FANDOM


--[[Category:Seasonal quote modules]]
 
return {
["winter001"] = {
  ["ヤクノヒナホシ"] = {
    jp="冬だってキノコの季節だよ!さ~団長ちゃん。一緒にキノコ狩りへ…へ、へっくちゅ。<br>う~…やっぱり今日は中止。団長ちゃんに抱っこされて、ぬくぬくしたいよ。",
    en=""
  },
  ["カゲツ"] = {
    jp="あっ……だっ、団長さん……? あぁ……あはは。見られちゃったのなら、仕方ない。<br>そうだよ。雪だるま作ってたの。作りだしたらおもしろくってさ……。団長さんも、一緒にどう?",
    en=""
  },
  ["アリッサム"] = {
    jp="空が曇って、雪が降ってるのに、逆に気持ちが晴れてる・・。ウィンターローズみたい…だからでしょうか?",
    en=""
  },
  ["スズシロ"] = {
    jp="団長さん、冬は好きですか?わたしは大好きです!<br>マラソンをするのもいいですし、部屋で勉強するのもいいですし…わたしの季節と言ってもいいくらいです!",
    en=""
  },
  ["ジャーマンアイリス"] = {
    jp="北風が吹き荒れようとも走れば寒くないっす。寒いからこそ、魂を燃やし続けなければならないっす!",
    en=""
  },
  ["サフラン"] = {
    jp="この雪…今夜は積もるかな?積もったら、明日雪合戦しましょ!やってみたかったの!<br>みんな恐縮しちゃって…あまり私とはそういう遊びしてくれなくて…。<br>…! あと、雪だるまも作ろうね!あとは、あとは…他に何が出来るかな?楽しみ!",
    en=""
  },
  ["ジャーマンアイリス(七夕)"] = {
    jp="どんなに雪が降り積もろうとも、この燃える想いは決して消えることはないっす。<br>けど身体は寒いっす……団長、温めてほしいっす……。",
    en=""
  },
  ["オジギソウ"] = {
    jp="寒くなりましたね~団長様。こういうときは暖かい暖炉の前にず~~っといたいですが、そう言ってられませんね~。頑張っていきましょう。",
    en=""
  },
  ["サフラン(クリスマス)"] = {
    jp="冬が来ると、ウィンターローズの景色が思い浮かぶわ。<br>落ち着く、のとはちょっと……違うかな。でも……っそう、ほっこり! ほっこりするの。",
    en=""
  },
  ["オジギソウ(クリスマス)"] = {
    jp="ひゃあ~今日も寒いですね~団長様~。しかし防寒対策はバッチリなのです~。この服、結構暖かいんですよ~。",
    en=""
  },
  ["シーマニア"] = {
    jp="うぅぶぃぃ!さ、寒いです!団長さん、早く暖かい場所に逃げ込むです~~!",
    en=""
  },
  ["デージー"] = {
    jp="うぅ~寒いぞ寒いぞ~、でも雪で遊ぶのは楽しいのだー!団長さんも外に出るのだ!デージーがお待ちかねなのだよ!",
    en=""
  },
  ["サイネリア"] = {
    jp="雪で外に出れなくても、素敵な恋愛のことを考えてればウキウキできちゃいます!<br>たとえば、だんちょーと私!みたいな~。うふっ、えへへ♪",
    en=""
  },
  ["カレンデュラ"] = {
    jp="すごい雪……なんとなく昔を思い出します。ぼんやりとだけど……お姉ちゃんも、この雪を見てるのかな……",
    en=""
  },
  ["サンビタリア"] = {
    jp="はぁーっ、雪が降ってるのね。ロータスレイクでは降らないから、最初こそ綺麗だって思ったけど。さすがにそろそろツライわぁ",
    en=""
  },
  ["ピンポンマム"] = {
    jp="団長寒くない?マムがぎゅ~ってして温めてあげよっか?<br>言われなくてもしちゃうけど、えい!ぱふぱふ~。",
    en=""
  },
  ["カカリア"] = {
    jp="昔ね、雪の結晶だけを集めた画集を見たことがあるの。かたち、とってもキラキラしてて、金細工みたいで、何時間だって見てられたんだよ?<br>あ~、あの時買っておけばよかったなぁ…子供のお小遣いじゃ、手が出なかったんだもんなぁ…",
    en=""
  },
  ["ウィンターコスモス"] = {
    jp="寒いですね、寒いですよ、団長さま。ほらほら、もっとくっついて。ぎゅ~って♪<br>えへへ、心まで暖かくなっちゃいますね。",
    en=""
  },
  ["デージー(ハロウィン)"] = {
    jp="暖かい料理で冬を乗り切るのだ! おでんにシチューに鍋♪デージーは何でもウェルカムなのだよー。団長さん、さっそく材料を買いに行くのだよ!",
    en=""
  },
  ["プリムラ"] = {
    jp="昔の、挫折したときの私に教えてあげたいです。乗り越えた先には素敵な人が待ってるから、頑張って!って。<br>はい!もちろん団長さんのことですよ!",
    en=""
  },
  ["サルビア"] = {
    jp="ふっふっふ…熱すぎるあたしにはちょうどいい季節だっ!!",
    en=""
  },
  ["チェリーセージ"] = {
    jp="夏に暑苦しいと言われたあたしも、今は大丈夫!さあ、あたしの花言葉である「燃ゆる思い」の出番です!",
    en=""
  },
  ["ローズマリー"] = {
    jp="君の熱は……私にはあまりにも心地良すぎる。今度はいつ温めてもらえるのかと、待ち侘びてしまうんだ……<br>この雪の下で眠る植物と同じだよ…… 君という春を、私はいつでも待ち望んでいるんだ。",
    en=""
  },
  ["レオノチス"] = {
    jp="団長しゃん、一緒にかまくらつくらにゃい? かまくらの中って暖かいし、落ち着くよ?<br>それに狭いから、身体もくっついたり……にゃ、にゃんでもないです……!!",
    en=""
  },
  ["チェリーセージ(新春)"] = {
    jp="この時期の輸送任務は、雪が積もっていて大変です。<br>通常より輸送期間が長くなる見込みですから、準備にも時間がかかるんです。<br>団長さんも、雪を甘くみないよう気をつけてくださいね?",
    en=""
  },
  ["ホワイトパンジー"] = {
    jp="こーんなに寒い日はコーンスープがおいしいです。寒い日じゃなくてもおいしいですけど。",
    en=""
  },
  ["イエローパンジー"] = {
    jp="雪だ! あたしの独壇場だぞ!あたしは、雪上戦が大の得意なんだよ!試してみるか?じゃあ、雪合戦で勝負だ!<br>いっくぞーっ。それっ!んぁっ、どうしよう…団長…ガラス割っちゃったよ…ちょっと本気出しすぎちゃったかな…?",
    en=""
  },
  ["パープルパンジー"] = {
    jp="世の中には、理解に苦しむことってありますよね? いえ、今、二番目の姉が外でアイスを食べてるんですよ……。<br>そのまま、凍り付いてしまった方が彼女のためでしょうか?",
    en=""
  },
  ["イヌタデ"] = {
    jp="雪が降って寒い時はね、お母ちゃんが温めてくれたの。<br>あ、でも今はいないからボクがお母ちゃんの代わり!えへへっこの子と一緒にご主人も温めてあげるよ。",
    en=""
  },
  ["ツバキ"] = {
    jp="雪は…いいですね。美しいだけではなく、音も遮断してくれます。<br>…あまり黙らないでくださいね?あなたの声が聴こえないのは、それはそれで落ち着きません",
    en=""
  },
  ["ツバキ(フォスの花嫁)"] = {
    jp="寒いのは好きではないのですけれど……あぁ……でも、団長のそばは暖かい。しばらくこうしていていいですか?",
    en=""
  },
  ["ブラックバッカラ"] = {
    jp="寒い!?熱いも寒いもかんけーねぇよ!気合が足りないんだよ!<br>害虫の10匹も来れば温まるって、よし!行くぞ任務!早くしろ!",
    en=""
  },
  ["ロイヤルプリンセス"] = {
    jp="冬は、温かいものが食べたくなりますねー。でも、熱いものは苦手なので、熱いものではなくて、温かいものが食べたいです。<br>えっ? もし、熱いものが出てきても、あなたが、フーフーしてくれるんですか? ほっ、ほんとうですか?じゃあ、 熱いものでも大丈夫です!",
    en=""
  },
  ["ノヴァーリス"] = {
    jp="試練の時です。この寒さに耐えてこそ、未来は開けます。<br>どうしても耐えられなくなったら、わたくしのところに来てください。温めてあげることぐらい、できますよ。",
    en=""
  },
  ["モケ"] = {
    jp="お外が真っ白! うふふふ♪ やっぱり冬はこうでなくっちゃいけないのだぜ!団長、早くお外で雪合戦なのだぜ!",
    en=""
  },
  ["ビワ"] = {
    jp="団長のために覚えたマッサージ、大好評です。血行が良くなって、寒くても体がポカポカになるって、みんな嬉しそうに言ってくれます。<br>ビワ、演奏以外でも皆を癒せました…!ふっふっふー…にんまり、です",
    en=""
  },
  ["ノイバラ"] = {
    jp="あれは……なるほどなるほど♪ ミニバラが雪かきを頑張っているようです。<br>理由は差し詰め、陛下が足を滑らせないように……と、いった所でしょう。<br>その心意気や良し! 手作りの勲章で、褒めてあげねばなりませんね。",
    en=""
  },
  ["スノードロップ"] = {
    jp="団長さんは雪の結晶を見た事がありますか?<br>いろいろな形があってどれも綺麗なんです。<br>厳しい冬の象徴なのに、えへへっ不思議ですよね。",
    en=""
  },
  ["エウカリス"] = {
    jp="本当に、寒いのは苦手……です。昔のように体調こそ崩しませんが、苦手なのは変わりません。<br>うう~。早く、体を動かさないと。",
    en=""
  },
  ["ミモザ"] = {
    jp="あ、こんなところに雪だるま!<br>うーん、いったい誰が作ったんでしょう?見れば見るほど、よく出来ています。",
    en=""
  },
  ["アルストロメリア"] = {
    jp="ゆ~きや、こんこん♪あ~られや、こんこん♪<br>っ♪アタシ、雪だーい好き!見て見て、団長!全身雪まみれ~♪<br>たくさん積もったから、カマクラ作れるよー!…もー団長ってば!足元ばっかり気にしてないで、思い切って…ゴー!だよ♪",
    en=""
  },
  ["アルストロメリア(未来への感謝)"] = {
    jp="ん?…ああ、ごめんごめん。…ちょっとね、山の方見てたの。<br>山の動物たち、ちゃんと冬眠できてるのかなー?って!えへへっ!いい夢見れてるといいなー。<br>お花も緑もいっぱいあって、ご飯もいっぱいある!そんなあったかい春の夢……きっと……見てくれてる……よね?",
    en=""
  },
  ["オンシジューム"] = {
    jp="お鍋の用意ができたよ~。あたしの好きな物、たっくさん入れたんだ~♪<br>キノコでしょ~、これは、キノコでぇ~、こっちのは、キノコ~♪<br>名付けて、オンシジュームちゃんのキノコ鍋~♪どぉ?あったまった?",
    en=""
  },
  ["シンビジューム"] = {
    jp="団長さん、暖かくして出かけましょう。風邪ひかないようにしないと、ですね。",
    en=""
  },
  ["デンドロビウム"] = {
    jp="寒いからと言って、音《ね》を上げてはいけません。こういう時こそ声を出して体温を上げるのです、さあ!",
    en=""
  },
  ["カトレア"] = {
    jp="へっくちっ!ん~っ、吹雪いてきたわねぇ。街に戻るまでの間なら私の魔法で何とか抑える事はできるわ。<br>でも…、今日の私はちょっと体調が悪いの。だから…、ね、わかるでしょ?はぁ?わからない!?と、泊まっていきなさいって言ってるの!",
    en=""
  },
  ["イオノシジウム"] = {
    jp="暑いより寒い方が全然良いわ。あたしウィンターローズの出身でしょ、だから冬にアイス食べるのが日課なの。<br>もちろん今のは適当に言っただけだけど、冬に食べるアイスは美味しい。これは本当よ。",
    en=""
  },
  ["オンシジューム(フォスの花嫁)"] = {
    jp="カトレアちゃんって、可愛いくしゃみするんだよ~。「へっくち」って言うの、おっかしいよね~。<br>団長はどんなくしゃみするの?風邪ひいたら教えてねー♪",
    en=""
  },
  ["カトレア(水着)"] = {
    jp="凄い雪…。屋敷にいる時の事を思い出しちゃうわ。あの子たちもこの雪を見てるのかしら。いや、きっと見てるだけじゃなくて遊んでるか。",
    en=""
  },
  ["イオノシジウム(クリスマス)"] = {
    jp="寒い時は乾布摩擦!肌を晒して外で元気よくゴシゴシ~<br>……って、昔やったこともあったんだけど、今思うと何であんなことにハマってたのかしら?<br>そりゃ、元気にはなったろうけど…… うーん、我ながら謎すぎるわー",
    en=""
  },
  ["カトレア(光華の姫君)"] = {
    jp="ふふ、ふふふ、今思い出しても、ふふ、おかしいわ。<br>お鍋やったのよ、この前屋敷で。そしたらシンビジュームが。<br>ふふ、湯気で、メガネが真っ白。その顔が面白くて。今度見せてもらいなさいよ。",
    en=""
  },
  ["パフィオペディルム"] = {
    jp="寒さを乗り切る一番の手段、それは戦いだ。<br>戦闘が始まった瞬間に、血が沸騰したように熱くなる。冬の些細な寒さなんて、すぐに忘れてしまえるぞ",
    en=""
  },
  ["スイセイラン"] = {
    jp="冬の朝は特に冷えますからね~? 団長さま布団から出られない時は、このスイセイランが起こしにいきまーっす!",
    en=""
  },
  ["シンビジューム(バレンタイン)"] = {
    jp="あっ、団長さん。寒いですよね、部屋の中に入ってください、今ココアを淹れますから、待っていてくださいね。<br>とびっきり甘いの、淹れますから。",
    en=""
  },
  ["デンドロビウム(バレンタイン)"] = {
    jp="もうすっかり寒くなりましたが、雪景色は、いつ見ても綺麗なものです。団長さん、しばらく二人で、景色を眺めていませんか?<br>一人より、二人のほうが温かいので。",
    en=""
  },
  ["トリカブト"] = {
    jp="今日もお疲れ様、団長。後はもう寝るだけ……だよね?さ、ベッド入って。<br>んっ……むふぅ……団長にくっついて、抱きしめられたまま寝るの大好き。温かくてすごく安心する…………<br>ふふっ、どう、わたし、温かい?冬の間は毎晩わたしがこうして湯たんぽになってあげても、いい。<br>……え?毎晩じゃなくていい……?ふーん……どうして?ねぇねぇ、どうして?<br>ふふっ、冗談。深くは聞かない……くすくす。",
    en=""
  },
  ["ミスミソウ"] = {
    jp="団長さん、一緒に海に行きましょう! もちろん泳ぐんですよ? 寒い冬こそ、自分を鍛えるのにピッタリな季節です!<br>もちろん、水着も二人分用意してあります!",
    en=""
  },
  ["ニリンソウ"] = {
    jp="雪で視界が悪くなった時は、むやみに動き回らないこと。これ、ウィンターローズでー学んだことの一つなの。<br>最善なのは、そもそもそんな場所に行かない事だけど、私達の仕事じゃ、そうもー言ってられないしね。",
    en=""
  },
  ["トリカブト(天つ花の令嬢)"] = {
    jp="花騎士だけの寒中水泳大会に誘われたけど、お断りしちゃった。わたしは冷たい川よりも、団長のベッドで泳ぐみたいにもぞもぞするほうが好き。<br>……すっぽんぽんで。",
    en=""
  },
  ["ニリンソウ(監獄島)"] = {
    jp="えっ?寒いから温めて欲しい? ……悪いけど、今は無理ね。<br>仕事が終わったら色々としてあげるから、それまで我慢しててちょうだい?",
    en=""
  },
  ["レシュノルティア"] = {
    jp="えっ、雪が降ってるんですか?わあぁ本当だ~!すごいです、積もってますね~!一面の雪景色ですよぉ!<br>さぁ、団長さまっ、一緒に雪だるまを作りましょう!",
    en=""
  },
  ["オリーブ"] = {
    jp="寒いね……こんな時は、ユズリハの膝枕で眠れたら……ううん、なんでもない……。",
    en=""
  },
  ["エノコログサ"] = {
    jp="こたつで丸くなりたい……今年の冬は寒すぎる……。団長さんは寒くないのかにゃー?<br>……うんにゃー!団長さんに抱きつくとあったかいにゃー!",
    en=""
  },
  ["エノコログサ(花祭り)"] = {
    jp="寒くなってきたにゃ。そんな日は暖かい場所で、丸まって寝るのが一番だにゃ。<br>団長さんの膝の上とか、ベストなんじゃないかにゃ。",
    en=""
  },
  ["ジャノメエリカ"] = {
    jp="雪と寒さでお部屋に篭る時は、妄想ばかりになってしまいます。<br>……はい、妄想です。どなたかとお話……そのやり取りの妄想……。しかも、私に都合のよいものばかり……。<br>本っ当に恥ずかしいですぅ……。",
    en=""
  },
  ["オキザリス"] = {
    jp="寒いです。だけど団長さんが隣にいれば心も体もポッカポカです。ずっと傍にいてくださいね。",
    en=""
  },
  ["オキザリス(新春)"] = {
    jp="振袖がしっくり来る季節になりましたね。……んっ、ひゃっ!でも…、寒いです…。<br>…えいっ!寒いので、団長さんにくっついちゃいました。えへへっ♪",
    en=""
  },
  ["マネッチア"] = {
    jp="寒い時は人肌が一番!さ、ここに団長さま専用のちょうどいい人肌がありますよ?<br>今なら…うっふふ、眠くならないように会話だってできちゃいます。<br>遠慮なんかしないで……この人肌、使ってみてください!",
    en=""
  },
  ["ブバルディア"] = {
    jp="団長。寒い時は暖かいものを食べて、体の中から温まるといいよ。<br>というわけで、今日は一緒に鍋パーティでもしよう!",
    en=""
  },
  ["ヤツデ"] = {
    jp="こうも雪が積もってしまうと、行動が制限されてしまうなあ。<br>……そうだな。慌てても仕方ない。今日は二人でゆっくりと過ごそうか。",
    en=""
  },
  ["シンクライリアナ"] = {
    jp="とっても寒いの!でも不思議なの。団長さんが傍にいると、寒いのもいいなって思っちゃう。<br>だって、こうしていっぱいくっつけるから……団長さんの傍、あったかいの!",
    en=""
  },
  ["ブルーエルフィン"] = {
    jp="ほら、団長!見て見てー!雪がキラキラ輝いてとっても綺麗!こんなに寒くて冷たいのに、うっとりしちゃう。<br>ねぇねぇ、もう少し一緒に眺めててもいいでしょ?お願い!",
    en=""
  },
  ["クラリンドウ"] = {
    jp="うぅぅっ……寒い、寒いぃ……。<br>はっ! そうです、団長さん! こういう時は、温かいお風呂に入るのが一番です!<br>さぁさぁ! 一緒にお風呂に入りましょう!",
    en=""
  },
  ["ポインセチア"] = {
    jp="今度、団長と一緒にかまくら作りたいな。大丈夫、作り方は、わたしが教えてあげるから!<br>それで、その中で一緒にご飯食べたり、スープ飲んだり……ふふふ♪ 楽しみだな~! 絶対に作ろうね!",
    en=""
  },
  ["ハツユキソウ"] = {
    jp="うううー、寒い ……けど私が部屋の中に居ると「えっ?何で?」みたいな意外そうな目で見られちゃいます<br>かといって外に居たらまたやらかして…… えっ?窓から変な足跡が見える?木の周りをぐるっと囲んでるって……<br>あはは、きっと子供ですよ雪にはしゃいだとかで…… 私、知りませーん!",
    en=""
  },
  ["ハツユキソウ(クリスマス)"] = {
    jp="外はあんなに真っ白で寒いのに、みなさんよく外で遊べますね……。<br>しかし……部屋の中にいる人たちの私を見る目が痛い……!<br>えっ? なんであなたが屋内に? 的な視線が痛い!",
    en=""
  },
  ["ポインセチア(浴衣)"] = {
    jp="もうすっかり冬だね~……。さむーい中がんばってお仕事をしてきた団長のために……<br>あったか~いシチューを作ってきたよー! 食べさせてあげるね? はい、あ~ん♪",
    en=""
  },
  ["ホーリー"] = {
    jp="団長、寒いなら私が暖めてあげよっか?だって、そうして欲しいって顔に書いてる。<br>アハハッ!今の私は冴えてるからね。団長の考えてる事、何でも分かっちゃう!",
    en=""
  },
  ["ホーリー(水着)"] = {
    jp="雪だるまの団長を作ってみたよ~。どうどう? 結構自信作なんだけど、似てるかな?<br>えっへへ♪ 団長は私の雪だるま作って? それでどっちが上手に出来たか、ポインセチアに見てもらおうよ?",
    en=""
  },
  ["アロエ"] = {
    jp="かまくら完成~!おしるこも用意したから、一緒に入ろうよ団長ちゃん!<br>大丈夫、意外と暖かいんだよ?もし不安なら、アタシがくっついてあげるからさっ!",
    en=""
  },
  ["アロエ(バレンタイン)"] = {
    jp="わぁー、雪だー! えっへへ♪ きれいだねー……。<br>雪には、いくつかの種類があって、それぞれ呼び方が違うんだって。昔おばあちゃんが言ってた。<br>今降ってるのは……いったいなんて呼ばれる雪なんだろうねー?",
    en=""
  },
  ["ロウバイ"] = {
    jp="私の日記帳…。そろそろ、なくなりそうです。この間そう気が付いてちょっと読み返してみたんです。<br>ええ、たくさん書いてありました。団長さんにおっぱい見られたって、でも、私、だんだん嫌じゃなくなってて…、<br>はぁ…、もうしつこく見るからですよ?",
    en=""
  },
  ["ストレリチア"] = {
    jp="雪がうっとおしいわね。もう!誰にお金を渡せば雪が降るのを止められるの!<br>あ、そうよローズマリーがいるじゃない。パトロンの依頼は断れるはずもないし、ちょっと行って来るわ。",
    en=""
  },
  ["ベルゲニア"] = {
    jp="この時期の布団の心地よさは私も理解しています。ですが、それを差し引いても最近の団長殿は少し……。<br>はぁ…これは起こして差し上げたほうがよいのかもしれません。<br>ですので団長殿?お部屋の鍵、預けていただけますか?",
    en=""
  },
  ["ベルゲニア(ゴシックメイド)"] = {
    jp="私はウィンターローズの生まれですが今日の寒さは少し堪えます。<br>ずっと室内に居たい気分ですが、外出の予定があるんですよね。<br>いつもより一枚多く羽織って行きましょう。 ",
    en=""
  },
  ["ツキトジ"] = {
    jp="ラパンを抱っこした私を、団長が抱っこする…。完璧な作戦だし。寒くてもぬくぬくだし。<br>……団長も寝ていいからね?私、抱き心地はあんまだけど、なるべく頑張るし。",
    en=""
  },
  ["クリスマスベゴニア"] = {
    jp="すーりすり♪すーりすり♪んゅふふ♪あったかいですか、団長さま?他に触ってほしいところがあったら、言ってくださいね?<br>わたくしが一生懸命すりすりして、体の奥まで、ポカポカにしてあげるのです♪",
    en=""
  },
  ["リトープス"] = {
    jp="団長さん、寒そうだけど、抱っこだけで暖かくなってくれるかなぁ?動物さん達とおんなじ方法じゃ足りないかもだし……う~ん……。<br>団長さん、何してほしい?わたしに教えて欲しいな!",
    en=""
  },
  ["セルリア"] = {
    jp="雪上での戦闘訓練も必要ですよね。雪は慣れていますから、指導役お任せて下さい。<br>…なんて、実力者が多い騎士団ですから、少し生意気でしょうか",
    en=""
  },
  ["セルリア(きぐるみ教師見習い)"] = {
    jp="寒い日が続きますね、もし体調を崩すようなことがあれば私に教えてください。先生からも新たな対処法聞いていますから。<br>例えば、発熱した時は……え?い、一番いいのは、“座薬”!?そ、そんなぁ……団長さんの、お、おし、おし!お尻!!なんて!!!きゅぅ~……。",
    en=""
  },
  ["チューベローズ"] = {
    jp="ううーーわあーー! 寒いなあー、おいー! めっちゃ、寒いー! これが冬か! そして、雪か!<br>うわー、白っ! なにこれ、チョーヤバイよー? なんか興奮してきた! 屋上からダイブしてくんねー!",
    en=""
  },
  ["ウェルウィッチア"] = {
    jp="冬はいいね、吐く息が白くて、とても幻想的だ。もちろん魔法を使えばこんなことは真夏だろうがいつでもできるんだけど…<br>魔法に頼らない自然の現象というものもなかなかに風情があると思うんだよ。",
    en=""
  },
  ["ハイビスカス"] = {
    jp="う~…私寒いの苦手~…害虫も寒いの苦手なのかな?みんな冬はおとなしくしていればいいのにぃ…。",
    en=""
  },
  ["クレナイ"] = {
    jp="寒~い!隣に寄らせて、団長さん?大丈夫、昼間っから手を出したりしないから~。",
    en=""
  },
  ["アジサイ"] = {
    jp="冬はイベントが目白押しよね~。クリスマスにお正月、バレンタイン。なんだかどれも甘ったるい感じ。でもあたし、あんたとなら別に嫌じゃないわよ。<br>寒いっていえば、こうして…くっついてくれるし。",
    en=""
  },
  ["グラジオラス"] = {
    jp="寒くても、戦いは続いていく…!よし!闘志で熱くなってきました!",
    en=""
  },
  ["キキョウ"] = {
    jp="なんか風邪っぽいなぁ~、もう少し温かくした方が良いかも。<br>あら、このマフラー、私にくれるの?でも巫女服にはちょっと合わないかなぁ、<br>ううん貰っておく、ありがとう。",
    en=""
  },
  ["ヒマワリ"] = {
    jp="寒いーっ! でも私、ソフトクリーム好きなんですーっ。はぁ、美味しい、でも寒いーっ! 美味しいっ…。",
    en=""
  },
  ["ガイラルディア"] = {
    jp="この前、外に出たら、みんな下向いててびっくりしたよ~。<br>空が見えないから暗くなるのかな?思わず街中で「頑張れー!」て叫んじゃった。<br>団長は大丈夫?もしそうなるなら言ってね。私が外でも何処でも励ましてあげるからさ!",
    en=""
  },
  ["ヘレニウム"] = {
    jp="白い雪がどんどん降り積もっていくこんな光景……想像したこともありませんでしたけど。<br>ウェディングドレスみたいに真っ白で、とっても綺麗だと思います。団長さんは、どんなドレスがお好きですか?",
    en=""
  },
  ["ガザニア"] = {
    jp="雪、いつ見てもすごいです。私、あまり雪には縁が無かったもので…<br>そういえば、そういう話もしてなかったっけ… 今度、ゆっくりお話しできればいですね。",
    en=""
  },
  ["フジバカマ"] = {
    jp="知りませんでした。雪ってこんなにも眩しく輝くのですね。とっても綺麗です。<br>寒くて冷たいのも気になりませんね。",
    en=""
  },
  ["ルドベキア"] = {
    jp="さ、寒い…。けど、アキ姉だったら…こんなのへこたれない、はず!団長!あたし頑張るからね!<br>寒くても大丈夫!アキ姉みたいになるんだもん!か、身体震えてても心配しなくていい、いいから団長!",
    en=""
  },
  ["ヘレニウム(イースター)"] = {
    jp="うぅ、寒い…。この季節はバナナオーシャンが恋しくなっちゃいます…。団長さん、暖かいところ行きませんか?温泉とか、いいですよね!",
    en=""
  },
  ["ルドベキア(忍者)"] = {
    jp="忍になったんだし、寒いのだって平気になる! そういうわけで……ちくわ、お散歩行こー? 雪でも走り回れる方法教えて?<br>ちくわっ♪ ちーくーわー♪",
    en=""
  },
  ["ヘリクリサム"] = {
    jp="大丈夫?寒くない?もっとこっち寄っていいから、ね♪<br>……遠慮は無しだよ、団長さん!くっついた方がずっと暖かいもん、二人で暖め合おうよっ♪",
    en=""
  },
  ["チトニア"] = {
    jp="寒いのは苦手です。もちろん任務に支障はありません。<br>はくちゅっ!支障は、ありません。",
    en=""
  },
  ["シルフィウム"] = {
    jp="こたつに入れてくれたのは嬉しいけど、足を触ったのはNG。思考とエロが直結してる。<br>寒中水泳で頭を冷やすべき、、<span style=\"color:#ff8c00\"><strong>奇天烈どスケベいかれポンチ……!</strong></span>",
    en=""
  },
  ["レッドジンジャー"] = {
    jp="寒いね。寒くて朝起きられないなら私が起こしに行こうか。<br>早起きは割と得意。それに、時々ハイビスカスを起こしに行くこともあるから、慣れてる。",
    en=""
  },
  ["クルクマ"] = {
    jp="雪が綺麗ですね!団長さんと一緒にこうして眺めていると、寒いはずなのに、何だか胸がぽかぽか温かくなってきます。<br>あの……団長さん? ちょっと、寄りかかってもいいですか……?",
    en=""
  },
  ["スイレン"] = {
    jp="寒くないのかと言われれば当然寒いです。ですが、この程度で寒がっていてはご主人様に尽くすことができません。<br>それに、ご主人様と一緒ですから。心は暖かいですよ。うふっ♪",
    en=""
  },
  ["アカバナスイレン"] = {
    jp="寒い夜は…空を見上げて、息を吐くんです。口の形に合わせて、色々な雲が出来るみたいで…楽しくないですか?<br>え?そんなのやったことない?……そうですよね、暗い遊びでした。すいません……",
    en=""
  },
  ["オオオニバス"] = {
    jp="寒い冬は人肌が恋しくなりますね……私もそうです。<br>今日は団長さんと、片時も離れたくないなぁ……",
    en=""
  },
  ["オオオニバス(ジューンブライド)"] = {
    jp="この時期は気を抜くとすぐに体調を崩してしまいます。団長さんも気をつけてくださいね。本当に。<br>風邪なんてひいて、体を壊されたら許せません。",
    en=""
  },
  ["スイレン(ジューンブライド)"] = {
    jp="雪が降っても特に風邪を引くことはありませんので大丈夫です。体調管理もメイドとして当然の義務ですから。",
    en=""
  },
  ["アカバナスイレン(成長する陰謀)"] = {
    jp="見てくださいっ! 雪だるまでたくさん友達を作りましたぁ!<br>あれ……? なんて悲しい現実……。自分で言ってて死にたくなりましたぁぁぁ……",
    en=""
  },
  ["イブキトラノオ"] = {
    jp="寒い冬ほど、鍛錬よ。過酷な条件からこそ、真の実力が試される…っ!<br>だからあなたも…って思ってきてみたら…、風邪ひいてるじゃないっ!<br>しかたないわね、今日の鍛錬は中止にするわ♪あなたの看病をしないと。",
    en=""
  },
  ["ヒメシャラ"] = {
    jp="冷たく……白く……わずかに陽の光を照り返して……<br>雪景色というのも中々に美しいものじゃ。団長が見惚れるのも分かる。<br>……が、わらわの方が美しい!<br>たとえ自然が相手だろうと、団長の視線は奪わせはせぬ!",
    en=""
  },
  ["ヒメシャラ(クリスマス)"] = {
    jp="あ~~っツバキに負けてしもうたぁ!寒さの我慢比べ!<br>んぅ~、あやつめ、最後まで涼しい顔を……!<br>くっ、これが生まれの違いか……美しさが役に立たぬとは……<br>いや、そんなはずは無い!わらわの美しさは至高のもの。絶対無敵なのじゃ!",
    en=""
  },
  ["サカキ"] = {
    jp="寒いか、ですか?いえ、寒いです。冬など初めてなのですから。ですが、何も問題はありません。我が力で外気を遮断すれば<br>それで済む話。お心遣いは痛み入りますが、あまり気にしないで下さいね。団長さん。",
    en=""
  },
  ["グリーンベル"] = {
    jp="寒い、ですねぇ。い、いくら胸が大きいからって、冷えるものは冷えるんです!",
    en=""
  },
  ["レインボーローズ"] = {
    jp="今度の実験は、静電気を使う予定なの。髪の毛を逆立てたりしたら、子供たちの反応も良さそう。<br>乾燥する冬場にはぴったりのテーマじゃないかしら。",
    en=""
  },
  ["ゼフィランサス"] = {
    jp="さ、寒~い…。はぁ…これじゃあ、露出も上げられないかぁ…。",
    en=""
  },
  ["ハブランサス"] = {
    jp="この季節は雨が雪になってしまうので、なんだかとっても損した気分です。<br>……でも、こうして団長さんと並んで見る雪景色も、なかなか良いものですね。",
    en=""
  },
  ["ヒルガオ"] = {
    jp="はぁ~、暖か~い。こういう日に団長さんがそばにいると安心します。独りぼっちを実感するのって、寒いときですからね。",
    en=""
  },
  ["ヨルガオ"] = {
    jp="幼い頃からアサガオやヒルガオには色々と助けてもらったわ……。家族がいない私にとって、家族のみたいなものだった。<br>お兄さんは家族というより……実は、一緒にいると、たまにドキドキすることがあるの。<br>嫌なドキドキではなくて……「好き」っていう気持ちなのかも知れないわ。",
    en=""
  },
  ["アサガオ"] = {
    jp="雪だ雪だ!お兄ちゃーん雪合戦しようよー!南国育ちだからって甘く見てると痛い目見るよ!<br>砂浜で鍛えたこの足でお兄ちゃんを追い掛け回してやるぅ!",
    en=""
  },
  ["ルコウソウ"] = {
    jp="冬になると、こんなに寒くなるんですね? バナナオーシャンではありえない気温だと思います。<br>みんな、こんなに寒くて風邪とか引いたりしないんでしょうか? なんだか心配になっちゃいますね……。",
    en=""
  },
  ["カイコウズ"] = {
    jp="団長さん、冬は寒さだけじゃなく乾燥にも注意だよ? <br>ほら、言ってるそばから咳して~。風邪ひいたら一緒に遊べなくなるんだから、気を付けなきゃだめだよ?",
    en=""
  },
  ["カサブランカ"] = {
    jp="流石に少し薄着過ぎたな…何か温まるものを食べよう。鍋なんかいいんじゃないか?<br>この材料だと…うん、何とかなりそうだ。折角の機会だ、私が料理しよう。貴公はそこに座って待っていてくれ。",
    en=""
  },
  ["ヤマユリ"] = {
    jp="今日は特に冷え込むな……。基本的に防寒対策は中々しているはずなのだが……。<br>団長は寒くないのか?……もっと近くに来てくれないか?その方がお互い温かいだろ?",
    en=""
  },
  ["オトメユリ"] = {
    jp="暖かい所で育ったので、寒いのはどうも苦手です。団長さん、もう少し、くっついていいですか?団長さんの身体、暖かいです。",
    en=""
  },
  ["ヒメユリ"] = {
    jp="1!2!3!4!……あっ!団長様!どうですか?雪の中での訓練も楽しいですよ?体が暖まります!一緒にやりましょうよ!",
    en=""
  },
  ["サンダーソニア"] = {
    jp="まるで、音まで凍りついたように静かなのに、団長さんの声だけははっきりと聞こえてくるんです!<br>なんだか……えへへ、不思議ですね♪",
    en=""
  },
  ["ユリ"] = {
    jp="ふふっ♪ 寒いからこそ、ダーリンの温かさが普段より頼もしく感じるわ。<br>夏の互いに汗だくになった状態で抱き合うのとは違った魅力ね。",
    en=""
  },
  ["カノコユリ"] = {
    jp="ふぁ……はう~~、クシュンッ! うう~~! らんひょ~、わらくし、風邪引いたの~。<br>一緒にねんね~! ねんねして~? ひとりはやだ~、一緒がいい~! ねんねして~? らんひょ~。",
    en=""
  },
  ["ミルトニア"] = {
    jp="初めての冬……うふふ、体が大変な事になってます。体中寒くて、肌は真っ白で、気を抜いて倒れたら蘇生は無理そう!<br>ここまで体調が優れないのは初めて。私、なんだか楽しいです~♪",
    en=""
  },
  ["コランバイン"] = {
    jp="にょほー! 雪! 雪、雪雪雪雪ー! 雪でしゅー!?<br>シルクロ・リベスがウィンターローズに呼ばれた時に見たような気もしましゅが、団長しゃんと一緒だとテンション上がりまくりでしゅー! にょっほー!",
    en=""
  },
  ["レモン"] = {
    jp="う~、う~。団長さんに抱っこされちゃってる。南国生まれに冬は辛いだろうとか、なんか上手いこと言われて抱かれちゃってる。<br>嬉しいけど、ハレンチだよ~うぇ~",
    en=""
  },
  ["タチバナ"] = {
    jp="雪掻き一つとっても、伝統技術が使われているのです。雪掻きの道具だけでなく、屋根の形や作業法……。<br>暑さを凌ぐにも人々の知恵が生かされていますが、寒さも同じですね。興味深いです。",
    en=""
  },
  ["アンスリウム"] = {
    jp="見てみて~!おニューのコート出しちゃった!可愛いでしょー!いくらバナナオーシャン出身だからって、年がら年中薄着じゃ過ごさないわ。<br>どこかのアホの子とは違って、私はちゃーんと防寒対策するの!<br>まったくハイビスカスったら、こんな忙しいときに風邪なんかひいて!本当に世話が焼けるんだから。",
    en=""
  },
  ["オシロイバナ"] = {
    jp="雪は綺麗ですよね。初めて見た時、すごく感動しました。えっ?私の髪みたい、ですか?<br>あ、あの……う、嬉しいです。私の、唯一誰かに誇れるところなんです。あ、ありがとうございます!",
    en=""
  },
  ["オシロイバナ(きぐるみ花火師)"] = {
    jp="団長さん、雪が降ってますよ。ゆっくりと落ちてきて綺麗ですね。<br>けど、この調子だと今日はかなり寒くなりそうです。外出する時は、温かい格好をしてくださいね?団長さん。",
    en=""
  },
  ["カラスウリ"] = {
    jp="どうして団長はボクを女の子扱いするの?寒くても一人で大丈夫だって!<br>……いや、やっぱり、二人の方が温かいといえば温かいよね。<br>しょ、しょうがないので、ボクと、温め合おう。",
    en=""
  },
  ["ペポ"] = {
    jp="こっちの冬はこんなに寒いんですね!バナナオーシャンでは考えられないです。<br>…でもこれで団長さんにくっつく理由が…なんて、ちょっと恥ずかしいですね!",
    en=""
  },
  ["ペポ(水着)"] = {
    jp="雪を見ると、いつも思いますけど、景色が真っ白になって、とっても綺麗ですよね。これで、寒くならなかったらもっといいんですけど…<br>えへへ、そしたら、ずっとお外で見てられるのになぁ",
    en=""
  },
  ["ヘザー"] = {
    jp="人間は、支え合わないと生きていけない…厳しい冬はそれをひときわ実感させてくれます。<br>そして皆で、穏やかな春を一緒に。<br>団長とも、そんなふうに生きていけたら私は嬉しいです。",
    en=""
  },
  ["ツキミソウ"] = {
    jp="私にとって、冬は明るい季節なんです。雪が月光を反射して、町全体が光っているみたい。<br>とっても綺麗ですよねぇ。",
    en=""
  },
  ["ツキミソウ(イースター)"] = {
    jp="団長さん、寒くはありませんか? 我慢できなくなったら言ってください。その……私が抱きしめて、体を暖めてあげますから!<br>……すみません。恥ずかしいので、今は見つめないでください。",
    en=""
  },
  ["ゴデチア"] = {
    jp="冬は、すぐ体調を崩しちゃって……任務でも、みんなの足を引っ張っちゃいます……。<br>だからその分、この時期はみんなの怪我の手当てに集中して、役に立てるようにしています。",
    en=""
  },
  ["アンゲロニア"] = {
    jp="ワ~オ! これが雪なんだぁ。なんだか可愛い♪<br>けど、雪って、拡大したらもっと可愛いんだよね? うん!アンちゃん知ってる。知ってるから見て見たい!<br>顕微鏡出して、団長? キュートな結晶、見てみたいよ~。",
    en=""
  },
  ["リシアンサス"] = {
    jp="ふぃ~、寒いですねぇ。バナナオーシャンじゃこんな寒いの考えられないですよお、うぅ~。<br>だ、団長さんくっつきましょう!くっついていっぱいおしゃべりすれば、きっとす~ぐ暖かくなりますからねーっ!",
    en=""
  },
  ["カタバミ"] = {
    jp="子供は風の子元気な子、私は子供じゃないけどいつでも超元気!<br>団長ももっと背筋伸ばして!寒かったら私の体を触るといいぞ、ぽっかぽかだからな!",
    en=""
  },
  ["カタバミ(七夕)"] = {
    jp="おお~!雪だ、雪だー!冷たいけど、キラキラ光っててなんだか楽しいな~!<br>団長もこっち来なよ!テンション上がるぞ~。",
    en=""
  },
  ["サオトメバナ"] = {
    jp="他のおなご達がとても楽しそうに言っていた。貴方の傍にいれば心も身体もぽっかぽか、と。<br>幸い、今私は寒い。試し甲斐がある。さぁ、団長。そのぽっかぽかという感触を私に寄越せ。",
    en=""
  },
  ["クチナシ"] = {
    jp="あつーい露天風呂で、熱燗をいただく……良いですねぇ。これぞ仏って感じです。",
    en=""
  },
  ["キヌタソウ"] = {
    jp="うーん、何とかして雪をバナナオーシャンに送れないものでしょうか。<br>弟や妹に見せてあげたいんですけど、すぐに溶けてしまって。うーん、むぅ……。",
    en=""
  },
  ["サンタンカ"] = {
    jp="寒いときはお鍋!だそうです、団長!なので私頑張ってみましたよー!<br>団長の好きなものと私の好きなものをまとめてぶちこんで2日ぐらい煮込んでみましたー!<br>さてさてお味は~?あむっ…うぅ…うわぁ~まずい~!",
    en=""
  },
  ["アカンサス"] = {
    jp="ウィンターローズの方々が、お鍋を作ってくれました。よかったら、ご一緒にいかがですか?<br>一つの鍋を皆さんで囲めば、きっと今以上に仲良くなれるはずです。",
    en=""
  },
  ["ベロペロネ"] = {
    jp="こう寒いと、お仕事にも影響が出そうね? ウィンターローズの子に防寒のしかたでも聞いておこうかな?<br>お返しに、バナナオーシャン流の暑さ対策を教えてあげましょう。 ……な~んて言っても、服を脱いだらそれでおしまいなんだけど。",
    en=""
  },
  ["ディプラデニア"] = {
    jp="あ…そのまま、じっとしていてください。団長さんで暖をとっているだけなので……。<br>潜り込みたいので、コートのボタンを、開けてもらっていいですか?",
    en=""
  },
  ["プルメリア"] = {
    jp="北国の人達に教えてもらって、お鍋作ったんですけど……その、もう少しだけ待ってください。<br>まだ熱いですから、プルメリアがふーふーしてあげます。",
    en=""
  },
  ["ニチニチソウ"] = {
    jp="うう~~。寒い、寒いです。団長さまぁ。……まさか、これも亡霊さんの仕業?<br>なら魔除け……寒い亡霊さん用の魔除け……うう~~駄目です!そんなの知らないです!",
    en=""
  },
  ["プルメリア(ジューンブライド)"] = {
    jp="寒いですね……団長さんは、大丈夫ですか? こっちに来てください、プルメリアがくっついて、身体を温めてあげます。",
    en=""
  },
  ["ランタナ"] = {
    jp="ペポの背中に雪玉入れてきたー!だんちょにも入れてあげる~ せなか―うわぎーそれともしたー?私の腕をもってー、自分で誘導してねー",
    en=""
  },
  ["ランタナ(花祭り)"] = {
    jp="バナナオーシャンに雪が降る!ってのは、どれぐらいのレベルでありえないのか<br>わたし、とっても気になります!<br>だってほら、降ったらアイスとか食べ放題になるし♪ ……おなか壊しちゃうけど",
    en=""
  },
  ["フォックスフェイス"] = {
    jp="寒さのせいかしら時々人の温もりが恋しくなる時があるの。<br>平気って意地張ってもどうしようもなくて、その時は……団長……私……甘えちゃってもいいかしら……?",
    en=""
  },
  ["ベラドンナ"] = {
    jp="寒いわ。ちょっと寒過ぎね。……ちょっとあなた、もっと私に近付きなさい。むしろ抱き締めなさい。<br>こんな事……特別よ。またと無いチャンスなのだから、しっかり幸福を噛み締めることね。",
    en=""
  },
  ["ワルナスビ"] = {
    jp="ううう、サムい~。吹雪の中で盗みをするとかっこいいかなって思ったけど、あたし寒いの苦手だった。<br>はっ、だんちょー! そ……そんなことないゾ。我は暗黒の怪盗ナイトシェードだ。寒さなんて感じないゾ……。",
    en=""
  },
  ["ハバネロ"] = {
    jp="今年の雪合戦大会は、我ら、憲兵隊が優勝を貰うよ!<br>え?大会中の治安かい?……はっそうか、街から憲兵隊がいなくなってしまう。盲点だった!",
    en=""
  },
  ["ワルナスビ(ハロウィン)"] = {
    jp="ふわぁ~……あらま、ボ~ってする~。ら~んひょ~、怪盗ナイトシェードは風邪を引いちゃいました~。<br>雪の中で怪盗の訓練してたら、体がゾクゾクれ~。ううっ、もう無理れしゅ~。今日は怪盗も花騎士もおやしゅみれしゅ~。",
    en=""
  },
  ["ホップ"] = {
    jp="お茶を持ってきたよ~団長。あ、珍しいって顔してる~?<br>ふっふ~、お茶にねえ、お酒を垂らしたの~。寒い国の飲み方なんだって。<br>割合としては7:3で、ほとんどお酒なんだけどね~",
    en=""
  },
  ["ホップ(温泉浴衣)"] = {
    jp="へっくし! へ…へ…へっくし!う、ちょっと飲みが足りないかなぁ?うん、お酒であったまろー。",
    en=""
  },
  ["マンリョウ"] = {
    jp="冬の寒空はどこかどんよりとしていて、心も身体も沈み込んでいきそうです…。<br>ですから…あの…もっと、団長さんの側にいってもいいでしょうか?<br>私はそれだけで、すぐに、舞い上がってしまいますから。",
    en=""
  },
  ["マンリョウ(ジューンブライド)"] = {
    jp="あの、ご迷惑でなければで良いのですがもう少しだけそちらに行ってもよろしいでしょうか?<br>どうにもこの寒さは耐え難くて温めていただかないと、わたくし凍えてしまいそうです。",
    en=""
  },
  ["センリョウ"] = {
    jp="えへ、団長とくっついてると暖かいなあ。<br>こうして体寄せ合ってれば、どんなに寒くても平気だよねぇ。<br>お、団長の体温上がってる!よ~し、もっと肌くっつけちゃおっと!",
    en=""
  },
  ["センリョウ(クリスマス)"] = {
    jp="団長!マフラーあるから一緒にあったまろ。体も、もっと寄せあってー。えっへへ、うん、やっぱり、すごくあったかいや。",
    en=""
  },
  ["カカオ"] = {
    jp="団長さん、カカオ寒い、ですぅ。バナナオーシャンじゃ雪なんて降りませんからねぇ。<br>だから、抱っこしてください!子どもっぽいですけど、団長さんにならいいですよね?えへへ",
    en=""
  },
  ["ギンバイソウ"] = {
    jp="はっ、ハサミが~ハサミが~ヒヤってしてる~! まさかノリも!?こ、凍ってる~!?振っても動かな~い!<br>団長ちゃん!団長ちゃん!凄いよ冬!めっちゃ楽しいよ!",
    en=""
  },
  ["エケベリア"] = {
    jp="あらら、寒そうにしてるわね団長くん。お姉さんとぎゅってして一緒に温まろう?<br>ほらこっちこっち。 ぎゅ~、よしよし、よしよし 団長くんがかわいくってついナデナデしちゃった♪",
    en=""
  },
  ["ポーチュラカ"] = {
    jp="ううう…寒い…冬だもんねぇ。しょうがないんだよぉ。決して私の渾身のダジャレが寒いわけじゃないんだよ?",
    en=""
  },
  ["ザクロ"] = {
    jp="おぉ~……! ウィンターローズのお鍋、なかなかおいしいじゃん!<br>まさに雪国の料理ってかんじ。今度子供たちにも作ってあげよっと!",
    en=""
  },
  ["キウイ"] = {
    jp="あっはは、パイナップルちゃんたちと雪合戦してきた~!勝率はあたしがトップぅ!もう誰にも負ける気がしないねぇ!たとえ団長さんが相手でも!<br>えっへへ、試してみる?もし勝てたら何でも言うこと聞いてあげる!まぁ、そんなことありえないけどねぇ~!",
    en=""
  },
  ["ライオンゴロシ"] = {
    jp="ぎニャ、団長冷え冷えで真っ赤だよ。はいぎゅ~!あたしの手の温もりですぐにホッカホカにしちゃうニャ。もう安心だニャ。",
    en=""
  },
  ["セリ"] = {
    jp="冬は、食料が不足しやすい季節。いつも以上に無駄にしないように気をつけるんだぞ。<br>お腹がすいているのに、何も食べられないというのは、本当に苦しいことなのだからな。",
    en=""
  },
  ["サラセニア"] = {
    jp="こういう寒い日は、身体が熱くなる果酒が美味しいんだよ~?ヘザーさんに教えてもらったんだ~♪<br>ポッカポカしてきて、気持ちよ~くなるから、一度飲んでみなって~。",
    en=""
  },
  ["シバザクラ"] = {
    jp="雪が降ると寒くても皆さんお外で遊ぶんです。普段できない遊びが満載ですからね。団長さんも、一緒にどうですか?",
    en=""
  },
  ["セアノサス"] = {
    jp="執務室にあるこたつに大勢集まってたわ。わたしも便乗して仲間に入れてもらったの。<br>みんなでひとつのこたつに入るのはいいわね。外出が減る分室内での楽しみが増えるのは嬉しいわ。",
    en=""
  },
  ["グーズベリー"] = {
    jp="冬ならではの曲芸、思い付きました!氷の上でバランスをとったまま、ジャグリングをするんです。<br>そっれを成功させたら、きっと……たくさんのお客さんに「凄い!」って喜んでもらえるはずです!<br>ウィンターローズでなら練習もできますよね?",
    en=""
  },
  ["スキラ"] = {
    jp="寒いわね~……。ひひ、そんなときは寒さを吹き飛ばす、熱い勝負をしなくっちゃ!<br>団長? わたしとゲームで勝負しない? 終わるころには、きっと寒さなんて忘れてるんだから!",
    en=""
  },
  ["アブラナ"] = {
    jp="団長!材料いろいろゲットしたから、鍋やるわよ鍋!<br>……はぁ?何そのリアクション。どんな鍋って……普通の鍋よ、取り合ったりなんてしないわよ?<br>あたしだって、好きな人となら分け合うこともするんだか…ぅっ…て、わぁー!だめだめ!今のなし!聞かなかったことにしてー!",
    en=""
  },
  ["イベリス"] = {
    jp="ぅいういぃ……こんな寒い日に放っておかれたら、身も心も凍っちゃいます~!<br>ですから早く、早くー!早く私を抱きしめて、あっためてくださ~い!!",
    en=""
  },
  ["イベリス(クリスマス)"] = {
