをするのがそんなに珍しいかい? <br>私だってそれくらいするよ。 ま、君だから見せられる、というのはあるけどね。",
    en=""
  },
  ["アグロステンマ"] = {
    jp="お花見、ですか?是非ご一緒させてください♪団長さまからお誘い頂けるなんて光栄ですわ。<br>そうですわ、お弁当を作りますわね♪団長さまはどんなおかずが好きですの?",
    en=""
  },
  ["ナナカマド"] = {
    jp="暖かくなってきましたねー。すぐ眠くなっちゃいます。そうだ! 団長さん。今日は一緒に日向ぼっこしましょう。<br>お日様の力で~。魔除けですよ、魔・除・け・!",
    en=""
  },
  ["リンゴ"] = {
    jp="花騎士の皆さんと一緒に、お花見をしませんか?<br>それってもはや、私にとっては、お花を見るのか、花騎士の皆さんを見るのか、よくわからないことになってしまいますけど……!<br>きっと、素敵な会になるに違いありません!!",
    en=""
  },
  ["ピラカンサ"] = {
    jp="この季節になると新しい花騎士の人が入ってくるから、もうリンゴが楽しそうで。<br>新しい子を見つけては「むっはぁー!」して、もう大変なんだよ。<br>あたいには「むっはぁー!」してくれないんだけどねぇ……",
    en=""
  },
  ["コデマリ"] = {
    jp="団長様、山菜採りに行きませんか? 山菜の天ぷらって美味しいですよね? たくさん採って、たくさん食べましょう♪",
    en=""
  },
  ["リンゴ(七夕)"] = {
    jp="団長さん、お花見に出かけましょう! きっとたくさんの女の子とお近付きになれますよ~!<br>むっはぁ~~~!! 考えただけで、ウキウキしてきました~!",
    en=""
  },
  ["マルメロ"] = {
    jp="お・は・な・み~!お酒、いっぱいのみましょうね~!<br>可愛いお花を見上げて、可愛い団長さんと、可愛いお酒を飲む~!絶対幸せですぅ~!えへっ、えへへぇぇ……",
    en=""
  },
  ["スノーフレーク"] = {
    jp="暖かいと、気が緩みがち……。掃除してると、いつの間にか散らかってたり……料理してると、爆発したり……。<br>……はっ。暖かいの、関係なかった……。",
    en=""
  },
  ["スイートピー"] = {
    jp="ほらっ、団長さん。大きな欠伸して。いくら暖かくなって来たとは言え、他のみんなもいるんですから、しゃきっとして……ふぁ~あ……。<br>あ、こ、これは、その違うんです。ついうっかり……ええっと……。す、すみません。",
    en=""
  },
  ["エニシダ"] = {
    jp="あったかいと、なんだか体も心もぽかぽかしますねぇ。<br>天気もいいですし、一緒にハイキングに行ってのんびりしませんか?山の上に寝転がって二人でごろごろして…えへ。",
    en=""
  },
  ["ライラック"] = {
    jp="今年もー新人さんが多く入ってきましたねー。私、団長さんと出会ってから、毎日が記念日のようになりました。<br>新人さんたちもーそうだったら良いなぁ。",
    en=""
  },
  ["ヘリコニア"] = {
    jp="お花見の季節かぁ~。花はいいなぁ、あんなに沢山の人に注目されて…。<br>でも、動けなくなるのはやだ!肝心の団長の側にいられないんじゃ、注目を集めたってしょうがないからね!",
    en=""
  },
  ["クロユリ"] = {
    jp="日差しが気持ちいい季節になったな。たまには、二人きりで散歩にでも行くか?……冗談だ。そんな嬉しそうな顔をするな。",
    en=""
  },
  ["レッドチューリップ"] = {
    jp="うちの診療所の近くにも、綺麗な桜の木があるのよ。今度一緒にお花見しない?<br>団長さんの為に美味しいサンドイッチを用意していくわ~。",
    en=""
  },
  ["イエローチューリップ"] = {
    jp="今日は雨ね~、団長さん。この季節の雨はちょっと気分がいいわよね~。<br>この季節に降る雨は、花の芽を育てて草木の芽を潤してくれることから<br>「春の雨は花の父母」とも言うらしいわよ。",
