FANDOM


Worm Wood
アルテミシア
Portrait 140819
Pre-Evolved

Skill
翠光弾・エルブズブレス
Green Light Snap - Erb's BreathMT
Effect Activation Rate
Deals 2x damage to 2 enemies 24% (Lv1) → 34% (Lv5)
Type Stats
Magic icon Magic HP ATK DEF SPD
Stage Icon Lv Zero percent 165 167 Zero percent 165 167 Zero percent 165 167
Pre-Evolved Worm Wood 1 1,400 2,360 3,068 900 1,680 2,076 300 660 792 540
60 4,500 5,460 6,168 2,300 3,080 3,476 650 1,010 1,142
Evolved Worm Wood 1 4,200 6,120 7,836 1,950 3,510 4,254 650 1,370 1,610
70 11,350 13,270 14,986 4,250 5,810 6,554 1,200 1,920 2,160
Bloomed Worm Wood 1 5,400 7,320 9,204 2,650 4,210 5,014 850 1,570 1,858
80 12,650 14,570 16,454 4,700 6,260 7,064 1,500 2,220 2,508
Stage Abilities
Pre-Evolved
Ability icon01Increases Attack for party members by 10%.
Evolved
Ability icon01Increases Attack for party members by 10%.
Ability icon13Increases Damage of Skills for party members by 10%.
Bloomed
Ability icon01Increases Attack for party members by 10%.
Ability icon13Increases Damage of Skills for party members by 10%.
Ability icon14Increases Skill Activation Rate for oneself by 1.5x on turn 1.
Ability icon13Increases Damage of Skills for oneself by 15%.
Rarity Grown
Personal Equipment
Equip Name Level ATK DEF Icon
苛酷と冗談の耳飾り 1 232 38 Bergamot Valley earring icon
(No Translation) Earrings[Edit] Max 477 87
苛酷と冗談の蛇 1 348 57 Equip 380387
(No Translation)[Edit] Max 593 204
Ability Increases Attack for party members of the same attribute by 2%
Increases Defense for party members of the same attribute by 2%
Additional Info
Affection Item Books Books Nation Bergamot Valley Bergamot Valley
Family Asteraceae Romaji Arutemishia
Language of Flowers 冗談、からかい、苛酷、他
Nutaku Name Worm Wood

Artist: KintarouFlower Knight ID:140819

Scenes

Alternate forms

Worm Wood (Christmas)

Background

  • Her snake is called Erb / エルブ.
  • Wood Worm is known as "Black Witch".
  • She dislikes men and boredom.