    jp="団長さんは、冬でも寒くなったりしません! だって、私がいますから!<br>このあどけない顔! 抱っこしやすいサイズ感! そして、この胸! 太腿だって自信があります!<br>熱くならないはずないですよね! ね?",
    en=""
  },
  ["ムラサキハナナ"] = {
    jp="寒い冬には、根菜なんかを食べて、暖かくして過ごすのが一番です。……へ? ほかにもある、ですか?<br>それはいったい――っ、ひゃん!? な……なるほど……。密着すれば確かに……。でも……ちょっと、恥ずかしいです……。",
    en=""
  },
  ["フリージア"] = {
    jp="うぅ~、寒いですねぇ。でもでも、団長さんとくっついたら、きっと、とっても暖かくなるはずです。<br>団長さん、くっついても、いいですか?エヘヘヘ、フリージア、甘えん坊さんですぅ。",
    en=""
  },
  ["イキシア"] = {
    jp="みんなが風邪をひかないようにうがい・手洗いを徹底しようと思うの。張り紙も作ったんだよ、300枚くらい!<br>え? あ……あは、一人じゃ貼りきれないか……。",
    en=""
  },
  ["セントポーリア"] = {
    jp="実は、夏よりも、冬の日向ぼっこのほうが、難しいんですよ。雪が、お日様の光を反射して、とーっても、まぶしいんですう…。",
    en=""
  },
  ["セントポーリア(きぐるみのんびり貴族)"] = {
    jp="寒くて布団から出られないなら~、起こしに行くのは、わたしの役目ですね~?<br>朝はやっぱり、トリさんの声で起きるのがいちばん…え? それはインコではなくニワトリ? あらあら?",
    en=""
  },
  ["マーガレット"] = {
    jp="身分に関係なく、寒いものは寒いのだ。なにか、温かいものを食べるべきだ。",
    en=""
  },
  ["ダリア"] = {
    jp="この季節は補給部隊も忙しいのよ。クリスマスプレゼントとか、一年のお礼状とか……。<br>考えてみたらこれ、補給部隊の仕事じゃないわよね……。",
    en=""
  },
  ["ローダンセ"] = {
    jp="寒いですね? さすがに外でトレーニングは難しそうです。<br>……そう思って、実は室内用のトレーニングメニューをバッチリ考えてきました! えへへっ。まさに完璧な作戦です!<br>えっとぉ……あれ? メニューを書いた紙が無い! うそー!? うう~、完璧だったはずなのに~!",
    en=""
  },
  ["キンセンカ"] = {
    jp="雪が降っていますね。あの頃を思い出す景色です。<br>カレンデュラちゃんもこの雪を見て、昔を思い出しているでしょうか。",
    en=""
  },
  ["カウスリップ"] = {
    jp="ヨウラクボタンから釣りに誘われてさー。なんでも、凍った湖に穴あけて釣るみたいなんだよね。<br>やっぱ、もきゅい竿とか必要かな? わかんないから聞いてみようっと!",
    en=""
  },
  ["カウスリップ(メイド)"] = {
    jp="気温が下がると、脂肪分多めで、どっぷりこってり濃厚なミルクが増えるんだぞ! これに合わせてサテンのメニューもリニューアル☆<br>いっそのこと、利きミルクイベとかやりたいかも! あたしに勝てるご主人様は、どこかにいるのかな♪",
    en=""
  },
  ["サボテン"] = {
    jp="じっと…耐えてる…寒さとか…風とか…寒いのは…苦手…",
    en=""
  },
  ["サボテン(フォスの花嫁)"] = {
    jp="心が燃えてれば……それで冬は越せる。それに……、団長がいるから……寒くない。だから……離れ……ないで",
    en=""
  },
  ["ホシクジャク"] = {
    jp="はぁうぅぅ…冬が…来て…しまっ…たねぇ…。<br>はぅ、寒いのは暑いのより、もっと苦手…寒いとね、テンション下がっちゃうんだ…。",
    en=""
  },
  ["ホシクジャク(水着)"] = {
    jp="こんな寒いのに、外で遊べるなんて凄いよ……。僕は今こんな恰好だし、余計そんな気になれなくってさー……。<br>当分、おこたの中から離れられそうにないよー……",
    en=""
  },
  ["スズラン"] = {
    jp="私は、団長さんの胸に火を灯したい、そのためならこの身が灰になっても構いません。<br>たとえ一時でも団長さんをあたためられるなら…本望です!",
    en=""
  },
  ["スミレ"] = {
    jp="雪に閉ざされてもどこかに幸せはあるはず、そう思って歩いているよ。",
    en=""
  },
  ["ビオラ"] = {
    jp="ここらへんの通りの木も、すっかり葉っぱが無くなっちゃいました……。<br>団長さん、手を握ってもいいですか?",
    en=""
  },
  ["ビオラ(浴衣)"] = {
    jp="ふにー!お外が真っ白です。団長さん団長さん、早く遊びに行きましょう。雪合戦とかいろいろ、一緒にやりたいです。",
    en=""
  },
  ["コマチソウ"] = {
    jp="おあぁぁ!?雪降りすぎ!?ヤバいよヤバいよー、仕掛けた罠回収できないー!<br>場所は一応人が来ないとこだけど、万が一ってこともあるし…うぅ…団長!助けてよー!",
    en=""
  },
  ["シャボンソウ"] = {
    jp="花騎士として、騎士団長に具申致します。 雪合戦!訓練に取り入れたらどうかな?<br>陣形とか防御陣地とか、あとは…兵站とか?色々と実践で役に立つこと多いって思う。<br>それに、えへへっ、何よりみんなでやると楽しいし!、きっと成果もあがる。…採用、してほしいなぁ。",
    en=""
  },
  ["ハコベラ"] = {
    jp="わっちょーい!寒いけど、ハコたんは元気、元気!団長おにーちゃんにも元気のおすそ分けだよー!",
    en=""
  },
  ["イチゴ"] = {
    jp="寒いですーっ。わたし、寒いの苦手なんですよ…っ。見てください、息がこんなに真っ白ですよ。<br>団長さんも寒そうですね…?良ければ、わたしと一緒に、マフラー使いますか?",
    en=""
  },
  ["ウメ"] = {
    jp="冬は空気が乾燥して、風邪を引きやすくなる。外から帰ったら手洗いとうがいは欠かさずやるんだ。<br>色々とイベントも多いこの時期に倒れられては、困るからな。",
    en=""
  },
  ["バラ"] = {
    jp="寒い?バカを言わないで!このくらい何よ!<br>耐えてみせるわ、そうでないと…あの子達には……。<br>団長さん!もっと寒くしてもいいのよ!…ぁ、それは無理なの",
    en=""
  },
  ["サクラ"] = {
    jp="冬は我慢の季節ね~。早く春にならないかしらぁ。ポカポカ陽気が待ち遠しいわぁ。",
    en=""
  },
  ["ユキヤナギ"] = {
    jp="今日はとても寒いですねぇ…ですがアタシはフリーダムガール。<br>寒さからも自由になることが出来…ないですね。さすがにこりゃ寒すぎです…。",
    en=""
  },
  ["モモ"] = {
    jp="団長様、見て見て!曇った窓ガラスに、アタシとアナタの名前を書いてみたの。<br>こうして名前を並べるだけでも、あったかい気持ちになれる。やっぱり愛は無敵よね♪",
    en=""
  },
  ["ハナモモ"] = {
    jp="寒い時には大切な人と抱きしめあうといいそうですわ。え?勿論、姉さまから聞きましたの。<br>確かに姉さまの手はいつも暖かくて大好きですわ。団長様の手は…姉さまに負けないくらい暖かいですわね。",
    en=""
  },
  ["サクランボ"] = {
    jp="団長さん、一緒に暖まりませんか?は、はしたなくなんかないですよ!",
    en=""
  },
  ["アプリコット"] = {
    jp="冬の3ヶ月の事を、「閉蔵(へいぞう)」って言います。閉じこもって活力を外に漏れないようにするって意味です。<br>なので激しいことをしないで…お部屋でゆっくり…ゆっくり、じっくり… …甘やかして欲しい、です。",
    en=""
  },
  ["ハナモモ(ジューンブライド)"] = {
    jp="ふふっ団長さまに抱っこされながらのココアとっても絶品ですわ。<br>子供っぽいのがたまにキズですけれど、寒いから仕方ないですの。",
    en=""
  },
  ["ウメ(浴衣)"] = {
    jp="団長さん。早く部屋に入ってこい。温かい飲み物も用意してある。風邪などひいてくれるなよ?",
    en=""
  },
  ["サクラ(エプロン)"] = {
    jp="春には満開だったお花も今では散って冬支度。うふふっ、ええそうですよ、枯れちゃった訳じゃないの。<br>次の春にはまた綺麗に咲いてくれます。人の笑顔だって同じ。今はくすんでても、いつかきっと世界は笑顔でいっぱいになります!",
    en=""
  },
  ["アプリコット(クリスマス)"] = {
    jp="本格的に、寒い季節になりましたねぇ。風邪などひかないよう、暖かくしてください。<br>私は…ほら、割と暖かい格好をしているので大丈夫ですけど。<br>ですけどぉ……団長さんに、もっとあっためてほしいかなぁ……なんて。えへへ♪",
    en=""
  },
  ["カンヒザクラ"] = {
    jp="冬になってからアイビーの様子が変ですの。訳分からないアイビー語を言ってるのはいつも通りなのに、<br>時々遠くを見るというか、寂しそうというか……団長様、理由、ご存知ですか?",
    en=""
  },
  ["サクランボ(ジューンブライド)"] = {
    jp="パパ、ぎゅってして?パパのおっきい体で温めて欲しい。<br>お仕事終わってからで良いの、お部屋のベットの中で待ってるから、それで私の事中から温かくして?ね?いいでしょ?パ~パ。",
    en=""
  },
  ["アマリリス"] = {
    jp="今年の冬は、一段と寒いですねぇ……ついつい、背中が丸まってしまいます。<br>寒い時こそ、胸を張って、前を見ないとっ……! ひぃっ、寒いぃぃ!<br>い、今のはナシ! 突風はノーカンですっ! 見ててください、貴族はどんな時も、誇らしく、気品あふれる……ふるまいをぉ……は、はくちっ!<br>くぅ~っ……今日はもう、帰ります……。",
    en=""
  },
  ["キルタンサス"] = {
    jp="すっかり寒くなったわね、風邪ひかないように気をつけなさいよ!勘違いしないで!<br>あなたが寝込んで逢えなくなるのが寂しいとか、でも看病しに行きたいなー、とか、全然思ってないから!",
    en=""
  },
  ["イフェイオン"] = {
    jp="雪の下に罠を仕掛ければ…絶対にバレない。<br>だから、団長の周りにも仕掛けようって思う。害虫用と……人用。わたしみたいな人、他にもいるかもだし。",
    en=""
  },
  ["イフェイオン(メイド)"] = {
    jp="寒いなら、我慢しちゃダメ……。体調崩すよ、団長。……はい、ホットミルク。ハチミツも入れてある。<br>ふふっ……違うよ、これを教えてくれたのは、お母さんじゃなくてお父さん。<br>わたしも寒いときに作ってもらったの。だから……効果は保証済み。",
    en=""
  },
  ["ヒノキ"] = {
    jp="こたつ……みかん……準備はバッチリ~。風邪を引くような寝方はしないよ~?んゅ~……",
    en=""
  },
  ["レンゲソウ"] = {
    jp="冬は団長と過ごしたくなる季節アル♪一緒にいたいという気持ちが高まるネー!もちろん、単純に暖かいから、という理由じゃないアルヨ?<br>なんて言えばいいアルカ?わたし、団長のことが…その…と、とにかく!団長じゃなきゃダメアル!",
    en=""
  },
  ["アカシア"] = {
    jp="雪だ雪だ~!あっ、そうだ。雪合戦しない?体を動かせばすぐにぽっかぽかになるわよ~!ほら、早く早く~!",
    en=""
  },
  ["ハリエンジュ"] = {
    jp="うう……寒い。こう寒いと、タクトを振る手もかじかんでくるな。仕事をしていれば温まるから、今はとにかく働こう。<br>団長さんも温かくして風邪を引かないようにするんだぞ。",
    en=""
  },
  ["ルピナス"] = {
    jp="寒いですね……しかし、どんなに寒くたって私は訓練をサボったりはしません!<br>自分で決めたことは貫き通すと決めているからです。けれどこうも寒いと、心が揺らぎそうになりますね……。",
    en=""
  },
  ["キヌサヤ"] = {
    jp="今日も寒いな。任務から戻ったら酒を飲もう。<br>……なんだ? 私が飲むのは意外か? これでも結構強いんだ。飲み比べでは負けたことはない。",
    en=""
  },
  ["アカシア(新春)"] = {
    jp="雪で視界が悪くなると、荷物を輸送するのも大変なの。だから天気はいつもチェックしておかないと後で痛い目見るんだから。団長も気を付けてね。",
    en=""
  },
  ["ハクモクレン"] = {
    jp="厳しい冬も、自然の一部だ。寒さによって、育つものもある。逆らわず、ありのままで生きるのが、大切なのだ。",
    en=""
  },
  ["ナイトメア(カタクリ)"] = {
    jp="う~~寒いなぁ……。こういうときは、身体を動かすに限るね!たまにはかけっこで勝負しようよ!<br>えへへ♪対戦申し込まれると思ったでしょ?それはかけっこの後で!",
    en=""
  },
  ["コチョウラン"] = {
    jp="駄目ですよご主人様!そんな薄着で外出なさっては。もしご主人様に何かあったら……ぁあ、想像するだけで、悲しくなってしまいます……。",
    en=""
  },
  ["アネモネ"] = {
    jp="冬の水分補給は大切だよ。空気が乾燥しているから……飴を舐めるのでもいいけど、喉は大事にして欲しい。<br>もし、あなたの声が出なくなったら……寂しいなって思うから。",
    en=""
  },
  ["クリスマスローズ"] = {
    jp="よいしょ、よいしょ!ふぅ可愛くできました。団長さんも一緒に雪だるま作りしませんか?体も心もすっごく癒されるんです。",
    en=""
  },
  ["フクジュソウ"] = {
    jp="い~んやぁ!見渡す限り真っ白だねぇ!さ~て、まずは何をするかい?雪だるま?雪合戦?敢えての寒中水泳?<br>あ~んもう!身体がウズウズしてきた!早く行こうよぉ~、団長さん!",
    en=""
  },
  ["ラナンキュラス"] = {
    jp="吹雪いてホワイトアウトしちゃっても大丈夫!そう、ラナンキュラスちゃんならね",
    en=""
  },
  ["ヒメリュウキンカ"] = {
    jp="雪はきらきら光ってすごい綺麗です!<br>でも、あんまり眺めていると寒くて動けなくなっちゃいますー…団長さん、あっためてくださぁ~い。",
    en=""
  },
  ["アネモネ(世界花の巫女)"] = {
    jp="私が……何を期待してるのか、わかる……かな。<br>外は雪で一杯で、部屋の中もこんなに寒い。鍛錬で温まるのも、少し……体の熱が足りないの。<br>ん……ふふ、正解。少しの間だけ、貴方の熱をちょうだい。<br>そしたらまた、貴方のために頑張れるから。",
    en=""
  },
  ["アンリ(バイカカラマツ)"] = {
    jp="団長さま。外出から戻ったら、うがい・手洗いを忘れないようにしてくださいね。<br>団長さまのお体は、団長さまだけのものではないのですから。",
    en=""
  },
  ["アネモネ(光華の姫君)"] = {
    jp="バナナオーシャンから招待状来たよ。意外とマメだよね。避暑ならぬ避寒として是非ご来訪頂きたく…だって。<br>今回は断るよ。冬にだって楽しみはあるし。貴方に暖めてもらうこと、とかね",
    en=""
  },
  ["アネモネ(天つ花の令嬢)"] = {
    jp="外に出るの?なら…ちょっと待ってて。ジャケットはこれで、マフラーもこれ。あぁ…帽子は毛糸の方がいいよね。それで、手袋もつけて、靴下も…むぅ、ほら、足上げて。履かせてあげる。<br>後は…あぁ、腹巻だね。これも私が…え、やりすぎ?…そうかな?",
    en=""
  },
  ["サザンクロス"] = {
    jp="どんなに冷たい風が吹こうと、皆願いを捨てないで欲しいな。",
    en=""
  },
  ["ウサギノオ"] = {
    jp="雪だるまを作り続けたら、どこまで大きくなるのかな?<br>私はいつか月よりも大きい雪だるまを作ってみたいうさ。<br>その上でピョンピョンすれば、きっと楽しいうさー!",
    en=""
  },
  ["ウサギノオ(ハロウィン)"] = {
    jp="あぁ~~こう寒いと全然ぴょんぴょんできないのだー。これはもう、誰かにあっためてもらうしかないうさ。<br>……おぉ、ちょうどいいところにちょうどいい大きさの体が!なんと、団長さんではないですか、なんたる偶然!抱擁とぬくぬくを要求するうさー!",
    en=""
  },
  ["キンギョソウ"] = {
    jp="うぅー寒い寒い…こんな日に見張りなんて……ほら団長さん、こっちに来て?<br>んん…もっとくっついてよ、そしたら温かいよ?",
    en=""
  },
  ["キンギョソウ(バレンタイン)"] = {
    jp="はうう~、寒い~! 団長さん、ここは早めに部屋に戻ったほうがいいよー!<br>私の直感が、このままじゃ風邪ひくって言ってるからさー!",
    en=""
  },
  ["ツツジ(新人)"] = {
    jp="段々と寒くなってきましたね、団長様。身体をしっかり温めて、風邪を引かないようにしないといけません。<br>これから、たくさん楽しいことがやってくる季節ですから。",
    en=""
  },
  ["ツツジ"] = {
    jp="団長様ぁ~服がビショビショです…。ここに来る途中、雪合戦に巻き込まれてしまって…。少しは応戦したんですけど、御覧の通りです…。",
    en=""
  },
  ["クランベリー"] = {
    jp="寒い季節になってきましたわね~、お兄様。<br>でも、大丈夫ですの。わたくし、防寒テクニックをたくさん知っていますから。<br>壁や天井が穴だらけの部屋だって、暖かく過ごす事ができますのよ?",
    en=""
  },
  ["カルセオラリア"] = {
    jp="えへへ、雪ってとてもロマンチック。キラキラ光って、真っ白に積もって、恋人さん達の距離を縮めるんです。<br>だんちょーさま……わたくし、もっとくっついてもいいですか?",
    en=""
  },
  ["ビンカ"] = {
    jp="ビンカ、寒いのはあんまり得意じゃないけど、雪はとってもキレイだと思うよ?<br>お日様の光が当たるととキラキラ輝いて、見惚れちゃうくらいだもん♪",
    en=""
  },
  ["ワスレナグサ"] = {
    jp="雪が積もってきた。団長さん、一緒に雪だるまでも作ろうか。それともかまくら?雪合戦でもいいな。<br>寒い時は、体を動かすに限る。運動は身体的にも精神的にもいいらしいからな。<br>で、決めた?どれやる?私は何でもいい。団長さんとなら、何だって楽しい。",
    en=""
  },
  ["メイゲツカエデ"] = {
    jp="はぁ……ありがとね、団長殿。あなたが甘えさせてくれたから、私は雪でも全然寒くない。むしろ、あったかい。<br>けど、はぁ……それって、またやっちゃったってこと、なのよねぇ……いつも迷惑かけるわ。ほんと、ごめんなさい!",
    en=""
  },
  ["ユーカリ"] = {
    jp="最近は夜が長いから、夢も長く見てる気がするの。そんな時に限って、昔のことが夢に出てきて……。できれば、団長さんとの夢がいい。<br>って、コータロとソータが言ってたよ!",
    en=""
  },
  ["ヤドリギ"] = {
    jp="ついにこの季節がきたッス!誰よりも大きな雪だるまを作って、みんなの視線を集めるッスよ!<br>さぁ団長!気合を入れて一緒に外へ出るッス!",
    en=""
  },
  ["リュウゼツラン"] = {
    jp="こんなに雪が積もってしまっては、今日の予定は御破算ね。まあいいわ。たまには二人っきりで、ただ静かに過ごすのも、素敵じゃない。",
    en=""
  },
  ["ボタン"] = {
    jp="ぐふっ!うう……。ドンロンの散歩で……少々疲れてしまったのじゃ。主たるわしを引っ張り回すとは、よほど雪が気に入ったと見える。<br>次は……フフッ♪ 団長に行って貰おうかのう?",
    en=""
  },
  ["ポピー"] = {
    jp="雪の中に立っていると、あまりにも静かで、まるで取り残されたように感じることがあります。<br>そんなときは、団長さんを思い浮かべるんです!団長さんを想うと、それだけで私、寂しくなくなっちゃうんです♪",
    en=""
  },
  ["メギ"] = {
    jp="はぁ、寒いですね……。って、団長さん?! 何、そんな薄着してるんですか?<br>暖かい格好しないと、風邪引きますって!ほらっ、さっさと上着を着てきてください。",
    en=""
  },
  ["ゼブリナ"] = {
    jp="ああ……寒い。この時期はお茶も増えて、このままでは……はうっ!や……やはり、近くなっています。寒さも加わって、いつも以上に……!<br>スー、ハー、フー……っ!お手洗い、行ってまいりますっ!",
    en=""
  },
  ["マロニエ"] = {
    jp="うえぇ…雪が!雪が降って…!あぁ~…これではとても発掘などできない!新たな知識を掘り当てることなど…あぁ…ああぁ~!<br>な、慰めてくれ団長!何か、何かないか!?私が知らない何か!何でもするから教えてくれよぉ~…。",
    en=""
  },
  ["ランプランサス"] = {
    jp="寒いのは嫌ーっ、雪も大っ嫌いーっ。 お部屋にいよ~? お仕事なんてしなくてもきっと平気だよ~!<br>私と一緒におしゃべりして、いちゃいちゃして、夫婦さんみたいにくっついて過ごそうよ~!",
    en=""
  },
  ["ガジュマル"] = {
    jp="うふふっ♪ 雪玉……どれぐらい圧縮できるか、キジュムンと一緒に挑戦中♪ <br>とりあえず、バケツ1個分を握り拳ぐらいにはできた。次はタライ1個分に挑戦! 団長さんもやろう? これ、意外と楽しい♪",
    en=""
  },
  ["カカラ"] = {
    jp="雪は視界を遮りますが、それは相手も同じ。潜入するには、ある意味では最適の環境です。<br>……って、棟梁がいってました。だから雪に慣れるため、お外に行ってきまーす!",
    en=""
  },
  ["アベリア"] = {
    jp="寒くて乾燥すると、金属などを触った際に、あれが……来るんですよね。敏感な私にとっては最大の難敵です。<br>人に触られた時ほどではありませんが、過剰に反応してしまって……。<br>この体質を治す方法は無いんでしょうか……。",
    en=""
  },
  ["ウキツリボク"] = {
    jp="はぁ……流石に雪が降ってる時は、夜の散歩、できないよねぇ。<br>雪で視界は悪いし、何より寒いし、屋台なんかもどこにも出てないし……はぁ、早く暖かくなってくれないかなぁ。",
    en=""
  },
  ["ウキツリボク(競技会)"] = {
    jp="ふふっ、そろそろ夜鳴きそばの季節だね。楽しみでたまらないよ、なんたって声がいいし。夜歩きで冷えた身体も温まる。<br>あ、十割のはダメ。二八じゃないと、雰囲気が台無しだからね。",
    en=""
  },
  ["ハナオクラ"] = {
    jp="泥と混ざった雪って、なんだか汚いですよね……。<br>……はっ! すみません。こんな事を気にしいてたら、潔癖症も治りませんよね? 私……反省です!",
    en=""
  },
  ["ハナショウブ"] = {
    jp="つめたっ誰やゴラァ!あ、あら?誰もいない……。<br>どうやら木の上の雪が背中に落ちただけだったみたいですね、はぁ……びっくりしました。",
    en=""
  },
  ["ストレプトカーパス"] = {
    jp="こんな寒い季節、雪には注意が必要だね。閉ざされた山荘で事件が起こったとしても、誰も助けに来れないだろう。<br>ふふっ、だが安心してくれ。たとえそんなことがあっても、この名探偵のボクが、ズバッと解決してあげるからさ。",
    en=""
  },
  ["ローレンティア"] = {
    jp="雪合戦したり、雪だるま作ったり、楽しそうよね。<br>そのうち皆でやろうよ!もっちろん団長さんは絶対参加!そうすれば、チャンスも平等! え?何のって…、まっまあそんなのいいじゃない!",
    en=""
  },
  ["ローレンティア(忍者)"] = {
    jp="はやく雪が降らないかしら。キンレンカとの雪合戦対決が待ってるのよ。<br>忍術も駆使して絶対に吠え面かかせてやるわ!首を長くして待ってなさいよね!!うん?何か違う?",
    en=""
  },
  ["コスモス"] = {
    jp="あ、あまりの寒さに妄想が見える……なんちゃって",
    en=""
  },
  ["マリーゴールド"] = {
    jp="寒いと色々と行動しにくくなるわね……。なんでこんなに寒いのかしら?ま、まぁ想定内ですけれど。ふぅ、さ、寒いわ……。",
    en=""
  },
  ["ガーベラ"] = {
    jp="冬は雨も少ないし、湿度も低いから頭痛がしなくて助かるなぁ~。<br>団長くんは、あっ……なんだか具合が悪そうだけど大丈夫?<br>ちょっとお熱測ってみよっか。はい、おでこくっつけてぇ……もぅぅ、団長くんたら、甘えるのはお熱測ってからね♪",
    en=""
  },
  ["チョコレートコスモス"] = {
    jp="今日は雪がいっぱい積もってるね。光を反射して眩しすぎるよ。<br>この光を使って、夜遅くまで頑張ってた人もいるんだよね。",
    en=""
  },
  ["エキナセア"] = {
    jp="団長、寒くないか?風邪ひいたりしてないか?そうなら遠慮なく言っててほしい。すぐ傍に行くのでな。",
    en=""
  },
  ["ヨモギ"] = {
    jp="冬は身体が弱りやすいからね~。滋養強壮の薬草で、お酒でも作ろうかなって思うの。薬酒っていうんだよ~。<br>んふ~♪これでみんな、元気いっぱ~い♪あ、でも小さい子は飲めないか~…",
    en=""
  },
  ["シオン"] = {
    jp="寒さに耐える花のように、私も黙って耐えていきます!",
    en=""
  },
  ["チョコレートコスモス(水着)"] = {
    jp="寒い冬には温かい飲み物が一番♪<br>さぁ、どうぞ。チョコレートコスモス特製のホットチョコレート。熱いから気をつけて飲んでね",
    en=""
  },
  ["イモーテル"] = {
    jp="儚くてすぐに溶けてしまうのに、雪はこんなにも世界を白く染めてしまう。<br>まるで、人の命にも似て……。キミも……そう思わないかい?",
    en=""
  },
  ["アルテミシア"] = {
    jp="冬は寒くて敵わないわねー。早く暖かくなってくれないかしら。……それとも、魔法で暖かくしちゃうのもありね♪<br>……でも、今はいいわ。隣にあなたがいてくれるなら、幾分暖かくなるから。うふふっ♪",
    en=""
  },
  ["クラスペディア"] = {
    jp="お鍋ってあるでしょ?そう、あのお鍋。冬に欠かせないお鍋!<br>そのお鍋にお餅を入れるところもあるんだってー、まんまるいやつー!<br>うわぁ~これはもう作るしかないよ~。団長さん、ごはん!ごはん持ってきて!",
    en=""
  },
  ["ゴギョウ"] = {
    jp="この時期は冷えますから、お風邪を引きませぬよう、暖かくして寝てくださいね。お布団の枚数は足りていますか?<br>足りていても眠れないようでしたら、すぐにわたしを呼んでください。ええ、子守唄、歌って差し上げますからね? うふふ。",
    en=""
  },
  ["エキナセア(温泉浴衣)"] = {
    jp="紅茶に少しお酒を入れるて飲むと、体がとても温まるよ。ウィンターローズではよく飲んでいたと、サフランに教えてもらったんだ。<br>とても美味しいから、団長も飲んでみないか?キミに気に入ってもらえたら、私が何回でも紅茶を淹れてあげよう。",
    en=""
  },
  ["アルテミシア(クリスマス)"] = {
    jp="寒いわね……ちょっと団長、私に温かいスープでも作って頂戴。……え? 外でそんなことできない?<br>じゃあしょうがないわね……外でできることで私を温めて? 例えばそうね……優しく抱きしめる、とか?",
    en=""
  },
  ["シクラメン"] = {
    jp="さ、寒くても……耐えるのが、フ、花騎士の、や、役目だと……思いますぅ……!",
    en=""
  },
  ["シクラメン(光華の姫君)"] = {
    jp="なんだか…いままでより、寒くありません。光華の姫君、だからでしょうか…<br>それとも……団長さんの傍にいるから、でしょうか…?えへへっ♪どっちでもいいですっ。どっちも、嬉しいですから…!",
    en=""
  },
  ["ゲッカビジン"] = {
    jp="吹雪の中に立つ……過去を振り返るとは、そのようなものです。",
    en=""
  },
  ["サンカクサボテン"] = {
    jp="隠居する~!!こんな寒さ、隠居するしかな~い!そうよね!?団長~!",
    en=""
  },
  ["サンカクサボテン(ハロウィン)"] = {
    jp="今日も討伐ねー、わかった……クシュン!ううぅー。こう寒いのに何で害虫は元気なのよー。さっとやっつけて、さっと戻るわ。ハ…クシュン!",
    en=""
  },
  ["ミント"] = {
    jp="どんなに寒くても、私は訓練をさぼったりはしません。<br>毎日の積み重ねが大事なのであって、一日くらいやらなくても大丈夫……というわけにはいかないのです。",
    en=""
  },
  ["ラベンダー"] = {
    jp="最近寒いので、執務室にある暖房器具全て、捨てておきましょうか?<br>そうしたら団長さん、私にくっ付くしかないですよね?<br>……嫌なんですか?嫌じゃないですよねぇ?嬉しい♪",
    en=""
  },
  ["ワタチョロギ"] = {
    jp="雪が落ちてくるのが空の上からなら、えへっおばあさんも同じ雪を見てるかもしれませんね。<br>「殺伐とした人生を送ってきたから自分は空の上じゃなくて地の底がお似合い。」<br>なんてそんな事言ってましたけど。おばあさん羊にも私にもとっても優しかったですから。<br>だから今いるのは空の上、私はそう信じてます。",
    en=""
  },
  ["ミント(成長する美徳)"] = {
    jp="団長さんの鼻と指の先、赤くなってないですか? 外は寒いですから、部屋に戻ったら早く温まらないと<br>私、ホットミルクを用意してきますね。飲んだらきっと、身体の芯から温まります",
    en=""
  },
  ["コリウス"] = {
    jp="これが……雪? 私、初めて見ました! あっ……本当にすぐに消えて……儚いと話には聞いていましたが……これは胸を打ちます。<br>私、もう少し眺めていたい……。団長様、お付き合い……頂けますか?",
    en=""
  },
  ["ラベンダー(バレンタイン)"] = {
    jp="団長さん、手を貸してください<br>ほら、やっぱり冷たくなってますよ<br>私の両手を使って温めますから、じっとしていてくださいね<br>はぁ……こうしてるだけで、こっちまで温かくなってきます。<br>永遠にこうしていたいけど……それだと私、とろけちゃいそうです",
    en=""
  },
  ["ブルーロータス"] = {
    jp="はい、団長さん。セーターですよ。ようやく完成しました。サイズもピッタリだと思います。暖かくして風邪なんてひかないでくださいね?",
    en=""
  },
  ["サザンカ"] = {
    jp="寒いからこそ、出陣するよ~!走れば暖かくなるってほら!",
    en=""
  },
  ["ワレモコウ"] = {
    jp="モコウ…寒さに対する策を用意してきた?こうして、悴む手を握りあうと、お互い温かくなるです?モコウ…ずっとこうしていたいです?",
    en=""
  },
  ["ワレモコウ(成長する軍師)"] = {
    jp="寒い日は、部屋で暖かく過ごすのも、いいです? もし時間が余るなら、ボードゲームでも、作戦会議でも、モコウが付き合う?<br>冬の環境を利用する策を考えても、損はない?",
    en=""
  },
  ["チャノキ"] = {
    jp="冬だからと言って布団から出られなくなっていないか?それだと騎士団長として恥ずかしいだろう。<br>キ、キミがどうしてもと言うなら、私が部屋まで起こしに行ってもいいぞ……?",
    en=""
  },
  ["ワビスケ"] = {
    jp="昔…ふふ、今もやっているでしょうが、ガジュマルが雪を圧縮したことがあります。<br>一抱えもある雪の塊をなんと握りこぶしひとつ分に。本当に驚きました。<br>そうやって私は退屈な修行の日々を彩ってもらいました。もし彼女がいなかったら、私は修行をやめていたでしょう。",
    en=""
  },
  ["ナデシコ"] = {
    jp="寒くなってきましたね~。こういう時こそ体を動かしましょう!さあ、剣の稽古です!",
    en=""
  },
  ["ナデシコ(世界花の巫女)"] = {
    jp="外は一面雪景色です。ここまで寒くなるものなんですね……。<br>ですが、ふふっ、外で遊ぶ方たちはとても楽しそうです。団長さん、良かったら私達も一緒に外で遊んでみませんか?",
    en=""
  },
  ["センニチコウ"] = {
    jp="んふ、寒いけど、寒くないの。だってボクちゃんがそばにいるもの。ずっと、こうしててあげるからね~。",
    en=""
  },
  ["カリン"] = {
    jp="冷たい冬を乗り越えるには、温かい物が一番です!<br>団長さんが風邪を引かないように、体を温めてあげますね? うふふっ、カリンは温めるのが得意なんですよ?",
    en=""
  },
  ["ネリネ"] = {
    jp="だ、団長さん。寒いから、こうしてていいですか?へへっ。ふぅ…、とっても寒くて辛いはずなのに暖かいです。<br>ずっとこうしていたいけどこれじゃあ動けないし…、どうしたらいいんでしょう?",
    en=""
  },
  ["ヒガンバナ"] = {
    jp="寒いわね。こんな日は尻尾をモフモフするに限るわ。<br>え?駄目よ団長さんは、この尻尾はあたしだけの物だから。もうちょっと良い男になったら考えてもいいけど?",
    en=""
  },
  ["ヒガンバナ(世界花の巫女)"] = {
    jp="凄い雪ね。辺り一面真っ白。なに?べ、別に雪に突っ込んだりしないわよ。あ、遊びたいなんて思ってない、ふん!",
    en=""
  },
  ["ネリネ(ジューンブライド)"] = {
    jp="うわぁーん。私、悪い子です団長さん。ジュースと間違って、お酒飲んじゃいましたー。<br>うぅお顔熱いよー…うぅけどけど、ラベルも悪いですよー。なんですか?シードルってーうわぁーん。",
    en=""
  },
  ["シロツメクサ"] = {
    jp="行かないのですか? 寒いときこそ、功績を挙げるチャンスですよ。",
    en=""
  },
  ["コキア"] = {
    jp="ふぅかまくらようやっと完成です。1人で作ったんでちょっとちっちぇですけど、まぁ2人分はぎりぎりいけると思いますよ。<br>さ、入ってたんしぇ団長さん 。甘酒も餅もちゃーんと用意してますかんね。",
    en=""
  },
  ["キンモクセイ"] = {
    jp="団長殿…そばにいてくれませんか?い、嫌ならいいんですよ…?ただ、団長殿と一緒になって…暖かくなりたいと…。<br>って団長殿を利用するのは良くないですよね。もしかして、いいんですか…?そうしても…?",
    en=""
  },
  ["ストロベリーキャンドル"] = {
    jp="草木はみんな枯れてるんじゃなくて、春に備えてるだけ。だから寂しくなんてない。<br>でも……早く暖かくなると良いね。",
    en=""
  },
  ["ハギ"] = {
    jp="うぅ~寒い~…体が寒いと元気が吸い取られちゃうみたい…団長さん、今日はお鍋でも食べて、二人で元気を取り戻そう!",
    en=""
  },
  ["クローバー"] = {
    jp="防寒具がなくても、あなたと姉さんがいればそれだけで暖かい。だから、冬の寒さだって、私は平気なんだ。",
    en=""
  },
  ["アズキ"] = {
    jp="ちょっと、くっついてもいい?冬は肌寒くってさ~。寒いときは人肌がいいってよく言うから。<br>よいしょっと。えへへ、やっぱりギュッてすると暖かいなあ…。",
    en=""
  },
  ["ジャスミン"] = {
    jp="寒くないかって…?ふふっ、体はいつでももえているのですよ…?",
    en=""
  },
  ["ホトトギス"] = {
    jp="寒い日が続きますね。団長様、くれぐれも、体を壊さないよう、気をつけてくださいね。",
    en=""
  },
  ["ホトトギス(水着)"] = {
    jp="体冷やさないように、毛布使ってください。私は平気でっ…は、は、くしゅんっ!<br>……えと、毛布……ぁ、私にかけてくれるんですね。それなら、その……団長様も一緒に入りませんか?",
    en=""
  },
  ["リリオペ"] = {
    jp="団長、私は今、とても手が冷たくなっているわ。<br>ちょっと、私の手が冷たくなっていると言っているのよ!早く手を繋いで、私の手を温めなさい!",
    en=""
  },
  ["オニユリ"] = {
    jp="冬は苦手です…ほら、豆を投げる日があるじゃないですか、あれが好きじゃないんです。<br>だから…団長さん、出来る限りお部屋の中で過ごしましょう。",
    en=""
  },
  ["オニユリ(クリスマス)"] = {
    jp="はぁ、んっ……ツノに雪が当たって、変な声が出ちゃいました。団長さんがいっぱい撫でてくれるから、すごく敏感になってるみたいで。<br>雪が降ってる日の外出は控えた方がよさそうですね。",
    en=""
  },
  ["クレマチス"] = {
    jp="いったたぁ、まだ、腰が……雪で転んでる人を助けたら、私も転んじゃって……<br>その、すごく恥ずかしかったです。えへへへ♪",
    en=""
  },
  ["シュウメイギク"] = {
    jp="ウィンターローズに訪問したことがある故、雪は見た事がある。<br>なれどその時は外交の一環。穏やかに眺める機会には恵まれなんだ。<br>良きものよな、団長殿。そなたと一緒だと尚更にそう思ってしまう。",
    en=""
  },
  ["スキミア"] = {
    jp="冬っていいですよね。星空もいつもよりキラキラしてますし、空気も綺麗に感じます。<br>何よりモフモフの幸せ感が一番あるんですよ。ワタチョロギちゃん、ウーちゃん達ー何処ですか~?",
    en=""
  },
  ["カラタチ"] = {
    jp="集中しないと寒くなるから、冬場の鍛錬は効果的よね? 寒いと文句を言うくらいなら、そうやって体を動かしてた方がよっぽどいいわ。<br>暖かい部屋でじっとしていようものなら、あっという間に無駄なお肉が付いちゃうし。",
    en=""
  },
  ["ススキ"] = {
    jp="雪合戦こそ、私たちの真の戦場!プロフェッショナルの戦い方を、存分に見せてあげるよ。",
    en=""
  },
  ["ススキ(水着)"] = {
    jp="こんなに寒いんだもん、団長さんにくっついちゃうのは仕方ないよね。<br>それで、もっと温かくなるように……よいしょっと…団長さんの服の中に入っちゃえば、もっと温かいよね?",
    en=""
  },
  ["カンナ"] = {
    jp="うぉ!さっぶ!なんやこの寒さ?アホか!! うう~、こちとら薄着で頑張っとるんやから、もうちょい手加減せえや!<br>ああ~団長さん、今日はなんか、どこも風当たりが冷たい!うちの心と体と懐、団長さんが暖めて♪",
    en=""
  },
  ["オトギリソウ"] = {
    jp="ひっくしゅん!さ、寒くなってきた。団長さん、風邪とかひかないように、ちゃんと暖か……ふぇ……ふっくしゅん!<br>さ、寒い……。春が待ち遠しいよ~!",
    en=""
  },
  ["オトギリソウ(ベイサボール)"] = {
    jp="団長さん! 寒い中、お仕事お疲れ様。はいっ、温かい飲み物用意しておいたよ。体は大事にしようねっ。",
    en=""
  },
  ["ヒョウタン"] = {
    jp="だーりーん! 寒いけど、外に行こう? 占いが正しければ、これから雪が降ってくるのだ。<br>だーりんと、お手々繋いで雪を見たいのだ。だから、一緒に行こう? ね、お願い、だーりん?",
    en=""
  },
  ["ヘチマ"] = {
    jp="はぁ~、雪さらさら~♪ 白い肌を雪肌って言うのも納得できる~♪<br>団長ちゃんもこっちで遊ぼうよ~! 手触りとか最高だよ~♪",
    en=""
  },
  ["フクシア"] = {
    jp="寒くたって縮こまっちゃダメ。こういう時こそ元気に真っ直ぐ立つ!<br>ほ~ら団長っ、フクちゃんが応援してあげるから、ちゃ~んと立~つのっ!頑張れ~頑張れ~!縮こまっちゃダメだぞ~団長ぉ!",
    en=""
  },
  ["ベロニカ"] = {
    jp="雪が降ってきたわね……。ロマンチックさなんて微塵も感じないけど、これで寒くて凍える奴がいたら嬉しいわ。<br>……でも、流石にちょっと寒すぎるわね……。",
    en=""
  },
  ["ラッセリア"] = {
    jp="はぅ、雪が積もって寒くて外に出たくない~……はず、なんだけどなぁ!<br>そんなんでも放浪したくなっちゃう私ってどうなんだろう?もしかして病気?……そんなわけないか。",
    en=""
  },
  ["ステラ"] = {
    jp="ふぅぁ~生き返ります~部屋の中は暖かいですね~。<br>団長さん、外はすっごく寒いですよ。今日はもう外に出たくないですね~",
    en=""
  },
  ["リンドウ"] = {
    jp="団長さん、寒いの?私も寒いよ~。奇遇だね~。団長さんと私で暖め合ってもいいんだよ?<br>……えっ本当にする?い、いざそういう風になると、なんかちょっと、恥ずかしいかも。でも、嬉し~!",
    en=""
  },
  ["アイビー"] = {
    jp="体より……心が冷たくなる方が、私は嫌。<br>団長さんに居なくなられたら、私の心はきっと凍りついてしまうわ。<br>好きな人が居なくなるのを経験しちゃってるから、自分がそうなるって私には分かっちゃうの。",
    en=""
  },
  ["アイビー(新春)"] = {
    jp="あのね…お願い、あるの。冬の間は、私のこと、独りに…しないで欲しい。<br>も、勿論出きるだけでいいの。害虫退治はしなきゃいけないし、つ、都合だってあるわよね!<br>けど、せめて…ここに居てくれる時くらいは…私の傍に…お願い、団長さん…!",
    en=""
  },
  ["ヘリオトロープ"] = {
    jp="ダンナさま、寒いならヘリオにおまかせくださいです!<br>ヘリオは湯たんぽがわりになるって、ご主人様が言ってましたですから!",
    en=""
  },
  ["ヘリオトロープ(浴衣)"] = {
    jp="温かいお料理を食べて、身体をぽかぽかにしましょうです! 辛い物をたくさん入れて、風邪予防もばっちりですですー!<br>ヘリオの手作りですから、安心してくださいです、ダンナさま♪",
    en=""
  },
  ["ヒギリ"] = {
    jp="団長さま、一緒に雪だるまを作りませんか? <br>大きな雪玉を作るには相当体力を使うはず。きっと、いい鍛錬になると思うんですよ! とびっきり大きいやつを作りましょう!",
    en=""
  },
  ["キンレンカ"] = {
    jp="団長さん、暖かいお飲み物を用意しました。皆の健康を考えるばかりで自分のことがおろそかになっていませんか?<br>一度休憩をして、リラックスしてください。",
    en=""
  },
  ["バルーンバイン"] = {
    jp="曇ってお空が見えないときは、雲の上を想像するんです。そこにはいつだって、青空が広がっているはずですから。",
    en=""
  },
  ["バルーンバイン(イースター)"] = {
    jp="団長さん、あったかいコートありがとうございます。しかもこれ、団長さんが普段使っている物ですよね。<br>ふわぁ~、団長さんの匂いがします。うふふっ♪",
    en=""
  },
  ["スイギョク"] = {
    jp="うぅ~……さみぃなぁ~。こんだけ寒いと、そりゃあ海も凍るってもんだ…<br>ほらほら団長!寒いからくっつけくっつけ!",
    en=""
  },
  ["ハゼラン"] = {
    jp="兄様のお布団、ぬくぬくする…あ、早く干さないとね。でも、もう一回だけ…はあぁー、ぬくぬくするー。",
    en=""
  },
  ["クフェア"] = {
    jp="持久走の季節だ。走り込みを強化しよう。<br>一緒に来ても構わんが、アタシはアタシのペースで走る。ちんたら走っていたら置いていくぞ。",
    en=""
  },
  ["オミナエシ"] = {
    jp="寒い日が続きますが、どうか体には気を付けてください。団長さんあっての私たちですから。<br>そうだ、よろしければ、お仕事が終わったら熱燗(あつかん)でもどうですか? きっと、体がポカポカに温まりますよ?",
    en=""
  },
  ["エルダーフラワー"] = {
    jp="もうやだ都会の珈琲。<br>寒いから暖まろうって喫茶店に入ったのに、やれサイズどうのトッピングがどうのって聞かれる事が多すぎるよ。<br>はぁ……やっぱり自分で淹れるのが一番だな。",
    en=""
  },
  ["パイナップル"] = {
    jp="ん~、こんな雪の日は、昔のことを思い出しちゃうわね。ビワさんの演奏、よく聞かせてもらったの。<br>もちろん、あの子が自分から弾くようになってから。うっふふ、今でも耳に残ってる……凄くね……綺麗なの。<br>雪に染み透るみたいに静かで深い音を出して……旋律も、うっとりするくらい。<br>あればっかりは私も敵わないわ。うふふ、団長も一度お願いしてみたら?",
    en=""
  },
  ["コルチカム"] = {
    jp="冬の日向ぼっこは、時間が限られるのが、玉に瑕かな。ぽかぽかして気持ちいいんだけど、陽が傾いてきたら、すぐに寒くなってしまうんだ。",
    en=""
  },
  ["モルチアナ"] = {
    jp="こちらのコートをどうぞ、それと手袋もあー、あとはマフラーもですね。念のため毛糸の帽子も。<br>んー、他には…そうです!喉を守るためにもマスクを!それと、ブーツも暖かいものを…<br>はい、これで外に出ても大丈夫ですよ。",
    en=""
  },
  ["タチアオイ"] = {
    jp="寒い時は乾布摩擦が一番なんだけど、淑女はそんなことしないらしいんだ。子供のころからの習慣だったから、止めるのに苦労したよ。",
    en=""
  },
  ["パキラ"] = {
    jp="今の季節は部屋を温かくしないとすぐに風邪ひいちゃいそう。<br>ベッドとかパジャマを温かい生地にすると、健康と恋愛、金運もアップするみたいだから、寒さ対策、頑張らないと!",
    en=""
  },
  ["ルナリア"] = {
    jp="お散歩が好きな私ですが、今日のこの寒さでは、暖かい所にいたくなります~。<br>サンカクサボテンがいる時は「寒いです~」と彼女に言えば、温かい物を持って来てくれたりしたのですが……。<br>たまには私一人でも頑張ってみようと思って~! うふっ、団長さん……んっ……暖かいです……。",
    en=""
  },
  ["アナベル"] = {
    jp="寒い冬の日は、乾布摩擦が一番! 昔、ゲームキーパーさんに教えてもらってから、ずうっとやってるの。<br>ちなみに……うふふっ♪ ちゃんと下着はつけてるからね♪<br>ていうか全裸でやってたら、ただの痴女だもんね、痴女!",
    en=""
  },
  ["ハボタン"] = {
    jp="庭が全部、白で覆い隠されちゃってる~。……あのときの失敗も、こんな風に、見えなくなればいいのに……<br>我ながら情けないけど、弱音吐いちゃう私も、たしかに私だから。団長さんには、ちゃんと知ってもらいたいな。",
    en=""
  },
  ["スズナ"] = {
    jp="寒い日におすすめの健康法は乾布摩擦です。タオルで身体を擦ると免疫力が上がって風邪を引かなくなるとか。<br>今からタオルを持ってくるので、私が団長さんをゴシゴシしますね。",
    en=""
  },
  ["エーデルワイス"] = {
    jp="寒い冬は武器の手入れも大変ね。<br>だけど、これが私やみんなの想い出を守る。<br>手を抜く事なんて出来ないわ。",
    en=""
  },
  ["エーデルワイス(新春)"] = {
    jp="この季節は危険よ。寒ければ、おのずと熱い料理が中心になるわ。<br>そして、スノーフレークがそれを作るとなると…団長さんも注意して。<br>特に、運んでくるときは要注意よ!テーブルの上に並べ終わるまで、気を抜かないで。",
    en=""
  },
  ["オトメギキョウ"] = {
    jp="プロテア様って、よくリカステさんに抱きしめられてるんだよ!<br>リカステさんの胸は、温かくて癒やされるんだーって。<br>だから私も、プロテア様のお役に立ちたいって抱きしめたら、<br>オトメギキョウちゃんも温かーいって、喜んでもらえました!",
    en=""
  },
  ["タンポポ"] = {
    jp="さ、寒~い!今日はものすごく寒いです!ボク、団長さんに、くっついて暖まるです!",
    en=""
  },
  ["ヤグルマギク"] = {
    jp="吐く息が白いです。もう冬なんですね。体調崩しがちなこの季節。体調不良となっては、何事も上手くいきません。<br>みんなの為に戦っている以上、まずその辺りから、きちんとしなければなりません。規則正しい生活を送りましょう。",
    en=""
  },
  ["アスター"] = {
    jp="冬の空は星がよく見える、夜が美しい季節だ。それでも、悲しみを背負っている者は中々夜空を見上げない。<br>私もいつか見上げなくなる時が来るんだろうか。団長を知ってしまった今、私にも悲しみへの恐怖が付きまとうよ。",
    en=""
  },
  ["アキレア"] = {
    jp="うおー、さっみー。こう寒いと、身体動かして温まるしかねーよー。団長、付き合ってくれ!一人じゃ流石にキツイって。<br>終わった後用に、鍋の仕込みはしてあっからさー。腹空かせるためにも!なー、頼むよー。",
    en=""
  },
  ["シロタエギク"] = {
    jp="今日もまた寒いのう…こんな時はホットココアを飲んで温まるのじゃ。<br>ホットココアはな、一番体を温めてくれる飲み物なのじゃよ。<br>ウィンターローズでは、わっちはいつも飲んでいたのじゃ。",
    en=""
  },
  ["オナモミ"] = {
    jp="今年の雪まつりは私が優勝を頂くわ!どう、この雪像!私にそっくりで愛らしくも美しいでしょ?<br>え、胸を盛りすぎ……?な、なんて失礼な!た、確かに少しだけ……いいえ!将来はこうなる予定なんだからいいのよ!",
    en=""
  },
  ["シロタエギク(クリスマス)"] = {
    jp="寒くて体調を崩して喉が痛いと感じたらすぐに言うのじゃぞ。<br>喉の痛みに効く蜂蜜を用意してあるのじゃ。もちろんその時は看病もしてあげるからの。",
    en=""
  },
  ["アキレア(監獄島)"] = {
    jp="団長団長、スキー用の服て着たことあるか?ニリンソウが持ってたから着せてもらったんだけどさー、これがまたゴワゴワしてて動きづらくてー。<br>…へ?着たことがある?…ちぇ、何だよもー、折角自慢してやろうと思ったのによー",
    en=""
  },
  ["カーネーション"] = {
    jp="今日は冷えますねぇー。団長さん。お風邪をひかぬようこちらのマフラーをどうぞ。<br>私が懐に入れて、温めておきました。え?いい匂いがする?私の香りが移ったのでしょうか?失礼しましたっ!",