    en=""
  },
  ["パープルチューリップ"] = {
    jp="春は環境の変化に戸惑って、悩みを抱えてしまう人も少なくはないの。特に新人の花騎士達には厳しい季節でしょう。<br>困っていそうな子を見つけたら、私のところに連れてきてくださいね。",
    en=""
  },
  ["ホワイトチューリップ"] = {
    jp="私たち姉妹にとって、春は待ち望んだ季節。おーきく花開く季節です! 任務にもっと貢献できるよう、頑張ります!<br>治療だったら任せてください。誰一人、痛い思いはさせませんから!",
    en=""
  },
  ["リューココリーネ"] = {
    jp="さっき大きな荷物を家に運んでいる家族がいたんだ。おそらく引っ越してきたんだと思う。<br>まさに出会いの季節って感じだねぇ。私は…君に出会えてよかったって思ってる。",
    en=""
  },
  ["アリウム"] = {
    jp="春は誕生の季節。誕生といえば……私、気になる事があるんです。<br>卵が先か、鶏が先か……すごく気になりませんか? どちらが先に誕生したのでしょう?",
    en=""
  },
  ["クロユリ(新春)"] = {
    jp="暖かいな……心地良い陽気だ。お前も眠たくなったら、少しだけ休むといい。その間は……私がお前を見守っている。",
    en=""
  },
  ["ギンラン"] = {
    jp="春は出会いの季節、とも言うでしょう? なので、私はこの季節が大好きなんです。<br>でも、団長さんと出逢えた以上のものには、出会えないと思いますわ。",
    en=""
  },
  ["エピデンドラム"] = {
    jp="はるってさぁ……さいみんじゅつでもつかえるのかなぁ? だって、絶対寝かせに来てるよね、この暖かさは。<br>だから、つい…ゴロゴロダラダラしちゃうんだもん。しょうがないよねぇ?",
    en=""
  },
  ["エピデンドラム(水着)"] = {
    jp="お花見に行こう、って?そうやってあたしに場所取りさせようっていうんじゃないよね。<br>違うの?……穴場スポットがある!?やったー、じゃあ行こ行こ!",
    en=""
  },
  ["リカステ"] = {
    jp="うふふっ♪ 団長さん? こんなところで、居眠りですか? よーく眠っちゃって<br>まぁ、この陽気だし、しかたないよね?  今はゆっくり……おやすみなさい、団長さん♪",
    en=""
  },
  ["デルフィニウム"] = {
    jp="んまぁ、こう穏やかな春の風に吹かれていると、デルちゃんも哲学したくなっちゃうよ。<br>この世界はどこへ向かっているのか。そして、何故ラナンキュラスは私よりおっぱいがでかいのかっ……",
    en=""
  },
  ["ニゲラ"] = {
    jp="ぽかぽか陽気で、なんだか眠くなってきちゃった。でも……お花見も行きたい。<br>そうだ……団長、お花見に行く夢見て? 夢の中でお花見しよ?",
    en=""
  },
  ["ラークスパー"] = {
    jp="最近の暖かさに、ワルナスビ様もずっと眠そうですぱ。ワルナスビ様の欠伸を見てると……ふわぁ~。私も眠くなってくるですぱー。<br>やっぱ、私とワルナスビ様は一心同体ってことなんですぱね~。",
    en=""
  },
  ["デルフィニウム(競技会)"] = {
    jp="やば~、まだボールを追いかけていたいのに、この陽気のせいで眠気が…う~太陽の光と暖かい風が気持ちいい、春最高~",
    en=""
  },
  ["ミカン"] = {
    jp="今日もいい天気ですね。あっ、そうだ!せっかくですから、山へピクニックに行きませんか?<br>団長の好きなものでいっぱいの、とってもおいしいお弁当を作りますよ!",
    en=""
  },
  ["ハナミズキ"] = {
    jp="だんちょーサン、起きてクダサーイ!春眠暁を覚えずデスネー。umm…ワタシも、とてもsleepyデース…",
    en=""
  },
  ["ハナミズキ(浴衣)"] = {