Quotes

Library Introduction Play
Japanese 私の名前はアルテミシア。周りからは黒い魔女と呼ばれているわ。
花言葉は「からかい」「愛の離別」。男が嫌いね。あと退屈も嫌い。
私の我儘をきかない奴は魔法で木っ端みじんよ。覚えておきなさい。
English
Library Reference Voice Lines
Event Japanese English
First-time Introduction
Play
私はアルテミシア。気安く近づくんじゃないわよ?私、男って嫌いなの。
そうねぇ…どうしてもというなら、下僕として使ってやらないこともないわよ?
Battle Start 1
Play
私の前に立つなんて、死にたいのかしら?
Generic Response (Positive)
Play
ウフフフフフッ。いい感じよ~♪
Battle Start 2
Play
面倒ね、まとめて吹く飛ばすわよ!
Attacking 1
Play
ほら!
Attacking 2
Play
馬鹿ね。
Generic Response (Grief)
Play
なっ、なによ…別に。
Combat Skill Use 1
Play
後悔しなさい!
Combat Skill Use 2
Play
フンッ、終わりね!
Combat Skill Use 3
Play
粉々に吹き飛びなさい!
Combat Skill Use 4
Play
命乞いでもする?
Generic Response (Angry)
Play
は~い、吹っ飛ばしま~す。
Takes Damage
Play
何かしたの?
Takes Fatal Damage
Play
やんっ!痛いじゃない。
Battle Defeat
Play
ツマラナイ、こんなのつまんない!
Generic Response (Joy)
Play
もっと私を楽しませなさ~い!
Victory Cheer 1 (Generic)
Play
私の前に立ったんだもの、当然こうなるわね。
Victory Cheer 2 (Narrow)
Play
気に食わないわね。もっとましな戦い方ないのかしら?
Login 1
Play
遅いわよ!私を無視するなんてたいした度胸じゃない。ウフフッ、覚悟は出来てるわよね?
Victory Cheer 3 (Sweeping)
Play
ウフフフッ、そう!私はこうでなくっちゃね。
Fail to Vanquish Opponent 1
Play
何で生きてるの?意味ある?
Fail to Vanquish Opponent 2
Play
邪魔よ、さっさと消えなさい。
Login 2
Play
あら、また来たの?そんなに私に会いたかったのかしら。ウフフッ、可愛がってあげようかしら~。ん~?
Defeat Enemy 1
Play
ありがと、いい憂さ晴らしになったわ。
Defeat Enemy 2
Play
黒い魔女を見られてよかったわね~。
Login 3
Play
ん?よく見たら私の下僕じゃない。アハッ、冗談よ♪怒った?怒ったら、私も怒るわよ。
Stage Discovery
Play
私が見つけてあげたんだもの。あなたに許される行動、一つしかないわよね?
Treasure Chest
Play
誰あなた?
Conversation 1 (affection 0-29%)
Play
ふん、黒い魔女を飼いならせるとでも思ったのかしら。
いいこと!私の機嫌を損なわないよう注意して、日々ビクビクしながら暮らすといいわ。ウフフフッ♪
Add to Party 1
Play
あら?私。ふ~ん、変わった人ね。
Add to Party 2
Play
黒い魔女を連れて歩くという事、どういう事か教えてあげるわ。
Change Equipment
Play
準備はしておくべきかもね
Conversation 2 (affection 30-74%)
Play
あなたって本当からかいがいがあるわね。ウフフフッ♪男は嫌いだけど、なんだかあなたのことは気にいってきちゃったわ。
まぁ少しだけだけどね。あんまり調子に乗らないように。
Level Up
Play
あら~、また美しくなっちゃったかしら~。ウフッ♪
Conversation 3 (affection 75-100%)
Play
あなたに出会って、私は少し変わってしまったのかも。一緒にいるの、なんだか悪くないって思えてる。
きっと、あなたは私を裏切らないって思えるからね。ウフフフッ、これからも私の遊び相手、しっかり務めなさいよ。
決して離別することが無いように…ね。
Evolution
Play
はぁ~ぁ、なんだか意地張ってるのも疲れちゃった。ここまで一緒に来たんだもの、付き合ってあげるわよ。
Blooming
Play
あなたと過ごした時間の分だけ、私の中で何かが変わっていった……。
あなたは私から離れない、って信じられる。今ならきっと、私は何色にもなれるわ。
Conversation 4 (Bloomed)
Play
この黒い魔女をここまで懐柔するなんて……ほんと、とんだお人好しよね。あなた。
……でも、それを嫌だと思わない私も、相当きてるわね。
Conversation 5 (Bloomed)
Play