    en=""
  },
  ["スイートウィリアム"] = {
    jp="あぁ、雪で遊ぶ子たちは本当にかわいらしいね。まるで雪の精、見ているだけで心が暖かくなっていくようだ。",
    en=""
  },
  ["アグロステンマ"] = {
    jp="冬になると空気が澄んで……ジョセフィーヌの銃声も綺麗に聞こえますわね。<br>いかがです、団長さま?いい音だと思いませんか?",
    en=""
  },
  ["ビスカリア"] = {
    jp="ふ、冬って、こんなに寒くなるんだ……さっきから体ぶるぶる震えちゃってるよ……!<br>けど、こんな時こそ元気な姿でいれば、みんなに頼もしく思われるはず!<br>よ~し、がんば…っ、は、はくしゅっ!",
    en=""
  },
  ["ナナカマド"] = {
    jp="う~…さぶさぶ~…。こんな日って悪魔はどうしてるのかなぁ?冬眠してるのかなぁ?<br>でも、暖炉の前にいると睡魔という名の悪魔が…はぁ…。",
    en=""
  },
  ["リンゴ"] = {
    jp="美しい女の子が…寒さで頬が赤くなって…息を吐いて手をすりあわせる姿なんて…萌えませんか!?<br>団長さんはどうです!?",
    en=""
  },
  ["ピラカンサ"] = {
    jp="街の人たちがどんどん厚着になってく。団長はその、そうゆうの残念に思う?<br>いや、ほら、リンゴだったらそれはそれで、とか言いそうだし。",
    en=""
  },
  ["コデマリ"] = {
    jp="あったかいものが美味しい季節になりましたね~。<br>鍋料理は、身体もポカポカあったまるし、美味しいし、最高です!",
    en=""
  },
  ["リンゴ(七夕)"] = {
    jp="美しい方々の薄着は勿論大好きですけど、それは、それ。服を一枚着るごとに美しさも重なっていくんです♪ 団長さんなら、わかってくれますよね?",
    en=""
  },
  ["マルメロ"] = {
    jp="お・さ・け~♪いかがですか?団長さん。私的には、初めての雪ですので、雪見酒、してみたいんです。<br>ちびちびでいいですから、付き合ってください、えへ~",
    en=""
  },
  ["コデマリ(イースター)"] = {
    jp="ニンジン~、タマゴ~、タマゴマゴ~♪<br>今日は寒いので、ウサギさんも大満足、ニンジンたっぷりシチューオムライスであったまりましょう。<br>団長様、一緒に食べましょうね。",
    en=""
  },
  ["スノーフレーク"] = {
    jp="ご主人様は寒くない?命令をくれれば私が温めてあげる。",
    en=""
  },
  ["スイートピー"] = {
    jp="最近寒いですけど大丈夫ですか?家に帰ったらちゃんと手洗いうがいしてくださいね。寝るときは暖かくして寝てくださいね。",
    en=""
  },
  ["エニシダ"] = {
    jp="うう~っ、寒い寒い。団長さん、早くお部屋の中に入りましょう?あ、私何か暖かい飲み物を持ってきますね、何がいいですか?",
    en=""
  },
  ["ライラック"] = {
    jp="ちょっとこの寒さ…!ありえないですねぇ!あ、でも…現にありえているのか…。<br>すいません、ならなんて言えばいいんでしょう?ま、まぁいいです。団長さんと一緒なら寒さなんて関係ないですからね!",
    en=""
  },
  ["ヘリコニア"] = {
    jp="うううっ!まぶしい…!ただの雪が何でこんなにまぶしいの!?そうか!光を反射してこんなに目立っているのね?<br>あたしもスパンコールだらけの服でいっぱい輝いてやる!",
    en=""
  },
  ["クロユリ"] = {
    jp="この寒空の下でも、耐える草木はいるのだな……命は不思議だ。",
    en=""
  },
  ["レッドチューリップ"] = {
    jp="寒いわねぇ。くっついてもいい?ダメって言われてもくっついちゃうんだけどね~。<br>冬は寒いけど、こういうことができるから最高だわ。あら、どこ触ってるの?団長さんったら♪",
    en=""
  },
  ["イエローチューリップ"] = {
    jp="寒いわねぇ、どうにかならないのかしらこの寒さ。団長さんは、寒くてどうしようもないときに、どうやって暖を取る?<br>私はお薬をお湯に溶かして飲むことが多いのだけれど、こうして団長さんに抱き着いちゃうっていうのも案外効果があるものなのねぇ。",
    en=""
  },
  ["パープルチューリップ"] = {
    jp="寒くても……平気です。私の心は……あなた様のお陰で……温かいから……。<br>さぁ、誰かの凍った心を、溶かしに行きましょうか。",
    en=""
  },
  ["ホワイトチューリップ"] = {
    jp="あなた様、今日は大事を取って養生してくださいませ。風邪をひかれているの、私にはわかりますよ。",
    en=""
  },
  ["リューココリーネ"] = {
    jp="この寒い季節、体調管理をしっかりしないとすぐ風邪を引いてしまうよ。<br>外から帰ったらうがい手洗い。あとは体力作り。健康は日々の努力の賜物だよ。",
    en=""
  },
  ["アリウム"] = {
    jp="積もりましたね。今日は雪かきをしないと!<br>団長様も手伝って下さるのですか?ありがとうございます!<br>お礼に、美味しいシチューをご馳走しますね。",
    en=""
  },
  ["クロユリ(新春)"] = {
    jp="私は寒さに強いんだ。山の上ではもっと寒さが厳しいこともある。だが……お前が風邪をひいたらどうしようもない。防寒対策はしっかりとしておけよ?",
    en=""
  },
  ["テッポウユリ"] = {
    jp="冬はすぐに体が冷えてしまいますから、部屋が暖まるまで、私の体温で温めさせてください。<br>遠慮などはいりません。お好きなように私の身体で暖をとってくださいね?",
    en=""
  },
  ["ギンラン"] = {
    jp="寒い中、私と過ごしてくれてありがとうございます。これも素敵な出会いのおかげ。団長さんへの熱い想いは、吹雪でも決して消えませんよ。",
    en=""
  },
  ["エピデンドラム"] = {
    jp="そろそろ冬眠の季節だから、私は春まで眠るねぇ。え?何?花騎士の仕事ぉ?<br>春になってからで良いんじゃない?寒くって力が出ないよ~。……団長、あっためて♪",
    en=""
  },
  ["エピデンドラム(水着)"] = {
    jp="団長がいれば湯たんぽ要らずー。うひひっ、団長、だっこしてー。",
    en=""
  },
  ["リカステ"] = {
    jp="冬はですね……うふふっ♪ 私、大好きなんです~! 特に、冬の森とか、凛とした雰囲気がなんだか神秘的なんですよ♪<br>そうそう、プロテアちゃんも、たまにそういう雰囲気を見せるんです。神秘的なプロテアちゃんも素敵ですよね……。",
    en=""
  },
  ["デルフィニウム"] = {
    jp="うぅ…て、手がー、手がはにかんでるー…って、それを言うなら「かじかんでる」でしょうが!恥ずかしがってどうすんねーん!<br>……ふぅ、こんなところで勘弁してやるか。",
    en=""
  },
  ["ニゲラ"] = {
    jp="団長、寒い……これはさすがにお外でお昼寝は無理そう…だから、団長の膝の上でお昼寝する。<br>これは良い夢が見れそう…ふふふ…ふわぁ…",
    en=""
  },
  ["ラークスパー"] = {
    jp="温かいコーヒー……ですぱ? 実は私……コーヒーダメなんですぱぁ……<br>苦いものや、酸っぱいものは本当苦手で……あぁ、ワルナスビ様にはナイショですぱよ?<br>マイスターと一緒に、無理して飲むコーヒーは嫌いじゃないなんて~、ですぱ",
    en=""
  },
  ["デルフィニウム(競技会)"] = {
    jp="さむい~……。それにこの雪じゃ、さすがにボールを追いかけられない……。<br>と、いうわけで。雪合戦で遊ぼう! デルちゃんはどんな競技でも、エリートなのだぁ!",
    en=""
  },
  ["キンポウゲ"] = {
    jp="寒さで動きが鈍って任務に支障がでるなんてありえない!!しっかり防寒対策をして、冬でもたっくさん手柄をたてていくからね♪",
    en=""
  },
  ["ラークスパー(ハロウィン)"] = {
    jp="視界が悪くなる雪の夜こそ、絶好の怪盗日和……という訳で、お外で訓練したら風邪ひいちゃったですぱ。<br>あ、私じゃないですぱ。ワルナスビ様がお風邪を召したですぱ。なので団長……お見舞い……来てもらってもいいですぱ?",
    en=""
  },
  ["ボタンヅル"] = {
    jp="お~~、これが雪なんだ~。ほんとに白~い。……ほあ? 団長さん、どうしたの? はあ、感動が薄い?<br>そりゃあそうでしょ。どうやって雪が降るのかは勉強したし、雪の結晶だって辞典で見たことあるし、冷たいんだってことも知ってる。<br>ほら、感動する要素どこにもないでしょー?",
    en=""
  },
  ["ミカン"] = {
    jp="雪かきするなら私もお手伝いします。こう見えても上手いんですよ!<br>屋敷は広かったですし、お姉ちゃんと協力しても一仕事でしたから、自然と慣れちゃってます。<br>さ、誰かが滑って転ぶ前に片付けちゃいましょ!",
    en=""
  },
  ["ハナミズキ"] = {
    jp="Oh…Too cold…暖炉の前で温かいcoffeeが飲みたいデース…<br>近くに暖炉が無いのでだんちょうサンにつかまりマース!",
    en=""
  },
  ["ハナミズキ(浴衣)"] = {
    jp="Winter season! It's freezing! Snowも降りまくってお外がよく見えまセーン!<br>こんな時はお家で暖かくするのが一番デス!だんちょーサン、一緒に温まりまショウ!",
    en=""
  },
  ["カラー"] = {
    jp="団長様?外に出る時は十分に温かくしてくださいね?あっ、そうだ、これ。私が作った手編みの帽子です。<br>少し派手かも知れませんが、お出掛けするならかぶって行って。<br>……アハッ♪うふふっ♪とっても良くお似合いですよ?可愛い♪",
    en=""
  },
  ["コムギ"] = {
    jp="お外、寒くなかったですか? お菓子とホットミルク、持ってきます。 身体ぽかぽかになるまで、にぃはゆっくり休んでください。",
    en=""
  },
  ["ゼラニウム"] = {
    jp="うう……寒い。見て!窓の外が真っ白だ!私、寒いの苦手なんだよ。みんなよく平気だね……。",
    en=""
  },
  ["ゼラニウム(浴衣)"] = {
    jp="ぬくぬく~♪ 団長さんの部屋はあったかくていいね。しばらく、このままでいいや。<br>出たら寒くて動けなくなっちゃうもん",
    en=""
  },
  ["ギンリョウソウ"] = {
    jp="部屋の中に集まって来てる……。寒いから……かな?",
    en=""
  },
  ["スズランノキ"] = {
    jp="もうすぐ一年が終わるわね。……ふふっ、思い出すのは大変な事ばかりだけど、そのどれもが暖かい記憶だわ。<br>古傷というのは、こうやって癒やされていくものなのかも知れないわね。",
    en=""
  },
  ["サツキ"] = {
    jp="寒い時はお鍋。それも、辛いのがいいと思うの。<br>おススメは、少しづつ辛さを強くしていくこと。お手軽に達成感味わえるし、体も温まるし。<br>……あ、そうそう、いっそ闇鍋にしちゃえばスリルも抜群♪…だめ?",
    en=""
  },
  ["カルミア"] = {
    jp="寒い時はくっつくのが一番! すぐに暖かくなるデス。<br>さっちゃんとハーミーちゃんにはハグしてきたから、今度はおにいの番デース♪ カルミアとギューってハグして、二人で暖まるデース♪",
    en=""
  },
  ["エノテラ"] = {
    jp="ふむ…エノテラも、抱っこをせがんだ方がよいのでしょうか。<br>団長を束縛するには、良い手です。物理的にも精神的にも。<br>懐に入った鳥は、猟師も殺さないと言いますし。団長…狩人ですし。",
    en=""
  },
  ["エノテラ(天つ花の令嬢)"] = {
    jp="お鍋を取り分けるのが女子力...などと、なめた常識が世にはびこっているようです。<br>許せません。自分の食べ物くらい、自分で取るべき。まったく、嘆かわしい...。<br>...あ、団長、エノテラの分はお肉多めで。そうそう、そんな感じです。",
    en=""
  },
  ["ナイトフロックス"] = {
    jp="ううぅ、寒い寒い!さ、団長さん、暖かくしてくださいね?マフラーも忘れちゃダメですよ?ぁその靴で大丈夫ですか?帽子もちゃんとかぶりましょうね?",
    en=""
  },
  ["ペンステモン"] = {
    jp="雪の美しさは、多分、消えてしまうからこその美しさ……。触れて溶けて、消えて……すぐになくなってしまう。<br>儚い、失うのが前提の言葉だけど、綺麗なものって、そういうものなのかもしれないわね。",
    en=""
  },
  ["トレニア"] = {
    jp="雪。あぁ……これは土いじり、お休みしないとですね。あ、心配しなくて大丈夫ですよ。<br>冬には冬の楽しみ方がありますから、それをすればいいだけ。例えば、ええ、雪合戦をしてみたり、とか。一緒にどうですか?",
    en=""
  },
  ["ペンタス"] = {
    jp="だーんちょう、訓練の進め方で少しわかんないことが…<br>あ、あぁ~、あーっと、さ、さむいですね?もうちょっと近くにいてもいいですか?<br>んぅ…寒いからしょうがないのです、しょうがないのですぅ…",
    en=""
  },
  ["バンテイシ"] = {
    jp="すごい寒い……。けど、一面の銀世界!真っ白だ……!はー…これがロマンチックと言うやつかな?",
    en=""
  },
  ["サンゴバナ"] = {
    jp="寒いときは、何度も素振りー。ふぅ…空気じゃないものも、斬りたいな。",
    en=""
  },
  ["サンゴバナ(クリスマス)"] = {
    jp="寒い時は身体を動かして温まる! コレ重要です! さあ、一緒にやりましょう、団長さん♪ はいっ、ツーハンデッドソードです!<br>これをですね……重さに負けずにゆっ……くりと素振りします。辛いけどぉ……効果抜群ですよ~っ。",
    en=""
  },
  ["ニシキギ"] = {
    jp="団長さん。ちょっと遅刻ですよー!あったかいお布団に負けて、お寝坊さんですかぁ?あ~、それとも遅刻ギリギリを狙った、とか?",
    en=""
  },
  ["モミジ"] = {
    jp="昔、お姉ちゃんとよく雪合戦をしました。妹相手なのに全然手加減しないんですよ。最後にはいつも雪まみれにされて……<br>団長、この後は私と一戦いかがですか?今度は私が雪まみれにする番です。",
    en=""
  },
  ["モミジ(クリスマス)"] = {
    jp="私、体調管理が余り得意ではないみたいなんです。訓練や勉強に没頭していると休憩も忘れてしまって。<br>自分の体の調子、すぐにわからなくなってしまいます。などと…、ええ、自覚しているのに、未だに苦手なままです。<br>特に今の季節は…。団長も気を付けてください。",
    en=""
  },
  ["イチョウ"] = {
    jp="雪がちらついていました…寒いわけですね。しばらくは寒い日が続くでしょうが、またすぐに春が来ます。<br>団長さん、この冬を健やかに乗り切りましょう。",
    en=""
  },
  ["ホオズキ"] = {
    jp="さ、さみぃきぃ。震える……こりゃブルっちまうきぃ。<br>主様主様、一緒に一枚の毛布にくるまって、暖炉の前でべたろうきぃ。",
    en=""
  },
  ["モミノキ"] = {
    jp="団長さん、寒くないですか?寒かったら言ってください。体を寄せて、暖めてあげますからね。うふふっ♪",
    en=""
  },
  ["マツ"] = {
    jp="団長さん、少し外出してもいいでしょうか?あそこに雪掻きをしている人がいるので、手伝ってきます。<br>あら?団長さんもご一緒して下さるのですか?それでは、迅速に終わらせて、執務室で暖かい飲み物をお淹れしましょう。",
    en=""
  },
  ["ヒトリシズカ"] = {
    jp="一人、身を縮め…寒い風が通り過ぎるのを、じっと待ち続ける…。私にとって、冬とはそういうものでした。<br>ですが、今年は…団長さん、私に、温もりを教えてくれて、ありがとうございます。心の氷を溶かしてくれてありがとうございます。",
    en=""
  },
  ["ナンテン"] = {
    jp="団長さん、体を冷やしすぎるのはよくないわよ。あんまり無理しないでちゃんと体をいたわってよね。その…大切な体なんだから。",
    en=""
  },
  ["シャクヤク"] = {
    jp="団長さん、震えてるんですか?なら、えっと……私と、筋トレしませんか?体、温まりますから。",
    en=""
  },
  ["シャクヤク(ハロウィン)"] = {
    jp="コーヒーどうぞ、団長さん。指先、少し震えてます…ゆっくりあったまりながら飲んでください。<br>あっ、ブラックですけど大丈夫ですか?一応、お砂糖とミルクは用意してますから、飲めなかったら使ってくださいね?",
    en=""
  },
  ["シャムサクララン"] = {
    jp="聞こえるの、雪が積もる音だけ。静かで、助かる。これなら落ち着いて団長に抱きついていられる。<br>……あ、でも。団長が嫌なら、離れる……よ?",
    en=""
  },
  ["シャムサクララン(クリスマス)"] = {
    jp="寒い時はスコーン。正確には、お茶とスコーン。どうぞ。<br>淹れたてだからまだ……あ、そうだ。ちょっと待って。少しだけ、私が冷ましてあげる。<br>ふー……ふー……ふー……はい、もう大丈夫。改めてどうぞ、団長。",
    en=""
  },
  ["ハートカズラ"] = {
    jp="ちょっとじいちゃんばあちゃん達の顔を見にいってくるわ、この時期は買い物に出かけるのも辛いって人も多いからねぇ。<br>代わりに買い物に行ってあげたりするの。えっ団長さんも来てくれるの?まじで?助かるぅ~。",
    en=""
  },
  ["ユキノシタ"] = {
    jp="しゃ、寒すぎる!外で訓練するんじゃなかったー……。<br>団長、あ、温めてくんないかな。こういう時は人肌が一番って言うし。お……お願い~!",
    en=""
  },
  ["クモマグサ"] = {
    jp="うぅ……団長さんの注意がなかったら危なかったです。雪山で岩の試し割り、やっちゃダメなんですね。覚えました。<br>まさか軽くやっただけで、あんな。怖いですねぇ、雪崩って!",
    en=""
  },
  ["ネモフィラ"] = {
    jp="外が雪で真っ白です。あっ、子供たちが遊んでます!いいなぁ~私も…はっ!?<br>(咳払い)な、なんでもありませんよ団長さん。遊びたいなんてそんな子供っぽいこと考えてません!",
    en=""
  },
  ["イカリソウ"] = {
    jp="この時期は、イカリの上げ下ろしも、大変なんだよ~。冷たい海水で、ずぶ濡れになってるから~。<br>お仕事だけど、いっつもひゃ~~ってなっちゃう~。",
    en=""
  },
  ["ツユクサ"] = {
    jp="すごい雪です……雪が降ると、こんなにも寒いんですね。ベッドの上で眺めるだけでは、絶対にわからないことでした。<br>また、貴重な体験ができました、団長様!",
    en=""
  },
  ["キリンソウ"] = {
    jp="寒くないか?この時期、病気には気を付けろ。寒気を感じたら、すぐ休むことだ。傷への薬なら私のを使えばいいが、病気の薬は専門外でな。もちろん、常備してはいるがな。",
    en=""
  },
  ["キリンソウ(クリスマス)"] = {
    jp="雪が降れば、プロテア達も外出の機会が減る。……あぁ、正直助かるよ。私とて常に気を張っているわけにはいかないからな。<br>だから暫くのんびりしたい。団長、付き合ってくれるか?",
    en=""
  },
  ["ハゼ"] = {
    jp="雪が降ってると、鳥さー、あんまり来てくれない……<br>ごめんね、団長さー。あたし、冬の間は面白いことできないかも……。",
    en=""
  },
  ["ペペロミア"] = {
    jp="ダーリン♪はい、身体が温まるスープだよ。ちょっとピリッとくる?<br>えっへへー、秘密のスパイスが入ってるんだー♪温まるでしょ?これ、わたしの大好物なんだ~♪",
    en=""
  },
  ["ユズリハ"] = {
    jp="団長さん、これ、使わないかしら?……暖かい膝掛けを編んだの。夜は特に冷えるから、仕事で体冷やさないようにって思ってね。",
    en=""
  },
  ["プロテア"] = {
    jp="寒さを凌ぐ方法……ですか?んぅ……私はやっぱり、リカステちゃんの胸かなあ?<br>リカステちゃんに抱き締めてもらえると、すっごく温まって、癒されるんです。<br>……でも、暑い夏でもやっぱり癒されるんですよ?えへっ♪ 羨ましいですか?",
    en=""
  },
  ["コマクサ"] = {
    jp="寒いなら乾布摩擦でもすればいいのよ、何があってもいいように待機しててあげるから、やって来なさい?<br>一緒にはやらないわよ、上半身裸なんて、簡単に晒せないわ。",
    en=""
  },
  ["リムナンテス"] = {
    jp="寒くなってきたですぅ~。でも、リムちゃんはいつでも楽しく元気なので、気にならないですよ?<br>むしろ、寒いと上に羽織るものとかでおしゃれできるですぅ♪",
    en=""
  },
  ["サンデリアーナ"] = {
    jp="せっかくロータスレイクを出たんだし、ってことで、特訓がてら、雪山を縦走してきたアル!このまんまの格好で行ったから、結構ギリギリだったヨ~!<br>滑落はするし、雪崩は起きるし。そもそも空気は薄いし… 今までの特訓が無かったら死んでたネ!",
    en=""
  },
  ["アサザ"] = {
    jp="冬の空気って、何故か静かに感じますよね。夏も好きですけど、冬のこの雰囲気も落ち着きます。<br>団長さんは好きな季節ってありますか?",
    en=""
  },
  ["ミツガシワ"] = {
    jp="寒い冬でもミィは大丈夫!薄着だってへっちゃらだよ!<br>華麗な舞で寒くて縮こまってる人たちを元気にしちゃうんだ!",
    en=""
  },
  ["タイリンオモダカ"] = {
    jp="団長さん、そんなにだらしない恰好だと風邪引いちゃうよ? ちゃあんと直しておかないと。<br>……うん、よし。寒くなったし、気を付けてね。",
    en=""
  },
  ["ウサギゴケ"] = {
    jp="寒かったら、団長もポンチョ着ればいいの。ウーちゃんの着てみる? 洗い替え用に予備たくさんあるの。",
    en=""
  },
  ["ビバーナム"] = {
    jp="雪が降ってると、スノーベリーと過ごしたあの頃を思い出すな~。なんかちょっと気持ちも晴れて、いつもより元気な気がする♪<br>よーっし、雪が積もったらたくさん遊ぼうっと!",
    en=""
  },
  ["バイカソウ"] = {
    jp="これが……雪、ですか……。私、初めて見ました。すごくきれい……。<br>……ロータスレイクに持っていけば一儲けできるかも……あそこ降らないし……。<br>団長、方法探してください。冬が終わる前に! ご褒美あげますから!",
    en=""
  },
  ["スターチス"] = {
    jp="寒い時期にピッタリな、鍋料理を作ったの!<br>私がフ~フ~ってしてあげるから、たくさん食べて温まって欲しいなっ♪",
    en=""
  },
  ["ニレ"] = {
    jp="いやいや、こんな寒い日に外回りなんて大変だね~。<br>部屋を暖めておいたから……って、おおっ! 抱き付くほど寒かったの? ……なら仕方ない、しばらくニレさんの体温で暖めてあげよう。<br>ほんと、こういう所も座長に似てるな~。あたしは駄目人間の磁石なのかも。",
    en=""
  },
  ["ハナイ"] = {
    jp="ハナ、雪って見たことなかったからウィンターローズってちょっと憧れてるんだ。<br>雨はちょっと好きじゃないけど雪ってなんだかロマンチックだよね。",
    en=""
  },
  ["クレソン"] = {
    jp="寒さが厳しいねぇ…。こういう時は人肌が一番…なんて、ムッシュは考えてそうだね。<br>うふふ、バレバレだよ。それでも、今はくっついてあげるけど。私も、寒くて凍えそうなんだ。",
    en=""
  },
  ["ストック"] = {
    jp="寒いときには、やっぱりお鍋です!そしてみんなのおすすめは、やっぱり辛いやつです!<br>…でも、私は、辛いものが大の苦手…でも、食べたい!だって、おすすめされてるから!体験してみなきゃわからない!<br>…というわけで、いざ、実食っ!!あーむっ… !むぐぎゅーーーっ!!!!",
    en=""
  },
  ["アイリス"] = {
    jp="冷え・空腹・睡眠不足は、体調を崩す三大要因です。外に出るときは十分、あたたかくなさって下さいね。<br>……私ですか?わ、私は大丈夫です!そ、そんなにくっつかなくても平気です!",
    en=""
  },
  ["カキツバタ"] = {
    jp="だいぶ冷えてきましたね…はい、マフラーです。団長様のために編んできました。<br>防寒には気をつけないといけませんからね…ふふっ…",
    en=""
  },
  ["ニワゼキショウ"] = {
    jp="寒い時は、お風呂でほっとになりたいんだけど…足を入れた瞬間、すっごくふにゃ~ってなっちゃうんだ~!<br>敏感体質って、なかなか治らないんだね~。",
    en=""
  },
  ["スパラキシス"] = {
    jp="雪を見て一首……雪を見て一句……。うん、無理。ウキウキしちゃってそれどころじゃないね。<br>なのでお外へレッツゴー!もちろん君も一緒。雪遊び、スーさんに教えなさ~い♪",
    en=""
  },
  ["アヤメ"] = {
    jp="体が温まるように、鍋をご用意いたしました。スパラキシス様直伝ですから、味は保証します。<br>そのうえで、団長様のお口に合うよう調整し、具もバランスを考えつつ、お好きなもので揃えました。たくさん食べてください。",
    en=""
  },
  ["トリトニア"] = {
    jp="団長くん、鼻水出てるぞ!ほら、ティッシュ。<br>抑えててあげるから、チーンってして。ほら、ちーん♪…よしよし、全部取れたね。<br>リーダーなんだから、身だしなみはきちんとしようよ!",
    en=""
  },
  ["スミシアンサ"] = {
    jp="団長、お帰り♪ 外、寒かっただろ? スミが団長のこと、ぎゅーって抱っこして、あっためてやるからな♪",
    en=""
  },
  ["ロベリア"] = {
    jp="外で活動しにくいこの時期だからこそ、体を鍛える良いチャンスなのよ!<br>団長もちょっと体が鈍ってきたんじゃない?一緒にトレーニングする?",
    en=""
  },
  ["サワギキョウ"] = {
    jp="寒い季節になりましたねぇ……こういう時期は、辛いものが美味しいです。 身体がポカポカ温まりますよ?",
    en=""
  },
  ["ヨメナ"] = {
    jp="この季節、晴れとると、お星さんが綺麗に見えるんよー。そりゃあ寒いけど、それでも、見とるとほっこりするな~。<br>……一緒に見たい? もちろん! ウチは大歓迎やで~♪",
    en=""
  },
  ["リシマキア"] = {
    jp="こう寒くなると、病気に注意しないとダメですよ~。<br>と言う訳で、換気のため、部屋の窓を開けっぱなしにしておきました。<br>とっても寒いですよね、凍えてしまいそうですよね。うふふっ…は、はっくしゅん!",
    en=""
  },
  ["ラミウム"] = {
    jp="寒い時ほど心と体は熱くしなくちゃ。<br>団長くんも一緒に運動しよ?よぉ~し今日もいい汗かくわよ。",
    en=""
  },
  ["タツナミソウ"] = {
    jp="うぉお~!雪? そっか~こういうふうになるんだ~ いやぁ~なんか感慨深いよ。<br>あたし、楽しみだったんだよね、実は。季節の行き着く先って感じ?感動だな~うんうん。",
    en=""
  },
  ["オレガノ"] = {
    jp="冬が終わるまで、朝の献立に特製スープを追加しますね。食堂のおばさま直伝の身体がぽかぽかするスープなんです。何が入っているかは秘密ですよ。おばさまからも安易に教えるなって言われてるんです",
    en=""
  },
  ["ヒツジグサ"] = {
    jp="最近寒くなりましたが、お体のほうは大丈夫でしょうか?わたくしは、女王として体調管理にも気を遣っていますから。<br>あ、団長様ももちろんそうですよね、すみません!でも、お互いに油断せぬよう、気を付けましょう。",
    en=""
  },
  ["ミズヒキ"] = {
    jp="お、おぉぉ……! これが冬! なんと寒いのでしょう……。これでは屋外のイベントなど不可能です!<br>室内でも隙間風や暖房の問題もありますし、企画・運営の常識は一度捨てたほうがよいかもしれません!",
    en=""
  },
  ["ヤマブキ"] = {
    jp="冬は布団から出るのが面倒になるな…。団長、毎朝私のとこ来て布団から引っ張りだしてくれよ。<br>なーんて、冗談だけどな…。ん、冗談だって。…来たいなら止めないけど。",
    en=""
  },
  ["バイケイソウ"] = {
    jp="冬ってロマンチックな雰囲気あるわよね? こんな時こそ、可愛くなれるチャンスかも。<br>だ、団長さん、い、一緒に…………っ! や、やっぱり……無理!",
    en=""
  },
  ["バイカモ"] = {
    jp="街のお池、氷はってたカモ。あんなの初めて見たカモ。<br>残念カモ、お魚さん達と遊ぶのおあずけカモ~……うぅ~、団長、春っていつ来るカモ~?",
    en=""
  },
  ["キツネノボタン"] = {
    jp="おぉ……団長、団長!雪だよ雪、初めて見た!<br>キツネノボタンは感動しちゃう!凄い、凄い!早く遊びにいこ、団長、団長!",
    en=""
  },
  ["トウカ"] = {
    jp="団長様、寒くないですか? もし私でよろしければ、暖をとるお手伝いをさせてください。<br>私には体温で温めるくらいしかできませんので……はい、ぎゅ~~。どうですか? 温かいですか?",
    en=""
  },
  ["ホルデュウム"] = {
    jp="ディシェスさんって凍ったりしないんでしょうか?見た目こんな感じですし、凄く寒くなったらもしかして…<br>な、なんか不安になってきました。スーさんに聞いてきます―!",
    en=""
  },
  ["ムギ"] = {
    jp="寒~い! ムギ'sブック級の寒さ! 団長さん、外に出る時は暖かい恰好をして行ってね?<br>私は飲み物があればお酒に変化させてポカポカできるけど、団長さんは違うから。……風邪なんか引いちゃやだよ?",
    en=""
  },
  ["ヤマゴーヤ"] = {
    jp="わぁーい!雪ー!これ雪だよねー!マーヤ初めて見たっぴゃー!積もったら雪合戦するっぴゃー!",
    en=""
  },
  ["ミズバコパ"] = {
    jp="ミズ、寒いのはちょっと苦手だけど、害虫退治なら別~! ぺっちゃんこにしてやるお~<br>でも今は任務前だから団長さんにむぎゅーってして温まるんだ~",
    en=""
  },
  ["リンデルニア"] = {
    jp="あっ、団長さん! ちょうどいい所に! 騎士団のみんなとお鍋をするんですが、ご一緒にいかがですか?<br>心も身体もほかほかになりますよ!",
    en=""
  },
  ["クガイソウ"] = {
    jp="ゆっくり……慎重に、警戒しながら……きゃっ! いったたた……転んじゃった。<br>雪道ってこんなに大変なんだね……。お父さんも、気をつけなきゃダメだよ?",
    en=""
  },
  ["アデニウム"] = {
    jp="雪……か。ロータスレイクでは雪は降らないが、私は旅の途中で見ているから、特に珍しいと感じないな。<br>よく子供たちが雪の上で駆け回っているな……というくらいだな。",
    en=""
  },
  ["クコ"] = {
    jp="団長、同行 希望 目的、セーター受領 カガミ 特製 えへへっ、クコ待望 待望 着衣 お出かけ希望 団長、一緒 お散歩 クコ、セーター着衣 ぎゅって密着 団長、寒い 無い♪",
    en=""
  },
  ["フユサンゴ"] = {
    jp="雪を見ると、やはり思い出すのはウィンターローズですね。あの可愛らしい服を自然に着こなす人々が羨ましく映りました。<br>……ちなみに、今でもフウロソウに着せたいという気持ちは無くなっていませんよ? いつか成就させてみせます!",
    en=""
  },
  ["カガミ"] = {
    jp="クレソンに厨房から追い出されてしまいました……。雪の結晶をイメージした繊細なデザインのお料理にするそうで、<br>ワイルドなものしか作れない私は戦力外だそうです。気を取り直して、食す側に回りますね。",
    en=""
  },
  ["ミズアオイ"] = {
    jp="はっ…くしゅっ…うぅ!うぅぅ、寒いよぉ。身体ブルブルするよぉ…<br>初めての雪だからってはしゃぎすぎました。これじゃカッコいいお姉ちゃん失格です……はっ…くしゅん!",
    en=""
  },
  ["セダム"] = {
    jp="寒い冬でも朝を爽やかに起きられる方法はないか、と水上の陛下にご相談いただきました。<br>天下国家のことではありませんが、私、頑張って占います!<br>善くしていただいてる陛下の期待、裏切りたくありませんから……!",
    en=""
  },
  ["ヘナ"] = {
    jp="極寒……ヘナ、外出不可。にぃにの背中、抱擁希望。着座、求む!<br>ヘナ、テクテク。背中ぎゅぅぅぅぅぅ!にぃに、ぬくぬくぅー♪温暖、とても温暖ー♪<br>睡魔、大豊。ヘナ、抵抗不可ー。酔夢、すい…………すぅ……。",
    en=""
  },
  ["ウルシ"] = {
    jp="ローズマリーさんとマロニエさんとプラタナスさん、そろって風邪引いてたわ。研究に熱中しすぎて寒さを忘れてた…って。<br>うぅ~あの三人やっぱり凄い。私もあれぐらいにならなくちゃ。団長さん、私頑張るわ!うん。",
    en=""
  },
  ["フェンネル"] = {
    jp="だ、団長?執務室におこた入れたって本当なの?アタシ一度も入ったことないのよ。<br>べ、別にアンタの部屋に行く口実が欲しいんじゃないわよ?ただ、一緒におこた入りたいなーって……",
    en=""
  },
  ["アンゼリカ"] = {
    jp="寒い中外で働くって、ありえなくないですか?<br>この時期だけは給金に色付けろよって思いません?<br>地獄の苦しみに耐えるだけのマニーが必要じゃないですか?",
    en=""
  },
  ["エリンジウム"] = {
    jp="団長さんのとこに来て初めて、雪道の郵便配達が大変だってわかった。凍った道って、すっごく滑りやすくて危ないから。<br>もし転んじゃったら、鞄の中の飴ちゃんも割れちゃうしね…。いざって時に飴ちゃんを渡せないのは、大問題だよ!",
    en=""
  },
  ["ブプレウルム"] = {
    jp="すごい雪ね。降ってる時は小さい雪の粒なのに、辺り一面真っ白になるなんて……。塵も積もればなんとやら、ってやつね。<br>よーし。私の借金も、この雪みたいに返済していくわよ!",
    en=""
  },
  ["ハス"] = {
    jp="開けない冬などない。春が来るまでは身を寄せ合い、寒さに耐えよう。<br>ところで団長。力強い抱擁はありがたいが、身を寄せ合って、とは一種の比喩であって、本当にくっつくことではないぞ",
    en=""
  },
  ["ハス(ジューンブライド)"] = {
    jp="冬の寒さでも我らが怨敵は活動を止めたりなどしない。ならば我らも休む訳にはいかん。<br>この身は剣にして盾である故に。卿もまた、そんな心でいてくれると嬉しい。私は卿と共にこの世界を守りたいのだ。",
    en=""
  },
},
["winter002"] = {
  ["ヤクノヒナホシ"] = {
    jp="お、団長ちゃんいいところに。今夜は二人で、キノコ鍋をやろうと思って準備してたの。<br>二人でぴったりくっついて、あったかお鍋をもぐもぐ…おっと、団長ちゃん、よだれよだれ。",
    en=""
  },
  ["カゲツ"] = {
    jp="外は、とっても寒いからね……。スキラが風邪ひかないか、心配だよ。<br>……ファーの付いた服を、いっぱい着せよう! ふわっふわにしておけば、きっと寒くないよね。うん。",
    en=""
  },
  ["アリッサム"] = {
    jp="雪や寒さのことなら、いつもよりお役に立てると思います!良かったら甘えていただけると嬉しいです。<br>え?迷惑だなんて!えへへ、そんなこと、ありえません!",
    en=""
  },
  ["スズシロ"] = {
    jp="団長さんもマラソン行きませんか?こういう寒く厳しい季節に一生懸命努力した人が暖かい春を迎えられるんですよ。",
    en=""
  },
  ["ジャーマンアイリス"] = {
    jp="風邪をひいたことがないって言ったら、ビミョーにバカにされたっす。<br>私だって体調を崩すことはあるっす。だから団長、団長も健康管理は大事っす。",
    en=""
  },
  ["サフラン"] = {
    jp="今日は寒いなぁ…。団長さん、寒そうだけどちゃんと暖かい服着てる?<br>ただ着ればいいってワケじゃないからね?保温性のあるものを選ばなきゃダメなんだから。",
    en=""
  },
  ["ジャーマンアイリス(七夕)"] = {
    jp="団長と一緒に訓練するっす。心も身体もぽかぽかするっす。<br>これはもう、冬に打ち勝ったのではないだろうかーー!うへへへへ、うぇ~~い。",
    en=""
  },
  ["オジギソウ"] = {
    jp="寒さは感覚を鋭くさせます。見えすぎるし、聞こえすぎるので苦手なんです。こうなったら、寝るしかないですねぇ~~♪",
    en=""
  },
  ["サフラン(クリスマス)"] = {
    jp="セーターが編みあがったわ。これで、少しは寒さもマシになるでしょ? ……お礼なんていらないわよ!<br>私が編みたいから、編んだだけ。言うなれば、趣味ね。それよりどう? 少しは寒さをしのげてるかしら。",
    en=""
  },
  ["オジギソウ(クリスマス)"] = {
    jp="団長様、寒くないですか?体調大丈夫ですか?<br>団長様の呼吸音ちょっと風邪っぽい響きがありますから今日は早めに帰ってしっかり休んだほうがいいですよ~",
    en=""
  },
  ["シーマニア"] = {
    jp="うぅぶぃぃ!やべぇぇ!雪です! 故郷を逃げ出した時に、二度と見る事は無えと思ってたのに。<br>だ、団長さ~ん!今すぐ逃げるです!",
    en=""
  },
  ["デージー"] = {
    jp="団長さん!デージーと雪合戦するのだよ!当たったら負けなのだ!よーい、スタート!それー!",
    en=""
  },
  ["サイネリア"] = {
    jp="そろそろ一年も終わりですね、だんちょー。少し早いですけど、来年への抱負とかはありますか?<br>私はありますよ~!それは~、えへへへっ♪だんちょーと、ず~っと、ニコニコ笑顔でいることです♪",
    en=""
  },
  ["カレンデュラ"] = {
    jp="冬は、雪で視界が悪くなるのであんまり好きじゃないんです。<br>お姉ちゃんが探し辛いし、こっちも見つけてもらいにくいから……",
    en=""
  },
  ["サンビタリア"] = {
    jp="寒い…寒い寒い寒い寒い、んん~寒いわぁっ団長さん! ああっ! その目!!<br>『なら厚着すればいいだろう』とか思ってるわね!? はぁっ、ヤボね、野暮野暮! 私のアイデンティティー的にそれはナシ!<br>そんなことより、あなたに暖めてもらうほうが、ずっといいわ!",
    en=""
  },
  ["ピンポンマム"] = {
    jp="マムね団長と一緒にいるだけでラブユーな気持ちで体が火照っちゃうから寒くないの。<br>だからね一緒にいて、うふふっラブユー、ラブユー。",
    en=""
  },
  ["カカリア"] = {
    jp="えへへ、雪景色最高!一人で眺めているときと全然違う。それよりもっと素敵!きっと団長と一緒に眺めているから…だよね?<br>だから、白いのにこんなにあったかくみえる…すごいね君!魔法使いみたいだね!",
    en=""
  },
  ["ウィンターコスモス"] = {
    jp="大変、大変!寒くて他の花騎士さん達にぎゅ~ってくっついてたら、近くにいた花騎士さんがすごい量の鼻血を出して倒れたんです!<br>団長さま、医務室に運ぶの手伝ってもらえますか?",
    en=""
  },
  ["デージー(ハロウィン)"] = {
    jp="凄いのだー土を踏むとバリバリって音がするのだよ。<br>氷を踏んでるみたいで、デージーはテンションが上がったのだ!<br>もっと走ってバリバリしに行くのだよ",
    en=""
  },
  ["プリムラ"] = {
    jp="冬が来たってことは、春が近づいたってこと!忘れそうになるけど、大切なことだと思います。",
    en=""
  },
  ["サルビア"] = {
    jp="寒くなったら走るんだっ! 部屋の中なら…腹筋とかはどうだ!?",
    en=""
  },
  ["チェリーセージ"] = {
    jp="わーい、雪ですよ雪!かまくら作りましょう、あと氷室!生ものも保存できるから便利なんですよ!",
    en=""
  },
  ["ローズマリー"] = {
    jp="外は寒かっただろう、団長。本日の気温は、生命維持が困難なレベルまで下がっていたからな。",
    en=""
  },
  ["レオノチス"] = {
    jp="害虫って冬眠しにゃいの? それじゃあ本当に、一年中気が抜けにゃいんだね。<br>怖いけど、わたしも花騎士としてもっと頑張らにゃいと……!",
    en=""
  },
  ["チェリーセージ(新春)"] = {
    jp="辺り一面雪で真っ白ですねぇ……。寒さで手がかじかんじゃいます……。<br>……でも! このぐらいの寒さで参ってちゃ、アカシア隊の名が廃れてしまいますっ!<br>うぅ~! ど根性ですーっ!",
    en=""
  },
  ["ホワイトパンジー"] = {
    jp="昔よく、妹達と雪合戦したことを思い出します。団長さんとも、雪合戦したい気持ちもありますが……<br>それよりも……その……寒いですし、くっついていたいというか……甘えたいというか……いや、やっぱり、雪合戦しま、しましょう!",
    en=""
  },
  ["イエローパンジー"] = {
    jp="寒いところからいきなりお風呂に入るのは危険なんだよな…。だから、お風呂に入る前に水風呂に入ったんだ!<br>うむ…っ。風邪をひいたぞ…。ん、団長、この事は姉と妹には言わないでくれよな…?特に姉は、マネしておんなじ目に、あいそうだ…。",
    en=""
  },
  ["パープルパンジー"] = {
    jp="一番上の姉がガラス細工が好きなんですよ。この季節になると、その理由がわかる気がします。<br>雪を反射してキラキラ輝くガラスって綺麗ですね…。まあ、姉の評価が上がったわけではないんですけど…。",
    en=""
  },
  ["イヌタデ"] = {
    jp="道が真っ白になってたってお散歩はできる!と言うか積もった雪に足跡つけられるからむしろわくわくする!<br>あぁ~ほらほら、ご主人!ご主人!レッツラゴー!",
    en=""
  },
  ["ツバキ"] = {
    jp="なんですか、団長?……私が雪に映える?<br>…ぅ、か、からかうのはやめてください",
    en=""
  },
  ["ツバキ(フォスの花嫁)"] = {
    jp="雪はいいですね。積もると音をかき消すんです。だから、私と団長の声も、誰にも聞かれませんよ",
    en=""
  },
  ["ブラックバッカラ"] = {
    jp="なあ、一つ疑問があるんだ。害虫も…、冬眠するのか!?<br>もし、冬眠するなら冬眠中の害虫を見つけ出して、一網打尽に出来るだろ!よーっし、ちょっと探してくる!晩飯までに帰るから!",
    en=""
  },
  ["ロイヤルプリンセス"] = {
    jp="寒い時に…あなたが温めてくれる…? そんなこと…っ、つ…罪深いですねっ。<br>ふふっ、でも、これは私が常日頃言っている罪とは違うものだと思うので……どんどん、温めてほしいですね……。<br>どっ、どうでしょうか? 私の事…温めてくれますか…?",
    en=""
  },
  ["ノヴァーリス"] = {
    jp="今日も外は銀世界ですね。きらきらと輝く雪の絨毯の下には、春に芽吹く命が眠っています。<br>うふふっ、雪解けが楽しみですね。",
    en=""
  },
  ["モケ"] = {
    jp="お家くらい大きなかまくらを作れば、わざわざお家を建てなくてもいいのだぜ。モケ、天才なのだぜ!<br>さあ団長、モケを手伝ってくれ!",
    en=""
  },
  ["ビワ"] = {
    jp="こうやって抱っこされてるのは、あくまで団長の体をあっためるため。ビワは体温高いですから、それでお役に立ってるだけ。<br>決して、ビワが抱っこされたいからじゃありません。……みんなにはそう言ってあります。<br>本当は抱っこされたいから…これも、二人だけの秘密です",
    en=""
  },
  ["ノイバラ"] = {
    jp="寒い時は人肌に限ります! 凍えているようですし、温めあいましょうか、団長殿?<br>えぇ、そうですよ。誘ってます♪ 本国との往復で会える時間が少ないですし、チャンスは逃しません♪",
    en=""
  },
  ["スノードロップ"] = {
    jp="冬には強い方ですけど決して寒くない訳じゃありません。<br>ただ他の人達より耐えられる、と言うだけでどうしてもダメな時はもちろんあります。<br>ですから……あの……そんな時は団長さんに甘えても、良いでしょうか?",
    en=""
  },
  ["エウカリス"] = {
    jp="雪降る日は、幼い頃を思い出してしまいます。<br>綺麗で清潔な屋敷の寝室。どこからか聞こえてくる子供達の遊ぶ声……。<br>あの声に誘われて屋敷を抜け出さなければ、きっと今も、あの寝室に居たと思います。",
    en=""
  },
  ["ミモザ"] = {
    jp="不思議です。団長さんと一緒に居ると、体は寒いのに心は暖かいです。<br>その、くっつけば…体も暖かくなります、よね",
    en=""
  },
  ["アルストロメリア"] = {
    jp="わぁ~、地面がツルツルだー!滑って転んだら危ないから、ゆっくり歩こうねー。<br>ちゃんとー……手ーつないでー。一歩づつ、しっかりとー!<br>えー?別に甘えてなんかないよー?ただ、こうして一歩づつ歩くのも、幸せだなーって思ったの!",
    en=""
  },
  ["アルストロメリア(未来への感謝)"] = {
    jp="団長ー!ほら!こっちこっちぃ!<br>寒い時は、人肌が一番なんだからー!これ、ウィンターローズの常識ー!<br>アタシの体ギュってして、温まってもいいよ!",
    en=""
  },
  ["オンシジューム"] = {
    jp="団長!雪合戦しようよ!雪遊びなら、あたし負けないよ~。<br>あーでも、デンドロビウムちゃんには勝てないかな~。すっごいんだよー、雪玉で、お屋敷の窓を割っちゃうんだから~。",
    en=""
  },
  ["シンビジューム"] = {
    jp="はぁ……オンシジュームちゃんは寒くないのかしら……?",
    en=""
  },
  ["デンドロビウム"] = {
    jp="こう見えて私、雪の中での戦闘は得意なんです。最善を尽くしますので、いつでもお申し付けくださいね。",
    en=""
  },
  ["カトレア"] = {
    jp="お鍋が食べたいわ。貴方、ちょっと作ってくれない?作れない訳じゃないけど、たまには私の為に料理するっていうのも悪くないでしょ?<br>…ねぇ、聞いてる?ねえってば!",
    en=""
  },
  ["イオノシジウム"] = {
    jp="団長さん、見て見て。大きな雪ダルマを作ったわ。ふふーん、大きいでしょ~。<br>中には、なーんと、エピデンドラムが入ってるのよ。ここまで転がしてくるの大変だったんだから。<br>なーんて、嘘よ。あの娘がこの真冬に外出するわけないじゃない。",
    en=""
  },
  ["オンシジューム(フォスの花嫁)"] = {
    jp="だーんちょ、ちょっとこっち来てー。にひひ~、なっが~いマフラー、作ったんだぁ~♪<br>これで、ぐるぐる巻きになって、愛を確かめ合うんだって~♪<br>……う~ん、でも、ちょっと苦しいかも……",
    en=""
  },
  ["カトレア(水着)"] = {
    jp="こうして貴方と並んで見る雪景色はなんだか普段の景色とは違って見えてなかなかいいわ。う、でも、流石に寒い…。<br>ねぇ、もうちょっとこっちに寄りなさい。",
    en=""
  },
  ["イオノシジウム(クリスマス)"] = {
    jp="……あ、あたし、すごいの見ちゃったー……<br>皆で雪合戦してたらカタバミの投げた雪玉がグリーンベルのおっぱいに当たって……ポーンって、ポーンって跳ね返ったのよー<br>団長さんにも見せたかったわー",
    en=""
  },
  ["カトレア(光華の姫君)"] = {
    jp="寒いなら、温めてあげましょうか?<br>私が魔法をかけてあげる。まぁ我慢できるって言うなら…って、そ、即答するのね。<br>まったく、ありがたく思いなさい。あなた以外には、しないんだから。ほら、ぎゅーっ。",
    en=""
  },
  ["パフィオペディルム"] = {
    jp="ふっ……不思議な感覚だ。常に一人だった私が、今はこうして、キミと肌を寄せ合っている。<br>まさか、こんな体験をする日が来るなんて、夢にも思っていなかった",
    en=""
  },
  ["スイセイラン"] = {
    jp="寒くなっても、夜の日課は欠かせませーん!<br>ちゃんと暖かい恰好をして出かけますし、Odm1を撃っていれば、自然も空気も暖まりますよー?",
    en=""
  },
  ["シンビジューム(バレンタイン)"] = {
    jp="デンドロビウムさんから、冬用の鍛錬メニューが配られました。大変ですけど、なんとかこなしてみせます。<br>オンシジュームちゃんは雪遊びができるって喜んでましたけど、ふふっ、強い子なんです。",
    en=""
  },
  ["デンドロビウム(バレンタイン)"] = {
    jp="雪だるまを作るのには、意外と筋力が必要です。<br>徐々に重くなる雪玉のコントロールには、繊細さと足腰のバランス感覚が必要不可欠。正にあの動作は鍛錬そのもの。<br>よって、私はけっして遊んでいたのではなく、鍛錬をしていたのです。……ほ、本当ですよ?",
    en=""
  },
  ["トリカブト"] = {
    jp="団長……最近……寒すぎる。こういう時は一緒にお風呂に入るのがいい、と思う。<br>ふふっ、団長、お顔真っ赤♪大丈夫、団長は目隠しをすれば、いい。わたしがぜーんぶやってあげる。<br>まずは頭を洗って、それからお背中を流してあげるの。<br>うん、たーっぷりね。わたしに任せて。きっとすごーく気持ちいいから。",
    en=""
  },
  ["ミスミソウ"] = {
    jp="ふっ、はーっ、よし、記録更新っと。あっ、団長さん! ちょっと持久走をしていて、それで……えっ? 頑張ってて、えらい?<br>いやいや、そんなことないですって! 全然、大したこと……う゛っ、あぁあの! もう一回走ってきます! 今日は、これで失礼しますぅー!",
    en=""
  },
  ["ニリンソウ"] = {
    jp="やだ……団長! 指、震えてるじゃない! これじゃあ仕事させる訳にはいかないわね……。ん、分かったわ。少し休憩にしましょ。<br>今、何か、温かい物淹れてくるわ。大人しく、そこで待ってなさいね?",