    jp="お花見のいいですけど、だんちょーサンとデートもしたいデース。<br>という事は二人でお花見デートすればいいんデスネ。nice idea。二人でsecretなお花見いきまショウ。",
    en=""
  },
  ["カラー"] = {
    jp="さあ! 新人さんがやって来る季節ですよ。これから素晴らしい才能を秘めた卵たちがたくさんやって来るんです。<br>その殻を割るお手伝いが出来れば、これほど嬉しい事はありませんよ。",
    en=""
  },
  ["コムギ"] = {
    jp="コムギにも花騎士の後輩が増えてきた。<br>早く仲良くなれるように、コムギはいつもお菓子を配っているんです。<br>早速手渡ししてきます。にぃも一緒に挨拶しに行きますか?",
    en=""
  },
  ["ゼラニウム"] = {
    jp="春になると風が暖かく感じるね。そろそろ春物の服もお店に並ぶし。<br>えへへっ♪ 団長さん、一緒に買い物に行こうよ!",
    en=""
  },
  ["ギンリョウソウ"] = {
    jp="春はゆったりしてるから、考え事をするのに向いてるよ。<br>でも……この穏やかな空気に惑わされて、ふらぁ……と、あっち側に行かないように、気を付けて?",
    en=""
  },
  ["スズランノキ"] = {
    jp="春だからか、ニシキギ……なかなか起きてくれなくて大変なのよね。<br>私、よく面倒見が良いって言われるけど、無責任に甘やかしたりはしないわ。<br>人って優しくされると甘えたくなる。そしてその内、依存するようになる。そうならないように、飴と鞭はしっかりと使い分けているつもりよ?",
    en=""
  },
  ["サツキ"] = {
    jp="春は害虫も活発になるのかしら? あの子達、いつもより元気な気がしたのよね……。<br>私としては、あのくらい元気な方がスリルが味わえて嬉しいけど、みんなは困るだろうから、しっかり討伐しなきゃね?",
    en=""
  },
  ["エノテラ"] = {
    jp="花見をするといつも思います。エノテラたちは、花なんです。<br>今が咲き頃。一番綺麗な時。戦う力も、きっとそうでしょう。<br>枯れて散る前に、自由に生きなきゃ損です。大損です。",
    en=""
  },
  ["ナイトフロックス"] = {
    jp="今日はぽかぽか陽気で、洗濯物がよく乾きそう~♪<br>ほら団長さん、全部脱いでください? 今のうちに、まとめて洗濯してしまいますよ♪",
    en=""
  },
  ["ペンステモン"] = {
    jp="新しい子達が入ってきたのね? さっそく団長として、騎士団の案内に行ったらどうかしら? きっと……みんな喜ぶわよ?<br>私はここを片付けておくから。さあ、行ってらっしゃい。",
    en=""
  },
  ["トレニア"] = {
    jp="この春風(しゅんぷう)は……吉兆です! 良い未来が待っていることでしょう。<br>えへ、急にどうしたって思いました? たまには、団長様に神官らしいところを見せたいじゃないですか。",
    en=""
  },
  ["ペンタス"] = {
    jp="過ごしやすい季節になりました。ふふっ、いけませんね、春のうちに達成したいノルマがあるのについつい気が緩んでしまいます。<br>訓練、訓練……!",
    en=""
  },
  ["バンテイシ"] = {
    jp="春だね。昼寝には絶好の季節だ。団長も、たまには昼寝してみたら?とっても気持ちがいいよ。……えっ、私の隣で?べ、別にいいけど。<br>……だめ…やっぱりだめ。寝顔とか見られたら恥ずかしいし。",
    en=""
  },
  ["サンゴバナ"] = {
    jp="団長さん、お花見の場所、無事に確保できました!夜もず~っと剣を磨きながらここを守ってたんです。<br>いや~、大変でした~……えっ?こ、怖いなんて言っちゃダメですよ、他にやることが無かったんですって~!",
    en=""
  },
  ["サンゴバナ(クリスマス)"] = {