私が嫌いなのは男。私を利用し、裏切っていった男。でも、あなたは違った。
裏切らないと、離れないと信じさせてくれた。それを嬉しいと、思えるようにしてくれた……。
……っ……だから、その……感謝しているわ。
Conversation 6 (Bloomed)
Play
黒い魔女が本当の愛を知る……なんて、どんなおとぎ話よりも奇跡的な結末じゃない? うふふっ♪
でも、この物語はまだ続くわ。あなたと2人で、永遠に……ね?
Pulling Free Daily Gacha
Play
イジリがいのある娘がいいわね、退屈しちゃうから。
Recovered Stamina
Play
エルブが退屈しちゃってるじゃない。あなたがつまらない事してるからよ、さっさと動きなさい!
My Page Generic Phrase 1
Play
ちょっと、あんまり気安く接しないでくれる!私、男は嫌いなのよ。えっ!どうして?さぁ、そんなの忘れたわよ。
My Page Generic Phrase 2
Play
さっきエニシダが魔女の会合に顔を出すようにって小言を言ってきたわ。
しょうが無いから思いっきりからかってやったら、へこんでた。
ウフフッ♪あの子も懲りないわよね~。
My Page Generic Phrase 3
Play
さぁ~てっ、ニゲラの所に行こうかしら。他人の弱みを聞く、この時間が一番楽しいのよね~。ウフフフッ♪
My Page Generic Phrase 4
Play
私は……私だけが「黒い魔女」と呼ばれて忌み嫌われていれば、それでいいと思っていた。……いえ、今でもそう思っているわ。
それなのに、あなたやエニシダは邪魔ばっかり。まったく、忌々しいったらないわ。
My Page Generic Phrase 5
Play
ブルーエルフィン? ……ああ、エニシダにくっついてるおチビちゃんね。
やかましくてめんどくさい子だけど……「底抜けの明るさ」っていうのは、ある種の才能なのかもしれないわね。
My Page Generic Phrase 6
Play
これ? お酒よ。変わった色でしょ? 苦味が強くて度数も高くて……まるで、飲んでほしくないみたいなお酒。
でも、こうしてちょっと手をかけてあげると……癖になる味わいになるのよ?
My Page Idle
Play
なによ、団長いないじゃない。いなければいないでなんだか腹が立つわね。こうなったら追いかけてやるわ。
なんとしても見つけ出して、ヒィヒィ言わせてやるんだから。行くわよ、エルブ。
Give Gift 1
Play
へぇ~、少しは気が利くじゃない。でも、お礼なんか言わないわよ?
Give Gift 2
Play
なによ、こんなの渡されたら困るじゃない……。
あっ、違う!いらないなんて言ってないわ!喜んでるわよ……
嬉しいから困ってるの……ば、ばか……!
Starting Subjugation 1
Play
黒くてこわ~い魔女のお通りよぉ~。
Starting Subjugation 2
Play
ほら、どいた!どいた!
Title Call
Play
フラワーナイトガール Flower Knight Girl
Login Bonus
Play
ほら、これを受け取りなさい。
別におかしなものなんか入ってないわよ……たぶんね♪
Extra Miscellaneous Voice Lines
Event Japanese English
Encountered bugs during subjugation
Play
ひゃん! もぉ~!
Limited Seasonal Voice Lines
Event Japanese English
Limited Tanabata 1 (2016) [Edit]
Play
一年に一度だけ、別れた二人が一つになれる。……ふんっ、一度失ったものは取り戻せないんだから。
……だから私は、もう絶対に放したくない。そう思ってるからね、団長?
Limited Tanabata 2 (2016) [Edit]
Play
団長は短冊に何をお願いしたの? その願い、私の魔法で叶えてあげるわよ? うふふっ♪
……って言っても、きっとあなたは断るんでしょうね。そんなあなただからきっと、私はあなたの隣に居られるんだわ。
Limited Tanabata 4 (2018) [Edit]
Play
私の願い? うふふっ、私を誰だと思ってるのかしら。黒い魔女よ?
こんなものに頼まなくても、自分で叶えられるだけの力があるわ。
Limited Summer 1 (2016) [Edit]
Play
んっ、んっ、んっ、んっ……ぷはぁ~っ、お~いし~い! 暑いときは冷たい飲み物に限るわね~♪
……っ、なぁに? あなたも欲しいの? それじゃあ「ください」ってお願いしてみたら?
うふふっ、あはっ、って冗談よ。ほら、あなたの分も用意してあるわよ。
Limited Summer 2 (2016) [Edit]
Play
私を海に? ……もしかして、私の水着姿が見たいってわけ?
は~、男ってほんっとバカよねー。……でもしょうがないか。なんてったって、この私の水着姿だものねー。うんうん、今回は特別よ?
……へ? 害虫討伐の仕事? ……し、仕事なら仕事とさっさと言いなさい! ~~っ、バカっ!!