    en=""
  },
  ["トリカブト(天つ花の令嬢)"] = {
    jp="氷の張ったお池に穴を開けて、団長がお魚釣りしてるの。<br>あれれ、釣れないの?だったらわたしのぱんつ、餌にする?<br><br>やっ、団長が釣れちゃったの♪",
    en=""
  },
  ["ニリンソウ(監獄島)"] = {
    jp="雪中行軍用に書類をまとめておいたわ。全員に配布しておいてくれる?<br>ウィンターローズやここに来て長い人なら問題は無いのでしょうけど、これから新しい人が来るし、まだ雪に慣れてない人も多いし……。<br>こういう情報は共有しておいた方が安全だと思うの。",
    en=""
  },
  ["レシュノルティア"] = {
    jp="あれ?団長さま、寒そうですね。わたしはウィンターローズ出身ですから、このくらいなら耐えられますよ。<br>でも……寒くないってわけじゃないので、あのぉ……もうちょっとだけ、そばにいってもいいですか?",
    en=""
  },
  ["オリーブ"] = {
    jp="静かに雪が降っているのを眺めるの、好き。 白くて穏やかな景色は、心が安らぐもの。<br>団長もそう思う? ……なら嬉しい。 団長と同じ気持ちを共有できるなんて、幸せなこと。",
    en=""
  },
  ["エノコログサ"] = {
    jp="目が覚めたら、アルストロメリアの抱き枕にされてたにゃ!!ムカついたから引っ掻いた!そしたらね、寝ながら反撃してきたの!!恐ろしいやつだにゃー……。",
    en=""
  },
  ["エノコログサ(花祭り)"] = {
    jp="寒い時期になるとウィンターローズが懐かしくなるにゃ。<br>あっちで自由気ままに暮らしてたのが、今は信じられないくらい。<br>花騎士になってから色々とうっとうしい事もあったけど、団長さんと出会えたのは、まぁ感謝してるのにゃ。",
    en=""
  },
  ["ジャノメエリカ"] = {
    jp="冬に……お鍋! 皆さんと一緒に!? うわぁぁっ、楽しそうですぅ!<br>お話、きっと自然にできます! そういう効果があると聞きました! お鍋が大きければ効果も倍増します!<br>私、街で求めてまいりますねっ!",
    en=""
  },
  ["オキザリス"] = {
    jp="お外はあんなに真っ白で寒いのにどうして皆お外で遊ぶんでしょう? 部屋の中でゴロゴロしてたほうがいいのに。<br>あ、団長さんと一緒に外に出れば皆の気持ちが少しは判るでしょうか?",
    en=""
  },
  ["オキザリス(新春)"] = {
    jp="ああ!雪が降ってきましたね。これくらいの雪でしたら、傘がなくても……<br>あ、いや、傘に入った方が絶対いいですよ!団長さん、もっとこっちに来て、一緒に傘に入りましょう?",
    en=""
  },
  ["マネッチア"] = {
    jp="雪、積もっちゃいましたねぇ…? …お外もこれじゃ無理です。<br>…つまり、マネッチアとずっとおしゃべりするってこと!<br>ムード出るようにアロマキャンドルも持ってきてますから!…ね? いいでしょ? 団長さま?",
    en=""
  },
  ["ブバルディア"] = {
    jp="ふぉぁ……団長の手、すっごく冷たい。ずっと外にいたの? 駄目だよそんなに体冷やしちゃあ!<br>私が暖めてあげるから、じっとしてて……。",
    en=""
  },
  ["ヤツデ"] = {
    jp="寒さを嫌い、ただ春を待ち望むのは、良い判断とは言えないな。<br>不幸の中に見出してこその幸福というものだ。",
    en=""
  },
  ["シンクライリアナ"] = {
    jp="団長さんのために温かい飲み物を用意するの!ココアとコーヒー、どっちがいい?<br>任せて!バッチリ用意するの!",
    en=""
  },
  ["ブルーエルフィン"] = {
    jp="寒い冬でも、団長に抱っこしてもらってればポカポカ!にひひ、寒くても良い事ってあるんだね!",
    en=""
  },
  ["クラリンドウ"] = {
    jp="こう寒いと、私の大好きなソフトクリームになかなか手が伸びません……。けど、食べたい……。<br>団長さん、一緒に食べませんか? 大丈夫、寒かったら一緒にお風呂に入ればいいんです!<br>……あれ? というか、お風呂に入りながらソフトクリームを食べればいいのでは……?<br>団長さん、トライしてみましょうー!",
    en=""
  },
  ["ポインセチア"] = {
    jp="団長、寒いなら寒いって言わないとダメ! 嘘ついて風邪とかひいたら……泣いちゃうんだから! わかった?<br>わかったら、わたし、抱きしめてもいいよ。体温高いから、湯たんぽ代わりにはなると思うの!",
    en=""
  },
  ["ハツユキソウ"] = {
    jp="だーんちょうさん、一緒にキノコのスープを飲みませんか? 私の大好物なんですよー<br>ウィンターローズに来て初めて飲んだ時、温かくて美味しくて、感動したなー<br>ささ、温かいうちにどうぞ",
    en=""
  },
  ["ハツユキソウ(クリスマス)"] = {
    jp="寒いのは苦手です……というわけで、用意しました!私の大好物、キノコのスープ! <br>えへへ、団長さん、一緒に温まりましょう。",
    en=""
  },
  ["ポインセチア(浴衣)"] = {
    jp="うう~、さむい~……寒いね~団長……。<br>でも! 寒いのは、みんな同じだもんね。寒さが苦手な人の分まで、わたし、がんばるよ!",
    en=""
  },
  ["ホーリー"] = {
    jp="雪道は用心して歩かないとね~。団長は大丈夫?滑って転んだりしてない?<br>もし不安なら、私が手を引いてあげるよ。ほ~ら手を握って。ちゃんと私の足跡を踏むんだよ~?",
    en=""
  },
  ["ホーリー(水着)"] = {
    jp="ほぉら、団長もおこた入って? 一緒にぬくぬくしよ~?<br>外から帰ったら、こうしてゆっくり体を温めてぇ……はあ~、やっぱ、おこたは落ち着くなあ~♪",
    en=""
  },
  ["アロエ"] = {
    jp="最近さ~、ベッドに入るとヒエヒエでひゃ~ってなるんだ。団長ちゃんのベッドは大丈夫?<br>もしヒエヒエならさ~、アタシが入って、温めといてあげよっか?へへっ、なんちゃって~♪",
    en=""
  },
  ["アロエ(バレンタイン)"] = {
    jp="うう~寒ーい……。団長ちゃん、寒いから抱きしめてアタシをあたためてよー。<br>……うんっ、にひひっ♪ あったかいねー……。こうしてると、冬だって忘れちゃうくらい♪",
    en=""
  },
  ["ロウバイ"] = {
    jp="団長さんの背中あったかぁい…。寒いのも忘れそうです…。私の、体温も伝わってますか?<br>団長さんのせいで、積極的になっちゃいましたから…。こんなこともできるようになったんです♪<br>だから、おっぱい当てているのも…、わざとです。",
    en=""
  },
  ["ストレリチア"] = {
    jp="うぅ寒い……寒いのには慣れてるつもりだけど、好きか嫌いかで言うなら嫌いなのよね。<br>……もうちょっとこっちに寄りなさいよ、ス、ストレリチア様を温めなさい!",
    en=""
  },
  ["ベルゲニア"] = {
    jp="雪の美しさは、無駄の無い美しさです。華やかさとは違いますが私は気に入っています。",
    en=""
  },
  ["ベルゲニア(ゴシックメイド)"] = {
    jp="あっ、団長殿。今からヒメ様のところへ毛布を運ぶんです。<br>寒さが厳しくなってきたので、もう一枚欲しくなると思いまして。団長殿のお部屋にも運んでおきましょうか?",
    en=""
  },
  ["ツキトジ"] = {
    jp="ウィンターローズ生まれでも、寒いのは寒いし。<br>でもウィンターローズ生まれだから、寒い時の知恵はあるし。……団長、ちょっと脱いでほしいし。",
    en=""
  },
  ["クリスマスベゴニア"] = {
    jp="わたくし、きっと団長さまより寒いの大得意なのです♪ですから、冬のあいだは、わたくしが、あなたさまを愛してあげます!<br>して欲しい事があったら、何でも言ってくださいね?団長さまのためなら、きっと、どんなことでも答えられるはずなのです!",
    en=""
  },
  ["リトープス"] = {
    jp="ニレさんのことが、ちょっと心配。徹夜しちゃってた……。夜はお昼よりもっと寒いのに、公演の内容ずっと考えてる……。<br>風邪ひいちゃわないか心配だよ~……。",
    en=""
  },
  ["セルリア"] = {
    jp="ウィンターローズには、寒さを乗り切る知恵がたくさんあるんですよ?例えば…うわっ!?ちょっと、団長さん?<br>どうして抱き着いて…温かくなるには、抱き合った方が早い?そ、それはそうですけど…これじゃ、私が沸騰しちゃいますぅ…ううぅ…",
    en=""
  },
  ["セルリア(きぐるみ教師見習い)"] = {
    jp="雪とは、水蒸気から生成される氷の結晶のこと。幻想的で美しいものではありますが、人肌に触れると消えてしまいます。<br>文学作品などでは温もりと共に消えゆく儚い存在として書かれることが多いですね。古くから表現者の心に響く存在だったようです。",
    en=""
  },
  ["チューベローズ"] = {
    jp="寒い夜は、あたしが団長のベッドを温めて……あ・げ・る❤ いやんっ♪<br>……はあ? 小さいから湯たんぽに丁度良い? いや、その……あたしが欲しいの、そういう微笑ましいのじゃなくてぇ……まあ、いっか♪",
    en=""
  },
  ["ウェルウィッチア"] = {
    jp="寒いのかい?団長サマ。ボクのドレスは伸縮自在だから、よければこっちに来なよ。<br>全身包んでほかほかに温めてあげよう。",
    en=""
  },
  ["ハイビスカス"] = {
    jp="さ、寒いよ~!寒いけどー!雪合戦するよー!だって楽しいし!でも寒い!あー!",
    en=""
  },
  ["クレナイ"] = {
    jp="ふ~、人肌恋しい季節ね~。私は、団長さんの人肌が、恋しいんだけど?あら~?",
    en=""
  },
  ["アジサイ"] = {
    jp="あたしは自らつらい道を選ぶけど、なにもつらい道だけが好きなんじゃないからね?たまには、こう…甘やかされたりするのも悪くないっていうか…。<br>我慢も辛抱もできるけど、ずっと一人にされるのは嫌だから…。冬って夜が長いから不安になるの…。",
    en=""
  },
  ["グラジオラス"] = {
    jp="十分に鍛えているつもりではありますが…どうにも寒さは苦手です…。マスター、あの…もう少し、お傍に行ってもいいでしょうか?",
    en=""
  },
  ["キキョウ"] = {
    jp="水たまりが凍ってる、この濡れるか濡れないかの駆け引きが面白いのよね。<br>あ、そこなんか、結構深くて良いんじゃない?ほら、思い切ってやっちゃえ!<br>あはははは、団長さんてば、その水たまりには氷なんて張ってないわよ♪",
    en=""
  },
  ["ヒマワリ"] = {
    jp="団長さんっ、コートの中に入れてくださいっ。ふぅ……いい匂い、それにあったかーいっ。団長さんは、太陽のような人ですね。ずっと……そばにいてください。",
    en=""
  },
  ["ガイラルディア"] = {
    jp="団長、おしくらまんじゅうって知ってる?冬にやる子供の遊びらしくってね、寒いのが吹っ飛ぶんだって!<br>早速やろうよ!……って、団長と二人だけじゃ厳しいかなあ?",
    en=""
  },
  ["ヘレニウム"] = {
    jp="バナナオーシャン出身ですから、冬のお料理はまだ勉強中なんです。あっちだと、わざわざ料理で体を温める必要ないですから。<br>……なので、その……今度、団長さんに試食してもらえると、嬉しいです。",
    en=""
  },
  ["ガザニア"] = {
    jp="冬というのは、なんというか…人肌が恋しくなりますね。<br>あ、かと言って、別に抱きしめてほしいとか、そういう意味では…って、あぁっ!<br>あ…はい…あたたかいです。あったかい…団長様…",
    en=""
  },
  ["フジバカマ"] = {
    jp="団長殿と一緒にいると、冬だということを忘れてしまいそうです。だって、こんなにも暖かいから……。<br>団長殿、もう少し傍へ行ってもいいでしょうか?",
    en=""
  },
  ["ルドベキア"] = {
    jp="はう~ん…お茶、美味しいよぉ…。団長?ありがとう。えへへ…やっぱ優しくしてくれるんだね。<br>ごめんね?もう外で訓練なんかしない。雪のときは…うん、おとなしくしてる。<br>その分、いっぱい団長のお手伝いする。うん、あたし覚えたよ!",
    en=""
  },
  ["ヘレニウム(イースター)"] = {
    jp="手編みのセーター、やっと完成しました!これで団長さんを温めてあげられます!ちょっとは素敵なお嫁さんに近づけたかなぁ?",
    en=""
  },
  ["ルドベキア(忍者)"] = {
    jp="外で訓練できなくて、アキ姉、退屈そう。どうにかしてあげたいな~。団長、相談に乗って~?",
    en=""
  },
  ["ヘリクリサム"] = {
    jp="団長さん、雪が積もってるよ!一面真っ白になるくらい積もって、すごく綺麗……!<br>ねぇねぇ、二人で雪だるまとかかまくら作ってみない?今まで作ったことないから、興味あるんだ♪",
    en=""
  },
  ["チトニア"] = {
    jp="こういう季節は室内にこもるのが一番ですね。暖かい部屋の中で春を待ちましょう。<br>討伐任務は、ええ、はい、がんばります。",
    en=""
  },
  ["シルフィウム"] = {
    jp="アイシャドウの…パレット。この冬限定の車輪モチーフ、朝から行列に並んだお陰で買い逃さずに済んだ……!<br>体が冷えたから、執務室のこたつを使わせてもらう",
    en=""
  },
  ["レッドジンジャー"] = {
    jp="バナナオーシャンは暑い。私はそこで育ったから、寒いのは少し苦手。<br>苦手というか、まだ慣れてないだけかな。でも、冬も良いなと思わせてくれることもある。<br>私と君との距離が縮まるところ。寒いからね、もっと君が近くに来たとしても、私は怒らないよ。",
    en=""
  },
  ["クルクマ"] = {
    jp="さ、寒いですねぇ……だ、団長さん。ちょっと……くっついてもいいですか?<br>そ、その……寒いから……です!こんな格好でも、寒いものは寒いんです!",
    en=""
  },
  ["スイレン"] = {
    jp="バナナオーシャンの輝く海もそれはそれで美しいですが、冬の銀世界も綺麗ですね。<br>ご主人様とそれを見ることができて、本当に幸せです。",
    en=""
  },
  ["アカバナスイレン"] = {
    jp="団長さんと二人っきりでお鍋だなんて、緊張しすぎて徹夜しました!<br>でも、粗相の無いように、たくさん練習してきましたから!<br>はふっ…は…あっ…ぁっあぁ、あっついこれ、あっつぅ~いぃ…す、すいません、こんな最悪な女でほんとすいませぇん……",
    en=""
  },
  ["オオオニバス"] = {
    jp="団長さん、毎日ちゃんと温かい格好をしてください。夜もしっかり休まないと駄目ですよ。<br>団長さんがゆっくり眠れるように、子守唄を歌いに行きますか?",
    en=""
  },
  ["オオオニバス(ジューンブライド)"] = {
    jp="団長さんの体も……切ったら雪みたいに冷たくなるんですか?<br>そしたら、この温もりも消えて……寒い時に温めてもらえなくなって……<br>あれ?今私、何を言ってたんでしょう……",
    en=""
  },
  ["スイレン(ジューンブライド)"] = {
    jp="体調管理に気をつけてくださいね?今の時期は寒いですから心配です。<br>ご主人様が病気にでもなったら、わたし泣いちゃうと思いますから。これは本気です。もちろん看病は致しますが。",
    en=""
  },
  ["アカバナスイレン(成長する陰謀)"] = {
    jp="バナナオーシャンには無い寒さですぅ。夏は夏で太陽が眩しいし、今は寒くてすごく辛いし……<br>きっと私は、一生部屋から出るなって事なんです……もう死んできますぅぅ!",
    en=""
  },
  ["イブキトラノオ"] = {
    jp="冬になると…街の明かりがきれいに見えるわ。それに、人肌が恋しくなる。恋人たちの季節っていうのも頷けるわね。",
    en=""
  },
  ["ヒメシャラ"] = {
    jp="ツバキめ……こんな寒いのにいつも通りの顔を……<br>ウィンターローズ生まれとはいえ、わらわも負けておれぬ!",
    en=""
  },
  ["ヒメシャラ(クリスマス)"] = {
    jp="ひゃぁあぁ!団長、取って、取ってくれぇ!<br>雪玉が、服に、服の中に……ひゃああっ早う!早う……!<br>ああっダメッ、ぁダメッ、落ちてきてぇ、ぁ背中、あ、ああ~~~っ。",
    en=""
  },
  ["サカキ"] = {
    jp="雪を見ながら素敵なレストランでディナーを……と、そう言った事に憧れる方もいるようですが、私はあまり魅力を感じません。<br>マナーや薀蓄が煩わしいだけ。お肉を焼いて、豪快にかぶりつく方がよっぽど魅力的です。",
    en=""
  },
  ["グリーンベル"] = {
    jp="えっ?私、暖かそうに見えますか?…胸の話じゃないですよね?",
    en=""
  },
  ["レインボーローズ"] = {
    jp="冬の任務の大変さ、よく分かったわ。バナナオーシャンはこんなに寒くなることもなかったから……。<br>これはもう少し厚着に着替えた方がいいかもしれないわね。",
    en=""
  },
  ["ゼフィランサス"] = {
    jp="ねぇねぇ、お家で引き籠るならぁ、一緒に熱くならない?いろいろ熱くなる方法、知ってるから、ねぇ?",
    en=""
  },
  ["ハブランサス"] = {
    jp="冬は星が綺麗に見えますね。これなら流れ星が来ても見逃さずに済みそう。<br>ええ、流れ星。少し雨に似ていて好きなんです。ほら、流星雨っていいますし。",
    en=""
  },
  ["ヒルガオ"] = {
    jp="きゃ~!ご、ごめんなさい団長さん!みんなと雪合戦してたら…流れ弾が~…。<br>え!?ちょっと、待って!団長さん…そんな大きい雪玉~!あ~!",
    en=""
  },
  ["ヨルガオ"] = {
    jp="バナナオーシャンで育ったから、寒いのはちょっと苦手。寒い時の暖まり方もよく分からなくて……<br>ねえ、お兄さん。もう少し近くに行ってもいいかしら?",
    en=""
  },
  ["アサガオ"] = {
    jp="私ぐらいだとちょっと大きい雪だるまに穴開けたら入れちゃうんだよね。<br>だから大人サイズのかまくらに挑戦してみよーと思ったんだけど、お兄ちゃんばてるの早すぎ!<br>はやく完成させて中で休もうよ。",
    en=""
  },
  ["ルコウソウ"] = {
    jp="お外に出る時は暖かい恰好をしていってください。コートを羽織って、マフラーを巻いて、手袋もです。<br>……はい、これでばっちりですね♪ もう外に出ても大丈夫ですよ?",
    en=""
  },
  ["カイコウズ"] = {
    jp="ゆーきやこんこ♪あーられーやこんこ♪こんこんこーーーーーん!!<br>ほら起きて、すっごく積もってるよ!早く行かないと、他の人に取られちゃう!<br>今日のあたしは、スーパーウルトラカイコウズだよ!尻尾をぶんぶん振って庭駆け回るんだからぁ!",
    en=""
  },
  ["カサブランカ"] = {
    jp="綺麗に積もったなぁ。雪にはあまりなじみがないから、これだけ積もると、心が躍る。<br>うっふふ、見ろ!ここに足跡を付けるのは私が初めてだぞ!",
    en=""
  },
  ["ヤマユリ"] = {
    jp="雪合戦?どういう形の戦なんだ、それは?陣形だとか戦術だとか、ルールなどはあるのか?<br>……何?ただ雪を丸めて投げるだけなのか?……こうか?これでいいのか?<br>……うむ!なんだか楽しくなってきた!",
    en=""
  },
  ["オトメユリ"] = {
    jp="団長さん!風邪ですか?なんだか、声が少し変ですよ?体温が下がるとそれだけで体調を崩しちゃいますから、暖かくしていてくださいね。",
    en=""
  },
  ["ヒメユリ"] = {
    jp="団長様、暖炉に薪を足しておきました。風邪などひかれぬよう、気を付けてくださいね。団長様に倒れられたら困ります!",
    en=""
  },
  ["サンダーソニア"] = {
    jp="さ、流石に、寒すぎるんじゃないでしょうか!これが、ふ、冬なら私、耐えられそうにないです……!<br>なのでその……あ、あっためてもらってもいいですか?団長さんが体温を分けてくれれば、きっと大丈夫だと思うんです!",
    en=""
  },
  ["ユリ"] = {
    jp="寒いのは嫌だけど故郷のバナナオーシャンにいたら雪景色なんて絶対に見られなかったわ。<br>そういう意味じゃ飛び出してきて正解ね。まあ、ダーリンに出会えたことが一番正解だと思ってるけどね。",
    en=""
  },
  ["カノコユリ"] = {
    jp="はう~~ん♪ 美味しい~! 鍋は冬に限ると話には聞いていましたが、まさかこれ程とは思いませんでした。<br>体中が暖まり、鹿の力も今までより強く感じます! 私、箸が止まりませ~ん♪ モグモグうまうまモグモグ……。",
    en=""
  },
  ["ミルトニア"] = {
    jp="寒くなってまいりましたし、お肉の赤ワイン煮込みなどいかがでしょう?<br>色んな意味で鉄分豊富で、健康にも……え? あっ、い、いえいえ! 私の血は入っておりません! この色は赤ワインの色ですよ? うふふっ♪",
    en=""
  },
  ["コランバイン"] = {
    jp="寒い時は、大声でアッハッハッハー!って笑えば、心も体もポッカポカ♪ 冬だったら効果抜群の擬音でしゅ!<br>団長しゃん、覚悟はいいでしゅか~? いきましゅよ~? ピエロの爆笑パントマイムのぉ~始まりでしゅ~♪",
    en=""
  },
  ["タチバナ"] = {
    jp="もう少し、近付いてもいいですか?その……寒くて手がかじかんでいるので、せめて、団長殿の温もりをと……。<br>二人とも温かいなんて、無駄が無いと思いませんか?<br>仮に寄り添っても尚寒かったとしても、無駄だと思うことはありませんが。",
    en=""
  },
  ["アンスリウム"] = {
    jp="うわぁ、どこも真っ白ね。バナナオーシャンだと雪ってなかなか見ないから、ここまで積もるとテンションあがるわ。<br>というわけで、団長様。今日のお買い物は中止!雪合戦よ!ハイビスカスをボッコボコにしてやるのよ!",
    en=""
  },
  ["オシロイバナ"] = {
    jp="寒いのは苦手ですけど、冬は嫌いじゃないです。帽子を深くかぶったり、マスクをしても目立たないので……。<br>でも……瞳は隠せないので、外に出るのは……あ、あんまり……。",
    en=""
  },
  ["オシロイバナ(きぐるみ花火師)"] = {
    jp="団長さん?寒いからって、その、くっつ過ぎです…その、恥ずかしいので、出来ればもうちょっとだけ離れてもらえると…<br>あ、あの、人のいないとこならどれだけくっついてもいいので…むしろ逆にくっつきたいというか…な、なんでもないです!",
    en=""
  },
  ["カラスウリ"] = {
    jp="さぶい……寒いときは訓練に限る。身体を動かせば、だんだんと暖かくなってくるから!<br>さあ、訓練にいざ!ひゃううっ!今すごい寒い風ががががが……<br>団長、今日の寒さはマズい!訓練は、明日かな!",
    en=""
  },
  ["ペポ"] = {
    jp="雪合戦でランタナちゃんに集中攻撃されました…下着までビチョビチョで風邪ひきそうですよぉ<br>…うぅ…お風呂入ってきます…あ、そうだ。団長さんも一緒に…い、いえ!何でもないです!",
    en=""
  },
  ["ペポ(水着)"] = {
    jp="団長さん、先ほどからブルブル震えてますけど、寒いですか?…わ、わかりました。すぐに、暖かくしてあげます!では、し、失礼します!…えいっ!<br>…え?抱きしめたらポッカポカだって、ランタナちゃんが言ってました…その…どうですか?",
    en=""
  },
  ["ヘザー"] = {
    jp="団長、北国にはですねぇ、それはもう強いお酒があるんです!<br>そんな火を吹くようなお酒をクッと一気にあおる!<br>うっふふ♪コレが私の防寒対策です!やってみますか?",
    en=""
  },
  ["ツキミソウ"] = {
    jp="ふぁ~、すみません、寝坊しました……。この季節は朝が特に辛くって、お布団から出られないんです……。<br>私としたことが、恥ずかしい……。",
    en=""
  },
  ["ツキミソウ(イースター)"] = {
    jp="雪ウサギ……ふふっ、私はなれそうにないですねえ。寒いのはちょっと……耐えられません。<br>でも、雪景色は好きですよ? 美しいですから……。",
    en=""
  },
  ["ゴデチア"] = {
    jp="うぅ……すごく寒い、ですね……。わっ……! だ、団長さんに、ぎゅってされて……<br>あぅ……わたしのこと、温めてくれるん、ですか……? ふふ♪ えへへ♪ これ、とってもあったかいです。<br>身体、ぎゅってくっつくの、ちょっとだけ恥ずかしいですけど……それよりもすごく、嬉しくなっちゃいます。",
    en=""
  },
  ["アンゲロニア"] = {
    jp="雪だるま完成~♪ ハロウィンの時の手袋が役に立ったよ~♪ お蔭で細部までキュートなこだわりを再現できた~!<br>どうかな、団長? 可愛くない? むしろ、可愛過ぎだよね~? だってアンちゃんが作ったんだもん、可愛いに決まってるよね~♪",
    en=""
  },
  ["リシアンサス"] = {
    jp="え?外に置いてあるでっかい雪だるまですか?はい!私がさっき、作らせていただきました!<br>なかなかの出来栄えだと思うんですけど、どうでしたか?いや~、寒かったですけどつい我慢できなくなっちゃいまして、えへへっ!",
    en=""
  },
  ["カタバミ"] = {
    jp="団長一緒に雪合戦しようよ、ルールは簡単先に倒れた方が負けな。<br>……って団長、なんでいきなり自分から倒れてるんだ?<br>真面目にやらなきゃつまらないよ~。",
    en=""
  },
  ["カタバミ(七夕)"] = {
    jp="外の雪だるま、見てくれたか?強そうだったろー!アレ、私が作ったんだぞ。モデルは団長!<br>夢中になりすぎて、指が痛いけど……うん、良い出来だよなー!",
    en=""
  },
  ["サオトメバナ"] = {
    jp="師匠曰く、寒い時は酒を呑むのが一番だそうだ。私もそろそろ呑んでみてもいいだろう。<br>団長、付き合ってくれ。ついでに作法も教えてくれると助かる。",
    en=""
  },
  ["クチナシ"] = {
    jp="あぁ~あったまる~。……あ、飲んでませんよ?火に当たってただけですよ。",
    en=""
  },
  ["キヌタソウ"] = {
    jp="冬の間に作る保存食、それを知った時私本当に感動したんです。<br>お金をかからない自然の力で食べ物を保存して、しかも美味しくしてしまうとか……本当に素晴らしいです!",
    en=""
  },
  ["サンタンカ"] = {
    jp="はっくしょん!うぅ…さすがに頑張りすぎました…。雪の中でも戦える用にとりあえず雪に埋まってみたんですけど…ハックション!<br>まさかあんな寒いなんて…団長に助けてもらわなかったら、さすがにヤバかったです~…はくしゅん!",
    en=""
  },
  ["アカンサス"] = {
    jp="あ、あの、団長さん。少し、その・・肌を触ってもよろしいでしょうか?<br>作品作りの為…ではないのですけど・・寒くて我慢が…できなくて。暖めて、いただきたいんです。",
    en=""
  },
  ["ベロペロネ"] = {
    jp="ね~え、今度雪が降ったら雪合戦をやらない? 雪なんてほとんど見たことが無いし、雪合戦もやったことが無いの。<br>もし出来るなら、おてんばだった頃の私を見せてあげる。もう卒業したけど、雪合戦のためなら解禁しちゃうわよ~♪",
    en=""
  },
  ["ディプラデニア"] = {
    jp="…寒いです…団長さん……なんとかしてください!もっと私の体を火照らせてください…!<br>……ダメですか、そうですか。",
    en=""
  },
  ["プルメリア"] = {
    jp="だ、団長さんの手、氷みたいになってます……!<br>待っててくださいね、今、プルメリアが……ひゃぅ!あ、あっためて……うぅ、あっためてあげますから……!",
    en=""
  },
  ["ニチニチソウ"] = {
    jp="スイレンさん……いつも通りです。外、あんな白いのに、全然普通の顔で……。<br>ああ、凄いですスイレンさん!私が弟子入りするのは、やっぱりあの人しかいないです!",
    en=""
  },
  ["プルメリア(ジューンブライド)"] = {
    jp="あ、団長さん……外に出る時は言ってくださいね?<br>コートと帽子、マフラーと手袋……全部プルメリアが用意しておきました!",
    en=""
  },
  ["ランタナ"] = {
    jp="ハイ、ドーン!だんちょ、ビックリしたー?雪だるまの中に隠れてたんだよー …お腹?…うぅ、ギュルッギュル",
    en=""
  },
  ["ランタナ(花祭り)"] = {
    jp="冬はお花が少なくて、ランタナ寂ちぃ~。団長さま……きゅってしてぇ?<br>……おーっ、いい表情すんねーだんちょ! ズキュンてきた感じだー?<br>気に入ってくれたみたいだし、これからは守ってあげたくなる父性刺激系女子もレパートリーに入れるね!",
    en=""
  },
  ["フォックスフェイス"] = {
    jp="そんなにこの子を見つめてどうしたの?<br>あぁ冬毛を触りたいのね、良いわよどうぞ。<br>あ、でもあんまり触りすぎると嫌がるからね。",
    en=""
  },
  ["ベラドンナ"] = {
    jp="こんな寒い日は、暖かい部屋でのんびり過ごす方がいいわ。<br>しんと静まり返った部屋で暖炉の火を眺めるの。素敵だと思わない?",
    en=""
  },
  ["ワルナスビ"] = {
    jp="冬は良いなぁ~。夜が長くて、まさに漆黒の季節。寒い夜は暖かいココアが美味しいよね~。<br>お……お子様じゃないから! ホントは温かいコーヒーが好きだから! もちろんブラックだぞぉ。",
    en=""
  },
  ["ハバネロ"] = {
    jp="二人っきりで、闇鍋パーティかぁ。いいねぇ、やろうやろう。<br>で……団長さん。あくまで、例えばの話なんだけど、私の下着は、具材に入るのかな?",
    en=""
  },
  ["ワルナスビ(ハロウィン)"] = {
    jp="こ、壊れてる! 我の究極雪像が壊れてる~! せっかくラークちゃんが作ってくれたのに……。<br>しかも、なぁんで~!? 他は無事なのに、なんで胸のとこだけ下に落ちてるの~!? なんか、あたしの方まで痛いよ~。うわ~~ん!",
    en=""
  },
  ["ホップ"] = {
    jp="バナナオーシャンには無かった冬だけど、悪くないね~。<br>ちらちら降ってくる雪は乾杯したくなるくらいきれいだし、団長とくっつけるから寒さも気にならないし。<br>これは酔いつぶれちゃうかも~?",
    en=""
  },
  ["ホップ(温泉浴衣)"] = {
    jp="こう寒いと温泉が恋しくなるねー。団長、一緒に温泉行かない?……その、二人っきりでさ?",
    en=""
  },
  ["マンリョウ"] = {
    jp="街で身を寄せ合う恋人たちを見ると、こんな寒いのにとても幸せそうでした。<br>私…少し羨ましく感じてしまって…。<br>だ、団長さん!よろしかったら…温めていただけますか…?",
    en=""
  },
  ["マンリョウ(ジューンブライド)"] = {
    jp="ウィンターローズの方々に冬に美味しいお鍋の作り方を教えていただいたんです。<br>作り慣れてないですけど愛情いっぱい込めますから、期待して待っててくださいね。",
    en=""
  },
  ["センリョウ"] = {
    jp="友達からいろんな雪遊び仕入れてきたよ。団長と遊びたかったから、予行練習もバッチリ!<br>えっ仕事がある?そんなの、後でやればいいじゃん!それとも、センリョウと遊びたくないの~!?",
    en=""
  },
  ["センリョウ(クリスマス)"] = {
    jp="雪だるまでマンリョウお姉ちゃんを作ろうとしたけど、やっぱり無理だねぇ。<br>どうがんばったって、あんな綺麗な人に似せられないもん。でも、団長ならどんな体か知ってるし、作りやすいかも!",
    en=""
  },
  ["カカオ"] = {
    jp="外で遊ぶのは子どもの役目です!大人のカカオは中でお仕事するんです!<br>べ、べつに、寒いのが苦手なわけじゃないですよぅ?",
    en=""
  },
  ["ギンバイソウ"] = {
    jp="うぇ~助けられてよk…っへくしょん! い、いやぁ~ね、河原に子犬さんいたから、わぁ~助けなきゃって走ったら<br>川にドボーンしちゃって… 流石に冷たかったけど、でも子犬さんは無事だったから良かったよ。",
    en=""
  },
  ["エケベリア"] = {
    jp="団長くん!団長くん!さっき妹たちからお手紙が来てね!手編みのセーター送るねって書いてあったの~!<br>バナナオーシャンじゃ必要ないし、わたしのために練習して作ってくれたのよね。もう嬉しくって涙が出ちゃう。",
    en=""
  },
  ["ポーチュラカ"] = {
    jp="ううむ、見た目そしてこの冷たさ。間違いないんだよ!これは雪ですのう(スノー)うむぅ。<br>…団長どうしたの?え?寒い?くっつくかぁ?私は大丈夫だよ",
    en=""
  },
  ["ザクロ"] = {
    jp="人肌寂しい……。うぅ、なるほど……。いざ実感してみるとたまんないもんがあるね、こりゃ……。<br>ふふっ、でも問題なーし。なんてったって、あたしにはキミがいるもんね!<br>さあカモン! あたしの身体を慰めるために、ハグをよろしくぅ!",
    en=""
  },
  ["キウイ"] = {
    jp="う、うわぁ~……調子乗りすぎちゃった~……頭だけこんなに大きくして、いったいどうしよう、この雪だるま……",
    en=""
  },
  ["ライオンゴロシ"] = {
    jp="団長団長!お外に雪が積もってるよ、さぁ暖炉で丸くなってないであたしと一緒に遊びに行くニャ!2人で遊べば心も体も温まるもんね。",
    en=""
  },
  ["セリ"] = {
    jp="どうした?寒いのか?私なら大丈夫だ。この程度は寒いうちに入らない!実家では、真冬でも夏と同じ服を着ていたし、<br>家には隙間風が入り込んで…って、同情するな!私はそれで体を鍛えていたのだ!",
    en=""
  },
  ["サラセニア"] = {
    jp="うふふふっ♪ 雪で落とし穴が隠しやすい季節になりました! ぃやったねー! おめでとー! ありがとー!<br>ただ……自分でもどこに作ったか分からなくなるのが難点なんだよね~。たは~。",
    en=""
  },
  ["シバザクラ"] = {
    jp="団長さん、一緒に雪だるまを作りませんか?<br>頭を私、胴体を団長さんが担当して…いひっ、仲良しさんみたいでとっても幸せかもです。",
    en=""
  },
  ["セアノサス"] = {
    jp="冬の間にもう何か所か縁結びスポットに行っておこうかな。春になったら勝負に出て昔の自分を取り戻す!やっぱり今のうちに行けるところは行っておく必要があるわね。<br>…うーん、これで非番の日のスケジュールが埋まるのはどうなんだろう…?",
    en=""
  },
  ["グーズベリー"] = {
    jp="地面が凍って、滑りやすくなってるみたいです。<br>わたし、バランスとるのは得意だから平気ですけど、団長さんは転ばないように気を付けて欲しいです。<br>もし怪我しちゃったら、わたしも他の皆さんも悲しくなっちゃいます。",
    en=""
  },
  ["スキラ"] = {
    jp="もう~、カゲツったらわたしが寒がらないようにって、コートやらマフラーやら手袋やら、たくさん持たせるのよ!<br>何枚も重ね着させようとしてくるし……。……もう。でも……それだけ心配してくれてるってことよね……♪ ひひ……♪",
    en=""
  },
  ["アブラナ"] = {
    jp="なんて寒さなの……?体が震えるわ……。もう温もりが欲しいとか、そういうレベルじゃないわね……<br>あっ、欲しくないってわけじゃないけど……べっ、別に、深い意味なんかないから……",
    en=""
  },
  ["イベリス"] = {
    jp="ふひひっ、こうしてくっついてると、身も心もぽっかぽかです。団長さんもそうですよね。そうなってくれなきゃ困ります!<br>せっかく、こうしておっぱいも当ててるんですし……ね♪",
    en=""
  },
  ["イベリス(クリスマス)"] = {
    jp="雪ではしゃぐなんて、子供のすること……そう、思ってました。だけど、私気付いたんです。雪で遊んでくれば、あっためてもらう口実になるって!<br>団長さん、お願いします~♪",
    en=""
  },
  ["ムラサキハナナ"] = {
    jp="ブロッサムヒル出身のわたしですから、雪や雪山については、あまり知識がありません……。本でしか知らないんです。<br>ですから、ウィンターローズの方々に教えてもらおうと思います。積雪を利用する作戦を思いつけたら……害虫退治に使えるかもですし!",
    en=""
  },
  ["フリージア"] = {
    jp="はぅ~、さむさむですぅ。団長さん、早くお部屋の中に入りましょう。<br>あ、フリージア、温かい飲み物を持ってきますね。エヘヘ、そしたら、いっぱい褒めてください!",
    en=""
  },
  ["イキシア"] = {
    jp="寒いので熱々のココア持ってきましたよ、ほら召し上が――きゃっ!<br>ふぅ~危ない危ない、転んでヤケドしちゃう所だったよ~。",
    en=""
  },
  ["セントポーリア"] = {
    jp="雪の上をー、さく、さく、さく、さく♪ わたしの足跡が、いーっぱいついてきますよー♪",
    en=""
  },
  ["セントポーリア(きぐるみのんびり貴族)"] = {
    jp="冬のお散歩、団長さんも一緒にどうですか~?<br>霜柱を踏む感覚が気持ちよかったり~、楽しい事が多くって、お薦めなんですよ~?",
    en=""
  },
  ["マーガレット"] = {
    jp="恋占いによると、寒い季節の方が恋が成就しやすいとある。寒いと……くっつきたくなるからだろうか?<br>わ、わたしが占っているわけじゃないぞ!?聞いた話だ、聞いた話。",
    en=""
  },
  ["ダリア"] = {
    jp="今日は寒いわね。団長、ホットワインでも飲む?甘いワインにチーズっていうのも、乙なものよ。",
    en=""
  },
  ["ローダンセ"] = {
    jp="足場の悪い雪の上であえてトレーニングをすることで、体幹を鍛えるトレーニングです! け、決して雪で遊んでる訳じゃありませんよ?<br>えっ!? 後ろ? あっ、こ、この雪だるまは、えっとぉ……そ、そう! 仮想の敵を用意していたんです!",
    en=""
  },
  ["キンセンカ"] = {
    jp="街に出たら、あちらこちらが凍結していました。団長さんも転ばないように気をつけてくださいね。<br>私のことは心配要らないです。小さい頃に慣れましたから。",
    en=""
  },
  ["カウスリップ"] = {
    jp="みんなアタシのおっぱいで温まろうとしすぎだっての! そりゃ、夏場 蒸れるくらいだから温いけどさ……。<br>結構、敏感なんだから……。間違ってポッチとか触れちゃったら……ねぇ?",
    en=""
  },
  ["カウスリップ(メイド)"] = {
    jp="ヤバ。ちょっとお手入れサボってたら、くちびるがガサついてきちゃった。仕方ない、リップトリートメントを買ってくるかぁ。<br>だんちょも一緒に行く? 普段、あたしがどんな風にコスメ選んでるか知らないよね? ちょうどいいチャンスだと思わない?",
    en=""
  },
  ["サボテン"] = {
    jp="寒いから…体を動かす。動けば、熱は生まれる",
    en=""
  },
  ["サボテン(フォスの花嫁)"] = {
    jp="団長……手、握って……いい?…………団長が、寒そうだから…………。私の手、今、すごくあったかいから……",
    en=""
  },
  ["ホシクジャク"] = {
    jp="ふぅあぁぁ…眠い…気温が下がると、眠くなっちゃうよねぇ…あれ?それ、僕だけ…?<br>ふあぁ…ねぇ、今日はもう寝てもいい?だめ?",
    en=""
  },
  ["ホシクジャク(水着)"] = {
    jp="朝は寒くって布団からも出られないよ。それに、パスコアと一緒だと温かくってさー……。余計に朝は起きられないんだ……",
    en=""
  },
  ["スズラン"] = {
    jp="寒い冬は、悲しいことばかり考えてしまいますね、ついつい不安にとらわれて、悪い妄想をして……。<br>団長さん、私をあたためてください、そしてこの不安を、消してください…!",
    en=""
  },
  ["スミレ"] = {
    jp="冬にも、良いところはあるよ。冬にしか咲かない花もあるし。",
    en=""
  },
  ["ビオラ"] = {
    jp="団長さんは、ちゃんとお風呂に浸かってますか?冬は寒いから、ちゃんと肩まで浸かって、100数えないといけないんですよ?<br>今度、一緒に入ってできているか確かめます!",
    en=""
  },
  ["ビオラ(浴衣)"] = {
    jp="スミレお姉ちゃんと一緒に、雪だるま作りました。すごく上手に出来たから見てほしいです。<br>団長さんのこと考えながら作ったから、きっとすごく似てると思いますよ。",
    en=""
  },
  ["コマチソウ"] = {
    jp="こんな真っ白いの、最初見た時はちょっと怖かったけど今は、意外と好きになってる、かも。<br>寒くないよーに団長がだっこしてくれるし、暖めてくれるし、えへへ。だーんちょ、もっとくっつこーよ",
    en=""
  },
  ["シャボンソウ"] = {
    jp="団長さんに寄りかかってると、とっても不思議。こんなに雪が降って、冷たい風も入ってるのに、ぜんぜん寒くないの。<br>一人じゃないからかな?それとも…団長さんだから?もう少しくっついたらわかるかな?えへへっ♪",
    en=""
  },
  ["ハコベラ"] = {
    jp="団長おにーちゃん!……ぴとっ。いひひっ♪こうしてぴったりくっついたら、冬もあったかいよー?<br>あ、離れちゃだめだよー、もっといっしょに……いい、よね?",
    en=""
  },
  ["イチゴ"] = {
    jp="雪が積もりました!!さっき、アブラナちゃんと雪合戦をしたんですよ。すっごーく楽しかったんです。団長さんも一緒にやりませんか?わたし負けないですよ!",
    en=""
  },
  ["ウメ"] = {
    jp="通りすがりの子供に雪玉をぶつけられたと思ったら、犯人はサクラだったよ。<br>私もつい本気でやり返してしまってな。気が付いたら、騎士学校の生徒たちが課外授業と称して見物に来ていた。<br>結果は…乱入した生徒たちのおかげで、引き分けだ。",
    en=""
  },
  ["バラ"] = {
    jp="雪の下には、たくさんの種が眠っているの。<br>春に強く咲くために、今から力を蓄えているのよ。<br>私もいつか美しく咲くために、努力を続けるわ!",
    en=""
  },
  ["サクラ"] = {
    jp="寒いのは得意じゃないのだけど、雪景色は、綺麗よね~♪。<br>特に、朝日に反射して光る景色は、早起きさんの特権だわぁ♪。",
    en=""
  },
  ["ユキヤナギ"] = {
    jp="寒すぎて一瞬別の世界に行っちまいそうになりました…。<br>未知の世界に行きたいといつも言ってますけど、そういう感じの未知の世界はよくねえですね。<br>ふひぃぃ、春はまだですかねぇ、ままならねぇです…。",
    en=""
  },
  ["モモ"] = {
    jp="あら、寒そうね。アタシがアナタをあたためてあげる♪ん~、お風呂とベッド、どっちがいい?",
    en=""
  },
  ["ハナモモ"] = {
    jp="団長様こんな寒い日はあったかい物を飲みましょう、何が宜しいかしら?え…コーヒー…?<br>コーヒーは苦手ですの…だって苦いんですもの…ココアにしません?ココアが一番ですわ",
    en=""
  },
  ["サクランボ"] = {
    jp="寒い時こそしっかりした所を見せないと!<br>って思うんですけど、寒いとなかなかお布団から抜け出せません。",
    en=""
  },
  ["アプリコット"] = {
    jp="団長…さん…。抱っこして温めてくれるのは…嬉しい、ですけど…膝に乗せて向かい合わせなの…どうにか、ならないでしょうか?<br>ちょっとどころじゃないぐらい…恥ずかしいというか…あのぅ…も、もちろん!嫌じゃないですよ! …嫌じゃないです…けど……はぅぅ…!",
    en=""
  },
  ["ハナモモ(ジューンブライド)"] = {
    jp="はぅ……雪だるまうまく作れませんわ。<br>ねえさまみたいにしたいのに、くびれを作ると崩れてしまって……どうしたらいいんでしょう?",
    en=""
  },
  ["ウメ(浴衣)"] = {
    jp="体を温めるには酒が一番、などと……。フッ、これではただの飲兵衛だな。まぁ真実ではある。仕事が終わったら一杯付き合ってくれるか?",
    en=""
  },
  ["サクラ(エプロン)"] = {
    jp="冬で雪が降っても飲み屋さんは大忙しなの。どうしてだか分かるかしら?<br>ふふっ、それはね? みんな人の温もりが恋しいから。団長さんもそんな経験ないかしら?あってくれると私は嬉しいなぁ。",
    en=""
  },
  ["アプリコット(クリスマス)"] = {
    jp="団長さん、今日は寒いですねぇ。<br>この前、あまりに寒かったので、ヨモギちゃんにくっついてたら……とーってもフカフカであったかくて……すっごく気持ちよかったんです。<br>団長さんも、寒かったら私にくっついてくださいね。ヨモギちゃんとまではいきませんが、あったかいですよ。",
    en=""
  },
  ["カンヒザクラ"] = {
    jp="団長様、今日のベッドは楽しみにしてて下さいませ?雪も降って、きっと寒くなるでしょうから湯たんぽを……<br>はあぁぁ~~ん!撫で撫で禁止ぃ!禁止ですわよ~!このやろー!やめっ!や~め~ろ~よ~~!!",
    en=""
  },
  ["サクランボ(ジューンブライド)"] = {
    jp="寝る前にホットワインでも如何ですか?<br>体も温まりますし、1杯くらいなら寝酒としても丁度いいと思います。<br>さっどうぞ?やけどしないように気を付けてくださいね。",
    en=""
  },
  ["アマリリス"] = {
    jp="雪遊びですか? いいですよ、ただしやるからには、本気でやらせてもらいます。<br>貴族の雪遊びとは、上品かつ優雅に、堂々と行うものですから。<br>私が特に得意なのは、雪うさぎ作り! 丁寧かつ、大量に作ることが可能です。<br>……えっ? 雪合戦? いやぁ、それはちょっと……あんまり、いい思い出ないですね……。",
    en=""
  },
  ["キルタンサス"] = {
    jp="寒いと人肌が恋しくなるとか言うけど、あなたもそうだったりするの?別に、深い意味はないけど……。<br>そ、そう……やっぱり、なるの……。ぅぅ……ほ、ほら、手貸しなさいよ!だ、だから人肌!<br>手繋げば触れてることになるでしょ!言わせないでよね!",
    en=""
  },
  ["イフェイオン"] = {
    jp="んぅ…寒そうだったからって……こんな、抱きしめてくれなくても…。んぅ…そ、そりゃあ嬉しいけど!<br>忘れちゃったの?わたしが、最初に言ったこと。覚えてない?覚えててやってるの?<br>団長…?団長?ねぇ聞いてるの?あんまり…困らせないでよ……。",
    en=""
  },
  ["イフェイオン(メイド)"] = {
    jp="お鍋もいいけど、冬はスープもいいと思う。お母さん、いろいろ教えてくれた……。<br>これもそう。名前はプッチェーロ。お野菜ゴロゴロで、食べ応えもある。<br>……っていっても、ありあわせのもので作ったから、ちゃんとしたレシピじゃないけど……。<br>……よければ、食べてくれるとうれしいな……。",
    en=""
  },
  ["ヒノキ"] = {
    jp="これから冬眠するから、春まで起こさないで?できれば夏、いや秋……来年の冬まで寝かせてほしいな~。",
    en=""
  },
  ["レンゲソウ"] = {
    jp="寒いときは武術の訓練をして寒さを忘れるアル!団長も一緒にやるアルヨー!でも雪が積もってるアル…これは…。<br>団長!雪合戦に変更するネ!武術の訓練は後日アル!…ちょ…団長…意外と玉、早いネ…。",
    en=""
  },
  ["アカシア"] = {
    jp="冬の山越えはトラブルの連続なのよ~。昨日まであった道が無い、なんて事もしょっちゅうだからね。<br>もちろんアカシア隊は迅速かつ丁寧確実に荷物を届けるけどね。",
    en=""
  },
  ["ハリエンジュ"] = {
    jp="もうすぐ一年のフィナーレを迎えようとしている。<br>やり残した事は無いか?あるなら私が手伝おう。なんでも頼ってくれていいんだぞ?",
    en=""
  },
  ["ルピナス"] = {
    jp="この冬はイメージしていたよりも寒いです。そこは少し想定外でしたが。<br>団長さんとこうやって一緒にいることは、そうなれば良いという願望にも似たものでした。<br>その後、団長さんと、あんなことやこんなことを……みたいなイメージも……あります。",
    en=""
  },
  ["キヌサヤ"] = {
    jp="団長、また害虫の被害報告が上がってきた。越冬のために連中も必死らしい。……叩き潰すぞ。奴らに春を迎える資格は無い。",
    en=""
  },
  ["アカシア(新春)"] = {
    jp="寒い時の対処法はやっぱりくっつくのが一番!ほらほら団長、私にくっついてくっついて。<br>て、なに赤くなってるの?こういうのは照れたら負けなの!ほらほら。",
    en=""
  },
  ["ハクモクレン"] = {
    jp="見ろ!外の景色を…一面の銀世界だ…。穢れのない、雪のように、私も、高潔でありたい…。これからも、精進すると誓うよ。",
    en=""
  },
  ["ナイトメア(カタクリ)"] = {
    jp="冬に咲く花って、なんか強そうだよね。<br>こんな厳しい寒さの中でも、しっかり根付いてきれいな花を咲かせるんだもの。<br>あたしも、負けてられないな!",
    en=""
  },
  ["コチョウラン"] = {
    jp="寒いからこそ、奉仕にも力が入りますね。ご主人様を温める役目…是非、わたくしににさせてください。",
    en=""
  },
  ["アネモネ"] = {
    jp="秋の夜はなんとなく寂しかったけど、冬の夜は少しドキドキする……<br>星も綺麗だし、街もきらきらしてるから……やっぱり、私も少し浮かれてるのかな。<br>冬は恋人たちの季節って言うし……その、あなたが、温かいから。",
    en=""
  },
  ["クリスマスローズ"] = {
    jp="え?雪合戦ですか?私と、で良いんですよね?<br>じゃ、じゃあ団長さんここは勝敗をかけて賭けをしませんか?条件も対等ですし正々堂々と。",
    en=""
  },
  ["フクジュソウ"] = {