    jp="舞い散る花びらを、空中で断ち斬る……いつかはそういう風に剣を振るってみたいです!<br>そのため、訓練もお手入れも欠かしません! 見守っててください、団長さん!",
    en=""
  },
  ["ニシキギ"] = {
    jp="ひゃあ~~!! んもぉ~、今日は風が強いです~! 春の嵐ってやつでしょうか?<br>……って、団長さん、いたんですか!? もしかして、着物の下……ギリギリ見えちゃいました?",
    en=""
  },
  ["モミジ"] = {
    jp="春は出会いと別れの季節と言いますが、別れはあまり経験したくありません。<br>まして団長とは、できればずっと……",
    en=""
  },
  ["モミジ(クリスマス)"] = {
    jp="団長、風が強い日が出てきましたね。<br>春一番というそうですが、私の技の速度と春一番の風の速度、どちらが速いのでしょうか。",
    en=""
  },
  ["イチョウ"] = {
    jp="家の近くに、とても立派な桜の木があるんです。毎年「愉しませてくれてありがとう」って挨拶に行ってました。<br>…まだ元気に咲かせているのでしょうか?久しぶりに、見に行きたくなってしまいますね。団長さんも、ご一緒にいかがですか?",
    en=""
  },
  ["ホオズキ"] = {
    jp="春……芽吹きの季節! 主様との愛は芽吹きの時期を通り越して、すでに大木になりかかっているきぃ!<br>さらに巨木化目指して頑張るきぃ! やがて花咲く実を結ぶ……だきぃ♪",
    en=""
  },
  ["モミノキ"] = {
    jp="強い風が吹くと、バランスがっ……! うぅ……背が高いので、風の影響を受けやすいんです。<br>団長さん、すみませんが少し掴まって歩いてもいいでしょうか?",
    en=""
  },
  ["マツ"] = {
    jp="暖かくなってきましたね。団長さん、眠いですか? ……クスッ♪ 分かりました。どうぞ、私の膝をお使い下さい。<br>団長さんが安心してお休みできるよう、寄り添っていますので。",
    en=""
  },
  ["ヒトリシズカ"] = {
    jp="あぁ、冬の間に、毎日筋肉を鍛えていたら、腹筋割れてきてしまって……団長さん、お腹触ってみてください。<br>もう少し柔らかい方がお好きでしたら、鍛錬のメニューを調整します。……団長さんの、好みの身体でいたいですから。",
    en=""
  },
  ["ナンテン"] = {
    jp="春は眠気がやって来る季節よね?無理に眠気を覚まそうとするよりも、少しの時間、仮眠をとって、軽くすっきりする方がいい事もあるわ。<br>ところで……私の膝が空いてるんだけど……だ、団長さんになら、貸してあげても……いいわよ?",
    en=""
  },
  ["シャクヤク"] = {
    jp="春の季節は好きです。なんだかすごく開放的な気持ちになります。秋と気候が似てますから、トレーニングにもちょうどいいんですよ。<br>スポーツの秋ならぬ、スポーツの春といったところでしょうか。団長さん、これからランニングでも一緒にどうですか?",
    en=""
  },
  ["シャクヤク(ハロウィン)"] = {
    jp="気候も落ち着いて、新人の子が沢山入ってくる季節ですね。正直ちょっと不安ですけど……先輩として頑張らなくちゃ!<br>団長さん、見守っていてくださいね。",
    en=""
  },
  ["シャムサクララン"] = {
    jp="あ…団長起きた、団長が寝てたから膝枕してたの、顔…ずっと見てた。<br>まだ寝てていいよ私も…もうちょっとこのままでいたい……。",
    en=""
  },
  ["シャムサクララン(クリスマス)"] = {
    jp="眠る間際ってすごい気持ちよくて、しあわせって感じがする…。<br>そう考えると…春の陽気ってすごいね…たくさんの人に幸せを届けてる。",
    en=""
  },
  ["ハートカズラ"] = {
    jp="とある地域だと、この季節に女の子のお祭りがあるらしいの。婚活とか合コンもいいけど、たまには女の子だけでってのもいいよね?",
    en=""
  },
  ["ユキノシタ"] = {