Limited Summer 4 (2018) [Edit]
Play
夏には死者と会える日が存在するわ。団長は会いたい人……いる?
私? 私には……いないわね。……会いたくない人ならいるけれど。
Limited Mid-Autumn 1 (2016) [Edit]
Play
今夜は月が一段と綺麗だわ~。うふふっ、エルブも嬉しそう。っ、こらこら、あれは卵じゃないのよ?
……ん? 団長どうしたの? ……私には満月がよく似合う? うふふっ、ありがとう。私もそう思う♪
Limited Mid-Autumn 2 (2016) [Edit]
Play
私は魔女……魔術が生業の女。こんな綺麗な月の下にいたら、身体がゾクゾクして……うふふふっ……♪
ね~え、団長? 責任、ちゃーんと取ってくれるのよね?
Limited Mid-Autumn 4 (2018) [Edit]
Play
満月に似ているって言われたことがあるの。そうは思えないけど……『魔力』を持つ、って意味では似てるのかもね。
団長、私以外の存在に惑わされちゃダメよ?
Limited Autumn 1 (2016) [Edit]
Play
食欲の秋だからって食べ過ぎちゃダメよ? ブクブク太ったら嫌われちゃうわよ?
……え、あちょ、ちょっと、冗談よ。本気で嫌いになるわけないじゃない。
Limited Autumn 2 (2016) [Edit]
Play
芸術の秋、かぁ……そうね、私も絵でも描いてみようかしら。
その絵画を見つめ続けると、その絵の中に吸い込まれちゃう魔法の絵画、とかね。うふふっ♪
Limited Autumn 4 (2018) [Edit]
Play
秋の夜長の……時間の潰し方? 私はお酒よ。団長もどう?
すこ~し強いかもしれないけど……私おすすめのお酒があるの。うふふっ♪ 何杯保つか楽しみね~♪
Limited Halloween 1 (2016) [Edit]
Play
毎年、毎年、この黒い魔女の私にイタズラを仕掛けてくる子を待っているのだけれど、ぜんっぜん!来てくれないのよね。
あっ、まぁ、懲りずに毎年来る子が一人だけいるわ。誰かって?決まってるわ、エニシダよ。
今日も沢山からかってやるんだから♪
Limited Halloween 2 (2016) [Edit]
Play
ハロウィンだからイタズラねぇ?でもいいのかしら私がイタズラなんてしたら。ウフフフッ♪
街中とんでもないことになっちゃうかもよ。
Limited Halloween 3 (2017) [Edit]
Play
ブルーエルフィン?あぁ、エニシダのところにいるあれね。
別にたいしたこと無いわ。あれのする事なんて、そよ風みたいなものだし。
Limited Halloween 4 (2018) [Edit]
Play
あなたの命を寄越しなさい! でないとこわぁ~いイタズラをするわよ?
……人を死神みたいに言わないでもらえる? あなたにしか言ってないわ。
だってその……私と一緒に生きてほし……ん、やっぱりなんでもないわ!
Limited Winter 1 (2016) [Edit]
Play
冬は寒くて敵わないわねー。早く暖かくなってくれないかしら。……それとも、魔法で暖かくしちゃうのもありね♪
……でも、今はいいわ。隣にあなたがいてくれるなら、幾分暖かくなるから。うふふっ♪
Limited Winter 2 (2016) [Edit]
Play
この寒い中、雪にまみれて遊んでる子もいるのよねー。私はそんなことしないけどね。
……え? 窓枠の雪だるま? ……コホンッ……まぁ、子供心を忘れたらダメよね? 魔女として……ね?
Limited Winter 3 (2017) [Edit]
Play
寒くて仕方ない? なら、外を走ってきたらどうかしら。暖かくなるわよ? って、冗談よ。行かなくていいわ。
その代わり……いらっしゃい? 特別に私が暖めてあげるわ。
Limited Winter 4 (2018) [Edit]
Play
静かね……雪が降り積もるとこうなるのね。しーんと張り詰めた空気、嫌いじゃないわ。
お酒も進みそう♪ ねぇ団長、一杯付き合ってくれない?
Limited Christmas 1 (2016) [Edit]
Play
今までクリスマスを楽しいなんて感じたことなかったけど、私の隣にあなたがいるだけで、どうしてこんなにも違うのかしら?
不思議ねー……本当に不思議だわ。……団長、私のこと、放さないでね。あなたがいなくなったら、きっと私、もう耐えられないと思うから。
Limited Christmas 2 (2016) [Edit]
Play
プレゼントなんかいらない。あなたが傍に居てくれれば、私はそれで充分なの。
あっ、恥ずかしがらないでこっちを見て? こんな言葉をあなたに言えるのは、たぶん一年に一度だけだから……。
……団長、あなたのこと……大好きよ。
Limited Christmas 3 (2017) [Edit]
Play
あなた知ってる? ついにこの黒い魔女の下にも、サンタクロースなる者が来るようになったのよ。
いい子にしてた覚えなんかないのに……ふっ、律儀なものだわぁ。ねぇ、団長?
Limited Christmas 4 (2018) [Edit]
Play