    jp="悲しい思い出を数えるより、幸せな思い出を数えるほうがきっと楽しいさ!団長さんにも、そんな生き方をして欲しいって思うよ。<br>…難しいかい?なんならあたしが教えてあげるよ?何十年かかってもね。",
    en=""
  },
  ["ラナンキュラス"] = {
    jp="団長、外に出ないねー。寒いから?えへへー…ならさ。私を構う以外、やる事ないよねー?我慢しないでいいからさー。<br>…っていうか、私が我慢できないからさー。いつもよりベタベタの甘々に構っていいんだよー?",
    en=""
  },
  ["ヒメリュウキンカ"] = {
    jp="団長さんがそばにいてくれれば、心も体もポカポカしちゃいます。<br>えへへ…団長さん、もっとくっついてもいいですか…?",
    en=""
  },
  ["アネモネ(世界花の巫女)"] = {
    jp="静かで、空気も澄んでる感じがする……これなら、どこからだって、貴方に声、届きそう。<br>会いたいよって……寂しいよって……<br>ふふ、でも流石に恥ずかしいから、そう思わせないようにして欲しいな。",
    en=""
  },
  ["アンリ(バイカカラマツ)"] = {
    jp="しばらくは寒い日が続きますが、じきに春が来ます。その日を二人で待ちましょう。<br>私は平気です。耐え忍ぶのは得意ですし、それに……大切な人と一緒なら、乗り越えられない冬はない。そう思います。",
    en=""
  },
  ["アネモネ(光華の姫君)"] = {
    jp="うっふふ、あぁ楽しかった。雪合戦してきたんだ。小さい子たちとね。それで、言われちゃった。前からこういう風に遊んでみたかったって。<br>悪いことしたなってそう思うよ、だからその分、これからは",
    en=""
  },
  ["アネモネ(天つ花の令嬢)"] = {
    jp="寒くなってきたから…マフラーを編んでみたの。よかったら使ってくれる、かな?<br>…うん、ありがとう。やっぱり、貴方はやさしいね。",
    en=""
  },
  ["サザンクロス"] = {
    jp="団長さん。もし寒いなら、遠慮なく言ってくれ。すぐ、傍に行く。",
    en=""
  },
  ["ウサギノオ"] = {
    jp="団長さん何だか顔色が悪いうさ。寒いから風邪を引かないように、私が温めてあげよう。<br>こう見えて私はなかなかあったかいうさよ?サンカクサボテンが言ってたから間違いないうさ。",
    en=""
  },
  ["ウサギノオ(ハロウィン)"] = {
    jp="うぅ~、サンカクサボテンに雪合戦で負けたうさー!<br>ススキと色んな作戦立てたのに、全部見破られて……あうぅ~、服ビチョビチョにされたー!<br>団長さん、着替えさせてほしいうさー!",
    en=""
  },
  ["キンギョソウ"] = {
    jp="今日の晩御飯には特製のドロドロスープを作ってあげるよ!<br>体に良い物をたっくさん入れた魔女秘伝のスープだから、団長さんの心も体もポカポカになるよ!",
    en=""
  },
  ["キンギョソウ(バレンタイン)"] = {
    jp="団長さんってー、コーヒーとココア、どっちが好きー?<br>私がぐつぐつ、鍋で淹れてあげるよー♪ 意外といけるんだー♪ えっへへへ♪",
    en=""
  },
  ["ツツジ(新人)"] = {
    jp="団長様は雪だるまを作れますか?ブロッサムヒルにはいつでもどこでも雪だるまを作れる花騎士がいる、という噂を聞いたことがあるんです。<br>本当か嘘かわからないですけど、いつかお会いしてみたいです。",
    en=""
  },
  ["ツツジ"] = {
    jp="実は、冬はちょっとだけ苦手です。寒さというよりも、乾燥した空気が合わなくて。どうも、体調を崩しやすく…。",
    en=""
  },
  ["クランベリー"] = {
    jp="風邪を引いたら、とにかく体を温めることが肝心ですのよ?<br>厚着をしたり、お布団の中にしっかり体を入れてくださいまし? あとは、ええっと……人肌でギュ~ッとか?",
    en=""
  },
  ["カルセオラリア"] = {
    jp="うーん、舞台に雪を降らせたら、もっといろいろなお話を書けそうな気がします。でも、後片付けが大変そう。何とかならないでしょうか?",
    en=""
  },
  ["ビンカ"] = {
    jp="団長にギュッてされると、ポカポカして暖かい……体だけじゃなくって、心も暖まってくるんだ♪<br>えっへへ、冬の任務から戻ったら、いつもこうして……抱きしめてくれる?",
    en=""
  },
  ["ワスレナグサ"] = {
    jp="団長さんは寒くないのか?私は寒い。体が寒いと自然と心も寒くなってくるな。<br>私達二人が同時に温かくなれる事、思いついたんだけど、言ってみてもいいかな?<br>私と団長さんでくっつくんだ、どう?団長さんから来ないなら、こっちからいくよ?…ぎゅっ。",
    en=""
  },
  ["メイゲツカエデ"] = {
    jp="冬は好き。お外に出なくていい理由がちゃんとあるもの。<br>こんなに積もってるんじゃ、進軍だってままならないし、体力だって消耗する。戦いにはデメリットばっかり。<br>うふふ♪あぁ~最高だわ。好きなだけだらだらできる。もちろん、お仕事は手伝うわ。<br>だけど、今だけ……今だけだから、ね?いいでしょ?",
    en=""
  },
  ["ユーカリ"] = {
    jp="<span style=\"color:red\">『やべぇぞユーカリ!雪で木が倒れそうだ!こりゃあしばらく木登り禁止だな。』</span>",
    en=""
  },
  ["ヤドリギ"] = {
    jp="団長、寒くないッスか?もし体が冷えてたら自分が暖めてあげるッスよ。<br>はい、ぎゅ~~~ってしてあげるッス。",
    en=""
  },
  ["リュウゼツラン"] = {
    jp="あら、お酒で勝負ですって?言っておくけど、私は強いわよ。もし妙な下心があるようだったら、雪の下で後悔することになるでしょうね。",
    en=""
  },
  ["ボタン"] = {
    jp="団長、家から良い酒が送られてきたのじゃ。良かったら雪見酒と洒落込まぬか?<br>これほどの物を一人で空けるのは勿体無いのじゃ。それに、団長となら何倍も旨く感じる筈じゃしのう♪",
    en=""
  },
  ["ポピー"] = {
    jp="雪化粧に覆われて、冬の舞台が徐々に整っていきます。その上で繰り広げられる物語は、喜劇か、はたまた悲劇か惨劇か!<br>春を迎えるまでには、アクションシーンは少なめにしておきたいですね♪",
    en=""
  },
  ["メギ"] = {
    jp="雪が降ってくると……いつもカーパスさんが はしゃぐんですよ。<br>今ごろ大雪に閉ざされた山荘で、密室事件でも起こっているんじゃないかって。<br>いつでも大事件が起こってほしいと待ち望むのは……いかがなものかと思うんですけどね。",
    en=""
  },
  ["ゼブリナ"] = {
    jp="うっふふふっ♪雪合戦とは良いものですね?貴方様に色目を使う花騎士達を安全に打倒できるのですから。<br>さあ、お褒めください、団長様?貴方様のゼブリナは、恋心などには負けませんでした。",
    en=""
  },
  ["マロニエ"] = {
    jp="んうぅ…団長、もっと腕に力を込めてくれ…。隙間から風が入ってきて、どうにも寒い…。これでは、本当の意味の人肌などわからないよ…。<br>ほら、もっとこう、ぎゅっとだ…。",
    en=""
  },
  ["ランプランサス"] = {
    jp="だっ、団長がどうしても………っていうなら、うん、私………頑張れるっ………よっ?<br>あったかいベッドでぬくぬくするのちゃんと我慢できる………。だからそのかわり………、 お外から帰ったら、いっぱい甘やかして?<br>寒くなった体………奥まで、たっぷり暖めてほしいの………。",
    en=""
  },
  ["ガジュマル"] = {
    jp="うう……雪が降ってる夜ってこんなに暗いんだね……。月明りも無いし、ベルガモットバレーより長く感じる。<br>一緒にいて? 団長さん! ベッドも一緒がいいよ~! おねが~い!",
    en=""
  },
  ["カカラ"] = {
    jp="手裏剣使ってる訳ですし、雪合戦も同じ要領でいけると思ったんです。なのに、ダメでした。<br>そもそも、あたしのは大きい手裏剣ですし、サイズ感が全然違いました。<br>この経験は無駄にしません! 訓練に活かして、今度こそ……! あたしはへこたれませんよー!",
    en=""
  },
  ["アベリア"] = {
    jp="雪上での戦闘訓練と聞いていましたが、なぜ雪合戦なのでしょう? たまには遊べということですか?<br>確かに、私は娯楽趣味の無い、つまらない女ですからね……これを機に遊ぶという感覚を身に付けましょう。<br>では団長さん、まずはバリケード作りです。雪合戦には必須ですよね?",
    en=""
  },
  ["ウキツリボク"] = {
    jp="親が保温性の高い生地を送ってくれたよ、団長。せっかくだから一緒に包まろう。<br>ボク……針仕事できないから、団長を暖めようと思うとこういう使い方しか……。<br>あれ?もしかして、これを見越して送ってくれた、のかな?",
    en=""
  },
  ["ウキツリボク(競技会)"] = {
    jp="ベイサボールの合宿、誘われたけど断ってきたよ。<br>合宿とは名ばかりのバカンスで、冬に常夏の国で遊ぶのも魅力的だけど……あなたが居ないからね。<br>何日も会えないなんて、ボクは耐えられないのさ。",
    en=""
  },
  ["ハナオクラ"] = {
    jp="雪祭りで、たーくさん雪だるまが見れるみたいですよ?<br>雪像も見応えがあるようなので、これから二人でお出掛けしませんか?",
    en=""
  },
  ["ハナショウブ"] = {
    jp="はぁ寒いですね。雪で客足が遠のかなければいいんですけれど。<br>温かい料理に温泉といろいろ用意してるんですけどね。",
    en=""
  },
  ["ストレプトカーパス"] = {
    jp="うぅ、しかし、ずいぶん寒いな……。大した事件も起こらないし、たまには暖かい所にこもって、お気に入りのミステリー小説でも読み直すか……。<br>よし、団長クン、ボクはこれから引きこもる。なにか事件があったら、すぐに知らせに来てくれ。",
    en=""
  },
  ["ローレンティア"] = {
    jp="雪程度であたしの全力は止められないわ! 待ってなさい、キンレンカ! 真っ向勝負…の前に、厚着ね。厚着。",
    en=""
  },
  ["ローレンティア(忍者)"] = {
    jp="忍び装束って、動きやすいけど寒いのが弱点ね。執務室のコタツに入らせてもらっていい?<br>ふう……団長さんも仕事休んで一緒に温まらない?たまには力抜くのもいいでしょ。",
    en=""
  },
  ["コスモス"] = {
    jp="暖炉を焚くと、空気が薄くなるんです。すると……妄想が捗る!<br>って、眠くなってるだけですけどね",
    en=""
  },
  ["マリーゴールド"] = {
    jp="雪合戦……?なんですかその野蛮な遊びは。くだらない。もっと優雅な遊びを…ん、この雪を丸めて……投げる?<br>こんな感じで、いいのかしら?もっと大きく丸めたほうがいい?……なるほど。アンタちょっとそこ動かないで!",
    en=""
  },
  ["ガーベラ"] = {
    jp="お料理は楽しいけど、水が冷たくて辛いわねぇ……そうだ団長くん、わたしが水を使ったら手を握ってくれる?<br>……そうそう、こんな感じに、ぎゅううううって。うふふっ♪冷たいでしょう?女の子の気持ち、ちょっとはわかった?",
    en=""
  },
  ["チョコレートコスモス"] = {
    jp="団長、そのコート破けてるよ?<br>ううん、大丈夫、まだ使えるよ。私が縫っておくから、脱いで脱いでっ。",
    en=""
  },
  ["エキナセア"] = {
    jp="すごい雪だな…こういう日は温かいお茶で温まるのが一番だ。そうと決まれば、団長、お茶会を開こう。もちろん、二人だけで。<br>お茶も茶菓子も用意している。貴族たるもの、常に先を見通して行動しなければならない。団長も然りだぞ?",
    en=""
  },
  ["ヨモギ"] = {
    jp="こう雪が降ってちゃ、薬草採取は無理そう…。生で使うの以外は乾燥させてあるけど、それが尽きたら…<br>団長にご飯つくってあげられない…!うぅ~そんなのやだ!耐えられないよ~~!",
    en=""
  },
  ["シオン"] = {
    jp="仮面の下は、冷え切っています。涙を隠すため、ですから……",
    en=""
  },
  ["チョコレートコスモス(水着)"] = {
    jp="は、早く部屋の中に入ろうよ、団長っ……こんなに寒いんじゃ、私凍えちゃう。<br>は、早く、お願いぃ……",
    en=""
  },
  ["イモーテル"] = {
    jp="雪だるまって、なんだか愛らしいね。白く冷たい雪で出来てるのに、暖かみすら感じてしまうよ。",
    en=""
  },
  ["アルテミシア"] = {
    jp="この寒い中、雪にまみれて遊んでる子もいるのよねー。私はそんなことしないけどね。<br>……え? 窓枠の雪だるま? ……コホンッ……まぁ、子供心を忘れたらダメよね? 魔女として……ね?",
    en=""
  },
  ["クラスペディア"] = {
    jp="ゆ、雪…だるま…雪だるまー!マルが2つ、二重じゃないけどマルが2つもー!<br>わぁ~しかも小さい子たちが作ったのかな?庭いっぱいにマル2つがいくつも~国、ここは天国なのかなー!団長さん!",
    en=""
  },
  ["ゴギョウ"] = {
    jp="朝はちゃんと起きられていますか?この季節、お布団が恋しくなっていませんか?<br>もしよろしければ、毎朝起こしに行きますから、遠慮なくお申し付けくださいね?",
    en=""
  },
  ["エキナセア(温泉浴衣)"] = {
    jp="雪が降る中での温泉も、乙なものだと思う。だが、幻想的な景色に、つい長風呂になってしまいそうだ。<br>貴族としては情けないが、万が一の時は…団長に介抱してもらおうかな?",
    en=""
  },
  ["アルテミシア(クリスマス)"] = {
    jp="この前、エニシダが雪合戦を一緒にやりたいとか言ってたから、「やめて」って言うまで全力で相手してやったわ。<br>うふふっ♪ 泣きながら逃げ惑う姿は中々良かったわよ♪",
    en=""
  },
  ["シクラメン"] = {
    jp="団長さんの手……あったかそうですね。……あの、……さ、触っても……いい……でしょうか……?",
    en=""
  },
  ["シクラメン(光華の姫君)"] = {
    jp="光華祭の人から招待状…。避寒のお誘い…?“常夏のわが国で、愛しい方と、寒さを忘れた日々を如何でしょう…” ……はぁ♥… <br>ハッ、ひゃぁっ!すみません、すみませぇん!私今、団長さんといるとこ、想像……~~!頭冷やしてきますぅ!!",
    en=""
  },
  ["ゲッカビジン"] = {
    jp="人は、ただ暖かいだけでは、生きていけない。人の温もりがないと、生きていけないのでありんす。",
    en=""
  },
  ["サンカクサボテン"] = {
    jp="が、害虫退治…かぁ。わ、わかった。寒さで死ぬ覚悟をしておくわ。",
    en=""
  },
  ["サンカクサボテン(ハロウィン)"] = {
    jp="団長、出歩く時は気をつけなさい。ウサギノオとススキが、大きい雪玉がどうとか言っていたわ。二人が何をする気か、見当はつくでしょ?",
    en=""
  },
  ["ミント"] = {
    jp="雪合戦……昔、幼馴染とよくした思い出があります。懐かしいです。団長さん。雪合戦やりましょう。もちろん、容赦はしません。",
    en=""
  },
  ["ラベンダー"] = {
    jp="私のメモによると、団長さんは最近、朝、布団から出るのがどんどん遅くなっています。<br>もしかして、夜中に他の女と遊んでいるんですか?そうなんですか!?<br>だから、朝、布団から出られない……そうですか……?",
    en=""
  },
  ["ワタチョロギ"] = {
    jp="だ、団長。あの、あのう脱いでくだしゃい!はわぁ!?違います!そう言う意味じゃないです!<br>いやぁそう言うのが嫌って言うんじゃなくて、ただその……<br>クリスマスベゴニアちゃんが男の人はすりすりしてあげると喜ぶって。<br>それで体熱くなるって、だ、団長寒そうだったからだから……<br>え?あぁそ、そうですね。はい、そっちの方が早かったです。<br>おいで!ウー、リーベ、トニー!一緒にくっついて団長を温めてあげよ。",
    en=""
  },
  ["ミント(成長する美徳)"] = {
    jp="防寒対策として厚着もしますけど、なぜか負けたような気がして……たくさん着込めば、胸が小さくても。目立たなくなりますから<br>ぁ、かと言って身体を冷やしたくもないので、1人で複雑な気持ちになります",
    en=""
  },
  ["コリウス"] = {
    jp="寒い冬の夜は……貴方様とチュッチュしてギュッ❤ ってしてもらってポッカポカ~♪<br>……などというのがこの騎士団のしきたりならば、従わない訳にはいきません!さあ~~お覚悟を~~! チュッチュ開始ーー!!",
    en=""
  },
  ["ラベンダー(バレンタイン)"] = {
    jp="雪だるまを作ったんですね<br>ところで、そのモデルはどこの女でしょう<br>誰でもない……? そんなわけありませんよね?<br>もしそうだとしても、私以外に女を作るなんて絶対に認めません!<br>残念ですけど、すぐに壊しましょうね",
    en=""
  },
  ["ブルーロータス"] = {
    jp="団長さん、肩に雪が。…はい、これで大丈夫です。雪の日にもお仕事、お疲れ様です。私にできることは僅かですが、精いっぱいサポートしますね。",
    en=""
  },
  ["サザンカ"] = {
    jp="ウッヒー!寒~い!ならばこの一撃で雪をも溶かす!",
    en=""
  },
  ["ワレモコウ"] = {
    jp="寒い時、ご主人が近くにいてくれると、それだけで心が温かくなる?ご主人が、近くにいてくれれば、いてくれるほど、温かさが増す?<br>モコウ…ご主人と話すのは好き…。不思議です?",
    en=""
  },
  ["ワレモコウ(成長する軍師)"] = {
    jp="ご主人も……冬になると、布団から出られなくなる? そうなったら、モコウの出番。<br>……布団の中に氷を置けば、起きたほうがマシです? もちろんっ、冗談です?",
    en=""
  },
  ["チャノキ"] = {
    jp="こう寒いと体が冷えて仕方ない。<br>茶……ではなくて、コーヒーでも飲んで温まろうか私が用意するから団長くんも一服しないか?",
    en=""
  },
  ["ワビスケ"] = {
    jp="夜が長くなってきましたし、ガジュマルのことが心配です。<br>寂しがってはいないでしょうか。…一人で眠れているでしょうか…などと、ダメですね、私は。<br>想像しただけで嫉妬してしまいました。離れてしまったのは自分のせいなのに…我ながら勝手なことです。",
    en=""
  },
  ["ナデシコ"] = {
    jp="雪のせいで動きにくいですけど、剣の稽古に休みはありません。桃源郷も年中無休ですよ。",
    en=""
  },
  ["ナデシコ(世界花の巫女)"] = {
    jp="雪の中での遊びは意外と体力がいります!雪に足を取られないよう、迅速かつ、大胆に…!<br>やりました、団長さん!この雪合戦の勝負はどうやら私の勝ちのようですね♪",
    en=""
  },
  ["センニチコウ"] = {
    jp="ボクちゃんに、伝えたいことがいっぱいあるの。私から教わったことは、今度はあなたが、他の子に伝えるのよ?<br>こうして、ず~っと繋がっていくの。ずっと…ずっと…。",
    en=""
  },
  ["カリン"] = {
    jp="まだまだ寒いですね~。夜になるともっと冷えますし……。<br>あっ、そうだ! 団長さん、よかったら添い寝してあげましょうか? くっ付いて寝ると暖かいんですよ~?",
    en=""
  },
  ["ネリネ"] = {
    jp="これだけ寒いと、きっと人魚さんも凍っちゃいますよね。え?海は凍らないんですか?知らなかった~、私、また一つ賢くなりました!",
    en=""
  },
  ["ヒガンバナ"] = {
    jp="やっぱり寒いと人恋しくなるわ。ねぇ団長さんちょっとだけくっついても良い?<br>なーんて冗談よ。なにデレデレしてるわけ?ふふっま、少しくらいならいいけどね。",
    en=""
  },
  ["ヒガンバナ(世界花の巫女)"] = {
    jp="ねぇなあに?もしかして寒い?ふふっしょうがないわね、よりそってあげる。<br>尻尾温かいでしょ?ふふっこんな贅沢あなた以外できないんだから。",
    en=""
  },
  ["ネリネ(ジューンブライド)"] = {
    jp="こんなに寒くても、海に住んでいる動物さん達は、平気なんですよね。どうして、冷たいの我慢できるのかな。<br>私だったら、きっと泣いちゃう。うぅ、うっ、考えただけで涙が出そう…",
    en=""
  },
  ["シロツメクサ"] = {
    jp="わたしに擦り寄っても、暖かくなりませんよ? 細い体は、見ての通りです。",
    en=""
  },
  ["コキア"] = {
    jp="さびぃのは我慢したらダメです。きぃ抜いたら命に関わりますからな。<br>団長さん聞いてますか?酒でも何でも持ってきますんで、無理したらダメですよ。",
    en=""
  },
  ["キンモクセイ"] = {
    jp="この寒さ…!団長殿は平気なんですか?だったらウチも頑張って耐えなきゃ…って。あ、だ、団長殿も寒いんですね。良かった…一緒です。",
    en=""
  },
  ["ストロベリーキャンドル"] = {
    jp="寒いと、部屋の中で日記ばっかり書いちゃう。室内にこもってちゃ新しいことも起きないし……。<br>よし、外に買い物に行こうかな。団長さんもどう?",
    en=""
  },
  ["ハギ"] = {
    jp="はわわぁ!団長さんの手とっても冷たい!むぅ~…あ、はい、団長さん、わたしと手を繋ごう?そうすればきっと二人共あったかいと思うの!",
    en=""
  },
  ["クローバー"] = {
    jp="外に大量の雪だるまがある?あ、それ、私が作ったやつだよ。姉さんのこと考えてたら、つい作りすぎちゃった。<br>ちなみに、ちゃんとあなたの雪だるまもあるからねっ。",
    en=""
  },
  ["アズキ"] = {
    jp="外から帰ったら部屋で温かいお茶でも飲もう。たしかお茶菓子の詰め合わせもあったような…<br>わたしが用意しておくから、団長はくつろいでていいよ。",
    en=""
  },
  ["ジャスミン"] = {
    jp="団長様は…体調いかがですか?体があつくなるようなきもち…風邪だったらがっかりですわよね。",
    en=""
  },
  ["ホトトギス"] = {
    jp="陽の光をあまり浴びずに済むこの季節は、嫌いではないですが……。<br>その……恋しくなりますよね、人が……というか、だ、団長様が……。",
    en=""
  },
  ["ホトトギス(水着)"] = {
    jp="冬の時期くらいは害虫もおとなしくなってくれないでしょうか。寒い日は、お部屋の中で団長様とゆっくり過ごしていたいです。",
    en=""
  },
  ["リリオペ"] = {
    jp="寒いわねぇ。冷えた身体を温めるには、裸で抱き合うのが一番いいらしいわよ。<br>さあ団長、服を脱ぎなさい。……フフ、冗談よ。二人きりになってから、ね。",
    en=""
  },
  ["オニユリ"] = {
    jp="この季節は、角が冷えてしまいます…。部屋では、モコモコの角カバーを使っているので平気ですが…。<br>付けたまま外出するのは、流石に格好悪い……でも…悩みどころです……",
    en=""
  },
  ["オニユリ(クリスマス)"] = {
    jp="私のツノカバーと柄がお揃いのマフラーと帽子、団長さんのために頑張って編んでみました。良ければ使ってくれると嬉しいです。<br>も、もちろん、使ってもらえなくても全然平気ですから。",
    en=""
  },
  ["クレマチス"] = {
    jp="この寒さ……団長さん、平気ですか?何か上に羽織るものでも持ってきましょうか?<br>それとも、えっと、人肌の方が好き、ですか……?",
    en=""
  },
  ["シュウメイギク"] = {
    jp="ガジュマルが雪の圧縮に挑戦しておったが<br>いやはやまったく、タライ1つ分を握りこぶし大に圧縮するなど我が目を疑った。<br>世の法則を超越しておる、腰が抜けるかと思ったえ。",
    en=""
  },
  ["スキミア"] = {
    jp="あ、団長さん寒いですよね。ぎゅ~……これで温かくなってください。<br>ふふっ温かくなりました?あれ?団長さん、顔真っ赤ですよ?",
    en=""
  },
  ["カラタチ"] = {
    jp="体調を崩しやすい時期だから、気を付けてね? うがい、手洗い、早寝早起き……出来る限りの事はするように。<br>……風邪でも引かれたら、一緒にいられる時間が減っちゃうでしょ?",
    en=""
  },
  ["ススキ"] = {
    jp="ウサギは寒くなると、みんなで身を寄せ合って寝るんだー。でも、ウサギノオの髪の毛がくすぐったくて、昨晩は大変だったよー。",
    en=""
  },
  ["ススキ(水着)"] = {
    jp="冬は熱々の料理で身体の中から温まろう?私の息で冷ましてあげるから、団長さんはあーんってしててね?<br>はい、あーん…えっ?ふーふーってしてなかった?<br>や、やっぱり熱いうちに食べた方が良いと思っただけだよー!",
    en=""
  },
  ["カンナ"] = {
    jp="団長さん!だ~れだ♪ ……えっへへ!うちや!アハハッ!冷たかったか?<br>もうずっと外に出てたから、手が凍ってしもうてな……。<br>なあ、ちょっと今からおでんでも食べに行かへん?もちろん団長さんの奢りでな!",
    en=""
  },
  ["オトギリソウ"] = {
    jp="寒い季節になると、お鍋が食べたくなるね!みんなでテーブルを囲んで食べると、いつもより美味しいし、心も暖かくなるんだよ。<br>……そうだ!今度ハナショウブさんに作ってもらおうよ!団長さんも一緒に食べよ?",
    en=""
  },
  ["オトギリソウ(ベイサボール)"] = {
    jp="身体を動かして、寒さを乗り切るしかないっ!<br>というわけで団長さん、雪合戦しよう! さっき、雪玉をたくさん作ったんだ!<br>……って、ない!? ゆ、雪が積もっちゃったんだ……。ど、どの辺に置いておいたっけ?",
    en=""
  },
  ["ヒョウタン"] = {
    jp="お酒を飲む機会が増えるから、だーりんにも忠告だぞ。<br>下戸の子に飲ませるのはヒョウタン的に絶対NGなのだ! そんなことをするから吞兵衛がバカにされるのだ。<br>酒は飲んでも飲まれるな。下戸には優しくソフトドリンクなのだ。",
    en=""
  },
  ["ヘチマ"] = {
    jp="乾燥の季節には保湿が大事! さぁ~、化粧水を配布しま~す!<br>ウチの実家の商品をあたしが花騎士用にアレンジ♪ 効果抜群だよ~♪",
    en=""
  },
  ["フクシア"] = {
    jp="えぇっ!?団長の手、めっちゃかじかんでる。待ってて、フクちゃんがすぐに暖めてあげる。<br>えぇっと、こういう時は人肌が良いって……。わぁっ!ふえぇ、冷たいけど我慢っ!団長の為に、が……我慢するよぉ。",
    en=""
  },
  ["ベロニカ"] = {
    jp="この寒さで、害虫も苦しみ悶えているかしら?逃げ惑う害虫を、一匹残らず潰したいわね♪",
    en=""
  },
  ["ラッセリア"] = {
    jp="っただいまー、帰ってきたよー!お土産はー、はい、これ!雪だるま。<br>手のひらサイズで可愛いでしょ?",
    en=""
  },
  ["ステラ"] = {
    jp="ママがお家を暖かくして待っててくれるから寒い冬でも頑張れるんだよってパパはいつも言ってました。<br>パパもママも本当にキラキラで、そういう関係に憧れますね。",
    en=""
  },
  ["リンドウ"] = {
    jp="暑い暑いって心で念じていれば、どんなに寒くたって暑いと思えるんだよ?団長さんもやってみて?<br>はいっ!暑い!暑い!……ううっ!つ、冷たい風が~。うう~。寒っ、さm……あ、暑い!<br>暑いから、もう少し団長さんの近くに行ってもいいかな?",
    en=""
  },
  ["アイビー"] = {
    jp="冬は寒い。当たり前のことだけど、だからって平気にもならないのよね……<br>それに、今日は特に凍みるように寒かったわ……団長さんが居なくて。<br>そんな訳で、分かってるわよね?抱きつくわよ。団長さんの体温で、私を温めなさい。",
    en=""
  },
  ["アイビー(新春)"] = {
    jp="逆夢、逆夢バクぱくぱく。悪夢を吉夢に変える、夢違えの呪文。<br>昔はね、毎日のように唱えてたの。寒くなると夢に出てたから…。<br>けど、最近じゃぐっと減ったわ!きっとこのお着物と…ふふ♪団長さんのおかげ…ありがとう、私今とっても幸せよ!",
    en=""
  },
  ["ヘリオトロープ"] = {
    jp="み、道が真っ白になっちゃってますです!<br>外に出たら、ヘリオ、きっと帰ってこれませんです…",
    en=""
  },
  ["ヘリオトロープ(浴衣)"] = {
    jp="雪だるまでヘリオを作ってみましたですー。たくさん体を擦り付けたら、甘い匂いも移るでしょうか……です?",
    en=""
  },
  ["ヒギリ"] = {
    jp="肌寒い季節になりましたねえ。外に出るのが辛くないですか?<br>室内は暖かくて、少し眠くなるくらいぬくぬくですし……って、これではいけませんね!? ちょっとランニングに行ってきますっ!",
    en=""
  },
  ["キンレンカ"] = {
    jp="はぁっ…ふぅっ…皆に誘われて、雪だるまを作ってました。作ってる最中は気にならなかったけど、意外と良い運動になるんですね。",
    en=""
  },
  ["バルーンバイン"] = {
    jp="一人では抗えない吹雪でも、二人分の翼でなら飛んでいけるはずです。<br>落ちてくる雪を切って、あの厚い雲を突き抜けて。みんなと繋がっている、青い空へ!<br>一緒に目指しましょう、団長さん!",
    en=""
  },
  ["バルーンバイン(イースター)"] = {
    jp="綺麗な雪の結晶、見つけちゃいました。実は心の浄化って意味があるの知ってました?それとも私が雪のことなんて意外、って思います?<br>お空と食べ物の他にも、興味がわく事があるんですよ。",
    en=""
  },
  ["スイギョク"] = {
    jp="海が凍ると、普段行けなかった場所に辿りつけたりするもんだ……<br>そこにも大冒険が待ってるはず……団長!一緒に行こう!",
    en=""
  },
  ["ハゼラン"] = {
    jp="忍術には、雪の中での戦闘方法もあるみたいなんだよね。桃源郷がもしウィンターローズにあったら、訓練させられてたのかな?",
    en=""
  },
  ["クフェア"] = {
    jp="寒い日が続くから激辛鍋でも食べるか…?身体をしっかり温めないと冬を乗り切れんぞ!",
    en=""
  },
  ["オミナエシ"] = {
    jp="今年も四季が終わりますね。あと何度、私たちは一緒に、四季が通り過ぎるていくのを見るのでしょうか。<br>もしも、あなたが望むのなら、私は、この命が尽きるまで……そう約束します。",
    en=""
  },
  ["エルダーフラワー"] = {
    jp="山にいた頃はこの時期がお客様が一番多かったんだ。<br>何でだか分かる、団長さま? えへへ、答えはねーあたしの薬が風邪に効果抜群だからだよ。<br>風邪を引いたらエルダーフラワーってそりゃもう有名なんだから!",
    en=""
  },
  ["パイナップル"] = {
    jp="うっふ、寒かったら温めてあげましょうか?私のこの完全無欠の身体で、貴方に熱を灯してあげる。<br>……あ!や、やだ……本気にしちゃった?えっと……別にからかったつもりじゃないのだけど……。<br>そんな凝視されると流石に……えっと、後でじゃ……ダメ?",
    en=""
  },
  ["コルチカム"] = {
    jp="寒いせいか、動物たちがたくさん集まってきたね。私も、この子達で暖を取らせてもらうとしよう。団長さんも、一緒にどう?",
    en=""
  },
  ["モルチアナ"] = {
    jp="薪も買わなくてはいけませんし、母への仕送りを少し増やそうと思っています。<br>余計なお世話と言われそうですけど、冬の間は無理矢理にでも送るつもりです。",
    en=""
  },
  ["タチアオイ"] = {
    jp="こんな雪の多い日は団長さんの傍が一番だ。見も心も温まって…ふふっ、寒さなんて忘れてしまえる。<br>団長さんもそうであってくれると嬉しいけど…いや、それは求めすぎ…かな。",
    en=""
  },
  ["パキラ"] = {
    jp="寒い日は湿気に要注意!部屋をジメジメさせちゃうと、金運だけじゃなくて色んな運気も下がっちゃうの。<br>だから、ジメジメしないように明るく過ごそう?",
    en=""
  },
  ["ルナリア"] = {
    jp="月を背景に雪が降って……。こんな美しい景色があるのですね~。どのくらいまで積もるでしょうか?<br>月明かりに照らされた雪は素晴らしいものだとサンカクサボテンが言っていました。……見られると……いいなあ。",
    en=""
  },
  ["アナベル"] = {
    jp="雪の日に狩りをしたい。そんなときのコツはね、雪を口に含むこと。<br>白い息とか出してたら、野生の獣は近づいてこないから。雪を含むことで、それを抑えるの。<br>ふふっ、勉強になった? なったなら実践しよ! 今度の休み、空けておいてね。",
    en=""
  },
  ["ハボタン"] = {
    jp="雪合戦するときは、私をチームに入れたほうがいいよ。この自慢の話術で、相手を翻弄すれば、チームの勝利は間違いなし!<br>私が団長さんを勝たせてあげる!",
    en=""
  },
  ["スズナ"] = {
    jp="よければ一緒にお散歩に行きませんか? 私、冬の道を歩くのが好きなんです。霜柱を踏んだ音とか、水溜りが凍ったところを歩いたり…。<br>昔は体験できなかったことが多くて、今でも新鮮な気持ちになるんです。",
    en=""
  },
  ["エーデルワイス"] = {
    jp="スノーフレークに雪合戦を挑まれたのだけれど、あの子ったらいきなり足を滑らせてどこかに消えちゃったわ。<br>…ドジばっかりで、心配になっちゃうわ。<br>その点、貴方なら平気…よね?うふふっ♪",
    en=""
  },
  ["エーデルワイス(新春)"] = {
    jp="今は寒いけれど、すぐに暖かくなるわ。<br>その頃には、きっとこの冷たい風が恋しくなる。<br>だからその前に、楽しい冬の思い出をつくるわよ!",
    en=""
  },
  ["オトメギキョウ"] = {
    jp="寒くなってきたねぇ~。<br>私は暑いのよりは寒い方が好きだから、この季節は好きだよ!<br>雪もいいよねぇ~。すごく好きなんだぁ~♪",
    en=""
  },
  ["タンポポ"] = {
    jp="今日はみんな、焚き火の周りに集まってるです。みんなでお茶しながらお喋りするの、楽しいですよ。<br>団長さんも一緒にお茶を飲むのです。",
    en=""
  },
  ["ヤグルマギク"] = {
    jp="何回目の冬を迎えたことでしょう。冬はやはり寒いですね。<br>人肌恋しい季節と言いますか、自然と貴方の方に近づいていってしまいます。貴方も、もう少しこっちに来てもらえますか?",
    en=""
  },
  ["アスター"] = {
    jp="雪が積もると音を吸収するだろう?一人で居ると不安になることもある、私の事じゃない。<br>世の中にはな、この静けさが怖いという人が大勢いるんだ。こうして隣に寄り添う人が居れば話は別なのだがな。",
    en=""
  },
  ["アキレア"] = {
    jp="寒くなると人肌恋しい……だとさ。わからんでもねーけど、寒い熱いは関係ねーんじゃねーのかねー。恋しいときはいつだって恋しい。<br>そういうもんだろ。ほーれ、もっとこっちよれって。俺が芯まで温めてやっからさ。",
    en=""
  },
  ["シロタエギク"] = {
    jp="ウィンターローズに積もっている雪、あるじゃろ?実はあれ、よく見るとキレイな形をしておるのじゃぞ。<br>しかも、場所によって形が違うのじゃ。初めて知った時は感動したものじゃよ。",
    en=""
  },
  ["オナモミ"] = {
    jp="私の財力を投じて大浴場の横にサウナを作ったわ!さあ、準備は出来ているからすぐに行きましょ。<br>ん、あら団長、腰のタオルは何なのかしら?そんなものは捨てて、さあ。私と二人っきりで……ふふふふ。",
    en=""
  },
  ["シロタエギク(クリスマス)"] = {
    jp="寒い朝は年寄りにはなかなかきついのう。<br>そんな時は体操をしてみるとな結構体が温まるのじゃ。今度そなた様も一緒にやってみるかの。",
    en=""
  },
  ["アキレア(監獄島)"] = {
    jp="ったくよ~、外で訓練できねーし、このままじゃ体が腐っちまうよ。何かで気晴らしとかねーと。…お、いいこと思いついた♪<br>団長、このままオレと付き合え。どこにって、団長の部屋に決まってんだろ。そこでオレの鬱憤を解消してもらう。ちなみに、拒否権はねーからな。",
    en=""
  },
  ["カーネーション"] = {
    jp="日の当たらない部分は、まだ雪が残っていますねぇ。日陰に生きるものの宿命です。<br>私は、雪が積もっても、凍り付いてもへっちゃらです。すべて団長さんのためと思えば、耐えられますから…。",
    en=""
  },
  ["スイートウィリアム"] = {
    jp="寒くないかい、団長くん。私達の仕事は身体が資本だ、気を抜いて体調を崩しては元も子もないよ。",
    en=""
  },
  ["アグロステンマ"] = {
    jp="元老院に居るときは、暖かい部屋でもどこか寒々しい気分でしたわ。<br>でも、あなた様と一緒だと、寒くても心は暖かいんですの。ふふっ、心というのは不思議なものですわ。",
    en=""
  },
  ["ビスカリア"] = {
    jp="団長、アタシに出来る仕事ある?ほら、雪が積もったら色々と不便なんだよね?<br>雪かきするなら、アタシも一緒に手伝いたい!",
    en=""
  },
  ["ナナカマド"] = {
    jp="慎重に準備しておきましょう!布団はずれてないか、枕元に水はあるか。<br>だって、準備しておかないと夜中にトイレ行くとき、すっごく寒いじゃないですか!",
    en=""
  },
  ["リンゴ"] = {
    jp="雪が積もったら、一緒に雪合戦でもどうですか?<br>お美しい方々とキャッキャウフフしながら雪玉をぶつけ合うなんて、最高に楽しいです…むっはぁー!!<br>…早く積もらないかなぁ~",
    en=""
  },
  ["ピラカンサ"] = {
    jp="団長に抱きしめてもらえると、胸がポカポカする…。本当、なんでもリンゴの言った通り。<br>けど、……ドキドキもしちゃってるよ。だ、団長? あんまり聞いたら、嫌…だからね?",
    en=""
  },
  ["コデマリ"] = {
    jp="だ、団長さま~、寒さのあまり、携帯食料を食べ尽くしてしまいました。<br>このままでは、凍え死んでしまいます~。凍死です。食べるもの、ないですか?",
    en=""
  },
  ["リンゴ(七夕)"] = {
    jp="もし、風邪をひいたら、可愛い花騎士さん達に看病して貰えるかもですよね? むっはぁ~~!!それじゃぁ熱も上がって大変ですよ!!",
    en=""
  },
  ["マルメロ"] = {
    jp="むふぅん、良いですよねえ、冬!厚着になる女の子たち、良いですよねえ。<br>モコモコのフワフワで、いつもよりとっても可愛くてたまりません……これはもう、誘惑されてるようなものぉ、ああ、おしゃけえ……止まりません……",
    en=""
  },
  ["コデマリ(イースター)"] = {
    jp="熱々の鍋料理を、お腹いっぱい食べて…。<br>その上、団長様にこうやって、だっこしてもらって…。<br>ぽかぽか、あったかくて、すごく、眠くなって…。<br>しあわせです…ふぅ…ん…。",
    en=""
  },
  ["スノーフレーク"] = {
    jp="今日は一段と寒いから鍋を作った。具材はバターロールにしてみた。……ご主人様も食べる?",
    en=""
  },
  ["スイートピー"] = {
    jp="こんなに寒いと外に出たくないなぁ…。風邪ひかないように体調管理しっかりしなきゃ。",
    en=""
  },
  ["エニシダ"] = {
    jp="この季節は空を飛ぶのが大変なんです…。魔法で少しは楽になりますけど。団長さんと一緒なら暖かくなるかも、ですけどね?",
    en=""
  },
  ["ライラック"] = {
    jp="人肌恋しい季節ですねぇ。でも、今の言い方だと人肌なら誰でもいいみたいな感じになっちゃいますけど。<br>私の欲しい人肌は、団長さんの人肌だけですから!…なんだかちょっと不気味な表現になりましたねぇ。",
    en=""
  },
  ["ヘリコニア"] = {
    jp="ううう…っさむさむ…っン……ねえ。団長…ちょっとこっちに来てよ……今は派手さよりも、温もりがほしい…っ",
    en=""
  },
  ["クロユリ"] = {
    jp="雪は好きではない。あれが生む無音は、独りになった日を思い出すだろう。",
    en=""
  },
  ["レッドチューリップ"] = {
    jp="あら~、けっこう雪積もってきたわねぇ。ちょっとわくわくするわ。<br>そうだ、かまくらを作らない?え、なんで作るかって?試したいことがあるの。<br>私と団長さんで中に入るじゃない?それで、あーんなことや、こーんなことをした場合、かまくらが溶けるかどうかっていう、じ・っ・け・ん♪",
    en=""
  },
  ["イエローチューリップ"] = {
    jp="おかえりなさい!身も心も内臓も温まるスープができたわ。どうぞ召し上がれ。材料は秘密。作り方も秘密。<br>あぁでも、108種類のお薬が入ってるから。って団長さん!いきなり噴出さないでくれる?顔にかかったわよ…。<br>もう、冗談に決まってるでしょう。ほんとにあわてんぼうね。",
    en=""
  },
  ["パープルチューリップ"] = {
    jp="雪……白銀の世界……。誰かの悲しみの声も、吸い込んでしまいそうですね。<br>吸い込み、溶かしてあげる力は、雪にあるかしら?",
    en=""
  },
  ["ホワイトチューリップ"] = {
    jp="はぁ…すっかり水が冷たい時期になりましたね。診療所では、どうしても水仕事が避けられませんので…。<br>え、え!?あなた様が握って暖めてくださるのですか!?え、そ、それでは、どうぞ…煮るなり焼くなりお好きになさってください!",
    en=""
  },
  ["リューココリーネ"] = {
    jp="今日も寒いね。暖かい格好をするのは勿論だけど、食べ物にも気を使ってる?<br>ただ熱のある料理、というわけじゃなく、冬に収穫されるものを選ぶと良い。<br>冬に採れるものは身体を温める力があるんだ。自然は凄いよ、本当に。",
    en=""
  },
  ["アリウム"] = {
    jp="毎年この時期になると、結構重たい悩み相談が増えるんです。<br>プロポーズ、進学、就職。春を見据えての人生相談です。皆さん、冬の間に春のことを考えてしまうんですね。<br>すごいなぁ……私は目の前のことで頭を悩ませてしまいます。でも!冬の寒さや厳しさとは、しっかり向き合うようにしているんですよ。",
    en=""
  },
  ["クロユリ(新春)"] = {
    jp="雪合戦か……。大勢で遊ぶのは遠慮するが、お前と1対1ならいいぞ。<br>ただし、遊びとはいえ戦いだ。一切容赦はしないからな?それでもいいなら、外に出ようじゃないか。",
    en=""
  },
  ["テッポウユリ"] = {
    jp="また、タカサゴユリのベッドに潜り込んでしまいました。冬は寒いからか、普段よりも頻発するようです。<br>……申し訳ないとは思っているんですけど、人肌は温かくて、落ち着くので……普段よりも安眠できてしまいます。",
    en=""
  },
  ["ギンラン"] = {
    jp="団長さん、暖かいですね。ふふ、そばにいてくれるだけでいいんですよ。運命は、その程度で変わりはしませんから。<br>あら、でも離れてもいいってわけでもありませんからね?んふふ。",
    en=""
  },
  ["エピデンドラム"] = {
    jp="手がかじかんで力が出でないぃ~。あ、そうだ団長。ここに息吹きかけてみて。<br>……あ~、そうじゃなくて。はぁ~ってやるの。こんな感じに。はぁ~、はぁ~。<br>……団長?何顔真っ赤にしてるの?",
    en=""
  },
  ["エピデンドラム(水着)"] = {
    jp="雪がきらきら輝いてきれいだけどー……<br>うぅーん、やっぱりさぶい!暖かいベッドの中でぬくぬくしてたいー。",
    en=""
  },
  ["リカステ"] = {
    jp="こないだ、オトメギキョウちゃんがプロテアちゃんをぎゅう~~ってしてたんですよ~。<br>オトメギキョウちゃんが頑張ってる様子は、やっぱり可愛かったです~♪ うふふっ♪ 今度私もしてもらおうかな?",
    en=""
  },
  ["デルフィニウム"] = {
    jp="雪が積りすぎて外に出れない…くぅー!何故かテンション上がってきたぁー!<br>はっ!団長、なぜデルちゃんの手を握る!?外に出ようとしているのが、バレているというのかー!!",
    en=""
  },
  ["ニゲラ"] = {
    jp="コート、手袋、マフラー、毛糸の帽子、その他諸々の準備を済ませていざ茂みの中へ…<br>……だけどどんなに着込んでも、この季節はお外でお昼寝ができない。この情報はきっと未来永劫役に立つ…",
    en=""
  },
  ["ラークスパー"] = {
    jp="ぅうぅう……今日も寒いですぱーねぇぇ……。寒い……雪……コールド……スノー<br>うむむ? ……なにか、また新しいワルナスビ様の技名が閃きそうですぱ。<br>……あ、技の中身? それは、マイスターが考えるのですぱ。技名だけなら100個くらいあるかもですぱ!",
    en=""
  },
  ["デルフィニウム(競技会)"] = {
    jp="……あれ? 団長どうしたの? そんなに震えて……もしかして寒いの?<br>これはチャンス! デルフィが、くっついててあげる! ほら、こうしてるとあったかいでしょー?<br>団長マジリスペクトのデルちゃんだけが許された、必殺技だからね♪",
    en=""
  },
  ["キンポウゲ"] = {
    jp="雪合戦の経験?やったことはないけど、どんな遊びかは知ってるわ。だから問題無いの。<br>なんでもそつなくこなすのがエリートってものでしょ?たとえ遊びでも私の優秀さを皆に知らしめてあげるわ!!",
    en=""
  },
  ["ラークスパー(ハロウィン)"] = {
    jp="ふっふっふ、このスクワイアの自信作、見るがいいですぱ!マイスターを忠実再現した、等身大の究極雪像!<br>一番苦労したのは、やっぱお胸ですぱね!別パーツですから、くっつける時に緊張しまくりだったですぱー!",
    en=""
  },
  ["ボタンヅル"] = {
    jp="ふっふ~ん♪ キミも~、ゴロゴロの魔力に憑りつかれたみたいだ~♪<br>朝とかー、ベッドから全然出てかないじゃ~ん♪ いいよいいよ~? その調子~、そのまま堕落しちゃえ~♪",
    en=""
  },
  ["ミカン"] = {
    jp="団長、寒いのを我慢なんかする必要ありません。燃料、多めに持ってきてありますし、お金も私が払っておきました!<br>凍えて体調を崩したら大変です。ちょっとでも寒かったら、すぐに言ってくださいね!",
    en=""
  },
  ["ハナミズキ"] = {
    jp="Oh…寒いけど我慢デース…知ってマスよ、こういう時はシントウメッキャク(心頭滅却)っていうんデスよね?<br>えぇ!それは暑いときに言う言葉なんデスか!?じゃあシントウメッキャクしまセーン!",
    en=""
  },
  ["ハナミズキ(浴衣)"] = {
    jp="寒い時はHeartを熱くさせるのデース!ワタシがYeelを送りマスから、頑張ってくだサイ!You can make it デスヨ、だんちょーサン!",
    en=""
  },
  ["カラー"] = {
    jp="空気が乾燥していると、肌が痒くなりますよね?……そんな時はコレ!体に塗るクリームです!<br>スベスベになりますよ~♪団長様も試してみて?ここと……ここと……ここにも!<br>ええ~い、ぬ~りぬり♪ ふふっ、ちょっと塗りすぎちゃった。でも、これで乾燥は怖くないです!",
    en=""
  },
  ["コムギ"] = {
    jp="にぃの手、とっても温かいです。 コムギの手が冷たくなっても、にぃがいれば平気。<br>……でもこれだと、ずっと離れたくなくなっちゃう。 お菓子作りの時、どうしよう……。",
    en=""
  },
  ["ゼラニウム"] = {
    jp="こんなに寒い日でも、クロユリが傍にいれば暖かいよ。<br>私の気持ちもクロユリの心を暖めてくれているかな?きっと、二人とも暖かいよね?",
    en=""
  },
  ["ゼラニウム(浴衣)"] = {
    jp="団長さん、ハロウィンに続いてボロボロだね……。さては学習してないな? もうクロユリにちょっかい出すのはやめときなって。<br>団長さんの方が死に場所を探してるように見えるよ。こんな寒い時期に外で倒れたら、洒落にならないんだからね",
    en=""
  },
  ["ギンリョウソウ"] = {
    jp="その寒さ、北風のせいだけじゃないかも。",
    en=""
  },
  ["スズランノキ"] = {
    jp="雪の降り積もった日は、世界中が凍り付いてしまったかのように静かになるわね……。<br>指先だけでも触れてしまえば、その全てを壊してしまいそう。",
    en=""
  },
  ["サツキ"] = {
    jp="雪合戦で石を入れると、スリルが段違い!しかも、石入りと石無しをランダムにしてもらうと、更に刺激的なの~。<br>良かったら……ああん何よ、そんなイヤそうにしなくてもいいじゃな~い。",
    en=""
  },
  ["カルミア"] = {
    jp="冬はワタちゃんが羨ましいデス。羊たちのモフモフな身体……カルミアもいっぱいモフりたい! ハグしたくてたまらないデース。",
    en=""
  },
  ["エノテラ"] = {
    jp="冬には温泉に入るべきです。戦士にも休息は必要ですから。<br>なので、冬季休暇を申請。エノテラと団長の二人分、それで温泉に行きましょう。<br>行って、動物になって、温泉三昧です。",
    en=""
  },
  ["エノテラ(天つ花の令嬢)"] = {
    jp="ウィンターローズの移動手段に、スキーというものがあるそうです。<br>エノテラ、やってみたいです。山に行きましょう、団長。無論、騎士団全員で。<br>誰一人、仲間はずれにはしません。引きこもりも、強制参加で道連れにしましょう。<br>ごりごりの体育会系の騎士団に入ったのが運の尽き...と、諦めてもらいます。",
    en=""
  },
  ["ナイトフロックス"] = {
    jp="あらあら、そんなに雪まみれで~……任務おつかれさま。<br>あったかいお茶を淹れますから、暖炉の前で暖かくしてくださいね。",