    jp="ふわぁ~あぁ~……うぅ~、睡魔なんかに~、負けない……私は強いんだ、森の王者なんだ、<br>強い方が勝つんだ~……んぅ、、すぅ……すぅ……",
    en=""
  },
  ["クモマグサ"] = {
    jp="団長さん団長さん!さっき山を登っていたら、見たこともないとても綺麗な花が咲いている所を見つけたんです。<br>今度一緒に見に行きましょう!",
    en=""
  },
  ["ネモフィラ"] = {
    jp="華やかな季節ですね。リリィウッドが劣っているとは思いませんが、この時期のブロッサムヒルはやはり活気が違いますね!<br>……え?た、たまには他国のことも褒めますよ!",
    en=""
  },
  ["イカリソウ"] = {
    jp="春はポカポカしていい感じ~♪ どこかに出かけたくなるねぇ~。団長と二人で、船に乗って、川沿いでお花見するとかどうかなぁ~<br>キャプテンの大きな船じゃなくて、小さな船でねー。夜は、錨を降ろして、ずっと二人で眺めてたいなぁ~。",
    en=""
  },
  ["ツユクサ"] = {
    jp="この時期になると、昔は、窓から外を見てはうずうずしていました。<br>実は今でもそうすることがあって、その度に「あぁ、違った。もう私は好きな時に外に出られるんだ」<br>って、思い直すんです。",
    en=""
  },
  ["キリンソウ"] = {
    jp="ああ団長か、これからイブキと森の方までひとっ走りしてくるつもりだ。今日はよい陽気だからな、イブキも嬉しそうだ。",
    en=""
  },
  ["ハゼ"] = {
    jp="団長さー、お花見に行きたいの?よぉっし、それならあたしに任せて。<br>ばっちり場所取りするからね!いいのいいのぉ、団長さーの役に立ちたいんだもん♪",
    en=""
  },
  ["ペペロミア"] = {
    jp="ずっと前の春に出会ったダーリン。再会して、新しい春になって、前よりもっと好きになっちゃった。<br>これから春が来るたびに、どんどん好きになっちゃうのかな?アハッ♪どうしよ?",
    en=""
  },
  ["ユズリハ"] = {
    jp="気持ちいい季節になってきたわねぇ……あらあら♪ 団長さんったら、なんだか眠そう。<br>そういう事なら……はい、どうぞ? 膝枕してあげるから、こっちに来なさい?",
    en=""
  },
  ["プロテア"] = {
    jp="みんなで一緒にお花見に? ……是非行きましょう! こういう時は人数は多い方が楽しいですよね?<br>私、ちょっと一周して皆さんに声を掛けてきます!",
    en=""
  },
  ["コマクサ"] = {
    jp="春は出会いと別れの季節。みんな泣いたりするけど、姉さんが経験した別れはこんな言葉じゃ表現しきれないのよね……。<br>あの時のショックを……私も一緒に背負えたらいいのに……。",
    en=""
  },
  ["リムナンテス"] = {
    jp="暖かくなってきて、お洒落が楽しい季節ですぅ。春はやっぱり、ふんわりカラーのアイテムですぅ!<br>新しいお洋服を着て、おいしいパンケーキのお店で大人のティータイム……。 ん~♪ 素敵ですぅ……♪",
    en=""
  },
  ["サンデリアーナ"] = {
    jp="特訓!特訓!春になったから大特訓アル!冬の間は満足に動けなかったから、鬱憤がたまってるネ!<br>さあ行くよ、ミリオン!バンブ!バンブ!バンブーーー!!",
    en=""
  },
  ["アサザ"] = {
    jp="ピクニックへ行くと聞いたので、豆ご飯をご用意しました。これ、ミッちゃんの大好物なんです。<br>色とりどりで綺麗ですよね。",
    en=""
  },
  ["ミツガシワ"] = {
    jp="これから暖かくなってくるから、よりボディラインを引き締めないと!<br>ラミウムさんもいつも女の魅力を磨けって言ってるし、いっぱい踊って完璧ボディを手に入れるんだ~!",
    en=""
  },
  ["ビバーナム"] = {
    jp="冬も過ぎて、すっかり暖かくなったよね~? 雪合戦のシーズンが終わっちゃったのは残念だけど、<br>春は春で楽しい事いっぱいあるし、春にしかできない事、たくさん楽しも?",