プレゼントが欲しい? 珍しいわね、あなたがそんな事を言うなんて……言ってみなさい、この黒い魔女が叶えてあげ──
──わ、私が欲しい!? そ、そんなの……とっくにあなたのものだと思ってたわ。
Limited New Year 1 (2017) [Edit]
Play
団長、あけましておめでとう。今年もあなたと一緒にいれば、退屈しないで済みそうね。うふふふっ♪
Limited New Year 2 (2017) [Edit]
Play
えーっ、初日の出? 団長、私は黒い魔女って呼ばれてるのよ?
そんな私を初日の出に誘うって……はぁ、まぁいいわ。しょうがないから行ってあげる。少しは楽しませてよね?
Limited New Year 3 (2018) [Edit]
Play
甘酒が飲みたい? うふふっ、随分子供みたいなものがいいのね。あんなのお酒の内に入らないわよ?
でも、たまには付き合ってあげる。さっさと支度しなさい? 初詣の誘いだってことくらいわかってるわよ。
Limited New Year 4 (2019) [Edit]
Play
おみくじ、てっきり凶が出るかと思ったのに……大吉だって。黒い魔女に取り入ろうって魂胆かしら。
うふっ、冗談よ。たしかに、あなたと一緒に居られるなら大吉になって当然。良い年になるんじゃない?
Limited Valentine 1 (2017) [Edit]
Play
ん~……だいぶグツグツ煮立ってきたわね。……ん? この紫色の液体は何かって? そんなの決まってるわよ、チョコレートよ♪
団長に私特製のチョコをプレゼントしてあげる。大丈夫、変なものなんか入ってないわよ。……きっとね♪
Limited Valentine 2 (2017) [Edit]
Play
バレンタインの季節は忙しいわー。黒い魔女が作る強力なチョコレート……男を手に入れるために使いたいって女の子、結構いるのよね~……うふふっ♪
Limited Valentine 3 (2018) [Edit]
Play
黒い魔女でなかったら、もっと堂々とあなたに渡すことができたかしら。
なーんて冗談よ。今の私だからあなたと出会えたんだから……うふふっ♪ 私の作ったチョコレート、食べてもらえる?
Limited Valentine 4 (2019) [Edit]
Play
どうしたのエルブ? ……あら、団長。そのチョコレート、誰から貰ったのかしら? あまり良くないものみたいね……食べないほうがいいわ。
うふふっ、ほんっっっとどこの誰から貰ってきたのかしら、こんな危ないもの。モテる人は大変ねぇ~。
Limited White Day 1 (2017) [Edit]
Play
えっ? バレンタインのお返し? へ、へぇ~……ふぅ~ん……。
まぁ、どうしてもっていうなら受け取ってあげる。ありがたく思いなさい、ふんっ。……あ、ありがとね。
Limited White Day 2 (2017) [Edit]
Play
黒い魔女にバレンタインのお返しなんて、他の子に知れたらあなたまで誤解されちゃうわよ?
まったく……でも、あなたのそういうところ、結構好きよ?
Limited White Day 3 (2018) [Edit]
Play
バレンタインのお返しに悩んでるの? なら私に頼るといいわ。
黒い魔女の名に懸けて、クッキーだろうがキャンディーだろうが、相手を思うがままに操れる魔法付きのお菓子を作ってあげる。
って、私用!? そ、それなら早く言いなさいよ!!
Limited White Day 4 (2019) [Edit]
Play
お返しもいいけど、一緒に言うことがあるんじゃないかしら? ……そ、そうよ、判ってるなら早く言いなさい! でないと私が先に──
……あ……わ、私もよ……私も好き……。
Limited Spring 1 (2017) [Edit]
Play
この季節はみんな意味もなくはしゃいじゃって嫌よねー。私には春なんて関係ないわ。私は日陰にいる黒い魔女……って思ってたのに。
あなたが私の隣に立つお陰で、私が立つ場所が日向になっちゃったわね。
Limited Spring 2 (2017) [Edit]
Play
もしかして、私を宴会に連れて行こうとしていないかしら? 私は黒い魔女。こわーい魔女よ。お花見の宴会なんて……。
……はぁ、しょうがないわね。付き合ってあげる。楽しいかどうかはわからないけど、退屈はしないでしょうからね。うふふっ♪
Limited Spring 3 (2018) [Edit]
Play
春の浮かれた感じは嫌だけど、新人が入ってくるのは面白いわねー。私を見て驚いて慌てる感じ……からかい甲斐があるわー♪
……まぁ、エニシダほどじゃないけどね。
Limited Spring 4 (2019) [Edit]
Play
はぁ、綺麗ね~。……え? なんでもないわ、独り言よ。
ほら、もっと飲みなさい? この私がせっかくお花見に付き合ってあげてるのよ?

Gallery

Full Portraits
Full Portraits (Mobile Version)
Character Expressions

Botanical Origin

Community content is available under CC-BY-SA unless otherwise noted.