    en=""
  },
  ["ペンステモン"] = {
    jp="寒かったら、お酒でも持ってきましょうか?仕事中だから、飲みすぎは厳禁だけど、凍えてたら、そもそも仕事にならないもの。<br>私?私はいらないわ。見てるだけで大丈夫。それだけで、寒さも忘れられるもの。",
    en=""
  },
  ["トレニア"] = {
    jp="村おこし用の商品の試作品として、防寒着を作ったそうです。<br>団長様、着心地を試してもらえ……わぁ!こ、これ全部私の顔が縫い込まれてるぅ!こんなの着たら、わわ、私達、誤解されちゃいます。<br>恋人みたいって。わぁ、ダメ、嫌じゃないけど……ダメですぅ~!",
    en=""
  },
  ["ペンタス"] = {
    jp="寒いけれど、ソフトクリームは寒くたっておいしいのです!<br>はふっ、はむっ…ぅうう、さ、寒い、本当に寒い、ですっ!",
    en=""
  },
  ["バンテイシ"] = {
    jp="団長、雪合戦って遊び知ってる?話に聞いたんだけど、雪でボールを作ってそれを互いにぶつけ合う競技らしい。<br>ヒメリュウキンカがやりたがってるんだけど、危険は無いのかな?団長も一緒にやってくれないか?",
    en=""
  },
  ["サンゴバナ"] = {
    jp="冬はちゃんと、刀のお手入れをします。寒いと、傷んじゃいますからね。",
    en=""
  },
  ["サンゴバナ(クリスマス)"] = {
    jp="小さい子たちが戻ってくる前に、スープを用意しておきましょう?<br>きっと、雪遊びに夢中になって、寒さで震えながら帰ってくるはずですし。<br>それでぇ……それでぇ! 私のお姉さんっぽさをアピールしちゃいますっ! ええ!",
    en=""
  },
  ["ニシキギ"] = {
    jp="団長さんにくっついてるとあったかいですぅ~……。それに、周りの視線も熱いくらいで……ふーん、危険ですー!<br>ドキドキですー!目立ちたくないけど、団長さん!ギューギュー、ですぅ!",
    en=""
  },
  ["モミジ"] = {
    jp="うがい、手洗い……スズランノキが徹底させていました。団長はちゃんとやっていますか?",
    en=""
  },
  ["モミジ(クリスマス)"] = {
    jp="冬は保存食ばかりになるから、意識的に無理をしてでも野菜を食べなさい、とスズランノキが言っていました。<br>ですのでこれです。青汁です。相当苦いそうなので、一気に行きます。見ていて下さい。<br>ん…、ん…?ん…、ぐっ…!?ん、うっ…、んっ…、えっ…、ぁ…、うあぁっ…!<br>だ、だん、ちょうっ…!あ、甘い物、な、何か甘い物を食べさせてくださいっ…!",
    en=""
  },
  ["イチョウ"] = {
    jp="それでは、団長さんに花騎士の皆さん!冬の名物、寒中水泳をやりましょう!<br>うふふっ、私は子どもの頃から冬になると、よく祖父と…あれ?…皆さん?どこへ行かれるのですか?皆さ~ん!?",
    en=""
  },
  ["ホオズキ"] = {
    jp="この寒さの中、外で訓練に励むなんて、ホオズキちゃんは花騎士の鑑だきぃ。<br>決して……ただ、雪だるまを作っているのではないきぃ。これはホントに訓練だきぃ!うむ。",
    en=""
  },
  ["モミノキ"] = {
    jp="寒い夜に、二人で暖炉の前で一枚の毛布に包まって、温かいココアを飲む。<br>……そんな状況を考えると、寒さがちょっと和らぎませんか?<br>……もちろん……帰ったら、本当にそうしてもいいですよ……?うふっ♪",
    en=""
  },
  ["マツ"] = {
    jp="団長さん、もしかして寒いのではないでしょうか? ――うふふふっ、当たりですか。<br>私も少しは人の気持ちを想像できるようになりました。勿論、どうすれば暖かくなるのかも想像できます。<br>こうして団長さんに寄り添い、肌をすり合わせれば……ほら。",
    en=""
  },
  ["ヒトリシズカ"] = {
    jp="団長さん…?お布団…ご一緒してもよろしいですか…?二人で寄り添えば、寒い冬も怖くありません。<br>それに…雪山で遭難したときはお互いの体を温めるために…ふふっ、その辺りはお任せします。私の…、素敵な団長さん…。",
    en=""
  },
  ["ナンテン"] = {
    jp="冬は悪い気が集まりやすいから、私とフクジュソウのコンビで対応策を練る必要があるわね…。みんなで冬を乗り越えて、暖かな春を目指しましょう。",
    en=""
  },
  ["シャクヤク"] = {
    jp="俯いていたら、団長さんの顔、見えませんよね。<br>胸を張って前を向かなきゃ、団長さんを見れません。当然のことですけど……見れないと寂しいですから。<br>背筋を伸ばす理由。もう一つ、見つけちゃったかもしれません。",
    en=""
  },
  ["シャクヤク(ハロウィン)"] = {
    jp="筋トレしたら、すぐ汗拭かないと風邪ひいちゃいます。<br>いつももそうですけど、今は冬ですから、いつもより気をつけないと駄目です。<br>お互いに気をつけましょうね。辛そうな顔をされたら、私…心配で、前なんて見れなくなりそうです…",
    en=""
  },
  ["シャムサクララン"] = {
    jp="春になる前に、害虫を少しでも減らしたい。そうすれば、誕生の邪魔ができなくなる。",
    en=""
  },
  ["シャムサクララン(クリスマス)"] = {
    jp="どんどん寒くなってきたから、いつもよりいっぱいラブラブする。体も暖かくなるし、心も温かくなる。<br>それは私だけじゃなく、きっと団長も一緒のはず。<br>ほら、団長の体、どんどん温かくなってきた。<br>ん……私もっとくっつくね。もっとラブラブして、もっと幸せにしてあげる。",
    en=""
  },
  ["ハートカズラ"] = {
    jp="冬…それはひと肌恋しい季節。つまり、おみパのセッティングが捗るってこと。<br>夏と違って堅実なカップルがデキやすいんだよねぇ。冬こそおみパの本番よ!",
    en=""
  },
  ["ユキノシタ"] = {
    jp="団長、何か温かい物でも入れてあげようか?私も飲みたいし、コーヒーでもココアでも。<br>え?いやぁ私だって飲むよ普通に。別に猫舌じゃないし。",
    en=""
  },
  ["クモマグサ"] = {
    jp="猫舌には、つらい季節になりました……はぁ。皆さんで食べていると、ふぅふぅで私だけ遅くなってしまって。<br>熱くなくても、体に温まるもの……何か無いでしょうか?",
    en=""
  },
  ["ネモフィラ"] = {
    jp="はぅ~、力作♪力作♪あっ、団長さんどうかしましたか?<br>えっ?外にある雪だるま…ですか?さ、さぁ~?誰が作ったんでしょうね~、あははは…。",
    en=""
  },
  ["イカリソウ"] = {
    jp="団長にしがみついてると、寒さなんて全然感じな~~い。団長もそうかな~?そうだったら、嬉しいな~♪",
    en=""
  },
  ["ツユクサ"] = {
    jp="団長様と、こうして並んで見る雪景色。一人で眺めるよりも断然きれいです。<br>あの、団長様?身体を寄せてもいいですか?ありがとうございます。あったいかいです♪",
    en=""
  },
  ["キリンソウ"] = {
    jp="雪か、あれはなかなか厄介だな。音を消すから、警戒が少し困難になる。とはいえ、足跡は残るから警備上良いこともあるがな。どんな状況でも冷静に見極めろ、ということだな。",
    en=""
  },
  ["キリンソウ(クリスマス)"] = {
    jp="ボルシチを作ってみた。一休みして一緒に食べよう。……ん?あぁ、イブキも食べるか。なら皿を……<br>なに?団長に食べさせてほしい、だと?まったく、そういうことは自分でお願いしろ。できるな?イブキ。",
    en=""
  },
  ["ハゼ"] = {
    jp="あの、あたしのこと、抱っこする?きっと温かいと思うし、じっとしてるから邪魔にもならないって、そう思うんだけど……<br>あ、あたしがしてほしいんじゃないよ!ただ、団長さーが寒いならって、それだけだもん。",
    en=""
  },
  ["ペペロミア"] = {
    jp="冬はぁ、何より温まる事が風水的にも大事なんだよ?だ・か・ら~、ダーリン♪むぎゅ~~!<br>うっわ~、効果バッチリ!ダーリン、顔真っ赤だよ~。えっへへー、恥ずかしがらなくていいのにー♪むっぎゅー!",
    en=""
  },
  ["ユズリハ"] = {
    jp="今日は凄く寒いし、体が冷えないようにホットココア淹れてきたわ。まだ熱いから、フーフーして飲ませてあげるわね?<br>フゥーー、フゥーー。……ほら、めーしーあーがーれ♪<br>……体、温まるでしょう?団長さん、顔が紅く火照ったみたいになってるもの。",
    en=""
  },
  ["プロテア"] = {
    jp="この前、オトメギキョウちゃんにもギュってしてもらっちゃったんです。やっぱり癒されちゃいました♪<br>オトメギキョウちゃんっていつも一生懸命じゃないですか?<br>だから雪が降るような寒い季節でも、オトメギキョウちゃんを見ていると私も暖かくなれるんです。",
    en=""
  },
  ["コマクサ"] = {
    jp="あら団長、悪いけど用事があるなら後にして?姉さんの部屋に布団を持って行かないといけないの、<br>寒いから一緒に寝ようって誘われてね、ふふっお姉ちゃんてば結構大胆なんだからぁ♪",
    en=""
  },
  ["リムナンテス"] = {
    jp="リムちゃん、思うですぅ。こういう寒い季節こそ、花火を打ち上げるべきなのですぅ!<br>どっかーんと明るく爆発して、みんなで楽しくあったかくなるべきですぅ。",
    en=""
  },
  ["サンデリアーナ"] = {
    jp="ミリオンを抱いて寝れば、寒い夜でもぬっくぬくアル!団長も試してみるアルか?貸したげるネ!<br>あ、でも約束!背中をまさぐったりしないこと!守るアルよ!",
    en=""
  },
  ["アサザ"] = {
    jp="冬は辛い料理で温まりたいところなんですけど、ミッちゃんは辛いもの苦手なんですよね。<br>なので辛さ控えめで作る癖がついちゃいました、うふふっ",
    en=""
  },
  ["ミツガシワ"] = {
    jp="冬の終わりに豆を集めて鬼を倒すって言い伝えがあるって聞いたんだけど…<br>鬼って豆が苦手なのかな?あんなに美味しいのに。",
    en=""
  },
  ["タイリンオモダカ"] = {
    jp="すっかり寒くなったけど、風邪には気を付けてね?<br>ただ……もし引いちゃっても、お姉ちゃんがしっかり看病してあげるから、心配無用だよ。",
    en=""
  },
  ["ウサギゴケ"] = {
    jp="えへへ♪ 聞いてなの団長。ウーちゃんね、闇鍋おいしかったの!<br>ウサギノオとススキが色んなもの入れてたんだけど、ウーちゃんには全部ごちそうだったの。2人共びっくりしてたの。",
    en=""
  },
  ["ビバーナム"] = {
    jp="あたしの雪玉って、中に石が入ってるみたいに硬くなるんだよね。だから、小さい子と一緒に遊ぶ時は、意識して柔らかめにするの。<br>勝負には手を抜かないけど、それだけは注意してるんだ。",
    en=""
  },
  ["バイカソウ"] = {
    jp="寒い時こそシャキっとしないとダメですよ、団長。うふふっ♪ そうそう、そんなかんじ。<br>さあ、お仕事の続き、頑張って……えっ? 注意してくれて、ありがとう?<br>……いや、そんなつもりじゃなかったんですけど……。",
    en=""
  },
  ["スターチス"] = {
    jp="これからパトロールに行かなくっちゃ。<br>冬でも害虫は大人しくならないから、気が抜けないの。<br>ちゃんと見回って、街のみんなの安全を護らないとね。",
    en=""
  },
  ["ニレ"] = {
    jp="ふわ~ぁ……公演の内容を考えてたら完徹しちゃった~。でも、おかげで良い公演ができそうだよ。<br>早速、座長の所へ報告に行ってくるね? 途中で馬車でも拾うから、心配御無用だよ?<br>報告だけで帰ってくるから、今日の予定はキャンセルしないでね?",
    en=""
  },
  ["ハナイ"] = {
    jp="団長さん、寒くない?ハナがギュッと抱きついて暖かくしてあげるよ!<br>ぎゅぎゅー!ねえねえ、暖かい?",
    en=""
  },
  ["クレソン"] = {
    jp="くぅ~、早起きがつらいねぇ。キュイジニエールの朝は早いんだ。<br>仕込みをまずやらなきゃいけないし、この騎士団は人数も多いしね。<br>トリトニア調査隊だけなら、もっとギリギリまで寝てられるんだけど。",
    en=""
  },
  ["ストック"] = {
    jp="団長さんの手、すごい冷たくなってますよ?…ぅえーっと、えーと、…ん、…はい!<br>私の手、握ってください!たくさん温めてあげますから!",
    en=""
  },
  ["アイリス"] = {
    jp="実は私、子どものころから雪合戦が得意なんですよ!あれほど戦略性に富んだ雪遊びは無いと思います!<br>よろしければ、今度ご一緒しますか?",
    en=""
  },
  ["カキツバタ"] = {
    jp="ロータスレイクを離れて実感したのですが、故郷の冬はだいぶ暖かかったのですね…<br>はっ…ハス様のお身体をお守りするため、早急に暖かな服を用意しなければ!",
    en=""
  },
  ["ニワゼキショウ"] = {
    jp="寒いのも苦手じゃないから、冬の任務だってへっちゃら~☆早く立派な花騎士になりたいし、ニワちゃん頑張るの!<br>さぁ、団長どのっ!出撃おーだーっ、ぷりーず☆",
    en=""
  },
  ["スパラキシス"] = {
    jp="冬も本番だし、スーさんと約束しよ?うがいして手洗いしてあったかくして寝る。そして換気もちゃんとする。<br>風邪なんて引いたらおしりペンペンだからね?健康が1番!わかったかな?",
    en=""
  },
  ["アヤメ"] = {
    jp="予想はしていましたが、予想以上。……ええ、寒いです。このままでは、ヒツジグサ様がお風邪を召してしまいます。<br>早急に暖かい服が必要です。団長様、良い店をご存知ありませんか。カキツバタと買いに行きます。",
    en=""
  },
  ["トリトニア"] = {
    jp="はぁ、クレソンがちゃんと早起きできて良かった。料理担当だから、朝が早いんだよ。<br>でもほら、最近寒いからちゃんと起きられるか心配で。<br>…だからこうして、私が先に起きて、待機してるんだ。",
    en=""
  },
  ["スミシアンサ"] = {
    jp="さすがにこう寒いと、あったかいものが飲みたくなるなぁ……。あっ、言っとくけど、コーヒーはダメだからな?<br>あんな苦いの飲むのはごめんだぞ……。今飲むなら、お砂糖たっぷり入れたホットミルクだな♪",
    en=""
  },
  ["ロベリア"] = {
    jp="寒い日が続くから、ちゃんとお風呂に入るのよ?血行が良くなって体が温まるから。<br>一緒に入らないかって?……あ、あのねえ、そういう事をこんな所で言わないの!恥ずかしいでしょ?",
    en=""
  },
  ["サワギキョウ"] = {
    jp="団長様、寒い中のお仕事お疲れ様です。 手がこんなに冷たくなって……動かないでくださいね?<br>今ぎゅーってして、温めてあげますから……ぎゅーっ♪",
    en=""
  },
  ["ヨメナ"] = {
    jp="団長ちゃん、お腹すいてへん? 寒い時こそ、おいしい料理でほっこりさせたいんよ~。言うてくれたら、すぐに用意するからね~♪",
    en=""
  },
  ["リシマキア"] = {
    jp="団長さ~ん、冬らしいゲームで勝負ですぅ。雪原の広がる街を舞台に、お互いの街や道路を広げていくんですよ~。<br>ルールは、これから教えていきますね~。もちろんわたしは、全力でやりますよ~。うふふっ♪",
    en=""
  },
  ["ラミウム"] = {
    jp="鍛えておけば寒さなんてへっちゃらよ。後は温かいご飯があればオールオッケー。<br>ってなわけで今日の晩はお鍋に決定!イェイ♪",
    en=""
  },
  ["タツナミソウ"] = {
    jp="冬の海ってどんな感じなんだろう?荒波とか出てるのかな?それとも凍ってる?<br>凍って波とか立たない?あぁ~気になる~気になる~ 団長、お願い!連れてって~",
    en=""
  },
  ["オレガノ"] = {
    jp="雪の中に佇む私の姿を見てみたい、ですか? このもこもことした帽子と、真っ白なコートに着替えてほしい、と。やはり団長さんの中で、私は清楚なイメージになっているんですね。そのイメージを壊さぬよう、完璧に着こなしてみせます。うふふ",
    en=""
  },
  ["ヒツジグサ"] = {
    jp="このような寒さは、初めて経験いたします。ロータスレイクの冬は、ここまで寒くないですから。<br>でも、ウィンターローズは更に寒いんですよね?雪というものも、一度見てみたいものです。",
    en=""
  },
  ["ミズヒキ"] = {
    jp="鍋とは大勢で食べるもの……ならば、これもまたイベントとなります!<br>芋煮会なるものを開催したいと思いますが、どうでしょうか?<br>鍋についてはご心配なく! すでに、超特大サイズを発注済です!",
    en=""
  },
  ["ヤマブキ"] = {
    jp="私、魚を捌いたり、美しく盛り付けたりするのは好きなんだ。ちゃんと用途に合わせた包丁を色々持ってる。<br>最近は寒いから道具の手入れは面倒だけど、刃物だけはきちんと手入れしてるんだ。せっかくだから、何か作るか。団長の為に。",
    en=""
  },
  ["バイケイソウ"] = {
    jp="寒くなるとお肌が乾燥するわよね? いい化粧水とか……リリオペさん、知らないかな? 今度聞いてみよ……詳しそうだし。",
    en=""
  },
  ["バイカモ"] = {
    jp="か、カモオオオオオオッ!雪!?これが雪カモ!?団長!あわわ、わたし初めて見たカモ!すっごいカモー!<br>お父さんとお母さんにも見せてあげたいカモ、持って帰りたいカモ~!",
    en=""
  },
  ["キツネノボタン"] = {
    jp="わ、わたしワルナスビさんの雪像壊しちゃった……。<br>どうなってるんだろうって見てて、戻ろうとしたら尻尾がお胸の所に当たっちゃって、そしたらそこだけがきれいにはがれちゃって……だ、団長どうしよう……。",
    en=""
  },
  ["トウカ"] = {
    jp="寒い季節は本を読むことが多いですね。え? どんな本か……ですか?<br>やっぱり、眠り姫様の伝説に関する本が多いですね。今度、団長様にもお貸ししましょうか?",
    en=""
  },
  ["ホルデュウム"] = {
    jp="ふぁっ、ふぁぁ~~さ、寒いです!寒すぎます!これじゃホーちゃん風邪引いちゃいます!<br>団長さ~ん!ベッドで温めてくださ~い!",
    en=""
  },
  ["ムギ"] = {
    jp="寒い季節になると、お酒で暖まりたくなっちゃうのが悩みなんだあ。私、飲んで楽しくなるとムギムギしたくなっちゃうでしょ?<br>でも……寒い夜に飲む熱燗の誘惑……体に染み渡るお酒……はぁ~、困るぅ。とっても困るよ~。",
    en=""
  },
  ["ヤマゴーヤ"] = {
    jp="寒いから温まろうって騎士団のみんなに抱きついてきたっぴゃー!<br>ふっかふかで、ぽよぽよで、ふにふにーってしてて気持ちよかったー!<br>だから団長っちにもおすそ分けー!えーい、こっちょこちょこちょー!",
    en=""
  },
  ["ミズバコパ"] = {
    jp="ううぅぅ、寒いお~。あったかいお茶が飲みたいお~ 団長さん、どこかにホットレモンティーなーい?",
    en=""
  },
  ["リンデルニア"] = {
    jp="ごほっ、ごほっ……こほっ、この季節は喉に気をつけないと、すぐこうなって……こほっ。<br>いえ、風邪ではありません。 泣き過ぎ……しゃ、喋りすぎただけです。<br>団長さんも、気をつけてくださいね……ごほっ、ごほっ。",
    en=""
  },
  ["クガイソウ"] = {
    jp="フェンネルさんとサンビタリアさん、傘開けばいいから雪が降ってても大丈夫そうだよね。ちょっと、羨ましい……。",
    en=""
  },
  ["アデニウム"] = {
    jp="少しスパイスの効いたお茶を淹れてみた。冷えた体が温まるぞ。お酒は駄目だが、温かいお茶は好きだな。",
    en=""
  },
  ["クコ"] = {
    jp="雪……はあぁ 白い、純白 ちらちら、ちらちら 綺麗 クコ、初見 ロータスレイク 降雪 無し お外、出発♪ 遊戯、雪 全部 体験希望♪",
    en=""
  },
  ["フユサンゴ"] = {
    jp="人の動きが抑制されますから、冬はあまり布教活動に向きません。<br>そのせいか、旅の間は飲食店や観光地へ立ち寄る事が多かったですね。全て、フウロソウの発案でした。<br>偶然だとは思いますが、護衛任務に休息は不可欠なので、かなり助かりましたね。",
    en=""
  },
  ["カガミ"] = {
    jp="氷の張るような場所でも航行できるよう、船の装備は整えてありますよ。勿論、眠り姫様に安全の祈願も致します。<br>それでも安泰とは言えないのが、乗船するということです。安心はしていただきたいですが、慢心してはいけません。",
    en=""
  },
  ["ミズアオイ"] = {
    jp="だ、団長さん…ぁ…寒かったらその……こっちにどうぞ?お姉ちゃんが、あっためてあげても…いいですよ?<br>…あ、あくまで仕方なくですからね!私が甘えたいわけじゃありませんから!!",
    en=""
  },
  ["セダム"] = {
    jp="さ、寒すぎませんか……? 寒いですよね、絶対寒い……。<br>ロータスレイクと全然違います。このままじゃ、私……ふわぁ!? だ、団長、殿……?<br>温めていただけるなんて……はぁ、あぁ、あぁ~♪ 私、興奮してきましたぁ~♪",
    en=""
  },
  ["ヘナ"] = {
    jp="ヨーグルト、カチコチ。スプーン、役立たず。食べる、不可能。ヘナ、しゅん……。<br>融ける、待機。長い長い。でも、待機。ヨーグルト、待機する価値、あり。とても美味!",
    en=""
  },
  ["ウルシ"] = {
    jp="支給品の携帯カイロ、少しだけ強化してみたの。これで行軍中も安心。凍えた身体で戦うこともなくなるわ。<br>もちろん発熱量は抑えてあるわよ?みんなが使うのだし当然よね。",
    en=""
  },
  ["フェンネル"] = {
    jp="うふふっ、カガミがセーター編んでくれたんだって。今から受け取りに行くんだけどアンタも一緒に来る?<br>……え、来ないの?そうか、忙しいもんね……あはは、まずは団長に着てるとこ見せたかったんだけど。",
    en=""
  },
  ["アンゼリカ"] = {
    jp="どんなに寒くても、どんなに雪が降り積もろうとも!<br>私はアンゼリカご意見箱を設置するのをやめません!<br>なぜなら、どんなに辛くても自分が周りにどう思われているのか確認したいからです!",
    en=""
  },
  ["エリンジウム"] = {
    jp="寒いから、エリンギちゃんは部屋に閉じこもってるなぁ……。おこたで寝てないか心配だし、見に行ってこよーっと。<br>外に連れ出せたら、団長さんのとこに連れてくるね!",
    en=""
  },
  ["ブプレウルム"] = {
    jp="雪なんて、ただ冷たいだけって思ってたけど。……どうしてかしら、あなたとこうして並んで見てると、<br>悪くないなって思えてきちゃう。ねっ、あなたは、どうしてだと思う?",
    en=""
  },
  ["ハス"] = {
    jp="寒い日が続くが、体調を崩さぬように、気を付けるんだぞ。しっかり栄養を取って、可能な限り気を配るように。<br>それでも体を壊したときは、遠慮せずに休んでくれ。病というのは、厄介なものだからな",
    en=""
  },
  ["ハス(ジューンブライド)"] = {
    jp="ワカサギ釣り…というものがあるそうだな。凍った湖面に穴を開け、釣り糸を垂らし釣り上げた魚をその場で食す。<br>しかも天ぷらで!凍った湖面というものが想像は…できないがこれはやらぬわけにはいくまい!",
    en=""
  },
},
["winter003"] = {
  ["ヤクノヒナホシ"] = {
    jp="あっ、団長ちゃん。さっ、このお鍋に入って入って。ぐつぐつぐつ、と。<br>うん、団長ちゃんでだしを取ったキノコ鍋を作れば、騎士団の皆も大喜び。あ~、逃げちゃダメ~。",
    en=""
  },
  ["アリッサム"] = {
    jp="団長さん、見てください。手乗り雪だるまです!なかなか可愛らしくできたのですが。<br>あぁ…もしよかったらなんですが、団長さんのお部屋の窓から、見えるところに置いておきたいです。構いませんか?",
    en=""
  },
  ["スズシロ"] = {
    jp="今日も寒いですがわたしもムーリーも寒いのは大好きです!ほら、ムーリーが元気に外を駆け回っていますよ。<br>団長さん、わたし達も走りましょう!",
    en=""
  },
  ["ジャーマンアイリス"] = {
    jp="寒いときこそ、魂を燃やすっす。団長、乾布摩擦をして気合をいれるっす。あ、でも、こっち見ちゃ駄目っすよ",
    en=""
  },
  ["サフラン"] = {
    jp="寒い日は、見た目が多少悪くても、風邪を引かない格好が一番よ。<br>機能性を無視したオシャレなんて、オシャレじゃないわ。<br>少なくともアスファルでは、着る人に痩せ我慢なんかさせないわ。",
    en=""
  },
  ["ジャーマンアイリス(七夕)"] = {
    jp="寒風(完封?)には乾布摩擦で対抗っす~。魂を燃やせば、寒くないはずっすから~!行くっす~!うぉ~~~。",
    en=""
  },
  ["オジギソウ"] = {
    jp="コタツは一度入ると、二度と、絶対に出られない恐ろしい道具です。<br>しかも入ると絶対に寝てしまうんですよ~ だから、なるべく近づかないようにしてるんです~",
    en=""
  },
  ["シーマニア"] = {
    jp="うぅ~!外はさみいです!さみいですよぉ~!!<br>でもぉ…はぁ、やっぱり団長さんの傍はあったけぇですね。<br>オヤビンに抱っこされてるみたいで…えへっ。ぽかぽかするです。",
    en=""
  },
  ["デージー"] = {
    jp="団長さん!雪だるまを作ったのだ!どうなのだ?良い出来だろー?<br>へっへー、当然なのだよ!団長さんに褒めてもらうためにがんばったのだ!",
    en=""
  },
  ["サイネリア"] = {
    jp="雪だぁ!雪ですよだんちょー。一緒に、雪だるま作りませんか?いっぱい作って並べれば、みんなに喜んでもらえると思うんです。",
    en=""
  },
  ["カレンデュラ"] = {
    jp="雪だるま。作ったんです。こっちがお姉ちゃん。こっちが私。<br>それでこっちは……団長さん。すごく上手にできたから、ほめてくれる……?",
    en=""
  },
  ["ピンポンマム"] = {
    jp="団長、手が寒そうね。そうだ!マムのおっぱいで挟んであげようか?温かいわよ~?",
    en=""
  },
  ["カカリア"] = {
    jp="団長。その……、ちょっとお願いがあるの。あ、別にデッサンさせてとかじゃないよ。<br>えっと、手が冷たいから、ちょっとだけ……体温分けてほしいな、とか。",
    en=""
  },
  ["デージー(ハロウィン)"] = {
    jp="デージーは冬眠の準備にはいるのだ。<br>寝る場所は当然、団長さんの部屋なのだよ。<br>このまま春までスヤァなのだ……。",
    en=""
  },
  ["プリムラ"] = {
    jp="寒い季節こそ、魂を燃やしていきましょう!弾む息も、すぐに乾く汗も、どちらも冬にしか味わえません!<br>団長さん、この冬も、青春しましょうねぇ!!",
    en=""
  },
  ["サルビア"] = {
    jp="すっかり寒くなって冬って感じだね。まさに持久走のための季節だ! 団長さん一緒に走ろう! 一時間も走れば、全身ポカポカだぜぃ!",
    en=""
  },
  ["チェリーセージ"] = {
    jp="団長さん!雪合戦で勝負しましょう!あたしの燃ゆる思いをもってすれば、雪玉はあたしに命中する前に溶けてひゃう!?<br>……い、いきなり投げるなんてズルいですよ~!きゃう!?……つめたぁ……。",
    en=""
  },
  ["ローズマリー"] = {
    jp="相談がある。私は管理のため、下着の所持数をかなり絞っているのだが……この寒空のせいで、洗濯したパンツが全て凍ってしまった。<br>穿くパンツが無いので、新品のパンツを買いに行こうと思う。外出許可をくれ。",
    en=""
  },
  ["ホワイトパンジー"] = {
    jp="寒さに負けず頑張っている団長さんを応援してあげます。後ろからギュッと抱きついて、それっ!<br>うふふっ団長さん逃げないでください。はぁ~、団長さんの身体…温かい…",
    en=""
  },
  ["イエローパンジー"] = {
    jp="アイスの美味しい季節になったな。外から帰ってきて凍えそうになって、ガチガチ震えながらキンキンに冷えたアイスを食う!<br>たまらないひとときだなー。団長も外で身体を冷やして来なよー。",
    en=""
  },
  ["パープルパンジー"] = {
    jp="この寒さ、冬の野郎完全に私達を殺す気ですよ。冗談じゃありません!団長さん、こういう日はとっとと部屋に引きこもりましょう。<br>まさか外で運動しようなんて脳みそが凍え死んだことは言わないでしょうね。",
    en=""
  },
  ["イヌタデ"] = {
    jp="ゆっきだーゆきだー!えへへへ、ボク、雪って好きなんだー、なんかわくわくどきどきするしー、お外がきらきらするしー!<br>んーもうがまんできなーい!おそとにいってくるね!",
    en=""
  },
  ["ツバキ"] = {
    jp="冬の寒さはお嫌いですか?私は、冬の朝のキンとした空気は嫌いではないですよ。身も心も引き締まる感じがします。",
    en=""
  },
  ["ツバキ(フォスの花嫁)"] = {
    jp="月のない冬の夜空は漆黒で、星が綺麗に見えますね。空気が澄んでいるからか、光がまっすぐ届いて……あ、流れ星。何かお願い事をしましたか?",
    en=""
  },
  ["ブラックバッカラ"] = {
    jp="こう寒いと、指先が動かなくなって、握る力が弱くなるんだ。<br>だからアタシは、常に動いて、全身を暖め続ける訳だ!ほら、オマエも、一緒にトレーニングするぞ!体、暖まるぜ!",
    en=""
  },
  ["ロイヤルプリンセス"] = {
    jp="私の季節が来たって気がします。もちろん冬の厳しさも知っていますが、それよりも喜びが勝ってしまいます。<br>いくつになっても舞い散る雪を見ていると心が躍ってしまいますし。 団長さんも同じ気持ちなら嬉しいです。",
    en=""
  },
  ["ノヴァーリス"] = {
    jp="団長さん! 寒い中、わたくしに会いに来てくださってありがとうございます!<br>さぁさぁ、すぐに温かいお風呂を用意しますわ。それに、よければお背中も流しましょう♪<br>今宵は、ゆっくり温まってくださいね。",
    en=""
  },
  ["モケ"] = {
    jp="おおー…一面真っ白… ハッ!団長!ここは譲らないのだぜ!この真っ白な雪に一番に足跡をつけるのはこのモケなのだぜ!",
    en=""
  },
  ["ビワ"] = {
    jp="この時期になると、琵琶の演奏会があるのです。いつもこの時期はアロゾワル地区の演奏準備で忙しい。<br>練習した曲を団長に聞いてほしい。団長とビワの二人だけの秘密の演奏会、ふっふっふっ",
    en=""
  },
  ["スノードロップ"] = {
    jp="ぐっと寒くなって来ましたから、出かける時は暖かくして、帰って来たら手洗いうがいをしっかりして下さいね。<br>害虫に勝っても、風邪なんかに負けたりしたら格好がつかないですよ?",
    en=""
  },
  ["エウカリス"] = {
    jp="団長さんたら、雪を丸めて……ハッ、まさか、わたくしと雪合戦をする気ですか!?<br>フッ、フフフフ……寒さが吹き飛んでしまいました!実はわたくし、雪合戦は大好きなんですっ!全力で、いきます!!",
    en=""
  },
  ["ミモザ"] = {
    jp="今日は一段と寒いですね。温かいスープでも一緒に飲んで温まりましょうか。なんと! ミモザさん特製、ですよ!",
    en=""
  },
  ["アルストロメリア"] = {
    jp="やっぱり冬が来ると安心するね。ほら、縮こまってないで早く外に行こうよ団長!<br>そんなに寒いの? ならアタシが温めてあげるね!……ぎゅー! 温まった?えへへっ、アタシはもっと温かくなったよ♪",
    en=""
  },
  ["アルストロメリア(未来への感謝)"] = {
    jp="エノコログサちゃ~ん!どこ行ったの~!うーん…絶対こっちに来たはずなんだけどな~。<br>団長は見てない?もふもふしたいのにな~。うう~…両手がウズウズして、もふもふに飢えちゃってるよ~!",
    en=""
  },
  ["オンシジューム"] = {
    jp="あれ?団長、寒いの?しょうがないなぁ~、それじゃ私と一緒に踊ろ♪<br>そしたら体の中からぽかぽかするよ~!",
    en=""
  },
  ["シンビジューム"] = {
    jp="オンシジュームちゃんて、冬でも外で遊ぶなんて元気ですよね。<br>たまにはこうやって、団長さんと一緒に、部屋の中でのんびりすればいいのに。",
    en=""
  },
  ["デンドロビウム"] = {
    jp="すっかり寒くなりましたねぇ……。<br>ウィンターローズ出身なので、寒さには慣れてますが、寒いものは寒いです。<br>ですので、肌着を厚手のものにしました。デンドロビウム寒冷地仕様ということです。",
    en=""
  },
  ["カトレア"] = {
    jp="私の魔法を使えば暖を取ることができるわ。…でも大事な人と毛布に包まるほうが体だけじゃなく心も温まると思うの。<br>だから…へ、へっくちっ!ん…早くお布団に入りましょ?あなたに言ってるの、さっさとしなさいよ…もう。",
    en=""
  },
  ["イオノシジウム"] = {
    jp="ふふーん!大きいでしょー?特製の、ビッグアイスよ!夏に食べる温かい物はただの拷問だけど、冬に食べる冷たい物は最っ高ねー!<br>ま~、夏に食べるアイスも~、最高なんだけど~。",
    en=""
  },
  ["オンシジューム(フォスの花嫁)"] = {
    jp="寒くなってきたし、お鍋の季節だよね~。ってことで!キノコ採りに山へ出かけよ~!ほらほら、団長も準備して~!",
    en=""
  },
  ["カトレア(水着)"] = {
    jp="こう寒いと、夏が恋しくなるわね。……またあなたと海に行きたいわ。あの時みたいに、たくさん遊んで……<br>ふふっ、不思議ね。思い出すだけで心が暖かくなるわ。",
    en=""
  },
  ["イオノシジウム(クリスマス)"] = {
    jp="雪…降ってきたわね。団長さん、こういう日は部屋の中で過ごすのが一番よ。<br>暖炉に火を灯して、暖かい服を着て、そして…アイスを食べるの。",
    en=""
  },
  ["カトレア(光華の姫君)"] = {
    jp="もうっ!おぞましい風習を聞いたわ!冬に、暑いくらい温かくした部屋で冷たいものを食べる…って!<br>ア、アイスとか!んっ…信じられないわ!どんな人生送ったら、そんなこと思いつくのよ!",
    en=""
  },
  ["トリカブト"] = {
    jp="団長のおでこ、熱い…きっとお風邪なの。苦いお薬飲まないと……んっ…苦いの、いやなの?ふふっ、団長可愛いの。わたしはね、苦いのだーい好きだもん。",
    en=""
  },
  ["ミスミソウ"] = {
    jp="街中を歩いていたら、雪だるまを見かけました。あ、そうだ、団長さん!一緒に作ってみませんか?<br>…いやいや、他意はないです!純粋に、雪だるまを作りたいだけ…ほ、ほんとですよ?",
    en=""
  },
  ["ニリンソウ"] = {
    jp="この間アキレアとルドベキアと一緒に鍋を食べたんだけど…<br>アキレアったら面倒くさいって言って鍋に入ってたカニを殻ごと食べ始めたの!<br>案の定ルドベキアもマネしようとしちゃって…アキレアは大丈夫だろうけど…<br>ルドベキアの口の中が傷だらけになったらどうするのよまったく…",
    en=""
  },
  ["レシュノルティア"] = {
    jp="寒い季節は、体を動かすとすぐに暖まりますよ!思いっきり走るんです、こうやって…ふっ!あっあ、ああぁ~~!<br>……転んで雪塗れに……うぅ~、さっきより寒くなりました~……",
    en=""
  },
  ["オリーブ"] = {
    jp="ん?そこか!甘いよ団長。香るんだよ、団長の体に染み付いた、むせるような戦いの匂いがね。<br>雪合戦の後に飲む、ウィンターローズのコーヒーは、苦い。",
    en=""
  },
  ["エノコログサ"] = {
    jp="嫌な予感がするにゃ……いや、これは予感というより……くんくん……やっぱり!<br>アルストロメリアの究極カレーの匂いにゃ! 逃げなきゃやばいにゃー!!",
    en=""
  },
  ["エノコログサ(花祭り)"] = {
    jp="さあこたつを出すにゃ団長さん。出してくれないと、暴れるにゃ。暴れて大変なことしちゃうにゃ。<br>あ、もちろん一緒に入ってくれなきゃやだよ。団長さんに抱っこしてもらわないと、背中が寒いにゃ。",
    en=""
  },
  ["オキザリス"] = {
    jp="団長さん!大変です!カタバミお兄ちゃんに雪合戦をやろうと誘われました!<br>お兄ちゃんのことだから、きっとものすごく激しいものになります!<br>私一人じゃ勝てません!団長さん、助っ人になってください!",
    en=""
  },
  ["オキザリス(新春)"] = {
    jp="今年の冬は、素敵な冬になりそうです。だって、団長さんと出会えたから…えへ♪<br>さぁさ、二人一緒に、ゴロゴロしましょう~。こういう寒い日は、絶好のゴロゴロ日和ですよ~。",
    en=""
  },
  ["マネッチア"] = {
    jp="寒い日はお部屋にこもって、温かい飲み物と楽しいおしゃべり♪ が一番ですね。<br>こんなに寒いと害虫もきっと出て来ないですし、今日は一日団長様のお話を聞かせてください~。",
    en=""
  },
  ["ブバルディア"] = {
    jp="あっ、団長!悪いけど、ちょっと毛布を持ってきてくれないかな?まったく、寒中水泳なんて誰が言い出したんだか…。<br>この騎士団は、思いもよらないところで急患が出るなぁ……",
    en=""
  },
  ["ヤツデ"] = {
    jp="大雪だな。これはもう帰れないぞ。すまないが団長さん、今夜はここに泊めてくれ。<br>最近、どうも忙しかったからな。二人でゆっくりするにはいい機会だ。",
    en=""
  },
  ["シンクライリアナ"] = {
    jp="団長さん見て。雪だるま作ったの。大きいのと、中くらいのと小さいの。家族なの。<br>あと、こっちの2つは私と団長さんなの。似てる?",
    en=""
  },
  ["ブルーエルフィン"] = {
    jp="だ、団長~~どいてどいて~~~!ソ、ソリが~~~、止ーまーらーなーい~~~~~!!",
    en=""
  },
  ["ポインセチア"] = {
    jp="ううぅぅ~今年も団長の部屋に、炬燵がある季節になってきたんだね~。<br>わたし、炬燵好きだよ。あったかぬくぬくしてていいよね~。しかも!団長と一緒だし、言うことないよ♪",
    en=""
  },
  ["ハツユキソウ"] = {
    jp="この冬には徹底抗戦です、お家から一歩も出ません!<br>そうすれば、変な噂も立たないはず……。<br>えっ? 今年は雪女を見ないから良くないことが起きるって噂が立ってるですってそんなー!<br>なんで幸運を呼ぶみたいな新設定ができてるんですかー!!",
    en=""
  },
  ["ハツユキソウ(クリスマス)"] = {
    jp="団長さんの手を温めてあげたいですけど、私の手じゃ……。<br>あっ、だ、団長さん! 私と手を繋いだら逆に冷たく……! え……暖かい? あ、あはは、もう……なんでそんなこと言うんですか?<br>そんなこと言われたら……もっと好きになっちゃうじゃないですか……。",
    en=""
  },
  ["ホーリー"] = {
    jp="団長~、こ~んな寒いのに薄着すぎない?さては、寝坊して慌てて家を出てきたんでしょ。<br>隠したってお見通しだよ。しょうがないから、こうしてくっついて、温めてあげるね♪",
    en=""
  },
  ["アロエ"] = {
    jp="団長ちゃん!雪だよ雪!雪とあたし、結構似合うでしょ?んー、まさに、儚げな美少女って感じよね。あー、もう、何で笑うのよー!",
    en=""
  },
  ["ロウバイ"] = {
    jp="もうだいぶ寒くなってきましたねぇ。団長さんに温まってもらうため、コーンポタージュを作ってきました。<br>うふふ、私コーンポタージュ好きなんですよ。なので、団長さんもどうぞ。",
    en=""
  },
  ["ストレリチア"] = {
    jp="雪合戦なんて子供じみたこと、このストレリチア様がやるわけっ…あいた!ちょぉ!?<br>…へっ、へぇ~?団長はやる気ってわけね。上等よ!ここの雪ぜんぶ買い取るわ!<br>ふふっ、団長は花騎士の私物を勝手に使うの?使わないわよね!?さぁ、次はこっちの番よ!!",
    en=""
  },
  ["ベルゲニア"] = {
    jp="何を焼いているのか、ですか?お餅ですよ。<br>ヒメ様がお餅が食べたいとおっしゃっていまして。<br>でも、確かに冬にはお餅ですよね。流石はヒメ様です。一つ増えるも二つ増えるも一緒ですから団長殿もどうぞ。",
    en=""
  },
  ["ベルゲニア(ゴシックメイド)"] = {
    jp="団長殿、またですか。この時期に布団から出るのが辛いのは分かります。<br>ですが、怠け過ぎるのはよくありません。<br>起きられないのであれば、私が住み込みで起こして差し上げます。<br>あっ…、へっ、変な意味は無いですよ。",
    en=""
  },
  ["ツキトジ"] = {
    jp="ウサギは寒いと身を寄せ合って寝るって、ススキちゃんが言ってたし。だから団長も、今度みんなと寝てみるし。<br>そしたらみんな暖かくなるし…♪",
    en=""
  },
  ["クリスマスベゴニア"] = {
    jp="寒くなると、体が冷えるのです。団長さまも、お体が寒いと思うので、わたくしが温めてあげますのです。<br>もちろん、肌と肌であたたかくしますのです。さぁ団長さま、服を脱いでくださいなのです。",
    en=""
  },
  ["セルリア"] = {
    jp="雪かきしてたらちょっと汗ばんじゃった…。冷えない内にお着替えしないと…。<br>この後は団長さんと一緒だから、大胆な下着に…って、ぉ、お仕事なんだから、そんな邪(よこしま)な考えはダメっ!",
    en=""
  },
  ["ハイビスカス"] = {
    jp="団長~!空から冷たいものが降ってきたよ!これが雪なんだよね~?<br>なんだかひんやりしてて氷みたい。よし!たくさん集めてかき氷にして食べよう!",
    en=""
  },
  ["クレナイ"] = {
    jp="外は寒いのに隣に団長さんがいるからか、私なんだか火照ってきちゃって~<br>あら?団長さんの手冷たいじゃなーい。ねぇ団長さん、この手で私の胸の高まり鎮めてくれない?",
    en=""
  },
  ["アジサイ"] = {
    jp="寒いのはあんまり得意じゃないの…、ま、もしあんたが寒中水泳をやるっていうなら付き合うわ。<br>ビキニを着て氷河を泳いであげる!なーんてね、それはさすがにやりすぎよね。あ…もしかして…マジ…?",
    en=""
  },
  ["グラジオラス"] = {
    jp="薄着で外に出ることも修行なんです、止めないでくださいマスター。<br>大丈夫ですよ私はそんなにやわな鍛え方をしていませんから。",
    en=""
  },
  ["キキョウ"] = {
    jp="団長さん、大掃除してるの?ちょうど私もやってるとこなの!<br>さあ、真っ新な気持ちで新しい節目を迎えるために、さっさとやっちゃいましょ♪",
    en=""
  },
  ["ヒマワリ"] = {
    jp="冬はちょっと寂しくなっちゃいます。生き物も冬眠を始めて、日もどんどん短くなって…。私、夏が好きだから余計にそう思います。<br>でも、またすぐ暖かくなります。それまでちょっとの辛抱です。",
    en=""
  },
  ["ガイラルディア"] = {
    jp="うううぅ……寒い寒い寒い!流石にちょっと冷え過ぎだよぉ。でも厚着すると動きにくいんだよねぇ。<br>もっと動いて温まればいいのかな。ねぇ団長、ちょっと運動に付き合ってよ。一緒にあったまろ。",
    en=""
  },
  ["ヘレニウム"] = {
    jp="バナナオーシャンでは雪なんて降らないんですけど、冷たくて綺麗で結構好き…な気がします。<br>団長さんは雪、好きですか?",
    en=""
  },
  ["ガザニア"] = {
    jp="こんなに寒い日が続くと、本当に春が来るのか不安になりますね。このまま氷に閉じ込められてしまうんじゃないかって……<br>でも本当は、すぐ近くまでやってきているんですよね。",
    en=""
  },
  ["フジバカマ"] = {
    jp="団長殿といると心と身体が内側から温かくなり、それに、なんというか甘えたくなってきて…<br>い、いけません!寒稽古で心身を鍛え直さなければ!",
    en=""
  },
  ["ルドベキア"] = {
    jp="ううぅ~寒いよぉ~。今日の夜、団長の布団にお邪魔していーい?え、アキ姉の布団?アキ姉は…寝相悪いから。",
    en=""
  },
  ["ヘレニウム(イースター)"] = {
    jp="ひゃうぅ!うぅ、団長さん、背中に雪が入っちゃいましたぁ。ぅぅ、冷たいですぅ。<br>あの、団長さん、背中の雪をとって、温めてくださいっ!",
    en=""
  },
  ["レッドジンジャー"] = {
    jp="寒くなると身体が固くなるから、できるだけ動いた方がいい。<br>同じ姿勢でいると首や肩が凝り固まって、いざというときに力を発揮できない。 マッサージならしてあげられるけど、どうする…?",
    en=""
  },
  ["クルクマ"] = {
    jp="寒くなってきましたね。この時期になると、クマのぬいぐるみが温かいんですよ。<br>いつも私の側で、温かく見守ってくれてる気がするんです。団長さんも触ってみますか?…って、ぁ、それは私の頭ですぅ~…。",
    en=""
  },
  ["スイレン"] = {
    jp="明日は積もるかもしれませんね。雪かきをしなければ。<br>うふっ、不思議なものです。重労働が待っていると分かっているのに…ご主人様、あなたと見る雪景色を想像すると、ワクワクしてしまいます。",
    en=""
  },
  ["アカバナスイレン"] = {
    jp="もう冬ですか……団長さんともっとお近づきになりたいなー……でも、こんな私が、いやでも、慎重すぎても途方に暮れちゃう……。<br>はぁ~あ……雪原が溶けるような恋がしたい……そのまま消えてしまいたい……って、うひゃあっ!? 団長さん、いつからいたんですか!?",
    en=""
  },
  ["オオオニバス"] = {
    jp="団長さん、手を見せてもらえませんか。…ん、今のところ大丈夫ですね。ひび割れやあか切れができたらすぐに言ってくださいね。",
    en=""
  },
  ["オオオニバス(ジューンブライド)"] = {
    jp="団長さん、手を貸してください。あぁ…こんなに冷たく。大したことないなんてことありません。大事にしてください。",
    en=""
  },
  ["スイレン(ジューンブライド)"] = {
    jp="ふーっふーっ…はい、お口あーんですよ、ご主人様。根菜と香辛料で美味しく作ってありますからね。<br>しっかり食べて栄養付けてください♪はい、もぐもぐしてー?ごっくん!んふっ♪",
    en=""
  },
  ["アカバナスイレン(成長する陰謀)"] = {
    jp="聞いてください、実は子供たちと雪合戦をしたんです。みんな楽しそうに私に雪を投げて……かわいくて……<br>団長さん?変な顔してませんか?もし正論を口にされたら泣いてしまうかもですよ。",
    en=""
  },
  ["イブキトラノオ"] = {
    jp="結構積もったわね、でも雪かきなんて田舎臭いこと私はしないわよ。<br>誰か別の人に…は?体力に自信がないのかって?ば、馬鹿言わないでよ!バナナオーシャンの海で鍛えた足腰の力見せてやるわ!",
    en=""
  },
  ["ヒメシャラ"] = {
    jp="うぅぅ~…さ、寒い~団長が温めてくれぬとわらわ、わらわ…凍ってしまいそうじゃ。<br>ひゃっ!?急に抱きしめるのは反則…ですぅ~…",
    en=""
  },
  ["ヒメシャラ(クリスマス)"] = {
    jp="くぅ~~!またもツバキに負けてしもうた!どっちが大きい雪だるまを作れるか対決。<br>何故じゃ、何故負けたのじゃ。団長、反省会に付き合ってくれぬか?",
    en=""
  },
  ["グリーンベル"] = {
    jp="まぁ、息が真っ白。すっかり寒くなりましたね。こんな日は、暖かい部屋でお鍋でもしたら温まりそうですね。<br>…そうだ団長様。今夜私の部屋で、お鍋をしませんか?炬燵に入って体をくっつけているだけでも暖まりますよ♪",
    en=""
  },
  ["ゼフィランサス"] = {
    jp="ふぅ~寒い寒い寒い~ え、上に何か羽織ればいいじゃんって?それは無理。だって団長さんにこの肌を見せられないでしょ?<br>団長さんといると不思議と身体がポカポカするの、だから平気…は…っくしゅん!",
    en=""
  },
  ["ハブランサス"] = {
    jp="雪が降ったら足元に気をつけないといけませんよ?すぐツルっと滑っってしまいますからね。<br>私は、雪が降らなくても…滑っちゃうことがありますが。…はぁ、困ったなぁ。",
    en=""
  },
  ["ヒルガオ"] = {
    jp="冬といえば鍋です。団長さん、色んな人を誘って鍋しましょうよ!みんなでやればすごく楽しいですよ。",
    en=""
  },
  ["ヨルガオ"] = {
    jp="うぅ、だいぶ冷えてきたわね……ん?寒いなら、辛いものでも食べて体を温めろって?<br>もう、私が辛いものが苦手だって知っててそういうこと言うのね。小さい頃、好きな子には意地悪しちゃうタイプだったでしょ?お兄さん。",
    en=""
  },
  ["アサガオ"] = {
    jp="今日も寒いね~。お兄ちゃんは寒くない?風邪引いた入りしちゃったりしたら大変だし…<br>あ、そうだ!今夜は二人でくっついて寝よう!きっと温かいよ!",
    en=""
  },
  ["カイコウズ"] = {
    jp="寒い時はいっぱい食べて、いっぱい動けば大丈夫!汗かいたら冷たくなっちゃう前にお風呂に入って、あったかい布団にGO!<br>要は過ごし方ひとつってやつだね、団長さん。",
    en=""
  },
  ["カサブランカ"] = {
    jp="バナナオーシャン出身なのに、寒くないのか?…だと?<br>そんなもの、気合があればどうとでもなる。<br>暑さ寒さに負けるなど王族として恥か…は、はくしゅん!<br>い、今のは違うぞ!少しばかり、鼻が詰まっていただけだ!",
    en=""
  },
  ["ヤマユリ"] = {
    jp="寒い外でも、震えずにずっと直立していることができれば、一人前だ。<br>だが……最近は私もたるんできたようでな。すぐに帰りたくなってしまう。<br>やはり団長が待っているからか。団長?あまり私を甘やかさなくてもいいんだぞ。",