    en=""
  },
  ["ハナイ"] = {
    jp="ふわぁ……んふぅ……眠くなってきちゃったぁ。ぽかぽか天気だし、風邪も丁度良くて……<br>ふわぁ……あ~んぅ……んにゅむにゅむ……ごめんね、団長さん。自分の心に従うよ……おやすみなさぁ~い♪",
    en=""
  },
  ["クレソン"] = {
    jp="ふぃぃ…ぬくぬくぅ~…あっ、ムッシュも一緒にソレイユ浴びる?<br>すっごい気持ちいいよ?料理で人を、こういう気持ちにさせてみたいもんだね。",
    en=""
  },
  ["ストック"] = {
    jp="すっかりポカポカ陽気で、吹いてる風も暖かいです。<br>すごしやすくて気持ちのいい季節になってきましたね。",
    en=""
  },
  ["アイリス"] = {
    jp="すっかり暖かくなりましたね、春の陽気が気持ちいいです!<br>……しかし、どうやら少し浮かれすぎている花騎士もいる様子。ここは私達がしっかりしなくては。<br>気を引き締めていきましょう、団長様!",
    en=""
  },
  ["カキツバタ"] = {
    jp="春は出会いの季節……そしてまた、別れの季節でもありますね?<br>わたくしもいずれ、大切な人達とお別れする瞬間が来るのでしょうけれど、今を精一杯生きたいと思います。",
    en=""
  },
  ["ニワゼキショウ"] = {
    jp="ピクニックに持っていくお弁当、作ったよ。ジャム入りサンドイッチ、ジャムおにぎり、ジャム唐揚げ!<br>うわぁ~……まるでパラダイスだよ~♪",
    en=""
  },
  ["スパラキシス"] = {
    jp="騎士学校の新入生が羨まし~い!!わたしも学校生活送ってみたかった~…。<br>昔してた武者修行の独学プラス、お仕事上のアレコレで花騎士やれてはいるけど~……。キャッキャウフフもしたかったわよ~。",
    en=""
  },
  ["ロベリア"] = {
    jp="春は自然と新しいこと始めたくなる……そんな生命力に満ちている感じがするの。<br>……という訳で、予定を見直したら色々と無駄があったから、改善案を考えておいたわ。団長も、新しい気持ちで取り組みなさい。",
    en=""
  },
  ["ヨメナ"] = {
    jp="あっ、お願いされたピクニック用のお弁当、準備出来たで! 頼まれたのが嬉しゅうて、いっぱい作ってもうた~♪ えへへ♪<br>もちろん、味には自信あるから安心してな?",
    en=""
  },
  ["リシマキア"] = {
    jp="春だからって、あんまりぼーっとしてると、お仕置きしちゃいますよ?<br>あ……それとも、わざとですか? わざとぼーっとして、わたしに……フフフッ♪ そういう趣味だって皆さんに言いふらしちゃおっかな~?",
    en=""
  },
  ["ラミウム"] = {
    jp="舞い散る花びらの下ではお淑やかに舞うわ。うふふっ♪ こういうダンスだってできるの。<br>お姉さんのカッコいいところ、しっかり見ててね!",
    en=""
  },
  ["タツナミソウ"] = {
    jp="お天道様ぽかぽかで気持ち良いね~? 体の中、暖かい波が広がってぇ……へへっ♪ 手先やら爪先まで来る~♪<br>暖かすぎて仕事になんないくらい。んっ……ふわぁ~~んぅ~。眠い~。",
    en=""
  },
  ["ヤマブキ"] = {
    jp="なあ団長。今から私の布団を干すんだけど、団長の分も一緒に干しといてやるよ。折角あったかくなってきたし……ついでだ、ついで。",
    en=""
  },
  ["バイケイソウ"] = {
    jp="この季節、ピクニックしている子達が多いのよね。そ、そりゃ、よく見かけるから……。声をかける?そんなの恥ずかしくて、無理!",
    en=""
  },
  ["バイカモ"] = {
    jp="団長、団長っ!騎士学校の入学式、わたしも行きたいカモ!<br>それで壺配りたいカモ!新入生さんたちに配るカモ!そしたらつらい訓練も頑張れるはずカモ。<br>おねがいカモ、団長ーっ!!",
    en=""