    en=""
  },
  ["オトメユリ"] = {
    jp="寒いのは苦手なんですけど、雪が降るとワクワクしてきますね。なんだか、外に出て駆け回りたくなっちゃいます♪",
    en=""
  },
  ["ヒメユリ"] = {
    jp="冬は長距離走の季節ですね。騎士団の体力を底上げするために、一度大会を開いてみてはいかがでしょうか?<br>その暁には、必ずや上位に食い込んでみせます!!",
    en=""
  },
  ["サンダーソニア"] = {
    jp="雪が深々と降る音も、雪を踏みしめる音も、私は大好きです。<br>寒いのは、ちょっと苦手ですけど。団長さんが隣りにいてくれれば、心はいつもポカポカなんです。",
    en=""
  },
  ["ユリ"] = {
    jp="ダーリン?もっとこっち♪……そう、このままじっとしてて?……うん♪<br>……うふふっ。目立ったり燥いだりするのもいいけど、ダーリンと一緒なら、たまにはこうして静かに寄り添い合うのも、悪くはないわね。",
    en=""
  },
  ["タチバナ"] = {
    jp="っくしゅん!……バナナオーシャン出身としては、この寒さ、堪えますね……<br>ですが、団長殿がいてくださるので、この程度の寒さ、苦ではありません!",
    en=""
  },
  ["アンスリウム"] = {
    jp="さむぅ~~い! さ、寒すぎて、アイスリウムになっちゃうぅ!<br>うぅ…どうでもいいけど、アイスリウムってなんか可愛いわね。冬のデートにアイスリウム、食後のアイスリウム…。<br>あぁ…私、そろそろ限界みたい…。",
    en=""
  },
  ["オシロイバナ"] = {
    jp="や、やっぱり寒いのは苦手です……頂いた綿入れ、あったかいです。<br>わ、私も今度、団長さんにプレゼント……す、すみません、いらないですよね……!<br>お、お礼に、お返ししても……いいですか……?",
    en=""
  },
  ["カラスウリ"] = {
    jp="うぅ~さぶさぶ~ 今年の冬は底冷えするね。団長も風邪なんか引かないように気を付けてくれよ。<br>体調が万全じゃないと勝てる戦いも勝てなくなってしまうからね。",
    en=""
  },
  ["ペポ"] = {
    jp="この時期になると、ランタナちゃんが良くくっついてくるんです。「身体温めないとおなかゆんゆんするから」って言って。齧るのもちょっとだけやめてくれます。<br>…団長さんも…その…い、一緒にどうですか?く、…くっつきません…か?",
    en=""
  },
  ["ヘザー"] = {
    jp="冬といえば、雪見酒ですね。昔露天風呂でやったことがあるのですが、まさに絶品でしたよ。<br>団長も試して……って、あああ、混浴って意味じゃないですよ。男湯で試して下さい。",
    en=""
  },
  ["ツキミソウ"] = {
    jp="寒くなってきましたぁ……。ふ、二人で、くっついていれば寒くないと思うのですが……た、試してみませんか?",
    en=""
  },
  ["リシアンサス"] = {
    jp="団長さーん!こんな寒いときに寝たら、死にますよ!私とお喋りしましょう!<br>…え?それは雪山の話ですって?それは…アレですよ。室内でも、雪山にいる緊張感が大事ってことです!",
    en=""
  },
  ["カタバミ"] = {
    jp="寒いときこそ心を燃やして!気合の正拳突き千本!<br>団長も一緒にやろー!それじゃ腹から声を出せー!せいやーっ!",
    en=""
  },
  ["カタバミ(七夕)"] = {
    jp="はぁぁ~。あー、見て。息が白いぞ。ふぅ、もうすっかり冬だなぁ。団長、温かくして風邪引かないように。<br>でも、もし倒れたら、そのときは私が看病してやるぞ。",
    en=""
  },
  ["サオトメバナ"] = {
    jp="団長、今日も寒かったろう……ほら、鍋だ。山菜にキノコ、後は味噌で味を調えた単純なものだが、身体は温まる。<br>それと、薬湯も用意してやった。……ふふ、風邪を引かんようにな……♪",
    en=""
  },
  ["クチナシ"] = {
    jp="団長様、「酒風呂」というのがあるそうですよ。体の芯からポカポカになるそうです!<br>寒くなってきましたし、一緒に試してみませんか?",
    en=""
  },
  ["キヌタソウ"] = {
    jp="今日は冷えると聞いたので、温かい食事にしようと思っているんですけど、野菜や白身魚のお鍋です。<br>体の中から温まるのも大事ですからね。うふふ、鍋をつつくなんて、家族みたいで、ワクワクします。",
    en=""
  },
  ["サンタンカ"] = {
    jp="すっかり団長ですね、冬…。あっ、間違えた!「すっかり冬ですね、団長」って言おうとしたんです!<br>ふわぁ~寒すぎて上手く話せません~。",
    en=""
  },
  ["アカンサス"] = {
    jp="わたくし、彫刻をしているからなのか、美しいものが好きだからなのか…みかんの皮を綺麗に剥くのが得意なんです。<br>……はい、綺麗に剥けました。さ、団長さん、お口を開けてください。",
    en=""
  },
  ["ディプラデニア"] = {
    jp="寒いなら、私を抱いて暖を取ってください。……ダメですか?……そうですか。<br>……最近ですね、あなたのそういう真面目なとこも……好きになってきてます。",
    en=""
  },
  ["プルメリア"] = {
    jp="団長さん!そんな薄着で外に出たら、風邪をひいてしまいますよ?……ひゃあっ!もう、こんなに手が冷たくなって……<br>手袋を持ってきて正解でした。ほら、私がはめてあげますから……、よし、これでもう大丈夫ですね。",
    en=""
  },
  ["ニチニチソウ"] = {
    jp="団長様ー、寒いからって篭りっきりじゃ駄目ですよー。ちゃんと空気を入れ替えてお掃除しないと。<br>では、早速窓を開けてー、でぁあぁ!あ!だ、大事な書類が風に飛ばされちゃいましたぁ!",
    en=""
  },
  ["ランタナ"] = {
    jp="うぅうぉー!、雪だるまの中に入ったら、冷てーーー!!<br>……こうして、等身大ランタナ雪だるまの野望は潰えたのであった、まる。",
    en=""
  },
  ["ランタナ(花祭り)"] = {
    jp="う~うぅ、だんちょ、こう寒いとお腹がゆんゆんすゆ~。 早く、早く私を温めてくれ~い!",
    en=""
  },
  ["フォックスフェイス"] = {
    jp="冬は空気が乾燥してて、火事が起きやすいし、燃え広がりやすい…。だから、火の用心は大事なの。<br>団長も、ちゃんとチェックしておいてね。蝋燭に火を点けたまま寝たりなんかしたら、きつ~いお仕置きしちゃうわよ?",
    en=""
  },
  ["ベラドンナ"] = {
    jp="寒いわねぇ……団長さん、どこ行くの?私から離れないでよ、寒いんだからっ。<br>……暖炉があるからそこで暖まっていろって?団長さんじゃなきゃダ・メ・な・の・よ!",
    en=""
  },
  ["ワルナスビ"] = {
    jp="冬の寒さなど、我には関係ない……ックシュ!……誤解するな、断じて寒くなどない!我の精神力は鉄壁で……ックシュ!",
    en=""
  },
  ["ハバネロ"] = {
    jp="団長さん。手が冷たくなってるじゃないか。<br>ほら、私の太ももに挟んで、しっかり温めるんだ。大丈夫、誰も見てないからさ。ほらほら。",
    en=""
  },
  ["ホップ"] = {
    jp="冬といえばやっぱり雪見酒だよね~。<br>深々と雪が降り積もる中温めたお酒をチビチビ…ってくぅ~!想像するだけでたまらないな~ 早く雪が降るといいな~",
    en=""
  },
  ["ホップ(温泉浴衣)"] = {
    jp="温泉が私を呼んでいる…温泉が!入りに来いと呼んでいるー!…って事で~、寒いから温泉行ってきてもいい~?",
    en=""
  },
  ["マンリョウ"] = {
    jp="寒くなってきましたね…。こういう日にはセンリョウとよく、くっつていたものです。<br>肌だけでなく、心まで温かくなってくるんです。団長さんも寒ければ…どうぞ、もっとお側に…。<br>ポカポカしてきますよ。ふふ…なんて…私はもう熱くなってしまってますが…。",
    en=""
  },
  ["マンリョウ(ジューンブライド)"] = {
    jp="団長さん、温かいお茶と毛布です。それを飲んだら、少しお休みになって下さい。<br>ここの所、あまりに忙しそうで……働き過ぎは身体に毒ですよ。それに、たまにはわたくしを頼って欲しいというか……甘えて、欲しいです",
    en=""
  },
  ["センリョウ"] = {
    jp="ねえ団長、バナナオーシャンに雪って降らないよね?いや、センリョウが聞くのもおかしいんだけど、昔見たような気がして…<br>う~ん、あれは旅行先だったのかな?子供の頃の記憶ってごっちゃになるもんだね",
    en=""
  },
  ["センリョウ(クリスマス)"] = {
    jp="寒いと、布団から出られないよねぇ。団長、センリョウの部屋まで起こしに来てくれないかな。<br>そのかわり、寝顔好きなだけ眺めていいからさ。",
    en=""
  },
  ["カカオ"] = {
    jp="団長さん、そんなカッコじゃ風邪ひいちゃいますよー?大人は体調管理もしっかりできないと~。<br>ん、クシュン!ち、違います!これは…その、雪が、鼻に入っただけですから!",
    en=""
  },
  ["ギンバイソウ"] = {
    jp="んむっ!子供たちがでっかい雪玉を転がしている! そして!向こうの家の屋根には今にも崩れそうなほどの大量の積雪!<br>ふっふっふ~ん、冬の不幸の定番だね!さぁ!どんとこ~い!",
    en=""
  },
  ["エケベリア"] = {
    jp="さむさむ~ わぁ~ちょっとお外に出るのは遠慮したいわね~ 団長くんのお部屋にある秘密兵器でぬくぬくしたい気分♪<br>できれば誰かを抱きしめながら横になりたいんだけど~? 団長くん、抱きまくらになってくれる?",
    en=""
  },
  ["ポーチュラカ"] = {
    jp="むーにゅうぃぅぃ、おーそとさむいよー、ふとんからでたくないよぉー、あとちょっとだけぇ。<br>わっ!わわぁぁぁ!ほんとに布団が吹っ飛んだー!あっ、団長!あっ、おはようございますだよ",
    en=""
  },
  ["ザクロ"] = {
    jp="寒い寒い、超さむ~い!団長、ちょっとこっち来て~、早く早く~!<br>…はぁ~、団長のコートの中あたたか~い、もう団長にピッタリくっついていかないと、どこにも行けない~!",
    en=""
  },
  ["キウイ"] = {
    jp="こんな格好で寒くないのかって? いやぁ、アタシは冬でも元気いっぱ……ひぇっくし! って、雪降ってるじゃ~ん!気づかなかったよぉ~!?<br>ぅぅ、ぅひぇぅ!気づいたらなんか、急に寒くなってきた! ……ぅひうぅ!",
    en=""
  },
  ["ライオンゴロシ"] = {
    jp="団長ったら、こんなところで寝てるにゃ。毛布を持ってきて、後は。うふふ、かわいい寝顔。<br>よぉし、こんな寒い夜は、ママが一晩中あっためてあげるにゃ。",
    en=""
  },
  ["セリ"] = {
    jp="寒い冬こそ鍋だ!鍋はいいぞぉ!材料が有り物でも作れるし、なにより体が温まるし!<br>私も、昔はいろんな鍋を作ったものだ。<br>美味いと好評だったものもあるから、団長にも振舞おう!",
    en=""
  },
  ["サラセニア"] = {
    jp="団長ちゃんとコタツで呑む雪見酒は最高だな~♪ これぞまさに至福のときって感じ~……<br>ふふふっ、おめでとう~…ありがとう~……むにゃむにゃ……",
    en=""
  },
  ["アブラナ"] = {
    jp="あら雪。降ってきたわね、綺麗…。って団長!?なに人の顔ジーって見てんのよ!<br>あっ!分かった!あたしの事子供みたいって思ってたわね!そう思う方が子供ですー!ベーだ!",
    en=""
  },
  ["イベリス"] = {
    jp="寒い季節は、二人で温めあって乗り切りましょ~う!<br>私も団長さんをたっぷり温めてあげます! 遠慮しないで、私にくっついてくださ~い!",
    en=""
  },
  ["イベリス(クリスマス)"] = {
    jp="指とか、寒い……ですよね? 寒いに決まってます! あっためたいと思いませんか?<br>人肌の、ぬくぬくの谷間に指を挿入して……ほえ? 是非って、そんなはっきり……ぁ、まぁ、いいです、どうぞ……。<br>……ふぁ、ふあああぁぁ~!?",
    en=""
  },
  ["フリージア"] = {
    jp="はわわー、団長さん!これは豆乳鍋ですか?フリージアも食べていいんですかー!?<br>わっきゅぅぅうう!楽しみですー! ふにぃー!準備手伝います!",
    en=""
  },
  ["セントポーリア"] = {
    jp="温かいお日様が恋しい季節になりましたね~。<br>日向ぼっこはしばらくできそうにないですから~、お部屋で毛布にくるまってみんなでの~んびりしましょう~",
    en=""
  },
  ["マーガレット"] = {
    jp="なぜ、わたしが黙っているか分かるか?寒いのだ!誰も見ていない場所でわたしが寒がっている!つまり…うむ、上着ありがとう。<br>じゃなくて!手だ!手をにぎるのだ!もう~言わせるな!",
    en=""
  },
  ["ダリア"] = {
    jp="寒い冬を越すためには、食料とか燃料とか、色々な物資が必要になるのよ。特にウィンターローズあたりだと、冬の厳しさが他の国と段違いだから。<br>団長も、補給の重要性をよく覚えておくといいわ。",
    en=""
  },
  ["ローダンセ"] = {
    jp="冬と言ったらコタツですよね~。…今日のトレーニングですか?もちろんこれから行きますよ!<br>ただ…もうちょっとだけ、コタツでぬくぬくさせてくださ~い…。",
    en=""
  },
  ["カウスリップ"] = {
    jp="防寒用に買ったパンツ、もきゅくてお気に入りになっちゃった♪ だんちょには、見せたくても見せられないなぁ~。頑張って、あたしのスカートアンロックしてみる?<br>…あらら、やる気でちゃった。これは意地でもロックし続けなきゃいけないね♪",
    en=""
  },
  ["サボテン"] = {
    jp="寒い…冬。団長さん、温かい恰好しないと…風邪、ひく。私は…大丈夫。",
    en=""
  },
  ["サボテン(フォスの花嫁)"] = {
    jp="……今日は、すごく寒い。団長、もっとくっついていい?…………暖かい……<br>今日は、このままいても、いい……ですか?",
    en=""
  },
  ["ホシクジャク"] = {
    jp="雪が積もってる…?そっか、道理で寒い訳だよ…。<br>ぇ?雪合戦?ボクは遠慮させてもらうよ。ちょっと…動けそうにないから…。",
    en=""
  },
  ["スズラン"] = {
    jp="団長さん、もしかして…寒いのですか?…まったく、冬は殺せないから、害虫より厄介です。<br>私の団長さんに、辛い思いをさせるなんて…普通なら原形も残さないのに……!",
    en=""
  },
  ["スミレ"] = {
    jp="冬到来!寒さはそんなに得意じゃないけど、冬にしか出来ない遊びは好きなんだよね。今年は板に乗って、雪を滑り降りてみたいんだ。<br>ねえ、団長も一緒に滑らない?",
    en=""
  },
  ["ビオラ"] = {
    jp="団長さん、寒くないですか?もし寒かったら、ビオラをぎゅーってして下さい♪ちょっとだけですけど、あったかポカポカになれます!",
    en=""
  },
  ["ビオラ(浴衣)"] = {
    jp="ふっ…ふにー…寒いです~。こがらしさんがぴゅ~ぴゅ~言って…くっ…くしゅん。<br>う~…ふにー早く一緒に、ぬくぬくしましょう。このままだと私、氷漬けになって、かちんこちんに固まっちゃいます~。",
    en=""
  },
  ["コマチソウ"] = {
    jp="いきし!えへぇ、やっぱ冬は冷えるねぇ……。えへぇ、そうだ……風邪引かないように~、ていっ。<br>団長に~ぎゅ~。えへへ、これなら寒くないねぇ。",
    en=""
  },
  ["シャボンソウ"] = {
    jp="冬といえば、やっぱりお鍋だよね~。色んな具材の味が滲み出て、すごく美味しいよね。<br>ムースケーキ入れたら、もっと美味しくなるかな?",
    en=""
  },
  ["ハコベラ"] = {
    jp="団長おにーちゃん、顔色が悪いよ!?今日はもうお休みしなきゃダメだよ!<br>ハコたんが看病してあげるから、団長おにーちゃんは、これからゆっくりお休みすることっ!",
    en=""
  },
  ["イチゴ"] = {
    jp="はぅ~。寒いときには温かいココアを飲むのが一番です。甘くてぽかぽかして幸せです~ 団長さんも一口いかがですか?<br>熱いのでふーふーしてから。ふー、ふー、はいどうぞ、おいしいですか?ぽかぽかですか?えへへっ、よかった~",
    en=""
  },
  ["ウメ"] = {
    jp="最近、早朝に井戸の水を浴びているのだが、気が引き締まるというか、なかなか心地が良いぞ。<br>特にこの季節はいい。団長さんも試してみてくれ。",
    en=""
  },
  ["バラ"] = {
    jp="こう冷え込むと、さすがに堪えるわね……。できればコートを羽織りたいところだけど、動きが鈍くなっても困るし。<br>騎士たる者、いつでも全力で戦える状態でなければ、完璧とは言えないわ…!",
    en=""
  },
  ["サクラ"] = {
    jp="団長さんと一緒にいると、寒い日でもポカポカあったかくなってきますね~。<br>うふふ…団長さんのお顔が赤くなってます。団長さんも、ポカポカしてきたかしら~。",
    en=""
  },
  ["ユキヤナギ"] = {
    jp="雪が降るとおなじ景色でも全く違う世界に見えてくるから、また違った楽しみができるんですよ。<br>どうです? これからいっしょに見て回りませんか?",
    en=""
  },
  ["モモ"] = {
    jp="大分寒くなってきたけど、団長様は寒くない? 寒かったら、アタシに言ってね? アタシが団長様を、暖めてあげるから♪<br>まあ、アタシも寒いから構わずくっついちゃうんだけどね……ぎゅう~~って♪",
    en=""
  },
  ["ハナモモ"] = {
    jp="団長さま、いくら外が寒いからって、布団に包まってたらお仕事できませんわよ?<br>……私も布団に入れば暖かい?と、殿方と同じ布団に入るなんて…と、当然、け、経験くらいありますのよ!?<br>で、でも…今日はダメですの!ほら、起きてくださいませ~!",
    en=""
  },
  ["サクランボ"] = {
    jp="はぁ~……見てください、息がこんなに白く……寒いはずです。<br> あの……団長さん、ぎゅってしていいですか?<br>は、はしたないのは承知ですが、パパに甘えるみたいにぎゅ~って……。",
    en=""
  },
  ["アプリコット"] = {
    jp="こんなに寒いと、体が冷えてしまいますね。寒い時には薬膳鍋を食べて、体を温めましょう。<br>薬膳鍋には色々な効果があるので、食べればと元気いっぱいになれますよ。ふ~、ふ~、はい団長さん。あ~ん。",
    en=""
  },
  ["ハナモモ(ジューンブライド)"] = {
    jp="ねえさまから、愛情たっぷりの、お鍋の作り方を教わりましたの!団長さまのために、ふるまってさしあげますわ♪",
    en=""
  },
  ["ウメ(浴衣)"] = {
    jp="寒い日が続くな……。どれ、今夜は鍋でもつつくとしようか。そうなると、他の花騎士達も呼ばねばな。鍋は多い方が楽しいものだ。",
    en=""
  },
  ["サクラ(エプロン)"] = {
    jp="寒くなってきましたねぇ。そんなときには、はいこれ。焼きたてのパンですよぉ。<br>うふふ、パン屋さんの新作です。これを食べたら、きっと暖かくなりますよぉ。",
    en=""
  },
  ["アプリコット(クリスマス)"] = {
    jp="花騎士の皆さんが、風邪でみんな寝込んでしまって大変です。え、私ですか?私は、ここ最近忙しいのもあって少し疲れ気味です。<br>団長さんの胸で、ちょっとだけお休みさせてもらえませんか?",
    en=""
  },
  ["アマリリス"] = {
    jp="ふぅー寒い寒い、早く帰らないと。あっ、そうだ。団長さん、これから私の家に行きませんか?<br>お屋敷の庭に積もった雪、まだ誰も足跡をつけてないんですよ。",
    en=""
  },
  ["キルタンサス"] = {
    jp="冬なのにそんな格好で寒くないのか、ですって?心配はご無用よ。鍛え方が全然違うから。<br>貴方も、もっと体を鍛えた方がいいんじゃない?",
    en=""
  },
  ["イフェイオン"] = {
    jp="冬は、簡単に人の命を奪える。外に放置するだけでいいもん。<br>寒くて、冷たくて、指先の感覚が段々なくなってくの、そのうちに何故だか身体が熱くなって自分から服を脱ぎ始めて…<br>え?一般常識でしょこんなの、別に怖くないと思うけどなぁ…",
    en=""
  },
  ["ヒノキ"] = {
    jp="寒くなってきたから、そろそろ冬眠の季節~……ぁ~~……。<br>そんじゃあ、春まで起こさないでね~……起こしても、また寝るから~……すぃ……。",
    en=""
  },
  ["レンゲソウ"] = {
    jp="団長、どっちが大きいな雪玉を作れるか競争するアル!<br>競争の後は2つの雪玉を重ねて雪だるまにするネ!団長とワタシの共同作業アル!",
    en=""
  },
  ["アカシア"] = {
    jp="団長、すっかり寒くなったけど、元気してる?うん!その調子なら大丈夫そうね!<br>団長が風邪で寝込んだりしたら戦いに出られなくなっちゃうから気を付けてね?",
    en=""
  },
  ["ハリエンジュ"] = {
    jp="こう寒くなってくると、女の子は誰かに編み物を送ったりするものなのかな…。ああいや、なんでもない。<br>今の言葉は忘れてくれ…って、笑うなぁ!少し女の子らしいことをしたいと思っただけだからな!",
    en=""
  },
  ["ルピナス"] = {
    jp="どんなに寒くても、輸送任務の最中に弱音は吐かないことに決めています。<br>少なくとも、チェリーセージが弱音を吐くまでは、私だって……は……はっくしょん!はっくしょんっ!……う~……っ、負けません!!",
    en=""
  },
  ["ハクモクレン"] = {
    jp="たまには皆で鍋というのも悪くないな。あっ、何故それを先に入れるのだ!どろどろになるだろう。<br>あ!それはまだ火が通っておらんぞ!まったく…貴公はじっとしていてくれ!",
    en=""
  },
  ["ナイトメア(カタクリ)"] = {
    jp="ふぁ~……まだお昼じゃないの~?外は寒いし、昼間はお部屋で丸くなるにゃ。ほらほら、団長さんも一緒に丸くなろうよ~。",
    en=""
  },
  ["コチョウラン"] = {
    jp="お風邪、お召しになりましたら、速やかにご連絡を。<br>わたくしにとっては、病人にご奉仕できる、貴重なチャンスです。ご主人様、遠慮なく、お風邪を召してくださいね。",
    en=""
  },
  ["アネモネ"] = {
    jp="冬は好きだけど、あまり得意じゃない。特に、雪の日は。寒くて、静かで、少し、寂しい。でも、今は、温かい、かな。あなたが、隣りにいるから。",
    en=""
  },
  ["クリスマスローズ"] = {
    jp="団長さん、もしかして手が冷えていませんか?<br>でしたら……えいっ!こうして手をつないで、暖をとりましょう!",
    en=""
  },
  ["フクジュソウ"] = {
    jp="雪遊びをするよ~団長さん!雪合戦でも雪だるまでもかまくらでもドンと来い♪今しか出来ないことを全力で楽しんでこそ、生きてる甲斐があるってもんさ<br>よぉ~っし、一緒にソリに乗ろう、後からギュッ☆ってしがみついててよ♪いっくよぉ~それぇ!アッハハハハ♪",
    en=""
  },
  ["ラナンキュラス"] = {
    jp="ラナンキュラス、入りまーす♪まさかの寝起きドッキリです。寒くて起きられないって言ってたから、起こしに来てあげたの。<br>偉いでしょ?あぁ、ちょっと寝ないでよ~。かまってかまって~!",
    en=""
  },
  ["ヒメリュウキンカ"] = {
    jp="んしょ……うんしょ……ここは、削って……あ、団長さん!えへへ、雪玉を削っておっきな金平糖を作ってるんです。<br>雪ってきらきらしてて、本当に綺麗ですよねぇ。甘かったらもっと良かったのに……。",
    en=""
  },
  ["アネモネ(世界花の巫女)"] = {
    jp="貴方といると暖かくて、外気が冷たいのも、わからなくなりそう。もし、上着忘れたら、暖めて、くれるよね?",
    en=""
  },
  ["アンリ(バイカカラマツ)"] = {
    jp="こういう季節ですから、水に触るのが億劫になるのも分かります。けれど、何事も日頃の手入れを欠かしてはいけません。<br>団長さま、汚れ物は貯め込まず、しっかり洗濯しましょうね。",
    en=""
  },
  ["アネモネ(光華の姫君)"] = {
    jp="バナナオーシャンの衣装のせいか、凄く、寒い。少し、そっちに行っても、いい?あなたの近くなら、暖かくなれる気がするから。",
    en=""
  },
  ["サザンクロス"] = {
    jp="冬は、夏に比べると鍛錬に不向きなように思うかもしれないが、冬は冬で鍛錬に最適な季節でもある。<br>さぁ、団長さん。害虫達を倒すため、力を蓄える良い時期だぞ!",
    en=""
  },
  ["ウサギノオ"] = {
    jp="さぁ、みんなで雪合戦うさ!<br>この雪玉の中にはケチャップを、こっちには激辛……ふっふっふー、目に物を見るがいいうさ!",
    en=""
  },
  ["ウサギノオ(ハロウィン)"] = {
    jp="団長さん、もっとこっちに来るうさ。くっついたほうが温かいし、それに私も嬉しい……~~いや、なんでもない!<br>こ、これもイタズラの前フリうさ! 本当うさ!",
    en=""
  },
  ["キンギョソウ"] = {
    jp="うぅぅー、外が寒すぎだよー。震えてガチガチ歯が鳴るから、まるで骸骨になった気分だったよー。<br>……って、そう考えると凄く楽しい気分になったから、骸骨になったつもりで帰って来たんだけどね♪",
    en=""
  },
  ["ツツジ(新人)"] = {
    jp="団長様、ココアはいかがですか?書類仕事でお疲れでしょう?<br>そういうときは温かくて甘いものが一番ですよ。",
    en=""
  },
  ["ツツジ"] = {
    jp="真っ白な雪景色を見ていると、静かで厳かな気持ちになります。と思ったら、子供達の元気な声が聞こえてきましたね。えへっ♪",
    en=""
  },
  ["カルセオラリア"] = {
    jp="うぅ~、さ~むいですぅ!アイデアなんて、全然浮かばないですぅ!こういうときは、燃えるような恋愛をしたら、温かくなるんでしょうか?<br>で、でも、わたくしはもうだんちょーさまと、燃えるような恋をしているはず…!わたくしの炎が足りないんでしょうか!?",
    en=""
  },
  ["ワスレナグサ"] = {
    jp="外は寒いが、団長さんの部屋はいつも暖かい。<br>きっと、私の心の問題だろうな…。<br>団長さんといると心が安らぐんだ。<br>過去も未来もなく、ただ今だけがある…そんな気がするよ。",
    en=""
  },
  ["メイゲツカエデ"] = {
    jp="冬といえば、おこたでお餅アイスよね。 はぁ~、幸せだわ~。ずっとこのままぐーたらしてたい……",
    en=""
  },
  ["ユーカリ"] = {
    jp="団長さん、雪が大分積もったね。コータロは団長さんと雪合戦がしたいの?でも、団長さん強そうだよ、ソータはどう思う?<br>…奇襲作戦?先手必勝?…よし、さりげなく雪玉をつくって…喰らえ、団長さんっ!なっ…何っ、かわされた?",
    en=""
  },
  ["ヤドリギ"] = {
    jp="おりゃー! ほっほっほー、団長スキだらけッス!<br>雪玉をぶつけまくって、団長を雪だるまにしてやるッスから、覚悟するッスよー! えいっ! きゃあっ!? ……やったッスねー!<br>……うふふっ、あははははははっ、すっごい楽しいッスー!",
    en=""
  },
  ["リュウゼツラン"] = {
    jp="はぁ、団長様手が真っ赤だわ。すぐ温めないと。けど、どうすれば。<br>って、団長様、私の谷間を覗き込んで、何を期待しているのかしら?ふっ、仕方ないわね。ま、誰もいないし。はい、どうぞ。",
    en=""
  },
  ["ボタン"] = {
    jp="この時期のドンロンは…あぁ!まさにモフモフのふかふかじゃ!<br>団長よ、特別じゃ!<br>日頃の働きを評価し、抱きつくことを許可しよう!",
    en=""
  },
  ["ポピー"] = {
    jp="あちらで行なわれているのは雪合戦…ですか。寒そうですが、とても楽しそう。<br>あっ、私、呼ばれてますね? ふふっ、ちょっと行ってきます。応援して下さいね、団長さん!",
    en=""
  },
  ["メギ"] = {
    jp="今日は一段と冷えますね……。こんな日は、鍋にしませんか?<br>それで……カーパスさん、鍋に魚を入れないと怒るんです。<br>団長さん、ちょっと川で取ってきて もらえますか?……冗談です。ちゃんと用意してありますよ?",
    en=""
  },
  ["マロニエ"] = {
    jp="……暇……だな。いや、読みたいと思っている文献はあるが、そろそろ現物を見に行きたいのだ。<br>ふむ、仕方がない、少し出かけるか。人々の雪の日の過ごし方を観察してくるよ。これも今と昔で何か違うかもしれない。",
    en=""
  },
  ["ランプランサス"] = {
    jp="外、寒かったでしょ。お風呂沸かしてあるから、一緒に入ろ。お背中も~それ以外の所も、隅々まで流してあ・げ・る。<br>あれ?あ、団長なんで黙って行っちゃうの~!",
    en=""
  },
  ["ウキツリボク"] = {
    jp="寒いね…。でも、このくらい寒い方が分かりやすい。中途半端な寒さだと、出かけるか出かけないかで悩む。<br>その点、今日はどう見ても外に出る雰囲気じゃない。うん、毛布に包まって休もう。",
    en=""
  },
  ["ハナショウブ"] = {
    jp="はあ゛ぁ゛ー、ったくよう!雪景色はいいとして、雪かきは面倒くせぇったらありゃしねえ!やってらんねー<br>…って団長さん!?お、おほほほ、そ、そのごめんなさいね。",
    en=""
  },
  ["ストレプトカーパス"] = {
    jp="寒い日は、家の中でミステリー小説を読むに限る。<br>様々な状況を想定することは、不測の事態での瞬発力につながる。それこそが、探偵にとっての財産であり、書物がそれを与えてくれるんだ。<br>だから、これは仕事。断じて、外に出たくない言い訳ではないよ?",
    en=""
  },
  ["ローレンティア"] = {
    jp="今日は特別寒いけど、この寒さに負けたりはしないわ!毛布も出したし、部屋の中はぽっかぽか…!<br>部屋から出なければ、あたしたちの勝ちは揺るがないはずよ!",
    en=""
  },
  ["コスモス"] = {
    jp="団長さ~ん!寒いですぅ!温めてくださ~い!私の妄想力をもってしても、この寒さはぁ……",
    en=""
  },
  ["マリーゴールド"] = {
    jp="雪が続くわね…。このままだと、外もおちおち歩けないわ。<br>そうね…予測するなら、あと十日はこの天気が続くわよ?<br>今の内に、食料や油を買い足した方がいいわ。<br>なにしてるの。早く行きなさい。わたくしの分もよ?",
    en=""
  },
  ["ガーベラ"] = {
    jp="団長くん!そんな薄着でどこに行くつもり?んもぅ、そんなんじゃ風邪をひきに行くようなものだよ?<br>はい、上着を着て、マフラーを巻いて……うふ♪これでばっちり!",
    en=""
  },
  ["チョコレートコスモス"] = {
    jp="お裁縫は得意だけど、編み物ってあんまりやったことないんだよね。ちょっと難しい、、、<br>でも、団長のためだし頑張らないと!団長喜んでくれるかなぁ",
    en=""
  },
  ["エキナセア"] = {
    jp="寒さに負けるのは、夏にサボっていたからだ。我々貴族ならそうかもしれないがな。<br>しかし、民の中には何の罪もないのに寒さに震える人々がいる。<br>そういう人に手を差し伸べるため、貴族は夏に蓄えをするんだ。",
    en=""
  },
  ["ヨモギ"] = {
    jp="冬にしか生えない薬草っていうのもあるんだけどぉ、雪が積もっちゃったから流石に山には行けないかなぁ。<br>はぁ……この雪が溶けたら、採りに行ってみたいなぁ~。",
    en=""
  },
  ["シオン"] = {
    jp="出来ました、雪だるまです!……こんな風に遊ぶなんて、いつぶりでしょうか。<br>団長といると、この寒さの中でも心が暖かくなります。不思議ですね。",
    en=""
  },
  ["チョコレートコスモス(水着)"] = {
    jp="すごく寒いんだけど、白い息が空に昇っていくのを見るのは好きだよ。白い息が二人分あるともっと好き、かな。<br>団長、寒いけど…暖かい。",
    en=""
  },
  ["イモーテル"] = {
    jp="俺は知識を蓄えすぎた、だから純白の雪原のような、無垢な心に憧れるよ。そういう人を俺は《新雪の心を持つ者》と呼んでいる。<br>え?いやいや、「しんせつ」は優しい方じゃなくて新しい雪の方だ。察してくれ",
    en=""
  },
  ["アルテミシア"] = {
    jp="寒くて仕方ない? なら、外を走ってきたらどうかしら。暖かくなるわよ? って、冗談よ。行かなくていいわ。<br>その代わり……いらっしゃい? 特別に私が暖めてあげるわ。",
    en=""
  },
  ["クラスペディア"] = {
    jp="はぁ~、息が真っ白~。あっ、団長さん頬と鼻が赤くなってる、うふふっ、寒いもんね。<br>私も赤い?それは団長さんと…手、繋いでいるからかも。",
    en=""
  },
  ["ゴギョウ"] = {
    jp="団長さん、温かいココアはいかがですか?甘いのが、お嫌いでなければ。冬は温かい飲み物が一番ですから。<br>これでも、わたしの作るココアは“美味しい”と評判だったんですよ",
    en=""
  },
  ["エキナセア(温泉浴衣)"] = {
    jp="出撃の妨げにならないよう、雪かきをしておこう。大丈夫だ、私一人でやっておく。キミは部屋で…なに?申し訳ない?<br>ふふっ…ならば紅茶を頼む。ご褒美があれば、寒くとも励めるというものだ。",
    en=""
  },
  ["シクラメン"] = {
    jp="団長さん、さ、さ、寒くありませんか? もし寒かったら、私の上着をお貸ししますので、遠慮なさらず言ってくださいね?<br>ぁ私は大丈夫です。さささ寒くなんてないですから、だいじょ……ッ…ヒャ、クシュン!うぅ、変なくしゃみして、すみません!",
    en=""
  },
  ["シクラメン(光華の姫君)"] = {
    jp="あったかい飲み物、持ってきました。今冷ましますので、待っててください。ふーっ、んっ…ふーーっ、ふぅーーっ……<br>んぅ、うぅ~~、上手くできない…前髪邪魔で、ひゃぁぁっ!?団長さん!開いちゃダメですぅ~!",
    en=""
  },
  ["ゲッカビジン"] = {
    jp="今年の冬も寒くなりそうですが……主様、身を寄せ合い、温め合いながら、春を待ちましょう。",
    en=""
  },
  ["サンカクサボテン"] = {
    jp="寒い日は…心の底から外に出たくないと思うわ……けれど…もしもお前さんが褒めてくれるなら…多少は…付き合ってやらんこともない……",
    en=""
  },
  ["サンカクサボテン(ハロウィン)"] = {
    jp="うぅー。こんな寒い日はこたつから出たくないわね。それで、温かいお茶があればなおいいわ。お前さんも、そう思わない?",
    en=""
  },
  ["ミント"] = {
    jp="団長さん、私雪かきに志願します。春を迎える前に少しでも体を鍛えて、もっと役に立てるようになりたいんです。",
    en=""
  },
  ["ラベンダー"] = {
    jp="団長さん、寒くありませんか?寒いですよね。でも、大丈夫ですよ。だって、私がそばにいますから!<br>団長さんの心だけじゃなく、体も暖めてあげますね♪",
    en=""
  },
  ["ワタチョロギ"] = {
    jp="むにゃむにゃむにゃ…………メェ…………。<br>はっ!?だ、団長!?こ、こんな所で寝てしまってすいましぇん!<br>ウーとリーベとトニーが暖かくてついつい……。",
    en=""
  },
  ["ミント(成長する美徳)"] = {
    jp="寒い日はいつまでも布団の中に入っていたい。その気持ちは少しわかります<br>だけど私は、その時間がもったいないとも感じてしまって……あまりその、布団の中でゴロゴロしたっていうお話に混ざれないんです",
    en=""
  },
  ["ブルーロータス"] = {
    jp="はぁー、寒かったですねぇ。さ、団長さん。今日はおでんを用意しているので、一緒に食べていきませんか?<br>ちゃんと味も染みていて、おいしいですよ。",
    en=""
  },
  ["サザンカ"] = {
    jp="ほらほら団長クン、寒いからって布団で丸まってたら強くなれないよ?ボクと雪合戦で勝負だー!",
    en=""
  },
  ["ワレモコウ"] = {
    jp="モコウ、再び寒さに対する策として、大きめのコートを用意してきたです?このコートをご主人が着て、モコウがその中に潜り込むです?<br>では……ふぅ……。ご主人……あったかいです?モコウは暖かくて出たくなくなったです?この結果は、想定外?",
    en=""
  },
  ["ワレモコウ(成長する軍師)"] = {
    jp="雪だるまを作って、駒に見立てたらボードゲームみたいです?我ながら、良い発想。<br>ちなみに……盤面は、氷?断じて、手袋は必須です?",
    en=""
  },
  ["ナデシコ"] = {
    jp="こんなに寒い日はポカポカのお風呂に入りたいですね…。団長さんの背中を……<br>って、なんでもないです!!い、今の忘れてください!!<br>ま、まるで普段からそういう妄想をしてるみたいじゃないですか!…はっ!ほんと、私ったら!!",
    en=""
  },
  ["ナデシコ(世界花の巫女)"] = {
    jp="僅かな震えが居合いの精度を大きく左右します。<br>今日のような寒い日に剣を振るうなら、まず手を温めておかなければいけません。<br>だから、というわけではないのですが……その、手を繋ぎませんか?",
    en=""
  },
  ["センニチコウ"] = {
    jp="ボクちゃんの手、温かいわね。この感触、私はずっと忘れない。いつも私に勇気をくれる大切な人の生きている証だもの。",
    en=""
  },
  ["ネリネ"] = {
    jp="わん!わん!ふぅー、こんなもんでしょうか。あ、団長さん。何をしてたかですって?えへ、これは犬かきの素振りです。<br>冬は海に入れませんけど、練習ならできますから!",
    en=""
  },
  ["ヒガンバナ"] = {
    jp="お鍋にお酒に冬はお楽しみがいっぱいね♪<br>確かにあたしは年中通して呑んでるけど、これはそう言う問題じゃないの。ふふ、わくわくするわ♪",
    en=""
  },
  ["ヒガンバナ(世界花の巫女)"] = {
    jp="新雪に覆われた野原なんて、すぐに踏み荒らされるもの……そう思ってた。でも、誰かさんと出会って、「ちょっと違う」って気が付いたの。<br>「それでも雪が降る限り、美しい景色は何度だって蘇る」……ってね。",
    en=""
  },
  ["ネリネ(ジューンブライド)"] = {
    jp="今年の冬は泣きません!ウィンターローズの人から聞いたんです。涙が凍って大変なことになるーって。<br>どんなことかは、言ってませんでした。きっと、私を怖がらせないためにわざと…<br>うぅー…でも、知らない方が怖いですよーうわぁーん。",
    en=""
  },
  ["シロツメクサ"] = {
    jp="もうすっかり冬ですね。ええ、寒いです。わたしが寒いとあなたは何をしてくれるのですか? あっ、あなた…温かいですね。",
    en=""
  },
  ["コキア"] = {
    jp="今日もさんびぃですね。こうもさんびぃと、温泉に入りたくなりますよね。<br>あたしの地元の温泉は、白く濁ってて、入るとお肌がすべすべになるんですよ?<br>団長さんも是非、温泉入りに来てください。",
    en=""
  },
  ["キンモクセイ"] = {
    jp="少し積もっていたので、こっそり小さな雪だるまを作りました!<br>でも…すぐに降った雪に埋もれてしまいました…なんだか自分を見ているみたいです…もっと大きく作ればよかったですね。",
    en=""
  },
  ["ストロベリーキャンドル"] = {
    jp="冬来たりなば春遠からじ…<a id=\"notetext_2\" href=\"#notefoot_2\" class=\"note_super\" title=\"英国の詩人パーシー・ビッシュ・シ...\">*2</a>でも寒いね…<br>ちょっとだけ団長さんのお部屋で温まっていっていいかなぁ?二人で毛布にくるまって…とか。",
    en=""
  },
  ["ハギ"] = {
    jp="ゆ、雪が降ってても、大丈夫!わたしは今日も元気!元…は、はっくしゅ!だ、大丈夫…って、団長さん、上着貸してくれるの?有難う…!<br>でも団長さんも風邪引いちゃうから、お部屋入ろう?",
    en=""
  },
  ["ジャスミン"] = {
    jp="空気がすっかり冷たくなって。でもこの張り詰める感じ、嫌いではありません。<br>それに、何もしなくてもお酒がよく冷えますし。うふふっ今夜試してみましょうか。",
    en=""
  },
  ["ホトトギス"] = {
    jp="寒いときは温かい飲み物で身体を温めるのが良いと聞きました。<br>団長様、あの…わ、わたしの部屋でココアでも飲みませんか? その…い、一緒にぬくぬくしたい…です。",
    en=""
  },
  ["ホトトギス(水着)"] = {
    jp="外は一面、白妙の雪景色です。とても綺麗ですけど、外に出歩けそうにはありませんね。<br>今日は部屋で暖まりながら、静かに過ごしたいです。",
    en=""
  },
  ["リリオペ"] = {
    jp="寒い地方には美人が多いって聞くけれど、本当かしら?だとしたら、この寒さだと、私はもっともっと綺麗になっちゃうわね。<br>これ以上綺麗になったらどうしようかしら。きっと、団長がお仕事できなくなっちゃうわ。困ったわね。",
    en=""
  },
  ["オニユリ"] = {
    jp="こういう寒い日は、お部屋でボードゲームなんてどうでしょうか。<br>私、小さい頃から一通りプレイしているので、ボードゲームならなんでも自信がありますよ。",
    en=""
  },
  ["クレマチス"] = {
    jp="今日も寒いですね~……あっ、そうだ!お仕事が片付いたら、騎士団のみんなでお鍋にしましょう!<br>冬といえば鍋ですし、みんなで食べるともっと美味しくなりますよ!",
    en=""
  },
  ["スキミア"] = {
    jp="団長さん、見てください!ワタチョロギちゃんと、ウーちゃんたちを雪で作ってみたんですよ♪<br>どうでしょう?上手く出来てますかね~?",
    en=""
  },
  ["ススキ"] = {
    jp="ふいぃ~寒い寒い。こんな日は、ウサギノオとツキトジにくっついて、温まらなくちゃ。そうだ!団長さんも一緒にくっつく?四人の方が暖かいよ!",
    en=""
  },
  ["ススキ(水着)"] = {
    jp="団長さんが風邪を引いたら私に任せてよ!つきっきりで看病して、すぐに元気にさせちゃうから!<br>だって、団長さんが辛そうだと何してても楽しくないもんね!",
    en=""
  },
  ["カンナ"] = {
    jp="はあ~……今日もアホみたいに寒い日や……。こんな寒いんじゃ、部屋から出る気も起きん……<br>せやけど、銭は稼がなアカンし……はぁ、内職の仕事でも取ってこよかなぁ……",
    en=""
  },
  ["オトギリソウ"] = {
    jp="あー、楽しかった!さっきまでみんなで雪合戦をしてたんだよ。<br>団長さんも暖かい部屋にいないで外で一緒に雪合戦しようよ!ナデシコちゃんがすっごく強いんだよ!",
    en=""
  },
  ["フクシア"] = {
    jp="いっぱい雪が降ったから、おっきな雪だるま作ったんだよ!もちろん、団長に見せるためにね!<br>ほらほら、外に行くよ!フクちゃんと一緒に、寒さなんて吹っ飛ばしちゃうー!",
    en=""
  },
  ["ベロニカ"] = {
    jp="冬ってみんなが辛そうな顔をするから好きよ。寒さに震え、今にも凍えてしまいそうな程に生気の無い、あの可哀想な表情♪<br>…っていうのを、暖かい部屋から見ていたわ。",
    en=""
  },
  ["ラッセリア"] = {
    jp="冬といえば温泉旅行だよねー。温泉から雪景色を眺めるのは最高だよー!……うふ、言ってるそばから旅行したくなっちゃった!<br>よければ団長さんも一緒に行ってみる?今こそ旅立ちの時だよ?",
    en=""
  },
  ["リンドウ"] = {
    jp="わぁ~…団長さん、見て見て!雪が積もってるよ!もうこれは雪合戦をやれということに違いないね!<br>ギンリョウソウたちも呼んで、みんなで盛大にやろうか!",
    en=""
  },
  ["アイビー"] = {
    jp="今日は雪がかなり積もってるわ。……雪合戦? そんな子供じみたこと、私がするわけないzyっ!?<br>つ、冷たいわっ!? 団長さんやったわねっ!? ……ふっふっふー……<br>喰らうがいい!! ホーリーキャノンボール!! スノーブレイカー!! エメラルド・スフィア・アタック!!",
    en=""
  },
  ["アイビー(新春)"] = {
    jp="ゼエッ…ゼエッ…ここまでか…。ゼェ…団長さんて、雪合戦強いのね…、けーれーどー、詰めが甘いわ!私との間合いを詰めた事、後悔しなさい!<br>喰らえっ冷気滅殺拳!!…えへ、背中に雪が入ると冷たいでしょう?",
    en=""
  },
  ["ヘリオトロープ"] = {
    jp="ダンナさま、外はとっても寒いですですから、毛糸の帽子と、手袋と、マフラーと……それから、ヘリオですです!<br>手を繋げば、どこへ行ってもあったかいままですよ!",
    en=""
  },
  ["ヘリオトロープ(浴衣)"] = {
    jp="温泉というものに入ってみたいですですー!大きなお風呂に雪景色!それにダンナさまとも一緒に入れるみたいですです。<br>その時は、ヘリオがちゃーんと!お背中お流ししますです!",
    en=""
  },
  ["キンレンカ"] = {
    jp="…すっかり寒くなってきましたね。鍛錬の後はしっかりと汗を拭いて、身体が冷えないように気を付けないと。<br>よろしければ、私が団長さんの汗を拭いてさしあげましょうか?",
    en=""
  },
  ["バルーンバイン"] = {
    jp="うぅ~、さむ~! こう寒い日が続くと、家から出たくなくなっちゃいますね。というより、私の場合、ベッドから出るのも一苦労だったりして……。<br>口には出さないけど、きっと、みんなも同じだと思いますよ?",
    en=""
  },
  ["バルーンバイン(イースター)"] = {
    jp="寒くなってきましたね……うさぎさんの耳の先まで、冷え切ってしまいそうです。<br>……でも、団長さんの傍は、とってもあったかいですね。心も体も、ポカポカしてきます。<br>……あの……もう少しこのまま、ポカポカしていてもいいですか?",
    en=""
  },
  ["スイギョク"] = {
    jp="今日も寒いけど、やることはやんねぇとな!<br>害虫になめられるワケにはいかねぇ!<br>団長!遠慮なく命令を出してくれよ?",
    en=""
  },
  ["ハゼラン"] = {
    jp="寒いときは中で生菓子を食べてるのが一番だね。本当は上生菓子っていうのが好きなんだよ。<br>ベルガモットバレーはそこまで四季を感じない分、こういうところから風情を貰ってるんだ。",
    en=""
  },
  ["クフェア"] = {
    jp="あんた、そんな薄着で寒くないのか…?この寒さでその恰好…いや、まぁ人の趣味にとやかく言う権利はないな。<br>良ければ、一緒に激辛料理でも食べに行かないか?身体が温まるぞ。",
    en=""
  },
  ["オミナエシ"] = {
    jp="今日は一段と寒いですね。体があったまるお料理作りましょうか。<br>いろんな具材をたっぷり使ったあったかい雑炊です。お母さんに教えてもらった寒い冬を乗り切る一品なんです。",
    en=""
  },
  ["エルダーフラワー"] = {
    jp="いつも頑張ってる団長様に、はい!プレゼント!身体を温める薬草で染色した靴下!<br>これを履いておけば、足元はポカポカだよ。ちなみに、私も同じの履いてまーす! 二人一緒に冬を乗り切っていこう!",
    en=""
  },
  ["パイナップル"] = {
    jp="こんなに寒いのに早起きだね、ですって?当たり前じゃない!ぬくぬくと布団の中にいるなんて、完全無欠を名乗る私には相応しくないわ!<br>ミカンさんだって、庭の雪掻きしてるし…よぉ~っし、私も負けないわよー!!",
    en=""
  },
  ["モルチアナ"] = {
    jp="団長様、この時期は風邪を引きやすいですから、手洗いうがいはきちんとしてくださいね。<br>ちゃんと暖かいお布団で寝てくださいね、少しでも具合が悪くなったらすぐ教えてくださいね。",
    en=""
  },
  ["タチアオイ"] = {
    jp="家の者に寒いから着けろとマフラーや手袋を渡されるんだけど、ポケットに入れたまま着けるのを忘れたりする事が多いんだ。<br>…あぁ、でも団長さんから渡されたなら絶対に忘れないかも。団長さんがくれたものならどんなものでも、大事になるからさ?",
    en=""
  },
  ["パキラ"] = {
    jp="寒くなると虫さんを見かける機会が減ってくね。害虫も同じようにおとなしくしてーって思わない?<br>そうしたら出撃で出費もかからないしその分の時間で団長様やペペちゃんと遊べるのになぁ…",
    en=""
  },
  ["ルナリア"] = {
    jp="雪中での害虫との戦いは、害虫だけではなく、寒さも障害となります~。<br>花騎士たちに、防寒具を支給するのは当然としてぇ、団長さんも、寒さに備えるべきです~。<br>例えば……、こちらのコートなど、よくお似合いになられると思いますよ~。",
    en=""
  },
  ["アナベル"] = {
    jp="うう~、寒い寒い。ちょっと寒すぎるでしょ。こんなに寒いと、私動けないよぉ。団長さま、ちょっと温めてくれない?<br>どうやってって……淑女の口からそういうことは言わないの。",
    en=""
  },
  ["ハボタン"] = {
    jp="猫ってさ、家で飼われていると飼い主の布団に潜って寝るようになるんだよ。<br>最近寒いから、私も団長さんの布団に潜り込んじゃおうかな~って。<br>……嘘がいい? ホントがいい?",
    en=""
  },
  ["スズナ"] = {
    jp="身体が冷えないようにお鍋を作ってみました。隠し味に秋刀魚と生姜と納豆を入れた特製です。<br>どれも身体を温めてくれるのでスズシロちゃんたちも誘ってみんなで食べましょう。",
    en=""
  },
  ["エーデルワイス"] = {