  },
  ["トウカ"] = {
    jp="私、この季節が大好きなんです。お花が咲き誇って、動物達も赤ちゃんを産んで……まるで眠りから覚めて、命が広がっていくようで……。<br>少しでも長くこんな世界が続くように、眠り姫様に祈らずにはいられません。",
    en=""
  },
  ["ヤマゴーヤ"] = {
    jp="今ね、紙吹雪いっぱい作ってるっぴゃー♪ これをお花見中にパーって撒いたら、きっと華やかで、楽しくなるっぴゃー♪",
    en=""
  },
  ["ミズバコパ"] = {
    jp="はわぁー♪ 今日は風がつよ~~い! 春一番ってやつ? ミズ楽しくなっちゃうよー♪",
    en=""
  },
  ["リンデルニア"] = {
    jp="団長さん? 団長さーん? ……もう、完全に寝ちゃってますねぇ。<br>ま、『春眠暁を覚えず』と言いますし、寝かしておいてあげましょう。<br>ふふ、それじゃあ私も、昼寝してこよーっと♪",
    en=""
  },
  ["アデニウム"] = {
    jp="春か。新人が入ってきても、私には話しかけてこないだろうな。なら、自分から話しかければいいって、それは…難しい任務だな。",
    en=""
  },
  ["クコ"] = {
    jp="騎士学校、新入生。瞳、キラキラ。視線、未来。変化、待望。今のクコといっしょ。<br>団長、クコに贈呈、幸福……変化、幸福。えへへ♪団長、好き♪",
    en=""
  },
  ["カガミ"] = {
    jp="秋財布に春袋、という言葉はご存知ですか?<br>春。即ち、張る(みちる)季節にお財布を縫うと縁起が良い、と言う意味なんですよ。<br>つまりは、私の出番。団長様、お好きなデザインをお申し付け下さいね。",
    en=""
  },
  ["ウルシ"] = {
    jp="ハイキング日和ね! 時間空いたら一緒に行きましょう?<br>ああ、勿論二人っきりじゃないわよ? みんなで一緒に♪ だってそっちの方が楽しいじゃない?<br>艶っぽいのは……夜の方がいいでしょう?",
    en=""
  },
  ["フェンネル"] = {
    jp="出掛けるなら上着ぐらい持って行きなさいよね? まだ冷える時だってあるんだから。<br>……なによ、その目は? アタシだって、これぐらいの心配はするんだからね!",
    en=""
  },
  ["エリンジウム"] = {
    jp="配達のお仕事だと春一番は困っちゃうかなぁ。<br>でも追い風で走れるときはすっごく気持ちいいから、あんまり迷惑にも思えないんだよねぇ。",
    en=""
  },
  ["ハス"] = {
    jp="卿と春を迎えられて嬉しく思うよ。<br>不思議なものだ、あれほど厳しかった冬もこうなってしまうと、今日という日の幸せを引き立てるための一種の必然であったように思えてくる。",
    en=""
  },
},
["spring004"] = {
  ["ヤクノヒナホシ"] = {
    jp="団長ちゃん、スワンボートに乗りに行こ?桜の花びらが舞い散る中、悠々と川を下るの。<br>ボートに乗ってる間は他の花騎士ちゃんも見てないし、なーんでもできるよ?",
    en=""
  },
  ["カゲツ"] = {
    jp="最近、暖かくなってきたよね。こうして散歩するには、うってつけの気候だと思わない?<br>……というわけで団長さん。もう少し、一緒に散歩しちゃお?",
    en=""
  },
  ["アリッサム"] = {
    jp="良いお天気ですし、ピクニックに行きませんか?お弁当も作りますよ。勿論、団長さんの好きなものを何でも!<br>あ、でも、お魚以外でお願いします。蓋を開けた途端、お魚と目があったりしたら、、、うぅ~~。",
    en=""
  },
  ["スズシロ"] = {
    jp="んんにゅぅ……スズ姉ぇ、もうちょっと寝かしてよぉ~……いいでしょ……? んん、んん、ん……。<br>……ん? えええ、団長さん!? 失礼しました~!",
    en=""
  },
  ["ジャーマンアイリス"] = {
    jp="暖かくなって、気が緩みがちな季節っす。毎日褌締め直すつもりでやっていくっす。いや、褌は付けてないっす。普通のパンツっす。",
    en=""
  },
  ["サフラン"] = {
    jp="『春眠暁を覚えず』っていうけど……いけないわ。団長さんも、眠いのは分かるけど……ほらぁ……しっかり……。<br>ぁぁ……ん……もう、私ったら……ごめんなさい、ちょっと仮眠してくるわね?",
    en=""
  },
  ["ジャーマンアイリス(七夕)"] = {
    jp="春に蓄え~、夏に~燃えるっす~。だから春は大事な季節っす。ちゃ~んと夏、輝けるように準備をするっす。",
    en=""
  },
  ["オジギソウ"] = {
    jp="お花見と言えば、昔、両親と一緒にお花見をしに行ったところが、凄く綺麗だったんです~。<br>場所は憶えてるんですけど、それ以来行ったことがなくて~。今度、団長さんと一緒に見に行きたいです~、えへへ。",
    en=""
  },
  ["サフラン(クリスマス)"] = {
    jp="暖かくて気持ちいい~♪こういう時はお茶会が……クンクン……カレーの匂いがする! えっ!? 夜のお花見用にカレーを作ってるの?<br>お……お茶会とカレーを天秤に掛けさせるなんて、団長さんは罪深い人だわ!",
    en=""
  },
  ["オジギソウ(クリスマス)"] = {
    jp="この季節に眠くなるのは、着ている服に問題があるのでは?……ということに気が付きました~。<br>そもそもこの服……パジャマなんですよね~。",
    en=""
  },
  ["シーマニア"] = {
    jp="人混みが激しくて、あれじゃあ花見どころじゃねぇです!つぅわけで、今日も部屋にいるですよ。<br>それに……ほら!あそこに花が咲いてるです。えへへっ、窓から見る花見ってのも、風流じゃあねぇですか?",
    en=""
  },
  ["デージー"] = {
    jp="あったかくて気持ちいいのだ~団長さんも~デージーと一緒に日向ぼっこするのだよ~。横になると気持ち良くてすぐ眠くなるのだ~。",
    en=""
  },
  ["サイネリア"] = {
    jp="だんちょー、早く早く~。みんな待ってますよ~。今年はすごくきれいな場所を取れたんですよ。<br>みんなで美味しいものを食べながら、お花見しましょ~。",
    en=""
  },
  ["カレンデュラ"] = {
    jp="私が、新人の教育係ですか? ……みんなに期待されている? そ、そんなこと……言われても……。私には無理ですよ……。<br>でも、団長さんがそう言うなら……頑張れる、かも。",
    en=""
  },
  ["サンビタリア"] = {
    jp="眠気を覚ます方法?ふふっ、それなら私に任せて?<br>まずは、私の目を見て?逸らしちゃダメよ?そう……いい子。そのまま……唇を見て?すこ~しずつ……視線を下げて……。<br>ふふっ、ほら、目が覚めたでしょう?……他のトコロも起きちゃったみたいだけど♪",
    en=""
  },
  ["ピンポンマム"] = {
    jp="団長、お花見楽しんでる?ふふっ、そう?よかった♪<br>あっ、おっぱいの谷間に花びらが……。団長、取ってくれる?……手じゃなくてぇ、ク・チ・で♪",
    en=""
  },
  ["カカリア"] = {
    jp="春は騎士学校までお散歩に行くのが日課なんだ。入学した子達が日々成長していくのが見られて、すごく有意義なんだよ。<br>初々しさとか、それが抜けていく瞬間とか、今しか無いものだからさ。それも絵で残したくって!",
    en=""
  },
  ["ウィンターコスモス"] = {
    jp="騎士学校の入学式、行かれるのでしたらお供したいです。あの場所は、私がもう一度踏み出した場所ですから。<br>初心を忘れないためにも……まぁ、その目的は意外と早く叶っちゃいましたけどね。",
    en=""
  },
  ["デージー(ハロウィン)"] = {
    jp="春はピクニックの季節なのだ~!そう言っても文句をい言われないくらい外が過ごしやすいのだよ。<br>善は急げとデージーは思う、今すぐお弁当を持ってレッツゴーなのだ!",
    en=""
  }