    jp="寒くなってきたし指先を冷やさないようにしないと。<br>ほんのちょっとでも力が加わる箇所がずれたら、私がハンマーに振り回されちゃうわ",
    en=""
  },
  ["オトメギキョウ"] = {
    jp="団長さん寒そうだね。 私?私は全然平気だよ、さっきプロテア様をぎゅーってしたから、ぽっかぽか!<br>プロテア様も喜んでくれて、とっても嬉しかったんだ。えへへ、団長さんも試してみる?",
    en=""
  },
  ["タンポポ"] = {
    jp="ふぅ~、ふぅ~、はい!団長さん。ボク、団長さんのためにコーヒーを持ってきたです。<br>寒い日は温かいお飲み物でぬくぬくするといいですよ。",
    en=""
  },
  ["ヤグルマギク"] = {
    jp="冬は私達花騎士にとって厳しい季節。風邪など引かないよう、しっかり体調管理しないといけませんね。<br>さあ、今日もしっかり元気に戦いましょう!",
    en=""
  },
  ["アスター"] = {
    jp="寒い季節は、帰る場所があると安心するよ。大事な人の温かい出迎え付きだとなおいいものだ。<br>だからありがとうを言うよ、ブラザー。今日も私を出迎えてくれて、ありがとう。",
    en=""
  },
  ["アキレア"] = {
    jp="今日も寒いけど体動かしてりゃ温かくなるからよ。団長、ひとっ走り行こうぜ!ちくわとオレと団長、誰が早いか競争な!",
    en=""
  },
  ["シロタエギク"] = {
    jp="こう寒いと夜も眠りにくいの。冷えるのは年寄りにとって拷問のようなものじゃ。<br>団長様もそのような事はないかの?あまりにも寒いなら、わっちが隣に寝てやってもよいぞ?<br>昔話の数だけは自慢できるからの。なにを照れておるのじゃ、子供でもあるまいし。",
    en=""
  },
  ["オナモミ"] = {
    jp="こう寒いと、リリィウッドの温泉が恋しくなるわ。ええ、もちろん王宮には天然の温泉が引かれていて、いつでも入りたい放題よ。<br>もちろん団長だって入りたい放題なんだから。私の、お婿さんになれば、だけど。",
    en=""
  },
  ["カーネーション"] = {
    jp="影に生きる以上、いつかこういう日が来ると思っていました。団長さん、少しの間お別れです。どうかお元気で……<br>へっ…へっ…くしゅっ!んっ、はぁ、は~……風邪をひいてしまったので、ちょっと引き籠もります。団長さんに移しちゃ悪いですから……",
    en=""
  },
  ["スイートウィリアム"] = {
    jp="人の一生は儚いもの。まして、戦いに出る乙女のそれはさながらこの舞い散る粉雪のよう。<br>ふっ。心配しないでくれ、私はそう簡単に消えるつもりはないさ。",
    en=""
  },
  ["ナナカマド"] = {
    jp="寒すぎるよ~!うぅ…もう手の感覚も無くなりそうだよ~。<br>ねえねえ、団長さんの手で温めてくれます?なーんて… ふゃっ!?本当にするんですか~!?",
    en=""
  },
  ["リンゴ"] = {
    jp="見ましたか団長さん!モコモコの服装してる女の子がいました!<br>薄着のセクシーさもいいですけど、完全防寒のモコモコもいいんです!<br>耳宛に猫耳なんかが付いてたらもう…むっはぁー! 冬って最高です!",
    en=""
  },
  ["ピラカンサ"] = {
    jp="うわぁ~…雪が降ってきたね~♪団長、一緒にかまくら作ろうよ!それで、できたら二人でかまくらの中でゆっくりしようよ。<br>な、な~んて…あ、あたい何言ってんだろうね~?……",
    en=""
  },
  ["コデマリ"] = {
    jp="んー…身体がだるくて、熱っぽいです…。風邪をひいたかもしれません…<br>え…?何か、食べたいものですか…?<br>具合が悪くてあまり食欲ないですが…。それじゃあ、鍋焼きうどんと、カツ丼とグラタン、それからラザニアとシチューが食べたいです。",
    en=""
  },
  ["リンゴ(七夕)"] = {
    jp="リンゴちゃん、寒さなんてへっちゃらですよ!<br>団長さんが傍に居てくれるだけで、胸のポカポカが広がって、身体が暖かくなりますから。",
    en=""
  },
  ["スノーフレーク"] = {
    jp="雪かきしようとしたらやめろって言われた… 雪なら散らかしても大丈夫だと思ったのに…<br>って思ったけど… 雪かきできてないところで足がハマっちゃった人を見た。たしかにあれは難しいのかも…。",
    en=""
  },
  ["スイートピー"] = {
    jp="ふぅ、さむっ!こういう日は毛布にくるまって温かいお茶を飲んでダラダラしていたい。そしてそのまま眠りたい。",
    en=""
  },
  ["エニシダ"] = {
    jp="ふぁぁ…さむいですぅ~~~。本気で空を飛んでたら風がびゅんびゅん吹いてきて、ぇぇ手が凍っちゃいそうでしたよぉ~…。<br>こういう時は魔法でばぁ~っと…あぁ…あれ…?あったかくする魔法…何だっけ…。",
    en=""
  },
  ["ライラック"] = {
    jp="うわぁ~見てください団長さん!すっごい雪ですよ!あ~、なんですかその目は?もしかして子供っぽいとか思ってます?<br>団長さんだってウズウズしてるじゃないですか~",
    en=""
  },
  ["ヘリコニア"] = {
    jp="巨大な雪の像を作れば目立てると思ってぇ…うぅぅう…この寒さの中、丸一日作業してたんだけどぉ…<br>これ作っても…あたしじゃなくて、像が目立つだけじゃないかって…気付いたんだぁ…うぅぅうぅ…",
    en=""
  },
  ["クロユリ"] = {
    jp="植物は枯れ、動物の多くは冬眠する。冬というのは、命にとって厳しい季節だ。<br>だというのに、私はこの季節が嫌いではない。私は…死神だからな…。",
    en=""
  },
  ["レッドチューリップ"] = {
    jp="はぁ……団長さん、あったか~い……♪ 寒い時は、団長さんで暖まるのが一番だわ~。<br>え?くっつきすぎ?んふふ。もっともっと、ぎゅ~~って、くっついてもいいのよ?",
    en=""
  },
  ["イエローチューリップ"] = {
    jp="あら?雪が降っているのね、道理で寒いと思ったわ。<br>こんな日は一人で薬を作っているよりも、温かいところで団長さんと二人でのんびりするのもたまにはいいかもね。<br>どう?悪くないでしょ?",
    en=""
  },
  ["パープルチューリップ"] = {
    jp="人の心は、体の状態に左右されるもの。寒い季節には、人恋しくなるのは自然なことです。<br>だから今、こうして二人が寄り添うのも……",
    en=""
  },
  ["ホワイトチューリップ"] = {
    jp="すっかり寒くなりましたが体調はいかがですか?もしお風邪を召したようであればすぐに知らせてください。<br>とてもよく効くお薬があるんです。ただ…材料についてはお話できませんが…",
    en=""
  },
  ["リューココリーネ"] = {
    jp="いよいよ動物たちも冬眠の季節だねぇ。なんだか、一気に静かになった気がする。<br>うふっ、君も冬眠したいの?まあそう言わずに。私が寂しくなっちゃうからさ。",
    en=""
  },
  ["アリウム"] = {
    jp="かなり寒くなってきましたね。アルストロメリアさんがカレー鍋をご馳走するというのですが、団長様もご一緒にいかがです?",
    en=""
  },
  ["ギンラン"] = {
    jp="段々寒くなってきましたわね。そろそろ手袋やマフラーが必要になるかしら。団長さんも温かくしないといけませんわよ。",
    en=""
  },
  ["エピデンドラム"] = {
    jp="うぇぇ……寒い、寒すぎだよぉ……こんな時はやっぱりコタツでのんびり過ごすのが一番だよね。<br>あ、そいえばコタツ出すのめんどーだったからまだ出してない……うえぇ、どーしよー、だんちょーコタツ出してー。",
    en=""
  },
  ["エピデンドラム(水着)"] = {
    jp="団長、あたしスキー行きたい!スキー連れてって!スキーした後は、暖かいコテージの中でのんびりしながら、スキレットスモア食べたい。<br>どう、団長?…えっ、いいの!?やったー!なんか団長のりのりだねえ。<br>……あ、なるほどね。スキレット買ったから使ってみたかったんだ。団長も可愛いところあるね♪",
    en=""
  },
  ["リカステ"] = {
    jp="あら、団長さん?そんな薄着で外に出かけるんですか?ダメですよ、今日は寒いんだから、ちゃんと上着を着てください。<br>しっかりマフラーも巻いて……はい、これで大丈夫です。",
    en=""
  },
  ["デルフィニウム"] = {
    jp="北風が!北風が吹き付ける!こういうときは、必殺!デルフィニウム・フットワーク!これで北風を避けきる!<br>うおおおおあああああぁぁぁぁぁ!!…っと。いい汗かいたぁ!",
    en=""
  },
  ["ニゲラ"] = {
    jp="うぅ、寒いね。さすがにこの季節に茂みでお昼寝は無理だね……というわけで、執務室でお昼寝するね。",
    en=""
  },
  ["ラークスパー"] = {
    jp="寒い日はぁ、部屋でぬくぬくとすごすのが一番ですぱ~。<br>団長も、仕事なんかしてないで、秘蔵のデザートを食べるですぱ~。<br>……このデザートはぁ、もちろん、ワルナスビ様の~……わぁぁ! ワルナスビ様!<br>な、な、何でもないですぱ!",
    en=""
  },
  ["ミカン"] = {
    jp="今日も寒いですね~。オレンジ隊の朝の鍛錬も、日に日に厳しくなっていますが…頑張って付いていきます!お姉ちゃんみたいな、立派な花騎士になるために!<br>…でも、これは内緒ですよ?正直、お布団が恋しい時がありまして…えへへっ。",
    en=""
  },
  ["ハナミズキ"] = {
    jp="うぅぅぅ……寒いデース。やっぱり家の中が一番デース。My darling……団長さんとぬくぬくしマース。",
    en=""
  },
  ["ハナミズキ(浴衣)"] = {
    jp="Wow… It's cold だんちょーサンは平気ですか?ならその胸に飛び込んでぎゅーってHugしたいデース。<br>Love powerですぐに温まりマース",
    en=""
  },
  ["カラー"] = {
    jp="雪予報、と聞いたときのみんなの反応がバラバラで面白いですね。スキーの才能がある子なんか、今からはしゃいでますよ。<br>私ですか?身動きがとれなくなるほど積もられると、困りますね。",
    en=""
  },
  ["ゼラニウム"] = {
    jp="うぅ…寒い、寒いよ~。ねぇ、お願い団長さん。そばにいてくれないかな?本当に少しだけでいいから、暖めてほしいんだ。<br>……わぁ、あったか~い……ありがとう。",
    en=""
  },
  ["ギンリョウソウ"] = {
    jp="団長さん、あの執務室だと足元が寒いでしょう?<br>だから……これ、あげるね。この御札を机に貼っておいて。信頼できる人に頼んだ物だから、大丈夫。",
    en=""
  },
  ["スズランノキ"] = {
    jp="あら、随分大きな猫さんね。こたつで丸くなるのもいいけど、怠け過ぎはダメよ。少しは運動しないと太るわよ。<br>私も付き合ってあげるから、体を動かしに行きましょ。",
    en=""
  },
  ["サツキ"] = {
    jp="クシュッ……ふぅ…さすがに冷えすぎたわぁ。小さい子たちがソリ滑りをしてて、混ぜてもらったのよ。<br>結構スリル満点で、年甲斐もなくはしゃいじゃったのよねぇ。フフッ…今度はあなたも、一緒に滑りましょう。",
    en=""
  },
  ["エノテラ"] = {
    jp="ただの雪合戦では面白くありません。団長を奪い合いましょう。<br>エノテラ的にはその方が楽しいですし、みんなも気合が入るはずです。大丈夫。きっとあなたも楽しめます。<br>数多の女が、あなたを巡って争うんですからね。",
    en=""
  },
  ["ナイトフロックス"] = {
    jp="団長さん、起きてください。寒いからって、ずっとお布団の中にいてはダメですよ?<br>雪が積もっているので、これから一緒に雪かきをしましょう。",
    en=""
  },
  ["ペンステモン"] = {
    jp="みんなが起きてくる前に、庭の雪掻きをしておいたわ。結構積もってたから、外に出られなくなると困ると思って。<br>ほら、みんなと外で遊んできたら?そろそろ雪合戦に呼ばれる頃じゃない?うふふっ。",
    en=""
  },
  ["トレニア"] = {
    jp="寒い季節は、温かいもので体を温めるのが1番ですぅ。<br>団長様、一緒にお鍋でもどうですか?ちょうど故郷の名産品が、たくさん送られてきたんです。",
    en=""
  },
  ["ペンタス"] = {
    jp="寒い日は、長い距離を走る訓練が一番です。私、スピードと同じくらい、持久力にも自信をつけたいです!<br>では、行ってきます!",
    en=""
  },
  ["バンテイシ"] = {
    jp="雪が降ると結構辛いよね。寒いし、歩いてると足を取られるし。でも、そんなに嫌な気分にならないのは、綺麗だからかな?<br>呑気に聞こえるかもしれないけど、何事にも、こうやって楽しみを見い出せれば、気持ちが楽になると思うんだ",
    en=""
  },
  ["サンゴバナ"] = {
    jp="寒いです…素振りを何回やっても全然暖かくならないです。<br>もしかして、剣の本数が足りないのでしょうか? だったら…よーし!剣を3本に増やします!",
    en=""
  },
  ["ニシキギ"] = {
    jp="団長さ~ん!ご飯ですよ~!今日は、冬が旬のものをいっぱい使ってみました!食材はギリギリより、旬のど真ん中が一番です!",
    en=""
  },
  ["モミジ"] = {
    jp="今日も寒いですね。……団長、もう少し近くに来てください。寒いと、寂しくなるのです…。",
    en=""
  },
  ["モミジ(クリスマス)"] = {
    jp="団長、だいぶ寒い時期になってきたので、体調には気をつけてください。健康が一番ですから。<br>…それに、団長が辛いのは私にとって、一番辛いですから。",
    en=""
  },
  ["イチョウ"] = {
    jp="冬と言えば、何と言っても乾布摩擦ではないでしょうか!寒中水泳に続く、冬の習慣ですからね!さぁ、手拭いを持って下さい!<br>…って、あれ…?皆さん、いなくならないで下さ~い!",
    en=""
  },
  ["ホオズキ"] = {
    jp="ちゃっぶいぃぃ~!こんな日は肉弾戦!つまり、おしくら饅頭で暖まるきぃ!<br>さ~あ主様が真ん中だきぃ?2人でやっても、楽しいしきっと芯から暖まるはずだきぃ!",
    en=""
  },
  ["モミノキ"] = {
    jp="団長さん、ホットジンジャーはいかがですか?<br>これを飲んで寝ると、つま先まで一晩中ポカポカなんですよ。寒さなんて吹き飛んじゃうくらいです。",
    en=""
  },
  ["マツ"] = {
    jp="こう見えて私は、寒さに強い方なのですが、朝晩の冷え込みは流石に堪えますね。<br>うっかり風邪をひいてしまわないよう、気をつけないと。<br>団長さんも気をつけてくださいね。もしひいてしまったらすぐ言ってください、いつでも看病しますので。",
    en=""
  },
  ["ヒトリシズカ"] = {
    jp="この、コタツというテーブル、すごく…温かいです。うふっ…それに、中で団長さんと足を絡ませると…もっと温かくなって…。<br>ふ、ふぁぁぁ…だ、団長さん!そんな、つま先で、なんて……もう…いたずらっ子なんですからぁ…。",
    en=""
  },
  ["ナンテン"] = {
    jp="雪で遊ぶのはいいけれど、遊び終わったら、すぐに体を温めるのよ。<br>特に、直接雪に触れたところは、しもやけになるかもしれないから、ゆっくりお風呂につかって、血行を良くしてくること。<br>団長さんの手が真っ赤に腫れてなんかいたら、私、見てられないわ。",
    en=""
  },
  ["シャクヤク"] = {
    jp="師匠からドンロンさんを借りてきました。ふわふわふわ……もふもふもふうふふっ……あったか~い……♪<br>寒い日も安心、一家に一匹、ドンロンさんですね♪",
    en=""
  },
  ["シャクヤク(ハロウィン)"] = {
    jp="この季節は「ゾゾゾ、ってしてブルブルじゃ!」と師匠が言っていました。そんな師匠のために、お鍋を作ろうと思うんです。<br>それで……その……。……団長さんも、ご一緒しませんか?",
    en=""
  },
  ["シャムサクララン"] = {
    jp="雪合戦、やってみたい。団長、勝負する? じゃ、始めるよ。スタート!<br>うん……しょ、よい……しょ。え……? 団長、どうして雪玉投げるの?<br>雪合戦って雪玉をたくさん作る速さを、競うんじゃないの? ……折角作ったのに、投げちゃうの? ……なんで?",
    en=""
  },
  ["シャムサクララン(クリスマス)"] = {
    jp="寒い時は、やっぱり、出来立てのスコーンと温かいお茶だよね。出来立てのスコーン買ってきたから、一緒に食べよ?<br>私が、団長の膝の上に……こうして、座れば、二人とも暖かいし。",
    en=""
  },
  ["ハートカズラ"] = {
    jp="じいちゃんばあちゃんの顔見に行ったら、お土産でぬれ煎餅貰っちゃったぁ。団長さんも食べる?それとも、あたしが濡らした煎餅食べる?",
    en=""
  },
  ["ユキノシタ"] = {
    jp="うぅ~……寒い、寒すぎ。今日は団長の布団の中にお邪魔させてね?えぇ、いいじゃん!私温かいよ?",
    en=""
  },
  ["クモマグサ"] = {
    jp="雪が積もると、滑りやすくなるので、山を登る時はいつもより気をつけないといけませんね。<br>え?危ないから雪の日は止めたほうがいいって?大丈夫ですよ、私、バランス感覚はすごーくいいんです。<br>それに、そういうときの方がいいトレーニングになりますしね。",
    en=""
  },
  ["ネモフィラ"] = {
    jp="団長さんのために手袋とマフラーを用意しました。これで外の訓練や任務でも安心ですね。",
    en=""
  },
  ["イカリソウ"] = {
    jp="海の上の寒さはとっても辛いけど、南の方に行ったら冬でもずっとあったかいところあるんだよ。<br>そーゆーところで過ごせば、冬でも全然辛くないんだ。<br>……いつか平和になったら、団長も連れて行ってあげるね?",
    en=""
  },
  ["ツユクサ"] = {
    jp="団長様。街に買い物に出かけるのですが、散歩がてらご一緒しませんか?<br>それで、もしよかったら……寒いですし……手を繋ぎませんか?",
    en=""
  },
  ["キリンソウ"] = {
    jp="イブキの事か?ああ、確かにくっついていると暖かいかもしれないな。団長になら少しだけ貸してやってもいい。<br>コイツも、お前のことは嫌いじゃないみたいだからな。",
    en=""
  },
  ["ハゼ"] = {
    jp="夜ウフソーを抱っこして寝ると、ふわふわで温かいんだけど、朝になると、こんな感じになっちゃうの。<br>冬の間はずーっとふわふわだったらいいのになぁ……。",
    en=""
  },
  ["ユズリハ"] = {
    jp="今夜は、皆と一緒におでんを作る事になったの。もちろん団長さんのぶんも作るから、お仕事は早めに終わらせてね。<br>あなたが来ると、もっと暖かくなるわ。",
    en=""
  },
  ["プロテア"] = {
    jp="あ、団長さん。寒いんですか?そんなときは……ほら。ぎゅーってするんです。<br>リカステちゃんもオトメギキョウちゃんも、寒くなるとぎゅーってしてくれて。とっても温かくなるんですよ。",
    en=""
  },
  ["コマクサ"] = {
    jp="気高さのためなら、多少の寒さは我慢するわ、今ぐらいなら全然平気!<br>………でもね、暖を取るのも花騎士の仕事だと思うの、だから、ちょっとだけ、くっついていい?",
    en=""
  },
  ["リムナンテス"] = {
    jp="さっき雪掻きをしてたら、すごい話を聞いちゃいました。<br>あの人がしていたマフラーって、実は、あの人から貰ったものだったらしいんですぅ!<br>た、大変ですぅ~!!これは、メモしておかないとですぅ…!",
    en=""
  },
  ["サンデリアーナ"] = {
    jp="あぁあああ~…やってしまったヨぉ~…。<br>雪に…!雪にダイブしてしまったアル…!バフって!バフってぇ~!<br>チビっこたちがやってるの楽しそうで我慢がぁ…!<br>あぁ!不覚アルよぉ…!",
    en=""
  },
  ["アサザ"] = {
    jp="ミッちゃんの服って寒そうですよね。なので暖かい素材で踊り子衣装を作ってみたんです。<br>外見はほとんど変えなかったから喜んでもらえたみたいです。",
    en=""
  },
  ["ミツガシワ"] = {
    jp="アッちゃんが暖かい衣装を作ってくれたんだ。ミィは寒いの平気なんだけど。<br>でも、やっぱり心配ってアッちゃんは本当に優しくていいお嫁さんになれそうだよね。",
    en=""
  },
  ["ハナイ"] = {
    jp="はぁー。ほらほらみて、息が真っ白だよ!えへへ、この感じだと、今夜は雪かも。<br>団長さん!積もったら雪だるま作ろうね。ロータスレイクにいた頃から憧れてたんだ。",
    en=""
  },
  ["クレソン"] = {
    jp="OH~…この前エッセしたやつ、やっぱ食用にするのは無理みたい…。<br>ズシーンって体が重くて、クラクラしてる…新しい冬の味覚だと思ったんだけどなぁ…はぁ…",
    en=""
  },
  ["アイリス"] = {
    jp="本格的に寒くなってまいりました。害虫との戦いは、こういった変化も障害となります。<br>花騎士達に十分な防寒具を支給するのは当然ですが、指揮官である団長様も、新たに防寒具を用意するべきです。<br>こちらのコートなど、よくお似合いになられると思いますよ♪",
    en=""
  },
  ["カキツバタ"] = {
    jp="団長様! お召し物のボタンはちゃんと閉めてください、風邪を引いてしまいますよ? ……なるほど、ボタンが取れていたんですね。<br>でしたら、わたくしの出番です! 裁縫は得意なんです♪",
    en=""
  },
  ["ニワゼキショウ"] = {
    jp="ねぇねぇ、雪って降らないかな?ロータスレイクじゃ降らないから、楽しみにしてるんだ~。<br>……ウィンターローズに行けば見られるの?連れてって、くれる?",
    en=""
  },
  ["スパラキシス"] = {
    jp="カキツバタとアヤメの雪像を作ってみたんだけど、……う~ん、どうだろう……、雪像なのに寒そうってどういうことよ。<br>胸とか腋とか露出多すぎ!そんな子達に育てた覚えはありません!!ちょっと説教してくるわ。",
    en=""
  },
  ["ロベリア"] = {
    jp="いい寒さね、外へ出て乾布摩擦をしましょう!寒さを克服することが冬を制する近道よ。<br>グズグズしない!さっさと服を脱いで準備して!",
    en=""
  },
  ["ヨメナ"] = {
    jp="団長さん。雪ってどんな感じなん? ロータスレイクやと見られへんから、見てみたい、かも……。<br>連れてってくれるん? 楽しみやなー",
    en=""
  },
  ["リシマキア"] = {
    jp="雪で外出できませんしボードゲームでもいかがですか?<br>もちろんハンデはつけてあげます、そうしないと勝てませんものね。わたしの方が強いですから。<br>ふふっ、怒りましたね、いいですよそれ、わたしにぶつけてきてください。",
    en=""
  },
  ["ラミウム"] = {
    jp="寒い日ほど薄着で攻めてくわよ!その心意気がセクシーな大人の女への第一歩で……は、はっくしゅん!",
    en=""
  },
  ["タツナミソウ"] = {
    jp="ひゃ~手冷た~い。雪だるま作ってたら真っ赤になっちゃった~ けどその甲斐あって出来は悪くない、むしろ良い!<br>バイカモにも感謝感謝、あの子のツボめっちゃ役に立ったしね!",
    en=""
  },
  ["ヤマブキ"] = {
    jp="こんな寒い日でも害虫は出るんだな。ちぇっ、風邪引きそうだな。今夜は鍋で栄養つけるか。団長も一緒にどうだ?",
    en=""
  },
  ["バイカモ"] = {
    jp="バチモとレストランの前歩いてたら、変なこと言われたカモ<br>「そろそろ旬だな~、焼くか煮るかどうするか~」って<br>謎カモ~、一体どういうことカモ?",
    en=""
  },
  ["ヤマゴーヤ"] = {
    jp="シーンと静まり返った冬の夜…マーヤ、ああいう雰囲気はちょっと苦手ー。<br>もっと賑やかで楽しくないとなんだか落ち着かないっぴゃー!",
    en=""
  },
  ["ミズバコパ"] = {
    jp="うぅぅ、さむさむ~今朝は寒くて早起きしちゃったんだよ。寝てる間に布団がどっかに行っちゃうんだお~、なんで~?<br>今日は団長さんの布団で一緒に寝てもいい?",
    en=""
  },
  ["リンデルニア"] = {
    jp="えぐっ……涙が凍って、目が開かないよぅ……いいもん、この時期はお部屋から出ないようにするもん!",
    en=""
  },
  ["クコ"] = {
    jp="ほぉ~ 風邪 罹患? 体温上昇 発汗確認 団長、看病所望? むぅ~ クコ、発奮!<br>葛根湯、用意あり。 クコ特製。 はっ、治療方法追加 葛根湯 口移し 人に移す 治癒加速 んっちゅ~~。",
    en=""
  },
  ["フェンネル"] = {
    jp="ねえ、そっち行ってもいい?近くにいた方が温かいでしょう?<br>でも抱きつくのは禁止よ… ってなんで言ってる傍から抱きついてくるのよ!<br>もうこんなところ誰かに見られたらどうするのよバカ…",
    en=""
  },
  ["ハス"] = {
    jp="ヒツジグサから、お忍びで鍋に誘われたが、これは確実に罠だ。<br>大方、激辛鍋の早食いとか、あるいは、単純な量で競い合うとか、そういう対決が待っているのであろう。<br>やれやれだが、行ってやらんと気の毒だ。",
    en=""
  },
},
["winter004"] = {
  ["ヤクノヒナホシ"] = {
    jp="冬は川も凍っちゃうから、ボートの練習ができないの。<br>だから団長ちゃん、今日は川にスケートしに行こうよ? ヒーちゃんのこと後ろからぎゅーってしながら滑って欲しいなっ♪",
    en=""
  },
  ["アリッサム"] = {
    jp="寒い日が続きますが、体調は崩されておりませんか?<br>私はウィンターローズの出身なので寒いのには慣れていますが、団長さんはいつも薄着なので、ちょっと心配です。",
    en=""
  },
  ["スズシロ"] = {
    jp="この時期はお鍋を囲みたいですね、せっかくなら団長さんやナズナさんも一緒に……<br>あっ、だったらスズ姉も呼んで……いっその事七草乙女団に集合をかけましょう。",
    en=""
  },
  ["ジャーマンアイリス"] = {
    jp="だーんちょー。特盛のカレーを用意したっす。これで冷え切った体を熱くするっす。じゃんじゃんおかわりするっすよー。",
    en=""
  },
  ["サフラン"] = {
    jp="団長さんっ、出掛けるならちょっと待って? 首の所が寒そうだから……はい、マフラー巻いてあげる。<br>身体を大事にしないと駄目よ? あなたはもう、あなた一人の身体じゃないんだから。",
    en=""
  },
  ["ジャーマンアイリス(七夕)"] = {
    jp="冬は走り込みっすー。厳しい冬の風にさらされたって、私の燃える魂は屈さないっす。<br>もし、追い風と向かい風なら、あえて向かい風を選ぶ勢いっす~~",
    en=""
  },
  ["オジギソウ"] = {
    jp="寒くてなかなか眠れないときはホットミルクを飲むといいですよ~。<br>体が温まるし、リラックスできるんです~。団長様、一緒に飲みませんか~?",
    en=""
  },
  ["サフラン(クリスマス)"] = {
    jp="あははっ……♪ 今朝、早くに外へ出たら、霜柱が立ってたの。ザクザク踏んで歩くのが、ちょっと快感だったわ。<br>……子供みたいって思われるかもしれないけど、小さいころは『はしたない』って、禁止されてたから。",
    en=""
  },
  ["オジギソウ(クリスマス)"] = {
    jp="団長様、おかえりなさ~い、外寒かったみたいで……ひゃっ!?ひ、人の背中に手を入れないでください~!<br>冷たくてびっくりしちゃったじゃないですか~!もう~!",
    en=""
  },
  ["シーマニア"] = {
    jp="寒いってぇのうは、う~、どうしようもねえですね~。<br>いや……そんな事言ってたら、ますます寒く感じるです。寒さなんかぶっ飛ばしてやるですよ! テンション高めで行くっきゃねーです!",
    en=""
  },
  ["デージー"] = {
    jp="この季節はおでんがおいしいっておじいちゃんが言ってたのだー!<br>というわけで団長さんを晩御飯に誘いに来たのだよー!<br>二人一緒に食べればもっとおいしくなるはずなのだー!",
    en=""
  },
  ["サイネリア"] = {
    jp="うぅ……今年は一段と寒いですね~、温かいスープとかが欲しくなりますね。<br>寒いからこそ温かいご飯が美味しく感じるのかもしれません。そう思うとこの寒さも乗り越えられそうな気がします。",
    en=""
  },
  ["カレンデュラ"] = {
    jp="ひゃんっ! 団長さんの手、冷たい! こんなになるまで何処にいたんですか?<br>団長さんが風邪なんて引いたら、私……心配になっちゃうから。",
    en=""
  },
  ["ピンポンマム"] = {
    jp="今日の夜は冷え込むみたい。マムが団長のお布団温めておいたから、ぐっすり眠れるわよ。<br>もちろん、マムも団長をぎゅ~ってして寝るね!Welterusten!",
    en=""
  },
  ["カカリア"] = {
    jp="雪景色を描く前には、必ずウィンターローズに行くんだ。あのキン…として、深…とした空気は、そうしないと出せないんだよ。<br>想像で描いたら、偽物になっちゃうっていうか。",
    en=""
  },
  ["ウィンターコスモス"] = {
    jp="団長さまが寒くなってもいいように、私の体はいつでも準備万端です!<br>さぁ、ぎゅってすると暖かいですよ。団長さま専用です、いつでもどうぞ。",
    en=""
  },
  ["デージー(ハロウィン)"] = {
    jp="デージーは雪合戦したいのだよ。他の花騎士も誘ってチームで遊ぶのだ!<br>デージーと団長さんが味方同士なら、もう絶対無敵なのだよ!",
    en=""
  },
  ["プリムラ"] = {
    jp="うぅ~ん、今日も寒いですね~……!お仕事が終わったら、暖かいお鍋にしましょう。<br>太りにくくて栄養満点の特製お鍋をご馳走します!",
    en=""
  },
  ["サルビア"] = {
    jp="あ……雪だ。あっ、ほら、寒いと思ったら、とうとう降ってきたぞ? 団長さん、出掛ける時は暖かくしろよ?",
    en=""
  },
  ["チェリーセージ"] = {
    jp="寒くなってきましたね、団長さん。でも、雪国生まれのあたしにとっては、冬こそ本領発揮の機会!<br>雪が降ろうが雹が降ろうが、荷物も仲間も守り抜いてみせます!",
    en=""
  },
  ["ローズマリー"] = {
    jp="実験室は一年を通して一定の室温のはずなのに、この時期は妙に寒く感じる。私の主観というか、精神的なものだろうがな。<br>なぁ団長、実験の助手をお願いしたい。君の熱が欲しいんだ。",
    en=""
  },
  ["レオノチス"] = {
    jp="団長しゃん、お外に雪が積もったら、雪だるま作らにゃい?<br>ウィンターローズにいた頃、よく1人で作ってたから上手にゃんだ。どっちが上手にできるか競争してみたいの。",
    en=""
  },
  ["ホワイトパンジー"] = {
    jp="雪の朝、妹たちが作った三段重ねの雪だるまがあったんです。三姉妹だから三段重ね。うふふ♪<br>次に作るとしたら……四段重ねでしょうか? 一番上は団長さんだから、大きくしないといけませんね?",
    en=""
  },
  ["イエローパンジー"] = {
    jp="雪は大好きだよ! ホワホワしてて冷たくて気持ちいいじゃん? しかも、空から降って来るからタダだし!<br>あ~あ、雪降らないかな~? 団長と一緒に雪合戦したいのに~。",
    en=""
  },
  ["パープルパンジー"] = {
    jp="どうですか、この巨大な雪だるまは? 姉たちと久しぶりに本気で作りました。一生懸命ゴロゴロ転がして……<br>ん? ところで、姉が一人いませんね? ま・さ・か……団長さん、姉が一人、この雪玉の中に巻き込まれたようです。救出しましょうっ!",
    en=""
  },
  ["イヌタデ"] = {
    jp="今日はとっても……とぉーってもぉ!寒い!さすがのボクでも厳しいかも、ほらこの子もぶるぶる震えてるし。<br>うぅご主人、ボクのことぎゅってして欲しいなあ?そしたらきっと、ご主人も温まるよ♪",
    en=""
  },
  ["ツバキ"] = {
    jp="冬の星はきらきら輝いて綺麗ですね……。厳しい寒さの中では、一つ一つの輝きが際立つのかもしれません。",
    en=""
  },
  ["ツバキ(フォスの花嫁)"] = {
    jp="一面真っ白ですね。雪原に日の光が当たってきらきら輝いて……。こんな景色が見れるのも、この時期ならでは。寒いのもいいものですね?",
    en=""
  },
  ["ブラックバッカラ"] = {
    jp="昔、トレーニングつって、雪山に何の装備も持たずに二日居続けたことがあったが、あれは死ぬかと思ったわ……。<br>やっぱ、ちゃあんと装備を整えてから登らねえと駄目だなあ。",
    en=""
  },
  ["ロイヤルプリンセス"] = {
    jp="今日も寒いですね? こんな寒い日は団長さんに抱きしめてもらいたいです。クスッ……なんて、冗談。<br>……え? 本当にいいんですか? では……遠慮なく甘えさせてもらいますね? えいっ!",
    en=""
  },
  ["ノヴァーリス"] = {
    jp="雪が深々と降り積もり、大きな雪原を築いていく。小さなことを積み上げ、美しい景色を創りだす。<br>害虫のいない世界を目指すわたくし達も、見習うべきですわね。",
    en=""
  },
  ["モケ"] = {
    jp="ふっふっふ、大きな雪だるまを作ったのだぜ。<br>でも雪玉を大きく作りすぎて頭の方を上に乗せられなくて……団長~!手伝ってほしいのぜ~!",
    en=""
  },
  ["ビワ"] = {
    jp="今日は、本当に寒いです。こんなに寒いと、琵琶が弾けないのです…団長の側に寄って、手を温めても、いい…?",
    en=""
  },
  ["スノードロップ"] = {
    jp="厳しい寒さ、厳しい冬、厳しい逆境を乗り越えてこそ、暖かい春を迎えられるんです。<br>え?じゃあ常夏の地方はどうなるんだ、ですか?それは……きっとその地方なりの逆境があるはずです、台風とか!",
    en=""
  },
  ["エウカリス"] = {
    jp="団長さん、少しだけで構いません、私に体を預けてくれませんか?<br>本来なら一人で体を動かすなりして耐え忍ぶべきなのですが、今日だけはあなたの熱を感じたい、そう思うのです。",
    en=""
  },
  ["ミモザ"] = {
    jp="見てください、この雪だるま私が作ったんですよ。<br>大きい方が団長さんでその隣の小さい方は私のつもりです。",
    en=""
  },
  ["アルストロメリア"] = {
    jp="団長、雪が降ってるよ~♪ わぁ、吐く息が白~い♪ やっぱり外に出れるって素敵だよね~?<br>こうやって季節の変化を感じられるんだよ? こんな未来をみんなに届けたいな~。",
    en=""
  },
  ["アルストロメリア(未来への感謝)"] = {
    jp="今日は寒いね~。あれ?団長手を見せて、あ、やっぱりすっごく冷たい。<br>こういうときは団長の手を、私の両手で包んで、はぁ~。息を吹きかけると暖かいよ。あれ?団長、お顔が赤いけど大丈夫?",
    en=""
  },
  ["オンシジューム"] = {
    jp="団長♪ おしくらまんじゅうしようよ? 体を動かせば温かくなるし、早く早く~!<br>……え? 押し合って踊るゲームでしょ? いーからいーから、やろー?",
    en=""
  },
  ["シンビジューム"] = {
    jp="クシュン…!あっ団長さん、ごめんなさい、ちょっと冷えて…ウィンターローズ出身なのに情けないです、<br>デンドロビウムさんに聞かれたら、何て言われるか…。",
    en=""
  },
  ["デンドロビウム"] = {
    jp="さあ団長さん、稽古をつけてあげます、行きますよ?<br>……寒いので気が進まないのも分かりますが、こういう時に頑張れる人は必ず成功します、必ずです。<br>だから頑張りましょう?",
    en=""
  },
  ["カトレア"] = {
    jp="うぅ~……。寒い寒い。こんな日にも討伐にでるわけ~?もぉ、こうなったら害虫に八つ当たりしてやるわ!何で、こんな寒いのよーってね!見てなさい!",
    en=""
  },
  ["イオノシジウム"] = {
    jp="うぅぅぅ~ついにこの季節が来ちゃった……。騎士団のどこもかしこも鍋、鍋、鍋!<br>暑いのがあたしにとっては地獄の始まりよ~。",
    en=""
  },
  ["オンシジューム(フォスの花嫁)"] = {
    jp="最近寒くなってきたから、シーツがヒヤッとするんだよねー。団長のベッドは冷たくない?<br>あたしが寝る前に暖めておいてあげようか? その後も一緒なら、もっと暖かいよ~♪ にひひ♪",
    en=""
  },
  ["カトレア(水着)"] = {
    jp="あなた、暇だったら海に行かない?……言っとくけど、泳がないわよ。<br>ただ、冬の海を見てみたいだけ。どんな雰囲気か、一回見てみたいのよ。",
    en=""
  },
  ["イオノシジウム(クリスマス)"] = {
    jp="春も眠たくなるけど冬もなかなかじゃない?寒い夜、冷えた布団にくるまって、じわじわと暖かくなってくる感じがたまらなく……<br>ふわぁ~、眠くなってきちゃった。それじゃ~今日はもう、おやすみ~。",
    en=""
  },
  ["カトレア(光華の姫君)"] = {
    jp="あなたの体、暖かいわね。もっと触りなさい。許してあげる。<br>手加減なんてしたら怒るから。隅々まで、全部…あなたの感触、よこしなさい。",
    en=""
  },
  ["パフィオペディルム"] = {
    jp="冬ならではの遊びも、たまには面白そうだ。これから雪合戦で私と勝負しないか? 害虫との戦いだけじゃなく……こういう運動も、私は得意なんだ",
    en=""
  },
  ["スイセイラン"] = {
    jp="任務で外へ出る時は、暖かい恰好をして、さらに! このスイセイランを連れて行ってください!<br>スイセイランの人肌があれば、どんな寒さでも乗り越えられますから!",
    en=""
  },
  ["トリカブト"] = {
    jp="あ!団長、温泉に入るのに布を巻くのはマナー違反なの。…えい!えへへ♪これでいい。<br>…え?わたしも?ぅん…じゃあ、団長。わたしの…取って?ふふっそうそう。一思いに、ね?",
    en=""
  },
  ["ミスミソウ"] = {
    jp="騎士学校時代は絶えず本を読んでいたのですが、最近は忙しくてそうもいかず……。<br>よ~し、この冬は『できる限り本を読む』を目標にしたいと思います!<br>……いやいや、寒いから引き篭るって意味じゃないですよ?",
    en=""
  },
  ["ニリンソウ"] = {
    jp="団長、雪合戦だからといって手を抜いちゃダメよ。<br>一応、雪山での強襲作戦を想定した演習なんだから気を引き締めて。それじゃあ突撃するわよ!",
    en=""
  },
  ["トリカブト(天つ花の令嬢)"] = {
    jp="才華祭のお祝いにって町の皆が、わたしの雪像作ってくれたの。団長、今から雪像ごっこ……しよ?わたしは動かないから、えへ……なーんでもしていいよ♪",
    en=""
  },
  ["レシュノルティア"] = {
    jp="団長さま、今日はだいぶ雪が積もりましたね。まだまだ寒くなりそうですから、そのっ……くっついてもいいですか?<br>……ぎゅっ♡ えへへへ、えへへぇ~……♪ ずっと冬だったらいいですね……",
    en=""
  },
  ["オリーブ"] = {
    jp="冬になるとユズリハがトマト鍋作ってくれるんだけど、これがすごく美味しいんだ。<br>しかも締めはパスタだよ。ユズリハは天才だと思ったよ。",
    en=""
  },
  ["エノコログサ"] = {
    jp="うにゃあ……私って冬はダメな人なのにゃ……熱い食べ物は苦手だし、寒いお外も苦手だし……。<br>唯一得意なのは、お部屋でごろごろすること。ごろごろ~……♪",
    en=""
  },
  ["エノコログサ(花祭り)"] = {
    jp="ロータスレイクの冬ってどんな感じなのかな? 花祭りしてた時しか知らないから、ちょっと気になるにゃ。<br>団長さん、行く予定とかある? あるなら連れてってほしいにゃ!",
    en=""
  },
  ["オキザリス"] = {
    jp="今日も寒いですけど……ふふっ、実は、結構好きな季節なんです。<br>団長さんとお部屋でずっとゴロゴロしていられますからね♪ カタバミお兄ちゃんも呼んで、三人でゴロゴロしましょう?",
    en=""
  },
  ["オキザリス(新春)"] = {
    jp="ひゃあ~! 今日は特別寒いです! こんな日に害虫退治なんて、あんまりですよぉ。<br>団長さん、せめて目的地に着くまでは手をギュウってしてください!",
    en=""
  },
  ["マネッチア"] = {
    jp="寒すぎるとおしゃべりしたくても口が回らなくなります~。団長様に温めてもらえたらもっと楽しいお話ができるのに……。<br>ほらほら、団長様がぎゅーってしてくれないとマネッチア、凍っちゃいますよ~!",
    en=""
  },
  ["ブバルディア"] = {
    jp="おっと、団長! そんな薄着で外に行くつもり? もう、そんな恰好じゃ風邪を引きに行くようなものだよ。<br>上着と…手袋と……ハ、ハ……クシュンッ! アハハ……私も人のこと言えないね?",
    en=""
  },
  ["ヤツデ"] = {
    jp="団長さん、いつまでも寝てないでさっさと起きてくれ。寒いからって布団にくるまっていても時間が過ぎるだけだぞ。<br>なっ、身体で温めろ?あ……わかった。私が温めたら起きるのだな、ならお安い御用だ。",
    en=""
  },
  ["シンクライリアナ"] = {
    jp="今日は沢山雪が降ったから、辺り一面真っ白なの!明日も明後日も雪が降るのかなぁ?<br>このまま降り続けたら皆さん雪に埋まって大変なの!雪かきするの!",
    en=""
  },
  ["ブルーエルフィン"] = {
    jp="にっひっひ~ ねえ、団長一緒に雪だるま作ろうよ!団長は体の方お願いするね!<br>で、団長~!体大きく作り過ぎだよ!届かないってば!",
    en=""
  },
  ["クラリンドウ"] = {
    jp="うぅ~。さっき派手に転んで、雪に突っ伏してしまいましたぁ。ほぉんと、自分のドジさと寒さで、震えちゃいますよぉ。<br>綺麗に私の形が残って、ちょっと感動しましたけど。",
    en=""
  },
  ["ポインセチア"] = {
    jp="団長見てー! こないだホーリーちゃんと作った、雪だるま~♪ どう? どう~?<br>これ、モデルは団長なのー! 似てるかなー? けっこう似てるよね!",
    en=""
  },
  ["ハツユキソウ"] = {
    jp="団長さん……あの……コタツに入っていたら、窓から子供たちが見ていたらしくて……<br>雪女がコタツで溶けて自殺しようとしていると話題になって、<br>いや、それだけなら普段と同じなんですけど、今日は『死なないで』とお手紙を貰いました。<br>これって不幸なんでしょうか、それとも喜んで良いんでしょうか?",
    en=""
  },
  ["ハツユキソウ(クリスマス)"] = {
    jp="こんな風に寒い時は、やっぱり皆で鍋に限りますよ! 鍋パですよ!<br>コタツに入って鍋を突っつく…… <br>あれ?想像の中の私、なぜか一人で鍋をしてる。きのこ鍋だー。なぜでしょう?さむーい……",
    en=""
  },
  ["ポインセチア(浴衣)"] = {
    jp="だーんちょう! 外見て! 雪っ! すっごく積もってるー!<br>我慢できないからぁ……ホーリーちゃんと一緒に、遊びに行ってくるー!",
    en=""
  },
  ["ホーリー"] = {
    jp="うぅ、冷えるね~……。こんな日はホットコーヒーでも飲んであったまらないと……。<br>近くに行きつけのお店があるからさ、一緒に行こ? ……それから……えへ、こーやって手をつなげばあったかいからさ?",
    en=""
  },
  ["ホーリー(水着)"] = {
    jp="寒くて布団から出られない団長のために、朝は私が起こしに行ってあげるよ~。<br>一人だけじゃ不満なら、ポインセチアも呼んで、ふたりで部屋にお邪魔するねっ♪",
    en=""
  },
  ["アロエ"] = {
    jp="寒くなってくるとウィンターローズを思い出すよ。冬こそ体を動かすべしっておばあちゃんよく言ってたな~。<br>あ、そうだ!団長ちゃん、騎士団でマラソン大会しない?きっと盛り上がるよ!",
    en=""
  },
  ["アロエ(バレンタイン)"] = {
    jp="団長ちゃん、じっとしてると寒いから、一緒に雪だるま作ろうよ!<br>すっごいでっかい雪だるまを作って、皆を驚かせるんだ。よーし、がんばろー! おー!",
    en=""
  },
  ["ロウバイ"] = {
    jp="この季節になるいろいろと着込むようになるので少しホッとします。夏とかだと薄着なので凄く目立つんですよね~……<br>いっぱい着ていれば少しは目立たなくなりますよね。",
    en=""
  },
  ["ストレリチア"] = {
    jp="くぅっ、今日も寒い……うぅ、このストレリチア様に楯突くとは、生意気な冬ね……!<br>買い取って、「もう二度と冷たい風は吹かしません、ごめんなさい」って誓わせたいくらいよ~!",
    en=""
  },
  ["ベルゲニア"] = {
    jp="団長殿、ご覧ください。雪が降りだしたようです。<br>道理で冷えるはずです。団長殿、風邪を引かないように気を付けてくださいね。<br>何か上に羽織るものを用意して来ましょうか。<br>ヒメ様にもお渡ししてこないといけませんから、お気になさらず。",
    en=""
  },
  ["ベルゲニア(ゴシックメイド)"] = {
    jp="団長殿、体調はいかがですか?最近寒いですから風邪を引かないように気をつけてください。<br>もしよろしければ、私特製の栄養ドリンク鍋ご馳走しますよ。",
    en=""
  },
  ["ツキトジ"] = {
    jp="気づいたら、雪で出来たラパンがいっぱいあったし。誰が作ったんだろう?……え?手が赤い……?本当だし。<br>少し寒いし。団長、暖めてほしいし!",
    en=""
  },
  ["クリスマスベゴニア"] = {
    jp="あっ、団長さまびっくりさせてごめんなさい。夜が寒すぎて団長さまのベッドに入り込んでしまったのです。<br>暖かくてそれに団長さまの匂いがわたくしを包んでくれて……も、もう少しこのままでも良いですか?",
    en=""
  },
  ["リトープス"] = {
    jp="うん。やっぱり、暑いより寒い方がいい感じ。村に力を送りながらでも、サーカスと騎士団、両方頑張れる。<br>団長さん、期待しててね!",
    en=""
  },
  ["セルリア"] = {
    jp="へくちっ!へっくち!うぅ、風邪かなあ……。確か先生の治療法がどこかにメモして…。<br>ふあぁっ!?す、好きな人と、同衾するのが一番!?そんなの無理!高熱が出ちゃうよぉ。",
    en=""
  },
  ["セルリア(きぐるみ教師見習い)"] = {
    jp="冬になってから、最近実家に顔を出していないことを思い出しました。え、次に帰省する時は連れていってほしい?<br>そ、それは私の両親に後ご、ご挨拶を?……ダメですダメです!まだ早いです!あ、じゃなくて、団長さんにご足労頂くわけにはいきません!",
    en=""
  },
  ["チューベローズ"] = {
    jp="ツーハンドで鍛えた動体視力と判断力を使って、雪合戦でも大勝利ー♪<br>……って思ったら、ボロボロにされちゃった……雪国生まれって、やっぱ凄い!……だけど、あたしは諦めないよ!<br>危なくなった所から逆転したほうがキャーキャー言ってもらえるもんねー♪ その時を目指して特訓だー!",
    en=""
  },
  ["ウェルウィッチア"] = {
    jp="おお……完成した。見ておくれよ、団長サマ。極限まで凍らせて、釘が打てるようになったバナナだよ?<br>我ながら、とんでもない物を生み出してしまった。これは家宝にするしかない!",
    en=""
  },
  ["ハイビスカス"] = {
    jp="おお~、寒いねえ? よし、訓練でたくさん体を動かそう! 体も暖まるし、レッドジンジャーに一歩でも近付けるし、一石二鳥!",
    en=""
  },
  ["クレナイ"] = {
    jp="寒い季節は人肌で温め合うのが一番よ? 団長さん、もっと……近くに来て?<br>恥ずかしがらなくていいのよ? 大丈夫、何もしないから……た・ぶ・ん? うっふっふ♪",
    en=""
  },
  ["アジサイ"] = {
    jp="今年も冬が来ちゃったわね。ううっ! やっぱり寒いのは苦手。バナナオーシャン出身の身体には厳しいわ。<br>ちょっとあんた、もうちょっとくっ付きなさい。間隔ができると……寒いじゃない。冬だけの特別なんだから、遠慮なんかしないの!",
    en=""
  },
  ["グラジオラス"] = {
    jp="美しいものほど儚い……ですね。この世界もそうなのかもしれません。でも……だからこそ、守ってみせます。",
    en=""
  },
  ["キキョウ"] = {
    jp="今日はさすがに寒すぎるわ……。神様が怒ってるのかしら?心当たりといえば、最近、私が寝坊したのを神様のせいにしちゃったことと、<br>急な雪で迷惑したのを神様のせいにしちゃったことくらいしか思い浮かばないわね。",
    en=""
  },
  ["ヒマワリ"] = {
    jp="どんなものにも、冬は来るものです。でも、太陽はずっと空にあって、夏にはまた強く輝く。<br>……って、誰かに聞いた記憶があります。あれ? 誰だったかなあ……?",
    en=""
  },
  ["ガイラルディア"] = {
    jp="うわー! 池が凍ってる! この上を滑ってみるの、ちょっと面白そうかも♪<br>う~~うわっ! とっとっとっと! だ、団長! 支えてくれてありがと。まじ助かったよ。でも、今の動き……なんだか踊ってるみたいだったよね? <br>ねえ、もう一回滑ってみようよ? あ、ダイジョブダイジョブ♪ 今度は上手くできるから~♪",
    en=""
  },
  ["ヘレニウム"] = {
    jp="~~寒いです……この時期はちょっと苦手です……え? 執務室にこたつを導入するんですか!? き、危険ですよ団長さん!?<br>あれに入ったら……その、二度と出られなくなりそうで……ぐすっ……。",
    en=""
  },
  ["ガザニア"] = {
    jp="団長様、ちゃんと暖かい格好をして出歩かないと風邪を引きますよ。<br>船の上でみんなが風邪を引いたときはどうしようかと……。いえ、そんなこともあったなって。",
    en=""
  },
  ["フジバカマ&qu